栃木が本田圭佑が実質的オーナーを務めるSVホルンから元札幌のFW榊翔太を完全移籍で獲得2017.06.28 13:27 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽栃木SCは28日、日本代表FW本田圭佑が実質的オーナー務めるオーストリア2部のSVホルンからFW榊翔太(23)が完全移籍で加入することを発表た。背番号は27となる。

▽榊は北海道出身で、北海道コンサドーレ札幌の下部組織で育ち2011年にトップチーイに2種登録。2012年から正式にトップチーム登録されると、J1で12試合2得点、ナビスコカップ(現ルヴァンカップ)で5試合3得点を記録した。チームはJ2へと降格するも、2013年、2014年と札幌でプレー。2015年に当時オーストリア3部のSVホルンへと移籍した。

▽SVホルンでは、加入1年目にリーグ戦23試合に出場し5得点。カップ戦で1試合に出場し1得点を記録。今シーズンは2部で17試合に出場し1得点、カップ戦で1試合に出場していた。榊はクラブを通じてコメントしている。

「この度、栃木SCに加入することになりました榊翔太です。チームのJ2昇格に貢献できるように一生懸命頑張ります。応援よろしくお願い致します」

▽なお、榊は29日のトレーニングからチームに合流。7月21日の第2登録ウインドー期間開始後に選手登録される。

コメント

関連ニュース

thumb

栃木、独4部クラブからMF西谷優希を獲得! MF西谷和希の双子の兄

▽栃木SCは3日、エルンテブリュック(ドイツ4部)に所属するMF西谷優希(24)の完全移籍加入を発表した。選手登録手続き完了後、公式戦出場が可能となり、5日に合流予定。背番号は「41」に決定している。 ▽栃木県出身の西谷は身長165cmのMF。仙台大学からJリーグを経由することなく、ヒラル・マロク・ベルグハイム(ドイツ)に加わった後、エルンテブリュックに移籍した。 ▽栃木でプレーするMF西谷和希の双子の兄である西谷優希は、加入決定を受け、次のようにコメントしている。 「この度、栃木SCに加入することになりました西谷優希です。小さい頃から憧れていた地元のクラブである栃木SCでプレーすることができ、大変嬉しく思います。チームの勝利のために全力を尽くしたいと思いますので応援よろしくお願いします」 2018.07.03 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

栃木DF坂田良太が右膝前十字靭帯再断裂により復帰まで約6~8か月

▽栃木SCは11日、DF坂田良太の負傷を発表した。 ▽クラブ公式サイトによると、坂田は3月下旬のトレーニング中に負傷。4月上旬に東京都内の病院で手術を行った結果、右膝前十字靭帯再断裂により復帰まで約6~8か月を要すると見込まれている。 ▽坂田は、2014年から栃木に所属。今シーズンは、出場機会を与えられないまま、重症を負うこととなった。 2018.05.11 15:50 Fri
twitterfacebook
thumb

栃木が東京VからMF二川孝広を期限付き移籍で獲得! 契約期間は2019年1月31日まで

▽栃木SCは29日、東京ヴェルディに所属する元日本代表MF二川孝広(37)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4月1日〜2019年1月31日まで。なお、東京V並びに選手の保有元であるガンバ大阪と対戦する全公式戦に出場することができない。 ▽二川は2016年に東京Vへ期限付き移籍で加入。加入初年度はリーグ戦20試合に出場するなど主力としてプレーしたが、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が就任した昨シーズンは出場機会が激減した。 ▽今シーズンもここまで明治安田生命J2リーグで出場機会がなく、出場機会を求めての移籍となる二川は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆<B>栃木SC</B> 「この度、東京ヴェルディから移籍してきました、二川孝広です。チームのために精一杯頑張りますので、よろしくお願いします」 ◆<B>東京ヴェルディ</B> 「初めての移籍で不安だったのですが、 チームメイト、スタッフ、ファン・サポーターの皆さまに温かく迎えられて、すんなり溶け込むことができました。本当に感謝しています。 試合でなかなかチームに貢献することができず、心残りなこともありますが、次のチームでまたしっかり頑張りたいと思います。応援ありがとうございました」 2018.03.29 15:45 Thu
twitterfacebook
thumb

栃木が福岡弾守り抜き勝利で3戦負けなし! …熊本は3連勝ならず《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第6節の栃木SCvsロアッソ熊本が25日に栃木県グリーンスタジアムで行われ、1-0で栃木が勝利した。 ▽開幕からリーグ5試合1勝1分け3敗で19位に沈む栃木(勝ち点4)は、1-1で引き分けた前節のFC岐阜戦からスタメンを3名変更。和田、温井、ネイツ・ペチュニクに代えて、岡崎、福岡、牛之濱を起用した。 ▽連勝中の8位熊本(勝ち点9)は、2-1で勝利した前節大宮アルディージャ戦からスタメンを1名のみ変更。巻に代えて、前節決勝点を奪った安を起用した。 ▽試合が始まると栃木が西谷にボールを当てつつ主導権を握ろうと試みたが、思うようにチャンスを作れず。試合が動きをみせたのはセットプレーからだった。14分、栃木が左CKを獲得すると、岡崎の蹴り込んだ早いボールをニアで服部がフリック。福岡がうまく頭で合わせ、先制点とした。 ▽対する熊本は、35分に反撃に出る。相手陣内左でFKを獲得すると、キッカーの八久保からボックス内でワンバウンドするようなボールが供給される。ゴールに向かう質の高いボールだったが、競り合いの中でファールがあったとして決定機とはならない。 ▽栃木の1点リードで折り返しを迎えた試合は、後半に入ってもシュートの少ない展開が続く。それでも熊本が、皆川にボールを集めつつ徐々に攻勢をかけていく。 ▽63分、米原のパスを受けた皆川が落とすと、ボールを持った安がワントラップしてボックス内に侵攻。ボックス中央から放ったシュートは枠を捉えなかったが、惜しいシーンを作り出した。 ▽さらに、76分にも熊本が栃木ゴールに迫る。右サイドの黒木がドリブルで侵攻し、中央にカットイン。しかし、ボックス手前中央から左足で狙ったシュートは右に逸れていく。 ▽82分、追加点を目指す栃木に決定機が訪れる。途中出場のネイツ・ペチュニクがボックス手前やや左でボールを持つと、中央に運びつつ熊本DFを引き付けて、ヒールでボックス内にラストパス。しかし、ボックス内で完全にフリーとなった西谷のシュートを、GK佐藤が好守で阻んだ。 ▽しかし、結局、試合は栃木が前半の得点を守り抜く形で終了した。この結果、勝利した栃木は直近3試合2勝1分けと調子を上向けることに成功。対する熊本は、連勝がストップすることとなった。 2018.03.25 16:05 Sun
twitterfacebook
thumb

岐阜、古橋弾で追いつくも今季ホーム初勝利ならず…昇格組・栃木も今季初の連勝逃す《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第5節のFC岐阜vs栃木SCが21日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽第4節終了時点で1勝3敗で19位につける岐阜(勝ち点3)が、同じく1勝3敗で20位に位置する栃木(勝ち点3)をホームに迎えた。嫌な流れを払しょくしたい両者の試合は、雨天により悪化したピッチコンディションの中で岐阜がボールを保持。12分には右サイドの田中の仕掛ける。クロスが混戦になり、こぼれ球に反応した永島が強烈なシュートを放つも、ゴール左外へと外れた。 ▽その後も岐阜にボールを保持され、17分には田中にボレーを許し、危ない場面を迎えた栃木。思うようにチャンスを作れない中、前半終盤に一瞬の隙を突いて先制に成功する。41分、左サイドでFKを獲得すると、キッカーの温井がクロスを選択。味方が頭で触ったボールがボックス右に流れ、走り込んでいたネイツ・ペチュニクが合わせる。これは左ポストに当たり、西河のプッシュも古橋にゴールラインギリギリのところでクリアされたが、ゴールラインを割っているとの判定でゴールが認められた。 ▽前半終盤に先制点を許した岐阜だったが、後半早い時間帯に試合を振り出しへ戻す。51分、ライアン・デ・フリースのスルーパスでボックス右に走り込んだ古橋が右足ダイレクトでゴールに突き刺して、自身の2試合連続ゴールで同点に追いつく。 ▽試合をイーブンに戻して逆転を目指す岐阜は73分、同点ゴールを奪った古橋が敵陣中央での混戦を股抜きで突破し、ミドルシュート。しかし、これはGKビクトルの正面に飛んでしまう。その後も岐阜が攻勢を続けたが、最後までゴールは生まれず試合終了。下位同士の対戦は1-1の引き分けに終わり、両者苦しい状況が続いている。 2018.03.21 16:31 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース