新たな歴史のページを開くFリーグが開幕!! 大阪の連覇か名古屋の奪還か!!《DUARIG Fリーグ》2017.06.08 21:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽今月10日、11日にDUARIG Fリーグ2017/2018が東京・国立代々木競技場第一体育館で開幕を迎える。節目となる10年目を迎えた昨シーズンは、絶対王者・名古屋オーシャンズの牙城を崩し、シュライカー大阪が初優勝を飾った。新たな歴史の幕開けとなった今シーズン。大阪が初の連覇で新たな絶対王者となるのか――。名古屋が王座奪還を達成するのか――。それとも新たなクラブがその名を刻むのか――。

◆新たな絶対王者となれるか~シュラカー大阪~
(C)CWS Brains,LTD.
▽リーグ戦33試合で186ゴール、1試合平均約6ゴール――。破壊力抜群の攻撃力を武器にあらゆるチームをなぎ倒し、王者に相応しい戦いを見せた大阪。日本人監督として初のリーグ優勝に導いた木暮賢一郎監督は「一度優勝したことで、クラブとして勝ち続ける。勝者のメンタリティを伝統とすることが大事」と新たな絶対王者の誕生に向けてリーグ連覇に意気込む。

▽戦力面では、長年チームを支えたFP村上哲哉、FP奥田亘らベテランが引退。守備的な2選手が退団した一方で、エスポラーダ北海道からドリブラーであるFP堀米将太、デウソン神戸から点取り屋のFP相井忍、バサジィ大分からは日本代表にも選出された経験があるFP芝野創太といったオフェンシブな選手を獲得。今シーズンも明確に“攻撃の大阪”を印象付ける補強となった。

▽既存メンバーでもFPヴィニシウス、FPアルトゥール、FPチアゴのブラジル人トリオ、日本代表FP小曽戸允哉、現在は負傷中の日本代表FP加藤未渚実ら昨シーズンの優勝を支えた選手や、昨季終盤からチームに昇格したFP仁井貴仁といったサテライト上がりの選手にも注目だ。既存の選手と新加入選手を木暮監督が融合できれば、さらに強力な大阪が誕生することになるだろう。

◆継続路線で初タイトルへ~ペスカドーラ町田~
(C)CWS Brains,LTD.
▽プレーオフFinal Roundでは、リーグ戦で破壊的な強さを見せた大阪を相手に初戦を取り、あと一歩のところまで追いつめた。新シーズンこそ、初のFリーグタイトルを獲得したいところだ。

▽そんな中、チームは新シーズンに向けて大きな補強を行わず、岡山孝介監督の下で継続したシーズンを迎える。しかし、チームには多くの刺激もあり、名古屋時代にもキャプテンを務めたことがなかったFP森岡薫がチームの先頭に立つことに。さらに、昨シーズン森岡がつけていたナンバー10は、成長著しいFP中井健介が着用。また、先日行われたオーシャンカップ2017では、FP西村祐飛、FP宮崎貴史、FP新倉康明ら下部組織上がりの選手たちに多くの出場時間を与えた。

▽一方で、ここ数シーズンは主力のケガに悩まされている。昨シーズンは日本代表GKピレス・イゴールと森岡といった攻守の軸の不在が響いた。新シーズンもすでに日本代表FP滝田学が長期離脱。ベテラン組もケガが目立つ状況となっている。初優勝に向けて、チームスタッフたちのメディカルコントロールも重要となる。

◆王座奪還へ~名古屋オーシャンズ~
(C)CWS Brains,LTD.
▽10連覇を目指した昨シーズンは、逆に多くのものを失ったシーズンとなった。王座を取り返すため、ストーブリーグでは積極的かつ効果的に補強を進め、フウガドールすみだから日本代表FP西谷良介を獲得。さらにブラジル代表FPラファ、FPペピータといった世界的な選手の獲得にも成功するなど、本気でタイトル奪還を目指す。

▽“新たな10年”に向けてスタートを切った名古屋は、オーシャンカップ2017中に新戦力のペピータをケガで失ってしまう。それでも、西谷、ラファの新戦力に加え、FP星龍太、FP橋本優也などの活躍もあり今季初タイトルを獲得するなど順調なスタートを切った。

▽少数精鋭のチーム編成のため、これ以上主力にケガ人が出ると苦しくなるが、間違いなく打倒・大阪の筆頭といえる。

◆戦力ダウンを若手で補う~府中アスレティックFC&フウガドールすみだ~
(C)CWS Brains,LTD.
▽昨シーズンのプレーオフに出場した2チームは、新シーズンは苦しいスタートになるかもしれない。府中はFP小山剛史、FP永島俊といった主力が退団。すみだはFP太見寿人が現役を引退し、ゲームメーカーの西谷も名古屋に移籍した。両チームともに昨シーズン以上の成績を残すためには、新チームとしての成熟度がカギを握る。

▽府中は、2年目を迎える鹿島アントラーズユース出身のFP内田隼太、下部組織から昇格したFP花嶋悠ら若手に期待。すみだも、名古屋オーシャンズサテライトから獲得したFP大薗諒などの若手に加え、日本代表FP清水和也が真のエースに成長することが求められる。

◆かつての代表戦士が指揮官に~バルドラール浦安&デウソン神戸~
(C)CWS Brains,LTD.
▽新シーズンに向けて新監督が就任した両チーム。浦安は日本代表でも活躍した高橋健介氏が指揮官に就任した。オーシャンカップ2017では、苦しい戦いを強いられつつも、今シーズンのキーワードとしている「ハードワーク」を体現できたことで決勝に勝ち進んだ。そのベースから、さらに高橋監督が求めるフットサルを体現できるようになるかが1つの大きなポイントとなる。

▽一方の神戸は、昨シーズン限りで現役を引退した鈴村拓也氏が指揮官に就任したが、道のりは険しいと言える。これまで神戸一筋だった、FP原田浩平がバサジィ大分へ、昨シーズン日本人最多得点の相井を大阪に引き抜かれることに。今シーズンから10番を背負うFP稲田瑞穂の負担は大きなものとなるだろう。

◆大改革~バサジィ大分&エスポラーダ北海道~
(C)CWS Brains,LTD.
▽クラブ史上最低となる8位でシーズンを終えた大分。主力だった芝野やFPディドゥダが退団し、名古屋からFP田村研人、神戸から原田らを獲得するなど、今シーズンは血の入れ替えを行った。FP仁部屋和弘、FP白方秀和といった主力と新戦力の融合に加え、FP森村孝志ら中堅の奮起が必要となる。

▽北海道は主力の堀米を大阪に引き抜かれたが、退団は最小限に留めた。そんな中、小野寺隆彦監督はこれまで信頼してキャプテンを任せてきたFP高山剛寛から2年目のFP酒井遼太郎に代えた。若い力でチームを引っ張れるかに注目だ。

◆逆襲のシーズンに~湘南ベルマーレ&アグレミーナ浜松&ヴォスクオーレ仙台~
(C)CWS Brains,LTD.
▽昨シーズン下位に沈んだ3チームは虎視眈々と巻き返しを狙う。湘南は横澤直樹監督から奥村敬人監督に交代。昨シーズンの主力メンバーを残留させ、下部組織から関東フットサルリーグ2部でMVPを獲得したFP内村俊太らを昇格させた。オーシャンカップ2017でもベスト4に勝ち進むなど、今シーズンの台風の目となる可能性を秘めている。

▽アグレミーナ浜松は、名古屋を退団したFP中村友亮が3シーズンぶりに復帰。さらに日本代表FP前鈍内マティアスエルナンを獲得するなど積極補強を行った。FC琉球でプロサッカー選手としてプレーしていたFP松浦勇武を新キャプテンに据え、まずはプレーオフ圏内を目指す。

▽2シーズン連続で最下位の仙台は、ホセ・フェルナンデス政権集大成となる3シーズン目を迎える。過去2シーズンは不甲斐ない戦いが続いたが、「この2シーズンはトレーニング。今シーズンは結果が出ないといけない」と指揮官も覚悟を持って臨む。選手では、U-25日本代表に選出されたFP堀内迪弥に期待。スコアラーとしてどれだけのゴールを奪えるかに注目だ。
◆JSPORTSではFリーグ開幕節を生放送!
▽6月11日(日)
《11:50〜》
フウガドールすみだ vs バサジィ大分
名古屋オーシャンズ vs 府中アスレティックFC
湘南ベルマーレ vs ヴォスクオーレ仙台
[JSPORTS 4]

▽6月10日(土)
《20:00》
シュライカー大阪 vs エスポラーダ北海道
《22:00》
ペスカドーラ町田 vs デウソン神戸
《24:00》
バルドラール浦安 vs アグレミーナ浜松
[JSPORTS 2]
※初回放送

コメント

関連ニュース

thumb

府中の日本代表FP渡邉知晃がリーグ記録の11試合連続ゴール!! 白熱の東京ダービーはドロー決着!!《DUARIG Fリーグ》

▽15日にDUARIG Fリーグ2017/2018第21節の4試合が行われた。 ▽バサジィ大分vsヴォスクオーレ仙台は2-1で仙台が、名古屋オーシャンズvs湘南ベルマーレは4-3で名古屋が勝利。エスポラーダ北海道vsバルドラール浦安は1-1、ペスカドーラ町田vs府中アスレティックFCは3-3のドローに終わった。 ◆バサジィ大分vsヴォスクオーレ仙台 ▽試合は6分、アウェイの仙台がFPアレックスのゴールで先制に成功する。一方、ホームの大分も16分にFP藤川朋樹がゴールを奪い、試合を振り出しに戻す。1-1の同点で試合を折り返すと、仙台のFP松木裕功が29分にゴールネットを揺らして勝ち越しに成功。このゴールを最後まで守り切った仙台が7試合ぶりの白星を飾り、最下位から10位に浮上した。 ◆エスポラーダ北海道vsバルドラール浦安 ▽試合は開始早々、アウェイの浦安にアクシデント。2分にFPディドゥダがレッドカードを提示されていきなり一人少ない状況を強いられる。するとこれを契機に攻勢を強めた北海道が3分にFP室田翔伍のゴールで先制に成功する。出鼻をくじかれた浦安は、反撃に出る。すると10分、FP中島孝が今シーズン初ゴールを記録して浦安が試合を振り出しに戻す。 ◆名古屋オーシャンズvs湘南ベルマーレ ▽試合は開始直後、湘南がFP内村俊太の電光石火のゴールで先制に成功すると、湘南は7分、14分と名古屋のオウンゴールを誘発して試合を一気に3-0にする。しかし、首位の名古屋がここから反撃。湘南が15分に第5ファウルを犯すと、18分に名古屋が第2PKを獲得し、キッカーのFP西谷良介が決めて1点を返す。さらに19分、FP酒井ラファエル良男がゴールを奪い、前半のうちに1点差に詰め寄る。3-2で迎えた後半、1点を追いかける名古屋が22分にPFラファがゴールを奪って試合を同点にすると、33分に吉川が逆転ゴールを決めて試合を引っくり返す。試合終盤、逆転を許した湘南はパワープレーを開始したが、最後までゴールは生まれずそのまま試合終了。3点差をひっくり返した首位の名古屋が連敗を阻止した。一方の湘南は連勝が「4」でストップしている。 ◆ペスカドーラ町田vs府中アスレティックFC<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20171015_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽今季2度目の東京ダービーは、12分にセットプレーの流れからFP室田祐希のゴールでホームの町田が先行する。そのまま前半を終えると、22分にはFP渡邉知晃がリーグ記録となる11試合連続ゴールで府中が試合を振り出しに戻した。その後は1点ずつを取り合い、迎えた36分にFP森岡薫の豪快なボレーシュートが突き刺さり、町田が3度目のリードを手にする。府中はすぐさまパワープレーに出ると、渡邉がハットトリックとなる3点目を奪取。ホームで負けられない町田がすぐさまパワープレーに入るが、そのまま終了を迎えダービーらしい激しい一戦は勝ち点を分け合う結果に終わった。 2017.10.15 21:32 Sun
twitterfacebook
thumb

浜松が大阪に競り勝ち10試合ぶり白星! 大阪は苦しい3連敗…《DUARIG Fリーグ》

▽14日に浜松アリーナでDUARIG Fリーグ2017/2018第21節のアグレミーナ浜松vsシュライカー大阪が行われ、4-3で浜松が勝利した。 ▽前節のデウソン神戸戦を1-1で引き分けて2戦連続ドロー中の浜松と、前節の湘南ベルマーレ戦を2-7で敗れて連敗を喫した大阪が激突した。試合は5分、ホームの浜松がオウンゴールで先制に成功する。さらに浜松は15分にFPフィネオ・アラウージョが追加点を奪い、昨季王者相手に2点リードして試合を折り返す。 ▽後半に入ると、大阪が猛反撃を見せる。22分にFPヴィニシウスが一点を返すと、23分にもFP小曽戸允哉がゴールネットを揺らして試合を振り出しに戻す。しかし、浜松はFP前鈍内マティアスエルナンが34分、35分と立て続けにゴールを奪い、試合を一気に4-2にする。このままでは終われない大阪は直後にパワープレーを開始し、FP小曽戸允哉が一点を返したが反撃はここまで。大阪に競り勝った浜松が10試合ぶり白星を飾った。 2017.10.14 23:01 Sat
twitterfacebook
thumb

ディドゥダの残り1秒弾で浦安が劇的逆転勝利で連勝! 6連敗の仙台は最下位転落《DUARIG Fリーグ》

▽9日にDUARIG Fリーグ2017/2018第20節の2試合が行われた。 ▽アグレミーナ浜松vsデウソン神戸は、1-1のドロー。ヴォスクオーレ仙台vsバルドラール浦安は、5-4で浦安が勝利した。 ◆アグレミーナ浜松vsデウソン神戸 ▽浜松アリーナで行われた一戦は、前半終盤の15分に浜松がピヴォ当てを受けたFPジョン・レノンが巧みな反転からGKとの一対一を迎えるが決めきることができない。するとこのピンチを凌いだ神戸が19分にカウンターからFP水田貴明がゴールネットを揺らす。1-0で神戸がリードしたまま迎えた後半終盤、攻勢を続ける浜松のFP山元優典がFPフィネオ・アラウージョとのパス交換から左足を振り抜いて試合を振り出しに戻す。その後も浜松が逆転を目指して相手ゴールに迫ったが、ゴールは生まれず試合終了。1-1の引き分けで勝ち点1を分け合った。 ◆ヴォスクオーレ仙台vsバルドラール浦安 ▽ゼビオアリーナ仙台で行われた一戦は7分、ボックス内でのハンドを誘発した仙台がFPノエのPKで先制する。先制を許した浦安も反撃。10分にFP荒牧太郎がゴールを決めて試合を振り出しに戻すと、12分にはFP石田健太郎が追加点を奪い、わずか2分間で逆転に成功する。しかし、仙台も一歩も引かない。直後、セットプレイからFPアレックスがゴールを決めて試合は再び同点に。さらに、FP南本晶がゴールネットを揺らしてついに仙台が逆転に成功する。後半に入ると試合は激しさを増し、23分に浦安のFP荒牧太郎、25分には仙台のFP堀内迪弥が1点ずつを取り合って試合は4-3に。後半終盤、このままでは終われない浦安がパワープレーを開始。すると38分にFP加藤竜馬のゴールで試合を振り出しに戻すと、逆転に向けて攻勢を続ける浦安は、FPディドゥダが試合終了1秒前にゴールネットを揺らして試合終了。土壇場のゴールで逆転勝利を収めた浦安が連勝。一方、6連敗を喫した仙台は最下位転落となった。 2017.10.09 20:06 Mon
twitterfacebook
thumb

2位・町田が3連勝!! 首位・名古屋はすみだにリーグ戦初黒星で両者の勝ち点差は5に縮まる!《DUARIG Fリーグ》

▽8日にDUARIG Fリーグ2017/2018第20節の2試合が行われた。 ▽エスポラーダ北海道vsペスカドーラ町田は1-4で町田が勝利。名古屋オーシャンズvsフウガドールすみだは3-7ですみだが勝利した。この結果、首位の名古屋と2位の町田の勝ち点差は5に縮まっている。 ◆エスポラーダ北海道vsペスカドーラ町田 ▽苫小牧で行われた一戦は、立ち上がりから町田がゴールを重ねていく。13分にFPダニエル・サカイの強烈なミドルシュートで先制すると、14分にFP森岡薫、16分にFP横江怜が続けてネットを揺らした。追いかける北海道は後半開始早々にFP田辺陸が反撃ののろしを揚げる。しかしその後はゴールが奪えず、逆に試合終了間際には森岡にこの日2点目を奪われ1-4で終了。勝利した町田は3連勝を飾った。 ◆名古屋オーシャンズvsエスポラーダ北海道 ▽これまでに数々の名勝負を生んできた両チームの一戦だったが、思わぬ結果となる。3分にFP渡井博之がFKを直接叩き込んですみだが先行すると、4分には相手のミスを見逃さなかったFP清水和也が追加点を奪う。名古屋も9分にFPルイジーニョがゴールを奪って前半は1-2で終えた。 ▽すると後半、すみだは22分にFP宮崎暁のゴールで名古屋を引き離す。すると23分にはルイジーニョがこの日2度目の警告で退場となると、数的優位のすみだは23分に清水が2点目を奪う。数的同数に戻った名古屋は、すぐさまパワープレーに入るが攻撃の糸口を見つけられず。すると28分にFP岡村康平、32分にFPボラ、32分に再び岡村がネットを揺らし、すみだが7-1と大差をつける。名古屋はパワープレーをやめると、33分にFP齋藤功一、橋本優也が連続でゴールを奪うが反撃もここまで。すみだがFリーグ参入以来、リーグ戦での名古屋戦初勝利。一方の名古屋は今季初の7失点で2位の町田との勝ち点差は5に縮まった。 2017.10.08 18:44 Sun
twitterfacebook
thumb

JリーグとFリーグの共演!! 湘南ベルマーレが大応援団の声援を受けてPOを争う大阪に大勝!!《DUARIG Fリーグ》

▽7日にDUARIG Fリーグ2017/2018第20節の2試合が行われた。 ▽湘南ベルマーレと府中アスレティックFCの共同開催で、トッケイセキュリティ平塚総合体育館で行われた。この日は明治安田生命J2リーグ第26節の湘南ベルマーレvs水戸ホーリーホックが、Shonan BMWスタジアムで行われており、JとFの共同開催ともなった。 ▽第1試合の府中アスレティックFCvsバサジィ大分は3-2で府中が勝利。第2試合の湘南ベルマーレvsシュライカー大阪は7-2で湘南が勝利した。 ◆府中アスレティックFCvsバサジィ大分 ▽3試合ぶりの白星を目指す府中と、8試合ぶりの勝利を目指す大分の一戦は、6分にFP上福元俊哉が個人技からゴールを奪いきり府中が先制。しかし大分も10分にカウンターからFP石関聖がネットを揺らして同点で前半を終える。迎えた22分にはセットプレーからFP田村龍太郎が勝ち越しゴールを奪った。追いかける展開となった府中は26分、ゴール正面のFKをFP皆本晃が直接叩き込む。さらに31分には特練ランキングトップに立つFP渡邉知晃が10試合連続となるゴールで試合をひっくり返した。終盤は大分がパワープレーからチャンスを作るがゴールは奪えずに終了。府中が3試合ぶりの白星を飾った。 ◆湘南ベルマーレvsシュライカー大阪 ▽第2試合前にはShonan BMWスタジアムで行われた湘南ベルマーレvs水戸ホーリーホックを観戦したサポーターたちが大勢詰め掛けた。アリーナのほとんどを湘南ベルマーレのユニフォームを着たサポーターが埋め尽くす中で開始された一戦は、声援を受けて湘南が主導権を握る。しかし8分にFPチアゴ、10分にFPアルトゥールのゴールで大阪が先行する。湘南は14分にFP林田フェリペ良孝が1点を返して前半を終えると、後半は26分にFP小門勇太が同点ゴールを奪取。さらに36分にはFP植松晃都が逆転ゴールを奪い、会場のボルテージは最高潮へ。大阪は失点後からパワープレーに出るが、そこから4つのパワープレー返しがl決まり、湘南が大阪に7-2と大勝した。 2017.10.07 22:31 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース