ウェストハムがGKアドリアンとの2年契約延長オプションを行使2017.05.20 04:01 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウェストハムは19日、スペイン人GKアドリアン(30)との2019年6月30日までとなる契約延長オプションを行使したことを発表した。

▽ベティス出身のアドリアンは2013年夏からウェストハムでプレー。過去2シーズンは正GKとして活躍し、これまで公式戦121試合に出場していた。今季はアイルランド代表GKダレン・ランドルフの前に第2GKに降格していた時期もあったが、第34節以降は正GKに復帰していた。

▽ウェストハムを率いるスラヴェン・ビリッチ監督はアドリアンとの契約延長について公式サイトで次のように語っている。

「アドリアンは契約切れになるところだったが、我々はオプションを行使した。彼には当然ながら満足しているからね」

コメント

関連ニュース

thumb

モイーズと再タッグのエブラ、ウェストハムに感謝「毎朝起きて自分が仕事をする機会を与えてくれた」

▽ウェストハムに加入した元フランス代表DFパトリス・エブラが、復帰を喜んでいる。 ▽エブラは昨年の11月2日までマルセイユでプレー。しかし、ヨーロッパリーグ・グループI第4節のヴィトーリア戦の試合前に、執拗な挑発行為を行ったマルセイユサポーター1人に対して左足のハイキックを見舞ったことで、欧州サッカー連盟(UEFA)から2018年6月30日までのUEFA主催試合における出場停止処分と、1万ユーロ(約132万円)の罰金処分を科されることに。そして、マルセイユは同月11日、双方合意の上での契約解除を発表しており、以来エブラは無所属となっていた。 ▽そんな中、7日にウェストハムと契約。マンチェスター・ユナイテッド時代に指導を受けていたデイビッド・モイーズ監督と再びタッグを組むこととなった。 ▽エブラは自身のインスタグラム(patrice.evra)を更新。ウェストハムへの加入を喜び、再びプレーする機会を与えた同クラブに感謝を告げている。 「僕はとても幸せだよ。今日は初めて新たなチームメイトたちと素晴らしいトレーニングをした。そして、嬉しい歓迎を受けた。僕をサポートしてくれた全ての人々には本当にありがとうと言いたい。毎朝起きて自分が仕事をする機会を与えてくれたウェストハムには感謝しているよ」 2018.02.08 09:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ウェストハムがモイーズ再タッグのエブラ獲得を発表! 契約期間は今季終了まで

▽ウェストハムは7日、元フランス代表DFパトリス・エブラ(36)を獲得したことを発表した。契約期間は今年6月末までで、背番号は「27」を着用することが決定している。 ▽エブラは昨年の11月2日までマルセイユでプレー。しかし、ヨーロッパリーグ・グループI第4節のヴィトーリア戦の試合前に、執拗な挑発行為を行ったマルセイユサポーター1人に対して左足のハイキックを見舞ったことで、欧州サッカー連盟(UEFA)から2018年6月30日までのUEFA主催試合における出場停止処分と、1万ユーロ(約132万円)の罰金処分を科されることに。そして、マルセイユは同月11日、双方合意の上での契約解除を発表しており、以来エブラは無所属となっていた。 ▽エブラは、今回の契約に際して以下のように喜びのコメントをしている。 「ハマーになれて、プレミアリーグに復帰できて本当に嬉しい。このゲームが大好きなんだ! 」 「復帰できて信じられないよ。仕事をする機会を与えてくれたウェストハムに感謝する。チームメイトと共に良い時間を過ごしピッチで全力を尽くすためにも、目を覚ます時間であり熱心に努力するつもりだ」 「ウェストハム、会長、監督や全てのチームメイトといった僕を素晴らしく歓迎してくれた人々、そして代理人や兄弟に感謝を述べたい」 「本当に素朴だけど、ここに居ることが嬉しい。自分がどれだけ幸せであるかを認識せずに今朝起きて、新しいチームメイトと一緒に練習する時に顔が綻ぶんだ! 」 ▽無所属となっていたエブラに関してはヨーロッパの幾つかのクラブからオファーが届いていたとみられていたが、新天地はマンチェスター・ユナイテッド時代に短い期間ながらも指導を受けていたデイビッド・モイーズ監督が率いるウェストハムとなった。騒動から心機一転、再び輝きを放つことはできるのだろうか。 2018.02.08 00:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ウェストハムが無所属エブラの獲得決定的に! モイーズとユナイテッド時代以来の再タッグに

▽ウェストハムが元フランス代表DFパトリス・エブラ(36)をフリートランスファーで獲得することが決定的となった。イギリス『talkSPORT』など複数メディアが報じている。 ▽エブラはマルセイユでプレーしていた昨年の11月2日。ヨーロッパリーグ・グループI第4節のヴィトーリア戦の試合前に、執拗な挑発行為を行ったマルセイユサポーター1人に対して、左足のハイキックを見舞った。 ▽これを受けて欧州サッカー連盟(UEFA)は、エブラに対して2018年6月30日までのUEFA主催試合における出場停止処分と、1万ユーロ(約132万円)の罰金処分を科した。さらにマルセイユは同月11日、双方合意の上で同選手との契約を解除していた。 ▽無所属のエブラに関してはヨーロッパの幾つかのクラブからオファーが届いていたとみられるが、新天地はマンチェスター・ユナイテッド時代に短い期間ながらも指導を受けていたデイビッド・モイーズ監督が率いるウェストハムとなるようだ。 ▽現在、ウェストハムでは左サイドバックやウイングバックで主力を担うフランス人DFアルチュール・マスアクがFAカップでの唾吐き事件で6試合の出場停止を科されており、ユナイテッドとユベントスで多くのタイトルを獲得してきた百戦錬磨のベテランDFの加入は的確な補強となりそうだ。 ▽なお、前述のUEFAからの出場停止処分はプレミアリーグには適用されない。 2018.02.07 06:12 Wed
twitterfacebook
thumb

ウェストハム、MFオビアンが右ヒザ手術で今季絶望…

▽ウェストハムは6日、スペイン人MFペドロ・オビアンが右ヒザの手術を受けて無事成功したことを明かした。 ▽オビアンは1月27日に行われたFAカップのウィガン戦で負傷。その後に行われた精密検査の結果、右ヒザ内側側副じん帯の断裂と診断されていた。 ▽今回、バルセロナで手術を受けたオビアンの状態に関して、クラブのメディカルスタッフのギャリー・ルーウィン氏が以下のように説明している。 「ペドロは内側側副じん帯を修復する手術を受けて無事成功した」 「彼はしばらく離脱する可能性が高いが、プレシーズンまでには十分なリハビリ期間もあるし、コンディションと強度を回復できると確信している」 ▽オビアンは今シーズンここまでリーグ戦20試合に出場し2ゴールを記録。とりわけ、先日のトッテナム戦で決めていた弾丸ミドルシュートが大きな話題になっていた。 2018.02.07 02:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ウェストハムFWチチャリート、今冬での退団を希望していたことを告白

チチャリートこと、メキシコ代表FWハビエル・エルナンデスは、1月の移籍期間にウェストハムの退団を希望していたことを告白した。イギリス『ミラー』が報じている。<br><br>過去にマンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリーといったビッククラブに所属していたメキシコ代表ストライカーは、昨夏にレバークーゼンからウェストハムに加入。しかし、負傷やデヴィッド・モイーズ監督就任により出場機会は限られていた。それでもプレミアリーグでは、今季13試合で5ゴールを記録している。<br><br>今夏にロシア・ワールドカップを控える29歳は、インタビューで今冬に他のプレミアリーグのチームから興味を持たれていたことを明かし、自身も前向きに検討していたことを告白した。<br><br>「そうだね、僕は興味があったよ。ウェストハムが嫌いになったわけでなくて、もっと出場時間が必要だったんだ。ワールドカップはもうすぐに迫っているんだ。僕はチームの為に全力を尽くしているよ。ボーンマス戦でもゴールを決めたし、クリスタル・パレス戦でもいいプレーができた。僕はプロだ。いつだって全力を尽くしたいんだ。もう移籍期間は終わった。そして僕はここに残り、チームの目標である残留まで全力を尽くしているよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.03 18:58 Sat
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース