新シーズン開幕を前に、今季注目の5選手!!《DUARIG Fリーグ》2017.06.09 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽今月10日、11日にDUARIG Fリーグ2017/2018が東京・国立代々木競技場第一体育館で開幕を迎える。11年目を迎える今季の注目選手を紹介していく。

◆ラファ(名古屋オーシャンズ/ブラジル代表)
(C)CWS Brains,LTD.
▽昨シーズンは10連覇の夢が阻まれた名古屋オーシャンズが、現役ブラジル代表選手を補強した。昨シーズン優勝を逃した要因の1つに得点力不足が上げられているだけに、セレソンのスコアラーを獲得できたことは大きい。

▽実際に、シーズン前に行われたオーシャンカップ2017では、前線でタメが作れるフィジカルの強さ、相手を背負った状態からでもシュートに持ち込む強引さ、多彩なシュートなどワールドレベルを見せつけ、準決勝のシュライカー大阪戦で2ゴール。決勝のバルドラール浦安戦でも1ゴールを奪い優勝に貢献している。

▽特に同じ新加入のFP西谷良介との相性が良く、昨シーズンのトレンドだったシュライカー大阪の「チアゴ‐アルトゥール・ライン」のような1つの得点パターンとなりつつある。コンディション面は「チームメートのことを知ればもっとパフォーマンスは上がる」と語っているだけに、さらなる活躍が楽しみな選手だ。

◆森岡薫(ペスカドーラ町田/日本代表)
[昨季成績:23試合出場22ゴール]
(C)CWS Brains,LTD.
▽日本を代表するストライカーが、ペスカドーラ町田で自身初めてとなるキャプテンに就任した。これまではプレーでチームを引っ張ってきたが、新シーズンはチームマネジメントの面でも期待がかかる。世界を知る森岡だけに、有望な町田の若手選手たちに伝えられることは多いはずだ。

▽個人的なパフォーマンスに関しては、ここ2年はケガの影響もあり、指定席だった得点ランキングトップの座から陥落している。3年ぶりとなる得点王に返り咲ければ、チームの悲願であるリーグタイトルにも迫るはず。チームスポーツだが、今シーズンの森岡にかかる期待は大きなものとなるだろう。

◆アルトゥール(シュライカー大阪/ブラジル)
[昨季成績:30試合出場33ゴール]
(C)CWS Brains,LTD.
▽昨シーズンのMVPはFP小曽戸允哉に譲るも、間違いなくアルトゥールのシーズンだった。その証拠に国内6つのフットサルメディアが立ち上げた“フットサル界のバロンドール”である「フットサル大賞」では見事にMVPを獲得している。

▽卓越した戦術眼に、針の穴を通すような縦パス。さらに守備を無効化してしまう、驚異のミドルシュートなどあらゆる面でハイスペックの選手だ。ブラジル代表FPラファも「セレソンにいてもおかしくないレベルの選手」と高い評価をするなど、“今見るべき選手”といえる。

▽新シーズンは、今まで以上にアルトゥールのプレーを警戒してくることが予想される。その中で彼がどんなプレーを見せてくれるかに期待だ。また、森岡同様に新シーズンはキャプテンに就任。「常に100%でプレーする姿勢を見せること。リーダーとして強い気持ちを持つこと」と意気込んでいる。自身の成長にとっても重要な1年となる。

◆清水和也(フウガドールすみだ/日本代表)
[昨季成績:29試合出場22ゴール]
(C)CWS Brains,LTD.
▽日本の若きエースにとって、今シーズンは今後を左右する大事なシーズンになるかもしれない――。

▽所属するフウガドールすみだでは、絶対的なエースだったFP太見寿人が現役を引退。「フトさんのようになりたい」と口にしてきた清水。その能力に疑いはなく、将来的には日本を代表する点取り屋となるだろう。しかし、現状ではチームが苦しい時に勝たせるようなパフォーマンスを見せられておらず“太見のようなエース”にはなれていない。

▽また先日行われたAFC U-20フットサル選手権でもグループステージでは4試合で6ゴールを奪う活躍を見せたが、準々決勝のイラク戦ではノーゴールに終わりチームもベスト8での敗退が決まった。2020年に行われるフットサル・ワールドカップを考えても、今シーズンは一皮むけなければいけないだろう。

◆横澤直樹(湘南ベルマーレ/日本)
[昨季成績:8勝5分け20敗]
(C)CWS Brains,LTD.
▽昨シーズンまで湘南ベルマーレの指揮官だった横澤直樹が、新シーズンは“アナリストプレーヤー”として現役復帰を果たした。湘南の前身であるP.S.T.C.LONDRINAに所属し、ブラジルのトップリーグでプレー。その後タイなどでもプレーしてきた横澤が、初めてFリーグの舞台に立つ。

▽ただ、アナリストプレーヤーとは、これまで指揮官として教えてきたことを選手と同じ立場に立って共有することが目的。しかし、奥村敬人監督は「選手登録している以上、練習のパフォーマンスを見て考える」と、横澤の出場を前向きに考えている。出場した場合に、世界を知る横澤がどんなプレーを見せてくれるか楽しみだ。
◆JSPORTSではFリーグ開幕節を生放送!
▽6月11日(日)
《11:50〜》
フウガドールすみだ vs バサジィ大分
名古屋オーシャンズ vs 府中アスレティックFC
湘南ベルマーレ vs ヴォスクオーレ仙台
[JSPORTS 4]

▽6月10日(土)
《20:00》
シュライカー大阪 vs エスポラーダ北海道
《22:00》
ペスカドーラ町田 vs デウソン神戸
《24:00》
バルドラール浦安 vs アグレミーナ浜松
[JSPORTS 2]
※初回放送

コメント

関連ニュース

thumb

府中の日本代表FP渡邉知晃がリーグ記録の11試合連続ゴール!! 白熱の東京ダービーはドロー決着!!《DUARIG Fリーグ》

▽15日にDUARIG Fリーグ2017/2018第21節の4試合が行われた。 ▽バサジィ大分vsヴォスクオーレ仙台は2-1で仙台が、名古屋オーシャンズvs湘南ベルマーレは4-3で名古屋が勝利。エスポラーダ北海道vsバルドラール浦安は1-1、ペスカドーラ町田vs府中アスレティックFCは3-3のドローに終わった。 ◆バサジィ大分vsヴォスクオーレ仙台 ▽試合は6分、アウェイの仙台がFPアレックスのゴールで先制に成功する。一方、ホームの大分も16分にFP藤川朋樹がゴールを奪い、試合を振り出しに戻す。1-1の同点で試合を折り返すと、仙台のFP松木裕功が29分にゴールネットを揺らして勝ち越しに成功。このゴールを最後まで守り切った仙台が7試合ぶりの白星を飾り、最下位から10位に浮上した。 ◆エスポラーダ北海道vsバルドラール浦安 ▽試合は開始早々、アウェイの浦安にアクシデント。2分にFPディドゥダがレッドカードを提示されていきなり一人少ない状況を強いられる。するとこれを契機に攻勢を強めた北海道が3分にFP室田翔伍のゴールで先制に成功する。出鼻をくじかれた浦安は、反撃に出る。すると10分、FP中島孝が今シーズン初ゴールを記録して浦安が試合を振り出しに戻す。 ◆名古屋オーシャンズvs湘南ベルマーレ ▽試合は開始直後、湘南がFP内村俊太の電光石火のゴールで先制に成功すると、湘南は7分、14分と名古屋のオウンゴールを誘発して試合を一気に3-0にする。しかし、首位の名古屋がここから反撃。湘南が15分に第5ファウルを犯すと、18分に名古屋が第2PKを獲得し、キッカーのFP西谷良介が決めて1点を返す。さらに19分、FP酒井ラファエル良男がゴールを奪い、前半のうちに1点差に詰め寄る。3-2で迎えた後半、1点を追いかける名古屋が22分にPFラファがゴールを奪って試合を同点にすると、33分に吉川が逆転ゴールを決めて試合を引っくり返す。試合終盤、逆転を許した湘南はパワープレーを開始したが、最後までゴールは生まれずそのまま試合終了。3点差をひっくり返した首位の名古屋が連敗を阻止した。一方の湘南は連勝が「4」でストップしている。 ◆ペスカドーラ町田vs府中アスレティックFC<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20171015_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽今季2度目の東京ダービーは、12分にセットプレーの流れからFP室田祐希のゴールでホームの町田が先行する。そのまま前半を終えると、22分にはFP渡邉知晃がリーグ記録となる11試合連続ゴールで府中が試合を振り出しに戻した。その後は1点ずつを取り合い、迎えた36分にFP森岡薫の豪快なボレーシュートが突き刺さり、町田が3度目のリードを手にする。府中はすぐさまパワープレーに出ると、渡邉がハットトリックとなる3点目を奪取。ホームで負けられない町田がすぐさまパワープレーに入るが、そのまま終了を迎えダービーらしい激しい一戦は勝ち点を分け合う結果に終わった。 2017.10.15 21:32 Sun
twitterfacebook
thumb

浜松が大阪に競り勝ち10試合ぶり白星! 大阪は苦しい3連敗…《DUARIG Fリーグ》

▽14日に浜松アリーナでDUARIG Fリーグ2017/2018第21節のアグレミーナ浜松vsシュライカー大阪が行われ、4-3で浜松が勝利した。 ▽前節のデウソン神戸戦を1-1で引き分けて2戦連続ドロー中の浜松と、前節の湘南ベルマーレ戦を2-7で敗れて連敗を喫した大阪が激突した。試合は5分、ホームの浜松がオウンゴールで先制に成功する。さらに浜松は15分にFPフィネオ・アラウージョが追加点を奪い、昨季王者相手に2点リードして試合を折り返す。 ▽後半に入ると、大阪が猛反撃を見せる。22分にFPヴィニシウスが一点を返すと、23分にもFP小曽戸允哉がゴールネットを揺らして試合を振り出しに戻す。しかし、浜松はFP前鈍内マティアスエルナンが34分、35分と立て続けにゴールを奪い、試合を一気に4-2にする。このままでは終われない大阪は直後にパワープレーを開始し、FP小曽戸允哉が一点を返したが反撃はここまで。大阪に競り勝った浜松が10試合ぶり白星を飾った。 2017.10.14 23:01 Sat
twitterfacebook
thumb

ディドゥダの残り1秒弾で浦安が劇的逆転勝利で連勝! 6連敗の仙台は最下位転落《DUARIG Fリーグ》

▽9日にDUARIG Fリーグ2017/2018第20節の2試合が行われた。 ▽アグレミーナ浜松vsデウソン神戸は、1-1のドロー。ヴォスクオーレ仙台vsバルドラール浦安は、5-4で浦安が勝利した。 ◆アグレミーナ浜松vsデウソン神戸 ▽浜松アリーナで行われた一戦は、前半終盤の15分に浜松がピヴォ当てを受けたFPジョン・レノンが巧みな反転からGKとの一対一を迎えるが決めきることができない。するとこのピンチを凌いだ神戸が19分にカウンターからFP水田貴明がゴールネットを揺らす。1-0で神戸がリードしたまま迎えた後半終盤、攻勢を続ける浜松のFP山元優典がFPフィネオ・アラウージョとのパス交換から左足を振り抜いて試合を振り出しに戻す。その後も浜松が逆転を目指して相手ゴールに迫ったが、ゴールは生まれず試合終了。1-1の引き分けで勝ち点1を分け合った。 ◆ヴォスクオーレ仙台vsバルドラール浦安 ▽ゼビオアリーナ仙台で行われた一戦は7分、ボックス内でのハンドを誘発した仙台がFPノエのPKで先制する。先制を許した浦安も反撃。10分にFP荒牧太郎がゴールを決めて試合を振り出しに戻すと、12分にはFP石田健太郎が追加点を奪い、わずか2分間で逆転に成功する。しかし、仙台も一歩も引かない。直後、セットプレイからFPアレックスがゴールを決めて試合は再び同点に。さらに、FP南本晶がゴールネットを揺らしてついに仙台が逆転に成功する。後半に入ると試合は激しさを増し、23分に浦安のFP荒牧太郎、25分には仙台のFP堀内迪弥が1点ずつを取り合って試合は4-3に。後半終盤、このままでは終われない浦安がパワープレーを開始。すると38分にFP加藤竜馬のゴールで試合を振り出しに戻すと、逆転に向けて攻勢を続ける浦安は、FPディドゥダが試合終了1秒前にゴールネットを揺らして試合終了。土壇場のゴールで逆転勝利を収めた浦安が連勝。一方、6連敗を喫した仙台は最下位転落となった。 2017.10.09 20:06 Mon
twitterfacebook
thumb

2位・町田が3連勝!! 首位・名古屋はすみだにリーグ戦初黒星で両者の勝ち点差は5に縮まる!《DUARIG Fリーグ》

▽8日にDUARIG Fリーグ2017/2018第20節の2試合が行われた。 ▽エスポラーダ北海道vsペスカドーラ町田は1-4で町田が勝利。名古屋オーシャンズvsフウガドールすみだは3-7ですみだが勝利した。この結果、首位の名古屋と2位の町田の勝ち点差は5に縮まっている。 ◆エスポラーダ北海道vsペスカドーラ町田 ▽苫小牧で行われた一戦は、立ち上がりから町田がゴールを重ねていく。13分にFPダニエル・サカイの強烈なミドルシュートで先制すると、14分にFP森岡薫、16分にFP横江怜が続けてネットを揺らした。追いかける北海道は後半開始早々にFP田辺陸が反撃ののろしを揚げる。しかしその後はゴールが奪えず、逆に試合終了間際には森岡にこの日2点目を奪われ1-4で終了。勝利した町田は3連勝を飾った。 ◆名古屋オーシャンズvsエスポラーダ北海道 ▽これまでに数々の名勝負を生んできた両チームの一戦だったが、思わぬ結果となる。3分にFP渡井博之がFKを直接叩き込んですみだが先行すると、4分には相手のミスを見逃さなかったFP清水和也が追加点を奪う。名古屋も9分にFPルイジーニョがゴールを奪って前半は1-2で終えた。 ▽すると後半、すみだは22分にFP宮崎暁のゴールで名古屋を引き離す。すると23分にはルイジーニョがこの日2度目の警告で退場となると、数的優位のすみだは23分に清水が2点目を奪う。数的同数に戻った名古屋は、すぐさまパワープレーに入るが攻撃の糸口を見つけられず。すると28分にFP岡村康平、32分にFPボラ、32分に再び岡村がネットを揺らし、すみだが7-1と大差をつける。名古屋はパワープレーをやめると、33分にFP齋藤功一、橋本優也が連続でゴールを奪うが反撃もここまで。すみだがFリーグ参入以来、リーグ戦での名古屋戦初勝利。一方の名古屋は今季初の7失点で2位の町田との勝ち点差は5に縮まった。 2017.10.08 18:44 Sun
twitterfacebook
thumb

JリーグとFリーグの共演!! 湘南ベルマーレが大応援団の声援を受けてPOを争う大阪に大勝!!《DUARIG Fリーグ》

▽7日にDUARIG Fリーグ2017/2018第20節の2試合が行われた。 ▽湘南ベルマーレと府中アスレティックFCの共同開催で、トッケイセキュリティ平塚総合体育館で行われた。この日は明治安田生命J2リーグ第26節の湘南ベルマーレvs水戸ホーリーホックが、Shonan BMWスタジアムで行われており、JとFの共同開催ともなった。 ▽第1試合の府中アスレティックFCvsバサジィ大分は3-2で府中が勝利。第2試合の湘南ベルマーレvsシュライカー大阪は7-2で湘南が勝利した。 ◆府中アスレティックFCvsバサジィ大分 ▽3試合ぶりの白星を目指す府中と、8試合ぶりの勝利を目指す大分の一戦は、6分にFP上福元俊哉が個人技からゴールを奪いきり府中が先制。しかし大分も10分にカウンターからFP石関聖がネットを揺らして同点で前半を終える。迎えた22分にはセットプレーからFP田村龍太郎が勝ち越しゴールを奪った。追いかける展開となった府中は26分、ゴール正面のFKをFP皆本晃が直接叩き込む。さらに31分には特練ランキングトップに立つFP渡邉知晃が10試合連続となるゴールで試合をひっくり返した。終盤は大分がパワープレーからチャンスを作るがゴールは奪えずに終了。府中が3試合ぶりの白星を飾った。 ◆湘南ベルマーレvsシュライカー大阪 ▽第2試合前にはShonan BMWスタジアムで行われた湘南ベルマーレvs水戸ホーリーホックを観戦したサポーターたちが大勢詰め掛けた。アリーナのほとんどを湘南ベルマーレのユニフォームを着たサポーターが埋め尽くす中で開始された一戦は、声援を受けて湘南が主導権を握る。しかし8分にFPチアゴ、10分にFPアルトゥールのゴールで大阪が先行する。湘南は14分にFP林田フェリペ良孝が1点を返して前半を終えると、後半は26分にFP小門勇太が同点ゴールを奪取。さらに36分にはFP植松晃都が逆転ゴールを奪い、会場のボルテージは最高潮へ。大阪は失点後からパワープレーに出るが、そこから4つのパワープレー返しがl決まり、湘南が大阪に7-2と大勝した。 2017.10.07 22:31 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース