マルセイユ、モナコからFWジェルマンを獲得! 「ここでプレーすることなくキャリアを終えたならば、きっと後悔した」2017.06.27 02:48 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マルセイユは27日、モナコからフランス人FWヴァレール・ジェルマン(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年となる。

▽かつて父親もプレーしたマルセイユへの加入が決定したジェルマンは、お披露目会見の場で新天地での意気込みを語った。

「今シーズン、マルセイユは正しい歩みを見せたと思うよ。そして、再びこのリーグにおいて最も重要なクラブの1つになった。マルセイユからの関心を聞いたとき、何の躊躇もなかったよ。このクラブはフランス国内で最も人気があり、ここを新天地に選ぶことは簡単な選択だった」

「仮に、ここでプレーすることなくキャリアを終えたならば、きっと後悔することになったと思う。僕はいま子供の頃の夢を実現したんだ」

「父について話すとき、プレッシャーを感じてはいない。父は素晴らしいプレーヤーだったし、僕は同じことを実現したいと思っている。それに父のベロドロームでの最後の試合をよく覚えているよ。あのとき僕は花束を父に渡したんだ。もちろん、この移籍に家族は喜んでくれていると思うけど、今回の決定はあくまで僕自身の決定だ」

「マルセイユでは自分の人間的な資質で貢献したいと思う。数字的な目標としてはニース時代の14ゴールを超えることだね。ただ、チームとして良いシーズンを過ごして、ファンに夢やピッチでのパフォーマンスで喜びを与えたい。そのために全力を尽くすつもりだ」

▽ジェルマンはモナコの下部組織出身で、2011年7月に昇格。2015年7月からニースへ1年間のレンタル移籍を経験するも、その後はモナコでプレー。今シーズンはリーグ・アンで36試合に出場し10ゴール4アシストを記録。チャンピオンズリーグでも12試合に出場し2ゴールを記録していた。

▽なお、ジェルマンの父親である元フランス代表MFブルーノ・ジェルマン氏は、1988年から1991年、1994年から1995年の2度に渡ってマルセイユに在籍。1990-91シーズンには、かつて名古屋グランパスで活躍した元ユーゴスラビア代表MFドラガン・ストイコビッチ氏ともチームメートだった。
コメント
関連ニュース
thumb

マルセイユ、酒井復帰後今季初の3連勝!《リーグ・アン》

マルセイユは16日、リーグ・アン第25節でアミアンをホームに迎え、2-0で勝利した。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場している。 酒井復帰後2連勝の6位マルセイユ(勝ち点37)が、16位アミアン(勝ち点21)をホームに迎えた一戦。 フラットな[4-4-2]の右サイドバックで先発となった酒井のマルセイユが5分にオカンポスのボレーシュートでゴールに迫ると、20分に均衡を破った。ショートカウンターに転じた流れから、マキシム・ロペスのパスをボックス左で受けたトヴァンがゴール右へシュートを蹴り込んだ。 さらに25分、GKからのロングボールがボックス中央のバロテッリに渡ると、DFを背負いながらすかさず反転したバロテッリのシュートがネットを揺らした。 2点をリードして迎えた後半も主導権を渡さなかったマルセイユは、67分に3点目を奪いかける。左サイドからのFKがルーズとなると、バロテッリがヘッドでゴールに押し込んだ。しかし、バロテッリのポジションがわずかにオフサイドでVARの末にノーゴールに覆った。 それでも、終盤にかけても危なげなく試合を進めたマルセイユが勝利。酒井復帰後、今季初の3連勝としている。 2019.02.17 02:54 Sun
twitterfacebook
thumb

マルセイユ指揮官がバロテッリをべた褒め「トッティを思い出させるような戦術眼」

マルセイユの指揮官ルディ・ガルシアが、記者会見の席で新加入のFWマリオ・バロテッリに賛辞を贈った。<br><br>バロテッリは今冬、2年半にわたって所属したニースを退団し、日本代表DF酒井宏樹も所属するマルセイユに加入した。新天地への適応は順調で、すでにリーグ戦3試合に出場して2ゴールを挙げ、存在感を示しつつある。昨年は恩師であるロベルト・マンチーニの下で4年ぶりとなるイタリア代表復帰を果たしたバロテッリだが、昨夏から元ニースFWの獲得を熱望していたマルセイユ指揮官は、自身がローマ時代(2013~2016年)に指導したイタリア代表のレジェンドであるフランチェスコ・トッティ氏に例えた。<br><br>「バロテッリはチームと上手く連携してプレーしている。ボールをキープしてくれるし、素晴らしい戦術眼を持っていて、チームメートにパスを供給する能力を見ると、フランチェスコ・トッティのプレーを想起させるものが少しある」<br><br>「彼は良いチームメートになると分かっていたし、来る前から確信していた。彼は全員と打ち解けているよ。マリオとはすべてが上手く行っている。彼自身も幸せに感じているようだ」<br><br>指揮官リュディ・ガルシアはバロテッリをトッティに例えたものの、両者には因縁も。バロテッリはインテル時代の09-10シーズン、コッパ・イタリア決勝のローマ戦で試合中にローマのサッカーに悪態をついていたことからトッティの怒りを買い、トッティはバロテッリを蹴りあげ退場処分を受けた。両者には確執があったとされる一方で、トッティは後に代表の後輩でもある、悪童バロテッリの才能に賛辞を贈っている。<br><br>次戦は16日のアミアン戦となるが、果たしてバロテッリはマルセイユ指揮官の指摘通りに先輩を想起させる活躍を見せられるのだろうか。悪童がマルセイユで攻撃の要としてどう機能するのか、バロテッリのプレーに注目が集まる。<br><br>提供:goal.com 2019.02.16 12:55 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセイユMFセルティッチがチューリッヒに移籍

スイスのチューリッヒは13日、マルセイユからフランス人MFグレゴリー・セルティッチ(29)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 クロアチアにルーツを持つセルティッチはボルドーでプロキャリアをスタート。守備的MFを主戦場にセンターバックでもプレー可能な守備のマルチロールは、2017年1月にマルセイユに3年半契約で加入した。 しかし、マルセイユでは在籍2年間で公式戦25試合の出場にとどまり、今季は公式戦5試合の出場でリーグ戦での先発はわずかに1試合だった。 2019.02.14 00:04 Thu
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹フル出場のマルセイユ、バロテッリのゴールなどで逆転で2連勝!《リーグ・アン》

酒井宏樹が所属するマルセイユは8日、リーグ・アン第24節でディジョンと対戦し、2-1で勝利した。酒井はフル出場を果たしている。 日本代表から帰還して2試合目となる酒井が先発出場したこの試合。マルセイユはそのほかのスタメンにストロートマンやトヴァン、マキシム・ロペス、そして今冬加入のバロテッリが名を連ねた。 まずは11分、序盤にロングシュートを狙ったバロテッリが味方のFKのこぼれ球を胸トラップしてシュート。これは僅かに枠の右へ。積極的に攻めに出るマルセイユだったが、先制点はディジョンが奪う。 18分、敵陣左サイドでボールを奪い、相手の守備が整う前にシャフィクがボックス手前から強烈なドライブシュートでGKマンダンダを強襲。マンダンダはボールを手前に弾くのが精いっぱいで、マリエがそのこぼれ球を押し込んでネットを揺らした。 その後、バロテッリが立て続けにゴールに迫るマルセイユ。28分には後方からのロングボールでバロテッリがボックス左に侵入。相手に体を当てられ態勢を崩しながら放ったシュートはDFの足に当たって枠の外に外れた。 1点ビハインドで後半に入ったマルセイユは、55分にジェルマンを投入し攻撃に厚みを持たせる。するとその1分後の56分、右CKをトヴァンがボックス手前で逸らすと、ファーサイドのバロテッリが押し込んで同点とした。 流れの中からチャンスが作れないマルセイユを尻目に、ディジョンは64分にマリエがボックス手前から左足のシュートでゴールに迫る。GKマンダンダが弾いたボールをさらにサイードが押し込みにかかるが、フリーにもかかわらずシュートを枠に飛ばすことが出来なかった。 一方、マルセイユはやはりセットプレーからチャンスを演出。左CKをチャレタ=ツァルが頭で合わせるがGKの正面に。それでも徐々に攻勢を強めていくと74分に逆転の2点目を決める。 左サイドのアマヴィの縦パスを受けたオカンポスは、右足アウトサイドの鋭い切り替えしでヤンベレの股を抜いてボックス左を突破。そこから右足で強烈なシュートを突き刺した。 その後は危なげなく試合を運んだマルセイユ。後半アディショナルタイムには若干のいざこざがあったものの、逆転で勝利を手にし、リーグ戦2連勝とした。 2019.02.09 06:41 Sat
twitterfacebook
thumb

復帰早々からマルセイユの勝利に貢献の酒井宏樹、アジア杯敗戦は癒えぬ傷も「将来的には良い記憶に」

マルセイユの酒井宏樹は、ボルドー戦後のインタビューで復帰早々からチームに貢献できたことを喜んだ。<br><br>アジアカップ2019に日本代表として出場した酒井は、昨年12月22日のアンジェ戦を最後にマルセイユから離脱。日本が1日の決勝まで進んだため、同選手は全公式戦6試合に欠場したが、4日にチームに合流する。そして、5日のボルドー戦から右サイドバックとして早速フル出場し、1-0の勝利に貢献した。<br><br>試合後、酒井はフランス『Le Phoceen』のインタビューに英語で応じ、勝利に貢献した復帰戦について振り返った。「マルセイユの試合はDAZNのアプリで毎試合見ていましたけれど、結果は良くなかったですね。でも、今日は勝ち点3を手にできたから満足しています。とても重要な勝利でした。僕たちはこれから少しずつ良くなっていくだけです」<br><br>また、決勝でカタール代表に敗れたアジアカップについての質問に対して「もちろん、とてもがっかりしています。試合後は本当に落ち込んでいました」と話した酒井は、続けて「でも、僕には今日のように試合があります。だからすぐに復帰して、チームに馴染まなければいけなかったです。あの敗戦はもちろん悪い記憶でしたけれど、将来的には良い記憶になっていると思います」とコメントを残した。<br><br>一方で、準決勝のイラン代表戦で負傷したことについても問われ「完治はしていないです。痛みも少しあるけれど、だいぶマシにはなっています」とまだ万全の状態ではないと明かした。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.07 08:04 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース