ペリシッチがビーチバレーボールでプロデビュー!2017.07.01 16:22 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルに所属するクロアチア代表MFイバン・ペリシッチが、母国クロアチアでプロビーチバレーボール選手としてデビューを飾った。『ESPN』が伝えている。

▽現在、多くの選手たちがサマーブレーク期間を利用して観光や家族サービスに精を出している中、ペリシッチは母国で人知れず自身のもう一つの夢を実現していたようだ。

▽ペリシッチは、母国のポレッチで行われたビーチバレーボールの大会にニキツァ・デルオルコと共にクロアチア代表として参戦。だが、自身のプロデビュー戦となったアルバロ・デ・モライス、セイモン・バルボサのブラジル代表組との対戦では、強豪国のペア相手に為すすべなく大敗した。

▽また、アメリカ代表ペアとの対戦となった第2戦でも、ペリシッチとデルオルコのペアは大敗し、初白星を逃した。

▽それでも、要所で好プレーを見せたペリシッチは、試合後の囲み取材で今回のプロデビューに満足感を示している。

「プロデビューは僕の夢だった。僕は10歳の頃からビーチボールをプレーしてきた。僕はビーチボールに強い情熱を持ってきたし、毎年夏は友人と共に練習を積んでいたんだ」

「僕に世界最高峰のビーチボールプレーヤーたちと共にプレーする機会を与えてくれた人たちに感謝を伝えたい。負けてしまったけど、今回の出来事は最高だったよ」

▽さすがに世界のトッププレーヤー相手に勝利を飾ることはできなかったペリシッチだが、要所で見せた鋭い反射神経を見れば、有事の際のゴールキーパー候補として間違いなく推せるだろう。

◆足技はさすがです
https://twitter.com/FIVBBeach/status/880506980548452352?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fwww.whoateallthepies.tv%2Fvideos%2F258263%2Finter-milan-winger-ivan-perisic-makes-professional-beach-volleyball-debut-photos-video.html

◆要所で鋭いプレーも
https://twitter.com/FIVBBeach/status/880506536950464513?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fwww.whoateallthepies.tv%2Fvideos%2F258263%2Finter-milan-winger-ivan-perisic-makes-professional-beach-volleyball-debut-photos-video.html

コメント

関連ニュース

thumb

元セリエC会長、長友佑都を称賛「皆がもう見たくないと言ったあの小さい選手が1番」

元レーガ・プロ(イタリア3部)会長で、イタリアサッカー連盟(FIGC)副会長を務めた経験を持つマリオ・マカッリ氏が21日、イタリアメディア『スポルティタリア』のインタビューに応じ、日本代表DF長友佑都について言及した。<br><br>イタリア複数メディアは新加入の23歳、ブラジル人DFダウベルト・エンリケの先発が優勢と報じていたが、長友は予想を覆し、20日のセリエA開幕戦インテル対フィオレンティーナに先発フル出場を果たした。インテルの先制点となった主将FWマウロ・イカルディのPK獲得のシーンでは長友のロングパスが起点となったほか、3-0での完封勝利に貢献した。長友に対するイタリアでの評価はバラつきを見せている上、サポーターからは退団を要望する声が大きい。だが御年80歳のマカッリ氏は長友を支持している。<br><br>「インテルはディフェンダーを1人(スロバキア代表DFミラン・シュクリニアル)獲って、それからもう1人、ダルベルトも来た。だがフィオレンティーナ戦のピッチで1番良かったのは、皆がミラノでもう見たくないと思っていたちっちゃいサイドバックの選手だった&hellip;ルチアーノ・スパレッティ(監督)は彼を信頼したようだが、この青年は指揮官の信頼に値する」<br><br>続いてマカッリ氏は、今夏の移籍市場におけるインテルの動向を評価した上で、既にチームに実力のある選手が所属していると指摘した。<br><br>「まだ第1節だがユート・ナガトモがインテルで1番の選手になるとしたら、既に手元に誰かしら(良い選手が)いたということだ。インテルはこれまでのメルカート(移籍市場)で獲れる選手だけを獲って慎重に動いていた。それに実力のある選手は既にチームに沢山いる」<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.23 22:10 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルの元U-21イタリア代表FWロンゴがテネリフェにレンタル移籍…昨季はジローナの1部昇格に貢献

▽リーガエスパニョーラ2部のテネリフェは23日、インテルの元U-21イタリア代表FWサムエレ・ロンゴ(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽ロンゴは、インテルやジェノアなどの下部組織で育ち、2012年にインテルでトップチームに昇格。その後はエスパニョールやエラス・ヴェローナ、ラージョ・バジェカーノ、カリアリ、フロジノーネへとレンタル移籍。2016-17シーズンはジローナにレンタル移籍すると、リーガエスパニョーラ2部で37試合に出場し14ゴール2アシストを記録。チームのリーガエスパニョーラ昇格に貢献していた。 ▽また、世代別のイタリア代表を経験しており、U-21イタリア代表としては17試合に出場し4ゴールを記録していた。 2017.08.23 20:32 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルがバレンシアからポルトガル代表DFカンセロ獲得! 長友に強力ライバル

▽インテルは22日、バレンシアからポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(23)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「7」に決定している。 ▽母国屈指の名門、ベンフィカの下部組織出身のカンセロは、2014年にトップチームデビュー。2014-15シーズン途中にバレンシアへレンタル移籍で加入すると、その翌年に完全移籍で正式加入した。 ▽卓越したスピードと運動量、攻撃センスを併せ持つカンセロは、サイドバックからウイングまでこなす右サイドのスペシャリスト。バレンシアでは公式戦91試合に出場し、4ゴールを記録している。また、2016年9月にデビューを果たしたポルトガル代表では、ここまで5試合に出場し3ゴールを挙げている。 ▽今夏の移籍市場ではバルセロナやユベントス、チェルシー、トッテナムなど錚々たるビッグクラブが獲得に関心を示してきたが、インテルからバレンシアに旅立ったフランス代表MFジェフリー・コンドグビア(24)とのトレードという形でセリエA行きを果すことになった。 2017.08.23 00:50 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルOB、長友佑都の奮闘を認めるも辛口「一生懸命だがクオリティは別の話」

インテルのOBナッザレーノ・カヌーティ氏は21日、移籍市場情報サイト『トゥットメルカートウェブ』のインタビューに応じ、開幕戦のフィオレンティーナ戦にフル出場した日本代表のDF長友佑都について、厳しい評価を下した。<br><br>カヌーティ氏はインテルの下部組織出身で、1970年代から80年代にかけてインテルでプレーした。1979-80シーズンにはスクデットを獲得し、コッパ・イタリアも2度制した経験を持つ。今シーズンから始動したルチアーノ・スパレッティ指揮下のインテルについて、持論を展開している。フィオレンティーナ戦に先発した長友とDFダニーロ・ダンブロージオの両サイドバックには厳しい姿勢を見せた。<br><br>「全体的に見て、このインテルは気に入った。ただ昨日と比較して、ディフェンスラインを修正する必要がある。なぜならナガトモは頑張ってはいるが、クオリティは別の話だ。ダンブロージオは昨日、クロスを1本も上げなかった。新加入の選手が入ったらどうなるか見守ろう。1試合で7-8本クロスを出せればよいのだが。イカルディもチャンスを生かせるだろう」<br><br>カヌーティ氏は自身が指摘するサイドバックの問題が解決できれば、インテルはチャンピオンズリーグ出場権獲得を視野に戦えるチームであると述べている。<br><br>「私はネガティブでもポジティブでも両極端ではない。まずまずのチームだと思う。伸びしろはかなりあるし、もし両サイドの問題が解決できれば、3-4位は狙えると思う」<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.22 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

伊主要紙、インテル長友佑都の開幕戦評価は分かれる…「ほぼアシストの後はブレーキ」

開幕戦インテル対フィオレンティーナに出場した日本代表のDF長友佑都について、イタリア紙の評価は分かれた。<br><br>セリエA第1節が20日に行われ、インテルはフィオレンティーナと対戦した。当初、イタリアの複数メディアにより新戦力の23歳、DFダウベルト・エンリケの先発が予想されていたため、長友の先発が発表されると驚きをもって報じられた。なおインテルの先制点となった主将FWマウロ・イカルディのPK獲得のシーンでは長友のロングパスが起点となったほか、フル出場を果たして3-0での完封勝利に貢献している。<br><br>『コリエレ・デロ・スポルト』は長友に及第点となる「6」を与えた。「スタートダッシュから2回、&ldquo;ほぼアシスト&rdquo;を見せたが、その後はブレーキがかかってしまった」との寸評を加えて、先制点につながるPKを誘引したFWマウロ・イカルディへのロングパスや、MFマティアス・ベシーノへのクロスを評価した。しかし、その後はパフォーマンスが低下してしまったことを指摘した。チーム内の最高点はドッピエッタ(1試合2得点)を決めたイカルディの「8」、最低点は長友とともにサプライズ先発となったもののミスが目立ったMFマルセロ・ブロゾビッチの「5,5」だった。<br><br>『トゥット・スポルト』も同様に及第点の「6」を長友につけ、「守備ではやや生き生きとしていたが、スピードを上げるとダメ」としている。最高点はイカルディと3点目を決めたMFイヴァン・ペリシッチの「7,5」、最低点はブロゾビッチとDFジョアン・ミランダの「5,5」となっている。<br><br>一方で『ガゼッタ・デロ・スポルト』はブロゾビッチ、DFダニーロ・ダンブロージオと並びチーム最低点となる「5,5」の評価を長友に与えている。なお最高点はイカルディの「8」となっている。<br><br>ただ『イル・ジョルナーレ』は対照的な評価を与えている。最高点を得たイカルディの「7,5」に次ぐ「7」を長友に与え、「彼のロングパスで1-0となるPKを獲得できた。そして生かすことはできなかったがベシーノへのパスも」として、チャンスメイクを称えた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.22 22:26 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース