ペリシッチがビーチバレーボールでプロデビュー!2017.07.01 16:22 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルに所属するクロアチア代表MFイバン・ペリシッチが、母国クロアチアでプロビーチバレーボール選手としてデビューを飾った。『ESPN』が伝えている。

▽現在、多くの選手たちがサマーブレーク期間を利用して観光や家族サービスに精を出している中、ペリシッチは母国で人知れず自身のもう一つの夢を実現していたようだ。

▽ペリシッチは、母国のポレッチで行われたビーチバレーボールの大会にニキツァ・デルオルコと共にクロアチア代表として参戦。だが、自身のプロデビュー戦となったアルバロ・デ・モライス、セイモン・バルボサのブラジル代表組との対戦では、強豪国のペア相手に為すすべなく大敗した。

▽また、アメリカ代表ペアとの対戦となった第2戦でも、ペリシッチとデルオルコのペアは大敗し、初白星を逃した。

▽それでも、要所で好プレーを見せたペリシッチは、試合後の囲み取材で今回のプロデビューに満足感を示している。

「プロデビューは僕の夢だった。僕は10歳の頃からビーチボールをプレーしてきた。僕はビーチボールに強い情熱を持ってきたし、毎年夏は友人と共に練習を積んでいたんだ」

「僕に世界最高峰のビーチボールプレーヤーたちと共にプレーする機会を与えてくれた人たちに感謝を伝えたい。負けてしまったけど、今回の出来事は最高だったよ」

▽さすがに世界のトッププレーヤー相手に勝利を飾ることはできなかったペリシッチだが、要所で見せた鋭い反射神経を見れば、有事の際のゴールキーパー候補として間違いなく推せるだろう。

◆足技はさすがです
https://twitter.com/FIVBBeach/status/880506980548452352?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fwww.whoateallthepies.tv%2Fvideos%2F258263%2Finter-milan-winger-ivan-perisic-makes-professional-beach-volleyball-debut-photos-video.html

◆要所で鋭いプレーも
https://twitter.com/FIVBBeach/status/880506536950464513?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fwww.whoateallthepies.tv%2Fvideos%2F258263%2Finter-milan-winger-ivan-perisic-makes-professional-beach-volleyball-debut-photos-video.html

コメント

関連ニュース

thumb

インテルのU-20フランス代表FWバカヨコがザンクト・ガレンへレンタル移籍

▽スイス・スーパーリーグのザンクト・ガレンは17日、インテルのU-20フランス代表FWアクセル・バカヨコ(20)をレンタルで獲得したことを発表した。 ▽2014年にインテルの下部組織に入団したウインガーのバカヨコは、2016年12月にトップチームデビュー。2017-18シーズンはソショーへレンタル移籍し、リーグ・ドゥで17試合に出場して1ゴール1アシストを記録していた。 ▽U-20フランス代表としてはこれまで5試合に出場している。 2018.07.17 23:05 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル、イカルディの違約金支払うクラブは現れず

▽インテルFWマウロ・イカルディは、近日中にクラブとの契約更新に動くことになる。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ▽インテルのエースで主将を務めるイカルディは、契約延長か移籍かが注目されていた。同選手には1億1000万ユーロ(約143億円)の契約解除金が設定されていたが、現地時間15日の最終期限までにこの額を用意する国外のクラブは現れず。インテルはひとまず、他クラブに引き抜かれずに済んだ。 ▽こうなると、インテルの第2の狙いはイカルディの契約延長だ。リーグ戦開幕までに新契約を交わしたいインテルは、数日のうちに2023年までの契約延長合意を取りつけるとみられている。 ▽インテルはイカルディに500~600万ユーロ(約6.5億~7.8億円)の年俸を用意し、活躍次第でボーナスをつける準備があるという。 2018.07.17 04:15 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルがジェノアからビッグクラブ注目の16歳FWサルセドを獲得

▽インテルは16日、ジェノアのイタリア人FWエディー・サルセド(16)を獲得したことを発表した。詳しい契約内容は発表されていない。 ▽コロンビアの両親の下にジェノアで生まれた188cmの大型FWであるサルセドは、昨年の夏にもインテルへの移籍が濃厚となっていた若手有望株。そのサルセドは2017年8月にジェノアでセリエAデビューを飾った中、2017-18シーズンはプリマヴェーラで24試合に出場して6ゴールを記録していた。 ▽ユベントスやミランもサルセドに獲得を興味を示していたが、1年越しでインテルが若手有望株を獲得している。 2018.07.17 02:55 Tue
twitterfacebook
thumb

マウコムはインテルを待つ

▽ボルドーに所属するブラジル人FWマウコム(21)は、インテルに加入することになりそうだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽セレソンの次代を担う逸材レフティと評されるマウコム。2016年1月にコリンチャンスからボルドーに移籍を果たすと、昨季はリーグ戦35試合に出場し12ゴール7アシストを挙げるなど、その才能を遺憾なく発揮している。 ▽その活躍から今夏、マウコムを望むクラブが殺到。これまでにバイエルンやチェルシー、アーセナル、トッテナムといった数々のビッグクラブが獲得レースを繰り広げてきた。一時はトッテナム移籍が近づいたとされている同選手だが、『カルチョメルカート』によれば、代理人であるフェルナンド・ガルシア氏が自身のSNSで「我々はインテルを待っている」と投稿したようだ。 ▽インテルはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)抵触を避けるため何人かの選手売却をしなければならない模様。マウコムのインテル移籍は、ネラズーリの陣容の整理がついてからまとまる形になりそうだ。 2018.07.14 17:45 Sat
twitterfacebook
thumb

イタリア代表FWエデルが江蘇蘇寧に移籍

▽中国スーパーリーグの江蘇蘇寧は13日、インテルのイタリア代表FWエデル(31)を獲得したことを発表した。契約内容は明らかにされていない。 ▽ブラジルのクリシウマでプロキャリアをスタートさせたエデルはエンポリやチェゼーナ、サンプドリアなどを経て2016年1月にレンタルでインテルに加入。同年夏には完全移籍が発表され、2シーズン半で公式戦86試合に出場し14ゴール8アシストを記録した。 ▽昨年11月に2021年まで契約延長したエデルだが、イタリア『カルチョメルカート』によれば、江蘇蘇寧が550万ユーロ(約7億2000万円)の移籍金を支払い獲得。契約は2年半で、年俸520万ユーロ(6億8000万円)受け取るようだ。 2018.07.13 18:10 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース