ベティスのベテランFWルベン・カストロが貴州智誠へ移籍2017.07.12 04:16 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベティスは11日、スペイン人FWルベン・カストロ(36)が中国スーパーリーグの貴州智誠へ移籍すると発表した。契約期間や移籍金は発表されていない。

▽ラス・パルマスでプロキャリアをスタートさせたストライカーのルベン・カストロは、2010年夏に2部に降格していたベティスに移籍。移籍初年度に27ゴールを奪ってリーガ昇格に導くと、その後の3シーズンも2桁ゴールをマークし、1部残留を果たしていた。その後、再び2部降格を経験するも32ゴールを挙げて1年でリーガ昇格に導くなど、ベティスの絶対的得点源として活躍し続けていた。

▽貴州智誠は、スペイン人指揮官のグレゴリオ・マンサーノ監督が率いており、スペイン人MFマリオ・スアレスやオーストラリア代表DFライアン・マクゴーワン、元クロアチア代表FWニキツァ・イェラビッチらが在籍している。

コメント

関連ニュース

thumb

マドリーがベティスとの乱戦制す! マルセロ負傷退場もアセンシオがクラブ通算6000得点目メモリアル弾にベンゼマ10節ぶりゴール! 《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは18日、リーガエスパニョーラ第24節でベティスの本拠地・ビジャマリンに乗り込み、5-3で勝利した。 ▽連勝中の8位ベティス(勝ち点33)が、リーガ4戦負けなしの4位マドリー(勝ち点42)をホームに迎えた一戦。 ▽マドリーは3-1で逆転勝利を収めた直近の試合であるチャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン戦からスタメンを5名変更。ヴァラン、モドリッチ、トニ・クロース、イスコ、ベンゼマに代えて、カルバハル、L・バスケス、アセンシオ、コバチッチ、ベイルを起用した。 ▽ラインを高く設定し前線からの鋭い寄せを披露するベティスに対し、マドリーはバランスを崩しすぎず。裏抜けを狙うベイルやC・ロナウドをターゲットにして攻撃をしかけていく。しかし、危険なゾーンに迫ることはできない。 ▽それでも11分、スローインの流れから左サイドでボールを持ったマルセロがクロスを供給。ボックス右まで通ると、ボールを受けたL・バスケスがやや内側のC・ロナウドにパスを送る。C・ロナウドの放った右足の強烈なシュートはGKアダンに弾かれたが、こぼれ球に反応したアセンシオが頭で押し込んだ。 ▽巻き返したいベティスは24分、カウンターからボックス手前中央でボールを受けたロレンが、グラウンダーのミドルシュートを放つ。これは枠をわずかに左へ逸れたが、積極的にゴールに迫っていく。 ▽さらに25分、ボックス手前中央で獲得したFKをホアキンが担当すると、強烈なシュートがゴール左上に。GKケイロル・ナバスが好守を発揮して弾き出したものの、マドリーは立て続けにチャンスを作られてしまう。 ▽すると直後マドリーにアクシデントが発生。自陣内でルーズボール追うマルセロが、右太腿を押さえて倒れ込む。一度はピッチに戻ったものの、30分にテオ・エルナンデスとの交代でピッチを退くこととなった。 ▽マドリーにとって悪い時間帯が続くと、ベティスが一気に流れを引き寄せる。34分、セットプレーの流れから左サイド深い位置でボールを持ったホアキンが、クロスを供給。ボックス内でカゼミロに競り勝ったマンディが、頭でゴールネットを揺らしてスコアをイーブンに。 ▽さらに37分、カウンターの場面でブデブスがマドリー陣内中央を駆け上がるホアキンにパスを送る。ホアキンは、チェックにきたカルバハルをかわしてボックス内左でフリーのフィルポに展開。フィリポがシュートを放つと、DFナチョの足に当たり、ボールはゴールに吸い込まれた。 ▽マドリーは猛攻をかけるため、最前線のC・ロナウドにシンプルにボールを供給しようとするが、統率されたベティスの最終ラインがしかけるオフサイドトラップに苦しみ、チャンスを作れない。ベティスのペースを乱せないまま、試合を折り返すこととなった。 ▽後半に入ると、マドリーが早々に追い上げた。51分、右CKを獲得すると、L・バスケスがキッカーを務める。アウトスウィングのボールに対して、セルヒオ・ラモスが頭で合わせGKアダンの頭上を抜く同点弾を決め切った。 ▽さらに55分には、カウンターからボックス内右に侵攻したベイルが、角度のないところから狙っていくが、GKアダンに阻まれて得点とはならない。さらに57分にも、アセンシオのスルーパスに抜け出したベイルがGKアダンとの一対一を迎えたが、ネットを揺らすことはできなかった。 ▽その後、お互いにカウンターの応酬が続く中、マドリーはファビアン・ルイスやブデブスを起点に攻め込むベティスの攻撃を最後のところで防ぎ続ける。 ▽すると59分、右サイド浅い位置でボールを持ったカルバハルが、ドリブルで3人をかわす。そのままボックス内右に侵攻して中央に折り返すと、待ち構えていたアセンシオが左足のダイレクトシュートを沈めた。逆転弾となったこの得点は、マドリーのリーガ通算6000ゴール目となっている。 ▽さらに65分、カゼミロの浮き球のスルーパスをボックス内左のC・ロナウドが足下に収める。対面のベティスDF2人をかわして右足を振り抜くと、強烈なシュートがネットに突き刺さった。 ▽点差を広げたマドリーは、73分にベイルに代えてイスコを投入。中盤の主導権を奪いにいく。しかし85分、左サイド深い位置にフィルポが抜け出す。フリーの状態で弾道の低いクロスを入れると、途中出場のセルヒオ・レオンがファーに飛び込んで足で合わせ、試合は再び1点差に。 ▽拮抗した展開となっている試合、ジダン監督は終了間際の89分に3枚目のカードとしてC・ロナウドに代えてベンゼマを投入。すると92分、ベンゼマが相手のバックパスをインターセプトしてL・バスケスにパスを送り、最前線に駆け上がる。ボックス内でL・バスケスからのリターンを受けると、右足でゴール右に蹴り込む。これが決まり、ベンゼマにとって10節ぶりのリーガでのゴールとなった。 ▽試合は直後に終了。この結果、ベティスは一時リードしたものの、敗北を喫することに。対するマドリーは、5-2で勝利した前節のレアル・ソシエダ戦に続いて2節連続で5得点を決めてリーガ5戦負けなしとし、連勝に突入することとなった。 2018.02.19 07:01 Mon
twitterfacebook
thumb

ジダン、レアル・マドリー監督は「ほかのクラブよりも消耗が激しい」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、同クラブでチームを率いることの苦労を説いている。<br><br>18日にリーガエスパニョーラ第24節、敵地ベニト・ビジャマリンでのベティス戦に臨むレアル・マドリー。その試合の前日会見に出席したジダン監督は、同チームを指揮することが大きな消耗を伴うとして、いつの日かチームを後にするとの見解を述べた。<br><br>「監督業の消耗は凄まじい。レアル・マドリーであれば、なおさらね。もちろん、これから変化はあるだろう。それは監督だけではなく、全員に起こるものなのだから。今現在はそうした時期ではないが、そういうことが将来的に起こる。どのような職業も消耗するものだが、しかしここはほかの場所よりも消耗が激しい」<br><br>「今季終了後に辞める可能性? 私にとって重要であるのは日々行っていることにほかならない。今季を望むような形で終えることだけを考えている。それ以外のことは頭にないよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.17 23:36 Sat
twitterfacebook
thumb

1人退場のビジャレアルがバルトラデビューのベティスに敗北で7戦ぶり黒星《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第22節のベティスvsビジャレアルが3日にビジャマリンで行われ、2-1でベティスが勝利した。 ▽連敗中の13位ベティス(勝ち点27)が、直近のリーガ6試合5勝1分けと負けのない5位ビジャレアル(勝ち点37)をホームに迎えた一戦。ベティスは今冬にドルトムントから獲得したDFバルトラを3バックの一角としてスタメン起用した。 ▽攻撃の核を担うホアキンを累積警告による出場停止で欠くベティスは、早めに最前線のルベン・カストロやモロンにボールを当ててからの攻撃を試みるも、チャンスには至らない。 ▽対するビジャレアルも中央を固めるベティスのカウンターを警戒。ロドリゴ・エルナンデスが中盤の底でボールを散らしつつ主導権を握りつつあるものの、危険なゾーンにはパスを入れられず、にらみ合いのような時間帯が続く。 ▽中盤での攻防が続くと、31分にルーズボールをクリアしようとしたボネーラが足を高く上げてしまい、飛び込んだルベン・カストロに直撃。スパイクの裏が当たるような形となると、ルベン・カストロは崩れるように倒れ込み、ボネーラにはレッドカードが提示される。 ▽10人となったビジャレアルは、最前線のウナルに代えてDFのA・ゴンサレスを投入。守備の安定を図って前半を終えようとする。 ▽すると試合は引き続き堅い展開となったが、前半終了間際の47分にファビアン・ルイスが相手陣内中央でのボール奪取に成功。ボックス手前右でパスを受けたモロンが思い切って右足を振り抜くと、ゴール左に突き刺さった。モロンにとっては、これがキャリア初のリーガでの得点となっている。 ▽直後に前半が終了し、試合はベティスのリードがリードする形で折り返すことに。 ▽巻き返したいビジャレアルは、58分にトリゲロスがボックス手前にパスを供給。これを受けたバッカが相手DFを背負っていた状態から独力で前を向き、シュートまで持ち込んだが、ボールは左ポストに弾かれる。 ▽ビジャレアルが決定機を逃すと、66分にはベティスに再びチャンス。ボックス手前左でボールを持ったファビアン・ルイスが左足でシュート性のクロスを入れると、ボックス内のモロンが頭でわずかに軌道を逸らし、自身の2得点目とした。 ▽劣勢を強いられているビジャレアルだったが、前に重心を置き積極的な攻撃を敢行し続けると、途中出場のチェリシェフが80分にショートカウンターの流れの中でボックス内に侵攻し、バラガンに倒されてPKを獲得。キッカーのバッカが落ち着いて沈め、1点差に迫る。 ▽しかし、その後の攻撃は不発に終わり、試合は終了。この結果、ベティスはホームで白星を飾り連敗をストップすることに。対するビジャレアルは、リーガ7戦ぶりの敗北を喫することとなった。 2018.02.04 02:21 Sun
twitterfacebook
thumb

MF香川真司の同僚DFバルトラがベティスに完全移籍

▽ベティスは30日、ドルトムントのスペイン代表DFマルク・バルトラ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月までの5年半となるようだ。 ▽バルセロナの下部組織出身であるバルトラは、2010-11シーズンにトップチームに昇格すると、バルセロナではDFジェラール・ピケやMFハビエル・マスチェラーノの控えとして7シーズンで公式戦103試合6ゴールを記録した。 ▽出場機会を求めて2016-17シーズンからは日本代表MF香川真司を擁するドルトムントに加入。主力として活躍し、ここまで公式戦43試合3ゴールを奪っていた。なお、ドルトムント在籍時には、チャンピオンズリーグ準々決勝のモナコ戦を前に、チームバスが爆弾攻撃を受け、その際にバルトラは右手を骨折している。 ▽ベティスに加入したバルトラはクラブ公式サイトを通じて「とても興奮しているよ。ラ・リーガに戻ってきて、今はバルサでデビューした時のよな気分だ。ドイツで2年間経験を積んで、ベティスのような偉大なクラブに加入できてうれしく思うよ」と喜びのコメントを残している。 2018.01.31 10:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムントで出場機会激減のバルトラ、ベティスに移籍か…買い取り義務付きのレンタルで

ドルトムントに所属するスペイン代表DFマルク・バルトラは、間もなくベティスに加入することになりそうだ。スペイン『マルカ』『ムンド・デポルティボ』が伝えている。<br><br>2016年夏にバルセロナから加わり、ドルトムントではこれまで公式戦51試合に出場したバルトラだが、直近のリーグ戦5試合では出番がなく、後半戦に入ってからはベンチメンバーにも含まれていなかった。またクラブはこの1月にDFマヌエル・アカンジと新たなセンターバックを獲得しており、バルトラの去就が騒がれていた。<br><br>そんな状況に置かれたバルトラだが、スペインに戻ることになるようだ。報道によれば、同選手は今シーズン終了まで、買い取り義務付きのレンタルでベティスに移籍するという。また選手側はベティスとその後4年契約を結ぶことで合意に至ったと報じられている。<br><br>ドルトムントは先日、DFネヴェン・スボティッチをサンテチェンヌへと放出。最終ラインの戦力整理を進める中で、もう1人のCBを手放すことが決定的となっている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.30 22:20 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース