【フットサル大賞選考会④マン・オブ・ザ・シーズン】大賞は文句なしでアルトゥールに決定。「見ていてすごく面白かった」2017.05.29 12:03 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽国内の6つのフットサルメディアが立ち上げた「フットサル大賞」。既存の枠に捉われることなく、純粋に2016-2017シーズンを振り返り、フットサル界の現状を見ながら議論を交わすなかで生まれた特別賞は、前の記事でも触れた「がっかり賞」と、小曽戸允哉の「広報活動賞」、Fリーグ育成組織の選手の「未来賞」。そして、長時間の話し合いの最後に、大賞の「マン・オブ・ザ・シーズン」は満場一致でアルトゥールに決定した。選考審査の模様を全4回にわたって掲載する、第4回目。これを読めば、新シーズンの開幕が待ち遠しくなることは、間違いない──。

■本文
【フットサル大賞選考審査参加者】
菊地芳樹(ストライカーDX)※審査委員長
太田武志(フットサルナビ)
河合拓(FutsalX)
川嶋正隆(超ワールドサッカー)
軍記ひろし(Futsalgraphic)
本田好伸(FutsalEDGE)

【特別賞/広報活動賞】
◆アカウント運用を依頼したいくらい優秀で誠実な小曽戸允哉
(C)CWS Brains,LTD.
菊地:では続いて、他にも何か特別賞をつくりますか?
太田:やっぱり、小曽戸允哉にはぜひ賞をあげたいですよね。ファンサービスというか、発信力の部分で。
川嶋:本当に毎回、あれだけ小まめにやってますからね。

本田:もはや媒体のアカウント運用をお願いしたいくらい、すごく優秀で誠実な人だと思います。
軍記:まさか、試合レポートとかもしてるの?
川嶋:さすがにそこまでは(笑)。

菊地:それをやってたら、「ベストプレビュー賞」ですよ。
川嶋:日程とか、週末の試合に向けた告知ですね。でも、現役選手であれだけやっているのがすごい。
河合:しかも、息切れしないで続けているからね。

本田:本当に、かゆいところに手が届く感じです。
菊地:「ベストホスピタリティー賞」?
太田:意味合いとしては、実直なキャラクターにも合うし、「広報活動賞」ですかね。
菊地:では、広報活動賞は小曽戸に決定します!

【特別賞/未来賞】
◆育成年代の裾野はこの10年で確実に広がってきた

菊地:では、引退した選手の話題はどうでしょうか?
軍記:「功労賞」みたいなものをつくります?:でも、シーズン終了前に発表していた選手以外にも、本当にたくさん辞めてるし、評価がすごく難しい。

本田:特定の選手っていうことでもないですからね。
菊地:引退した皆さん、ですね。誰に決めることはできないけど、これまでのフットサル界を支えてきた選手たちが、間違いなくいました。

本田:でも、示し合わせたわけじゃないのに、どうしてこんなに多かったんでしょうか?
河合:ワールドカップイヤーで、しかもリーグ創設から10年というのは区切りだったんじゃないかな。

太田:功労者だとは言え、リーグとして代わり映えしない面もあったから、いよいよ新陳代謝が始まっているってことなのかもしれない。

本田:でも、最後のシーズンにバリバリやっていた選手も多かったし、若い世代に押し出されたっていう印象はないですよね。やろうと思えば、まだまだできたんじゃないかなって思うほど。

河合:下からの突き上げがあって辞めるわけじゃないのは、残念だよね。
菊地:育成はまだ完全に成功しているわけじゃないから、好循環ではない。日本フットサルの場合は、たまたま良い世代がいて、それが集まってまた一時代を築いていくってパターンが合っているんだろうか。

軍記:今は、若い選手も辞めてますよね。大阪の水上洋人は話題になったけど、彼らの行動って、やっぱり今のフットサル界に対しての“抗議"みたいな意味合いもあると思います。
本田:それはあるでしょうね。でも言葉として「引退」って言っちゃうのは、ちょっと寂しい感じです。

菊地:結局、その後で地域リーグとかで続けているケースもこれまではあったし、Fリーグに復帰した例もある。“アマチュア"に引退はないからね。

本田:今、育成の話が出ましたけど、若くて辞めちゃう選手がいる一方で、少しずつ若い選手が出てきているのも事実です。名古屋は以前からそうでしたが、今は浦安やすみだ、府中、町田、大阪の育成組織には、ポテンシャルの高い選手も入ってきてます。北海道や湘南なんかもそうでしょうか。そういう育成組織出身の選手が少しずつトップで成長していけば、いきなりは無理かもしれないけど、この先、今まで以上にFリーグが高いレベルに到達できるかもしれない。

河合:アンダー世代の代表ができて、アジアでもU-20の大会ができたから、それは一つのモチベーションになる。今までならやってなかったような選手が引き付けられてますよね。それに、水上のようなレベルの選手って、これまでフットサルをしてなかった。要するに、引退後を考えずに専念できる家庭環境を持つ選手が多かったのが、ちゃんと自分で生活を考えないといけない選手も始めてるってこと。だからこそ、10年後を見据えるとこれではきついよねってなる。これは裾野が広がってきたと言うことができると思いますよ。だからこそ、フットサルが仕事の一つなるように、各クラブがどうしていくかを真剣に考える時期にきた。

軍記:裾野が広がってきたって言えるのかな?
河合:そこは、各クラブの育成組織もしっかりしてきて、そういう世代のチームが出る大会もできたから。

菊地:大卒ではなく、高卒からダイレクトに育成組織に入る選手が増えたよね。

河合:例えば、今回のU-20 AFCフットサル選手権で代表に入った伊藤圭汰は、北海道の釧路でサッカーをやってきて、フットサルに触れないまま、全日本ユース(U-18)フットサル大会で全国大会を経験した。そこから代表に呼ばれて、「こんな世界があるんだ」って知って、本当は消防士になるつもりだったのに、ペスカドーラ町田アスピランチに入ったからね。そういう選手を拾える環境は少なからずできてきてる。

太田:ただ、裾野は広がりつつあるけど、チーム間の格差は広がってる。
河合:それはもう、各クラブの努力次第だよね。
太田:育成組織からトップに上げられる仕組みを整えつつあるクラブと、ほとんど手を付けられていないクラブと。この二極化は、この先もFリーグを続けていったら、もっと大きな差になる。

河合:ちゃんと運営しているクラブは、試合で利益を出せるから、試合が減ったら困るけど、逆に試合をすると体育館の使用料金がかさんで困るってことで、試合を減らしてほしいと言うクラブもあるし。

太田:新シーズンから、チャレンジリーグにすみだ、町田、名古屋の育成組織が入ったから、それは今後、若い選手がもっと揉まれていって、彼らが成長することでチーム力も上がって、将来的に、クラブはどんどん高いレベルになっていくんじゃないかな。そこに関しては、リーグの明るい展望だと思う。

菊地:それって、今まさに変わってきているところだから、「未来賞」ということでもあるね。
太田:やっぱり、前からちゃんとやってきた名古屋の育成組織出身の選手ってすごく多いし、質も高い。

河合:他のクラブがまだまだ動けてなかった頃からやってるしね。
太田:名古屋の育成組織は年齢制限があるんですよね。

河合:そうそう。大薗諒はそれで育成組織にいられなくなるから、フウガドールすみだに移籍した。
太田:他のクラブは、「育成組織」とは言え、「サテライト」、「アスピランチ」が意味する「2軍」だから、年齢制限ってないんじゃないかな。

軍記:名古屋の場合は、純粋に育成部門って感じだね。
太田:でも、名古屋だけの供給源だったのが、今では他のクラブも選手を供給できるようになった。これは間違いなく、リーグ10年間で発展してきたことですね。

本田:ちゃんと、積み上げてきたものが、形になってきた良い例だと思います。
菊地:では、未来賞は、「Fリーグ育成組織の選手」ということにしましょう。

◆右に出る者はいない、解説者・北原亘のクオリティー

菊地:そろそろこの選考審査も終盤ですが、まだ何かありますか?

本田:一つだけ触れたいのは、解説者としての北原亘。セントラル開催で「J SPORTS」が中継に入って、全日本選手権では「AbemaTV」がライブ配信しましたけど、そのときの北原のスタンスが素晴らしかった。フットサルを見ていない人をちゃんとイメージして語りながらも、選手のパーソナルな部分を話したりもしたし、必要であれば取材もしていたりして。

軍記:その貢献度は高かったよね。今、フットサル委員の一人でもあるけど、やっぱりフットサル界の現実をよく知っている分、どれくらい頑張らなきゃいけないかをすごく理解しているんだと思う。

菊地:そのまま、フットサル委員長へと上がって、協会のポストに就いて、フットサル界の中枢として、還元していってもらいたいよね。僕も解説をしてますが、あれは右に出る者はいないですよ。ホントにすごい。

太田:それと、AbemaTVのクオリティーの高さにはただただ感動した。新シーズンに向けたもう一つの明るい話題はそれじゃないですかね。映像の乱れとかもないし、画質もそうだし、シュートを打った選手の顔がアップになって選手情報が出たりして。今までにないレベルですよ。

川嶋:その通りですね。J SPORTSはもちろん質が高いですから、新シーズンは両方で楽しんでもらうと良いですね。

【マン・オブ・ザ・シーズン】
◆本当に、アルトゥールのシーズンだった
(C)CWS Brains,LTD.
菊地:さて、いよいよ最後の大賞を決めましょう。
太田:これは僕から言わせてください。
一同:どうぞ。

太田:甲斐修侍でお願いします。以上です。
菊地:どうですか、皆さん?
本田:なぜですか?
太田:それは、甲斐修侍だからです。

河合:なるほど(笑)。でもあれだね、趣旨的にはシーズンのものだから。甲斐さんはやっぱり、何十年という貢献があって、昨シーズンに引退した。シーズンという捉え方では、甲斐さんじゃないかな。
軍記:甲斐さんがこの話題に出てきたら、もはや誰も勝てないでしょ。
川嶋:プレー面の活躍だけではなくて、象徴的ってことでは、甲斐さんも該当しますけどね……。

軍記:アルトゥール!
川嶋:アルトゥールですかね。
河合:アルトゥールか、木暮賢一郎監督だね。

菊地:これまでの流れだと、アルトゥールか、木暮賢一郎か、デス表紙でしょ。
一同:(笑)。

菊地:もしくは、「アルトゥール-チアゴライン」っていうのは?
太田:そういうの、うまいなぁ。でも、プレーにしちゃうとね。
本田:じゃあ、フットサル大賞は「アルトゥール-チアゴライン」です!:って、なんだそれって感じに(笑)。

菊地:それは間違いないね。
河合:いきなり、流行語のようになっちゃう。

本田:受けて決めるチアゴか、出し手のアルトゥールか。
太田:「アルトゥールの縦パス」、でも良いよね。「MVPは縦パスです!」。え、パス?:って。
川嶋:まさかの、MVPの「P」はパスの「P」という。

太田:それ、ボールが主役ですね。「SFIDA」の公式試合球「INFINITO(インフィニート)。昨シーズンは、ボールが良い仕事をした、と。
一同:(笑)。

菊地:もちろん、今後はそういうシーズンがあっても良いかもしれないけど……。じゃあ話を戻しますが、みなさん、アルトゥールですね。

太田:ここは文句なしだと思います。
本田:FリーグでMVPを獲れなくて、じゃあどこで獲るんだって、ここでしょ。

川嶋:リーグでも、満場一致だと思っていたから、選手もビックリしてましたよね。小曽戸も、「え、俺?」ってなってた。ヴィニシウスとかが、おめでとうって祝福してくれたことで、ようやく本人も喜びが出た感じ。
軍記:そこは、事前に知らないんだね。

川嶋:そういうことだと思います。ベスト5は知らされていると思いますけど。
河合:確かに、表彰式の後に話したら、「アルトゥールだと思っていたら俺だったのでビックリりしました」って。

本田:でも本当に、アルトゥールのシーズンでしたよ。
菊地:ああやってダイレクトで蹴っていいんだって思った。

太田:ピヴォ当てのダイレクトですね。あれって実は、かなり怖いと思います。勇気がいる。
菊地:基本的には、2タッチで回しているから、名古屋のような安定したパス回しもあるけど、そのリズムを崩してミスマッチを突くには、もちろんダイレクトが必要。でも、ミスも多くなるし、なかなかみんなやらない。それをドンドン入れていくから、見ていてすごく面白かった。

太田:大阪は、ちゃんとダイレクトのピヴォ当てのパターンがいくつかあって、それが確立していた。
本田:ジョガーダってやつですね。

菊地:では、マン・オブ・ザ・シーズンはアルトゥールで決定です!
一同:異論なしです。おめでとうございます!

【フットサル大賞2016-2017】
■選考対象期間:
2016年4月1日(金)〜2017年3月31日(金)
■選考対象者:
国外で活動する日本人を含む、国内選手および指導者、スタッフなど
■選考審査参加媒体:
菊地芳樹(ストライカーDX):※審査委員長
太田武志(フットサルナビ)
河合拓(FutsalX)
川嶋正隆(超ワールドサッカー)
軍記ひろし(Futsalgraphic)
本田好伸(FutsalEDGE)
■表彰::※所属クラブは2016-2017シーズン
「マン・オブ・ザ・シーズン」
アルトゥール(シュライカー大阪)

「ベスト5」
アルトゥール(シュライカー大阪)
チアゴ(シュライカー大阪)
中井健介(ペスカドーラ町田)
星龍太(名古屋オーシャンズ)
西谷良介(フウガドールすみだ)

「ベスト監督賞」
木暮賢一郎(シュライカー大阪)

「ブレイク賞」
加藤(シュライカー大阪)

■特別賞:
「広報活動賞」
小曽戸允哉(シュライカー大阪)

「未来賞」
Fリーグ育成組織の選手

「がっかり賞」
フットサル日本代表

コメント

関連ニュース

thumb

町田が北海道と引き分けるもPO出場決定!! 名古屋はすみだに9発快勝!!《DUARIG Fリーグ》

▽10日にDUARIG Fリーグ2017/2018第29節の4試合が行われた。 ▽バサジィ大分vsアグレミーナ浜松は4-3で大分が勝利。エスポラーダ北海道vsペスカドーラ町田は1-1のドローに終わり、名古屋オーシャンズvsフウガドールすみだの上位対決は9-1と大差をつけて名古屋が勝利した。ヴォスクオーレ仙台vsバルドラール浦安は、 ◆バサジィ大分vsアグレミーナ浜松 ▽3連敗中の大分と、指揮官交代後4戦無敗の浜松の一戦は、5分にFP前鈍内マティアスエルナン、6分、7分にフィネオ・アラウージョのゴールで好調の浜松がリードする。しかしここから大分が反撃に出ると、14分にFP田村研人のゴールで反撃開始。18分にはFP石関聖、20分にFP白方秀和のゴールで前半の内に同点とした。 ▽迎えた27分、大分はFP森村孝志のゴールで逆転に成功する。浜松は試合終盤にパワープレーに出たが、追いつくことはできずに試合は終了。大分がホーム最終戦で白星を飾った。 ◆エスポラーダ北海道vsペスカドーラ町田 ▽5連敗中の北海道と、プレーオフ出場に王手をかけている町田の一戦は、13分に大きく動く。まずは町田がFP中井健介のゴールで先行するが、直後にFP室田翔伍のゴールで北海道が同点に追いついた。 ▽後半は互いにチャンスを決めきれず。試合はそのまま終了を迎え、北海道はホーム最終戦を引き分けに終わった。アウェイの町田は勝ち点1を積み重ね、プレーオフ出場を決めている。 ◆名古屋オーシャンズvsフウガドールすみだ ▽前回の対戦ではすみだが7-3で勝利し、参入後、リーグ戦で初勝利を収めた。しかし今節は開始早々にFP西谷良介のゴールが決まると名古屋がすみだを圧倒。前半だけで6-0と名古屋が大差を付ける。 ▽後半は22分にFP渡井博之のゴールですみだが一矢報いるも、名古屋は攻撃の手を緩めず。終わってみればFPヴァルチーニョ、FPルイジーニョがそれぞれハットトリックを達成し9-1と大勝した。 ◆ヴォスクオーレ仙台vsバルドラール浦安 ▽クラブ記録に並ぶ3連勝を目指す仙台と、前節の6クラブ共同開催で連勝を飾るなど調子を上げている浦安の対戦。試合は4分にFPディドゥダ、6分にFP青山竜也がネットを揺らして浦安が先行する。 ▽そのまま前半を終えると30分にはFP中島孝のゴールで浦安が仙台を突き放した。仙台は失点直後からパワープレーを開始。しかし終了間際にはFP野村啓介のゴールが決まって勝負あり。浦安が仙台を下して3連勝を飾った。 ◆第29節結果 ▽12/10(日) バサジィ大分 4-3 アグレミーナ浜松 エスポラーダ北海道 1-1 ペスカドーラ町田 名古屋オーシャンズ 9-1 フウガドールすみだ ヴォスクオーレ仙台 0-4 バルドラール浦安 ▽12/8(金) シュライカー大阪 1-2 湘南ベルマーレ ▽12/9(土) デウソン神戸 3-3 府中アスレティックFC 2017.12.10 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

府中、土壇場に神戸に追いつかれ3戦未勝利《DUARIG Fリーグ》

▽9日にDUARIG Fリーグ2017/2018 第29節神戸vs府中がグリーンアリーナ神戸で行われ、3-3で引き分けた。 ▽前節、浜松と引き分けた神戸が、浦安に敗れた府中を迎えた一戦。試合は前半2分、皆本、渡邉が立て続けにシュートを放ち、神戸ゴールを脅かす。4分にはCKの流れから渡邉がシュートを打つが、これは右ポストを直撃する。直後、ゴール正面の位置でパスを受けた渡邉がシュート。GK小石峰の左脇を抜ける絶妙なシュートは神戸ゴールへ収まり、府中が先制する。 ▽対する神戸は8分、松宮が左サイドでボールを持つとそのままシュート。ボールはGKクロモトの手からこぼれ、ゴールマウスへ転がり同点に。神戸が試合を振り出しに戻す。 ▽再びスコアが動いたのは15分、キックインからのボールをペナルティエリア付近で受けたマルキーニョが、そのままシュートを突き刺した。1-2と府中のリードで前半を終える。 ▽後半開始早々、神戸はキックインの流れから稲田がゴール前で合わせるが、これはGKクロモトがセーブ。23分には森洸、松宮とパスつなぎ最後は右サイドから稲田がシュートを放っていく。直後、稲田が左サイドかでボールを持つと、相手選手をかわしてシュート、これが決まり神戸が再び同点に追いつく。 ▽一方の府中は28分、完山がGK小石峰と一対一の好機を得ると、冷静に決め勝ち越しに成功。 ▽神戸は川那部、森洸が府中ゴールに迫るもGKクロモトの好セーブが立ちはだかる。34分には、稲田が左サイドからカーブをかけたコントロールシュートを放つが、これはサイドかネットの外側に当たる。37分、岡崎チアゴをゴレイロの位置に入れパワープレーを開始。すると39分、稲田が同点ゴールを挙げる。 ▽後半残り30秒、府中はマルキーニョをゴレイロに置きパワープレーを始めるが、このまま試合は終了。神戸が土壇場で追いつき3-3で引き分けた。 2017.12.09 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

大阪に競り勝った湘南がクラブ史上初のプレーオフ進出《DUARIG Fリーグ》

▽8日にDUARIG Fリーグ2017/2018 第29節の大阪vs湘南が大阪市中央体育館で行われ、1-2で湘南が勝利した。 ▽6クラブ共同開催で、前節すみだに敗れた大阪が北海道に勝利した湘南を迎えた。湘南はこの試合で勝利すると、プレーオフ進出が決まる重要な一戦。前半、先にチャンスを作ったのは大阪。小曽戸からパスを受けた芝野がシュートを放っていく。これは惜しくもサイドネット。2分には、相井がペナルティエリア付近でボールを持ちシュートを放つが、湘南の選手が阻止する。 ▽対する湘南は3分、カウンターのチャンスから本田真琉虎洲が先制点を挙げる。直後には、再びカウンターから高溝が打ったシュートがポストを直撃。流れは徐々に湘南へ傾く。9分、ロドリゴが自陣から斜めのパスを出すと、前線で受けた小門がシュート。13分には、ロドリゴが相手選手をかわしてゴール正面の位置からシュートを放っていく。しかし、これはGK柿原がキャッチ。それでも18分、ペナルティエリア付近でFKを獲得すると、ロドリゴがシュートを突き刺し、湘南がリードを広げる。 ▽2点ビハインドの大阪は、前半終了間際に反撃弾。ヴィニシウスがヘディングシュートを叩き込み、1-2で前半を終える。 ▽後半に入り、立ち上がりから互いに譲らない展開になる。31分には、湘南がペナルティエリア付近でFKを獲得。小門のシュートは大阪の壁を直撃する。 ▽追いかける展開の大阪は、33分キックインの流れから小曽戸がゴールを狙うも、GKフィウーザがキャッチ。その後も大阪はチャンスで決め切ることができず、徐々にミスが増えていく。 ▽37分には、小曽戸をゴレイロの位置に入れパワープレーを開始。最後まで攻め続ける大阪だが、湘南のゴールを割ることはできず。1点のリードを守り切った湘南が勝利し、クラブ史上初となるプレーオフ進出を決めた。 ◆第29節結果 ▽12/8(金) シュライカー大阪 1-2 湘南ベルマーレ ◆第29節日程 ▽12/9(土) 《16:00》 デウソン神戸 vs 府中アスレティックFC ▽12/10(日) 《13:00》 バサジィ大分 vs アグレミーナ浜松 《14:00》 エスポラーダ北海道 vs ペスカドーラ町田 名古屋オーシャンズ vs フウガドールすみだ 《15:00》 ヴォスクオーレ仙台 vs バルドラール浦安 2017.12.08 22:35 Fri
twitterfacebook
thumb

オーストラリア2部でサッカー経験がある湘南FP小門勇太が初招集!! フットサル日本代表候補メンバー発表《トレーニングキャンプ》

▽日本サッカー協会(JFA)は7日、今月11日から愛知県で行われるフットサル日本代表候補のトレーニングキャンプに臨むメンバー19名を発表した。 ▽今回のメンバー発表では、オーストラリア2部のボニリッグ・ホワイトイーグルズでプレーし、今シーズンから湘南ベルマーレに加入したFP小門勇太が初招集。さらに、昨シーズンのFリーグで日本人の得点ランキングで1位となったシュライカー大阪のFP相井忍も同じく初招集となっている。 ▽今回の候補メンバーは11日に集合し午後からトレーニングを開始。12日は午前、午後ともにトレーニングを行い、13日の午前練習が終わり解散となる。 ▽今回発表されたメンバーは以下の通り。 ◆フットサル日本代表候補メンバー GK ピレス・イゴール(ペスカドーラ町田) 関口優志(名古屋オーシャンズ) 矢澤大夢(フウガドールすみだ) FP 森岡薫(ペスカドーラ町田) 西谷良介 (名古屋オーシャンズ) 渡邉知晃(府中アスレティックFC) 相井忍(シュライカー大阪)※ 滝田学(ペスカドーラ町田) 皆本晃(府中アスレティックFC) 仁部屋和弘(バサジィ大分) 吉川智貴(名古屋オーシャンズ) 前鈍内マティアスエルナン(アグレミーナ浜松) 内村俊太(湘南ベルマーレ) 室田祐希(ペスカドーラ町田) 小門勇太(湘南ベルマーレ)※ 加藤未渚実(シュライカー大阪) 齋藤功一(名古屋オーシャンズ) 清水和也(フウガドールすみだ) 植松晃都(湘南ベルマーレ) ※フットサル日本代表候補メンバーに初招集 2017.12.07 17:39 Thu
twitterfacebook
thumb

町田が日本代表FP室田祐希のゴラッソで首位名古屋に勝利!! 仙台は大分との撃ち合い制す《DUARIG Fリーグ-J SPORTSラウンド-》

▽3日にDUARIG Fリーグ2017/2018第27節の3試合がゼビオアリーナ仙台で行われた。 ▽今シーズンからの試みとなる6クラブ共同開催が6回目を迎えた。ゼビオアリーナ仙台ではJ SPORTSシリーズとしてヴォスクオーレ仙台、フウガドールすみだ、ペスカドーラ町田、名古屋オーシャンズ、シュライカー大阪、バサジィ大分が集結した。 ◆ペスカドーラ町田vs名古屋オーシャンズ <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171203_58_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽前日の大阪戦に勝利した2位の町田と、大分に勝利した首位の名古屋の一戦は、上位対決らしくしまった展開となる。前半は名古屋が主導権を握る時間が多かったもののゴールレス。後半は「ハーフに下がって相手のミスを誘う」(ペドロコスタ監督/名古屋オーシャンズ)作戦に出たが、逆に町田が主導権を握る展開に。すると39分「スピードのある選手が打破してくれる」と岡山孝介監督のプラン通りにFP室田祐希が得意のドリブルからゴールをこじ開け町田が先制。その後名古屋はパワープレーに出るが、逆にFP金山友紀のパワープレー返しが決まって勝負あり。町田が名古屋との上位対決を制した。 ◆フウガドールすみだvsシュライカー大阪 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171203_58_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽前日の試合で敗れている2チーム同士の対戦は、大阪がテンポよく2点を先行するが、すみだもそこから2ゴールを奪取。それでも大阪がFP加藤未渚実のゴールで3-2として試合を折り返した。 ▽後半も「何度も心が折れそうになった」とFP諸江剣語が語るように大阪が先行し、すみだが追いかける展開が続く。それでも35分にすみだは、FP大園諒のゴールでこの試合初めてリードを奪う。その後は両チームともに1点ずつを加えて終了。敗れた大阪の木暮監督は「強靭な精神力で乗り越えようと思う選手、スタッフが増えないと現状は打破できない」と、王者ながらも苦しむチームに苦言を呈した。 ◆ヴォスクオーレ仙台vsバサジィ大分 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171203_58_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽引き分けを挟んで3連勝と勢いに乗る仙台と、3連敗中の大分の対戦。試合は大分が2点を先行する中、仙台も前半終了間際にFPマルロンがネットを揺らす。すると後半は仙台がペースを握り、22分のオウンゴールと26分のFP永野雅也のゴールで逆転に成功。その後も点を奪いあうオープンな展開となるが、仙台が逃げ切り2連勝を飾った。 ▽敗れた大分は「気持ちを出すプレーをしなければこれが続く」と吉武茂郎監督が指摘。一方、勝利した仙台のホセ・フェルナンデス監督は「この連戦で6ポイントを取れたことに満足している」と、チーム状態の向上に自信を示した。 ◆第28節結果 ▽12/3(日) ペスカドーラ町田 2-0 名古屋オーシャンズ フウガドールすみだ 6-5 シュライカー大阪 ヴォスクオーレ仙台 6-5 バサジィ大分 ◆第27節結果 ▽12/2(土) ペスカドーラ町田 6-2 シュライカー大阪 名古屋オーシャンズ 5-0 バサジィ大分 ヴォスクオーレ仙台 3-2 フウガドールすみだ 2017.12.03 23:30 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース