ウェストハムがGKアドリアンとの2年契約延長オプションを行使2017.05.20 04:01 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウェストハムは19日、スペイン人GKアドリアン(30)との2019年6月30日までとなる契約延長オプションを行使したことを発表した。

▽ベティス出身のアドリアンは2013年夏からウェストハムでプレー。過去2シーズンは正GKとして活躍し、これまで公式戦121試合に出場していた。今季はアイルランド代表GKダレン・ランドルフの前に第2GKに降格していた時期もあったが、第34節以降は正GKに復帰していた。

▽ウェストハムを率いるスラヴェン・ビリッチ監督はアドリアンとの契約延長について公式サイトで次のように語っている。

「アドリアンは契約切れになるところだったが、我々はオプションを行使した。彼には当然ながら満足しているからね」

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナル、ヴェンゲル最後のロンドン・ダービーで4発大勝! ELアトレティコ戦に弾み《プレミアリーグ》

▽アーセナルは22日、プレミアリーグ第35節でウェストハムとホームで対戦し、4-1で勝利した。 ▽先日、アーセン・ヴェンゲル監督の退任を発表したアーセナル。1996年の就任以来、実に22年もの間指揮を執った名将に残されたリーグ戦が5試合となった中、今節は残留争いを強いられているウェストハムをホームに迎えた。 ▽前節ニューカッスルに競り負けリーグ戦連勝が「3」でストップしたアーセナル。公式戦3試合ぶりの勝利と、4日後に控えるヨーロッパリーグのアトレティコ・マドリー戦を見据えて、前節から5選手を変更。GKオスピナ、コシエルニー、ベジェリン、ラムジー、ウェルベックらが先発に名を連ねた。 ▽試合は大方の予想通りアーセナルが支配する展開に。次々とゴールに迫るアーセナルは9分に左CKからコシエルニーがヘディングシュート。これは左に外れる。対してウェストハムも13分、自陣からのパスに抜け出したアルナウトビッチがボックス左に侵入しシュートを放つ。厳しい角度からのシュートはGKオスピナが横っ飛びで弾き出した。 ▽高い支配率を誇るアーセナルだがなかなか決定的なチャンスが作り出せない。25分には、ウェルベックがボックス外左からシュートを放つがわずかに枠の右へ。35分にはベジェリンのクロスから再びウェルベックがヘディングでゴールに迫るがネットを揺らせない。 ▽そんな中、アーセナルにアクシデントが襲う。45分にエルネニーがノーブルとの接触で続行不可能に。担架で運ばれ、ナイルズとの交代を余儀なくされた。前半はウェストハムの粘り強い守備も光り、ゴールレスで試合を折り返すことになった。 ▽迎えた後半、アーセナルは51分に左CKを獲得すると、ジャカのクロスに合わせたのがモンレアル。ムスタフィが相手を引きつけたことによって生まれたスペースに入り込み、左足を丁寧に合わせて先制点を奪った。 ▽失点したウェストハムは60分にジョアン・マリオとE・フェルナンデスを下げてエルナンデスとランシーニを投入。するとこの交代から4分後の64分、クヤテのミドルシュートのこぼれ球を自らランシーニに繋げると、ランシーニはボックス左に展開。フリーで受けたアルナウトビッチはそこから左足を振り抜きゴール右隅へシュートを突き刺した。 ▽同点とされたアーセナルは70分に、イウォビを下げてオーバメヤンをピッチへ送り込む。72分にはジャカがボックス左からシュートを放つが、GKハートがファインセーブ。79分にもウェルベックが際どいコースを狙ったシュートを見舞うがここでもGKハートが立ちはだかった。 ▽なかなかゴールが遠いアーセナルだったが82分、右サイドのクロスの流れ球を逆サイドでラムジーが回収すると右足でクロスを供給。ゴール前のオーバメヤンは、このボールをあえて見送ると、クロスはそのままゴールに流れ込みアーセナルが勝ち越し点を奪った。 ▽アーセナルはさらに、85分にウェルベックの突破からオーバメヤンを経由してボックス右のラカゼットに渡ると、ここから豪快なシュートを突き刺して3-1に。89分には、ボックス左を突破したラムジーのパスを再びラカゼットが押し込んで試合を決定づける4点目を沈めた。 ▽試合はここで終了。ヴェンゲル監督にとってアーセナルで最後のロンドン・ダービーを4-1の快勝で締めくくった。 2018.04.22 23:32 Sun
twitterfacebook
thumb

イングランド代表OB、ハートのW杯メンバー入りを否定「いい人間というのは関係ない」

元イングランド代表のクリス・サットン氏は、ウェスト・ハムGKジョー・ハートがワールドカップのメンバーにはふさわしくないと『BBC』で語った。<br><br>ハートは16日に行われたプレミアリーグ第34節ストーク・シティ戦に先発出場。試合終盤にジェルダン・シャキリのロングシュートを正面に弾き、こぼれ球をピーター・クラウチに押し込まれて先制点を許す。試合はその後、後半アディショナルタイムにアンディ・キャロルが同点弾を決め、引き分けに終わっている。<br><br>素晴らしいパフォーマンスを見せていた前節チェルシー戦とは対照的に、今節では失点に直結するミスを犯してしまったGKを、サットン氏はW杯に連れて行くべきではないと考えているようだ。<br><br>「ロッカールームでいい人間だという理由で選手を選ぶわけにはいかない。もし2人のGKがケガをしたら3人目のGKは強くなければならない。それが選考基準であるべきさ。ハートより優れたGKは3人いる。ガレス・サウスゲートは彼が愉快な人間かどうかは気にしていない。ロッカールームでいい仕事をするって?(サウスゲートは)彼がチームの勝利のためにいいセーブをできるかどうかだけを考えているよ」<br><br>サットン氏は、安定性に欠けるハートのパフォーマンスを厳しく批判した。<br><br>「あのパフォーマンスの後にどうしたらサウスゲートはハートをもう一度信頼できるんだい? チェルシー戦でのパフォーマンスを見たら、彼に同情してしまうかもしれない。しかし今夜はいつもどおりだった。サッカーは厳しいものさ。シャキリのシュートが来たとき、躊躇してしまった。しっかりと収める必要があったが、彼はこぼした。ゴールキーパーとして酷いプレーだったよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.17 17:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ドリンクウォーター、1年でチェルシー退団か

▽チェルシーのイングランド代表MFダニー・ドリンクウォーター(28)が、退団を考慮しているようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 ▽昨夏にレスター・シティからチェルシーに移籍したドリンクウォーターだが、ふくらはぎのケガで開幕から出遅れ、今シーズンのリーグ戦12試合の出場にとどまっている。 ▽このような状況から、ドリンクウォーターが移籍を望んでいると報じるメディアも多く、『テレグラフ』が伝えるところによれば、ウェストハムが同選手に関心を寄せているという。チェルシーと同じくロンドンを拠点とするウェストハムへの移籍となれば、現在の自宅から引っ越す必要がないことは、ドリンクウォーターにとって利点のひとつになるだろうと同メディアは指摘している。 ▽しかし、ここで障害となってくるのが移籍金だ。ドリンクウォーターはレスターから3500万ポンド(現在のレートで約53億7000万円)の移籍金でチェルシーに加入。契約も2022年まで残っていることからウェストハムにとっては相当の移籍金が必要となることが予想されている。 ▽だが、チェルシーはアントニオ・コンテ監督が今季限りで辞任する見通しで来シーズンのビジョンは未だ不透明。ドリンクウォーターが本当に決断を下すにはまだ時間がかかるようだ。 2018.04.17 15:35 Tue
twitterfacebook
thumb

まともに使わなかったくせに? モイーズ、香川真司に18億円準備

▽ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司(29)にプレミアリーグ復帰の噂が加熱している。 ▽イギリス『ミラー』が報じたところによれば、かつてマンチェスター・ユナイテッドを指揮したデイビッド・モイーズ現ウェストハム監督が来夏の移籍市場で元教え子である香川との再会を希望。獲得資金として1200万ポンド(約18億2000万円)を支払う用意があるという。 ▽香川は2012年夏、アレックス・ファーガソン元監督のラブコールを受け、ドルトムントからユナイテッドに加入。だが、翌シーズンからファーガソン氏の後を継いだモイーズ監督から重宝さず、ルイス・ファン・ハール体制発足の2014年夏にドルトムント復帰を決断した。 ▽この移籍が実現した場合、香川にとって、苦い思い出が残る指揮官との再共演になる。日本が誇るプレーメーカーの決断はいかに…。 2018.04.11 18:40 Wed
twitterfacebook
thumb

決定力欠いたチェルシーがウェストハムとドロー…トップ4入りはより厳しく《プレミアリーグ》

▽チェルシーは8日、プレミアリーグ第33節でウェストハムとホームで対戦し、1-1で引き分けた。 ▽リーグ戦では今年に入ってわずか3勝しか挙げられていないチェルシー。チャンピオンズリーグではバルセロナに格の違いを見せられ、プレミアビッグクラブ同士の対戦でも悉く黒星を付けている。 ▽前節もトッテナムとのロンドン・ダービーで苦杯を嘗めさせられたチェルシーは、2戦連続となったロンドン・ダービーに向けてトッテナム戦から2選手を変更。クルトワがケガから復帰し、A・クリステンセンに代わってケイヒルが先発となった。 ▽試合前に先日亡くなったチェルシーのOBでもあるレイ・ウィルキンス氏への黙とうが捧げられた一戦。まずはそのチェルシーにチャンス。4分、モラタのポストプレーからアザールがボールを受けると、ドリブルで敵陣を突破し、ボックス手前からシュート。このシュートは惜しくもゴールの左を掠めた。 ▽ウェストハムも14分に左サイドのアーリークロスでアルナウトビッチがゴール前に攻め込むも、シュートはブロックされる。ピンチを凌いだチェルシーも16分、敵陣で相手のパスミスを奪ったウィリアンがドリブルで仕掛ける。ボックス右に侵入しクロスを送るがモラタには届かず。 ▽24分にはアザールのパスを受けたモラタがネットを揺らすがオフサイド。29分には再びアザールのパスをモラタがヒールで流し込みにいくが惜しくも枠を捉えることができない。 ▽試合が動いたのは36分、右CKを得たチェルシーはショートコーナーを選ぶと、ボックス外のウィリアンに供給。そこから上げられたクロスをモラタが競ってこぼれたところをアスピリクエタが押し込んでチェルシーが先制した。 ▽後半は立ち上がりからチェルシーがチャンスを迎える。47分、ボックス右深くまで攻めあがったアザールのパスをウィリアンがシュートに持ち込む。しかしこのシュートは惜しくも枠の左へ。 ▽その後も支配率を高め、55分のCKの場面ではウィリアンのクロスをモラタがヘディングシュート。59分にはカウンターからウィリアンのクロスをモラタが押し込むがここもオフサイドの判定でゴールは認められず。 ▽追加点が奪えずにいるチェルシーにいよいよツケが回ってくる。70分、E・フェルナンデスに代えてエルナンデスを投入したウェストハムはその直後の74分、後方からのクロスの跳ね返りを、アルナウトビッチがつなげると、エルナンデスこれをダイレクトで蹴り込み同点とした。 ▽試合を振り出しに戻されたチェルシーは、78分にモラタとモーゼスを下げてジルーとペドロを同時投入。前線の人数を増やした直後の79分にはマルコス・アロンソが強烈なシュートを放つがGKハートが反応。 ▽攻勢を強めるチェルシーは87分にセンタリングからジルーがヘディングシュート。枠には飛んでいたがGKハートに掻き出された。後半アディショナルタイムにかけてはチェルシーが押し込むものの、ウェストハムゴールは固く、1-1のまま試合終了。トップ4入りからまた1歩遠ざかった。 2018.04.09 02:30 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース