MLSのサンノゼ・アースクウェイクスのブラジル人MFマテウス・シウバが水難事故で重体2017.07.05 13:42 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のサンノゼ・アースクウェイクスは4日、ブラジル人MFマテウス・シウバ(20)が水難事故に遭い、重体であることを発表した。

▽クラブの発表によると、マテウス・シウバはカリフォルニア州とネバダ州の間にあるタホ湖で水難事故に遭ったとのこと。人命救助措置を受け、タホ湖近くの病院に運ばれたとのことだ。その後、リノにあるリナウン・リージョナル・メディカル・センターに移送。重篤な状態とのことだ。

▽マテウス・シウバは、2017年3月からUSL(ユナイテッド・サッカーリーグ)のレノFCへとレンタル移籍。ここまでリーグ戦2試合に出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

ウクライナ代表シェフチェンコ監督がFIFA年間最優秀選手を選ぶなら…?

▽“ウクライナの矢”の愛称で親しまれ、現在はウクライナ代表で指揮を執るアンドリー・シェフチェンコ監督が、「The Best Men's Player 2017」の最終候補に挙がった3選手についてコメントした。『FIFA.com』が伝えた。 ▽現役時代はディナモ・キエフやミラン、チェルシーなどでプレー。ウクライナ代表のエースとしても長らく君臨し、111試合に出場し48ゴールを記録。ゴールスコアラーとして多くの記録を残してきた。 ▽2004年にはバロンドールを受賞し、現在はウクライナ代表を指揮するシェエフチェンコ監督だが、FIFAの年間最優秀選手についてコメント。レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが有力であるとの見解を示した。 「彼ら3人は信じられない選手であり、賞を獲得するに値する。もし選ばなければならいのならば、クリスティアーノ・ロナウドだ。彼はチャンピオンズリーグで優勝し、決勝で2ゴールを記録している」 「リオネル・メッシはファンタスティックな選手だ。そして素晴らしいシーズンを過ごした。彼はリーグ戦でとても良いプレーを見せたし、多くのゴールを決めた」 「ネイマールに関しては満足している。過去5年間はメッシとロナウドの争いだった。そして、今はネイマールが割って入り、彼は信じられないほど良いプレーをしている。彼は多くのゴールを決め、素晴らしいテクニックを持っている。彼のプレーを見ることは素晴らしいことだよ」 「クリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシのゴール記録は信じられない。2人のと同じぐらいゴールを決める選手は記憶にない。彼らはチームにとっての大きなリーダーであり、いつも良いパフォーマンスを見せる。素晴らしい選手だよ」 「プレッシャーは、いつもパフォーマンスを見せ、ゴールを決めなくてはいけない選手だ。リオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウド、ネイマールはゴールを決めているが、彼らはリーダーでもある。3選手はチームがトロフィーを獲得するのを助ける選手だ」 2017.10.17 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

シャキーラがピケの忠誠心を称賛「彼のような選手はいない」

▽コロンビア出身歌手であるシャキーラさんが、夫であるバルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケを称えている。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽かつてバルセロナで副会長を務めたアマドール・ベルナベウを祖父に持つピケは、以前からバルセロナでの現役引退や将来の会長就任の夢を公言してきた。自身はバルセロナの下部組織からマンチェスター・ユナイテッドに移籍するも、2008年からはバルセロナでプレーし続けている。 ▽さらに、ライバルであるレアル・マドリーに対する辛辣なツイートやカタルーニャの独立を支持するコメントを残すなど、クラブとしても地域としても“バルセロナ”への愛情を露わにしている。 ▽昨今では、クラブに忠誠を誓う選手が少なくなった中、シャキーラは夫であるピケの忠誠心は他に例を見ないものだと主張した。 「ジェラールの忠誠心は全てバルセロナに向けられているものよ。特別な存在であり、彼のような選手は他にいないわ。フットボール選手はある意味、傭兵のような存在で、他のチームに引き抜かれることがあるの。でも彼をお金で買うことなんてできないわ」 「彼はバルセロナのイデオロギーの中で育ってきた数少ない選手。それの考えが彼自身の中に流れているの」 ▽なおピケとシャキーラは今月に入り離婚説が浮上。夫婦生活が日に日に悪化し、カタルーニャ独立問題で矢面に立たされているピケを残してバルセロナの自宅からシャキーラが出ていったと報じられていた。 2017.10.17 08:21 Tue
twitterfacebook
thumb

インドネシアで悲劇…試合中に味方選手と激突した伝説的GKが38歳で命を落とす

▽インドネシアで試合中に悲劇が──インドネシア・スーパーリーグのペルセラ・ラモンガンのGKコイル・フダが、試合中に味方選手と激突。その後、搬送先の病院で息を引き取った。38歳だった。 ▽フダは、15日のセメン・パダン戦に先発出場。しかし、前半終了間際に味方DFのラモン・ロドリゲスと激突。そのまま起き上がることなく、担架で運び出されていた。なお、チームは2-0で勝利した。 ▽クラブの発表によると、フダは味方と激突した際に呼吸と心臟が止まっていたとのこと。すぐに起動を確保し、病院へ搬送された。緊急治療室に入り、心停止の蘇生を行っていたが、応答は得られず。そのまま、命を落としたとのことだ。 ▽フダは、デビューからペルセラ一筋で18年間プレー。リーグ戦では500試合以上も出場している伝説的なプレーヤーだった。ペルセラには、大分トリニータでもプレーしていたMF内田昂輔が所属している。 2017.10.16 11:11 Mon
twitterfacebook
thumb

原口元気所属ヘルタ、トランプ米大統領に反旗 シャルケ戦でヒザつきパフォ

▽日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンがアメリカのドナルド・トランプ大統領に反旗を翻した。 ▽トランプ大統領は先日に自身のツイッター(@realDonaldTrump)で、黒人に対する暴力根絶の意味を込めたナショナルフットボールリーグ(NFL)の選手のヒザをつくパフォーマンスに対して、「国歌時に起立しないNFL選手はクビにすべき」とツイート。このつぶやきが物議を醸しているところだ。 ▽広まるアメリカ大統領に対する反発にサッカー界からヘルタも続いた。ヘルタは14日に行われたブンデスリーガ第8節のシャルケ戦で、試合前に先発組でNFLのコリン・キャパニックが始めたヒザをついたパフォーマンスを実施。さらに、クラブ公式ツイッター(@HerthaBSC)で次のような声明を発表した。 「ヘルタ・ベルリンは寛容と責任を支持する! 寛容なベルリンのために、世界に対して永遠にオープンな立場であり続ける!」 2017.10.15 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル主将イカルディ、SNSでの愛犬名募集が話題に 採用者にユニフォームがプレゼント

▽インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディのある行動が話題を呼んでいる。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽イカルディは13日、青い瞳が特徴的な子犬の写真を自身のインスタグラム(mauroicardi)に投稿。ユーザーから新たに飼い始めた愛犬の名前を募集し、すでに16万のいいねが押されている。 ▽ちなみに、インテル主将は採用者にプレゼントとして、インテルのユニフォーム贈呈を約束している。応募してみてはいかがだろうか。 2017.10.14 10:45 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース