超ワールドサッカー

ウェストハムがGKアドリアンとの2年契約延長オプションを行使2017.05.20 04:01 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウェストハムは19日、スペイン人GKアドリアン(30)との2019年6月30日までとなる契約延長オプションを行使したことを発表した。

▽ベティス出身のアドリアンは2013年夏からウェストハムでプレー。過去2シーズンは正GKとして活躍し、これまで公式戦121試合に出場していた。今季はアイルランド代表GKダレン・ランドルフの前に第2GKに降格していた時期もあったが、第34節以降は正GKに復帰していた。

▽ウェストハムを率いるスラヴェン・ビリッチ監督はアドリアンとの契約延長について公式サイトで次のように語っている。

「アドリアンは契約切れになるところだったが、我々はオプションを行使した。彼には当然ながら満足しているからね」

コメント

関連ニュース

thumb

ウェストハムがサバレタ獲得を発表

▽ウェストハムは26日、アルゼンチン代表DFパブロ・サバレタ(32)を獲得したことを公式サイトで発表した。契約期間は2年。サバレタは2016-17シーズン限りでマンチェスター・シティとの契約が満了していたため、移籍金なしのフリートランスファーとなる。 ▽2008年にエスパニョールからシティに加入したサバレタは、以降9年間に渡って右サイドバックの主力として活躍。この間に2度のプレミアリーグ制覇を達成するなど、豊富な資金力を基に成長を続けてきたシティでレジェンドとなった。だが、ここ数シーズンは全盛期からのパフォーマンスを落とすとともに、負傷に悩まされたこともあって出場機会を減らしていた。 ▽マンチェスターからロンドンのクラブに渡ったサバレタは、ウェストハム移籍について以下のように話した。 「ウェストハムの一員になることができて最高に嬉しい。クラブに貢献できればと思う。プレーを楽しみたいし、成功を共にしたいね」 2017.05.26 21:04 Fri
twitterfacebook
thumb

ウェストハム、今季加入のDFアルベロアら3選手が退団…

▽ウェストハムは25日、元スペイン代表DFアルバロ・アルベロア(34)、アルゼンチン人FWホナタン・カジェリ(23)、トルコ代表MFギョクハン・トレ(25)の退団を発表した。 ▽昨夏、7年間を過ごしたレアル・マドリーを退団してウェストハムに1年契約で加入したアルベロアだが、足の負傷に悩まされてリーグ戦の出場はわずか3試合にとどまった。そして、構想外となった同選手は在籍1年で退団することになった。 ▽また、ウルグアイのデポルティボ・マルドナードから1年間のレンタル移籍で加入したカジェリは、リオ五輪のアルゼンチン代表として鳴り物入りでの加入となったものの、リーグ戦16試合出場でわずかに1ゴールと、周囲の期待を裏切り、レンタル元に戻ることになった。 ▽スラベン・ビリッチ監督のベシクタシュ時代の教え子として1年間のレンタル移籍で加入したギョクハン・トレは、アルベロアと同様にヒザの負傷に悩まされて、今季のリーグ戦出場は5試合にとどまり、レンタル元に復帰することになった。 2017.05.26 04:38 Fri
twitterfacebook
thumb

ナイジェリアの若き点取り屋イヘアナチョ、出場機会減でシティ退団か

▽マンチェスター・シティに所属するナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョ(20)に今夏退団の可能性が浮上した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽イヘアナチョは、今シーズンのプレミアリーグ19試合に出場して4ゴール3アシスト。シーズン前半戦こそ出場機会を得られていたものの、今冬に加入したブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスの登場でプレータイムが減っている。 ▽報道によれば、シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は今夏の補強資金を蓄えるため、2021年まで契約を残しているイヘアナチョの売却を考慮。イヘアナチョの市場価値を2000万ポンド(約28億7000万円)と見積もっているという。 ▽そのナイジャリアの若き点取り屋に対しては現在、ウェストハムが関心を示している模様。FWアンディ・キャロルやFWディアフラ・サコーが故障がちなことから、ストライカー陣の補強に動く意向を示しているようだ。 2017.05.19 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ハマーズ、シティ退団のサバレタ獲得を確信?

▽ハマーズことウェストハムは、今夏マンチェスター・シティを退団するアルゼンチン代表DFパブロ・サバレタ(32)の獲得に自信があるようだ。『ESPN』が伝えている。 ▽ウェストハムでは今季、右サイドバックを本職とするアルバロ・アルベロアやサム・バイラムがケガによる長期離脱を強いられ、思うような結果を残せなかった。チームを率いるスラヴェン・ビリッチ監督は、本来アンカーのホーバル・ノルトヴェイトや、右ウイングを得意とするマイケル・アントニオを右サイドバックで起用し、やり繰りしていた。 ▽伝えられるところによれば、右サイドバックの補強にプライオリティを置いているビリッチ監督は、今シーズン終了後に契約満了でシティを退団するサバレタの獲得を熱望しているという。ウェストハムは同選手に対して、12カ月の延長オプション付きの2年契約を用意していると見られ、争奪戦で1歩リードしているようだ。 ▽2008-09シーズンにエスパニョールからシティに加入したサバレタは、同じ年に加入したヴァンサン・コンパニに次いで2番目に在籍期間が長い選手だった。9年の在籍期間の中、公式戦333試合に出場。今シーズンはコンパニが離脱している時期が長かったこともあり、キャプテンマークを付けて試合に出場することも多かった。 2017.05.18 21:16 Thu
twitterfacebook
thumb

魔術師コウチーニョが2G1Aの大活躍! 苦手ハマーズに完勝のリバプールが3位死守!《プレミアリーグ》

▽リバプールは14日、ロンドン・オリンピック・スタジアムで行われたプレミアリーグ第37節でウェストハムと対戦し、4-0で快勝した。 ▽前節、格下サウサンプトン相手に痛恨のゴールレスドローとなった3位リバプール(勝ち点70)は、トップ4フィニッシュに向けて残り2試合全勝が求められる。迎えた今節は、前節残留を確定させた12位ウェストハム(勝ち点42)とのアウェイゲームに臨んだ。直近5試合で未勝利(3敗2分け)と苦手とするハマーズ撃破を狙うリバプールは、前節からフィルミノ、ルーカス・レイバに代えて、スタリッジとララナを先発で起用した。 ▽前節、絶好調のトッテナムを撃破して勢いに乗るホームのウェストハムが、開始7分にボックス右に抜け出したバイラムがいきなり決定的なシュートを放つ。このピンチを凌いだリバプールは、直後11分にララナの左CKをファーで競り勝ったマティプが地面に叩きつけるヘディングシュートを放つが、これはクロスバーを叩いてゴールとはならない。 ▽その後は一進一退の攻防が続く中、ウェストハムがフェルナンデス、リバプールがコウチーニョと枠内シュートを放ってゴールに迫るが、互いに最後の場面で崩し切れない。だが、序盤から相手の背後のスペースを狙っていたリバプールが、35分に先制点を奪う。自陣左サイドで細かく繋ぎ、中央でボールを受けたコウチーニョが狙い澄ましたグラウンダーのスルーパスを送ると、これに完璧なタイミングで抜け出したスタリッジがボックス内で飛び出したGKを冷静にかわして無人のゴールへ流し込んだ。その後、44分に相手のセットプレーからアイェウに続けて右ポスト直撃のシュートを許すも、前半を1点リードで終えた。 ▽後半も立ち上がりにワイナルドゥム、カンが決定機を作ったリバプールは、相手がフェグリ、フレッチャーを同時投入した直後の57分に追加点を奪う。波状攻撃からワイナルドゥムの見事なドライブ回転のダイレクトボレーがクロスバーを叩くと、このクリアボールを拾ったコウチーニョがボックス付近でDFを鮮やかなドリブルでかわしてボックス中央から右足を振り抜くと、このシュートがゴール左隅の絶妙なコースに決まった。 ▽幸先良く2点目を奪ったリバプールの勢いはその後も止まらない。すると62分、高い位置でのボール奪取からワイナルドゥムのスルーパスに抜け出したコウチーニョが再びボックス内で鮮やかなステップでDFをかわし、右足のシュートを突き刺した。 ▽この3点目で試合を完全に決定付けたリバプールは、76分にもボックス右でドリブル突破を仕掛けたスタリッジの折り返しをララナがシュートしたこぼれ球をワイナルドゥムがゴール前のオリジに繋ぐと、これをベルギー代表FWが難なく流し込み4点目を奪取。その後、試合終盤に殊勲のスタリッジ、コウチーニョ、ララナに代えてルーカス、グルイッチ、ウッドバーンを投入して試合をクローズしたアウェイのリバプールが4-0で快勝。苦手ハマーズに6試合ぶりの勝利を収めたリバプールが、最終節を前に3位の座を死守した。 2017.05.15 00:16 Mon
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース