ジルーが今夏アーセナル退団か2017.05.20 09:23 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランス代表FWオリヴィエ・ジルー(30)が今夏にアーセナルを退団する可能性があるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。

▽2012年にモンペリエからアーセナルに加入以降、レギュラーポジションを維持してきたジルーだが、今シーズンはFWアレクシス・サンチェスが1トップとして起用される機会が多くなったこともあり、スタメンでの出場が減少。リーグ戦の先発試合は11試合にとどまった。

▽『ミラー』によれば、2018年のロシア・ワールドカップに向けてフランス代表として自身のポジションを確保し続けたいジルーは、今夏にアーセナルを退団する用意ができているとのことだ。ジルーに関しては、母国フランスのマルセイユが獲得を考慮しているとのことで、アーセナルに対して移籍金2000万ポンド(約29億円)を提示する可能性が伝えられている。

▽2019年までクラブとの契約を残しているジルーはこれまで、アーセナルで公式戦226試合に出場して98ゴールを記録。今季もリーグ戦12ゴールとプレータイムから見れば高い得点率を記録しているが、アーセナルは放出してしまうのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

ヴェンゲル監督「サンチェスの移籍話はメディアの憶測」退団のうわさを完全否定

アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスは今夏の移籍市場での退団が有力視されている。先日はパリ市内で代理人とともにパリ・サンジェルマン関係者と接触していたと報じられ、もはやアーセナル退団は時間の問題かと思われていた。<br><br>しかし、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は教え子の退団について完全否定。遠征先の中国で、ヴェンゲル監督はメディアの前で次のように語っている。<br><br>「サンチェスが退団するなんて話はメディアの憶測に過ぎない。彼はアーセナルの選手だからね」<br><br>22日に中国で行われた親善試合で、アーセナルはチェルシー相手に0-3で敗れている。この結果については「経験の少ない選手を試すにはいい機会だったが、現時点でチェルシーよりも成熟していないことがよく分かった。それに、中国ツアーでの最後の試合だったし、チーム全体が疲れていた」と語っている。<br><br>アーセナルは8月6日にコミュニティーシールドで再びチェルシーと戦うことになっている。果たしてアーセナルは昨シーズンのリーグタイトルを勝ち取ったチェルシーを下し、シーズン初のタイトルを獲得できるのか。退団報道の絶えないサンチェスの去就決着とともに、注目が集まるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.24 23:34 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル8年目のコシエルニー、移籍は考えず…ヴェンゲル監督に忠誠誓う

アーセナルに所属するフランス代表DFローラン・コシエルニーは残留しか考えていないと話している。クラブ公式サイトが伝えた。<br><br>2010年からアーセナルでプレーするコシエルニーは1月に契約を2020年まで延長。マルセイユやバイエルンといったクラブが獲得に興味を示しているとも伝えられるが、本人はガナーズでのプレーに将来があると考えているようだ。<br><br>「仕事を楽しみ、チームに全力を注ぐためにここにいる。初めてきたとき、こんなに長くいることになるとは思わなかった。今は8年目を始めようとしているわけだからね」<br><br>アーセナルで200試合以上に出場するコシエルニー。ボスであるアーセン・ヴェンゲル監督の力によるところも大きいと認めている。<br><br>「彼が僕をフランスから連れてきて、アーセナルでプレーするためのチャンスを与えてくれた。そして人間としての成長も促してくれたんだ。クラブとボスにも忠誠を誓っている。ここにいられて幸せだし、彼がいるから戦うんだ。素晴らしい人間だからね」<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.24 23:32 Mon
twitterfacebook
thumb

デポルティボ、アーセナルの28歳FWルーカス・ペレスに10年契約打診か

▽デポルティボがアーセナルのスペイン人FWルーカス・ペレス(28)の獲得に向けて、10年間もの長期契約を準備しているようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ▽L・ペレスは2015-2016シーズンに所属していたデポルティボで、公式戦39試合19得点11アシストと大活躍し、2016年8月にアーセナルに加入。イギリス『BBC』によると、移籍金は1710万ポンド(現在のレートで約24億6500万円)にも昇ったという。 ▽イングランドでは“スペイン版ジェイミー・ヴァーディ”とも称されるなど、華々しい移籍を果たし、初年度の昨シーズンは公式戦21試合7得点5アシストをマーク。数字を残したL・ペレスだったが、プレミアリーグでの先発出場は1試合のみとバックアッパーとしての扱いが目立った。今年5月には、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督も「彼は一流のストライカーだ。しかし、本人が求めているほどは出場機会を与えることができなかった」と吐露。L・ペレスが出場機会に不満を持っていることが公になり、今夏の移籍が囁かれていた。 ▽スペイン・ガリシア地方の地元紙『DXTカンペオン』は、同地方に本拠地を置く古巣デポルティボのチーノ・フェルナンデス会長が、L・ペレス獲得へアーセナルと金銭交渉を行っていると報道。準備されている移籍金の額は1000~1200万ユーロ(約12億8900万~15億4700万円)で、同選手が引退するまでの期間を見込んで10年契約でのオファーがされるだろう、とも伝えられている。 2017.07.24 17:09 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセイユ関心のコシエルニーが残留示唆 「去る理由がない」

▽アーセナルに所属するフランス代表DFローラン・コシエルニー(31)が、クラブの公式サイトで残留を示唆した。 ▽コシエルニーは、2010年にロリアンからアーセナルに加入。以降、チームの主力に定着し、ガナーズを後方から支えてきた。加入7年目となった今シーズンは、公式戦で43試合に出場し、2ゴールを記録した。 ▽そのコシエルニーには現在、母国の名門マルセイユが獲得に関心を寄せていることが伝えられてきた。また、コシエルニー自身もフランスのテレビ局TF1のスポーツ番組『テレフット』で、「現時点で僕はアーセナルのプレーヤーだ。だけど、マルセイユからの関心は嬉しいことだね」と喜びを示していた。 ▽そうした中、コシエルニーはクラブの公式サイトでアーセナルでの生活に満足感を抱いていることを主張。また、自身をアーセナルに迎え入れてくれたアーセン・ヴェンゲル監督に忠誠を誓っている。 「初めてこのクラブに来た時、どのくらいこのクラブにいるかは考えていなかった。しかし今は、8シーズン目のスタートを切ろうとしていることにとても満足しているよ」 「サッカーだけでなく、ロンドンで妻や子供と一緒に暮らす毎日が幸せなんだ。僕らはそれを楽しんでいるし、だからこそ長い間ここにいたんだ」 「アーセナルとは長い契約があるし、僕にはクラブを去らなくてはいけない理由がないよ。仕事を楽しみ、チームに全てを与えてクラブで最高の結果を得るためだけにここにいるんだ。これらの全てができるのであれば、幸せだ」 「アーセン・ヴェンゲルは僕にとって大きな刺激になる。彼はフランスから連れてきてくれて、アーセナルでの生活のために全てを与えてくれた。人間としてもね」 「このクラブ、そして監督に大きな忠誠心を持っている。彼と共にしたこの7年間で多くのことを学んだ。偉大な彼のために戦うことができることが嬉しいんだ」 2017.07.24 15:30 Mon
twitterfacebook
thumb

モナコ、トマ・ルマール放出に約79億円要求でアーセナルをけん制か

▽モナコは、フランス代表MFトマ・ルマール(21)の獲得を目論むアーセナルをけん制しているようだ。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 ▽2015年にカーンから加入したルマールは昨シーズン、公式戦55試合に出場し、14ゴール17アシストを記録。チームの17年ぶりとなるリーグ制覇に貢献した。また、チャンピオンズリーグ(CL)でも12試合に出場し、2ゴール5アシストをマーク。準決勝ではユベントスに2戦合計1-4で敗れ、決勝進出を逃したものの、チームのベスト4入りに導いた。 ▽そのルマールを今夏獲得候補の最優先事項に掲げているとみられているアーセナルは現在、4500万ポンド(約64億9000万円)での獲得を画策。しかし、今回の報道によると、モナコはルマールの移籍金として5500万ポンド(約79億3500万円)を要求しているという。とはいえ、5000万ポンド(約72億1000万円)でも取引成立の芽もある模様だ。 ▽また、モナコは昨シーズンのリーグ・アン制覇に貢献したフランス代表MFティエムエ・バカヨコ(22)のチェルシー移籍が決定し、フランス代表DFバンジャマン・メンディ(22)もマンチェスター・シティ移籍が濃厚となっていることで、これ以上の戦力低下に危機感を募らせているとのことだ。 2017.07.24 11:09 Mon
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース