リヨン、アヤックスからオランダ代表DFケニー・テテ獲得2017.07.10 21:02 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リヨンは10日、アヤックスからオランダ代表DFケニー・テテ(21)を獲得したことを発表した。契約は2021年までの4年契約となる。

▽強いフィジカルと確かなキック精度を持つテテは、右サイドバックを主戦場としているが、その高い守備力でセンターバックもこなせるモダンなDFだ。昨季は公式戦23試合の出場で3ゴール2アシストの記録に留まったが、各年代の代表に選ばれている逸材だ。そのテテはリヨン加入の喜びを以下のように語っている。

「今は会長や監督に感謝の気持ちでいっぱいだ。リヨンと契約できてとても嬉しいよ。昨シーズンは、フラストレーションが溜まるものだったけど、僕はいつもポジティブだった」

コメント

関連ニュース

thumb

リヨンの逸材、U-19フランス代表FWマオリダがニースへ完全移籍

▽ニースは13日、リヨンのU-19フランス代表FWミジアーヌ・マオリダ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽マオリダは、リヨンの下部組織出身。2017-18シーズンはリーグ・アンで13試合に出場し1ゴールを記録。ヨーロッパリーグでも6試合に出場し1ゴールを記録していた。 ▽世代別のフランス代表を経験する逸材で、ドリブルやシュートを得意としており、将来の若手有望株。現在はU-19フランス代表としてプレーし、7月に行われていたU-19欧州選手権ではベスト4入りに貢献していた。 ▽なお、加入するニースは、マオリダがリーグ・アン初ゴールを記録した相手。なんとも縁深いものを感じさせる。 2018.08.14 11:20 Tue
twitterfacebook
thumb

リヨンでブレイクのFWマリアーノ、マドリー復帰を示唆「ノーと言えない」

▽リヨンのドミニカ代表FWマリアーノ・ディアス(25)が、古巣レアル・マドリー行きを仄めかしている。自身ツイッターアカウント(@marianodiaz9)に投稿した。 ▽マリアーノは、2016-17シーズンにマドリーの下部組織からトップチームに昇格したものの、出場は公式戦14試合のみ。その14試合もジネディーヌ・ジダン前マドリー指揮官が組織した、控え組主体の“Bチーム”でのものが主であり、活路を見出すべくリヨンに移籍した。 ▽すると、マリアーノはリヨンでの初年度となった昨シーズンに公式戦45試合21ゴール7アシストと爆発。この活躍を受け、マドリーが今夏の買戻しを画策していることが報じられていた。 ▽リヨンは、公式サイト上で買戻しオプションが付けられていないことを発表している。しかし、スペイン『マルカ』によると、マドリーは契約の際に優先交渉権と、別のクラブに移籍する場合に移籍金の35%を得ることが出来る条項を盛り込んでおり、かなり有利な条件で獲得に動くことが可能だ。 ▽こういった動きの中で、スペイン『アス』は「マリアーノはFWカリム・ベンゼマの控えになることを拒んでおり、マドリー復帰の噂を否定している」という内容の記事を掲載。しかし、マリアーノ当人はツイッター上でその記事を引用し、「レアル・マドリーにノーと言うことは不可能だよ」とコメントしている。 ▽FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスに移籍し、スコアラーの不足が指摘されているマドリー。噂に挙がっていたチェルシーMFエデン・アザールやバイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキの獲得報道もトーンダウンしており、新たなストライカーの到着が待たれている。 2018.08.11 13:50 Sat
twitterfacebook
thumb

アザール&カンテ途中出場のチェルシーがリヨンにPK戦で勝利《ICC》

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2018のチェルシーvsリヨンが7日にスタンフォード・ブリッジで行われ、0-0で90分を終了し、PK戦を5-4で制したチェルシーが勝利した。 ▽初戦のインテル戦と2戦目のアーセナル戦をそれぞれ1-1で引き分けたチェルシーは、2日前に行われたマンチェスター・シティとのコミュニティ・シールドを0-2と完敗した。週末にプレミアリーグ開幕を控える中、そのシティ戦のスタメンから全選手を変更して臨んだ。 ▽一方、初戦のベンフィカ戦を勝利し、2戦目のインテル戦に敗れたリヨンは、週末にリーグ・アン開幕を控える中、インテル戦のスタメンからマリアーノ以外の10選手を変更した。 ▽3トップの左にウィリアン、右にモーゼス、中盤インサイドにロフタス=チークとバカヨコ、アンカーにドリンクウォーター、バックラインにA・クリステンセンらを起用したチェルシーは、7分にメンディのミドルシュートでゴールを脅かされる。 ▽その後も主導権を握りきれず、思うようにポゼッションできないチェルシーは、26分にもデパイのコントロールシュートでゴールを脅かされてしまう。さらにトゥサールのボレーシュートや再びデパイに際どいシュートを浴びるなど、思うような試合運びができないチェルシーは、45分にようやく決定機。ウィリアンの直接FKが枠を捉えたが、GKにセーブされ、前半をゴールレスで終えた。 ▽選手交代なく迎えた後半、55分にロフタス=チークがうまくDFと入れ替わってボックス右に侵入しチップキックシュートを放ってチェルシーがゴールに迫る。さらにエイブラハムのヘディングシュートでゴールに近づいたチェルシーは、58分にカンテやジョルジーニョら3選手を投入。 ▽すると63分にはジョルジーニョの縦パスを受けたカンテがボックス内から決定的なシュートを浴びせる。そして68分、アザールやジルーら3選手を投入したチェルシーが終盤にかけてリヨンを押し込むも、チャンスを生み出すには至らず90分をゴールレスで終了した。しかし、迎えたPK戦ではGKグリーンがリヨンの5番手キッカー、ディオプのシュートを止めると、アザールが最後に決めて5-4で勝利。プレミアリーグ開幕を前に勝利でICCを終えている。 2018.08.08 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーがリバプール破談のフェキルに興味…選手も退団否定せず

チェルシーが、リヨンのフランス代表MFナビル・フェキルの獲得に乗り出していることが分かった。『フランス・フットボール』などが報じている。<br><br>昨シーズン終了後、フェキルに対してはリバプールが大きな関心を寄せており、移籍成立まであと一歩にまで迫っていた。しかし、ロシア・ワールドカップ開幕を前に突如破談に。そのため、今シーズンもリヨンでプレーすると考えられていた。<br><br>しかし、イングランドの移籍市場閉幕間近になってチェルシーが積極的な動きを見せているようだ。チェルシーは今夏、アントニオ・コンテ前監督を解任し、同じくイタリア人のマウリツィオ・サッリ監督を招へい。同指揮官とともにナポリからジョルジーニョを獲得したものの、ボールを運べる選手の獲得を望んでいると言われている。<br><br>そして、白羽の矢が立ったのがフェキルだ。リヨンでプレーする25歳MFは、昨季リーグ・アンで18ゴールを挙げて脚光を浴びると、ロシアでのワールドカップにもフランス代表として出場し、20年ぶり2度目の優勝を経験した。<br><br>サッリ監督は先日「我々には何かが必要だと思うが、必要なのはあと1選手だけだろう。ミッドフィールダーには十分な戦力がいるが、別のタイプの選手がいればなおさら良い」と補強を示唆しており、フェキルがターゲットであるようだ。<br><br>一方、6日にリヨンの練習に復帰したフェキルも「僕はリヨンにいる。ここでとてもハッピーだ。でも移籍市場はまだ開いているし、この世界では全てのことが素早く動いている。将来何が起きるか誰にもわからない」とリヨンからの退団を否定しない発言を残している。<br><br>提供:goal.com 2018.08.07 11:40 Tue
twitterfacebook
thumb

新星FWラウタロ弾でインテルがリヨンに辛勝《ICC》

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2018のインテルvsリヨンが4日に行われ、1-0でインテルが勝利した。 ▽7月28日に行われたICC初戦のチェルシー戦を1-1で終え、PK戦の末に4-5で敗れたインテルは、その一戦から先発を2人変更。カンドレーバとエマーズに代えてラウタロ・、マルティネスとカラモーが先発に名を連ねた。 ▽一方、1日に行われたICC初戦のベンフィカ戦を3-2で勝利したリヨンは、その一戦からマリアーノ、エンドンベレ、GKゴルジェラン以外の先発8人を変更して試合に臨んだ。 ▽立ち上がりから一進一退の展開が続く中、先にチャンスを向けたのはリヨン。17分、左からのサイドチェンジをマオリダがワンタッチでさばくと、ボックス右付近に抜け出したフェリの落としから走り込んだラファエウがダイレクトシュート。しかし、これはGKハンダノビッチの好セーブに阻まれた。 ▽リヨンは、25分に右サイドでFKを獲得するとエンドンベレのクロスをテリエがヘディングシュート。41分にも、スルーパスでインテルDFの裏に抜け出したマリアーノがボックス右まで切り込み決定機を迎えたが、共にシュートはGKハンダノビッチのファインセーブに防がれた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを作ったのはインテル。52分、ポリターノのスルーパスで左サイドをオーバーラップしたダウベルト・エンリケがグランドのクロスを供給。ボックス中央に走り込んだポリターノがスルーしたボールをファーサイドで待ち構えたL・マルティネスが左足で流し込んだ。 ▽先制を許したリヨンは76分、77分と立て続けにグイリがインテルゴールに迫ったが、共にシュートは枠を捉えられず。 ▽その後も膠着状態が続く中、インテルは試合終了間際の90分に決定機。ボックス左角付近でパスを受けた途中出場のサルセドがカットインからシュート。しかし、これはわずかにゴール右に逸れた。 ▽結局、試合はそのまま1-0で終了。期待の新星FWラウタロ弾でリヨンを下したインテルが、ICC2018初勝利を飾った。 インテル 1-0 リヨン 【インテル】 L・マルティネス(後7) 2018.08.05 05:17 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース