昇格ヴェローナ、ウディネーゼDFウルトーを買い取りOP付きレンタルで獲得2017.07.13 01:16 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエAに昇格したヴェローナは12日、ウディネーゼのフランス人DFトマ・ウルトー(29)をレンタルで獲得したことを発表した。期間は2018年6月30日までで、買い取りオプションが付いている。

▽2012年夏にカーンからウディネーゼに加入したセンターバックのウルトーは、在籍5シーズンで公式戦116試合に出場して5ゴールをマーク。しかし、2016-17シーズンはセリエAで12試合の出場に終わっていた。

▽ヴェローナでは今夏、元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノや元イタリア代表FWアレッシオ・チェルチらを獲得している。

コメント

関連ニュース

thumb

ジェノア、ヴェローナから元イタリア代表MFロムロを獲得

▽ジェノアは11日、ヴェローナから元イタリア代表MFロムロ(31)を獲得したことを発表した。契約期間など詳細は発表されていない。 ▽ブラジルの国内クラブを渡り歩き、2011年の夏にフィオレンティーナに加入したロムロ。フィオレンティーナでは、在籍2シーズンで公式戦34試合の出場。2013-14シーズンはヴェローナへレンタルで加入すると、セリエAで32試合の出場で6ゴールをマークし翌年に完全移籍。 ▽2014-15シーズンはユベントスへレンタル移籍で加入したが、層の厚い攻撃陣の中でレギュラーポジションを掴むことができず、翌シーズンにヴェローナに復帰。ヴェローナでは、ここまで在籍4シーズンで公式戦124試合に出場し13ゴール26アシストを記録。昨季はシーズン途中から主将を務め、セリエAで37試合に出場していた。 ▽また、イタリアとブラジルの二重国籍を持つロムロは、2014年5月の国際親善試合でイタリア代表に初招集されたが、出場機会はなかった。 2018.07.12 00:27 Thu
twitterfacebook
thumb

2006年W杯優勝メンバーのグロッソ、2部降格ヴェローナの監督に就任

▽ヴェローナは21日、ファビオ・グロッソ氏(40)の監督就任を発表した。 ▽現役時代にパレルモやインテル、リヨン、ユベントスなど複数クラブを渡り歩いたグロッソ氏は、2012年に現役を引退。2013年から指導者キャリアをスタートさせ、昨夏からバーリの監督を務めた。 ▽ヴェローナは昨シーズンのセリエAを19位でフィニッシュ。来シーズンから2部降格が決まっており、2006年のワールドカップ優勝メンバーであるグロッソ氏の下で再出発を図ることになる。 2018.06.22 11:40 Fri
twitterfacebook
thumb

SPAL、ヴェローナからアルジェリア代表DFを買い取り義務付きのレンタルで獲得

▽SPALは18日、ヴェローナからアルジェリア代表DFモハメド・ファレス(22)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得した。 ▽ヴェローナのプリマヴェーラ出身のファレスは、2014年にトップチームに昇格。ヴェローナでは在籍4シーズンで公式戦64試合に出場し1ゴールをマーク。今季は左サイドバックを主戦場にセリエAで30試合に出場していた。 ▽また、2017年7月に行われたロシア・ワールドカップのアフリカ予選でアルジェリア代表に初招集されると、同月10日に行われたカメルーン代表戦でフル代表デビューを飾った。 2018.06.19 04:13 Tue
twitterfacebook
thumb

セリエB降格のヴェローナがウディネーゼのブラジル人FWマトスの買い取りオプションを行使

▽ヴェローナは11日、ウディネーゼからレンタル移籍中のブラジル人FWライデル・マトス(25) の買い取りオプションを行使したことを発表した。 ▽15歳でヴィトーリアからフィオレンティーナに引き抜かれたマトスはウイングやストライカーとしてプレー可能なアタッカー。これまでバイーアやパルメイラスといった母国クラブ、スペインのコルドバへのレンタル移籍を繰り返し、2016年1月にウディネーゼに完全移籍。 ▽今季はウディネーゼでセリエAで4試合の出場に留まると、今年1月にヴェローナへレンタル移籍。ヴェローナでは、セリエAで14試合に出場したが、ノーゴールに終わっていた。 ▽今シーズン、ヴェローナはシーズン序盤から降格圏に沈むと、最終成績に7勝27敗4分けの19位で2シーズンぶりのセリエB(イタリア2部)降格が決定していた。 2018.06.12 02:30 Tue
twitterfacebook
thumb

王者ユベントスが守護神ブッフォンの惜別試合を勝利で飾る《セリエA》

▽ユベントスは19日、セリエA最終節でヴェローナをホームに迎え、2-1で勝利した。 ▽前節ローマ戦を引き分けてセリエA7連覇を達成したユベントスは、17年在籍したブッフォンの退団が決まった中、守護神がスタメンとなった。 ▽降格の決まっているヴェローナに対し、[4-3-3]で臨んだユベントスは3トップに右からディバラ、マンジュキッチ、ドグラス・コスタと配した。立ち上がりからオープンな展開で推移した中、ユベントスが押し込む時間を増やしていったものの、16分にピンチ。ファレスにドリブルシュートを許し枠を捉えられたが、GKブッフォンがセーブした。 ▽ひやりとしたユベントスは左サイドのドグラス・コスタを起点に仕掛けると、24分にマンジュキッチがヘディングシュート、ディバラが立て続けにミドルシュートを浴びせ、攻勢を強めていく。 ▽続く32分にドグラス・コスタが単騎突破からGKを強襲するシュートを浴びせたユベントスは、直後にもマンジュキッチがボレーシュートでゴールに迫ったが、ニコラスのファインセーブに阻まれた。結局、40分のディバラのループシュートがバーを直撃したユベントスはゴールをこじ開けられずに前半を終えた。 ▽後半もユベントスが圧力をかけると、開始4分に先制した。ショートコーナーを使ってドグラス・コスタがボックス右からシュートを放つと、GKが弾いたルーズボールをルガーニが押し込んだ。 ▽さらに52分、ディバラが得たボックス手前左からのFKをピャニッチがゴール左へ完璧なシュートを蹴り込んで加点した。 ▽その後、ディバラの直接FKやマルキジオのミドルシュートで3点目に迫ったユベントスは、63分に守護神がピッチを後にする。チームメートたちと熱い抱擁を交わしたブッフォンがスタッフやベンチメンバーたちによって作られた花道をくぐり、ピンソーリオと交代した。 ▽しかし76分、ロムロのクロスからチェルチにシュートを流し込まれて1点差に詰め寄られたユベントスは、79分にイグアインがミドルシュートでゴールに迫ると、84分にビアゾッティのハンドでPKを獲得する。だが、今季終了後に退団するリヒトシュタイナーのシュートはGKニコラスにセーブされ、勝負を決めることができない。 ▽それでも2-1のまま試合を終わらせたユベントスがブッフォンの惜別試合を勝利で飾り、シーズンを終えている。 2018.05.19 23:55 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース