サッスオーロがパオロ・カンナバーロらベテラン4選手と契約延長2017.06.22 21:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サッスオーロは22日、MFダビデ・ビオンディーニ(34)、DFパオロ・カンナバーロ(35)、MFフランチェスコ・マニャネッリ(32)、GKジャンルカ・ペーゴロ(36)との契約延長を発表した。

▽クラブの発表によると、ビオンディーニ、P・カンナバーロ、ペーゴロは2018年6月30日まで、マニャネッリは2019年6月30日までの契約延長とのことだ。

▽ビオンディーニは、2014年7月にジェノアからサッスオーロに加入。今シーズンはセリエAで14試合、ヨーロッパリーグで4試合に出場していた。

▽P・カンナバーロは2014年7月にナポリから加入。今シーズンはセリエAで18試合出場1ゴール、ヨーロッパリーグで3試合に出場していた。

▽マニャネッリは2005年からサッスオーロでプレー。今シーズンはセリエAで15試合に出場し1ゴール、ヨーロッパリーグで5試合に出場していた。

▽ペーゴロは2013年9月にシエナからサッスオーロに加入。今シーズンはセリエAで1試合、ヨーロッパリーグで1試合に出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

C・ロナウドが3Gに絡んだユベントス、公式戦4試合ぶりのクリーンシート勝利《セリエA》

ユベントスは10日、セリエA第23節でサッスオーロとのアウェイ戦に臨み、3-0で勝利した。 キエッリーニとボヌッチを欠いた前節パルマ戦を3-3の引き分けに持ち込まれた首位ユベントス(勝ち点60)は、2位ナポリとの勝ち点差を9に戻された中、引き続きセンターバックはルガーニとカセレスが組んだ。 11位サッスオーロ(勝ち点30)に対し、3トップに右からベルナルデスキ、マンジュキッチ、C・ロナウドと並べる[4-3-3]で臨んだユベントスは、開始直後にカウンターからセンシに際どいシュートを打たれると、3分にはPKを献上しかける。横パスをカットされてジュリチッチの独走を許し、ボックス内への侵入を許した。だが、GKシュチェスニーがボールを描き出し、何とか凌いだ。 ひやりとしたユベントスはその後もペースを握れずにいると、15分にはロカテッリにミドルシュートでGKシュチェスニーを強襲される。 それでもユベントスが23分に先制する。GKペーゴロのキックミスを突いた流れから、C・ロナウドの強烈なミドルシュートがGKペーゴロを強襲すると、ルーズボールをケディラが押し込んだ。 その後もギアの上がらないユベントスはハーフタイムにかけて全くチャンスを生み出せずにいたが、追加タイム2分に決定機。しかし、マンジュキッチのヘディングシュートはわずかに枠を外れ、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半開始3分、ルガーニのヘディングシュートで追加点に迫ったユベントスは、52分にC・ロナウドがネットを揺らすもオフサイドに阻まれる。 すると55分にピンチ。GKシュチェスニーが飛び出してクリアしたボールがそのままベラルディへ。ベラルディに無人のゴールへシュートを打たれたが、枠を外れて助かった。 ここからサッスオーロの攻勢が強まるも、ユベントスが70分に加点した。ピャニッチの左CKからC・ロナウドが打点の高いヘディングで叩き込んだ。 勝負を決定付けたユベントスは終盤にかけて危なげなく試合を進めると、86分に途中出場のジャンがC・ロナウドのパスからゴールに流し込み、3-0として勝利。公式戦4試合ぶりのクリーンシートで勝利している。 2019.02.11 03:56 Mon
twitterfacebook
thumb

サッスオーロ、スポルティングからトルコ代表DFを獲得

サッスオーロは30日、スポルティング・リスボンからアンタルシュポルにレンタル中のトルコ代表DFメリフ・デミラル(20)を買い取り義務付きの今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「3」に決定している。 フェネルバフチェの下部組織出身のデミラルは192cmの長身センターバック。その後、2017年にスポルティングに完全移籍すると、今季はレンタル先のアンタルシュポルのレギュラーセンターバックとして活躍した。 また、2018年11月に行われたウクライナ代表とのフレンドリーマッチでトルコ代表デビューも飾っている。 2019.01.31 07:20 Thu
twitterfacebook
thumb

フロジノーネ、サッスオーロの大型FWトロッタを獲得

フロジノーネは25日、サッスオーロのイタリア人FWマルチェロ・トロッタ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ナポリやマンチェスター・シティの下部組織で育った188cmの大型FWであるトロッタは、2016年1月にサッスオーロに加入。過去2シーズンはクロトーネへレンタル移籍し、昨季はセリエAで34試合に出場して7ゴールを記録したが、サッスオーロに復帰した今季はセリエAでわずか1試合の出場に留まっていた。 2019.01.26 03:29 Sat
twitterfacebook
thumb

K・ボアテング放出のサッスオーロがかつてのエース復帰を目論む

元ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテング(31)がバルセロナへと電撃移籍してしまったサッスオーロ。その代役に、かつてのエースを呼び戻す考えがあるようだ。イタリア『メディアセット』が報じた。 21日、突如としてK・ボアテングがバルセロナへとレンタル移籍。今シーズンはセリエAで13試合に出場し4ゴールを記録していたK・ボアテングの移籍は、中位のクラブにとっては大きな痛手となった。 K・ボアテングの代役候補を探すサッスオーロは、バレンシアからトリノへレンタル移籍しているイタリア代表FWシモーネ・ザザ(27)の獲得を目指しているとのこと。2013年から2015年にかけてクラブを支えた元エースの復帰を目論んでいるようだ。 サッスオーロを退団した後のザザは、ユベントスやウェストハム、バレンシアでプレー。しかし、いずれも結果を残すことができていない状況だ。 今シーズンは、バレンシアから1200万ユーロ(約15億円)の買い取りオプション付きのレンタル移籍でトリノへ加入。セリエAで17試合に出場し1ゴールと不発に終わっており、先発出場もわずか6試合と満足いく出場機会を得られていないのが現状だ。 当時もサッスオーロで名コンビを組んでいたFWドメニコ・ベラルディもサッスオーロに所属しているだけに、移籍が実現すればチームと自身の浮上のキッカケになる可能性はありそうだ。 2019.01.24 11:57 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナに電撃移籍したボアテングの後釜にバロテッリ?サッスオーロに提案か

ニースに所属するFWマリオ・バロテッリの移籍先として、新たにサッスオーロが浮上した。イタリアメディア『スカイスポーツ』が報じている。<br><br>冬の移籍市場閉幕まで10日を切った21日、MFケヴィン・プリンス・ボアテングのバルセロナ電撃移籍が決定した。サッスオーロは期限が迫る中、元ガーナ代表MFの後釜探しに乗り出しており、サンプドリアのFWジャンルカ・カプラーリをリストアップした。<br><br>しかしサンプドリアはすでにポーランド代表FWダヴィド・コウナツキの放出を検討しており、カプラーリの放出には難色を示すとみられる。一方、『コリエレ・デッロ・スポルト』では、ベンフィカから27歳のアルゼンチン人FWファクンド・フェレイラをレンタルする案が可能性として指摘されている。<br><br>だが、さらに新たな候補としてバロテッリの名前が浮上している。ニースで構想外となっているバロテッリはイタリア復帰に前向きな姿勢を示しており、ボアテングの後釜を吟味するサッスオーロに提案されたとみられる。28歳のイタリア人FWの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏はこれまで、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユとの交渉を進めており、移籍決定は目前に迫っていたが、新たな移籍先候補となったサッスオーロも含めて、今後の展開は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.23 20:40 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース