ペリシッチがビーチバレーボールでプロデビュー!2017.07.01 16:22 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルに所属するクロアチア代表MFイバン・ペリシッチが、母国クロアチアでプロビーチバレーボール選手としてデビューを飾った。『ESPN』が伝えている。

▽現在、多くの選手たちがサマーブレーク期間を利用して観光や家族サービスに精を出している中、ペリシッチは母国で人知れず自身のもう一つの夢を実現していたようだ。

▽ペリシッチは、母国のポレッチで行われたビーチバレーボールの大会にニキツァ・デルオルコと共にクロアチア代表として参戦。だが、自身のプロデビュー戦となったアルバロ・デ・モライス、セイモン・バルボサのブラジル代表組との対戦では、強豪国のペア相手に為すすべなく大敗した。

▽また、アメリカ代表ペアとの対戦となった第2戦でも、ペリシッチとデルオルコのペアは大敗し、初白星を逃した。

▽それでも、要所で好プレーを見せたペリシッチは、試合後の囲み取材で今回のプロデビューに満足感を示している。

「プロデビューは僕の夢だった。僕は10歳の頃からビーチボールをプレーしてきた。僕はビーチボールに強い情熱を持ってきたし、毎年夏は友人と共に練習を積んでいたんだ」

「僕に世界最高峰のビーチボールプレーヤーたちと共にプレーする機会を与えてくれた人たちに感謝を伝えたい。負けてしまったけど、今回の出来事は最高だったよ」

▽さすがに世界のトッププレーヤー相手に勝利を飾ることはできなかったペリシッチだが、要所で見せた鋭い反射神経を見れば、有事の際のゴールキーパー候補として間違いなく推せるだろう。

◆足技はさすがです
https://twitter.com/FIVBBeach/status/880506980548452352?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fwww.whoateallthepies.tv%2Fvideos%2F258263%2Finter-milan-winger-ivan-perisic-makes-professional-beach-volleyball-debut-photos-video.html

◆要所で鋭いプレーも
https://twitter.com/FIVBBeach/status/880506536950464513?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fwww.whoateallthepies.tv%2Fvideos%2F258263%2Finter-milan-winger-ivan-perisic-makes-professional-beach-volleyball-debut-photos-video.html

コメント

関連ニュース

thumb

長友佑都、伊主要紙のダービー評価は?「軍人のようにサイド防衛」の一方で最低評価も

ミラノ・ダービーに先発したインテルのDF長友佑都に対するイタリア各紙の意見は分かれた。<br><br>インテルは15日、セリエA第8節でミランとのミラノダービーに挑んだ。試合は主将FWマウロ・イカルディがハットトリックを決め、3-2でシーソーゲームを制して順位表でも単独2位に浮上した。今シーズン、長友は新加入のDFダルベルト・エンリケと交互に起用されるなど、左サイドバックにおいて熾烈なポジション争いが繰り広げられていた。しかし慎重な守備が必要とされるミラノダービーでは、前節のベネヴェント戦に引き続きベテランの長友が起用され、フル出場を果たしている。<br><br>『ガゼッタ・デロ・スポルト』はワースト選手として長友を挙げ、MFロベルト・ガリアルディーニと並びチーム内最低点となる「5,5」をつけた。「前半はガリアルディーニとともに唯一の汚点となったが、(ファビオ)ボリーニがチャンスを無駄にした。後半は文字通り、元リヴァプールの選手によって隅へ追いやられた」と述べ、対面したボリーニに手を焼いていたと指摘した。なお最高評価はハットトリックを決めたFWマウロ・イカルディの「9」となっている。<br><br>一方、『トゥット・スポルト』は「6」の評価を下し、「優秀な兵士は軍人のような顔つきでサイドを防衛した」と綴り、長友の守備に合格点を与えた。最高点はイカルディの「9」、最低点は途中出場したDFジョアン・カンセロの「5,5」となっている。<br><br>また『コリエレ・デロ・スポルト』も同様に、及第点となる「6」の評価を与えている。「守備に注意深く、ダウベルトより好まれた。足元にボールを持つと震えていたが、惨事を起こすこともなかった」として、長友が与えられた役割をこなしていたと分析した。なお最高点および最低点も同じく、イカルディの「9」、カンセロの「5,5」となっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.17 21:53 Tue
twitterfacebook
thumb

モウリーニョが3冠達成のインテル時代を振り返る「恋愛関係のようだった」

マンチェスター・ユナイテッドの指揮官、ジョゼ・モウリーニョがフランスメディア『TF1』のテレビ番組に出演し、インテルへの愛を告白した。<br><br>番組内では、各国強豪クラブを渡り歩いた&ldquo;スペシャル・ワン&rdquo;のキャリアを振り返り、2008年から2年間在籍したインテルについても触れている。モウリーニョは就任1年目にセリエAおよびイタリア・スーパーカップを制したが、翌年、2009-10シーズンには偉業を達成している。チャンピオンズリーグ決勝でバイエルン・ミュンヘンを2-0で退け、インテルに45年ぶりとなる栄冠をもたらした。また同年にセリエAおよびコッパ・イタリアも制し、イタリア勢史上初となるトリプレーテ(3冠)を達成した。<br><br>「インテルはとても特別だった。重要なタイトルを獲得するのは、キャリアにおいてラストチャンスになるかもしれない年齢の選手たちがいて、まるで恋愛関係のようだった。皆で(元会長のマッシモ)モラッティやすべてのインテルファンに想像できないような喜びをプレゼントすることができた」<br><br>モウリーニョは3冠を達成した直後にインテル指揮官の座を辞任し、翌シーズンからレアル・マドリーの指揮を執ったが、これについては、「レアル・マドリーへ行って、史上最強のバルセロナと戦うのに絶好のタイミングだった」と、説明している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.16 23:34 Mon
twitterfacebook
thumb

往年の世界最高DFネスタに最も近いのは?インテルから意外な選手を挙げる

元イタリア代表のアレッサンドロ・ネスタに最も近いディフェンダーはインテルのDFミラン・シュクリニアルであると、フランス紙『レキップ』が15日、伝えている。<br><br>ネスタは引退後、2015年からミランで同僚だったパオロ・マルディーニ氏らの協力の下に設立したマイアミFCの指揮官となった。マイアミは2016年からNASLに参戦すると、1年目を7位で終え、2017年のスプリングシーズンを制した。現在、行われているフォールシーズンでは2位につけている。<br><br>現役時代はイタリア代表で2006年ドイツ・ワールドカップに出場し、世界王者に輝いたほか、ミランやラツィオなど所属クラブでも活躍し、数々のトロフィーを手にしてきたネスタ。世界最高峰のセンターバックの一人と謳われた自身の後継者について問われると、最も近い存在としてインテルへ加入したスロバキア代表の22歳、シュクリニアルを挙げた。「新ネスタはもう出てこないと思う。だが現段階で、シュクリニアルが最も似ている選手だ」と述べている。<br><br>シュクリニアルは今シーズン、インテルにおいてセリエAの全8試合に先発出場し、7勝1分と負けなしの快進撃を支えている。9月16日のクロトーネ戦ではセリエA初ゴールも決めた若きセンターバック、シュクリニアルの成長は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.16 23:31 Mon
twitterfacebook
thumb

ダービー3発の“英雄”イカルディ「ピッチでやるべきことをやるだけ」

▽インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディがハットトリックで勝利に貢献したミラノ・ダービー後、コメントを残した。『FourFourTwo』が伝えている。 ▽インテルは、15日に行われたセリエA第8節で“永遠のライバル”ミランと対戦した。先発したイカルディは、28分と63分にゴールを挙げると、2-2で迎えた90分にPKのチャンスから決勝点をマーク。ダービーでインテルに勝利を導くヒーローとなった。試合後、インテル主将は次のように振り返っている。 「批評家の話は気にしない。僕はチームを助けること、ゴールを挙げること、ピッチでやるべきことをやるだけ。いつもゴールできるわけじゃない。インテルにとっても、僕にとっても、(この結果は)嬉しいね」 「スクデットにチャンレンジできるかどうかを話すのは時期尚早。プレシーズンの段階から正しい方向に進めている。ナポリとの次戦に集中しないと。彼らはリーダー。ヨーロッパでも最高のフットボールを見せているのだから、スペシャルな試合になるはずだよ」 2017.10.16 09:30 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:インテル 3-2 ミラン《セリエA》

▽セリエA第8節、インテルvsミランによるミラノ・ダービーが15日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、ホームのインテルが3-2で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽インテル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171016_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハンダノビッチ 6.0 2失点も相手が勢いづいた時間帯に再三の好守で流れを渡さず DF 33 ダンブロージオ 6.5 値千金のPK奪取に先制点の起点となるなど、サイドで優位を保った 37 シュクリニアル 5.5 2失点も前半はタイトな寄せで相手攻撃陣を封じていた 25 ミランダ 6.0 押し込まれた中、常に的確な判断で守備を締める。空中戦の強さも際立った 55 長友佑都 5.0 守備重視のプレーを見せたが、後半はボリーニとスソのコンビに苦戦した MF 87 カンドレーバ 6.5 圧巻のクロスで先制点をお膳立て。正確なクロスにタイミングの良い仕掛けと相手を苦しめた (→カンセロ 5.5) 最低限の約束事はこなしたが、やや利己的なプレーも散見 11 ヴェシーノ 6.0 身体を張った守備に加え、タイミングの良い攻撃参加で攻撃に厚みを加えた 20 ボルハ・バレロ 6.5 さすがのフットボールセンスでチーム全体をオーガナイズ。攻守に気が利きまくっていた (→エデル -) 5 ガリアルディーニ 5.5 攻守両面でダイナミズムを発揮。やや雑さも見えた 44 ペリシッチ 6.5 イカルディの2点目をアシスト。前半はややおとなしかったが、後半は要所で決定機に絡んだ FW 9 イカルディ 8.0 圧巻のトリプレッタでチームを勝利に導くまさにエースの仕事ぶり (→サントン -) 監督 スパレッティ 6.0 後半は愛弟子モンテッラに苦しめられたが、エースの力で勝ち切った ▽ミラン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171016_8_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 99 ドンナルンマ 5.0 目立った好守なく3失点。チームを勝利に導く働きを見せて欲しかった DF 22 ムサッキオ 5.5 前半は攻守に苦しんだが、後半は積極的な攻撃参加などで盛り返す 19 ボヌッチ 5.0 自身に大きなミスはなかったが、相手のエースを止め切れず、厳しい3失点 13 ロマニョーリ 5.0 攻守両面でもの足りない。ボヌッチに頼り過ぎている感が見え隠れする (→ロカテッリ 5.5) チームに活力を与えた MF 11 ボリーニ 6.5 2アシストを記録。積極的な仕掛けやフリーランで攻撃を活性化させた 79 ケシエ 5.5 前半終盤に見せ場を作ったが、ややボールを奪った後のプレーが雑だった (→クトローネ 5.5) 決定的な仕事はできなかったが、前線のターゲットマンとして周囲を活かした 21 ビリア 5.0 2失点目に繋がるボールロストなど、ビルドアップでの軽さが目立った 5 ボナヴェントゥーラ 6.5 試合を通じてチームに推進力を与え、貴重なゴールも奪った 68 R・ロドリゲス 5.0 痛恨のPK献上。際どいシュートブロックなど良い部分もあったが、試合を通して波が大きかった FW 8 スソ 6.5 得意のダービーできっちり1ゴール。ポジションを移した後半にチームの攻撃を牽引した 9 アンドレ・シウバ 5.5 前半は完全に沈黙したが、後半は周囲との絡みの中で存在感を示した 監督 モンテッラ 5.5 的確な選手交代で一度は流れを掴むが、課題の守備が耐え切れずに3連敗… ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! イカルディ(インテル) ▽ストライカーとしての才能を遺憾なく発揮する圧巻の2ゴールに加え、プレッシャーがかかるPKもきっちり決めて、チームを勝利に導くダービーでの圧巻のトリプレッタを達成。 インテル 3-2 ミラン 【インテル】 イカルディ(前28) イカルディ(後18) イカルディ(後45[PK]) 【ミラン】 スソ(後11) ボナヴェントゥーラ(後36) 2017.10.16 06:02 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース