69歳ヴェントゥーラ、伊代表史上最高齢の指揮官に…既に最高齢記録の年齢を超える2017.06.28 05:52 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
9月のロシア・ワールドカップ欧州予選スペイン戦で、イタリア代表の指揮官ジャンピエロ・ヴェントゥーラが最高齢記録を更新することになると、イタリアのサッカー情報サイト『ヌメリ・カルチョ』が報じている。

現在、イタリア代表監督の最高齢記録は、1975年6月8日に代表の指揮を執ったフッフォことフルヴィオ・ベルナルディーニ氏の69歳5カ月11日となっている。1948年1月14日生まれのヴェントゥーラ監督は、26日で69歳5カ月12日を迎えた。このため、次の公式戦となるスペイン戦で指揮を執れば、イタリア代表史上最高齢の監督として認定され、単独トップに立つことになる。なお現段階で3位はパオロ・マルディーニ氏の父として知られるチェーザレ・マルディーニ氏の66歳4カ月28日、4位はジョヴァンニ・トラパットーニ氏の65歳3カ月5日となっている。

また昨年7月18日の代表監督就任時においても、ヴェントゥーラ監督は68歳5カ月と史上2番目に高齢の記録となっており、1974年9月28日に68歳9カ月で就任したベルナルディーニ氏に次ぐとして話題となった。

イタリア代表監督 最高齢記録1位 フルヴィオ・ベルナルディーニ 69歳5カ月11日
2位 ジャンピエロ・ヴェントゥーラ 69歳4カ月28日(5日のリヒテンシュタイン戦の時点)
3位 チェーザレ・マルディーニ 66歳4カ月28日
4位 ジョヴァンニ・トラパットーニ 65歳3カ月5日
5位 ヴィットリオ・ポッツォ 62歳5カ月3日
6位 マルチェロ・リッピ 62歳2カ月12日


提供:goal.com

コメント



欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース