名古屋の新外国人選手躍動で町田に8発快勝! すみだは神戸とドロー、大阪は大分に快勝《DUARIG Fリーグ-J SPORTSシリーズ-》2017.07.09 19:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽9日に墨田区総合体育館で、DUARIG Fリーグ2017/2018第6節の3試合が行われた。

▽第1試合のバサジィ大分vsシュライカー大阪は3-8で大阪が勝利し、第2試合のペスカドーラ町田vs名古屋オーシャンズは8-0で名古屋が勝利した。第3試合のフウガドールすみだvsデウソン神戸は、3-3のドローに終わっている。

◆バサジィ大分vsシュライカー大阪
▽前日の試合で名古屋に引き分けた大分と、神戸と引き分けた大阪の一戦は立ち上がりから大阪のゴールラッシュとなる。2分にFP芝野創太が古巣を相手に先制ゴールを奪うと、その後も得点を重ねて、大阪が6-0と大分を突き放して試合を折り返す。後半に入ると大分も25分にFP森村孝志がゴールを奪うも、芝野のハットトリックもあり大阪が8-3と大勝した。

◆ペスカドーラ町田vs名古屋オーシャンズ
(C)CWS Brains,LTD.
▽すみだとの東京ダービーに敗れた町田と、大分と引き分けに終わった名古屋の一戦は、ワンサイドゲームとなった。3分にFP西谷良介のゴールで名古屋が先制すると、6分にFPルイジーニョが加点。7分のFP齋藤功一のゴールを挟んで、14分にはFPヴァルチーニョがネットを揺らす。ルイジーニョとヴァルチーニョは揃ってFリーグデビューして以来4試合連続でのアベック弾となった。その後も名古屋は得点を重ねると、終わってみればヴァルチーニョが4ゴールを奪う活躍を見せ、町田に8-0と大勝した。

◆フウガドールすみだvsデウソン神戸
(C)CWS Brains,LTD.
▽町田との東京ダービーに勝利したすみだと、大阪との関西ダービーをドローで終えた神戸が対戦した。試合は11分にFP稲田みずほのゴールで神戸が先行する。しかし隅田も15分にFP宮崎暁のゴールで同点とすると、16分には丹羽脩人、20分に清水和也がゴールを奪い逆転で後半を迎えた。後半はスコアが動かない展開となるも、終盤に神戸がパワープレーを仕掛けると、34分と37分に森洸が連続でゴールを奪い神戸が追いつく。すみだは試合終盤にパワープレーに出るが、勝ち越しゴールは生まれずに試合は終了。勝ち点1を分け合う結果に終わった。

◆DUARIG Fリーグ-J SPORTSシリーズ-
▽7月9日(日)
バサジィ大分 3-8 シュライカー大阪
ペスカドーラ町田 0-8 名古屋オーシャンズ
フウガドールすみだ 3-3 デウソン神戸

▽7月8日(土)
バサジィ大分 3-3 名古屋オーシャンズ
デウソン神戸 4-4 シュライカー大阪
フウガドールすみだ 4-1 ペスカドーラ町田

コメント



PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース