ユナイテッド移籍のルカク、休暇先LAで逮捕 10月の出頭命令下る2017.07.09 08:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今夏、エバートンからマンチェスター・ユナイテッドに移籍するベルギー代表FWロメル・ルカクが、休暇先で逮捕されていたことがわかった。イギリス『BBC』が報じた。

▽今夏の去就に注目が集まったルカクに関しては8日、ユナイテッドがエバートンとの移籍合意を発表。しかし、伝えられるところによれば、その間にアメリカのロザンゼルスで騒動を起こしていたようだ。

▽『BBC』によれば、ルカクは2日、ビバリーヒルズにある滞在先のマンションでパーティを開催したが、近隣住民による複数の騒音苦情で警察沙汰に。拘束なく、口頭注意を受けるにとどまったという。

▽しかし、ルカクには出頭命令が下った模様。そのため、10月2日にロサンゼルスの裁判所に出頭するとみられている。

コメント

関連ニュース

thumb

コンドグビアを手中に収めたバレンシア、A・ペレイラ獲得に動く...モウリーニョは放出を拒否か

バレンシアは今夏、積極的に補強を行っている。次の標的はマンチェスター・ユナイテッドMFアンドレアス・ペレイラのようだ。<br><br>バレンシアは、この数日でDFガブリエウ・パウリスタ(前所属アーセナル)、ジェイソン・ムリージョ(インテル)、MFジョフレイ・コンドグビア(インテル)の獲得を決めている。だが、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督はさらなる補強を求めているとみられる。<br><br>マルセリーノ監督は、首脳陣にA・ペレイラの獲得を頼んでいるという。A・ペレイラは昨季、出場機会を確保する目的でグラナダにレンタル移籍。今季もユナイテッドで出場時間を保証されているとは言い難い状況だ。<br><br>しかしながら、ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、A・ペレイラの残留を強く望んでいる様子。同選手のレンタル獲得を目指すバレンシアは、移籍市場が閉まるまで我慢強くユナイテッドの回答を待つ構えだとされる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.24 01:16 Thu
twitterfacebook
thumb

ルーニーがイングランド代表引退を発表

▽FA(イングランドサッカー協会)は23日、エバートンに所属するFWウェイン・ルーニー(31)がイングランド代表から引退することを発表した。 ▽ルーニーは、ユースからトップチームに上がったエバートンでプレーしていた2003年にフル代表初招集。17歳と111日のデビューにより、当時の代表最年少出場記録を更新した。その後、2004年にポルトガルで開催されたユーロ、2006年のドイツ・ワールドカップ、2010年の南アフリカ・ワールドカップ、2012年のポーランドとウクライナが共催したユーロ、2014年のブラジル・ワールドカップ、2016年にフランスで行われたユーロなどの大舞台でプレーした。 ▽イングランド代表としての通算成績は、119試合53得点。出場数はGKピーター・シルトンに次ぐ歴代2位で、得点数はFWボビー・チャールトンを凌いで歴代1位の記録を保持した。 2017.08.23 21:23 Wed
twitterfacebook
thumb

青いルーニーに未だ宿るレッド・デビルズの魂「赤いマンチェスターも喜んでくれる」

▽エバートンのイングランド代表FWウェイン・ルーニーが“元宿敵”を挑発した。 ▽マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるルーニーは今夏、古巣のエバートンに復帰。プレシーズン中から好調を維持すると、開幕節のストーク・シティ戦で決勝弾を記録し、さらには21日に行われた第2節のマンチェスター・シティ戦でもゴールを奪った。 ▽敵地での1-1の引き分けに貢献したルーニーは試合後、自身のツイッターを更新。「勝てなかったのは残念だが、いい勝ち点を獲得できた。プレミアリーグ200ゴールに到達できたことも嬉しい」と自身のプレミア200ゴール達成を喜んだのち、ゴールを祝福するシーンでシティファンからヤジを飛ばされている画像とともに以下のコメントを投稿した。 「お馴染みの表情を見るのは、いつだって愉快だね」 ▽このツイートは、約3時間で12万以上の「いいね」を記録。心のクラブに復帰したルーニーだが、今もレッド・デビルズの魂は失っていないようで、イギリス『BBC』によれば、「赤い他のマンチェスターも楽しめたと確信している」と語ったとのことで、ユナイテッドに貢献できたことを喜んでいた。 2017.08.22 10:09 Tue
twitterfacebook
thumb

「どっちの脚でしょう?」 ユナイテッド、今週中にもイブラと再契約へ

▽マンチェスター・ユナイテッドが今週中にも元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(35)と再契約を交わすようだ。大手メディア『ESPN』が報じた。 ▽昨夏にユナイテッド入りしたイブラヒモビッチは昨シーズン、公式戦46試合の出場で28得点10アシストを記録するなど健在ぶりを発揮。しかし、今年4月に全治8カ月とみられる右ヒザ十字じん帯損傷を負ったこともあり、ユナイテッドは契約延長オプションの行使を見送った。 ▽それでも、ユナイテッドと良好な関係を続けているイブラヒモビッチは、同クラブにとどまってリハビリ中。かねてから再契約の可能性が伝えられてきたが、『ESPN』によれば、今週中にもユナイテッドとの新契約を締結するとのことだ。 ▽なお当初、復帰は年末か年明けとみられてきたイブラヒモビッチだが、20日には自身のツイッター上で「どっちの脚でしょう?」というコメントとともに、じん帯損傷を負った右足での強烈なキックでサンドバックを蹴る動画を投稿し、順調な回復ぶりをアピールしている。 2017.08.21 13:19 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ドラクスラー獲得レースに参戦か

▽マンチェスター・ユナイテッドがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー(23)に関心を示していると、イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽ドラクスラーに関しては、PSGでの立ち位置が不透明な状況になりつつある。PSGは今夏、バルセロナからFWネイマールを獲得。さらに、モナコのFWキリアン・ムバッペ獲得に動いているとされており、実現すれば出場機会の確保がより難しくなるとの見方が強まっている。これまでの報道によれば、そのドラクスラーを巡ってはリバプール、アーセナルが興味。だが、ここにユナイテッドも加わる可能性があるという。 ▽ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は今夏、DFビクトル・リンデロフ、MFネマニャ・マティッチ、FWロメル・ルカクを獲得。しかし、少なくともあと1名の獲得を見込んでいるとみられる。その1名には、インテルのMFイバン・ペリシッチがかねてより噂されてきた。だが、獲得交渉は停滞。そのため、アーセナルも関心を寄せるモナコのMFトマ・ルマールと共に、ドラクスラーの動向にも注視しているようだ。 2017.08.20 15:15 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース