アセンシオ&セルジ・ロベルトが復帰、スペイン代表メンバー発表《ロシアW杯欧州予選》2017.05.20 00:29 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スペインサッカー協会は19日、6月に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選と国際親善試合に臨むスペイン代表メンバー25名を発表した。

▽スペインを率いるフレン・ロペテギ監督は、MFマルコ・アセンシオ(レアル・マドリー)を昨年8月以来ぶりに、MFセルジ・ロベルト(バルセロナ)を昨年11月以来ぶりに招集。一方でクラブチームで好調なMFアンデル・エレーラ(マンチェスター・ユナイテッド)が落選し、DFマルコス・アロンソ(チェルシー)は引き続き選外となった。その他、負傷のDFハビ・マルティネス(バイエルン)が外れている。

▽スペインは5試合を消化したロシアW杯欧州予選グループGで首位に立ち、6月11日にマケドニア代表とのアウェイ戦に臨む。同7日にはホームでコロンビア代表と国際親善試合を戦う。今回発表されたスペイン代表メンバーは以下の通り。

◆スペイン代表メンバー25名
GK
ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ホセ・マヌエル・レイナ(ナポリ/イタリア)
ケパ・アリサバラガ(ビルバオ)

DF
ナチョ・フェルナンデス(レアル・マドリー)
ダニエル・カルバハル(レアル・マドリー)
セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)
ジェラール・ピケ(バルセロナ)
ジョルディ・アルバ(バルセロナ)
ナチョ・モンレアル(アーセナル/イングランド)
セサール・アスピリクエタ(チェルシー/イングランド)

MF
アシエル・イジャラメンディ(ソシエダ)
コケ(アトレティコ・マドリー)
アセンシオ(レアル・マドリー)
イスコ(レアル・マドリー)
セルジ・ロベルト(バルセロナ)
セルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ)
アンドレス・イニエスタ(バルセロナ)
チアゴ・アルカンタラ(バイエルン/ドイツ)

FW
ジエゴ・コスタ(チェルシー/イングランド)
ペドロ・ロドリゲス(チェルシー/イングランド)
ダビド・シルバ(マンチェスター・シティ/イングランド)
ジェラール・デウロフェウ(ミラン/イタリア)
アルバロ・モラタ(レアル・マドリー)
ビトロ(セビージャ)
イアゴ・アスパス(セルタ)

コメント

関連ニュース

thumb

デレ・アリに続きイングランド代表に新たな負傷者

▽大腿部の軽微な筋損傷で負傷が発表されたイングランド代表MFデレ・アリに続き、またも同国代表に負傷者が出たようだ。イギリス『インディペンデント』が伝えている。 ▽しかし、今回負傷したのは選手ではなく、イングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督だ。伝えられるところによると同監督は水曜日の午後、キャンプ地にしているサンクトペテルブルクの練習場の周辺をランニング。その際急に右肩が脱臼したようだ。 ▽その後サウスゲイト監督はイングランドサッカー協会(FA)スタッフの助けを受け、チームドクターによる治療を受けた後、地元の病院に向かったとのこと。それでもその日の夕方に予定していたチームミーティングには間に合ったようだ。同監督はFAの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「これからはどんなに素晴らしいゴールが生まれても激しく喜べないかもしれないね(笑) ドクターからは『拳を突き上げることは良くない』と言われたよ。スタッフのオフを邪魔してしまったのは申し訳ない。ケガをしたのが選手ではなく私であって良かった。ただ、僕の10kmのタイムが記録に迫っていただけに今回の件は少しがっかりしたけどね」 2018.06.21 09:45 Thu
twitterfacebook
thumb

「メッシの扱いは不公平」アルゼンチン指揮官、大一番を前にPK失敗のエースを擁護

アルゼンチンは21日、ロシア・ワールドカップのグループD第2節でクロアチアと対戦する。試合前の会見に臨んだホルヘ・サンパオリ監督は、エースのリオネル・メッシについて言及した。<br><br>優勝候補の一角にも数えられていたアルゼンチン。初戦の相手はW杯初出場のアイスランドだったが、近年成長著しい北欧のチームの堅守に苦戦を強いられる。19分にセルヒオ・アグエロのゴールで先制するがその4分後に追いつかれると、後半にはメッシのPKもストップされ、勝ち越し点を奪えずに1-1引き分けている。<br><br>次節の相手クロアチアは、初戦でナイジェリアに2-0と勝利している。アルゼンチンは、敗れるとグループ突破が絶望的な状況に。引き分けでも最終節勝利が必須となるため、クロアチア戦では勝ち点3を獲得したいところだ。<br><br>サンパオリ監督は、クロアチア戦は厳しい戦いになるとしつつ、勝つ自信はあると意気込んでいる。<br><br>「W杯は本当にタフだ。特に、開幕戦で勝てなかったチームにとっては厳しい戦いになる。毎試合難しいことは理解する必要がある。クロアチアは素晴らしい時期を迎えており、優れたチーム。大きなチャレンジだ。アイスランド戦と同じような姿勢で臨む。自信はあるよ」<br><br>そしてシステム変更を示唆しつつ、メッシに過度のプレッシャーをかけるべきではないと語った。<br><br>「(初戦で)勝てなかったことで大きな動揺があった。レオにすべての責任を負わすべきではない。PKを外すことは誰にでもあるし、良くも悪くもチーム全員が一体になる必要があるんだ」<br><br>「アルゼンチンが得点すればすべてが功績となるが、敗れればすべてがレオの責任になる。これはいつも言っているが、かなり不公平なのもだ。一選手にプレッシャーをかけすぎている」<br><br>「彼は世界最高の選手だが、1人ですべてを変えることは不可能だ。敗戦の責任をすべて負うことはできない」<br><br>また、メッシが英雄ディエゴ・マラドーナ氏と比較されることについて、以下のように語った。<br><br>「人はあらゆる世代との違いを定義するために比較したがるものだ。レオは、アルゼンチン代表として75試合以上戦っているが、5~6試合しか負けていない。ディエゴがそうであったように、彼もチームの柱なんだ」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.21 09:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ネイマール、問題なし! 練習途中離脱の翌日全体練習に復帰

▽19日のトレーニングを途中で切り上げたブラジル代表FWネイマールだが、心配はないようだ。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループE第1節のスイス代表戦を1-1のドローに終えたブラジル。次戦のコスタリカ代表戦に向けてトレーニングを再開させたが、19日にエースのネイマールが練習中に足首に違和感を訴え、途中で切り上げていた。 ▽次戦の出場が心配されていた中、ネイマールは20日のトレーニングに登場。ブラジルサッカー連盟もツイッター(@CBF_Futebol)で「ネイマールが第2戦に向けた練習に復帰」したことを伝えている。また、投稿された動画にはネイマールがゲーム形式のトレーニングやフリーキック練習などを行い、精力的に汗を流している姿が映し出されていた。 ▽ネイマール擁するブラジル代表は22日、第2戦でコスタリカと対戦する。 2018.06.21 08:53 Thu
twitterfacebook
thumb

ポルトガル指揮官、2戦4発のC・ロナウドを称賛「ポートワインのよう。日々進化している」

ポルトガル代表を率いるフェルナンド・サントス監督は、エースのクリスティアーノ・ロナウドを手放しで称賛している。<br><br>ポルトガルは20日、ロシア・ワールドカップグループステージ第2節でモロッコと対戦。試合は押し込まれながらも、クリスティアーノ・ロナウドが開始早々に2試合連続ゴールを挙げ、この得点を守り切る形で白星を手にしている。<br><br>指揮官は「難しい試合だった」とモロッコの強さを認め、審判の判定がポルトガルにとってやや有利に働いたことも語っている。<br><br>「スペイン戦と似たような試合となった。多くのボールを失い、不安に苛まれた。これがワールドカップというもので、弱いチームなどない。モロッコも強かった。我々は成長しなければならないし、もっと良くなるだろう」<br><br>「モロッコにとってアンフェアな結果となったが、それもフットボールだ」<br><br>また、2試合で4ゴールを挙げるエースのC・ロナウドには「彼には素晴らしい監督が付いているからね」と笑わせ、このように続けた。<br><br>「クリスティアーノはポートワインのようだ。年齢との向き合い方をよくわかっている。肉体や戦略など日々進化を遂げているのは、彼が自分で何ができるかをわかっているからだ」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.21 08:10 Thu
twitterfacebook
thumb

アムラバトがポルトガル贔屓?の判定に激昂 「主審はペペにユニフォームをもらおうとしていた」

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループB第2節、ポルトガル代表vsモロッコ代表が20日にルジニキ・スタジアムで行われ、ポルトガルが1-0で勝利した。この結果、最終節を前にモロッコのグループリーグ敗退が決定した。同試合後、モロッコ代表FWノルディン・アムラバトが主審を務めたアメリカ人レフェリーのマーク・ガイガーを痛烈に批判した。 ▽試合は終始モロッコペースで進んだものの、開始4分にMFジョアン・モウティーニョのクロスからFWクリスティアーノ・ロナウドが決めたヘディングでのゴールによって、ポルトガルの勝利に終わった。 ▽しかし、同試合ではポルトガルの選手が比較的簡単にファウルを貰う一方、モロッコの選手へのファウルは比較的流されるなど、ややポルトガル寄りに見える判定が続き、キャプテンのDFマディ・ベナティアを中心にモロッコ陣営が盛んに抗議する場面が目立った。 ▽そして、アムラバトはオランダ『NOS』でガイガー主審の判定が公平ではなかったと痛烈に非難した。 「僕は彼(ガイガー主審)が普段どんな感じなのかはよく知らない。だけど、彼はクリスティアーノ・ロナウドに対してとても感銘を覚えているような感じだった」 「それにペペから聞いたんだけど、彼(ガイガー主審)は前半終了時にペペに対してユニフォームをもらえないかと頼んでいたようだ」 「僕たちは何のことについて話しているんだ? ワールドカップ? ここはサーカスじゃないんだ」 ▽ガイガー主審がペペにユニフォームを求めたというアムラバトの主張の真偽は定かではないが、仮にこれが事実であれば、公平性が求められるレフェリーとして相応しくない行いと言えるだろう。 2018.06.21 06:17 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース