ベティスのベテランFWルベン・カストロが貴州智誠へ移籍2017.07.12 04:16 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベティスは11日、スペイン人FWルベン・カストロ(36)が中国スーパーリーグの貴州智誠へ移籍すると発表した。契約期間や移籍金は発表されていない。

▽ラス・パルマスでプロキャリアをスタートさせたストライカーのルベン・カストロは、2010年夏に2部に降格していたベティスに移籍。移籍初年度に27ゴールを奪ってリーガ昇格に導くと、その後の3シーズンも2桁ゴールをマークし、1部残留を果たしていた。その後、再び2部降格を経験するも32ゴールを挙げて1年でリーガ昇格に導くなど、ベティスの絶対的得点源として活躍し続けていた。

▽貴州智誠は、スペイン人指揮官のグレゴリオ・マンサーノ監督が率いており、スペイン人MFマリオ・スアレスやオーストラリア代表DFライアン・マクゴーワン、元クロアチア代表FWニキツァ・イェラビッチらが在籍している。

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコ、今季ブレイクのベティスMFファビアン・ルイスの獲得レースに参戦か

▽アトレティコ・マドリーがレアル・ベティスに所属するU-21スペイン代表MFファビアン・ルイス(22)の獲得レースに名乗りを上げたようだ。スペイン『フットボール・エスパーニャ』がイタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』の情報をもとに伝えた。 ▽『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』によると、リーガエスパニョーラ6位と躍進したベティスで今季リーグ戦34試合に出場するなどブレイクを果たしたファビアン・ルイスには、ローマやナポリが獲得に興味を示していたが、アトレティコも獲得レースに参戦するようだ。 ▽ベティスの下部組織出身のファビアン・ルイスは、当時リーガ2部に所属していた2014年7月にトップチームに昇格。その後は出場機会に恵まれなかったが、エルチェからレンタル復帰した今季はリーグ戦34試合に出場し3ゴール6アシストを記録した。 ▽なお、ファビアン・ルイスは今年1月にベティスとの契約を2023年まで延長しており、ベティスは同選手のバイアウト条件をこれまでの1200万ユーロ(約15億3000万円)から3000万ユーロ(約38億3000万円)まで引き上げていた。 2018.05.27 00:45 Sun
twitterfacebook
thumb

カナレスがレアル・ソシエダと契約満了でベティス移籍へ

▽レアル・ソシエダは24日、スペイン人MFセルヒオ・カナレス(27)と6月で契約が満了することを発表した。 ▽2014年1月にバレンシアからソシエダに加入したレフティーのプレーメーカーであるカナレスは、在籍4年半で公式戦160試合に出場して12ゴール23アシストを記録。2017-18シーズンはリーガエスパニョーラ36試合に出場して4ゴール5アシストと活躍していた。 ▽そのカナレスは、来季のヨーロッパリーグ出場を決めているベティスへの移籍が濃厚と報じられている。 2018.05.25 05:34 Fri
twitterfacebook
thumb

乾加入報道のベティス、ニューカッスルFWに関心! 強力なライバルに?

▽日本代表MF乾貴士の加入が噂されるベティスがニューカッスルのスペイン人FWアヨセ・ペレス(24)の獲得に関心を示しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ▽今季のリーガエスパニョーラでヨーロッパリーグ出場権を獲得したベティスは、二足の草鞋を履く来シーズンに向けて積極な動きを見せている。そのベティスは前線のオプションとしてニューカッスルで活躍するスペイン人FWの獲得に関心を示しているようだ。 ▽2014年にテネリフェからニューカッスルに加入したアヨセ・ペレスは、以降マグパイズの主力FWとして活躍。今シーズンはプレミアリーグ36試合に出場し8ゴール4アシストの数字を残している。先日には2021年までの契約にサインしたものの、クラブがマインツの日本代表FW武藤嘉紀らアタッカーの獲得に動いているとの報道もあり、適切なオファーが届けば、放出に踏み切る可能性も十分にあるようだ。 ▽なお、ベティスのキケ・セティエン監督は[4-3-3]や[3-3-2-2]、[3-4-3]と複数のシステムを併用している。その中でアヨセ・ペレスは2トップの一角、あるいはスペイン人FWセルヒオ・レオンのポジション争いのライバルと見られているが、左右のウイングやシャドーでのプレーを求められた場合、乾の強力なライバルとなる可能性もある。 2018.05.19 15:01 Sat
twitterfacebook
thumb

エイバルMF乾貴士は来季に向けたベティス最初の補強か

▽今シーズン限りでエイバルの退団を発表している日本代表MF乾貴士(29)だが、レアル・ベティスの新シーズンに向けた最初の補強となりそうだ。スペイン『エスタディオ・デポルティボ』が報じた。 ▽エイバルからの飛躍を目指す乾は、今シーズン限りでの退団を既に発表。移籍先には、ベティスが濃厚であるとこれまで報じられてきた。 ▽今シーズンの乾は、最終節を残した時点でリーガエスパニョーラで34試合に出場し5ゴール2アシストを記録。チームは契約延長に動いていたが、本人が退団を希望した。 ▽『エスタディオ・デポルティボ』によると、ベティスは新シーズンに向けて早く動きたいとのこと。3選手の獲得が近づいており、GKパウ・ロペス(ジローナ)、MFセルヒオ・カナレス(レアル・ソシエダ)とともに、乾が入っている。 ▽乾は、最終節のアトレティコ・マドリー戦後、マドリッドからそのままセビージャへと移動し、契約を結ぶとのこと。メディカルチェックは既にパスしているという。 ▽ロシア・ワールドカップに出場する日本代表の予備登録メンバーは非公開となっているものの、登録されたという19名の海外組に乾が入っていると報道。18日には、30日に行われるガーナ代表戦に向けたメンバーが発表され、21日からのトレーニングキャンプに参加する見込みだ。 ▽ベティスとしては、このタイミングを逃すと乾と契約を結ぶのは6月以降にずれ込むことが濃厚となるため、早急に終結させたいと考えているようだ。果たして、最終節終了後に発表されるのだろうか。 2018.05.17 21:25 Thu
twitterfacebook
thumb

白熱のセビージャ・ダービーはドロー! ベティス&ビジャレアルのELストレートイン、セビージャのEL出場権獲得が確定《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第37節、ベティスvsセビージャが12日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、2-2のドローに終わった。 ▽6位ビジャレアル(勝ち点57)と7位セビージャ(勝ち点54)による、今季2度目のセビージャ・ダービー。前節、アスレティック・ビルバオに0-2で敗れ、8試合ぶりの黒星を喫したベティスはわずかながら残されていたトップ4フィニッシュの夢が完全に潰えると共に、ヨーロッパリーグ(EL)ストレートインもお預けに。 ▽一方、モンテッラ前監督解任でカパロス暫定監督の下で今季残り試合を戦うセビージャは新体制に以降してからレアル・ソシエダ、レアル・マドリーに2連勝と復調気配が漂う。中2日、敵地でのダービーに向けてはマドリー戦から先発6人を変更。ロケ・メサやバネガ、ノリート、サンドロ・ラミレスが起用された。 ▽ベティコが熱狂的な雰囲気を作り出したベニート・ビジャマリンでのダービーは早い時間帯にスコアが動く。5分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのホアキンがクロスを入れると、ニアに飛び込んだバルトラが頭でフリックしてゴール右隅に流し込んだ。 ▽早い時間帯に先制を許したセビージャはすぐさま反撃を開始。ボールを保持して後方から丁寧に繋ぐ相手に対してプレッシャーをかけながら、カウンターからチャンスを窺う。ノリートやバネガ、サラビアとボックス付近で幾度かシュートまで持ち込むが、崩し切るまでには至らない。その後はダービーらしい球際でバチバチやり合う展開が続く中、互いにカードが増えていくも前半はこのままベティスリードで終了した。 ▽迎えた後半、前半終了間際にメルカドに代えてイェデル、ハーフタイム明けにサラビアを下げてラユンと2枚のカードを切っていくセビージャ。対するベティスもグアルダードを下げて後半頭からブデブスをピッチに送り込む。 ▽後半立ち上がりの48分にボックス左に持ち込んだノリートのシュートで最初のチャンスを作ったセビージャはやや幸運な形から同点に追いつく。57分、ボックス左に抜け出したイェデルがゴールライン際で何とかボールを残すと、この場面でベティス守備陣が同選手のハンドとセルフジャッジして気を抜くと、イェデルの折り返しがDFに当たってゴール方向にこぼれると、これに反応したイェデルが押し込んだ。 ▽一瞬の隙から追いつかれたベティスだが、直後の61分に絶好機。右サイドから切り込んだブデブスのパスをボックス左のホアキンが絶妙なワンタッチでゴール右フリーのロレンに繋ぐ。だが、ロレンはシュートをもたつき相手DFにブロックされる。 ▽その後は再び拮抗した展開に陥るが、セビージャがセットプレーから逆転に成功。79分、バネガの右CKをニアのイェデルが右足でフリックすると、ゴール前のケアーが冷静に右足で蹴り込んだ。 ▽ホームで逆転を許したベティスだったが、先ほど絶好機を逸したロレンが名誉挽回の一撃を決める。81分、右サイドのバラガンからのアーリークロスをスライディングシュートで合わすと、GKが弾いたボールを体制を崩しながら何とか押し込んだ。最後まで勝ち越しゴールを目指して攻め合った両者だったが、試合はこのまま2-2でタイムアップを迎えた。 ▽なお、同時刻開催の試合で8位ヘタフェが敗れ、6位ビジャレアルが勝利したため、ベティスとビジャレアルのELストレートイン並びに7位が確定したセビージャのEL予選3回戦からの出場が決定している。 2018.05.13 04:45 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース