不可解判定でマドリーに敗れたCL準々決勝2ndレグから1カ月…アンチェロッティ「VAR導入は不可欠」2017.05.19 21:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督は、今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、レアル・マドリー戦を振り返り、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の導入を訴えた。スペイン『アス』が伝えている。

▽バイエルンは、敵地での2ndレグでレアル・マドリーに2-4の黒星(2戦合計3-6でバイエルンが敗退)。しかし、試合後には、MFアルトゥーロ・ビダルの退場劇や、オフサイドにも見えた延長戦でのFWクリスティアーノ・ロナウドの2ゴールを含めて、いくつかの判定が議論を呼んでいた。

▽2016-17シーズンのブンデスリーガでの優勝決定後、アンチェロッティ監督はイタリア『コリエレ・デッラ・セーラ』のインタビューで、レアル・マドリーの本拠地で行われたCL準々決勝2ndレグを回想。VAR導入に賛成の意を表した。

「記録には、バイエルン・ミュンヘンはレアル・マドリーに倒されたと刻まれるだろう。実際にそうではある。しかし、マドリッドで何が起こったかは、世界中が見ていた。普通じゃなかったよ。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を導入することは、不可欠だ」

コメント

関連ニュース

thumb

ネイマール、ユナイテッド電撃移籍も? C・ロナウドが勧めたと報道

▽パリ・サンジェルマン(PSG)移籍が現実味を帯びてきているバルセロナのブラジル代表FWネイマール(25)に関して、新たなビッグクラブが候補に挙がるかもしれない。スペイン『Diariogol』が、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがネイマールにマンチェスター・ユナイテッド行きを勧めたと報じた。 ▽ネイマールに関しては、PSGが同選手とバルセロナの契約解除金である2億2200万ユーロ(約287億円)を投入して獲得に動くとみられている。さらに、ネイマールの父親や代理人がPSGのオファーを受け入れる可能性を示唆したともいわれており、移籍実現の可能性が取りざたされている。 ▽PSGが契約解除金を支払った上で、ネイマールが同クラブの条件を受け入れれば、バルセロナとしては手が出せない状況。しかし、ネイマール自身はPSGへの移籍を決断しきれていないのか、『Diariogol』によれば、世界的なSNSアプリである『Whatsapp』で、C・ロナウドに去就に関する相談をしたようだ。 ▽しかし、C・ロナウドはPSG移籍がステップダウンになるとし、否定的な意見を出した模様。元ユナイテッドのC・ロナウドは、レアル・マドリー&バルセロナとマッチする強国クラブがユナイテッドだけであると主張したようだ。C・ロナウドはネイマールに対してユナイテッドのオファーを待つように促したともいわれている。 2017.07.24 16:37 Mon
twitterfacebook
thumb

世界最高の座は譲らない! 32歳C・ロナウドが全力宣言

▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、今シーズンも世界最高の称号を全力で狙いに行くことを誓った。 ▽32歳で2017-18シーズンを迎える過去4度バロンドール受賞のC・ロナウド。滞在先の中国で受けた『ESPN』のインタビューで、次のようにコメントした。 「(リオネル・)メッシ、ネイマール、(ロベルト・)レヴァンドフスキ、(ゴンザロ・)イグアイン…。彼らとはいつも争い合っている」 「そのような類の戦いと争いは、いたって健全なこと。それが毎シーズン、彼らを上回りたいという僕のモチベーションになっているんだ」 「最高の選手は、いつも最高の選手と争い合う。それがあるからこそ、鋭さを保てる。彼らを上回りたいから、絶対に目標を見失わない」 2017.07.24 11:40 Mon
twitterfacebook
thumb

PK戦を制したユナイテッドがICC連勝を飾る!《ICC2017》

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017・アメリカラウンドのレアル・マドリーvsマンチェスター・ユナイテッドが日本時間24日に行われ、1-1で90分が終了。その後に行われたPK戦の結果、1-2でユナイテッドが勝利した。 ▽8月8日に行われるUEFAスーパーカップ2017で対戦するCL王者vsEL王者の一戦。 ▽ICC初戦に臨むレアル・マドリーは、エースのFWクリスティアーノ・ロナウドやDFセルヒオ・ラモスなどが招集外となった中、 [4-3-3]の布陣を採用。GKケイロル・ナバス、最終ラインは右からカルバハル、ヴァラン、ナチョ、マルセロを起用。アンカーにモドリッチ、インサイドハーフにクロース、イスコを配置し、3トップは右からルーカス・バスケス、ベンゼマ、ベイルと並べた。 ▽一方、日本時間21日に行われたマンチェスター・シティ戦とのダービーを新戦力のルカク弾などで勝利(2-0)したユナイテッドは、その試合からラッシュフォードとリンガード以外のスタメ9人を変更。GKはロメロが守り、バックラインはフォス=メンサ、バイリー、フィル・ジョーンズ、ダルミアンと並ぶ。中盤はキャリックとフェライーニがダブルボランチを組み、2列目はリンガード、アンドレアス・ペレイラ、マルシャルと並び、最前線はラッシュフォードが務めた。 ▽試合は立ち上がりから互いに積極的な攻めの姿勢を見せる。すると5分、レアル・マドリーはボックス左でボールを受けたベンゼマのクロスからチャンスを迎えるが、これはベイルの前で飛び出したGKロメロがパンチング。 ▽対するユナイテッドは7分、左サイドからカットインしたマルシャルのラストパスを受けたリンガードが強烈なミドルシュートでゴールを供給、しかし、シュートはGKナバスの好反応に阻まれた。 ▽その後は縦に早い展開となるも、お互いに堅い守りを見せてシュートまで持ち込めない時間が続く。そんな中、前半終了間際のチャンスを生かしたのはユナイテッドだった。 46分、左サイド高い位置でボールを受けたマルシャルがカットインを仕掛けると、細かなステップで相手DFを3人かわしラストパス。これをゴール前のリンガードが流し込んだ。 ▽迎えた後半、1点を追うレアル・マドリーは先発メンバーを全員変更。GKカシージャや、カゼミロ、コバチッチ、新加入のテオ・エルナンデスらがピッチに入った。一方のマンチェスター・ユナイテッドは、マルシャル、フェライーニ、ダルミアン以外の先発8人を変更。GKデ・ヘアやポグバ、新加入のルカクやリンデロフがピッチに立った。 ▽すると、先にチャンスを迎えたのはレアル・マドリー。69分、スルーパスでボックス左に侵入したテオ・エルナンデスがリンデロフに倒されてPKを獲得。このPKをカゼミロがゴール左に突き刺し、同点に追いついた。 ▽同点とされたユナイテッドは、78分にダルミアンを下げてバレンシアを投入。すると83分、マクトミネイの右クロスからフェライーニに最大の決定機が生まれたが、右足で合わせたシュートは枠を大きく外した。 ▽結局、試合はそのまま1-1で終了。延長戦を行わずに突入したPK戦は、互いに3人が失敗して迎えた5人目で決着がつく。先攻のユナイテッドはブリントが相手GKの動きを読み、ゴール中央に沈める。一方、レアル・マドリーのカゼミロのシュートはクロスバーを直撃。この結果、2-1でPK戦を制したユナイテッドがICC連勝を飾った。 レアル・マドリー 1-1(PK:1-2) マンチェスター・ユナイテッド 【レアル・マドリー】 カゼミロ(後24[PK]) 【マンチェスター・ユナイテッド】 リンガード(前46) 2017.07.24 08:27 Mon
twitterfacebook
thumb

デ・ヘアの残留率は「100%」…モウリーニョ、レアル・マドリー移籍説を一刀両断

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、スペイン代表GKダビド・デ・ヘア(26)を取り巻くレアル・マドリー移籍の噂に終止符を打った。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽レアル・マドリーの今夏におけるトップターゲットとして長らく伝えられてきたデ・ヘア。しかし、モウリーニョ監督は、クラブとしてスペイン人守護神を売りさばく必要性がないとし、残留を保証した。 「彼が今シーズン、どこにも行かないことを保証する。彼はとても真っ直ぐで、正直な男だよ」 「私自身、選手を引き留めるのは好きじゃない。そこから何も得ることはできないからね。だから、選手が移籍を望むのなら、我々もオープンだ」 「私には彼が幸せように見えるし、今まで以上に働き、新シーズンに集中している。彼は我々のところに100%残る」 2017.07.24 08:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ジダン「ムバッペ? 8月31日まではどんなことでも起こり得る」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が23日に行われるインターナショナルチャンピオンズ、マンチェスター・ユナイテッド戦を前に記者会見に臨み、チームの現状について語った。スペイン『マルカ』と『アス』がコメントを伝えている。<br><br>レアル・マドリーがプレシーズンを開始して10日が経過したが、ジダン監督は手応えをつかんでいるようだ。<br><br>「良い感触を得られている。(練習を開始して)10日が過ぎたが、選手たちは試合でプレーすることを待ち望んでいるよ。我々にとってはプレシーズン初の試合で、ユナイテッドにとっては4試合目だ。しかし、感触は良いものだよ」<br><br>MFハメス・ロドリゲス、FWアルバロ・モラタ、DFダニーロが去り、MFダニ・セバジョス、DFテオ・エルナンデスらを加えた今季の陣容については、次のように語っている。<br><br>「とても素晴らしい選手たちが去り、代わりに若い選手たちがやってきた。ただ我々はさらに良い陣容にしようと試みているし、到着したばかりの選手たちには満足している。彼らには、我々と一緒に練習に励む意欲がある。自分たちがいる場所を理解しているし、今季の陣容がより良いものになったのかはシーズン中に分かることだろう」<br><br>昨季公式戦で20得点を記録したモラタがいなくなったことは、チームにとってマイナスではないかと問われると、こう返した。<br><br>「それは確実だ。モラタが昨季に成し遂げたことを考えればね。彼は多大な貢献をしてくれた選手だった。現時点で、チームにはストライカーが欠けている」<br><br>モラタに代わりに加わると目されているのが、モナコFWキリアン・ムバッペだ。<br><br>「到着したばかりの選手たちを含めれば、我々は28選手を抱えている。いつものように、8月31日までにはどんなことでも起こり得る&hellip;&hellip;。彼は良い選手だが、しかし私は明日の試合と、シーズンに向けた準備のことだけを考えている」<br><br>退団報道があったFWクリスティアーノ・ロナウドについては、残留すると信じているようだ。<br><br>「彼が退団を望んでいるという話題があったことは知っている。だが彼と実際に話をしてみると、落ち着いた様子でバケーションを楽しんでいた。彼は5日にチームに合流する予定だ。私は残ると思っている。彼がいつからプレーし始めるか? 分からないよ。今は彼にふさわしいバケーションを過ごしている最中だ」<br><br>ジダン監督は一方で、昨季負傷に苦しんだMFガレス・ベイルについて「フィジカル的に良い状態にあり、素晴らしいシーズンを過ごすための準備をしている」とコメント。出場機会を求めてバイエルンに移籍したハメスについては、「幸運を祈る。それだけだ」とだけ話している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.23 11:27 Sun
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース