ウェストハムがGKアドリアンとの2年契約延長オプションを行使2017.05.20 04:01 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウェストハムは19日、スペイン人GKアドリアン(30)との2019年6月30日までとなる契約延長オプションを行使したことを発表した。

▽ベティス出身のアドリアンは2013年夏からウェストハムでプレー。過去2シーズンは正GKとして活躍し、これまで公式戦121試合に出場していた。今季はアイルランド代表GKダレン・ランドルフの前に第2GKに降格していた時期もあったが、第34節以降は正GKに復帰していた。

▽ウェストハムを率いるスラヴェン・ビリッチ監督はアドリアンとの契約延長について公式サイトで次のように語っている。

「アドリアンは契約切れになるところだったが、我々はオプションを行使した。彼には当然ながら満足しているからね」

コメント

関連ニュース

thumb

ビリッチ采配的中のウェストハムが今季リーグ戦初勝利!《プレミアリーグ》

▽ウェストハムは11日、プレミアリーグ第4節でハダースフィールドと対戦し、2-0で勝利した。 ▽開幕3連敗で最下位に沈むウェストハムは、前節のニューカッスル戦からスタメンを5人変更。E・フェルナンデスやA・アイェウ、オグボンナらに代えてキャロルやクヤテ、フォンテらがスタメンに名を連ねた。一方、リーグ戦無敗のハダースフィールドは、前節のサウサンプトン戦と同じスタメンで試合に臨んだ。 ▽試合は開始早々の2分にウェストハムにチャンス。フォンテの右クロスをボックス左でキャロルが受けると縦に切り込みクロスを供給。このボールにファーサイドのクヤテが飛び込むも、右足にはわずかに届かない。 ▽13分には、右サイドを突破したアントニオの折り返しからエルナンデスに決定機が訪れるも、シュートはクロスバーを直撃した。その後も主導権を握るウェストハムだったが、フィニッシュの精度を欠いてしまい決定機を生かせない。 ▽ゴールレスで迎えた後半、先制点の遠いウェストハムは64分にエルナンデスを下げてA・アイェウを投入。すると71分、バイタルエリア中央でA・アイェウからのパスを受けたオビアンがミドルシュート。これが相手DFにディフレクトすると、ふわりと浮いたボールがそのままゴール右に吸い込まれた。 ▽待望の先制点で勢いに乗るウェストハムは、78分にもクレスウェルの右CKをフォンテが右足で合わせると、相手DFのブロックに当たったセカンドボールをA・アイェウが押し込み、追加点を奪った。 ▽その後も危なげない試合運びでゲームを締めくくったウェストハムが2-0で勝利。ビリッチ采配的中のウェストハムがホームで今季リーグ戦初勝利を飾った。 2017.09.12 06:03 Tue
twitterfacebook
thumb

スポルティングがウェストハムを訴える? 選手移籍を巡りFIFAに報告へ

▽スポルティング・リスボンが、選手の移籍を巡ってウェストハムを訴えるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽問題となっているのは、ポルトガル代表MFウィリアム・カルバーリョに対するウェストハムのアプローチとのこと。スポルティングは、「違法なアプローチ」があったとして、FIFAに報告する予定とのことだ。 ▽『スカイ・スポーツ』によると、ウェストハムの共同オーナーであるデイビッド・サリバン氏がW・カルバーリョ獲得に向けて送信した2通のメールを紹介。ウェストハムが売却する際には10%を支払うこと、またチャンピオンズリーグの予選に出場するという条件で2300万ポンド(約32億7000万円)のオファーを提示していた。 ▽W・カルバーリョ自身もプレミアリーグへの移籍を望んでいたと報じられていたが、スポルティングとの契約解除条項は4000万ポンド(約56億8700万円)に設定されており、オファーとは大幅な開きがあった。ウェストハムは、移籍最終日にスポルティングとの再交渉を試みたが、十分な時間がないことを理由にオファーを拒否されたと主張している。 ▽一方で、スポルティングの広報責任者であるヌーノ・サライバ氏が、サリバン氏に対し「嘘つき」「寄生虫」と表現したことに対し、ウェストハム側は訴訟を起こしている。 ▽ヌーノ・サライバ氏は自身のFacebook上で「ウィリアム・カルバーリョに対する獲得申し込みはなかった」と明かし、サリバン氏が言っていることを証明するように訴えている。 「サリバン氏は自身の発言を証明する義務がある。そのため、公にスポルティング・リスボンが提案を受け取ったという証拠と同様に、彼が提示したということを公にするように求める」 ▽互いの主張が行き交う泥沼状態となりつつある両クラブ。果たしてどちらの主張に軍配が上がるのだろうか。 2017.09.07 17:52 Thu
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラ、ハマーズからMFスノッドグラスをレンタルで獲得!

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)のアストン・ビラは25日、ウェストハムからスコットランド代表MFロバート・スノッドグラス(29)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽2014年にノリッジからハル・シティに加入したスノッドグラスは、卓越した左足のキックと攻撃センスを武器に、一昨シーズンのプレミア昇格に貢献。また、昨シーズンはクラブが降格圏に沈む中、リーグ戦20試合に出場し、7ゴール3アシストと攻撃の大黒柱として奮闘していた。 ▽その後、今年1月にウェストハムに3年半契約で加入した同選手は、15試合に出場。だが、スラヴェン・ビリッチ監督の信頼を得ることができず。今夏クラブがオーストリア代表MFマルコ・アルナウトビッチらを補強したこともあり、わずか半年でクラブを去ることになった。 ▽なお、屈強なフィジカルを生かした縦への推進力に加え、プレースキックの名手としても知られるスノッドグラスは、今夏チェルシーから加入した元イングランド代表DFジョン・テリーらと共にビラをプレミア昇格に導くことができるか。 2017.08.26 01:45 Sat
twitterfacebook
thumb

キャロル、古巣ニューカッスルに復帰か

▽ウェストハムに所属する元イングランド代表FWアンディ・キャロル(28)に古巣であるニューカッスル復帰の可能性が浮上した。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽キャロルは、ニューカッスル下部組織出身の長身ストライカー。プレミアリーグで2009-10シーズンに17得点、翌シーズンに11得点をマークするなど、ニューカッスル生え抜きの点取り屋として一時代を築いた。だが、2011年冬のニューカッスル退団後は、故障の影響もあり、パフォーマンスが低下。2010-11シーズンを最後にプレミアリーグで二桁得点から遠ざかっている。 ▽伝えられるところによれば、ニューカッスルを率いるラファエル・ベニテス監督は、かつてクラブの得点源として活躍したキャロルに関心を寄せている模様。シーズンローンでのニューカッスル復帰を考慮しているようで、ウェストハムも相次ぐケガに苦しむキャロルにオファーが届けば移籍を容認する構えを見せているという。 2017.08.20 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

吉田が決勝PKを獲得! サウサンプトンが土壇場PK弾でホーム開幕戦を白星で飾る!!《プレミアリーグ》

▽サウサンプトンは19日、プレミアリーグ第2節でウェストハムとホームで対戦し、3-2で勝利した。日本代表DF吉田麻也はフル出場している。 ▽12日に行われた開幕節のスウォンジー戦をゴールレスドローで終えたサウサンプトンは、その試合からワード=プラウズに代えて新戦力のレミナを起用した。一方のウェストハムは、完敗を喫したマンチェスター・ユナイテッド戦からスタメンを4人変更。リードやエジミウソン・フェルナンデスらに代えて古巣対決となるフォンテやアントニオらを起用した。 ▽試合は早い時間に動く。11分、レドモンドのスルーパスでボックス左に抜け出したガッビアディーニが左足を振り抜くと、このシュートがゴール右隅に吸い込まれた。先手を取ったサウサンプトンは、33分に退場を誘発。最終ラインのスティーブンスが後ろからボールを奪いに来たアルナウトビッチにヒジ打ちを受けた。 ▽数的優位となったサウサンプトンは38分、レドモンドのパスをボックス内で受けたデイビスがフォンテに引き倒されPKを獲得。このPKをダディッチが決めて追加点を奪った。 ▽2点のリードを許したウェストハムだが、前半終了間際に1点を返す。45分、ボックス手前でボールを受けたアントニオが反転からミドルシュート。GKフォースターの弾いたルーズボールをエルナンデスが押し込んだ。 ▽迎えた後半は、立ち上がりから一進一退の攻防が続く。サウサンプトンは65分、レミナを下げてワード=プラウズを投入。対するウェストハムは、68分にアントニオとA・アイェウに代えてD・サコとE・フェルナンデスを投入する2枚替えを敢行。 ▽すると、この交代で功を奏したのはウェストハム。74分、サイドチェンジを受けたクレスウェルが左クロスを供給すると、D・サコがヘディングシュート。GKフォースターの弾いたボールがクロスバーを叩くと、セカンドボールに反応したエルナンデスが押し込み、同点に追いついた。 ▽試合終盤に差し掛かり、このまま試合終了かと思われたが後半アディショナルタイム3分に試合が動く。吉田を前線に上げ、パワープレーを敢行するサウサンプトンは、ワード=プラウズのロングパスをボックス内で競り合った吉田がサバレタに倒され、PKを獲得。このPKを途中出場のオースティンが決め、土壇場で勝ち越しに成功した。 ▽結局、このゴールが決勝点となり3-2で試合終了。サウサンプトンがホーム開幕戦で今季初勝利を手にした。 2017.08.20 04:21 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース