HSV退団の元ドイツ代表GKアトラーがマインツに加入!2017.06.23 01:36 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マインツは22日、ハンブルガーSV(HSV)を退団した元ドイツ代表GKレネ・アトラー(32)がフリートランスファーで加入したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの2年となる。

▽5年間を過ごしたHSVを退団し、マインツを新天地に求めたアトラーは、クラブ公式サイトで意気込みを語っている。

「マインツへの移籍は、僕にとって適切なタイミング、ステップで行われたものだと思う。それにここの静かで穏やかな空気は僕に合っていると思う」

「ルーベン・シュレーダー、サンドロ・シュワルツとの話し合いの中でとても感銘を覚えたんだ。僕たちはすぐに合意に達し、ここでの新たな物語の始まりを心待ちにしているよ」

▽2006年にレバークーゼンでプロキャリアをスタートしたアトラーは、2012年にHSVに完全移籍。ここまでのプロキャリアを通じて、ブンデスリーガ通算255試合に出場。今季は2度に渡る負傷離脱を経験も、リーグ戦19試合に出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

「伊藤達哉は残り30分で投入するのが理想的」HSV指揮官が今後の起用法を示唆

ハンブルガーSV(HSV)の2軍に所属するFW伊藤達哉はマインツ戦で2試合連続スタメン出場を達成。ギスドル監督はまだ体力的に90分間を渡ってプレーできない様子の同選手の今後の起用法について明かしている。<br><br>14日に行われたブンデスリーガ第8節マインツ戦には伊藤は日本代表DF酒井高徳とともに先発出場。前節ブレーメン戦に続き、左サイドでドリブル突破を試みるプレーを見せ、決定機を作るなどチャンスに絡むも、55分にはベンチに下がることになり、チームはアウェイの地で2-3と敗れている。<br><br>そのスタミナ切れについて主将の酒井には試合後、伊藤のフィットネスについて「ブンデスリーガのレベルにない」などと言われたが、ギスドル監督は若手ウインガーを「擁護しなければいけない」と強調。また『キッカー』が伝えたコメントによると、チームの負傷者状況に触れながら次のように続けている。<br><br>「イトウもまだ負傷明けだし、(1部の)スピードやトレーニングに馴染まなければいけない。本来は残り30分時点で投入するのが理想的だが、我々の状況ではそれができないのでね。フィリップ(・コスティッチ)もまだ100%の状態であるはずがないため、我々は我慢しなければいけない」<br><br>コスティッチと言えば、HSVの主力選手の1人である左ウィング。負傷明けで、マインツ戦では伊藤の代わりに送り込んだが、ギスドル監督はまだしばらく同選手のフル出場での起用を控えるつもりのようだ。「現状、彼ら2人はあのポジションを分け合うことになる」と伊藤とコスティッチが左サイドのプレーを分担する形で起用する考えを明かしている。<br><br>なお『キッカー』は、マインツ戦での伊藤のパフォーマンスをチーム最高タイの「3」と高く評価。ゴールを記録したMFワラシと並び及第点の採点を得ている。一方で、酒井、コスティッチらはチーム最低タイの「5」と酷評された。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.16 23:32 Mon
twitterfacebook
thumb

武藤途中出場のマインツが伊藤&酒井高先発のHSVに勝利《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第8節、マインツvsハンブルガーSVが14日に行われ、3-2でマインツが勝利した。マインツのFW武藤嘉紀は68分から出場し、HSVのDF酒井高徳はフル出場、FW伊藤達哉は55分までプレーしている。 ▽前節ヴォルフスブルク戦で今季3ゴール目を決めてチームに勝ち点をもたらした14位マインツ(勝ち点7)の武藤は、日本代表戦ではニュージーランド戦で先発し、ハイチ戦では終盤からの途中出場に終わった。いずれの試合でもインパクトを残せなかった武藤はベンチスタートとなった。 ▽対する16位のHSV(勝ち点7)は前節ブレーメンとのノルト・ダービーを0-0で引き分け、連敗を4で止めた。そのダービーでインパクトを残した伊藤が[4-2-3-1]の左サイドで引き続きスタメンとなり、ハイチ戦でフル出場した酒井高が左サイドバックで4試合連続スタメンとなった。 ▽アグレッシブな入りを見せたマインツは開始2分、先制点を奪う。エツナリのスルーパスをボックス右深くで受けたG・ドナーティがマイナスに折り返し、最後はニアのマキシムがグラウンダーのシュートでゴール左に流し込んだ。 ▽早々に失点したHSVだったが9分、すかさず追いつく。FKの流れからルーズボールをボックス右で拾ったワラセが胸トラップから右足でゴール左に蹴り込んだ。続く15分には右クロスを受けたウッドが鋭い反転からボックス中央に侵入。シュートに持ち込んだが枠の上に外れた。 ▽その後は一進一退の攻防が続いた中、HSVの攻撃をドリブルでけん引していた伊藤が42分にチャンスメイク。伊藤のスルーパスでボックス左に抜け出したワラセの折り返しをファーサイドでフリーのハーンがシュート。しかし、バーに直撃し、逆転とはならず1-1で前半を終えた。 ▽迎えた後半、52分にマインツが勝ち越す。エツナリの左CKをニアでディアロが逸らし、ファーサイドでフリーとなっていたベルが頭で押し込んだ。 ▽再び追う展開となったHSVは55分、伊藤が前節に続いて足をつり、コスティッチとの交代を強いられた。 ▽すると58分、マインツはブロシンスキのマイナスの落としを、ボックス手前左のラツァが左足でシュート。GKの守備範囲だったが、マゼニアはキャッチし損ねてゴールネットに吸い込まれ、3-1と突き放した。 ▽リードを2点に広げたマインツは、68分にクアイソンに代えて武藤を投入。終盤にかけては余裕を持って時間を消化した中、終了間際にPKから失点を喫したものの、3-2で逃げ切り。今季3勝目を挙げている。 2017.10.15 00:36 Sun
twitterfacebook
thumb

ゴール渇望のFW武藤嘉紀「点取りたい」《キリンチャレンジカップ2017》

▽日本代表は7日、10日に日産スタジアムで行われるキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に向け、トレーニングを再開した。 ▽練習終了後、FW武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。サバイバルレースを勝ち残るべく、ハイチ戦での得点を渇望した。 <span style="font-weight:700;">◆FW武藤嘉紀</span>(マインツ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──改めてニュージーランド戦を振り返って</span> 「昨日も言ったとおり、やっぱり(個人として)得点を取らないといけない。こういうゲームでも結果(を残すこと)は、ワールドカップに向けて非常に大事になる。ハイチ戦でチャンスがあるかわからないけど、そこで点を取りたい」 <span style="font-weight:700;">──左サイドの活用法について</span> 「(香川)真司くんとも話して、右サイドに人が固まり過ぎていた。左サイドに大きなスペースが生まれていたし、相手DFも良くなかった。こっちを使えれていれば、もっとチャンスを増やすことができたのかなと思う」 <span style="font-weight:700;">──そこは次への布石に</span> 「相手にもよるけど、昨日に関しては相手の右サイドバックがカウンター時についてくることができていなかった。ああいう時に、もっとみんなでどっちにスペースがあるって話し合いながらやっていきたい」 <span style="font-weight:700;">──久々の先発を経て、改めて監督の要求を整理できたか</span> 「監督の言う裏へ抜けることだったりでチャンスは作れた。もうちょい長めでギリギリのボールで良いということを(吉田)麻也くんとも話した。次は、そういう話し合いを経て改善できた状態なので、どいうチャンスが来るかわからないけど、出たときは楽しみ」 2017.10.07 15:05 Sat
twitterfacebook
thumb

2年ぶり代表先発のFW武藤嘉紀「プレーに納得してない」《キリンチャレンジカップ2017》

▽日本代表は6日、豊田スタジアムでキリンチャレンジカップ2017のニュージーランド代表戦に臨み、2-1で勝利︎した。 ▽試合後、FW武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。約2年ぶりとなる代表での先発に手応えを感じつつ、ゴールという結果を残していないことで「納得はいっていない」と悔しさを滲ませた。 <span style="font-weight:700;">FW武藤嘉紀</span>(マインツ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──約2年ぶりの先発だったが</span> 「良いところもあったけど、やっぱり得点に絡まないといけなかった。アピールできたかといえば、納得はいっていない。次、チャンスがあれば必ず決めたい」 <span style="font-weight:700;">──試合の入りは良かったが</span> 「入りも、チャンスメイクも良かった。でも、自分自身、前半のシュートは枠に入れないといけなかった。あとは良いコンビネーションで何度かチャンスを作れていたので、あの場面で決め切らないと、今日みたいな難しい試合になる」 <span style="font-weight:700;">──前線に新たな形は見いだせていたか</span> 「監督との話し合いで裏抜けを求められていたので、それはできていたと思う。あれが得点に繋がっていれば、なお良かった。そこは自分でゴールを決める力が必要。今日はそれができなかった」 <span style="font-weight:700;">──サイドでの起用プランは聞いたか</span> 「特にない。チームと違うポジションだが、やってほしいと。普段、チームでドリブルしないので、難しさはあるけど、求められる場所で結果を残さないといけない。そこに厳しさを感じるよりもやらないとっていう気持ちが強い」 2017.10.07 02:07 Sat
twitterfacebook
thumb

武藤の同点弾でマインツはヴォルフスブルクにドロー《ブンデスリーガ》

▽マインツは9月30日、ブンデスリーガ第7節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。マインツのFW武藤嘉紀はフル出場している。 ▽前節ヘルタ・ベルリン戦で先発復帰し、チームの今季2勝目に貢献したマインツの武藤が引き続き[4-3-3]の最前線で先発した一戦。 ▽昨季までマインツで指揮を執っていたM・シュミット監督率いるヴォルフスブルクに対し、一進一退の攻防を展開すると、最初にチャンスを得たのはマインツ。16分、ラツァのミドルシュートでゴールに迫った。勢いに乗ったマインツは25分に決定機。ボックス左に侵入した武藤が左足でシュート。しかしGKのファインセーブに阻まれた。 ▽ハーフタイムにかけてはヴォルフスブルクに盛り返され、39分にマリにボレーシュートでゴールに迫られたがわずかに枠を外れ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、最初にチャンスを得たのはヴォルフスブルク。52分、ベルに競り勝ったオリジがボックス内に侵入。GKと一対一となるも、左足で放ったシュートは枠の上に外れた。 ▽それでも55分、ディダビの右CKからギラヴォギがヘディングシュートを決めて先制する。続く57分には右クロスにマリがヘディングで合わせたシュートが枠を捉えるも、GKアトラーの好守に阻まれた。 ▽ゴールが欲しいマインツはF・フライに代えてマキシムを投入。すると74分に同点弾が決まった。決めたのは武藤。エツナリの右クロスに武藤がヘディングシュート。これがゴール左に決まった。 ▽勢いに乗るマインツは88分、武藤のパスを受けたガバミンがPKを獲得するも、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってボックス外からのFKに変わった。これ以降、チャンスは作れずに1-1のままタイムアップ。武藤のゴールでマインツが勝ち点1を持ち帰っている。 2017.10.01 00:56 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース