モウリーニョ、C・ロナウドに続き脱税の疑いで起訴2017.06.20 20:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督(54)が、脱税容疑でスペイン検察当局から起訴された。イギリス『BBC』など複数メディアが報じている。

▽伝えられるところによれば、モウリーニョ監督は2011年から2012年の2年間にかけて、総額330万ポンド(約4億6000万円)を脱税。肖像権収入を不正申告した疑いがあるという。

▽フットボール界では先日、1470万ユーロ(約18億2000万円)にも及ぶ脱税の疑いがあるとして、レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)も起訴されたばかりだ。

コメント

関連ニュース

thumb

モウリーニョ動く! 95億でマグワイア獲得へ

▽イングランド『デイリー・メール』は、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が今夏、レスター・シティに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイア(25)の獲得に向かうと報じた。 ▽イングランド代表の次代を担うDFの1人として、昨夏に加入したレスターで頭角を現したマグワイア。対人に強く、思い切りの良い攻撃参加も魅力のセンターバックで、ロシア・ワールドカップ(W杯)でも主力の地位を築き、準々決勝のスウェーデン代表戦で得点もマークした。 ▽新たなセンターバックの獲得を目指すモウリーニョ監督は、W杯で輝いたマグワイアに関心を強め、獲得資金として6500万ポンド(約95億1000万円)を準備。獲得実現となれば、イングランド代表DFクリス・スモーリング、アルゼンチン代表DFマルコス・ロホ、コートジボワール代表DFエリック・バイリーのいずれかの売却に動く模様だ。 ▽対するレスターは、マグワイアの契約見直しを検討していたものとみられるが、流失に備えた場合の代役として、バルセロナでプレーするコロンビア代表DFジェリー・ミナ(23)と、チェルシーに所属するイングランド代表DFギャリー・ケイヒル(32)をリストアップしたという。 2018.07.22 16:25 Sun
twitterfacebook
thumb

クロップ開き直る! ポグバ移籍揶揄からの今夏巨額投資批判も「世界が何を考えているか気にしない」

▽リバプールのユルゲン・クロップ監督が「1人の選手に巨額の移籍金を投下しない」という、自身の考えを改めたことを認めた。イギリス『BBC』が同監督のコメントを伝えている。 ▽クロップ監督は2016年にマンチェスター・ユナイテッドがフランス代表MFポール・ポグバを9200万ポンドで買い戻した際に、その資金の使い方を批判する趣旨の以下のようなコメントを残していた。 「仮に1人のプレーヤーを1億ポンド払って獲得し、そのプレーヤーが負傷してしまえば、深い溝の中に落っこちるようなことになる」 「それはフットボールの話だ。私は他のいかなる仕事をしているわけではない。試合というものはみんなで共にプレーするものなんだ」 「他のクラブはトッププレーヤーの獲得のために大金を費やすことができる。ただ、私は別のやり方をしたい」 「仮に、多くのお金を使えるようになったとしても、私は別のやり方をしたいんだ」 ▽そのコメントの一方、クロップ監督は今年1月にサウサンプトンからオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクを獲得する際に、DFの歴代最高移籍金を大きく更新する7500万ポンドで獲得し、今夏ローマからブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)をGKの歴代最高移籍金となる6700万ポンドで獲得。また、ブラジル代表DFファビーニョの獲得に総額4360万ポンド、ギニア代表MFナビ・ケイタに5275万ポンドの移籍金を支払うなど、自身の発言と矛盾する大盤振る舞いを見せていた。 ▽この一連の流れを受けて、22日に行われるインターナショナル・チャンピオンズカップ2018のドルトムント戦の前日会見の場では同監督に対して過去のポグバ発言に関する質問が飛んだ。そして、クロップ監督は補強に関する自身の考えを改めたことを認めた。 「私が自分の考えを変えたかって? イエスだ。ただ、何の考えも持たないよりも考え方を変える方がいいと思っている」 「それは問題だ。どんなブルシット(くそ野郎)だって、あのときの発言を忘れないだろうね。それは未だに事実だからね」 「私は当時、世界が変わることを想像できなかった。1億ポンドなんて数字はクレイジーなものだったが、そのときから世界は変わった。我々は世界で最も高価なゴールキーパーと契約した」 「大きな資金を使わないという、私の考え方自体がすべて変わったわけではないが、それでリバプールが成功を収められないならば、我々は働く必要がある」 「スカッドを改善するにはコストがかかるものだ。昨年は素晴らしい1年だったし、これまでのところ我々にとって良い年になっている。だが、今後もプレーヤーの入れ替えは必要になってくる。エムレ・ジャンは去ったが、ファビーニョを連れてくる良いビジネスとなった。シャキリに関しては彼のワールドカップでの素晴らしいプレーを見ていたし、ストークは降格したが彼自体は良いゲームを幾度も見せていた」 「我々は世界が自分たちに関して何を考えているかは気にしない。過去にマンチェスター・ユナイテッドが私の考えを気にしなかったようにね」 2018.07.22 13:44 Sun
twitterfacebook
thumb

マルシャルの移籍消滅か ユナイテッドが延長OP行使へ

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表FWアントニー・マルシャル(22)に残留の可能性が高まっているようだ。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 ▽ジョゼ・モウリーニョ監督の起用法に不満を抱き、今夏の移籍が取り沙汰されてきたマルシャル。ユベントスや、チェルシー、アーセナル、トッテナムといったクラブが行き先として囁かれてきたが、ユナイテッドは引き留めの意向を示している模様だ。 ▽そのマルシャルの契約は2019年まで。このまま行けば来年にもフリー移籍が可能となる。そこで、ユナイテッドは契約に存在する1年の延長オプションを行使。これにより、延長交渉の猶予期間確保と、破断時の売却金を見込んでいるという。 ▽また、ベルギー代表MFロメル・ルカクやイングランド代表MFジェシー・リンガードらロシア・ワールドカップ参戦組の合流遅れも、マルシャルの残留に繋がっている様子。モウリーニョ監督は、新シーズン序盤のマルシャル起用を考慮しているとみられる。 2018.07.22 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

プレミア勢が注視するレビッチ、恩師ニコ・コバチ監督の率いるバイエルン行きはなし

▽フランクフルトに所属するクロアチア代表FWアンテ・レビッチ(24)のバイエルン行きはなくなったようだ。『ユーロスポーツ』が伝えている。 ▽2017-18シーズンに公式戦28試合9ゴール3アシストを記録していたレビッチは、クロアチア代表としてロシア・ワールドカップ(W杯)に6試合出場。グループステージ第2節のアルゼンチン代表戦のゴールをはじめ、同国史上初の決勝進出に貢献した。 ▽『ユーロスポーツ』によれば、昨季までフランクフルトを率いていたニコ・コバチ監督を引き抜いたバイエルンとフランクフルトの間には、“同クラブからの引き抜きを行わない”という協定があるため、バイエルンがレビッチを獲得しないと明かしたようだ。 ▽しかし、レビッチにはマンチェスター・ユナイテッドやリバプール、アーセナルなどプレミア勢が獲得に積極的な動きを見せており、今後も去就には注目が集まることだろう。 2018.07.22 02:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド在籍10年目のバレンシアが新主将に

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がエクアドル代表MFアントニオ・バレンシア(32)を新シーズンのキャプテンに指名した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽バレンシアは2009年夏からユナイテッドでプレー。本来2列目が主戦場だが、コンバートされた右サイドバックで不動の地位を築いており、新シーズンがユナイテッド在籍節目の10年目となる。 ▽モウリーニョ監督は、昨シーズン限りで現役を引退した元イングランド代表MFのマイケル・キャリック氏に代わるキャプテン人事について、次のように語った。 「昨シーズンもバレンシアにキャプテンを任せた試合があった。今シーズンも彼に託すことになるだろう」 「彼がプレーしていなくても、担い手はいる。(クリス・)スモーリングや、アシュリー・ヤング、(アンデル・)エレーラ、(フアン・)マタが候補だ」 「(ネマニャ・)マティッチもマンチェスター・ユナイテッドのキャプテンに相応しい男だ。だが、彼はまだやってきて1年しか経っていない」 「とはいえ、私自身、それについてさほど気にしていない。ドレッシングルームでの雰囲気や、リーダーの方が気になるね」 2018.07.21 14:20 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース