ネイマール、プロポーズ失敗で美人モデルと3度目の破局2017.06.24 19:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマール(25)が恋人のブルーナ・マルケジーニさん(21)と破局した。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽マルケジーニさんはモデルとして活躍する21歳のブラジル人女性。ネイマールとマルケジーニさんは、過去2度の破局を経て、昨年夏ごろに復縁したとみられていた。

▽しかし、今回の報道によれば、ネイマールは出席したチャリティーイベントでマルケジーニさんとの交際について問われると、次のようにコメントしたという。

「私生活のことについて話すのは好きじゃないけど、別れたのは本当さ。2人で決めたことなんだ。彼女は、素晴らしい女性。彼女の幸せを願うよ。僕らは友人として終わった」

▽なお、『マルカ』が伝えたブラジルメディア『UOL』の情報によれば、ネイマールのプロポーズにマルケジーニさんが「ノー」と返答したことが破局した理由とのこと。結婚観に違いがあったのかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

バルサの鬼才O・デンベレ、クラシコ出場は見送りへ

▽バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、フランス代表MFウスマーヌ・デンベレのクラシコ欠場を明かした。『ESPN』が伝えている。 ▽今夏、バルセロナのクラブ史上最高額となる1億500万ユーロ(約139億円)+ボーナスとも言われる移籍金で加入したO・デンベレ。しかし、9月16日のリーガエスパニョーラ第4節のヘタフェ戦で大腿二頭筋の腱断裂という大ケガを負って以来、ここまで戦線から離れていた。 ▽だが、今月上旬に全体練習に復帰。12月23日に行われるレアル・マドリーとのクラシコに出場できるのではないかと期待されていたが、先日のカンファレンスに出席したバルベルデ監督は1月までO・デンベレが復帰することはないと述べ、リスクを取る必要はないことを強調した。 「彼は今週、全体練習でより多くのメニューをこなしたがまだフルトレーニングをこなせるまでには至っていない。来週はさらにメニューを追加するつもりだが、我々の計画は以前と同じだ。1月での復帰を望んでいる」 2017.12.17 17:03 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル&バルセロナ、来冬のブリント獲りへ?

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するオランダ代表DFダレイ・ブリント(27)を巡り、インテルとバルセロナが火花を散らしているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽イタリア『カルチョメルカート』によれば、ブリントはユナイテッドとの契約が今シーズン限りで満了を迎える。そのため、来夏まで待てばフリーで獲得ができるインテルとバルセロナだが、両クラブ共に守備陣の補強を急いでいることから、来冬の獲得を目指しているという。 ▽ブリントは2014年夏、オランダ代表で師事を仰いだルイス・ファン・ハール前監督を追う形でユナイテッドに加入。左サイドバックだけでなく、センターバック、ボランチをこなせるユーティリティプレーヤーとして存在感を高め、重宝された。 ▽だが、ファン・ハール前監督が退任した2016-17シーズン以降は、出場機会が減少。ジョゼ・モウリーニョ監督の信頼は薄く、今シーズンのここまでプレミアリーグ4試合の出場にとどまっている。 2017.12.17 10:05 Sun
twitterfacebook
thumb

イニエスタ斬る 「ネイマールがレアル・マドリーに移籍したら? 心配してない」

▽バルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが元チームメートのパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールに言及した。 ▽ネイマールは今夏、史上最高額の移籍金2億2200万ユーロでバルセロナからPSGに移籍した。だが、早くも移籍報道が取り沙汰され、新天地としてバルセロナの宿敵レアル・マドリーの名前が浮上している。 ▽イニエスタはスペイン『ムンド・デポルティボ』で元同僚を取り巻くレアル・マドリー行きについて次のように答えたという。 「フットボール界で何が起ころうとも、僕は動じない」 「何度も起こりそうもないようなことを見てきた」 「ネイマールがマドリーに加わったら? ライバルが強くなるのは悩ましいけど、そこまで心配してない」 2017.12.16 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

「C・ロナウドやメッシよりも…」マラドーナは自分のほうが多くのバロンドールを獲得できたと主張

アルゼンチンのレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏が、規定が現在のものに変更されていたらクリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシよりも、自身のほうが多くバロンドールを獲得できたはずだと語っている。<br><br>1986年にワールドカップを制したマラドーナ氏だが、バロンドールは1995年まで欧州出身選手のみを対象としており、アルゼンチン代表のスター選手は一度も受賞できないまま現役を退いた。2017年のバロンドールに輝いたレアル・マドリーのC・ロナウドは、バルセロナのメッシに次いで史上2人目となる通算5度目のバロンドール受賞を果たしたが、マラドーナ氏は両選手よりもさらに多く同賞を獲得できたと考えているようだ。<br><br>バロンドールについて問われたマラドーナ氏は「バロンドール? C・ロナウドとメッシばかりが獲得しているから飽き飽きしている」と過去10年間2選手が独占していることに&ldquo;退屈なトロフィー&rdquo;と表現。さらに、誰が受賞に値するかと問われ「たぶん(エディンソン・)カバーニ、(キリアン・)ムバッペ、(ズラタン・)イブラヒモビッチだと思うが、私には分からない。まだまだ有力候補はたくさんいると思う」と語った。<br><br>続けて、以前のレギュレーションによりバロンドールを獲得できなかったマラドーナ氏は「規則が早く変更していれば、C・ロナウドやメッシよりも私のほうがさらに多く獲得できただろう」と自身の現役時代が両選手よりも優れていたと強調。<br><br>さらに、受賞後にC・ロナウドが発言した「僕が史上最高の選手だ」という発言にも元アルゼンチン代表FWは噛みつき「C・ロナウドが自分のことを&ldquo;最高の選手&rdquo;だと言っていたが、とてもナンセンスな話だね。私にとって最高の選手とは、アルフレッド・ディ・ステファノ、(ヨハン)クライフ、メッシだ。だが、C・ロナウドにもその域に達するチャンスはあるかもね」と話している。<br><br>提供:goal.com 2017.12.16 10:35 Sat
twitterfacebook
thumb

「メッシには本当に苦労した」シャビ・アロンソ、“エル・クラシコ”を回想

▽元スペイン代表MFのシャビ・アロンソ氏が、レアル・マドリー時代に戦ったバルセロナとのエル・クラシコを振り返った。スペイン『Ecos del Balon』でのインタビューを引用してスペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ▽シャビ・アロンソ氏は現役時代、リバプールやマドリー、バイエルンなどでプレー。2016-17シーズン限りで現役を引退するまでに2度のチャンピオンズリーグ制覇、1度のリーガ・エスパニョーラ優勝、ブンデスリーガ3連覇を果たした。また、スペイン代表としても114試合16ゴールをマーク。2008年、2012年のユーロ、2010年の南アフリカワールドカップを制していた。 ▽そんなシャビ・アロンソは、マドリー時代に経験したバルセロナとの伝統の一戦“エル・クラシコ”を回想。当時からすでにトッププレーヤーとして君臨していたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを中心としたジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるサッカーに手を焼いていたことを明かした。 「メッシには本当に苦労したし、僕に多くのダメージを与えた。僕らの頭をいつも悩ませて、(ジョゼ・)モウリーニョやセルヒオ・ラモスとたくさん話していたよ。メッシの後ろにはシャビ(・エルナンデス)がいて、僕がボールを奪いに来させるように誘い出すんだ。でも、それで僕がいくと、僕とセルヒオ・ラモスの間のスペースを突かれて崩されてしまうんだ」 「僕がメッシのマークに付き、ラモスがそれをカバー。僕がメッシから離れずにラモスも前に出ないことが最善の策だったんだ。とにかくメッシを抑えることが最優先。そこでメッシを抑えることができたとき、初めてバルサと互角に戦うことができたんだ」 「当時の僕らは、バルセロナと競争できるレベルではなかった。0-5で敗れた試合が僕らを大きく変えたんだ」 2017.12.16 09:20 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース