ネイマールほかCL決勝控える一部主力が選外、アルゼンチンとの親善試合に臨むブラジル代表メンバー発表《国際親善試合》2017.05.20 01:07 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブラジルサッカー連盟(CBF)は19日、6月に行われるアルゼンチン代表とオーストラリア代表との国際親善試合に臨む代表メンバー24名を発表した。

▽ブラジルを率いるチッチ監督は6月3日に行われるチャンピオンズリーグ決勝に進出したレアル・マドリーのDFマルセロやMFカゼミロ、ユベントスのDFダニエウ・アウベスを選外とした他、FWネイマール(バルセロナ)やDFミランダ(インテル)、DFマルキーニョス(パリ・サンジェルマン)といった主力に休養を与えるため選出しなかった。一方でチェルシーのプレミアリーグ優勝に貢献したDFダビド・ルイスが昨年3月以来ぶりに復帰を果たした他、負傷から復帰したFWガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティ)がメンバー入りした。

▽一番乗りでロシア・ワールドカップ出場を決めているブラジルは、6月9日にオーストラリアでアルゼンチン代表と、同13日にオーストラリア代表とアウェイで対戦する。今回発表されたブラジル代表メンバーは以下の通り。

◆ブラジル代表メンバー
GK
ジエゴ・アウベス(バレンシア/スペイン)
エデルソン・モラエス(ベンフィカ/ポルトガル)

ヴェヴェルトン(アトレチコ・パラナエンセ)

DF
ファグネル(コリンチャンス)
ロドリゴ・カイオ(サンパウロ)
ジウ(山東魯能/中国)
チアゴ・シウバ(パリ・サンジェルマン/フランス)
ジェメルソン(モナコ/フランス)
フィリペ・ルイス(アトレティコ・マドリー/スペイン)
ダビド・ルイス(チェルシー/イングランド)
アレックス・サンドロ(ユベントス/イタリア)
ラフィーニャ(バイエルン/ドイツ)


MF
ロドリギーニョ(コリンチャンス)
ルーカス・リマ(サントス)
レナト・アウグスト(北京国安/中国)
パウリーニョ(広州恒大/中国)
ジウリアーノ(ゼニト/ロシア)
フェルナンジーニョ(マンチェスター・シティ/イングランド)
フィリペ・コウチーニョ(リバプール/イングランド)
ウィリアン(チェルシー/イングランド)


FW
ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティ/イングランド)
ドグラス・コスタ(バイエルン/ドイツ)
タイソン(シャフタール/ウクライナ)
ジエゴ・ソウザ(スポルチ・レシフェ)

コメント

関連ニュース

thumb

ジエゴ・ソウザの2ゴール含む4発でブラジルがオーストラリアに圧勝《国際親善試合》

▽国際親善試合のオーストラリア代表vsブラジル代表が13日にオーストラリアのメルボルン・クリケット・グラウンドで行われ、4-0でブラジルが圧勝した。 ▽8日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選・グループB第8節のサウジアラビア代表戦を3-2で勝利し、暫定ながら首位の日本、サウジアラビアと勝ち点16で並んだオーストラリアは、その一戦から先発メンバーを7人変更。GKライアンとマクゴーワン、アーバイン、ユリッチらに代えて、GKランゲラクとマーク・ミリガン、クルーズ、ケイヒルらが先発した。 ▽一方、9日に行われた国際親善試合でアルゼンチン代表に0-1で敗れたブラジルは、その一戦から先発メンバーを8人変更。GKヴェヴェルトンとジウ、フェルナンジーニョ、ウィリアンらに代えて、GKジエゴ・アウベスとD・ルイス、ラフィーニャ、ドグラス・コスタらを起用した。 ▽試合はキックオフ直後にいきなりブラジルが先制する。敵陣中央右でパスを奪ったジュリアーノが持ち上がり、ボックス右へラストパス。これに反応したジエゴ・ソウザが右足でゴール左へと流し込み、開始12秒でゴールネットを揺らした。 ▽出鼻をくじかれたオーストラリアは攻勢を強める。14分、ボックス左外に抜け出したルオンゴがグラウンダーのクロスを供給。これにケイヒルが飛び込むも、ギリギリのところでカイオにクリアされてしまう。 ▽前半半ばが経過すると、ブラジルが試合を落ち着かせ、次第にオーストラリアを押し込み始める。24分、右サイドを突破したドグラス・コスタがボックス右へと侵攻。ゴール前にクロスを供給し、ニアサイドに走り込んだジエゴ・ソウザが右足で合わせるが、ミートできない。 ▽さらに29分、敵陣中央でパスカットしたD・ルイスのスルーパスに反応したジエゴ・ソウザがループシュートを放ち、ネットを揺らす。しかし、これはオフサイドの判定が下される。 ▽その後もサイドから相手ゴールへ迫るブラジルは34分、左サイドを突破したアレックス・サンドロのゴール前へのクロスをジエゴ・ソウザが落とし、ボックス内へ走り込んだパウリーニョが左足で合わせるが、枠を捉えることができない。 ▽我慢の時間帯が続くオーストラリアは40分、敵陣中央左で縦パスを受けたトロイージがボックス手前やや右へと持ち込み、左足を振り抜くもゴール右を逸れた。 ▽後半に入ると、1点リードしているブラジルがオーストラリアを攻め立てる。48分、ボックス手前での7が対峙したDFの股を抜くスルーパス。走り込んだコウチーニョがボックス左へ落とすと、走り込んだアレックス・サンドロが左足でシュートを放つが、わずかにゴール左へ外れた。 ▽その後も攻勢を続けるブラジルは62分に追加点を挙げる。コウチーニョの右CKをニアサイドに走り込んだD・ルイスがヘディングシュート。これはバーに弾かれるも、ファーサイドのカイオの折り返しをチアゴ・シウバが頭で押し込んだ。 ▽リードを広げたブラジルは75分、ワンツーでゴール前右へ侵攻したパウリーニョの落としをタイソンが右足でゴール左隅へと流し込んだ。 ▽リードを3点に広げられたオーストラリアは、反撃を仕掛けるも、最後のところで相手守備陣を崩し切れない。一方、最後までオーストラリアを寄せ付けないブラジルは後半アディショナルタイム3分、ウィリアンの左CKを先制点を挙げたジエゴ・ソウザが頭で押し込み、試合終了。ブラジルが4発でオーストラリアを下した。 オーストラリア 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ブラジル</span> 【ブラジル】 ジエゴ・ソウザ(前1) チアゴ・シウバ(後17) タイソン(後30) ジエゴ・ソウザ(後48) 2017.06.13 21:29 Tue
twitterfacebook
thumb

ガブリエウ・ジェズスが左目の眼窩骨折でセレソン離脱…シティ同僚DFオタメンディのエルボーで負傷《国際親善試合》

▽ブラジルサッカー連盟(CBF)は10日、9日に行われたアルゼンチン代表との国際親善試合で負傷したブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスが13日に行われるオーストラリア代表との国際親善試合を欠場することを発表した。 ▽9日にオーストラリアのメルボルン・クリケット・グラウンドで行われたアルゼンチン戦で先発出場したジェズスは、試合終了間際にマンチェスター・シティの同僚DFニコラス・オタメンディと競り合った際に顔面にエルボーを受け、担架でピッチを後にしていた。 ▽その後、精密検査を受けた結果、左目の眼窩骨折と診断され、代表から離脱することになった。現時点でジェズスの離脱期間は判明していないものの、シティでのプレシーズンの準備に影響はない見込みだ。 2017.06.11 04:45 Sun
twitterfacebook
thumb

G・ジェズスが代表戦で同僚オタメンディと競り合い負傷…タンカで運ばれる

現地時間9日、国際親善試合のブラジルvsアルゼンチンが、オーストラリアで開催され、DFガブリエル・メルカドのゴールによって、アルゼンチンが1-0で勝利を収めている。この結果、アルゼンチン代表の指揮官に就任したホルヘ・サンパオリは初陣を白星で飾る結果となった。<br><br>この試合では終盤にFWガブリエウ・ジェズスが負傷退場する一幕があった。88分、G・ジェズスはハイボールを競ろうとした際に、相手DFのニコラス・オタメンディに上からのしかかられる形になり、そのままピッチに倒れ92分にストレッチャーで運ばれてピッチを去った。なお、G・ジェズスとオタメンディはマンチェスター・シティのチームメート同士となる。<br><br>かつてアーセナルでプレーし、現在はブラジル代表のチームスタッフを担当しているエドゥはG・ジェズスについて「医師に話を聞いたが、ガブリエウに深刻な負傷は見られない。大きな問題ではないようだ」とメディアの前で発言。また、G・ジェズスが衝突後、一時的に意識を失ったことも明らかにしている。<br><br>今回の代表マッチウィークにロシア・ワールドカップの南米予選がないため、アルゼンチン、オーストラリアとのフレンドリーマッチ2連戦を行うブラジル代表にとって、G・ジェズスが大きな負傷に至らなかったことは幸いと言えそうだ。<br><br>提供:goal.com 2017.06.10 09:00 Sat
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン、サンパオリ初陣で白星! メルカド弾を死守しブラジル撃破《国際親善試合》

▽国際親善試合のブラジル代表vsアルゼンチン代表が9日にオーストラリアのメルボルン・クリケット・グラウンドで行われ、1-0でアルゼンチンが勝利した。 ▽ロシアW杯南米予選で現在6連勝中のブラジルは、[4-3-3]を採用した。GKにヴェヴェルトン、最終ラインは右からワグネル、チアゴ・シウバ、ジウ、フィリペ・ルイス。アンカーにフェルナンジーニョ、インサイドハーフにはパウリーニョとR・アウグスト。前線にはコウチーニョ、ガブリエウ・ジェズス、ウィリアンを並べた。 ▽一方、ホルヘ・サンパオリ新監督の初陣となったアルゼンチンは、[3-4-3]を採用。GKにロメロ、最終ラインに右からオタメンディ、マイダナ、メルカド。ダブルボランチにビリアとバネガ。右サイドにホセ・ルイス・ゴメス、左サイドにディ・マリア、ツーシャドーにメッシとディバラ。ワントップにイグアインを配置した。 ▽約9万5000人の観客が集まった試合は序盤から球際の激しい立ち上がりとなる。そんな中、最初にゴールを脅かしたのはアルゼンチン。6分、ハーフウェイライン付近左のディ・マリアのパスを敵陣中央で受けたディバラが、ボックス左手前へスルーパス。これに反応したディ・マリアがボックス内へ侵攻し、左足でシュートを放つが、これは左ポストに嫌われる。 ▽その後もアルゼンチンが積極的なプレスをかけて、素早くゴールに迫るも、時間の経過とともにブラジルも応戦する。18分、敵陣中央やや右での細かいパス回しからワグネルが右サイドを突破すると、ボックス手前にパス。これをR・アウグストが右足インサイドで合わせたが、シュートはゴール右上を通過した。 ▽流れを引き寄せ始めたブラジルはさらに21分、ハーフウェイライン付近やや左でフェリペ・シウバのパスを受けたガブリエウ・ジェズスが左サイドへスルーパスを供給。これに反応したウィリアンが左サイドを突破し、ボックス右へラストパスを送る。最後はコウチーニョが切り返しから左足でシュートを放つが、GKロメロの好守に阻まれた。 ▽両者プレッシャーに激しさが増し、互いに相手守備陣を崩し切れない時間帯のまま前半終盤に差し掛かるとアルゼンチンがブラジルを押し込み始める。38分、敵陣中央やや右でFKを獲得すると、キッカーのメッシがクロスを選択。ボックス中央に走り込んだイグアインが頭で合わせるも、GKヴェヴェルトンに対処される。さらに43分、左サイドを突破したディ・マリアのクロスをメッシがボックス手前に落とすと、ディバラが丁寧に左足でゴール左上隅を狙うが、わずかに枠を逸れた。 ▽このままゴールレスで前半終了かと思われた45分、アルゼンチンが均衡を破る。メッシのパスをボックス左手前で受けたディ・マリアがクロスを供給。これをオタメンディが頭で合わせると、右ポストに弾かれるも、こぼれ球をメルカドがプッシュした。 ▽1点ビハインドで試合を折り返したブラジルは後半開始から果敢に敵陣へと攻め入るが、アルゼンチンの粘り強い守備に苦戦し、ゴールを脅かすことができない。53分にはガブリエウ・ジェズスがボックス手前に転がったセカンドボールに素早く反応してシュートを放つが、GKロメロに正面でキャッチされる。 ▽攻勢を強めるブラジルは59分、コウチーニョがガブリエウ・ジェズスとのワンツーで左サイドを突破。ボックス左へと侵攻すると、キックフェイントからカットインし、右足を振り抜くも、走り込んでいたパウリーニョに直撃してしまう。 ▽後半の半ばに差し掛かると、ブラジルにビックチャンスが訪れる。62分、フェルナンジーニョのスルーパスに抜け出したガブリエウ・ジェズスがボックス内でGKロメロをかわしてシュートを放つと、左ポストに直撃。さらにボックス右にこぼれたボールをウィリアンが右足ダイレクトでシュートを放つが、今度は右ポストに嫌われる。 ▽窮地を脱したアルゼンチンは、積極的に交代カードを切って修正を図るが、前線のパスワークが噛み合わず攻撃が停滞してしまう。対するブラジルは、両サイドから幾度となく相手ゴールに迫るも、クロスをことごとくアルゼンチン守備陣に阻まれ、シュートまで持ち込むことができない。 ▽なかなかアルゼンチンの牙城を崩すことができないブラジルは終盤、ガブリエウ・ジェズスが浮き球を競り合った際に、オタメンディの右ひじが顔面に直撃するアクシデントに見舞われ、最後まで同点ゴールはうまれず、試合終了。メルカドのゴールを死守したアルゼンチンがサンパオリ監督初陣を白星で飾った。 2017.06.09 21:17 Fri
twitterfacebook
thumb

チアゴ・シウバ、アルゼンチンとの親善試合は真剣勝負になると予想「熱い試合になる」

ブラジル代表のDFチアゴ・シウバは、アルゼンチン代表との一戦を前に意気込みを語った。『OMNISPORT』が伝えている。<br><br>ブラジルは9日、オーストラリアのメルボルンでアルゼンチンと親善試合を行う。チアゴ・シウバはリオネル・メッシとのマッチアップが困難なものになると認めている。<br><br>「メッシのようなレベルの選手と戦うのはいつも大変なものだ。彼とは最近何度も対戦してきた。ミランでプレーしていた頃からチャンピオンズリーグで毎年対戦している。今のパリ・サンジェルマンでもそうだ。もちろん1-6の敗戦は僕らにとってすごく残念だった」<br><br>また、チアゴ・シウバは親善試合でありながら、真剣勝負さながらの雰囲気となることを予想している。<br><br>「ブラジル対アルゼンチンだ。こういう試合は単なる親善試合のようにはならない。もっと熱い試合になるだろう。彼らは監督が交代して、すごくモチベーションが高い。僕らもモチベーションを高めて集中することが必要だ。ダービーマッチはいつも細かい部分で勝負が決まるものだからだ」<br><br>アルゼンチンはホルヘ・サンパオリ監督が就任して以降、初めての実戦となる。注目の一戦はどちらに軍配が上がるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.09 15:54 Fri
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース