ネイマールほかCL決勝控える一部主力が選外、アルゼンチンとの親善試合に臨むブラジル代表メンバー発表《国際親善試合》2017.05.20 01:07 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブラジルサッカー連盟(CBF)は19日、6月に行われるアルゼンチン代表とオーストラリア代表との国際親善試合に臨む代表メンバー24名を発表した。

▽ブラジルを率いるチッチ監督は6月3日に行われるチャンピオンズリーグ決勝に進出したレアル・マドリーのDFマルセロやMFカゼミロ、ユベントスのDFダニエウ・アウベスを選外とした他、FWネイマール(バルセロナ)やDFミランダ(インテル)、DFマルキーニョス(パリ・サンジェルマン)といった主力に休養を与えるため選出しなかった。一方でチェルシーのプレミアリーグ優勝に貢献したDFダビド・ルイスが昨年3月以来ぶりに復帰を果たした他、負傷から復帰したFWガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティ)がメンバー入りした。

▽一番乗りでロシア・ワールドカップ出場を決めているブラジルは、6月9日にオーストラリアでアルゼンチン代表と、同13日にオーストラリア代表とアウェイで対戦する。今回発表されたブラジル代表メンバーは以下の通り。

◆ブラジル代表メンバー
GK
ジエゴ・アウベス(バレンシア/スペイン)
エデルソン・モラエス(ベンフィカ/ポルトガル)

ヴェヴェルトン(アトレチコ・パラナエンセ)

DF
ファグネル(コリンチャンス)
ロドリゴ・カイオ(サンパウロ)
ジウ(山東魯能/中国)
チアゴ・シウバ(パリ・サンジェルマン/フランス)
ジェメルソン(モナコ/フランス)
フィリペ・ルイス(アトレティコ・マドリー/スペイン)
ダビド・ルイス(チェルシー/イングランド)
アレックス・サンドロ(ユベントス/イタリア)
ラフィーニャ(バイエルン/ドイツ)


MF
ロドリギーニョ(コリンチャンス)
ルーカス・リマ(サントス)
レナト・アウグスト(北京国安/中国)
パウリーニョ(広州恒大/中国)
ジウリアーノ(ゼニト/ロシア)
フェルナンジーニョ(マンチェスター・シティ/イングランド)
フィリペ・コウチーニョ(リバプール/イングランド)
ウィリアン(チェルシー/イングランド)


FW
ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティ/イングランド)
ドグラス・コスタ(バイエルン/ドイツ)
タイソン(シャフタール/ウクライナ)
ジエゴ・ソウザ(スポルチ・レシフェ)

コメント

関連ニュース

thumb

またやった! 元磐田DFギレルメが対戦相手に暴行…

▽セリエB(ブラジル2部)のパイサンドゥSCに所属するブラジル人DFギレルメが、試合後に暴行をはたらいた。ブラジル『Portal O Dia』が報じている。 ▽ギレルメは、21日のセリエB第32節フォルタレーザ戦にフル出場。しかしチームが0-1で敗北した後、対戦相手の顔面に拳を入れる暴挙に出てしまう。レッドカードが提示されており、長期の出場停止処分が下る可能性もあるようだ。 ▽ギレルメは今年初め、パイサンドゥSCからジュビロ磐田に期限付き移籍。明治安田生命J1リーグに11試合出場していたが、5月2日に行われた第12節の横浜F・マリノス戦にて2度の警告を受けて退場が命じられると、MF喜田拓也に蹴りを入れ、相手チームスタッフにも肘打ちの暴力行為を働いた。 ▽その後、クラブからの謹慎処分に加えて、Jリーグから6試合の出場停止処分が科されたが、その数日後に磐田との契約を解除。パイサンドゥSCに復帰していた。 2018.10.23 15:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ネイマール、バルセロナ復帰考慮か ムバッペに主役を奪われると危惧

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(26)に、バルセロナ復帰の可能性が浮上した。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 ▽昨年の夏に、史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約287億円)でバルセロナからPSGに移籍したネイマール。バルセロナでは良い時間を過ごしていたが、アルゼンチンFWリオネル・メッシの陰に隠れ主役になれなかったことが、退団を選んだ理由に挙げられている。 ▽PSG加入後のネイマールは、初年度となった昨シーズンから公式戦30試合28ゴール16アシストと大活躍した。しかし、昨年末のチーム内不和報道をきっかけにホームでサポーターから批判を受けることが増え、退団報道が噴出。主にレアル・マドリーへの移籍が取り沙汰されていた。 ▽しかし、今回の『ムンド・デポルティボ』によると、ネイマールがバルセロナ復帰にオープンな態度を示しているという。また、クラブ側も喜んで受け入れを考えているそうだ。 ▽PSGのエースとして今シーズンもここまでの公式戦11試合11ゴール4アシストをマークするネイマールだが、ロシア・ワールドカップ(W杯)で4ゴールを決めてフランス代表の優勝に貢献したFWキリアン・ムバッペの飛躍を危惧。これにより、バルセロナ復帰を考慮するに至ったようだ。 2018.10.17 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー、ミラン獲得合意のパケタを強奪か

▽レアル・マドリーが、フラメンゴに所属するブラジル代表ルーカス・パケタ(21)の獲得を諦めていないようだ。スペイン『マルカ』の情報をもとにイタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽多くのビッククラブから関心が寄せられていたパケタ。しかし、11日にミランのスポーツディレクター(SD)を務めるレオナルド氏が、「フラメンゴとの基本的な合意に達している」と発言し、ミラン行きが確定的となった。また、公式発表はないものの、既報によると移籍金3500万ユーロ(約45億円)での合意となったようだ。 ▽しかし、関心を示していたマドリーはパケタ獲得を諦めず。ブラジルの同胞であるマルセロやヴィニシウス・ジュニオールが、説得を試みるという。 ▽フラメンゴ下部組織出身のパケタは、ブラジル人独特のしなやかさとテクニックを武器にオフェンシブMFを本職とするゲームメーカーだ。2016年には、トップチームに昇格を果たすと同時に2020年まで契約を延長。プロデビューを飾った昨シーズンはケガに泣き、リーグ戦17試合の出場に留まっていたが、今季はここまでリーグ戦25試合で9ゴールと躍動中だ。また、9月8日に行われたアメリカ代表との国際親善試合で、ブラジル代表デビューも飾った。 2018.10.17 14:06 Wed
twitterfacebook
thumb

ミランダのAT弾でブラジルがアルゼンチンとの南米クラシコを制す《国際親善試合》

▽国際親善試合、ブラジル代表vsアルゼンチン代表が16日にサウジアラビアで行われ、1-0でブラジルが勝利した。 ▽5日前に行われたイラク代表戦をディバラの3ゴールに絡む活躍で4-0と快勝したアルゼンチンは、その試合のスタメンから7選手を変更。ディバラ、オタメンディ、GKロメロらが引き続きスタメンとなって、イカルディやコレアが先発となった。 ▽一方、4日前に行われたサウジアラビア代表戦をネイマールの2アシストの活躍で2-0と勝利したブラジルは、その試合のスタメンから6選手を変更。ネイマール、コウチーニョ、ガブリエウ・ジェズス、カゼミロ、マルキーニョスが引き続きスタメンとなって、フィルミノやアルトゥール、GKアリソンらが先発となった。 ▽これまで37勝25分け37敗と全くの五分の成績となっている南米の盟主を争う両国によるクラシコ。ブラジルは[4-3-3]を採用し、3トップに右からG・ジェズス、フィルミノ、ネイマールと並べ、中盤アンカーにカゼミロ、インサイドにコウチーニョとアルトゥールを配した。 ▽対するアルゼンチンも[4-3-3]を採用し、3トップに右からディバラ、イカルディ、コレアと並べ、中盤アンカーにバッタリア、インサイドにパレデスとロ・セルソを配置した。 ▽ブラジルがポゼッションする立ち上がりとなった中、まずは8分にロ・セルソがミドルシュートを浴びせてアルゼンチンがゴールに迫る。 ▽その後もブラジルがネイマールを起点に押し込む流れが続くと、28分に決定機。FKの流れからボックス右でフリーとなっていたミランダがシュート。しかし、枠を捉えていたシュートはゴールライン前のオタメンディにカットされてしまった。 ▽劣勢のアルゼンチンは30分、ボックス手前右で得たFKをディバラが直接狙ってゴールを脅かすも、わずかに枠の右上に外れた。ハーフタイムにかけてもブラジルが押し込んだが、チャンスは作れず前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半開始3分、ロ・セルソのヘディングシュートが枠を捉えたアルゼンチンは、続く51分にはイカルディがFKのリスタートからシュートに持ち込んでブラジルを牽制。そのアルゼンチンは58分、ディバラに代えてL・マルティネスを投入する。 ▽後半に入ってチャンスを作れなくなったブラジルは65分、G・ジェズスに代えてリシャルリソンを投入した。すると70分、FKからアルトゥールのボレーシュートが枠を捉えたが、GKロメロのセーブに阻まれる。 ▽終盤にかけても攻めるブラジルは、84分にカゼミロが直接FKでゴールに迫ると、試合終了間際の追加タイム3分に均衡を破った。ネイマールの左CKからニアサイドでフリーとなっていたミランダがヘディングシュートを流し込んだ。 ▽これが決勝点となってブラジルが勝利。アルゼンチンとの南米クラシコを制し、通算成績で1勝上回ることとなった。 2018.10.17 05:46 Wed
twitterfacebook
thumb

ネイマール2Aのブラジルがサウジアラビアに勝利《国際親善試合》

▽ブラジル代表は12日、国際親善試合でサウジアラビア代表とアウェイで対戦し、2-0で勝利した。 ▽4日後にアルゼンチン代表との国際親善試合を控えるブラジルは、[4-3-3]のシステムを採用。3トップは右からコウチーニョ、ガブリエウ・ジェズス、ネイマールと並べ、中盤アンカーにカゼミロ、インサイドにフレッジとR・アウグストを配した。 ▽ゆったりと立ち上がった中、徐々に圧力を強めたブラジルは、ネイマールが個人技でシュートを浴びせてサウジアラビアをけん制していく。 ▽26分には左サイド低い位置からのFKをニアサイドのG・ジェズスが頭で合わせたシュートが枠を捉えたが、GKのファインセーブに阻まれた。 ▽その後もネイマールを起点に押し込んだブラジルは43分に先制する。ネイマールのスルーパスをボックス右で受けたG・ジェズスが、冷静にチップキックシュートで飛び出したGKを外してゴールに流し込んだ。 ▽後半からフレッジに代えてルーカス・モウラを右ウイングに投入し、コウチーニョをインサイドに下げたブラジルは、52分にネイマールのスルーパスをボックス右で受けたルーカス・モウラがシュートに持ち込むもGKの好守に阻まれる。 ▽さらに55分、ネイマールの左足コントロールシュートが左ポストを直撃。追加点に迫ったが、その後はコウチーニョやG・ジェズスを下げたこともあってなかなかチャンスを生み出せない。 ▽それでも終盤の85分に飛び出したサウジアラビアGKがボックスの外でハンドを犯して退場となると、追加タイム6分にネイマールの右CKからアレックス・サンドロがヘディングシュートを流し込んで2-0。ネイマールの2アシストで勝利している。 2018.10.13 05:47 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース