バルセロナ移籍が噂されるコウチーニョ「リバプールと契約延長したばかり」2017.06.13 09:08 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナへの移籍が噂されるリバプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)が、自身の去就についてコメントした。スペイン『マルカ』が報じている。

▽1992年生まれであるコウチーニョは、バルセロナのブラジル代表FWネイマールと同い年。2009年にはU-17ワールドカップで共にプレーし、現在はフル代表でチームメートとなっている。両者はお互いを認め合い、共にプレーする心地よさを口にしており、さらにネイマールはコウチーニョをバルセロナに誘う発言を行っていた。

▽現在、ブラジル代表の一員としてチームに帯同しているコウチーニョは、注目される自身の去就について言及。今年1月にリバプールとの契約を延長したことを強調し、バルセロナへの移籍は濁した。

「今の時点でバルセロナについて話すことは難しいね。そもそも僕はリバプールとの契約を残している。彼らとは長期契約を結んでいるんだ。最近、その契約延長に合意したばかりだよ」

▽なお、コウチーニョは今シーズンのプレミアリーグで31試合13ゴールを奪取。クラブ側も同選手の退団は望んでおらず、一部では移籍金が9000万ユーロ~1億ユーロ(約110億7300万~123億円)に設定されていると言われている。

コメント

関連ニュース

thumb

バルサ、選手層拡充へフランス代表MFエンゾンジ獲得に興味?

▽バルセロナがセビージャに所属するフランス代表MFスティーブン・エンゾンジ(29)の獲得に乗り出す可能性があるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ▽スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)やブラジル代表MFパウリーニョ(29)がそれぞれ退団し、中盤の補強を画策しているバルセロナ。これまでパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)やアヤックスに所属するU-21オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(20)の獲得に動いているとされるが、選手層拡充に向けてエンゾンジにも獲得への興味を示しているようだ。 ▽母国・アミアンでプロキャリアをスタートさせたエンゾンジは、ブラックバーン、ストーク・シティを経て、2015年7月にセビージャに加入。2017-18シーズンでは公式戦44試合に出場していた。現在行われているロシア・ワールドカップ(W杯)にも参戦しており、ここまで4試合に出場している。 ▽エンゾンジには現在元セビージャ指揮官ウナイ・エメリ監督が率いるアーセナルが獲得に向けて動いている模様。なお、同選手には4000万ユーロ(約52億円)の契約解除金が設定されている。 2018.07.15 15:40 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎レスター、バルセロナからW杯で3発のコロンビア代表DF獲得に名乗り?

▽日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティが、バルセロナに所属するコロンビア代表DFジェリー・ミナ(23)の獲得に興味を抱いているようだ。イギリス『レスター・マーキュリー』が伝えている。 ▽ミナは2018年1月にパルメイラスからバルセロナに加入。バルセロナ初のコロンビア人選手となったが、2017-18シーズンはリーガエスパニョーラで5試合の出場にとどまった。また、現在行われているロシアW杯にも出場しており、ラウンド16で敗退となったが3試合3ゴールを記録してチームのベスト16入りに貢献した。 ▽伝えるところによると、現在レスターのほかにエバートンとウェストハムもミナ獲得に関心を寄せており、すでに2650万ポンド(約40億円)のオファーを提示しているとのこと。バルセロナは最近セビージャからフランス人DFクレマン・ラングレを獲得しており、エルネスト・バルベルデ監督が成長の機会を与えるために、ミナのレンタルでの放出を考慮していることが伝えられているが、果たして移籍は実現するだろうか。 2018.07.15 11:06 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサMFアンドレ・ゴメス、今夏のツアーに帯同せず

▽バルセロナのポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス(24)は、今夏のプレシーズンツアーに帯同しないようだ。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽記事によれば、7月24日から予定されているアメリカツアーのメンバーにアンドレ・ゴメスは含まれておらず、今夏の移籍が確実視されている。 ▽2016年夏にバレンシアから加入した同選手は2016-17シーズンは途中出場が多いながらもリーグ戦30試合に出場した。だが、17-18シーズンはエルネスト・バルベルデ監督の信頼を得ることが出来ず、リーグ戦出場は16試合にとどまった。 ▽バルセロナは放出を容認する構えだが、移籍には2000万ユーロ(約26億円)要求しているようで、以前に獲得を試みた古巣バレンシアやトッテナム、ラツィオやユベントスといったクラブの申し出を拒否した模様だ。 ▽また、伝えれるところによると、バルセロナは国外への放出を望んでいるという。 2018.07.14 14:44 Sat
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、ウィリアン獲得諦めず! 約78億円の再オファーか

▽バルセロナがチェルシーに所属するブラジル代表MFウィリアン(29)獲得に向けて2度目のオファーを提示したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽伝えるところによると、バルセロナは3カ月前にウィリアン獲得に向け、チェルシーへ5000万ポンド(約74億3000万円)のオファーを提示したがこれを拒否された模様。そして今回5300万ポンド(約78億8000万円)を用意して再オファーを提示したようだ。 ▽ウィリアンは2013年2月にロシアのアンジ・マハチカラから加入。以降右ウイングを主戦場としてプレーし、今シーズンは公式戦55試合13ゴール12アシストという成績を残した。また、現在行われているロシア・ワールドカップにも参戦。準決勝敗退となったが、5試合に出場して1アシストを記録していた。 2018.07.14 10:52 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサやアーセナル、PSG関心のアルゼンチン代表FWパボンがボカと新契約締結!

▽ボカ・ジュニアーズは13日、アルゼンチン代表FWクリスティアン・パボン(22)と新契約を締結した。ボカ・ジュニアーズのダニエル・アンジェリチ会長が自身の公式ツイッターを通じて明かした。 ▽2014年にタジェレスから母国の名門ボカ・ジュニアーズへ加入したパボンは、170cmに満たない小兵ながら爆発的なスピードとテクニック、攻撃センスに溢れるアルゼンチン期待の若手アタッカー。昨シーズンはリーグ戦26試合に出場し6ゴール13アシストを記録した。 ▽また、2017年にデビューを飾ったアルゼンチン代表ではロシア・ワールドカップの全4試合に出場していた。 ▽同胞FWリオネル・メッシも絶賛する逸材アタッカーにはバルセロナ、アーセナル、パリ・サンジェルマンが獲得に関心を示してきた。 ▽2022年まで現行契約を残すパボンに関しては3300万ユーロ(約43億3000万円)の契約解除金が設定されていたが、より高額の移籍金を引き出したいボカは今回の新契約によって4250万ユーロ(約55億7000万円)まで契約解除金を引き上げることに成功したようだ。 2018.07.14 03:42 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース