引退発表のスコット・パーカーがスパーズに帰還! U-18チームのコーチに就任2017.07.01 13:05 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トッテナムは6月30日、先日に現役引退を発表した元イングランド代表MFスコット・パーカー氏(36)がU-18チームのコーチおよび、クラブアンバサダーに就任したことを発表した。▽先月28日に20年のプロキャリアを終えることを表明したパーカー氏は、2011年から2013年まで在籍し、公式戦63試合に出場するなど、印象的な活躍を披露したトッテナムにコーチとして復帰することになった。

▽指導者として新たなキャリアをスタートすることになったパーカー氏は、トッテナムの公式サイトで以下のようなコメントを残している。

「私はトッテナムに戻ってこれたことを本当に嬉しく思っている。同様に、新たな仕事に没頭できることを楽しみにしている。キャリアを終えるという決断は決して簡単ではなかったが、自分の人生における新たな章を楽しみにしている」

「クラブ史においてエキサイティングな日々を過ごしている中、私にこのような機会を与えてくれたスパーズに心から感謝したい。クラブの代表としてコーチ、アンバサダーを務められることを誇りに思っている」

▽チャールトンの下部組織出身のパーカー氏は、1997年にトップチームデビュー。その後、2004年1月にロマン・アブラモビッチ体制に移行したチェルシーに加入したものの、同クラブでは思うように出場機会を得られず、ニューカッスル、ウェストハムを渡り歩くことに。だが、2010-11シーズンにはFWA年間最優秀選手賞を受賞するなど、圧巻のパフォーマンスを披露し、同時期にはイングランド代表の主力にも定着。その後、トッテナムでのプレーを経て2013年から今季終了まではフルアムでプレーしていた。なお、プレミアリーグでは通算369試合に出場し、24ゴールを記録した。

▽また、イングランド代表では2003年にフル代表デビューを飾ると、ユーロ2012に出場するなど、通算18試合に出場していた。

▽ここ数年、多くの有望な若手を輩出してきたトッテナムだが、現役時代に攻守にハードワークを披露し、人間的にも優れた人物と評されたパーカー氏のU-18チームコーチ就任は、育成路線を継続するクラブにとって大きな後押しとなるはずだ。
コメント
関連ニュース
thumb

スパーズ、新スタジアムのこけら落としが4月3日のC・パレス戦に決定!

トッテナムの新スタジアムのこけら落としが4月3日に行われるプレミアリーグ第31節延期分のクリスタル・パレス戦に決定した。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。 トッテナムは1899年から使用していたホワイト・ハート・レーンを2016-17シーズンを最後に取り壊し、6万2000人収容の新たなスタジアム建設へ着手。当初の予定では昨年8月に完成し同9月から公式戦を戦う予定になっていた。 しかし、「セキュリティー・システムに重大な欠陥が見つかった」として数回にわたって工期の延期が伝えられてきた。その後、今月8日には新スタジアムの開場時期が4月上旬になる見込みであることを発表していた。 その開催日に関してトッテナムとパレス、ブライトン&ホーヴ・アルビオンの3者による話し合いが先週行われ、ブライトンがFAカップを勝ち上がった場合、4月3日に行われるプレミアリーグ31節延期分のパレス戦がこけら落としの一戦に。敗れた場合は4月7日に行われる33節のブライトン戦とすることで合意に至っていた。 そして、17日に行われたFAカップでブライトンがPK戦の末にミルウォールを破って準決勝進出を決めたことで、4月3日のパレス戦がこけら落としの一戦となることが決まった。 なお、正式開場に向けて今月24日と30日にテストイベントが開催される予定だ。24日のテストイベントでは、クラブの生え抜きで昨季限りで現役を引退した元イングランド代表MFのライアン・メイソン氏が率いるU-18チームがサウサンプトンのU-18チームと対戦する。 また、30日に行われる最終イベントではスパーズのレジェンドチームがインテルのレジェンドで構成される“インテル・フォーエバー”と対戦する。前者は3万人収容、後者は4万5000人収容の形で開催される。 2019.03.18 02:05 Mon
twitterfacebook
thumb

今夏アジアツアー実施のスパーズ、ユーベとユナイテッドと対戦へ

トッテナムは今夏、2019-20シーズンに備えたプレシーズンの一環で、2019年7月にシンガポールと上海へのツアーを行うが、その対戦相手はユベントスとマンチェスター・ユナイテッドの2チームになる見込みだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 シンガポールでの一戦に関しては胸スポンサーでもある『AIA』の100周年記念式典への参加もツァーの目的に含まれており、『AIA』がシンガポール開催の『インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019』のスポンサーを務めていることから、7月21日にICC2019の一戦としてセリエAの盟主ユベントスと対戦する見込みだ。 また、上海での一戦に関してはプレミアリーグのライバルチーム、ユナイテッドと7月25日に対戦するようだ。 なお、トッテナムは2月19日、2019-20シーズンに備えたプレシーズンの一環で、アジアツアーの実施を発表。 トッテナムがシンガポールを訪れるのは、1995年以来のこと。当時は、シンガポール・ライオンズと対戦していた。 中国本土への遠征は、2009年に北京で行われたバークレイズ・アジア・トロフィー以来のこと。最近では、2017年に香港を訪れ、キッチーと対戦していた。 2019.03.16 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

グアルディオラ、CL準々決勝で対戦のトッテナムを警戒「ソン、ケインらの良さを知っている」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、トッテナムと対戦することの決まったチャンピオンズリーグ準々決勝についてコメントした。<br><br>CLベスト16でシャルケに2試合合計で10-2と完勝を収めたマンチェスター・Cは、ベスト4進出を懸けてプレミアリーグのライバルであるトッテナムと対戦することが15日に行われた組み合わせ抽選会で決まった。これで4月9日、17日に行われるCL準々決勝に加え、20日のプレミアリーグで対戦することになる。<br><br>今シーズン、10月にすでに両チームは1度対戦。その際、敵地でマンチェスター・Cが1-0で勝利したものの、12日間という短期間でトッテナムと3試合を行うことが決まったグアルディオラ監督は、勝敗の行方は五分五分であると強調した。<br><br>「我々はお互いをよく知っていて、リスペクトし合っている。50-50の試合になるだろう。できる限りベストコンディションでプレーしたいと考えているし、良い試合にしたい。全てのチームが長所と短所を持っているように、我々にも同様のことが言える。ハードな一戦になるだろう」<br><br>「私は彼らのことをよく知っている。彼らは異なるシステムを使えるし、ソン(フンミン)、(ハリー)ケイン、デレ・アリ、そして(クリスティアン)エリクセンを擁する前線の良さも知っている。しかし、チャンピオンズリーグを戦う以上、いずれのチームと対戦しようと同じ事が言えるだろう」<br><br>提供:goal.com 2019.03.16 11:05 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ヴェシーノに関心 インテルは37億円を要求か

トッテナムが、インテルに所属するウルグアイ代表MFマティアス・ヴェシーノ(27)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『talkSPORT』が報じた。 2017年夏にフィオレンティーナからインテルに移籍したヴェシーノは、加入初年度からセリエA29試合で3ゴールを記録。今シーズンもリーグ戦21試合で1ゴール3アシストを記録している。 各紙の報道によれば、トッテナムは今夏に中盤の強化を目指しており、獲得候補の1人としてヴェシーノをリストアップしているという。またインテルは、2022年6月まで契約を残すヴェシーノに関して、2500万ポンド(約37億円)程度のオファーが届けば交渉に応じるようだ。 今シーズンの補強がゼロに終わったトッテナムだが、2年ぶりの補強に向けて動向に注目が集まる。 2019.03.15 19:41 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナムがベイルのレンタルを希望か

トッテナムが、レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)のレンタルを希望しているようだ。スペイン『アス』が報じた。 マドリーは11日、サンティアゴ・ソラーリ前監督の解任とジネディーヌ・ジダン監督の復帰を発表。来シーズンに向けて、ジダン監督には莫大な補強予算が与えられることが伝えられると同時に、騒がしくなっているのが既存選手の去就に関する報道だ。 中でも、ベイルの退団の可能性が高まったと見る向きは強い。昨シーズンまでも、ベイルとジダン監督は決して良い関係を築いておらず。昨年の夏には同監督がベイル売却を働きかけていたとも報じられている。 しかし、ベイルには1200万ユーロ(約15億2000万円)という莫大な年俸が支払われており、当人に減俸を受け入れる意思は無い。また、7月に30歳の誕生日を迎える同選手だが、獲得に必要な移籍金は7000万ユーロ(約88億円)とされており、なかなか買い手がつかない状況となっている。 そんな中で、数少ない可能性の1つとされているのが、トッテナムへの復帰だ。トッテナムのダニエル・レヴィ会長はマドリーが給与の大部分を支払った上での、1年間のレンタル移籍を打診。しかし、マドリー側は実現する見込みが無いとして取り合わず、ベイル当人も消極的でいるようだ。 今シーズンのベイルは、公式戦34試合13ゴール5アシストを記録。昨年夏にユベントスに去ったFWクリスティアーノ・ロナウドに代わる活躍が求められていたが、ポジションを確保するにも至らず、度々批判を浴びていた。 2019.03.15 18:40 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース