リール、ローマから逸材FWポンセを獲得! ビエルサとのニューウェルスタッグで本格ブレイクへ2017.07.11 01:42 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リールは10日、ローマからU-20アルゼンチン代表FWエセキエル・ポンセ(20)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽2015年にアルゼンチンのニューウェルス・オールドボーイズからローマに加入したポンセは、アルゼンチン国内で“テベスの後継者”と称される有望な若手アタッカー。ローマではトップチーム定着には至らず、昨季はグラナダに1年間のレンタルで加入したものの、リーグ戦25試合で2ゴールと大きなインパクトは残せなかった。

▽なお、新シーズンからリールを率いるマルセロ・ビエルサ監督は、ポンセの古巣であるニューウェルスでリーグ制覇を成し遂げ、2009年からはその功績が称えられてホームスタジアムがエスタディオ・マルセロ・ビエルサに名称変更されている。過去に多くの名ストライカーを育成してきた同監督の下で本格ブレイクが期待されるところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

今季2位躍進のリールがガルティエ監督と2021年まで契約延長

リールは14日、クリストフ・ガルティエ監督(52)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 現役時代にディフェンダーとしてマルセイユやリールで活躍したガルティエ監督は、2009年から2017年までサンテチェンヌで長期政権を築いた。その後、2017年12月にマルセロ・ビエルサ前監督の下で崩壊しかけたチームを引き継ぐと、昨シーズンは降格圏ギリギリの17位フィニッシュで辛くも残留に成功。 そして、今季は昨季の戦力をベースにサンテチェンヌ時代を思い起こさせる堅実なカウンター型のチームを作り上げると、攻守両面で安定感を獲得。絶好調の若きエースFWニコラ・ペペを中心に上位陣相手にも堂々と渡り合えるチームに進化させ、チームは第20節終了次点で暫定ながら2位に躍進している。 2019.01.15 07:28 Tue
twitterfacebook
thumb

モナコ、リールのフランス人DFバロ=トゥーレを完全移籍で獲得

モナコは10日、リールのフランス人DFファド・バロ=トゥーレ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までで、移籍金は1100万ユーロ(約13億7000万円)とのことだ。 パリ・サンジェルマンの下部組織出身の左サイドバックであるバロ=トゥーレは、2017年夏にPSGからリールへ移籍し、昨季はリーグ・アン27試合に出場。今季は18試合に出場し、レギュラーに定着していた。アンダー世代の代表としてはU-21フランス代表歴を持っている。[写真はモナコを率いるアンリ監督] 2019.01.11 04:08 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ、シティ、アーセナル関心の二コラ・ペペ「今季はリールで終えたいが…」

▽リールのコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)が、移籍の可能性について語っている。イギリス『デイリー・スター』がフランス『Le Voix du Nord』を引用して伝えている。 ▽今夏にもベティスやセビージャ、ローマといった複数の欧州クラブに関心が寄せられていたとされるペペは、爆発的な加速力と優れた足下の技術にシュート精度も併せ持つ右ウイングを主戦場とするレフティアタッカー。2017年にアンジェからリールに加入し、今シーズンは19試合12ゴール7アシストの大活躍を見せている。それもあり、現在ではバルセロナやマンチェスター・シティ、アーセナルといったビッグクラブからも注目を集めている。 ▽そんなペペだが、今シーズン終了時まではリールでプレーする考えを持っている模様。しかし、その後については「わからない」と移籍の可能性は否定していない。 「リールで今シーズンを終えたい…それは本心だよ。会長も言っていたけど、その通りなんだ。ただ、その後のことについてはどうなるかはわからないね」 「僕には2022年まで契約がある。今シーズンはリールでプレーするつもりだ。次もヨーロッパでシーズンをスタートすることができれば、それは美しいことだよ」 2019.12.31 18:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ジェルビーニョがかつて共演したバロンドール候補2選手に言及

▽パルマに所属するコートジボワール代表FWジェルビーニョがかつてクラブチームで共演したバロンドール候補2選手について言及した。同選手がイギリス『ガーディアン』のインタビューで語った。 ▽これまでリールやアーセナル、ローマとヨーロッパの強豪クラブを渡り歩いてきたジェルビーニョ。超高額のサラリーに惹かれて2016年1月に中国の河北華夏に移籍するも、今夏再びトップレベルでのプレーを求めてセリエA昇格組のパルマに加入。ここまではリーグ戦8試合出場で4ゴールを記録するなど、ブランクを感じさせない活躍ぶりを見せている。 ▽2年半ぶりにヨーロッパの舞台に戻ってきたジェルビーニョは、『ガーディアン』で自身のこれまでのキャリアの歩みや近況について語ると共に、かつてリールとローマで共演したベルギー代表MFエデン・アザール、エジプト代表FWモハメド・サラーという2人のバロンドール候補に関して言及した。 ▽リール時代にルディ・ガルシア監督の下で2年間共にプレーし、リーグ屈指の両翼として2010-11シーズンに57年ぶりのリーグ制覇を含む国内2冠を共に経験したアザールに関してジェルビーニョはその才能を絶賛した。 「アザールが世界的なスターになることはわかっていたよ。彼は特別な足、心、身体、才能とチャンピオンになるために必要なすべてを持っていた」 ▽一方、同じくルディ・ガルシア監督の下、ローマ時代に半年間共にプレーし、当時世界最速の両翼と評されたサラーに関しては、その練習への姿勢と努力を称賛している。 「サラーは本当にタフな男だよ。彼は常に落ち着いていて力強く、ハードワーカーとしてのメンタリティも持っていた。とりわけ、彼のトレーニングセッションでも振る舞いは忘れないよ。とても速いリズム、まるで狂人のような圧力。当時の彼を見たらみんなが驚くはずだよ。彼からはポジティブな影響を受けたんだ。彼を見ていると、自分もよりハードワークしないとダメだと思わされた。才能と犠牲心を持った素晴らしいプレーヤーだよ」 2018.11.23 16:12 Fri
twitterfacebook
thumb

ジョー・コールが選ぶ最高のチームメートは?

▽13日に現役引退を発表した元イングランド代表MFジョー・コール(37)がイギリス『スカイ・スポーツ』でキャリアを通じて出会った最高のチームメートを明かした。 ▽“ネクスト・ガッザ”の愛称に相応しい卓越した足下の技術と攻撃センスを武器にウェストハムやチェルシー、リバプール、リールなどで活躍したコールは、アメリカ2部のタンパベイ・ローディーズでのプレーを最後に現役を退く決断をした。 ▽現役時代を通して天才肌のプレーヤーとして認知された同選手は、『スカイ・スポーツ』のインタビューで一緒にプレーしてきた中で最高のチームメートは誰かと問われると、黄金時代を過ごしたチェルシーやイングランド代表の同僚ではなく、レンタルで1年間を過ごしたリール時代の年の離れたチームメートの名前を挙げた。 「イングランド人プレーヤーで考えるなら、ジェラード、ランパード、JT(ジョン・テリー)、ルーニー、リオ(・ファーディナンド)だね」 「同様に外国人プレーヤーなら、ロッベンとアザール…。ただ、名前を挙げ続けるときりがなくなるね。振り返ると、自分がどれだけの天才たちと一緒にプレーしてきたかを気付かさせられるね」 「ただ、誰か1人を選ばなければならないならば、僕はアザールを選ぶよ」 「僕がフランスで一緒にプレーしていたとき、彼はまだ19歳だった。それでも、彼は本当に才能に溢れていたよ。彼はすべてを持ち合わせた偉大なプレーヤーだった」 「個人的に彼はバロンドールを取れると思っている。本当にそれぐらい素晴らしいプレーヤーだと思っているよ」 ▽なお、多くの名選手たちを抑えてコールの最高のチームメートに選出されたチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールは、リールからチェルシーに移籍する際にコールの助言が大きかったと以前から語っている。 2018.11.19 16:00 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース