ジルーが今夏アーセナル退団か2017.05.20 09:23 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランス代表FWオリヴィエ・ジルー(30)が今夏にアーセナルを退団する可能性があるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。

▽2012年にモンペリエからアーセナルに加入以降、レギュラーポジションを維持してきたジルーだが、今シーズンはFWアレクシス・サンチェスが1トップとして起用される機会が多くなったこともあり、スタメンでの出場が減少。リーグ戦の先発試合は11試合にとどまった。

▽『ミラー』によれば、2018年のロシア・ワールドカップに向けてフランス代表として自身のポジションを確保し続けたいジルーは、今夏にアーセナルを退団する用意ができているとのことだ。ジルーに関しては、母国フランスのマルセイユが獲得を考慮しているとのことで、アーセナルに対して移籍金2000万ポンド(約29億円)を提示する可能性が伝えられている。

▽2019年までクラブとの契約を残しているジルーはこれまで、アーセナルで公式戦226試合に出場して98ゴールを記録。今季もリーグ戦12ゴールとプレータイムから見れば高い得点率を記録しているが、アーセナルは放出してしまうのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

ロンドン勢関心のリシャルリソン「僕はワトフォードのことだけを考えている」

▽ワトフォードのブラジル人FWリシャルリソン(20)が、自身の移籍の可能性を否定した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽昨夏ブラジルのフルミネンセから加入したリシャルリソン。主戦場を左ウイングとするブラジル人FWは、プレミア初挑戦ながらここまでリーグ戦27試合に出場し5ゴール5アシストを挙げる活躍を見せている。 ▽ロシア・ワールドカップに向けてもセレソン入りが期待されている注目のヤングスターには、アーセナルやチェルシー、トッテナムといったロンドンのビッグクラブが興味。しかし、リシャルリソンは「移籍のことは頭にない」として、この噂を一蹴している。 「今、僕は完全にワトフォードのことしか頭にない。他のことは考えていないよ。僕はチームがより上の順位に行けるようサポートすることだけを考えている。これが僕の目標でそれだけに集中している」 2018.02.16 20:55 Fri
twitterfacebook
thumb

覚醒! アーセナルがFCモンレアルに?

▽アーセナルに所属するスペイン代表DFナチョ・モンレアルが絶好調だ。 ▽アーセナルは15日に行われたヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグでエステルスンドとアウェイで対戦。この試合の前半13分、モンレアルはセットプレーの流れからイウォビが放ったシュートを相手GKが弾いたところを詰めて先制点を挙げた。勢いに乗ったアーセナルはその後、相手オウンゴールとエジルの得点により、3-0と先勝している。 ▽モンレアルは、今回のゴールが直近6試合で3得点目。さらに、この6試合のうち2アシストも決めており、直近6試合のうち5試合でゴールに絡んでいる。左サイドバックの選手としては特筆すべき数字だ。一部の日本のサポーターは、SNS上で「FCモンレアル」と伏兵の活躍ぶりを喜んでいる。 ▽試合後、モンレアルは自身のツイッターで、「またゴールを決めることができて嬉しい。敵地で結果を残すことができた。来週も結果を出さないとね」とコメント。22日にホームで行われる2ndレグに向けて、勝って兜の緒を締めた。 2018.02.16 10:02 Fri
twitterfacebook
thumb

ラッキーな2ゴール含む3発のアーセナルが敵地で先勝!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグ、エステルスンドvsアーセナルが15日に行われ、アウェイのアーセナルが3-0で先勝した。 ▽FW大迫勇也を擁するケルンと同居したグループHを首位通過したアーセナルが、アスレティック・ビルバオやヘルタ・ベルリンと同居したグループIを首位で通過したエステルスンド(スウェーデン)のホームに乗り込んだラウンド32初戦。 ▽国内リーグでは4位チェルシーと勝ち点8差を付けられ、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権が与えられるトップ4フィニッシュが絶望的なアーセナルは、ここに来てELの重要性が増す。グループステージでは多くの若手や控え中心のスカッドで戦ってきたが、今回の一戦に向けては登録不可のオーバメヤンやラカゼット、ウィルシャー、ラムジーなど負傷者を除きベストメンバーを起用。GKにオスピナ、最終ラインはベジェリン、ムスタフィ、チャンバース、モンレアル。中盤はエルネニーとナイルズの2センターに、イウォビ、エジル、ムヒタリアンが2列目に入り、1トップにはウェルベックが起用された。 ▽立ち上がりからボールを保持して相手を自陣深くに押し込んだアーセナルは13分、セットプレーの流れから先制点を奪う。CKの二次攻撃からボックス付近のイウォビがシュートを放つと、これをGKケイタがセーブするも前にこぼしてしまう。これに詰めたモンレアルが難なく右足で決めた。 ▽相手のミスから早い時間帯にリードを奪ったアーセナルはその後も畳みかける攻めを見せる、すると24分、再び相手のミスから追加点を奪う。自陣ボックス内で無理に繋ごうとした相手DFのクリアを奪ったムヒタリアンがボックス右からクロス。これがDFパパギアンノプーロスのオウンゴールを誘った。 ▽2つのラッキーゴールで楽な試合運びを見せるアーセナルは気の緩みから徐々に相手の反撃を受ける展開に。29分にはボックス手前のゴッドスに強烈なミドルシュートを浴びるが、これはGKオスピナのビッグセーブで凌ぐ。さらに前半終盤にかけては幾度となく相手のカウンターに晒されると、ゴッドスらに幾度もフィニッシュまで持ち込まれる。だが、相手のシュート精度にも助けられ、前半を2点リードで終えた。 ▽迎えた後半、2点を追うエステルスンドはゲロとブルワ・ヌーリを下げてホップカット、テッキーを投入する2枚替えを敢行。より前がかりになったチームは前半同様に省エネモードの アーセナルに対して、ゴッドスやケン・セマの個人技でゴールチャンスを窺う。 ▽一方、前半終盤から守勢に回る場面が目立ったアーセナルだったが、決定力の差を見せ付けて決定的な3点目を奪う。58分、バイタルエリア中央でボールを持ったエジルが左サイドのムヒタリアンに預けてゴール前に走り込むと、アルメニア代表MFの丁寧なリターンパスを冷静に左足のシュートで決め切った。 ▽この3点目で勝利を大きく近づけたアーセナルはここから一気にペースダウン。すでにFAカップで敗退しているため今週末に試合はないものの、70分を過ぎてモンレアル、ムヒタリアン、ウェルベックを続けて下げてコラシナツ、エンケティア、ネルソンをピッチに送り出す。 ▽その後、試合終了間際にはDFベジェリンの不用意なファウルでPKを与えるが、キッカーのペッテションの左を狙ったシュートをGKオスピナが完璧な読みでストップ。ラッキーな2ゴールによる恩恵はあったものの格下相手に格の違いを見せつけたアーセナルが来週ホームで行われる2ndレグを前に大きなアドバンテージを手にした。 2018.02.16 05:04 Fri
twitterfacebook
thumb

【ELプレビュー】ラウンド32初戦! イタリアvsドイツの2つの好カード開催!

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグが15日に開催される。グループステージを勝ち抜いた24チームと、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3位敗退となった8チームを合わせた計32チームで争われる今回のラウンド32。ドルトムントやアーセナル、アトレティコ・マドリー、ナポリ、ミランといった優勝候補、日本人選手所属クラブを中心にラウンド32初戦の見どころを紹介していく。 ◆ラウンド32・1stレグ◆ ▽2/13(火) レッドスター 0-0 CSKAモスクワ ▽2/15(木) 《25:00》 アスタナ vs スポルティング・リスボン 《27:00》 ドルトムント vs アタランタ ルドゴレツ vs ミラン マルセイユ vs ブラガ ニース vs ロコモティフ・モスクワ エステルスンド vs アーセナル レアル・ソシエダ vs ザルツブルク スパルタク・モスクワ vs ビルバオ 《29:05》 AEKアテネ vs ディナモ・キエフ セルティック vs ゼニト ステアウア・ブカレスト vs ラツィオ コペンハーゲン vs アトレティコ・マドリー リヨン vs ビジャレアル パルチザン vs ビクトリア・プルゼニ ナポリ vs RBライプツィヒ ★イタリアとドイツの強豪クラブによる2つのビッグマッチ! <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180214_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今回のラウンド32の最注目カードは、ドルトムントvsアタランタ、ナポリvsRBライプツィヒという、イタリアとドイツの強豪クラブ同士の2つのカードだ。 ▽トッテナムとレアル・マドリーと同居した“死のグループ”でCL3位敗退を強いられたドルトムントは、久々のEL参戦ながらリヨン、エバートンと同居した“死のグループ”を首位通過したアタランタと今季のEL初戦で激突する。直近のリーグ戦で2連勝を飾るなど、シュテーガー新監督の下で復調を見せるドルトムントは新加入のFWバチュアイの早期フィット、MFロイスの復帰と追い風が吹いており、下馬評は高い。 ▽一方、国外や日本での認知度はいまひとつもイタリア国内、セリエAファンを中心に昨季から注目を集めるアタランタは、今大会屈指のダークホースだ。智将ガスペリーニ監督の下、DFカルダーラやMFスピナツォーラ、MFクリスタンテといった国産の若手有望株に加え、MFイリチッチやエースMFアレハンドロ・ゴメスといった実力者が揃う。[3-4-3]や[3-5-2]の布陣を採用し、前からハメていくアグレッシブなマンツーマンスタイルの守備と素早い切り替えからのカウンターはドルトムントを苦しめるはずだ。 ▽また、ドルトムントと同様にCLグループステージでマンチェスター・シティ、シャフタールに屈したナポリは、同じくCL敗退組のライプツィヒと激突する。ただ、セリエAで絶対王者ユベントスと熾烈なスクデット争いを繰り広げているナポリは来季のCL出場権獲得が決定的な情勢となっており、プライオリティーの低い今大会で主力を温存する可能性が高い。メンバー固定傾向の強いサッリ監督といえども、MFウナスや今冬加入のMFマシャクらにチャンスを与えることも考えられるだけに、今後のセリエAの戦いに繋がる一戦になるかもしれない。 ▽対してベシクタシュ、ポルトに屈してクラブ史上初のCLを不完全燃焼で終えたライプツィヒは、同じく初の参戦となるELの舞台でタイトル獲得を目指す。首位バイエルンの独走となっているブンデスリーガにおいて、2位に位置するライプツィヒだが、CL圏外の5位レバークーゼンとの勝ち点差はわずかに3ポイントと、こちらも国内リーグを軽視できない状況だ。それでも、ヨーロッパの舞台で力を証明したい野心溢れるクラブは、今大会屈指の強豪撃破に向けてエースFWヴェルナーやMFナビ・ケイタなど主力を送り出してくるはずだ。 ★崖っぷちのアーセナル&ミランはアウトサイダーと激突! <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180214_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前述の2チームと共に優勝候補に挙がるのはアーセナル、ミラン、アトレティコ・マドリー、ラツィオの3チームだ。とりわけ、来シーズンのCL出場権獲得に向けて国内リーグで厳しい戦いが続くアーセナルとミランは、ここからのELの戦いに全力を注ぐ構えだ。 ▽前節、ラストチャンスと目されたトッテナムとのノースロンドン・ダービーを落としたアーセナルは国内リーグでのトップ4フィニッシュが絶望的となった。これを受けて、ここまではプライオリティーが低かったEL優勝でのCL出場権獲得に照準を切り替えてきた。その重要な初戦となるラウンド32ではアスレティック・ビルバオやヘルタ・ベルリンと同居したグループJを首位通過したスウェーデンの伏兵エステルスンドと対戦する。地力の差を考えれば、アーセナルの優位は揺るがないが、極寒のスウェーデンという苦手アウェイの環境に苦しめば、思わぬ形でホームでの2ndレグを迎える可能性もある。また、FWラカゼットの長期離脱にFWオーバメヤンの登録不可のセンターフォワードの陣容に不安を残す。 ▽一方、健全経営のアーセナルとは異なり、危ない橋を渡って昨夏の大型補強に踏み切ったミランは、来季のCL出場権を逃した場合、FFP違反の問題や主力大量売却の可能性も報じられており、EL優勝は至上命題ともいえる。ただ、ガットゥーゾ暫定政権で復調を見せているものの、EL制覇は非常に困難なタスクだ。幸い、今回の対戦相手はグループCをブラガに次ぐ2位通過したルドゴレツ(ルーマニア)という比較的恵まれた相手だけに、きっちり勝ち切りたい。ただ、ホームでの2ndレグ直後にはセリエAでローマ、コッパ・イタリアでラツィオとの強豪2連戦を控えており、今回の初戦でアドバンテージを手にしたい。 ▽今大会出場チームで最多2度の優勝を誇るアトレティコは、デンマーク王者コペンハーゲンと対戦。実力差を考えれば、アトレティコの勝ち抜けは堅いもののCLグループステージ敗退後にキャプテンのMFガビが「くそな大会」と暴言を吐くなど、今大会に向けてのモチベーションは高くない。加えて、バルセロナ独走気配の漂っていたリーガエスパニョーラでは勝ち点差が7ポイントに縮まっており、逆転優勝の可能性も出てきた。それだけに、指揮官シメオネのメンバー選考にも注目が集まる。 ▽その他の強豪チームではセリエA上位に付け、グループKを首位通過したラツィオがルーマニア王者のステアウア・ブカレスト、昨季セミファイナリストのリヨンがビジャレアルとの実力者対決に臨む。また、好調ロシア勢では元マンチェスター・シティ指揮官マンチーニ監督率いるゼニトが、元リバプール指揮官ロジャーズ監督率いるセルティックと対戦する。 ★香川と酒井宏、南野の3選手が参戦! <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180214_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今シーズンのグループステージでは4人の日本人選手所属クラブが参戦していたものの、FW大迫勇也を擁するケルン、MF原口元気(現デュッセルドルフ)のヘルタ・ベルリンのドイツ勢が揃って敗退。その一方で、グループIで同居したMF南野拓実のザルツブルクとDF酒井宏樹のマルセイユは仲良くラウンド32進出を果たした。ここに前述したCL敗退組のドルトムントからMF香川真司が新たに参戦する。 ▽シュテーガー監督の下でレギュラーポジションを完全に掴んでいた香川だが、直近のハンブルガーSV戦で左足首を負傷しており、アタランタとの初戦は欠場が濃厚となっている。 ▽グループIを首位通過したザルツブルクはラウンド32でELと好愛称のスペイン勢、レアル・ソシエダと対戦する。南野はケガの影響でELグループステージは先発出場1試合にとどまったものの、直近のリーグ戦のアルタッハ戦で先発出場するなど、この初戦での出場が濃厚だ。なお、セレッソ大阪と日本代表の先輩であるMF乾貴士はソシエダと同じバスク地方のエイバルに在籍しており、ソシエダ対策と共にスタンドからの応援が期待できるかもしれない。 ▽ザルツブルクに次ぐ2位通過を果たしたマルセイユは、グループステージで対戦したヴィトーリア・ギマランエスと同じポルトガル勢のブラガと対戦する。国内リーグで2位に位置するマルセイユはモナコ、リヨンと熾烈なCL出場権争いの真っただ中にいるが、サイドバックの選手層に不安があるチーム事情もあり、左右のサイドバックで主力を担う酒井が初戦で起用される可能性は高い。 2018.02.15 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

大一番を前に離脱者続出中のアーセナル…ヴェンゲル「ラムジーの回復が遅れている」

EFLカップ(カラバオカップ)決勝を控えるアーセナルだが、ここに来て故障者が続出している。<br><br>25日にカップ戦ファイナルのマンチェスター・シティ戦を控えるアーセナル。しかし、先日アレクサンドル・ラカゼットが膝の手術を受け、4週間から6週間程度の離脱を余儀なくされるなど離脱者が相次ぐ。そしてこの日、先日のエヴァートン戦でハットトリックをマークするも、トッテナムとのノースロンドンダービーを欠場したアーロン・ラムジーの離脱が長引く可能性が浮上した。<br><br>15日にスウェーデンで行われるヨーロッパリーグ ラウンド32のエステルスンド戦への遠征メンバーからも外れたラムジーは、アーセナルのホームで行われるセカンドレグでの欠場も濃厚。そして、アーセン・ヴェンゲル監督はマンチェスター・シティとの大一番にもウェールズ代表MFを起用できないかもしれないと話した。<br><br>「ラムジーに関しては少しばかりデリケートだ。私が予想していたよりも回復が遅れている。彼はエステルスンドとの2戦目にも出られないだろう。カップ戦の決勝についてはまだわからない。回復の経過次第だ」<br><br>さらに、同指揮官は「ラカゼットの話は君たちもすでに知っているだろう。それに、(ジャック)ウィルシャー、(ローラン)コシエルニー、(ペトル)チェフも欠場する。コシエルニーとウィルシャーはアキレス腱に問題を抱えている」とスウェーデンでの第1戦に数名の主力が欠場することを明らかにしている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.15 07:36 Thu
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース