リヨン、アヤックスからオランダ代表DFケニー・テテ獲得2017.07.10 21:02 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リヨンは10日、アヤックスからオランダ代表DFケニー・テテ(21)を獲得したことを発表した。契約は2021年までの4年契約となる。

▽強いフィジカルと確かなキック精度を持つテテは、右サイドバックを主戦場としているが、その高い守備力でセンターバックもこなせるモダンなDFだ。昨季は公式戦23試合の出場で3ゴール2アシストの記録に留まったが、各年代の代表に選ばれている逸材だ。そのテテはリヨン加入の喜びを以下のように語っている。

「今は会長や監督に感謝の気持ちでいっぱいだ。リヨンと契約できてとても嬉しいよ。昨シーズンは、フラストレーションが溜まるものだったけど、僕はいつもポジティブだった」
コメント
関連ニュース
thumb

リヨンDFがメッシとムバッペとの対戦を比較「最も難しい相手だったのは…」

リヨンのマルセロは、リオネル・メッシよりもキリアン・ムバッペとの対戦が難しいと明かした。<br><br>19日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でメッシ擁するバルセロナとホームで対戦し、マルセロはリヨンのクリーンシートに貢献。この試合で世界最高と呼び声の高いアルゼンチン代表FWを黙らせたブラジル人DFだが、昨年10月の0-5で敗れたパリ・サンジェルマン戦ではムバッペ一人に4ゴールを許すなど苦戦を強いられた。<br><br>バルセロナとの一戦の後、『Goal』のインタビューでメッシとムバッペを比較したマルセロは、今シーズンにおいて20歳のフランス代表FWとの対戦がより難しいと言及した。<br><br>「僕が最近対戦したこの選手たちは最高のレベルだ。今シーズンのムバッペとの対戦で、彼は僕に多くの仕事を課した。スピード、ポジショニング、彼とのデュエル、ムバッペが最も難しい相手だ。火曜日のメッシは良くなかったね」<br><br>「すぐに世界最高の選手になるという大きな可能性がムバッペにあると思う。メッシやクリスティアーノ・ロナウドと比較するには良くする必要のある部分もあるけれど、とても速いスピードで進化している」<br><br>提供:goal.com 2019.02.22 14:45 Fri
twitterfacebook
thumb

元リヨンFW、古巣のタレントたちに言及「ビジネスになる。多くのクラブが彼らを…」

かつてセビージャやリヨンで活躍したFWフレデリック・カヌーテは、古巣の躍進に目を丸くしているようだ。『Goal』の独占インタビューで語った。<br><br>その古巣とはリヨンのこと。カヌーテはキャリアをリヨンでスタートさせたが、古巣は今シーズン、フェルランド・メンディ、タンギ・エンドンベレ、フセム・アワールといった若きタレントが躍動。国内リーグではパリ・サンジェルマンに黒星を付け、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ではバルセロナ相手に耐え抜き、初戦をスコアレスで終えている。<br><br>カヌーテは「すべての試合は見ていないが」と前置きしながら、各選手に対して評価を語る。<br><br>「メンディは本当にいいし、ダイナミックだね。彼が好きだよ。リヨンのユースはとてもやくやっているし、素晴らしい選手たちが生まれている。それはリヨンにとっていいビジネスになるだろう。エンドンベレもここ数試合を見たが、とても印象的だった。彼のクオリティやエネルギー、力強さは印象的だった。すべてを持っているが、まだ若い。すでに多くのクラブが興味を持っていると確信できる」<br><br>さらに、アワールについても「とても一流の選手だね。リーガ・エスパニョーラでいいプレーができるように思う。典型的なリーガの選手だよ。どのクラブも欲しがるだろう」とスペイン行きを予想した。<br><br>多くのタレントを擁し、今季の結果次第ではステップアップを果たしそうな新星たち。彼らが揃っている姿を見られるのは今季が最後になるかもしれない。<br><br> <br>提供:goal.com 2019.02.21 06:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ブスケッツがリヨン戦について言及「満足ではない」

バルセロナに所属するスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツが、リヨン戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。 バルセロナは19日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでリヨンとアウェイで対戦。59%のボール支配率で24本のシュートを放ちながらも、最後までリヨンの守備を攻略できず、ゴールレスドローで1stレグを終えた。 バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督は「0-0は危険な結果」と試合後に話した。しかし、ブスケッツは指揮官と考えが反対なようだ。 「これが危険な結果だとは思わない。僕たちは2ndレグに集中している」 「僕たちの方が優れていたし、準々決勝に進出するには勝たなければいけないことを理解している」 「この試合でチャンスを作れていなかったら心配だけど、楽観的になるべきだよ」 「もちろん満足ではないよ。僕たちが上手くやって、得点することが出来ていれば試合に勝てていたからね」 「フットボールはそういうものだし、結果を残さなければ傷付くことになる」 2019.02.20 22:04 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ完封に成功のリヨンDF、対策語る「ウイングからの攻撃はさほど脅威ではないから…」

リヨンに所属するフランス人DFレオ・デュボワが、バルセロナ戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えている。 リヨンは19日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでバルセロナとホームで対戦。劣勢が予想された中、押し込まれながらもゴールを許さず、ゴールレスドローで試合を終わらせた。 なんとかベスト8進出に望みをつないだリヨンのデュボワは、世界最高峰のアタッカー陣を抑えるために意識していたことを明かした。 「彼らには、ディフェンスラインを慌てさせる選手(メッシ)がいる。ただ、ウイングからの攻撃はさほど脅威ではない。だから中央から追いやるようなディフェンスをしたんだ」 「この結果は僕らにとって良いものだ。次に進めるチャンスがまだある。それが難しいことだと分かっていてもね。自分たち自身を信じるよ」 2019.02.20 10:40 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:リヨン 0-0 バルセロナ《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、リヨンvsバルセロナが19日にパルク・オリンピック・リヨンで行われ、0-0のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽リヨン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190220_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 アントニー・ロペス 6.5 後半に決定的なショットストップを披露。的確なポジショニングでシュートコースを消してハイボール処理も安定 DF 14 デュボワ 5.5 押し込まれる時間が長く何度か背後を取られたが、最後の場面で粘りの対応を続けた 6 マルセロ 6.5 冷静なラインコントロールと的確なカバーリングで強力攻撃陣を抑え込んだ 5 デナイヤー 6.5 コンディション面が懸念された中、無理の利く守備でスアレスやメッシに決定的な仕事を許さず 22 F・メンディ 5.5 ウォームアップ中のアクシデントもモノともせずフルタイムをプレー。移籍先候補に挙がる相手に対して、幾度か良い攻撃の絡みを見せた MF 10 トラオレ 5.5 ジョルディ・アルバの攻め上がりをケアするため普段よりも低い位置でプレー。攻撃面ではインパクトを欠いたが、献身性は評価したい (→トゥザール 5.5) 求められた中盤の守備強化の役目を完遂 28 エンドンベレ 6.5 前半はマイボール時にイージーなミスが散見も、それを補って余りあるキープ力やボール奪取力でポテンシャルの高さを窺わせた (→ディオプ -) 11 デパイ 5.5 トップ下後に2トップの一角でプレー。起点になるプレーはあったが、怖さは出せず 8 アワール 6.0 エンドンベレ同様に序盤は硬さからかミスが目立ったが、時間を経るごとに攻守両面で安定感を取り戻した 7 テリエ 5.5 立ち上がりに惜しいミドルシュートを放つなど、守備をこなしながら要所で攻撃のアクセントになった (→M・コルネ 5.5) 攻撃面で見せ場はなかったが、献身的な守備で無失点の貢献 FW 9 M・デンベレ 5.5 守備の仕事はこなしたが、前線でなかなかキープできず。フィニッシャーとしての仕事はこなせなかった 監督 ジェネジオ 6.0 プラスアルファの勝利こそ逃したが、アウェイゴールを与えずに敵地での2ndレグに十分な望みを繋ぐ ▽バルセロナ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190220_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 テア・シュテーゲン 6.5 立ち上がりに2度のビッグセーブを披露。キックはやや乱れたが、守備の安定感は際立っていた DF 2 N・セメド 6.0 スピードのある相手に危なげなく対応。攻撃でも幾度か良いオーバーラップを見せた 3 ピケ 6.5 攻守両面で及第点以上の出来。相手のカウンターにも冷静に対処した 15 ラングレ 6.0 母国凱旋で集中した守備を90分間継続。相手2トップに対してタイトなチェックを敢行し続けた 18 ジョルディ・アルバ 6.0 デンベレとの連係はいまひとつもいつも通り高い位置まで飛び出してメッシやスアレスにチャンスボールを供給 MF 20 セルジ・ロベルト 5.5 ビダルやアレーニャを抑えてインテリオールで先発。切り替えの局面での守備が効いており、シンプルな繋ぎで味方を生かした (→ビダル -) 5 ブスケッツ 6.5 抜群のポジショニングでセカンドボールを回収。相手のタイトなマークを受けながらも的確にパスを捌いた 4 ラキティッチ 5.5 中盤でバランス調整に腐心。攻守両面で卒なく対応した FW 10 メッシ 6.0 ゲームメークにチャンスメーク、フィニッシュと多くの仕事に絡んだが、やや全体的に精度を欠いた 9 スアレス 5.5 前線で一定の存在感も苦手とするCLアウェイゲームでまたもゴールを決められず。無得点時間はついに24時間を超える… 11 デンベレ 5.5 母国凱旋で気持ちの入ったプレーを見せたが、連係ミスやキックミスでリズムを掴み切れなかった (→コウチーニョ 5.5) 一度惜しいミドルシュートを放ったがあとが続かず 監督 バルベルデ 5.5 欲を言えば、アウェイゴールがほしかったが、最低限の勝ち点1を持ち帰る ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! デナイヤー(リヨン) 持ち味のフィジカル能力を全面に生かした守備でバルセロナの攻撃陣を見事に封殺。球際の強さや粘りに加え、危機察知能力をフル動員してクリーンシートの立役者となった。 リヨン 0-0 バルセロナ 2019.02.20 06:59 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース