ネイマール、プロポーズ失敗で美人モデルと3度目の破局2017.06.24 19:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマール(25)が恋人のブルーナ・マルケジーニさん(21)と破局した。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽マルケジーニさんはモデルとして活躍する21歳のブラジル人女性。ネイマールとマルケジーニさんは、過去2度の破局を経て、昨年夏ごろに復縁したとみられていた。

▽しかし、今回の報道によれば、ネイマールは出席したチャリティーイベントでマルケジーニさんとの交際について問われると、次のようにコメントしたという。

「私生活のことについて話すのは好きじゃないけど、別れたのは本当さ。2人で決めたことなんだ。彼女は、素晴らしい女性。彼女の幸せを願うよ。僕らは友人として終わった」

▽なお、『マルカ』が伝えたブラジルメディア『UOL』の情報によれば、ネイマールのプロポーズにマルケジーニさんが「ノー」と返答したことが破局した理由とのこと。結婚観に違いがあったのかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

獲得寸前から一転、バルサがセリを諦める?今夏ここまでの獲得費総額は106億円

ニースに所属するMFジャン=ミシェル・セリ獲得に迫っていたバルセロナだが、最終的に同選手を引き入れる可能性を除外した模様だ。<br><br>先週セリの代理人と接触したバルセロナは、4年契約で選手との個人合意にこぎ着けたとみられていた。そして22日には、移籍金4000万ユーロ(約52億円)でニースとも合意間近であることがと伝えられた。<br><br>しかし一転、バルセロナはセリ獲得から撤退したという。エルネスト・バルベルデ監督とコーチングスタッフが、コートジボワール代表MF獲得に難色を示したためだとされる。<br><br>バルセロナは今夏FWネイマールのパリ・サンジェルマン移籍で2億2200万ユーロ(約290億円)という大金を懐に入れた。ここまでFWジェラール・デウロフェウの買い戻しに1200万ユーロ、DFネウソン・セメド獲得に3000万ユーロ、MFパウリーニョ獲得に4000万ユーロと、選手獲得に総額8200万ユーロ(約106億円)を費やしている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.24 01:15 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ公式ツイッターがPSGのディ・マリア獲得を“公式発表”も…乗っ取られていたことが判明

▽バルセロナがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(29)の獲得を公式ツイッターで発表したが、それが“乗っ取り"による偽発表だったことが分かった。イギリス『テレグラフ』など複数メディアが報じている。 ▽23日、バルセロナの公式ツイッターにて「アンヘル・ディ・マリア、ようこそバルセロナ」とのツイートが投稿させた。しかし、数分後にバルセロナの公式ツイッターにて乗っ取りグループがツイートしたことで、偽情報であることが判明した。 ▽乗っ取りグループは、『OurMine』と名乗っており、『テレグラフ』によれば、これまでに『Netflix』『Marvel』『WWE』といったアカウントを乗っ取ってきたとのことだ。 ▽その後、バルセロナは公式ツイッターを復旧させて、「我々のアカウントは乗っ取られていました。早急に問題を解決します」とツイート。偽情報の投稿は削除されている。 2017.08.23 18:10 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサFWムニルが退団を希望か…新天地はローマ? クリスタル・パレス?

▽バルセロナのU-21スペイン代表FWムニル・エル・ハダディ(21)が退団を希望しているようだ。『フットボール・イタリア』が複数のメディアをもとに伝えている。 ▽伝えられるところによれば、退団を希望しているムニルはローマへのレンタル移籍を希望しているようだ。だがバルセロナには、クリスタル・パレスや、デポルティボ、アラベス、サンプドリアといったクラブからもオファーが届いていると言われている。 ▽中でもクリスタル・パレスは、バルセロナが求める金額を満額支払う用意がある模様。しかし、ムニルはローマ移籍にしか興味が無いようで、その他のクラブからのオファーは拒否しているという。 ▽バルセロナのカンテラ出身のムニルは、昨シーズンはバレンシアにレンタル移籍。得意の右ウイングを主戦上に公式戦36試合に出場し、6ゴール3アシストを記録した。 2017.08.23 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

やっぱり諦めない! バルサ、コウチーニョ獲得に向け4度目194億円オファーへ

▽バルセロナは、リバプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)獲得に向けて4度目のオファーを提示するようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽今夏、パリ・サンジェルマンに契約解除金2億2200万ユーロ(約286億円)でFWネイマールを引き抜かれたバルセロナは、その後釜としてコウチーニョの獲得を目指していることが伝えられてきた。先日には、3度目のオファーを退けられたバルセロナがコウチーニョ獲得から撤退する見込みであることが伝えられていたが、同クラブは4度目のオファーを提示するようだ。 ▽『スカイ・スポーツ』によれば、バルセロナは基本金1億100万ポンド(約142億円)+ボーナス3700万ポンド(約52億円)で4度目となるオファーを提示。ボーナス部分はチャンピオンズリーグの出場試合に関連するものとみられており、条件クリアは困難なものではないと伝えられている。 ▽バルセロナの4度目の破格オファーは、頑なに放出を拒絶しているリバプールを納得させることができるのだろうか。 2017.08.23 09:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーベ、バルサで燻るアンドレ・ゴメスのレンタル獲得に興味!! 昨夏も獲得に動きあり

▽ユベントスが、バルセロナのポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス(24)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じている。 ▽アンドレ・ゴメスは、2016-17シーズンにバレンシアからバルセロナに移籍。その移籍金は3500万ユーロから最大で5500万ユーロ(現在のレートで約45億1000万から70億8500万円)になると言われているが、加入初年度は公式戦47試合3ゴールをマークしながらも途中出場が多く消化不良の1シーズンとなった。 ▽『トゥットスポルト』によると、バルセロナで満足な出場機会を得られていないアンドレ・ゴメスに対して、ユベントスがレンタルでの獲得に興味を示しているようだ。ユベントスは昨夏にもアンドレ・ゴメス獲得に挑戦していたが、破談に終わりバルセロナに移籍した経緯がある。 2017.08.23 09:39 Wed
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース