土壇場で追いついた浦安がPK戦の末に町田とのダービーマッチを制して準決勝へ《sfida Fリーグオーシャンカップ2017》2017.05.19 23:56 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽19日に北海きたえーるで、sfida Fリーグオーシャンカップ2017 in北海きたえーる supported by LIFEGUARDOの準々決勝が行われた。

▽第1試合の府中アスレティックFCvs名古屋オーシャンズは1-3で名古屋が勝利。第2試合のヴォスクオーレ仙台vsシュライカー大阪は2-10で大阪が勝利し、第3試合のペスカドーラ町田vsバルドラール浦安の関東ダービーは1-1の末にPK戦を3-1で制した浦安がベスト4に駒を進めた。第4試合のエスポラーダ北海道vs湘南ベルマーレは5-7で湘南が勝利している。

◆府中アスレティックFC vs 名古屋オーシャンズ
(C) CWS Brains, LTD.
▽前回大会の決勝戦と同一カードは、16分にFP橋本優也のゴールで名古屋が先制すると、そのまま試合を折り返して迎えた23分にFP宮田義人のゴールで府中が同点とする。拮抗した試合は終盤を迎えると、40分に新外国人選手であるブラジル代表FPラファが移籍後初ゴールを奪い、名古屋が勝ち越し。そこから府中はパワープレーに出るが、試合終了間際にFP安藤良平のパワープレー返しが決まって勝負あり。名古屋が終盤に府中を突き放してベスト4進出を決めた。

◆ヴォスクオーレ仙台 vs シュライカー大阪
(C) CWS Brains, LTD.
▽昨シーズンのリーグ戦で初優勝を飾った大阪が今大会初戦に挑んだ。開始2分にFP内野脩麻のゴールで仙台が先制するが、大阪は3分にFP小曽戸允哉のゴールで同点とするとその後も次々のゴールを奪い、前半は2-5と大阪がリードする。後半も大阪の勢いは止まらず、22分にFP相井忍がネットを揺らすとそのまま4ゴールを追加。10-2と大差をつけた大阪が名古屋の待つ準決勝へと進出した。

◆ペスカドーラ町田 vs バルドラール浦安
(C) CWS Brains, LTD.
▽北の大地で行われた関東ダービーは、町田がやや押し気味に進めると15分にFP中井健介のゴールで先制する。そのまま後半に入っても町田がペースを握る。しかし徐々に浦安が攻勢に出始め、さらに試合終盤にはパワープレーを開始。迎えた39分にFP加藤竜馬が同点ゴールを奪って試合は40分が終了した。大会規定により、即PK戦となると、選考の浦安は3人全員が成功したのに対して、町田は3人目のキッカーを務めたFP室田祐希がGK藤原潤に止められてしまい勝負あり。追いついてPK戦を制した浦安が準々決勝へと勝ち進んだ。

◆エスポラーダ北海道 vs 湘南ベルマーレ
(C) CWS Brains, LTD.
▽ホストチームである北海道が、今大会初出場となった一戦。平日開催ながらも1000人を超える観客に見守られる中で行われるも、立ち上がりの2分に2失点を喫する。良い入りを見せた湘南はその後もゴールを重ね、前半は3-1とリードして終えた。後半も序盤は湘南がさらにゴールを重ねていく。しかし北海道も7-3と大差が着いた直後の37分にFP十川祐樹が2ゴールを連取。これで勢いに乗って湘南を攻め立てたが猛攻実らず。湘南がホストチームに勝利して、浦安との関東ダービーに臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

今季最初の境川決戦は湘南が快勝!! 浜松は仙台に逆転勝利《DUARIG Fリーグ》

▽22日にDUARIG Fリーグ2017/2018第7節の2試合が開催された。湘南ベルマーレvsペスカドーラ町田の境川決戦は、5-1で湘南が快勝。ヴォスクオーレ仙台vsアグレミーナ浜松は、3-2で浜松が勝利した。 ◆湘南ベルマーレvsペスカドーラ町田<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170722_1_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽今季最初の境川決戦は、静かな立ち上がりとなるも10分にFP小門勇太のゴールで湘南が先行。さらに12分にはFPロドリゴが個人技から2点目を奪う。さらに14分にはオウンゴールで加点して前半を終えた。後半も湘南ペースとなり、22分にはFP刈込真人がループシュートを沈め、4-0で町田を引き離す。対する町田は試合終盤にFP篠崎隆樹をGKに置いたパワープレーに入ると、34分にその篠崎がゴール。しかし35分、今シーズンに町田から湘南に移籍したFP本田真琉虎洲がだめ押しの5点目を奪い試合は終了。湘南が4連勝で3位をキープし、町田は3連敗となった。 ◆ヴォスクオーレ仙台vsアグレミーナ浜松 ▽今シーズン初勝利を目指す仙台は、2分にFP内野脩麻のゴールで先制すると、6分にはオウンゴールで加点に成功する。しかし後半は流れが変わると、26分にFP田中智基、29分にFP前鈍内マティアスエルナンのゴールで浜松が試合を振り出しに戻す。すると試合終盤、浜松はFP山桐正護のゴールで逆転に成功。試合はそのまま終了を迎え、浜松が逆転勝利を飾った。 ◆DUARIG Fリーグ第7節 ▽7月22日(土) 湘南ベルマーレ 5-1 ペスカドーラ町田 ヴォスクオーレ仙台 2-3 アグレミーナ浜松 ▽8/11(金) 《15:00》 シュライカー大阪vs名古屋オーシャンズ ▽7月21日(金) エスポラーダ北海道 5-6 府中アスレティックFC デウソン神戸 1-1 バサジィ大分 フウガドールすみだ 5-1 バルドラール浦安 2017.07.22 20:45 Sat
twitterfacebook
thumb

後半ゴールラッシュで浦安撃破! すみだは5試合負けなし!《DUARIG Fリーグ》

▽DUARIG Fリーグ2017/2018第7節が21日に開催された。エスポラーダ北海道vs府中アスレティックFCは、5-6で府中が勝利。デウソン神戸vsバサジィ大分は、1-1の引き分けた。フウガドールすみだvsバルドラール浦安は、5-1ですみだが勝利している。 ◆エスポラーダ北海道vs府中アスレティックFC ▽前節の湘南ベルマーレ戦を1-4で落とした北海道と、3連勝中の府中の一戦。試合は13分、FP皆本晃のゴールで府中が先制するも、直後に北海道のFP水上玄太にネットを揺され、試合を振り出しに戻される。それでも府中はFP渡邉知晃が16分、18分と立て続けにゴール。後半に入っても攻勢を続ける府中は28分にFP柴田祐輔、29分にFP皆本晃、33分にもFP渡邉知晃が追加点を挙げ、6-1と北海道を引き離した。ところが、ここから北海道がホームの意地。FP水上玄太が35分、36分にゴールに突き刺すと、38分にはFP酒井遼太郎が押し込む。さらに、39分のFP水上玄太のゴールで1点差まで詰め寄ったが、あと一歩及ばず。府中が4連勝を飾った。 ◆デウソン神戸vsバサジィ大分 ▽6試合未勝利の神戸と、4試合白星がない大分の一戦。試合は序盤、ホームの神戸が攻勢に出る。3分にFP稲田瑞穂のミドルシュートがポストに嫌われてしまうと、大分が先制。18分、FP田村研人が左サイドからゴールに突き刺した。そのまま試合を折り返すと後半、両者の攻撃に激しさが増す。迎えた28分、神戸がカウンターからFP森洸が身体ごと押し込み、試合を振り出しに戻した。その後も互いにチャンスを迎えるも、決めきることができず、そのまま試合終了。勝ち星に恵まれない両者の一戦は、1-1の引き分けに終わった。 ◆フウガドールすみだvsバルドラール浦安<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170721_1_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽4試合負けなしのすみだと、前節のシュライカー大阪戦を1-3で敗れた浦安の一戦。試合は11分、すみだがFP渡井博之のゴールで先制する。対する浦安も13分にFPディドゥダがネットを揺らして、同点に追いつく。追加点が生まれないまま迎えた後半、ホームのすみだが一気に浦安を攻め立てる。26分にFP清水和也、27分にFP丹羽脩人がゴールに叩き込み、3-1と浦安を引き離す。苦しい展開を強いられる浦安は終盤、パワープレーを開始。しかし、すみだがこれを逆手に取り、38分にFP岡山和馬とFP渡井博之が立て続けにパワープレー返しを決めて、試合を決定づけた。そのまま試合は終了し、5-1で勝利したすみだが勝ち点3を獲得した。 ◆DUARIG Fリーグ第7節 ▽7月21日(金) エスポラーダ北海道 5-6 府中アスレティックFC デウソン神戸 1-1 バサジィ大分 フウガドールすみだ 5-1 バルドラール浦安 ▽7月22日(土) 《14:00》 湘南ベルマーレvsペスカドーラ町田 《15:00》 ヴォスクオーレ仙台vsアグレミーナ浜松 2017.07.22 00:24 Sat
twitterfacebook
thumb

AFCフットサルクラブ選手権に臨む大阪が浦安に勝利!! 名古屋は外国人選手が躍動!!《DUARIG Fリーグ》

▽15日にDUARIG Fリーグ2017/2018第8節の2試合が行われた。 ▽今月20日にAFCフットサルクラブ選手権にシュライカー大阪が出場するために前倒しで2試合が開催された。岸和田市総合体育館で行われた大阪・神戸共同開催の第1試合、大阪vsバルドラール浦安は3-1で大阪が勝利。第2試合のデウソン神戸vs名古屋オーシャンズは ◆シュライカー大阪vsバルドラール浦安 ▽試合は7分に芝野創太のゴールでホームの大阪が先制すると、直後の8分にもFPアルトゥールがネットを揺らす。そのまま試合を折り返すと、後半開始早々の21分にFPヴィニシウスが追加点を奪った。浦安は29分からFP中島孝をGKに置いたパワープレーに移行。すると36分にFP星翔太が一矢報いるが反撃もここまで。大阪が逃げ切り、勝利でAFCフットサルクラブ選手権に臨むこととなった。 ◆デウソン神戸vs名古屋オーシャンズ ▽試合は開始5分にFPヴァルチーニョが5戦連続ゴールを奪うと、6分にはFPラファもネットを揺らす。さらに7分にはFPルイジーニョも5試合連続得点を奪った。そのまま前半を終えるが。後半も名古屋が得点を重ねる。23分にラファが2点目を奪い、24分にはFP橋本優也がチーム5点目を奪取。神戸はすぐにパワープレーに移行するが、27分にFP星龍太、29分にFP吉川智貴と奪うとさらに3ゴールを追加し、10-0と大勝した。 2017.07.15 19:08 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台下した浦安が今季初勝利! 浜松撃破の府中と北海道に逆転勝利の湘南が3連勝《DUARIG Fリーグ-AbemaTVシリーズ-》

▽9日に浦安市総合体育館で、DUARIG Fリーグ2017/2018第6節の3試合が行われた。 ▽今シーズンから初の試みとなる6クラブ共同開催。浦安市総合体育館ではAbemaTVシリーズとしてバルドラール浦安、府中アスレティックFC、湘南ベルマーレ、エスポラーダ北海道、ヴォスクオーレ仙台、アグレミーナ浜松が終結した。 ▽第1試合の浜松vs府中は2-3で府中が勝利。第2試合の湘南vs北海道は4-1で湘南が 、第3試合の浦安vs仙台は5-4で浦安が勝利している。 ◆アグレミーナ浜松vs府中アスレティックFC<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170709_15_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽前節のエスポラーダ北海道戦を1-2で落としたアグレミーナ浜松と、ヴォスクオーレ仙台戦を6-0で勝利した府中アスレティックFCの試合は4分、府中がFP渡邉知晃のゴールで先制する。さらに府中は19分、第2PKを獲得し、キッカーのFP渡邉知晃がきっちりと決めて、2-0で府中がリードして試合を折り返す。2点を追う浜松は後半、攻勢に転じる。23分にFP岡野健が一点を返すと、29分に中村友亮がネットを揺らして浜松が当店に追いつく。しかし、府中は35分、皆本が強烈なFKを突き刺して、勝ち越しに成功。このゴールを守り切った府中が3連勝を飾った。 ◆湘南ベルマーレvsエスポラーダ北海道<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170709_16_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽前節のバルドラール浦安戦を3-2で勝利した湘南ベルマーレと、アグレミーナ浜松戦を2-1で勝利したエスポラーダ北海道の試合は10分、FP水上玄太がネットを揺らして北海道が先攻する。迎えた後半、猛攻を仕掛ける湘南は26分、FP鍛代元気がゴールを決めて試合を同点にすると、38分にロドリゴが左足を振り抜いて逆転に成功する。逆転を許した北海道はパワープレーを開始するも、湘南はこれを逆手に取り、40分にGKフィウーザとFP植松晃都がパワープレー返しを決める。結局試合は4-1で湘南が勝利し、連勝を「3」に伸ばしている。 ◆バルドラール浦安vsヴォスクオーレ仙台<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170709_17_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽前節の湘南ベルマーレ戦を2-3で落としたバルドラール浦安と、府中アスレティックFC戦を0-6で破れたヴォスクオーレ仙台の一戦。今シーズン、未だ勝利が無い両者の試合は、浦安がFP加藤竜馬のゴールで先制し、さらに10分にもFP永島俊が追加点を記録する。しかし、仙台も反撃。14分にFPマルロン、19分にFP永野雅也がネットを揺らして前半のうちに試合を振り出しに戻す。迎えた後半、浦安がホームの意地を見せる。22分にFP加藤竜馬、24分にFPディドゥダ、28分にFP野村啓介が立て続けにゴールを挙げて、試合を5-2にする。それでも仙台は36分、FP内野脩麻が決めると、38分にFPアレックスが叩き込み、1点差に詰め寄る。しかし、反撃はここまで。浦安が今シーズンリーグ戦初勝利を手に入れた。 ◆DUARIG Fリーグ-AbemaTVシリーズ- ▽7月9日(日) アグレミーナ浜松 2-3 府中アスレティックFC 湘南ベルマーレ 4-1 エスポラーダ北海道 バルドラール浦安 5-4 ヴォスクオーレ仙台 ▽7月8日(土) ヴォスクオーレ仙台 0-6 府中アスレティックFC アグレミーナ浜松 1-2 エスポラーダ北海道 バルドラール浦安 2-3 湘南ベルマーレ 2017.07.09 22:36 Sun
twitterfacebook
thumb

名古屋の新外国人選手躍動で町田に8発快勝! すみだは神戸とドロー、大阪は大分に快勝《DUARIG Fリーグ-J SPORTSシリーズ-》

▽9日に墨田区総合体育館で、DUARIG Fリーグ2017/2018第6節の3試合が行われた。 ▽第1試合のバサジィ大分vsシュライカー大阪は3-8で大阪が勝利し、第2試合のペスカドーラ町田vs名古屋オーシャンズは8-0で名古屋が勝利した。第3試合のフウガドールすみだvsデウソン神戸は、3-3のドローに終わっている。 ◆バサジィ大分vsシュライカー大阪 ▽前日の試合で名古屋に引き分けた大分と、神戸と引き分けた大阪の一戦は立ち上がりから大阪のゴールラッシュとなる。2分にFP芝野創太が古巣を相手に先制ゴールを奪うと、その後も得点を重ねて、大阪が6-0と大分を突き放して試合を折り返す。後半に入ると大分も25分にFP森村孝志がゴールを奪うも、芝野のハットトリックもあり大阪が8-3と大勝した。 ◆ペスカドーラ町田vs名古屋オーシャンズ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170709_15_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽すみだとの東京ダービーに敗れた町田と、大分と引き分けに終わった名古屋の一戦は、ワンサイドゲームとなった。3分にFP西谷良介のゴールで名古屋が先制すると、6分にFPルイジーニョが加点。7分のFP齋藤功一のゴールを挟んで、14分にはFPヴァルチーニョがネットを揺らす。ルイジーニョとヴァルチーニョは揃ってFリーグデビューして以来4試合連続でのアベック弾となった。その後も名古屋は得点を重ねると、終わってみればヴァルチーニョが4ゴールを奪う活躍を見せ、町田に8-0と大勝した。 ◆フウガドールすみだvsデウソン神戸<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170709_26_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽町田との東京ダービーに勝利したすみだと、大阪との関西ダービーをドローで終えた神戸が対戦した。試合は11分にFP稲田みずほのゴールで神戸が先行する。しかし隅田も15分にFP宮崎暁のゴールで同点とすると、16分には丹羽脩人、20分に清水和也がゴールを奪い逆転で後半を迎えた。後半はスコアが動かない展開となるも、終盤に神戸がパワープレーを仕掛けると、34分と37分に森洸が連続でゴールを奪い神戸が追いつく。すみだは試合終盤にパワープレーに出るが、勝ち越しゴールは生まれずに試合は終了。勝ち点1を分け合う結果に終わった。 ◆DUARIG Fリーグ-J SPORTSシリーズ- ▽7月9日(日) バサジィ大分 3-8 シュライカー大阪 ペスカドーラ町田 0-8 名古屋オーシャンズ フウガドールすみだ 3-3 デウソン神戸 ▽7月8日(土) バサジィ大分 3-3 名古屋オーシャンズ デウソン神戸 4-4 シュライカー大阪 フウガドールすみだ 4-1 ペスカドーラ町田 2017.07.09 19:50 Sun
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース