不可解判定でマドリーに敗れたCL準々決勝2ndレグから1カ月…アンチェロッティ「VAR導入は不可欠」2017.05.19 21:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督は、今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、レアル・マドリー戦を振り返り、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の導入を訴えた。スペイン『アス』が伝えている。

▽バイエルンは、敵地での2ndレグでレアル・マドリーに2-4の黒星(2戦合計3-6でバイエルンが敗退)。しかし、試合後には、MFアルトゥーロ・ビダルの退場劇や、オフサイドにも見えた延長戦でのFWクリスティアーノ・ロナウドの2ゴールを含めて、いくつかの判定が議論を呼んでいた。

▽2016-17シーズンのブンデスリーガでの優勝決定後、アンチェロッティ監督はイタリア『コリエレ・デッラ・セーラ』のインタビューで、レアル・マドリーの本拠地で行われたCL準々決勝2ndレグを回想。VAR導入に賛成の意を表した。

「記録には、バイエルン・ミュンヘンはレアル・マドリーに倒されたと刻まれるだろう。実際にそうではある。しかし、マドリッドで何が起こったかは、世界中が見ていた。普通じゃなかったよ。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を導入することは、不可欠だ」

コメント

関連ニュース

thumb

ジェラードの後悔 「何としてもシャビ・アロンソを残留させるべきだった」

▽リバプールのレジェンドである元イングランド代表MFスティーブン・ジェラード氏が、以前に共にプレーした元スペイン代表MFシャビ・アロンソ氏について語った。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 ▽シャビ・アロンソ氏は2004年にラファエル・ベニテス監督が率いていたリバプールに移籍。リバプールではすぐさま主力に定着してチャンピオンズリーグ制覇も経験したが、2009年にレアル・マドリーに活躍の場を移した。 ▽当時を振り返ったジェラード氏は、ベニテス監督がシャビ・アロンソ氏の慰留に全力を尽くすべきだったと、『BT Sport』で語った。 「ベニテス監督はシャビを出してガレス(・バリー)を獲得したがっていた。ガレス・バリーは大好きな選手だけど、今考えれば正しい動きではなかった」 「バリーとシャビは一緒にプレーできたと思うし、そうなってほしかった。リバプールにとって、シャビの代わりにバリーを獲得するというのは違ったと思う。シャビはワールドクラスの選手だし、ファンにも愛されていた」 「ラファはシャビを残留させるためにできる全てをするべきだったし、移籍させてはならなかった」 ▽最終的にリバプールはシャビ・アロンソを放出。バリーもリバプール入りすることなく、同年の夏にマンチェスター・シティに移籍していた。 2017.09.25 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーに絶対渡さない! ユナイテッド、デ・ヘアに新契約オファーへ

▽マンチェスター・ユナイテッドは、スペイン代表GKダビド・デ・ヘア(26)に新契約を準備しているようだ。イギリス『インデペンデント』が報じた。 ▽継続的にレアル・マドリーが関心を示しているとされるデ・ヘアとユナイテッドの現行契約は、2019年まで。絶対的守護神のレアル・マドリー移籍を阻止したいユナイテッドは、今後数週間以内にデ・ヘアとの会談に臨む意向で、新契約締結に自信を深めているという。 ▽また、この話の主役であるデ・ヘア自身も、ユナイテッドでの生活に不満なく、居心地の良さを感じている様子。クラブでの時間を楽しく過ごしているようで、契約延長に前向きな姿勢を示しているとのことだ。 ▽デ・ヘアは最近の数シーズン、ユナイテッドで好調を維持するだけでなく、スペイン代表でも不動の守護神に成長。今シーズンもここまで安定感抜群のパフォーマンスを披露し続けている。 2017.09.25 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ジダンの甥っ子・ドリスがスペイン2部Bのウニオン・アダルベに加入

▽スペイン2部Bのウニオン・アダルベは22日、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督の甥っ子であるドリス・ヤニス・ジダン(22)の加入を発表した。 ▽ヤニスは、マルセイユのアカデミー出身で、サンテチェンヌのリザープチームに所属。ジダン監督も8月にトレーニングの様子を見学に来ていたようだ。 ▽ヤニスは自身のインスタグラム(driss__zidane7)でウニオン・アダルベへの入団を明かし、「新しいクラブで新たな冒険をスタートすることに誇りに思っている」と投稿していた。 ▽ウニオン・アダルベは今シーズンからスペイン2部Bに昇格。ここまで5試合を終えて0勝3分け2敗の勝ち点3で16位(20チーム中)に位置している。 2017.09.24 12:28 Sun
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、M・ジョレンテと新契約締結

▽レアル・マドリーは23日、スペイン代表MFマルコス・ジョレンテ(22)との契約延長を発表した。新契約は2021年6月30日までとなる。 ▽レアル・マドリー下部組織出身のM・ジョレンテは昨夏、アラベスにレンタル移籍。今シーズンからレアル・マドリーに復帰し、ここまでリーガエスパニョーラ3試合に出場している。 ▽レアル・マドリーでは最近、主力との契約延長が続いている。M・ジョレンテは、FWカリム・ベンゼマ、MFイスコ、DFマルセロ、DFダニエル・カルバハルに続く新契約締結者となる。 2017.09.24 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、初先発セバージョスの2発で開幕全敗のアラベスに辛勝《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第6節、アラベスvsレアル・マドリーが23日にエスタディオ・デ・メンディソローザで行われ、マドリーが2-1で勝利した。 ▽前節、終了間際の失点でベティス相手に今季初黒星を喫したマドリーは、ホーム3試合で1敗2分けと思わぬ苦戦を強いられている。今季連勝中のアウェイゲームで立て直しを図るチームは、開幕から5連敗中のうえ、未だ無得点という泥沼に陥り、前アルバニア代表監督のデ・ビアージ新監督を招へいしたアラベスとのアウェイゲームに臨んだ。 ▽来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)のドルトムント戦を控えるチームだが、マルセロやクロースが新たに負傷者リストに加わった影響で思った形のターンオーバーを行うことができず、モドリッチとベイルをベンチスタートしたものの、左サイドバックでスクランブル起用のナチョ、移籍後初先発のダニ・セバージョスを除き現状のベストメンバーを揃えた。 ▽やや慎重な入りを見せたマドリーだが、開始10分に先制点を奪う。ボックスhぢありをえぐったアセンシオからマイナスパスを受けたセバージョスがDFと交錯しながらも体勢を立て直して右足を振り抜くと、これがニアサイドの絶妙なコースに決まり、初先発の新星が移籍後初ゴールを奪った。 ▽ここからゴールラッシュと行きたいマドリーだったが、ルーカス・バスケスやC・ロナウドらのシュートがなかなか枠を捉え切れない。31分にはイスコのクロスからナチョがヘディングシュートも、これも相手GKにセーブされる。 ▽すると40分、一瞬の隙から相手にカウンターを許したマドリーは、右サイドのムニルが上げたクロスをゴール前にフリーで走り込んできたマヌ・ガルシアに頭で合わせられ、アラベスに今季のリーグ戦初ゴールを献上した。 ▽この失点で嫌な空気が漂うマドリーだったが、再びセバージョスがチームを救う。43分、右サイドのカルバハルが入れたクロスをGKが遠くに弾き切れず、ボールがボックス中央にこぼれる。すると、このルーズボールに反応したセバージョスの右足のシュートがゴールネットを揺らした。 ▽セバージョスの2ゴールによって1点リードで試合を折り返したマドリーは、開始直後にC・ロナウドがポスト直撃のシュートを放つなど、ゴールを予感させる攻めを見せる。 ▽しかし、62分にもC・ロナウドのシュートがバーに阻まれるなど、なかなか試合を決定付ける追加点が奪えないマドリーは、逆に途中出場のペドラツァに2度の枠直撃のシュートを許すなど、あわや同点ゴールという場面を幾度も招くなど、守備面で締め切れない。 ▽その後もフィニッシュの精度を欠き続けるマドリーだったが、この試合で初めてゴールを奪ったという、相手の決定力不足に助けられ、結局試合は2-1でタイムアップ。今季全敗のアラベス相手に大苦戦のマドリーだったが、辛くも勝ち点3を持ち帰ることに成功した。 2017.09.24 01:38 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース