バルセロナ移籍が噂されるコウチーニョ「リバプールと契約延長したばかり」2017.06.13 09:08 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナへの移籍が噂されるリバプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)が、自身の去就についてコメントした。スペイン『マルカ』が報じている。

▽1992年生まれであるコウチーニョは、バルセロナのブラジル代表FWネイマールと同い年。2009年にはU-17ワールドカップで共にプレーし、現在はフル代表でチームメートとなっている。両者はお互いを認め合い、共にプレーする心地よさを口にしており、さらにネイマールはコウチーニョをバルセロナに誘う発言を行っていた。

▽現在、ブラジル代表の一員としてチームに帯同しているコウチーニョは、注目される自身の去就について言及。今年1月にリバプールとの契約を延長したことを強調し、バルセロナへの移籍は濁した。

「今の時点でバルセロナについて話すことは難しいね。そもそも僕はリバプールとの契約を残している。彼らとは長期契約を結んでいるんだ。最近、その契約延長に合意したばかりだよ」

▽なお、コウチーニョは今シーズンのプレミアリーグで31試合13ゴールを奪取。クラブ側も同選手の退団は望んでおらず、一部では移籍金が9000万ユーロ~1億ユーロ(約110億7300万~123億円)に設定されていると言われている。

コメント

関連ニュース

thumb

コウチーニョ獲得に再び動き出すバルサ…イニエスタは「賢明な補強になる」と加入に期待

バルセロナのMFアンドレス・イニエスタは、フィリペ・コウチーニョの加入を望んでいるようだ。<br><br>今夏、バルセロナはコウチーニョ獲得に向け、複数回にわたりオファーを送ったものの、いずれもリバプールが拒否。しかし、ブラジル代表司令塔への関心を持ち続けているスペインのクラブは、冬の移籍市場でも同選手の獲得に動くとされている。<br><br>さらに、ハビエル・マスチェラーノの退団が近づく一方で、ブラジルのパラメイラスで活躍するコロンビア代表DFのジェリー・ミナの獲得にも強い興味を見せているバルセロナ。イニエスタはクラブの両ターゲットについて&ldquo;賢明な補強&rdquo;と考えているようだ。<br><br>13日に取材に応じたイニエスタは「彼らはチームにとって重要な補強になるだろう。クラブがそのポジションの強化を望むなら、このようなクラブでプレーすることへの圧力に耐えられるだけの選手でなければならない。だから彼らは2つの重要な契約になると思う」とバルセロナが獲得を狙う両選手について言及。<br><br>続けて「でも、まだ何も起きていないし、実現はなかなか難しいことだ」と2人の南米選手の加入を望むものの、1月に両選手の移籍が成立するか分からないと話している。<br><br>さらに、チャンピオンズリーグのラウンド16で対戦することが決まったチェルシーに関して「全ての部分で非常にパワフルなチームとの試合は非常にタフで難しくなると思う」と率直な感想を述べた。しかし、2009年の準決勝でチェルシー相手に劇的な決勝点を挙げたイニエスタは「いくつかの良い思い出がある。人生の中で最高の記憶だ」と再戦を楽しみにしているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.14 16:55 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナがエジルの意思確認のために2週間の回答期限を設定

▽バルセロナがアーセナルのドイツ代表MFメスト・エジル(29)に対して、移籍に関する回答期限を2週間に設定したようだ。スペイン『ムンドデポルティボ』が伝えている。 ▽アーセナルとの2018年6月までとなっているエジルは、このままアーセナルとの契約を延長しなければ同年1月より全てのクラブと契約交渉が可能となる。 ▽アーセナル側はエジルとの契約延長を望んでいるとされてきたが、契約を延長できなければ来年6月には移籍金を得られずにプレーメーカーを失うことになる。そのため、来冬の移籍市場でエジルを手放すのではないかと言われている。 ▽以前からエジルの獲得に興味を示していたバルセロナは、エジルの代理人と接触している模様。同選手が今冬に移籍する意思があるかどうかの確認を行っているようで、その回答期限を今後2週間。つまり今年いっぱいに設定したという。なお、『ムンドデポルティボ』はエジルの移籍先の最有力はバルセロナであると報じており、この2週間で大きな動きがあるとみている。 2017.12.14 14:02 Thu
twitterfacebook
thumb

バティ、自身の得点記録を破った代表の後輩メッシに対し「エイリアンだから…」

▽アルゼンチン代表のレジェンドであるガブリアル・バティストゥータ氏が、自身の持つ同国代表での最多得点記録を更新したバルセロナのFWリオネル・メッシを「エイリアン」と評した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽メッシは昨年6月の代表戦でバティストゥータ氏が77試合で達成した54ゴールを上回り、アルゼンチン代表の歴代最多得点者になった。現在では、123試合61ゴールまで記録を伸ばしている。それに対してバティストゥータ氏は今夏、「思ったより時間がかかったね。私はより早く記録を達成した」と語っていたが、やや態度を軟化させているようだ。 「私にとって誇りになっていた部分で負けるのは好ましくない。けど、それを塗り替えたのがエイリアンの(リオネル・)メッシだからまだ寛容でいられる」 2017.12.14 00:51 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ、ヴェルメーレン復調でマスチェラーノの移籍に扉か...クラブはCB補強も検討

バルセロナは、今冬の移籍市場で守備陣のテコ入れを余儀なくされるかもしれない。<br><br>バルセロナはMFハビエル・マスチェラーノが1月の移籍市場での移籍を希望している。DFジェラール・ピケ、サミュエル・ユムティティの控えに甘んじるマスチェラーノは出場機会増加を望んでおり、すでに代理人を通じてクラブ側に退団の意思を伝えた模様だ。<br><br>バルセロナはマスチェラーノの代役に、パルメイラスDFジェリー・ミナを考えている。すでにバルセロナ移籍が内定しているミナだが、クラブは同選手の加入を早めたいと考えているようだ。<br><br>だがジェア・ミナ代理人はスペイン『カデナ・コペ』で「バルセロナは2018年7月に買い取りオプションを行使すると公に認めていた。よって、この冬にミナを獲得したければ、パルメイラスと話し合わなければいけない」と再交渉の必要性を強調している。<br><br>一方、バルセロナは、ここ数試合でDFトーマス・ヴェルメーレンがエルネスト・バルベルデ監督の信頼を完全に取り戻している。第13節バレンシア戦(1-1)で563日ぶりにリーガエスパニョーラのピッチに立ったヴェルメーレンは、第14節セルタ戦(2-2)、第15節ビジャレアル戦(2-0)と連続出場。出色の出来でチームの勝ち点獲得に貢献している。<br><br>ヴェルメーレンの復調で、マスチェラーノの移籍に扉が開かれる可能性はある。ただ、バルセロナ側に簡単にマスチェラーノを放出するつもりはなく、今後のマーケットの動きを見ながら最終的な決断を下すとされる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.13 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループD総括】バルサとユーベが順当に突破、スポルティングは一歩及ばず

▽本命と目されていたバルセロナとユベントスが順当にグループステージ突破を決めた。スポルティング・リスボンは最終節までユベントスと突破を争う粘りを見せたものの及ばず、オリンピアコスはバルセロナに引き分ける健闘を見せたが、勝ち点1獲得に終わった。 ■グループD順位表■ [勝ち点/得失点] 1:バルセロナ[14/8] 2:ユベントス[11/2] 3:スポルティング・リスボン[7/-1] 4:オリンピアコス[1/-9] ◆ユーベにリベンジし最終節を前に首位通過~バルセロナ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_50_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季準々決勝で敗れたユベントスに初戦で3-0と完勝して好スタートを切ったバルセロナは、その後スポルティング、オリンピコアスを確実に退けて3連勝と危なげない戦いを見せた。そしてオリンピアコスに引き分けた後、ユベントスとのアウェイ戦でゴールレスドローに持ち込んで、最終節を残して首位通過を決めた。ネイマール流出に始まり、新戦力のデンベレ負傷というアクシデントに見舞われたものの、メッシとスアレスの2トップ移行やフラットな[4-4-2]へのシステム変更など、バルベルデ監督の巧みな手腕で、終始隙のない戦いを見せた。 ◆バルサに及ばずもノルマの2位通過~ユベントス~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_51_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽バルセロナに初戦で完敗する厳しいスタートを切ったユベントスだったが、オリンピアコスとスポルティングに勝負強く競り勝ち、勝ち点を積み上げていった。決して楽な戦いではなかったものの、最終節で2位通過を決めた。ボヌッチ流出により堅守に乱れがあったが、ベナティアやルガーニの活躍でバルセロナとのリターンマッチではゴールレスドローに持ち込み、持ち前の堅守が復活。最終節のオリンピアコス戦もシャットアウトしてノルマのグループステージ突破を果たした。 ◆最終節まで突破の可能性を残すも及ばず~スポルティング・リスボン~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_52_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2年ぶりのCL参戦となったジョルジェ・ジェズス体制3季目のスポルティングは、2強に割って入れるだけのポテンシャルを十分に示した。バルセロナやユベントスに善戦し、オリンピアコスに2勝するなど、ユベントスを脅かす存在となった。痛かったのはユベントスとの直接対決2連戦で互角以上に渡り合いながらも、結果は1分け1敗と下回った点だ。 ◆バルセロナとのドローが唯一の見せ場~オリンピアコス~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_53_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽スポルティングと共にグループをかき回す存在と目されたギリシャ王者だったが、見せ場は第4節でバルセロナに引き分けた試合のみだった。それ以外の試合は全敗に終わり、勝ち点1獲得で今大会を終えた。 2017.12.13 18:03 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース