代表でアピールしクラブでの出場機会確保を狙う清水DF立田悠悟「ここで結果を出しながらクラブの方で試合に絡めたら」《AFC U-23選手権》2017.07.11 22:19 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽U-20日本代表は11日、千葉県内で今月19日〜23日にかけてカンボジアで行われるAFC U-23選手権予選に向けたトレーニングを実施した。

▽練習後、トゥーロン国際大会を経てU-20日本代表に招集されたDF立田悠悟(清水エスパルス)が、メディア陣のインタビューに応対。今回の予選を足掛かりにクラブでの出場機会の増加と自身の成長に繋げたいとアピールを誓った。

◆DF立田悠悟(清水エスパルス)
──選出されたことについて
「U-20ワールドカップのメンバーには選ばれず、その中から選ばれたというのは、自分が一つレベルアップできるチャンスをもらえたということ。それは嬉しかったですけど、所属クラブの方で結果を残せておらず、今回も天皇杯のメンバーに入れなかったので、嬉しい気持ちと悔しい気持ちの両方あります」

──トゥーロン国際大会は自身にとってどういう大会だったか
「トゥーロンは、自分の中でも久しぶりの代表でした。それに並行してU-20ワールドカップもやっていたので、そのメンバーに入れなかった悔しさを出しました。自分の中では良いパフォーマンスができてたと思いますし、そのおかげで今回選ばれたと思っています。自分の中では良いフィーリングでできました」

──グループステージで1勝もできなかったが、世界との差はどんなところにあると思うか
「やはり点を取るべきところで取らないと厳しい戦いになります。あとは、一瞬のスピードという部分で違いを感じました」

──今シーズン、J1デビューを果たしたが
「正直、自分ができたなと思ったのはデビュー戦の時だけでした。それでも酷かったですけど。あとの2試合は自分の持ち味も出せなかったし、終始ビビってプレーしてしまいました。当然、試合に出るチャンスも失いました。こういうところで結果を出しながらクラブの方で試合に絡めたらと思います」

──13日には天皇杯に招集されていたメンバーも合流するが
「明後日に合流するメンバーは自分より経験もありますし、実力的にも上だというのは分かっています。そういう選手たちから良い部分を吸収して、自分の成長に繋げられたらと思います。ここに来ている以上は、試合に出たいというのがあるので、ちゃんとアピールしてやっていきたいです」

コメント

関連ニュース

thumb

U-20日本代表、2度追いつく粘りみせるもPK戦に散り優勝ならず…《M-150カップ2017》

▽U-20日本代表は15日、M-150カップ2017決勝でU-23ウズベキスタン代表と対戦し、2-2(PK3-4)で敗北した。 ▽グループステージの初戦、日本はU-23タイ代表に1-2で敗れたものの、続くU-23北朝鮮代表戦で4-0と快勝。グループBでU-23ベトナム代表、U-23ミャンマー代表を上回ったウズベキスタンと決勝で激突した。 ▽前半は一進一退の攻防が続いたが、日本は終了間際の45分に相手のカウンターを許してしまい、失点を喫する。一度はガニエフのシュートをGKオビ・パウエル・オビンナが弾いたが、こぼれ球をアブディハリコフに押し込まれた。しかし直後の48分、ボックス手前左からのFKで神谷が右足を振り抜き、ニアを射抜く。前半のうちにスコアをイーブンに戻し、試合を折り返した。 ▽後半に突入すると、ナルズラエフのクロスにウリンバエフが頭で合わせて、75分にウズベキスタンが得点。日本は再び追う展開に。それでも試合がこのまま終了するかに思われた88分、左CKのキッカーを神谷が務めると、ニアに小松が飛び込んでネットを揺らし、試合の行方はPK戦に委ねられた。 ▽PK戦では、4人目のキッカーを務めた菅がシュートを止められてしまう。さらに、ウズベキスタンの4人目までが全員成功して迎えた日本の5人目のPKで上田が外してしまい、ここで終了。日本は粘りを見せながらもPK戦の末、優勝を逃すこととなった。 2017.12.16 00:08 Sat
twitterfacebook
thumb

森保ジャパンが得失点差で決勝進出!! GS最終戦で北朝鮮がタイを撃破!《M-150カップ2017》

▽M-150カップ2017のグループA最終戦のU-23タイ代表vsU-23北朝鮮代表が13日に行われ、0-1でU-23北朝鮮が勝利した。 ▽試合はゴールレスで迎えた後半、80分にU-23北朝鮮がMFリ・ハンのゴールで先制に成功。逆転での突破には3点が必要なU-23北朝鮮は、その後も攻め続けたが追加点は奪えずに試合終了。 ▽この結果、全チームが1勝1敗で並んだグループAは、得失点差で首位に立ったU-20日本代表が決勝戦に進出。決勝は15日の20時(日本時間・同日22時)からグループBを首位で通過したU-23ウズベキスタン代表とアイモバイル・スタジアムで対戦する。 2017.12.14 02:11 Thu
twitterfacebook
thumb

日本が北朝鮮を4-0で破り森保体制初白星!《M-150カップ2017》

▽U-20日本代表は11日、M-150カップ2017のグループステージ第2戦でU-23北朝鮮代表と対戦し4-0で勝利した。 ▽開催国のU-23タイ代表との初戦を落とした日本は、初勝利を目指してU-23北朝鮮代表と対戦した。初戦と同じく[3-4-2-1]の布陣で挑んだ日本はタイ戦からスタメンを麻田を残して全員変更。サンフレッチェ広島の長沼や鹿島アントラーズの平戸らが先発に名を連ねた。 ▽日本は幸先良く先制する。5分、相手のミスからボールを奪った日本はカウンターで素早く前に運ぶ。井上から針谷と繋いだボールを最後は長沼がGKとの一対一を制しネットを揺らした。 ▽その後もリズムよく攻める日本は15分、左サイドの蒲田のクロスを上田が頭で合わせ追加点。さらに35分には、再び蒲田を起点にボックス左深くに侵攻した平戸のクロスを井上が難なく合わせ3点目をもぎ取った。 ▽前半だけで3点のリードを奪った日本は後半に入っても手を緩めない。56分、針谷が自陣からの文字通り針を通すかのような鋭いスルーパスを供給。これに反応した上田が4点目を沈め試合を決定付けた。 ▽後半は北朝鮮に危ない場面を作られた日本だが、GKオビの好セーブも光り、無失点で退けた日本が4-0で快勝。森保体制初勝利を収めた。 2017.12.11 22:43 Mon
twitterfacebook
thumb

森保監督初陣のU-20日本、開催国タイに競り負け黒星スタート《M-150カップ2017》

▽U-20日本代表は9日、M-150カップ2017の初戦で開催国のU-23タイ代表と対戦し、1-2で敗れた。 ▽森保一監督の初陣となった一戦。菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)や神谷優太(湘南ベルマーレ)らがスタメンとなった。 ▽[3-4-2-1]を採用した日本は、ボールをつなぎつつ攻撃を組み立てにかかる。そして、20分にはショートカウンターから小松蓮(産業能率大学)がボックス左に侵入してシュートを放ったが、GKのセーブに阻まれた。ハーフタイムにかけては目立ったチャンスを作れずゴールレスで前半を終了した。 ▽しかし迎えた後半、日本は49分に失点する。GK大迫敬介(サンフレッチェ広島ユース)がCKの流れで上がったクロスをファンブルし、プロンスパに蹴りこまれてしまった。 ▽それでも52分、バイタルエリア中央でルーズボールを拾った神谷が左足でミドルを放つと、これがゴール右に決まった。 ▽しかし64分、ロングボールに抜け出したブーランにGKとの一対一を決められてタイに勝ち越されてしまう。 ▽その後、70分に旗手怜央(順天堂大学)がディフェンスライン裏を取ってGKと一対一となるも止められる。82分には2枚代えを敢行し、井上潮音(東京ヴェルディ)らを投入したが、タイの守備を攻略できずに1-2のまま敗戦し、森保監督の初陣を勝利で飾ることはできなかった。日本は11日にU-23北挑戦代表と対戦する。 2017.12.10 00:32 Sun
twitterfacebook
thumb

U-20日本代表コーチングスタッフに森保一監督の腹心3名が就任

▽サンフレッチェ広島は6日、横内昭展ヘッドコーチ[写真]、下田崇GKコーチ、松本良一フィジカルコーチが東京オリンピックを目指すU-20日本代表のコーチングスタッフに就任することを発表した。 ▽横内氏は現役時代は広島でプレーし、引退後は広島で下部組織のコーチやトップチームのコーチを歴任。2002年には、U-21日本代表、U-17日本代表コーチを兼務していた。 ▽下田氏はも1994年から2010年まで広島でプレーし、引退後はGKコーチを務めていた。松本氏は、ジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド千葉)やアビスパ福岡、立正大学サッカー部でコーチを務め、2012年から広島のフィジカルコーチを務めていた。 ▽3氏ともに森保一監督の下で、広島のJ1優勝に貢献したメンバーであり、U-20日本代表でもタッグを組むこととなった。3氏はクラブを通じてコメントしている。 ◆横内昭展ヘッドコーチ 「創成期からこのクラブに携わることができて、とても幸せでした。長い間、所属して感じていたのは、サンフレッチェ広島というクラブは、選手、スタッフ、フロントを含めて一つになれる素晴らしいクラブです」 「このたび、チームを離れることになりますが、いつまでもサンフレッチェ広島が大好きですし、愛しています。ずっと応援しています。ファン・サポーターの皆さま、いいときも苦しいときも支えていただき、ありがとうございました」 ◆下田崇GKコーチ 「選手で17年、コーチとして7年、長い間サポートしていただき、ありがとうございました。今回、サンフレッチェ広島を離れる決断をしましたが、 新しい環境では自分のベストを尽くし、いろいろなことにチャレンジしていきたいと思います。応援、ありがとうございました」 ◆松本良一フィジカルコーチ 「3度のリーグ優勝やACL、クラブワールドカップ出場など、とても貴重な経験をさせていただきました。今後はこの経験を日本の未来のために生かしていきたいと思います」 2017.12.06 20:00 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース