超ワールドサッカー

欧州王者ポルトガルがAT被弾でドロースタート…《コンフェデレーションズカップ2017》2017.06.19 02:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コンフェデレーションズカップ2017グループA第1節のポルトガル代表vsメキシコ代表が18日に行われ、2-2の引き分けに終わった。

▽コンフェデレーションズカップ初出場となるヨーロッパ王者のポルトガルは、フラットな[4-4-2]の布陣を採用。GKにルイ・パトリシオ、最終ラインは右からセドリック、ペペ、フォンテ、ラファエウ・ゲレイロ。中盤は右からクアレスマ、モウティーニョ、ウィリアム・カルバーリョ、アンドレ・ゴメスを起用。2トップはC・ロナウドとナニが並んだ。

▽一方、今大会で最多タイとなる7度目のコンフェデレーションズカップ出場となる北中米カリブ海王者メキシコは、エースFWエルナンデスやヒメネス、グアルダード、GKオチョアなど、ほぼベストメンバーで試合に臨んだ。

▽キックオフ前には、17日にポルトガル北中部で発生した山火事に対する黙とうが捧げられた。試合序盤、主導権を握ったのはメキシコ。5分、ドリブルで仕掛けたベラがボックス右角手前でナニに倒され、FKを獲得。このFKをグアルダードが直接狙うも、これは壁を直撃する。

▽なかなか前線のC・ロナウド、ナニにボールが渡らないポルトガルだったが、21分に決定機を迎える。壁を直撃したC・ロナウドの直接FKのセカンドボールをモウティーニョがダイレクトでゴール前に供給。相手DFのクリアをボックス手前で拾ったC・ロナウドが素早く左足を振り抜くも、これはクロスバーを直撃した。

▽さらにポルトガルは、このこぼれ球をボックス右のアンドレ・ゴメスがダイレクトシュートで狙うと、ゴール前のナニがコースを変えてゴールネットを揺らした。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)がモウティーニョのパスの部分でペペのオフサイドを指摘しており、ナニのゴールは取り消された。

▽VAR制度によりゴールを取り消されたポルトガルだったが、34分にセドリックのロングパスからカウンターを発動。左サイドでボールを受けたC・ロナウドがボックス左まで侵攻。冷静なボールキープで相手DFを引き付けラストパスを送るとゴール右に走り込んだクアレスマが飛び出したGKオチョアをかわし無人のゴールにボールを流し込んだ。

▽先制を許したメキシコは、すかさず反撃に転じる。42分、ヒメネスの左クロスをボックス右で受けたベラが右足で素早くクロスを供給。これに反応したエルナンデスがダイビングヘッドで合わせると、シュートがゴール右隅に突き刺さった。さらに45分にもヒメネスに右クロスからメキシコに決定機が生まれたが、エルナンデスのシュートは枠を大きく外した。

▽1-1で迎えた後半は一進一退の攻防に。するとメキシコは、57分にベラに代えてジョバニ・ドス・サントスを投入。対するポルトガルは58分、モウティーニョとナニを下げてアドリエン・シウバとジェウソン・マルティンスを同時投入する2枚替えを敢行した。

▽ジェウソン・マルティンス、C・ロナウド、クアレスマを3トップに配置した[4-3-3]に布陣を変更したポルトガルは80分、左サイドを持ち上がったアンドレ・ゴメスのパスをボックス左で受けたC・ロナウドがワンタッチで落とすと、クアレスマがシュート。しかし、これはGKオチョアが正面でキャッチ。

▽勝ち越し点が遠いポルトガルは、82分にクアレスマを下げてアンドレ・シウバを投入。すると86分、セドリックのパスで右サイドを突破したジェウソン・マルティンスがボックス右から折り返すと、相手DFに当たったルーズボールをボックス内に走り込んだセドリックがダイレクトシュートでゴール左に突き刺した。

▽痛恨の勝ち越し弾を許したメキシコは、その後猛攻を仕掛けると、後半アディショナルタイム1分にジョナタン・ドス・サントスの左CKをモレーノが頭で合わせる。これが右ポストの内側に当たりそのままゴールに吸い込まれた。

▽結局、試合はそのままタイムアップを迎え、試合終了間際に大きな動きを見せた白熱の一戦は2-2のドローに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

ポルトガル代表指揮官、去就に関して沈黙を貫くC・ロナウドを擁護

レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが去就について沈黙を貫いている。フェルナンド・サントス監督はC・ロナウドの判断を支持した。<br><br>ポルトガルは21日、コンフェデレーションズカップ第2戦でロシア代表と対戦し、1-0の勝利を飾った。8分に決勝点を挙げたC・ロナウドはマン・オブ・ザ・マッチに選出され、会見に応じたが、去就に関する質問には回答をせず、会場を後にした。サントス監督は「彼がゲーム以外の話について質問に答えるべきだと思うか? 彼はゲームについて話すためにここにいる。それだけだ」とチームのエースを擁護し以下のように続けた。<br><br>「家族のことやレアル・マドリーのことやその他の何かについて話すわけではない。ゲームについて話すだけだ。関心を持つのは理解できるが、そのことを尊重しなければならない」<br><br>「意地悪で言うわけではない。選手の個人生活を尊重すべきだというだけのことだ。彼と話をして返事を得る機会はこれから十分にあるだろう。彼が質問への回答を避けたのは非常に賢明なことだったと思う」<br><br>ロナウドは試合については「すごく嬉しい。ロシアでポルトガルが勝利を挙げるのは初めてのこと。チームはとても良いプレーをした。相手はホームでの戦いということもあり、サポーターの応援を後押しに、プレッシャーをかけてきた。しかし、僕らのほうが優れていた」と、喜びのコメントを残している。<br><br>なお、ポルトガルは24日、ニュージーランド代表と対戦し、引き分け以上で準決勝へと駒を進めることになっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.22 16:03 Thu
twitterfacebook
thumb

ロシア戦を振り返るポルトガル代表DFペペ「ロシアは試合を通してチャンスがなかった」

▽ポルトガル代表DFペペが、コンフェデレーションズカップ グループA第2節のロシア代表戦を振り返った。ポルトガルサッカー協会がペペのコメントを伝えた。 ▽ポルトガルは、コンフェデレーションズカップのグループA第2節でロシア代表と対戦。試合は8分にクリスティアーノ・ロナウドが決めたゴールを守り切り、0-1で今大会初勝利を飾った。 ▽この試合に先発フル出場したペペは、前日記者会見に続いてコメント。勝利を喜んだ。 「僕たちは記者会見でロシアをリスペクトして戦うと語った。とても嬉しいし、素晴らしい前半だった。彼らは試合を通してゴールのチャンスがなかったと思う。チームはそれに値する」 「僕たちは、常に謙虚さを持つポルトガルの人々に喜びを与えるために挑戦する」 2017.06.22 11:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムントのポルトガル代表DFラファエウ・ゲレイロが足を骨折か…ロシア戦で負傷交代

▽コンフェデレーションズカップにポルトガル代表の一員として出場しているドルトムントのDFラファエウ・ゲレイロ(23)が足を骨折した可能性があるようだ。フェルナンド・サントス監督が明かした。 ▽ポルトガルは、コンフェデレーションズカップのグループA第2節でロシア代表と対戦。試合は8分にクリスティアーノ・ロナウドが決めたゴールを守り切り、0-1で今大会初勝利を飾った。 ▽しかし、試合中にラファエウ・ゲレイロが負傷。担がれたまま運び出され、66分にエリセウと交代していた。試合後、サントス監督がケガの状態についてコメント。骨折の疑いがあると見ていることを明かした。 「ラファエルは病院に行った。残念なことに、彼は足を骨折した可能性があると考えている」 「ポルトガルにとって良くない瞬間だた。彼は素晴らしく、とても良くやっていた」 「最高のクオリティを持った選手であり、新シーズンの開幕にも影響があるかも知れない」 「我々はこの事実に悲しんでいるが、検査の結果がどうなるか見てみよう。現時点で考えていることほど深刻でないことを願う」 2017.06.22 10:37 Thu
twitterfacebook
thumb

エースの決勝弾でポルトガルが開催国ロシアにシャットアウト勝利《コンフェデレーションズカップ2017》

▽コンフェデレーションズカップ2017グループA第2節のロシア代表vsポルトガル代表が21日に行われ、0-1でポルトガルが勝利した。 ▽4日前に行われた初戦のニュージーランド代表戦を2-0と勝利したロシアは、その試合のスタメンから2選手を変更。ポロズとイェロフキンに代えてD・コンバロフとシシュキンを起用した。 ▽一方、3日前に行われた初戦のメキシコ代表戦を追加タイム被弾で2-2のドローに終わったポルトガルは、その試合のスタメンから4選手を変更。ナニにクアレスマ、モウティーニョとフォンテに代えてアンドレ・シウバにアドリエン・シウバ、ベルナルド・シウバとブルーノ・アウベスを起用した。布陣はフラットな[4-4-2]を採用し、2トップにC・ロナウドとアンドレ・シウバを据えた。 ▽スモロフを最前線に据える[3-4-3]の布陣で臨み、アグレッシブな入りを見せたロシアに対し、8分にポルトガルが先制する。左サイドからのラファエウ・ゲレイロのクロスをファーサイドのC・ロナウドがヘディングで押し込んだ。 ▽失点を受けてさらに前がかるロシアに対し、自陣に引いてカウンターを狙うポルトガルは、25分にC・ロナウドの直接FKでGKアキンフェエフを強襲。その後は中盤の構成力で上回るポルトガルが攻勢に出ると、32分に決定機。ボックス右で仕掛けたC・ロナウドがシュート。しかし、GKアキンフェエフにセーブされた。ハーフタイムにかけては膠着した展開が続き、ポルトガルリードのまま前半を終えた。 ▽迎えた後半開始5分、ポルトガルが追加点に迫る。セドリックの右クロスをアンドレ・シウバがヘディングシュート。だが、GKアキンフェエフのビッグセーブに阻まれた。さらに58分、カウンターから再びアンドレ・シウバがヘディングシュートに持ち込むも、ここもGKアキンフェエフにセーブされた。直後にもセドリックのミドルシュートでGKアキンフェエフを強襲したポルトガルは、65分に左足を負傷したラファエウ・ゲレイロがプレー続行不可能となってエリセウを投入せざるを得なくなった。 ▽ポロズを投入して攻勢を強めたロシアに対し、ポルトガルは67分にアンドレ・シウバが枠内シュートを浴びせて牽制。そして83分にベルナルド・シウバに代えてダニーロを投入し、守備の強度を上げたポルトガルは終盤にかけてロシアの猛攻を受ける。それでも、追加タイム2分の右CKからジキヤに許したヘディングシュートは枠の上に外れて1-0のままタイムアップ。エースの決勝ゴールでポルトガルがコンフェデレーションンズカップ初勝利を飾っている。 2017.06.22 02:01 Thu
twitterfacebook
thumb

連勝のスペインがGS突破一番乗り! ポルトガルはGS突破の可能性を残し最終節へ《U-21欧州選手権2017》

▽U-21欧州選手権2017グループB第2節、U-21ポルトガル代表vsU-21スペイン代表が20日に行われ、1-3でスペインが勝利した。この結果、グループステージ連勝のスペインが、グループB首位通過を決めた。 ▽17日に行われた第1節でU-21セルビア代表に勝利したポルトガルと、U-21マケドアニ代表に大勝したスペインの一戦。初戦のセルビア戦からジョッタに代えてレナト・サンチェスを起用したポルトガルは、[4-3-1-2]の布陣を採用。GKにヴァレラ、4バックが右からカンセロ、エドガル・ミゲル、セメド、ケヴィン・ロドリゲス。中盤はネヴェスの1アンカーに、左右のインサイドハーフにレナト・サンチェス、ジョアン・カルバーリョ、トップ下にブルーノ・フェルナンデス、2トップにゴンサロ・グエデスとポデンセを配した。 ▽一方のスペインは、初戦から先発を2選手変更。マケドニア戦同様[4-3-3]の布陣を採用し、GKにアリザバラガ、4バックに右からベジェリン、メレ、バジェホ、ジョニー、中盤アンカーにマルコス・ジョレンテ、インサイドにダニ・セバージョスとサウール、3トップに右からデウロフェウ、サンドロ・ラミレス、アセンシオと並べた。 ▽勝者がグループステージ突破を決める一戦は、強豪同士らしく拮抗した展開となる中、スペインがサウールの個人技から試合を動かす。21分、バイタルエリア右でデウロフェウからパスを受けたサウールが細かなステップのドリブルでダイアゴナルに切り込むと、ボックス中央まで侵攻しシュート。相手DFにディフレクトしたボールが、そのままゴール左に吸い込まれた。 ▽先制して勢いづくスペインは38分、アセンシオのスルーパスでゴール右に侵入したベジェリンがシュート。さらに40分には、左クロスのセカンドボールをペナルティアーク左で拾ったサンドロ・ラミレスが狙うも、これはわずかに左へ逸れた。 ▽迎えた後半、1点を追うポルトガルは57分にポデンセを下げてブルマを投入。しかし、後半もペースを握ったのはスペイン。すると65分、右サイドを突破したデウロフェウのクロスをニアサイドに走り込んだサンドロ・ラミレスが流し込み、追加点。 ▽リードを広げられたポルトガルは、66分にJ・カルバーリョを下げてパシエンシアを投入。さらに73分には、レナト・サンチェスに代えてオルタをピッチに送り出した。すると77分、ショートコーナーを受けたK・ロドリゲスが左クロスを供給。相手DFのクリアボールをボックス右手前のブルマがダイレクトで合わせると、これが直接ゴール左隅に突き刺さった。 ▽ブルマのゴラッソで1点を返したポルトガルだったが、反撃はここまで。試合終盤にも途中出場イニャキ・ウィリアムズのゴールで1点を追加したスペインが、3-1でポルトガルを撃破し、グループステージ突破一番乗りを決めた。 ◆グループB U-21ポルトガル1-3 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;"> U-21スペイン</span> 【U-21ポルトガル】 ブルマ(後32) 【U-21スペイン】 サウール・ニゲス(前21) サンドロ・ラミレス(後20) イニャキ・ウィリアムズ(後48) 2017.06.21 06:23 Wed
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース