ジルーが今夏アーセナル退団か2017.05.20 09:23 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランス代表FWオリヴィエ・ジルー(30)が今夏にアーセナルを退団する可能性があるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。

▽2012年にモンペリエからアーセナルに加入以降、レギュラーポジションを維持してきたジルーだが、今シーズンはFWアレクシス・サンチェスが1トップとして起用される機会が多くなったこともあり、スタメンでの出場が減少。リーグ戦の先発試合は11試合にとどまった。

▽『ミラー』によれば、2018年のロシア・ワールドカップに向けてフランス代表として自身のポジションを確保し続けたいジルーは、今夏にアーセナルを退団する用意ができているとのことだ。ジルーに関しては、母国フランスのマルセイユが獲得を考慮しているとのことで、アーセナルに対して移籍金2000万ポンド(約29億円)を提示する可能性が伝えられている。

▽2019年までクラブとの契約を残しているジルーはこれまで、アーセナルで公式戦226試合に出場して98ゴールを記録。今季もリーグ戦12ゴールとプレータイムから見れば高い得点率を記録しているが、アーセナルは放出してしまうのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

ケルンに敗北のヴェンゲル監督「“ベリーナイスペナルティー”で試合を落とした」

▽アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、ケルン戦での敗北について語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽アーセナルは、ヨーロッパリーグ(EL)・グループH第5節でケルンのホームに乗り込んで0-1と敗北。61分にDFマテュー・ドゥビュシーがFWセール・ギラシーを倒したとの判定でケルンにPKが与えられ、アーセナルは先制点を献上する。失点後のアーセナルは守備を固めるケルンの牙城を崩すことができず、攻め込みながらも敗北を喫した。 ▽それでも、アーセナルは同グループ他試合の結果、首位での決勝トーナメント進出が確定。しかし、グループステージ突破を手にしたヴェンゲル監督だったが、相手の獲得したPKに思うところがあったようだ。試合後、皮肉交じりにコメントしている。 「私たちは大部分でポゼッションした。しかし実際は、一発で試合を落としてしまった。私たちがスコアボードに記録しなければならなかった、“ベリーナイスペナルティー”でね。正直なところ、あれは全面的にPKではなかった」 「より多くの得点のために重要なファイナルサード(ゴール前)でパスを回してしまい、(得点部分での)正確さを失った。決定機はいくつかあったが、いつもフィニッシュの部分でちょっとしたミスを犯していた」 「ケルンは信念を持って守ったと言わざるを得ない。絶対的、そして全面的に、サポーターは彼らに対してファンタスティックだった」 2017.11.24 14:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【プレミア第13節プレビュー】土曜にリバプールvsチェルシー開催!

▽前節はアーセナルがスパーズとのノースロンドン・ダービーで2-0と完勝。マンチェスター・シティがレスターに勝利して首位を堅持したほか、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、リバプールと強豪勢が揃って勝利した。迎える今節は、25日(土)の日本時間26時30分からリバプールvsチェルシーのビッグマッチが開催される。 ▽5位のリバプール(勝ち点22)は前節、サウサンプトンを相手にサラーの2ゴールとコウチーニョの得点により3-0で勝利。マネが復帰し、サラー、フィルミノの前線に中盤のコウチーニョが絡む形で熟成しており、直近の5試合すべてで3得点以上を挙げている。火曜日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループE第5節ではセビージャを相手に3点を先制しながらも追いつかれてドローに終わったが、直近の公式戦11試合でわずか1敗と調子は悪くない。ここで勝利すれば勝ち点で並べるだけに、モノにしたい一戦だ。 ▽一方、3位のチェルシー(勝ち点25)も直近の公式戦7試合で6勝と調子はいい。前節はアザールの2ゴールなどでWBAを4-0と一蹴し、リーグ戦4連勝。水曜日にはCLグループC第5節でカラバフに同じく4-0で勝利した。ここでもゴールを奪ったアザールのコンディションが上がっている点は強調材料。今後はスウォンジー、ニューカッスル、ウェストハム、ハダースフィールドと比較的組みしやすい相手との対戦だけに、ここで勝利を収めればまだまだ連覇への気運を高めることができそうだ。 ▽首位のシティ(勝ち点34)はアウェイでハダースフィールドと対戦する。前節はガブリエウ・ジェズスとデ・ブライネのゴールでレスターを退けた。また、既に決勝トーナメント進出を決めているCLでは、火曜日にフェイエノールトを1-0で退けた。目下のところ公式戦17連勝中と絶好調。守備の中心であるストーンズが前節に負傷した点のみが気がかりだが、勢いでカバーしていけるほどのムードで、ここも優位は揺るがない。 ▽シティを8ポイント差で追うユナイテッドは、ポグバが先発で、そしてイブラヒモビッチが途中出場で復帰した前節のニューカッスル戦を4-1で勝利した。しかし、水曜日にはバーゼルを相手に押し気味に試合を進めながらも終盤の一発を浴びて0-1で敗戦。ホームに戻ってCLで休養したバレンシアやヤングが戻るここは落とせない。 ▽そのほか、ノースロンドン・ダービーで今季ベストゲームを演じた6位のアーセナル(勝ち点22)はアウェイでのバーンリー戦。火曜日のドルトムント戦を1-2で勝利して白星を取り戻したスパーズはピュリス監督を解任したWBAをウェンブリーに迎える。 ◆プレミアリーグ第13節 ▽11/24(金) 《29:00》 ウェストハムvsレスター・シティ ▽11/25(土) 《24:00》 スウォンジーvsボーンマス マンチェスター・ユナイテッドvsブライトン クリスタル・パレスvsストーク・シテ ニューカッスルvsワトフォート トッテナムvsWBA 《26:30》 リバプールvsチェルシー ▽11/26(日) 《22:30》 サウサンプトンvsエバートン 《23:00》 バーンリーvsアーセナル 《25:00》 ハダースフィールドvsマンチェスター・シティ 2017.11.24 13:00 Fri
twitterfacebook
thumb

大迫先発のケルンがアーセナルにPKの一発で2連勝! 敗れたアーセナルは首位での決勝T進出《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループH第5節、ケルンvsアーセナルが23日に行われ、1-0でケルンが勝利した。ケルンのFW大迫勇也は73分までプレーしている。 ▽前節BATEボリソフ戦で大迫の2ゴール1アシストの大活躍により初勝利を飾った最下位ケルン(勝ち点3)は、0-1で敗れた直近のマインツ戦のスタメンから3選手を変更。S・ツォラー、レーマン、ラウシュに代えて大迫、J・ホルン、メレがスタメンとなった。 ▽一方、前節レッドスター戦をゴールレスドローで終えて決勝トーナメント進出を決めた首位アーセナル(勝ち点10)は、2-0と快勝した直近のトッテナムとのノースロンドン・ダービーから全選手を変更。サンチェスやラカゼットら主力は招集外となって、ジルーやウィルシャー、コクランらがスタメンとなった。 ▽大迫が[3-4-3]のセンターフォワードに入ったケルンに対し、同じく[3-4-3]を採用し、ジルー、ウィルシャー、ウェルベックの3トップで臨んできたアーセナルが時間の経過とともにポゼッションを高めていくと、14分に最初のチャンス。コクランの右足ミドルがゴールを脅かした。 ▽自陣に引くケルンは28分に大迫がゴール正面の位置から左足ミドルを放つも枠を捉えきれない。 ▽すると30分には再びアーセナルに決定機。ボックス左に侵入したコクランのシュートが左ポストを直撃した。 ▽その後、ケルンは守備の要であるマローが右足太ももを負傷し、38分にラウシュとの交代を強いられた中、前半はゴールレスで終了した。 ▽後半からウェルベックに代えてイウォビを投入してきたアーセナルに対し、劣勢を強いられたケルンだったが、61分にPKを獲得する。ヨイッチのパスに反応したボックス左のギラシーがドゥビュシーに倒されたとして主審はPKを宣告。このPKをギラシーが決めてケルンが先制に成功した。 ▽失点後、ウィルシャーがミドルシュートでゴールに迫ったアーセナルは、76分にジルーがディフェンスライン裏を取ってボックス右に侵入。しかし、シュートはJ・ホルンの好タックルに阻まれた。 ▽終盤にかけてもアーセナルが攻勢に出たが、ケルンが逃げ切り。2連勝として最終節レッドスター戦に決勝トーナメント進出の望みをつないだ。一方、敗れたアーセナルは、グループHもう一試合のBATEボリソフvsレッドスターが0-0に終わったことで、首位での決勝トーナメント進出が決まっている。 2017.11.24 05:03 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル、ブンデス未勝利のケルン指揮官を擁護「去年素晴らしい仕事を残した優秀な監督」

アーセナルは23日のヨーロッパリーグ(EL)でケルンとのアウェイマッチに臨む。アーセン・ヴェンゲル監督は前日会見で相手の指揮を執るペーター・シュテーガー監督を擁護した。<br><br>ELグループH首位のアーセナルは2試合を残しながら3位のBATEボリソフに6ポイントの差つけており、すでに決勝トーナメント進出がほぼ決定している。ケルン戦で勝ち点1以上を得られれば、首位通過が確定する。<br><br>その一方で、日本代表FW大迫勇也が所属するケルンは勝ち点3で同グループの最下位に位置。今シーズンのブンデスリーガでも第12節消化時点で未だ白星を獲得しておらず、シュテーガー監督の解任を求める声も挙がっている。<br><br>だが、そんな相手についてヴェンゲル監督は「彼らはまだブンデスリーガに残留するチャンスを残している」と切り出すと、次のように続けた。<br><br>「彼らには監督を支持するようにアドバイスしたい。彼は去年素晴らしい仕事を残している。それを今年もそれを再現できないとは言えるのだろうか? 優秀な監督だ。去年と比べて、(アントニー・)モデストを失ったが&hellip;」<br><br>「ただ、強い信念を持つクラブは物事がうまくいかなかったときにも監督を支持するはずだ。もちろん、状況は難しい。試合で勝たなければ、常に監督にプレッシャーがのしかかるのでね」<br><br>相手が苦しい状況に立つからこそ、ヴェンゲル監督は難しい試合を予想するようだ。「ケルンにとって、明日の試合は重圧がより少ないなかでよりフリーにプレーする機会となるかもしれない。なので我々にとっては危険な相手となるだろう」と警戒心をあらわにした。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.23 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

エジルとバルサが合意と報道 アーセナル挟んだ禁断移籍か

▽アーセナルのドイツ代表MFメスト・エジル(29)が1月のバルセロナ移籍で合意しているとの報道がスペイン方面から出ている。『Catalunya Radio』の報道を基にイギリス『エクスプレス』が伝えた。 ▽アーセナルとの契約が今季限りとなっているエジルだが、契約延長交渉の進展が滞っていることが伝えられている。レアル・マドリー時代に共闘したジョゼ・モウリーニョ監督率いるマンチェスター・ユナイテッドとの関連も伝えられてきたが、最近になってバルセロナ行きの噂も出ていた。 ▽今回の報道によれば、カタルーニャのリポーターであるキケ・ガスク氏が『Catalunya Radio』に対して、バルセロナがエジルの代理人と交渉し、3年半の契約に合意したことを明かしたようだ。移籍金は2000万ユーロ(約26億3000万円)になるという。 ▽エジルはアーセナル入りする前の2010年から2013年までレアル・マドリーでプレー。今回の報道が事実ならアーセナル経由での“禁断の移籍”となるが…。 2017.11.23 21:25 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース