リヨン、アヤックスからオランダ代表DFケニー・テテ獲得2017.07.10 21:02 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リヨンは10日、アヤックスからオランダ代表DFケニー・テテ(21)を獲得したことを発表した。契約は2021年までの4年契約となる。

▽強いフィジカルと確かなキック精度を持つテテは、右サイドバックを主戦場としているが、その高い守備力でセンターバックもこなせるモダンなDFだ。昨季は公式戦23試合の出場で3ゴール2アシストの記録に留まったが、各年代の代表に選ばれている逸材だ。そのテテはリヨン加入の喜びを以下のように語っている。

「今は会長や監督に感謝の気持ちでいっぱいだ。リヨンと契約できてとても嬉しいよ。昨シーズンは、フラストレーションが溜まるものだったけど、僕はいつもポジティブだった」
コメント
関連ニュース
thumb

大規模デモ影響で延期となったリーグ・アン第17節の代替開催日が決定

▽リーグ・アンを運営するリーグ・デ・フットボール・プロフェッショナル(LFP)は12日、現在フランス国内で発生している大規模デモを受け、延期されたリーグ・アン第17節の代替開催日を発表した。 ▽フランスでは、11月半ばから燃料税引き上げに抗議する大規模デモが発生しており、第17節の開催が予定されていた8日にもSNS上でデモ開催の呼び掛けが拡散されていた。 ▽これを受け、警察当局はLFPに対して主要都市での試合中止を要請。LFPも選手、サポーターの安全面を考慮し、パリ・サンジェルマンvsモンペリエやトゥールーズvsリヨン、サンテチェンヌvsマルセイユなど計6試合が延期となっていた。 ▽LFPの発表によれば、代替日は2019年1月15、16日に決定。今回発表された日程は、以下のとおり。 ◆リーグ・アン第17節 ▽2019年1月15日 《27:00》 アンジェ vs ボルドー 《29:00》 パリ・サンジェルマン vs モンペリエ ▽2019年1月16日 《27:00》 トゥールーズ vs リヨン ニーム vs ナント モナコ vs ニース 《29:00》 サンテチェンヌ vs マルセイユ 2018.12.12 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「リバプールが翻意した」リヨン会長が突如破談したフェキルの移籍交渉舞台裏を告白

リヨン会長のジャン=ミシェル・オラス氏は、ナビル・フェキルのリバプール移籍が破談した舞台裏について明かした。<br><br>今夏、ワールドカップのフランス代表メンバーに名を連ねていたフェキルは、大会前にリバプール移籍に大きく近づく。一部では再三合意報道が出回ったが、残りわずかの段階で破談。フランス代表FWが膝に問題を抱えており、その影響でメディアカルチェックをパスできなかったとも報じられていたが、どうやら事実は異なるようだ。<br><br>10日、『RMC』に対してオラス会長はフェキルの移籍が破談した原因について口を開いた。「最終段階になって、移籍に合意していたリヨンとリバプール間だけではなく、選手側も含めて合意には至らなかった。リバプールに心変わりがあったことも事実だ。ナビルはワールドカップに行かなくてはならなかったからタイトなスケジュールだったこともあり、交渉を打ち切ることを決めた。ナビルも納得した」<br><br>「(メディカルチェックをパスできなかったという破談理由は)リバプール側が利用した言い訳の1つであると思う。しかし、私個人としてはそれが本当の理由だとは思えない」<br><br>また、オラス会長はフェキルが今でも他のクラブから関心を持たれていることを認めるも、1月の移籍市場で放出する可能性はほとんどないと強調した。「フェキルが冬に退団するかって? 彼が出たがっているとは思わない。特にチャンピオンズリーグのグループリーグを突破した場合にナビルが出て行くことを想像できない」<br><br>「仮に彼が移籍を望むなら、再び他のクラブと交渉することになるだろう。しかし、1月に彼が出て行くことは考えられない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.11 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリー、先月フランス代表デビューのリヨンMFに興味か

▽レアル・マドリーが、リヨンに所属するフランス代表MFタンギ・エンドンベレ(21)の獲得に興味を示しているようだ。フランスのテレビ番組『Telefoot』の情報をスペイン『Fichajes』が伝えた。 ▽2016年にアミアンでプロデビューを飾ったエンドンベレは、中盤の要としてクラブ史上初となるリーグ・アン昇格に貢献。その翌年にリヨンへ完全移籍を果たすと、加入初年度となった昨季は公式戦50試合に出場して1ゴール8アシストの数字を残した。今シーズンも、ここまで公式戦20試合で2ゴール4アシストを記録している。 ▽今回伝えられるところによると、マドリーは核となる選手の獲得を検討しており、エンドンベレをリストアップしたという。また、同選手はリヨンとの契約を2023年まで残しており、契約解除金は6000万ユーロ(約77億円)に設定されているようだ。 ▽エンドンベレに関しては、マンチェスター・シティが関心を抱いており、交渉に乗り出したが、既にリヨンが拒否した模様。また、バルセロナも、アヤックスのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(21)の獲得に失敗した場合、エンドンベレの獲得に動き出す可能性があるという。 2018.12.04 19:59 Tue
twitterfacebook
thumb

敵地でドローのシティが6シーズン連続の決勝トーナメント進出! 後半AT被弾で敗戦のホッフェンハイムは敗退が決定《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループF第5節のリヨンvsマンチェスター・シティが27日に行われ、2-2の引き分けに終わった。 ▽前節のホッフェンハイム戦を劇的被弾でドローに終わったリヨン。今節の勝利で7シーズンぶりの決勝トーナメント進出を決まる状況のリヨンは、直近に行われたリーグ・アン第14節のサンテチェンヌ戦から先発メンバーを2人変更。ムサ・デンベレとトゥザールに代えてマクスウェル・コルネとエンドンベレを先発で起用した。 ▽一方、前節のシャフタール戦を大勝しグループFの首位に立つシティ。引き分け以上でグループステージ突破が決まるシティは、直近に行われたプレミアリーグ第13節のウェストハム戦から先発を3人変更。ギュンドアン、デルフ、オタメンディに代わりマフレズ、ストーンズ、ジンチェンコが先発に名を連ねた。 ▽立ち上がりから一進一退が続く中、13分にシティが最初のチャンスを迎える。アグエロのスルーパスをボックス右で受けたスターリングがマイナスに折り返すと、走り込んだアグエロのスルーしたボールをマフレズが左足で合わせるも、シュートはGKアントニー・ロペスが正面キャッチ。 ▽シティは15分にも、シルバのスルーパスでボックス左に侵入したザネの折り返しから再びマフレズが決定機を向けたが、シュートは相手DFに当たり枠を外した。 ▽対するリヨンは29分、ドリブルでボックス左まで侵攻したF・メンディの折り返しを中央で受けたM・コルネがワントラップからシュート。しかし、このシュートは枠の上に外れた。さらに、43分にもデパイの左クロスをファーサイドのM・コルネがジャンピングボレーで合わせたが、これはクロスバーに阻まれた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを作ったのはリヨン。55分、中盤で獲得したFKを素早いリスタートをバイタルエリア左で受けたデパイがクロスを供給。走り込んだフェキルには合わなかったが、セカンドボールを拾ったM・コルネがボックス右手前からミドルシュートを狙うと、これがゴール左に突き刺さった。 ▽先制を許したシティだが、すぐに反撃に転じる。58分、ボックス右でボールを受けたマフレズのクロスをアグエロがヘディングシュート。しかし、これはGKアントニー・ロペスのファインセーブに防がれた。それでもシティは62分、セットプレーから試合を振り出しに戻す。バイタルエリア右でFKを獲得するとスターリングがクロスを供給。ニアサイドでシルバがフリックしたボールをファーサイドのラポルテがヘディングでゴール右に流し込んだ。 ▽一進一退の攻防が続く中、リヨンは81分にデパイのスルーパスで相手DFの裏に抜け出したM・コルネがボックス内まで侵入すると、飛び出した相手GKの脇を抜くシュートをゴール左隅に流し込み、勝ち越しに成功する。 ▽再びリードを許したシティだが、すぐさま気持ちを切り替えると83分にマフレズの右CKからアグエロがヘディングシュートをゴール左に流し込み、すぐさま同点に追いつく。 ▽結局、その後はスコアが動かず。2-2の痛み分けで試合は終了。この結果、シティが6シーズン連続の決勝トーナメント進出を決めた。 ▽また、同日行われたホッフェンハイムvsシャフタールは、2-3でシャフタールが勝利した。試合は14分にイスマイリにゴールでシャフタールが先制すると、15分にもタイソンがゴールネットを揺らした。 ▽2点のリードを許したホッフェンハイムだが、すぐさま気持ちを切り替えると17分にクラマリッチがゴールネットを揺らし、1点を返す。さらに40分には、カデラベクの右クロスのこぼれ球をツバーが押し込み、試合を振り出しに戻した。 ▽同点で後半を迎えたホッフェンハイムだが、60分に退場者を出してしまう。相手ボックス内でボールを奪おうとしたサライが、危険なスライディングタックルで2枚目のイエローカードを受けてしまった。 ▽2-2のまま後半アディショナルタイムに突入。このまま試合終了かと思われたが、92分に均衡が破れる。ボックス左深くまで切り込んだイスマイリが折り返しを供給すると、ゴール前で受けたタイソンが反転からゴール右のシュートを流し込んだ。 ▽結局、試合は2-3のまま終了。グループ3位に浮上したシャフタール(勝ち点5)は、最終節で2位リヨン(勝ち点7)との直接対決を行う。 2018.11.28 07:32 Wed
twitterfacebook
thumb

ペップ、B・シウバやジェズスらのリヨン戦招集外の理由を説明…19歳フォーデンに期待

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、リヨン戦に向けた招集メンバーについて説明した。 ▽シティは27日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループF第5節でリヨンとのアウェイ戦に臨む。現在3連勝で首位に立つシティ(勝ち点9)は、2位・リヨン(勝ち点6)との一戦を引き分け以上で終わると、最終節を残してグループステージ突破が決定。第1節ではリヨンに1-2で敗れており、シティにとってはリベンジマッチとなる。 ▽その一戦に向けてシティは、FWセルヒオ・アグエロやMFダビド・シルバ、FWラヒーム・スターリングらをメンバー入りさせた一方、MFベルナルド・シウバやFWガブリエウ・ジェズス、MFイルカイ・ギュンドアンらをコンディション不良により招集外に。前日記者会見に臨んだグアルディオラ監督は、招集外となった選手たちの状況を説明している。 「ベルナルド・シウバは、復帰する最終段階まで来ている。ジェズスに関しては、トレーニング中に筋肉に問題を抱え、準備することができなかった。ギュンドアンも足に問題を抱えている」 「私は選手全員を選びたいが、それは仕方がない。ここにいる選手たちは良い仕事をするためにトライしなくてはならない。一方で、ここに来ることができなかった選手たちは、しっかりと回復しなくてはならない」 ▽また、今回招集メンバーの中には18歳のイングランド代表MFフィル・フォーデンが名を連ねているが、同選手についてもグアルディオラ監督は言及している。 「彼にはプレシーズンで感動した。そして今は以前よりもたくましくなり、我々の中でプレーすることができる。それに関しては疑う余地がない」 「ボールを持っている時も持っていない時もとても積極的に激しくプレーしている。プレーするたびに良くなっているね」 「つまり準備ができているということだ。彼はチームの一員だ」 2018.11.27 15:30 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース