リール、ローマから逸材FWポンセを獲得! ビエルサとのニューウェルスタッグで本格ブレイクへ2017.07.11 01:42 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リールは10日、ローマからU-20アルゼンチン代表FWエセキエル・ポンセ(20)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽2015年にアルゼンチンのニューウェルス・オールドボーイズからローマに加入したポンセは、アルゼンチン国内で“テベスの後継者”と称される有望な若手アタッカー。ローマではトップチーム定着には至らず、昨季はグラナダに1年間のレンタルで加入したものの、リーグ戦25試合で2ゴールと大きなインパクトは残せなかった。

▽なお、新シーズンからリールを率いるマルセロ・ビエルサ監督は、ポンセの古巣であるニューウェルスでリーグ制覇を成し遂げ、2009年からはその功績が称えられてホームスタジアムがエスタディオ・マルセロ・ビエルサに名称変更されている。過去に多くの名ストライカーを育成してきた同監督の下で本格ブレイクが期待されるところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ニコラ・ペペ、移籍金を100億超に設定か 会長が示唆

リールが、所属するコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)の移籍金を設定したことを示唆している。イギリス『メトロ』が報じた。 昨シーズン残留を争ったリールの1部残留に貢献したペペは、今シーズンにはセンターフォワードから本職の右ウイングに固定され、圧倒的なスプリント能力、ドリブルテクニックを武器に躍動。ここまでリーグ戦27試合に出場し16ゴール10アシストの圧巻の数字を記録している。 この活躍にペペの評価は急上昇しており、今夏の移籍市場では一躍注目株に。マンチェスター・ユナイテッドや、チェルシー、バルセロナといったクラブからの関心が挙げられる中、最も強く結び付いているとされるのはアーセナルだ。 ペペの行き先に関して、リールのクリストフ・ガルティエ監督は先日、「彼はチャンピオンズリーグでプレーするようなクラブに行く必要がある。赤(ユニフォーム)でプレーしているようなクラブにね」と発言。プレミアリーグでチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争うユナイテッドやアーセナル行きの噂が過熱することとなった。 そして今回、リールのジェラルド・ロペス会長もペペの移籍について言及。8000万ユーロ(101億円)の移籍金で交渉に応じるであろうことを、以下のように示唆した。 「彼は最高レベルでのプレーに相応しい。オファーを待っているよ」 「イングランドにも(関心を示す)いくつかクラブがあって、5000万ユーロ(約63億円)相当のオファーを受けた」 「それでは売らないつもりだ。私たちは5000万ユーロのオファーを拒否したよ」 「中国からは天文学的なサラリーかつ8000万ユーロ相当のオファーを受けた。しかし、彼が行きたがらなかったんだ」 2019.03.06 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

リール、ビッグクラブ注目ニコラ・ペペの今夏放出も覚悟?「我々は裕福なクラブではない」

リールは今夏、コートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)を売却しなくてはならない可能性があることも覚悟しているようだ。フランス『テレフット』が伝えている。 昨夏から複数の欧州クラブから注目を集めているニコラ・ペペは、爆発的な加速力と優れた足下の技術にシュート精度も併せ持つ右ウイングを主戦場とするレフティアタッカー。2017年にアンジェからリール入りし、今シーズンはここまで公式戦28試合17ゴール11アシストを記録している。 フランス『テレフット』によると、この活躍からペペには現在、バイエルンやパリ・サンジェルマン(PSG)、チェルシー、バルセロナなど数々のビッグクラブが関心を示している。 そんなペペは、今冬の移籍期間中にシーズン終了時までリールでプレーすることを明言した際、将来のことについては「わからない」と移籍の可能性は否定していなかった。すると最近、リールのスポーツディレクターを務めるルイス・カンポス氏は、今夏に条件を満たすオファーが届いた場合、ペペを売却しなくてはならないと退団の可能性を示唆している。 「我々は裕福なクラブではない」 「もし、実際に良いオファーがペペに届いた場合、売却せざるを得ないということだ」 また、同メディアによると、ニコラ・ペペには中国からのオファーが届いていた模様。しかし、同選手の代理人は中国移籍の可能性を否定し、本人がトップレベルでの挑戦を目指していることを明かしている。 「現時点で中国は、ニコラのキャリアプランに入っていない。彼は最高レベルに到達するか、そこに留まり十分なトロフィーを獲得することを考えている。バロンドールを獲得することもだ。彼は良いプロジェクトを探している」 2019.02.26 15:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ注目のニコラ・ペペの新天地はCL出場可能な“赤い”チーム?

今夏のビッグクラブ移籍が決定的なリールのコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)の新天地はチャンピオンズリーグ(CL)出場可能な“赤い”チームになるのかもしれない。フランス『SO FOOT』が伝えている。 昨季、残留を争ったリールの1部残留に貢献したペペは今季センターフォワードから本職の右ウイングに固定されると、圧倒的なスプリント能力、ドリブルテクニックを武器に躍動。ここまでリーグ戦25試合に出場し16ゴール10アシストの圧巻の数字を記録。 より推進力に長けたストライカーながらレンヌ時代のMFウスマーヌ・デンベレを想起させるレフティに関しては、マンチェスター勢やバルセロナ、バイエルン、チェルシー、リバプール、アーセナル、パリ・サンジェルマンなど多くのビッグクラブが関心を示す。 そのペペの新天地に関してリールを率いるクリストフ・ガルティエ監督が移籍先のヒントを明かした。 「ニコラ・ペペは素晴らしいシーズンを送っており、彼はさらに成長していくはずだ」 「彼はチャンピオンズリーグでプレーするようなクラブに行く必要があると思っている。個人的には中堅クラブで段階を踏む必要はなくできるだけ高いレベルのステージに行くべきだと思っている。赤(ユニフォーム)でプレーしているようなクラブにね」 今回の発言に関しては確定事項ではなくあくまでガルティエ監督の助言という形だが、恩師の助言を受けてペペ本人がCL出場可能な“赤い”チームへの移籍を意識している可能性はありそうだ。 なお、ここまで噂が出ているクラブで条件を満たすのは、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、リバプール、アーセナルの4チームだ。ただ、ユナイテッドとアーセナルに関しては来シーズンのCL出場権を獲得できるか微妙なところだ。 2019.02.21 02:37 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン、複数ビッグクラブ注目のニコラ・ペペに関心か 今季26戦17G11A

バイエルンがリールに所属するコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)に関心を抱いているようだ。フランス『Le10Sport』が伝えている。 昨夏にもベティスやセビージャ、ローマといった複数の欧州クラブに関心が寄せられていたとされるペペは、爆発的な加速力と優れた足下の技術にシュート精度も併せ持つ右ウイングを主戦場とするレフティアタッカー。2017年にアンジェからリールに加入し、今シーズンはここまで公式戦26試合17ゴール11アシストを記録している。 この活躍からペペは現在、バルセロナやマンチェスター・シティ、アーセナルといったビッグクラブからも注目を集めている。バイエルンも同選手の今夏獲得を目指すチームの1つのようで、最近ではリール側への接触も強めているという。伝えるところによると、リールは移籍金5000万ユーロ(約62億円)以上を要求しているとのこと。 今冬の移籍期間中にシーズン終了時までリールでプレーすることを明かしながらもその後については「わからない」と移籍の可能性を否定しなかったペペ。今夏、同選手を巡って争奪戦が起こる可能性は十分にありそうだ。 2019.02.09 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ナント、リールからポルトガル代表DFイエをレンタル!

ナントは30日、リールからポルトガル代表DFエドガル・イエ(24)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は今シーズン終了までとなる。 ギニア・ビサウ出身でスポルティング・リスボンのアカデミーで育ったイエは、2012年にバルセロナに加入。2014年のコパ・デル・レイではトップチームデビューを飾った。しかし、世界屈指の名門でポジションを得ることはできず、ビジャレアルB、ベレネンセスと渡り歩き2017年からリールでプレーしていた。 そのリールでは加入1年目となった昨シーズンにリーグ戦35試合に出場するなど、主力センターバックとして活躍したが、今季は同胞DFジョゼ・フォンテ加入の影響もあり、ここまでリーグ戦7試合の出場にとどまっていた。 なお、2017年11月のサウジアラビア代表戦でポルトガル代表デビューも飾っている。 2019.01.31 03:10 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース