不可解判定でマドリーに敗れたCL準々決勝2ndレグから1カ月…アンチェロッティ「VAR導入は不可欠」2017.05.19 21:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督は、今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、レアル・マドリー戦を振り返り、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の導入を訴えた。スペイン『アス』が伝えている。

▽バイエルンは、敵地での2ndレグでレアル・マドリーに2-4の黒星(2戦合計3-6でバイエルンが敗退)。しかし、試合後には、MFアルトゥーロ・ビダルの退場劇や、オフサイドにも見えた延長戦でのFWクリスティアーノ・ロナウドの2ゴールを含めて、いくつかの判定が議論を呼んでいた。

▽2016-17シーズンのブンデスリーガでの優勝決定後、アンチェロッティ監督はイタリア『コリエレ・デッラ・セーラ』のインタビューで、レアル・マドリーの本拠地で行われたCL準々決勝2ndレグを回想。VAR導入に賛成の意を表した。

「記録には、バイエルン・ミュンヘンはレアル・マドリーに倒されたと刻まれるだろう。実際にそうではある。しかし、マドリッドで何が起こったかは、世界中が見ていた。普通じゃなかったよ。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を導入することは、不可欠だ」

コメント

関連ニュース

thumb

変わらず機能するジダンのローテーション起用...レアル・マドリーを“強化”する3選手

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督のローテーション起用は今季も機能しているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。<br><br>昨季ローテーションを採用してリーガエスパニョーラ制覇とチャンピオンズリーグ(CL)優勝の2冠を達成したジダン監督。終盤戦でレギュラーに定着したMFイスコをはじめDFナチョ・フェルナンデス、MFマルコ・アセンシオ、ルーカス・バスケスらがタイトル獲得に大きく貢献した。<br><br>今季も変わらず主力選手をローテーション入りさせているジダン監督だが、CLでグループ突破を決めるなど、着実に成果を出している。加えて、負傷により長期離脱を余儀なくされていた3選手が復帰に近づいているところだ。<br><br>それはGKケイロル・ナバス、MFマテオ・コバチッチ、FWガレス・ベイルの3選手である。K・ナバス、コバチッチ、ベイルは28日に行われるコパ・デル・レイ4回戦第2戦のフエンラブラダ戦で実戦復帰する可能性がある。<br><br>マドリーはリーガにおいては首位バルセロナに勝ち点10差で3位に位置している。だがジダン監督にとって重要な3選手が復帰に近づいており、指揮官はシーズン後半戦に向けて巻き返しを図る考えだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.23 22:44 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリーは憧れだけど…、アザール「今も心は青一色」

▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(26)がスタンフォード・ブリッジのファンに忠誠を誓った。イギリス『FourFourTwo』が伝えている。 ▽「ジダンの下でプレーするのが夢」など、以前から将来的なレアル・マドリー移籍を連想させるコメントでファンの不安を駆り立ててきたアザール。レアル・マドリー側もアザールに関心を寄せているとされ、今後の動きに注目が集まっている。 ▽しかし、フランス『Canal+』のインタビューに応じたアザールは、レアル・マドリー行きについて次のように言及。改めてレアル・マドリーに対する憧れを明かしたものの、「今も心は青一色」と現状に満足感を示している 。 「ずっとこのクラブとうまくやってきて、まだ契約が2年ある。僕の中に去りたい願望が芽生えてきたらそうするけど、今も心は青一色さ」 「確かにレアル・マドリーは憧れだけど、今の僕はチェルシーの選手。毎年のように僕の話が飛び交っているけど、僕はここにいる」 2017.11.23 15:00 Thu
twitterfacebook
thumb

CLのC・ロナウドは依然超人…5戦8発、決定率24.2%、大会最多得点ペース

▽スペイン『アス』が、レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのチャンピオンズリーグ(CL)におけるハイパーぶりを取り上げた。 ▽主戦場のリーガエスパニョーラでゴール欠乏症が指摘されるC・ロナウド。しかし、CLに舞台を移せば、今大会のここまでグループステージ開幕から5戦連発の計8ゴールと驚異的なペースでゴールを量産している。 ▽この一変ぶりに注目した『アス』によれば、グループステージ5試合終了時で8ゴールという数字は、17ゴールの大会最多得点記録を打ち立てた2013-14シーズンと並ぶという。 ▽また、C・ロナウドのCLにおけるシュート決定率は、リーガでの1.8%をはるかに上回る24.2%。なお、ここまで記録する公式戦10ゴールは、42ゴールをマークした昨シーズンの現時点と同じとのことだ。 2017.11.23 12:50 Thu
twitterfacebook
thumb

豪華絢爛! ファン投票のUEFAベストイレブン候補50名が発表

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は21日、「UEFAチーム・オブ・ザ・イヤー2017」の候補50名を発表した。 ▽ファン投票で決まるベストイレブン。今回はチャンピオンズリーグ史上初の連覇を達成したレアル・マドリーから最多11名がノミネートされている。 ▽全体でも、FWクリスティアーノ・ロナウドやFWリオネル・メッシのほか、MFケビン・デ・ブライネ、FWハリー・ケインら豪華な顔ぶれが並んだ。 ▽ノミネートされた候補50名は以下のとおり ◆「UEFAチーム・オブ・ザ・イヤー2017」候補50名 GK ジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス) ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド) ケイロル・ナバス(レアル・マドリー) マヌエル・ノイアー(バイエルン) ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリー) DF ダニエウ・アウベス(パリ・サンジェルマン)※昨季までユベントス所属 レオナルド・ボヌッチ(ミラン)※昨季までユベントス所属 ダニエル・カルバハル(レアル・マドリー) ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス) カミル・グリク(モナコ) ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー) ジョシュア・キミッヒ(バイエルン) マルセロ(レアル・マドリー) バンジャマン・メンディ(マンチェスター・シティ)※昨季までモナコ所属 トーマス・ムニエ(パリ・サンジェルマン) ジェラール・ピケ(バルセロナ) セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー) アレックス・サンドロ(ユベントス) ダビンソン・サンチェス(トッテナム)※昨季までアヤックス所属 アントニオ・バレンシア(マンチェスター・ユナイテッド) MF デレ・アリ(トッテナム) マルコ・アセンシオ(レアル・マドリー) カゼミロ(レアル・マドリー) ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ) クリスティアン・エリクセン(トッテナム) ファビーニョ(モナコ) エデン・アザール(チェルシー) アンドレス・イニエスタ(バルセロナ) イスコ(レアル・マドリー) トニ・クロース(レアル・マドリー) ヘンリク・ムヒタリアン(マンチェスター・ユナイテッド) ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー) ミラレム・ピャニッチ(ユベントス) ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド) サウール・ニゲス(アトレティコ・マドリー) FW セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ) ピエール=エメリク・オーバメヤン(ドルトムント) カリム・ベンゼマ(レアル・マドリー) エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン) パウロ・ディバラ(ユベントス) ラダメル・ファルカオ(モナコ) アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー) ハリー・ケイン(トッテナム) ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン) キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)※昨季までモナコ所属 ドリエス・メルテンス(ナポリ) リオネル・メッシ(バルセロナ) ネイマール(パリ・サンジェルマン)※昨季までバルセロナ所属 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー) ルイス・スアレス(バルセロナ) 2017.11.23 10:00 Thu
twitterfacebook
thumb

意図的イエローカード?のカルバハルにCL2試合出場停止の可能性

▽欧州サッカー連盟(UEFA)がレアル・マドリーのスペイン代表DFダニエル・カルバハルに対し、チャンピオンズリーグ(CL)2試合の出場停止処分を科す可能性があるようだ。スペイン『マルカ』やイギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽カルバハルは21日に行われたCLグループH第5節アポエル戦にフル出場し、試合終了間際の90分にイエローカードを受けていた。この結果、消化試合となる最終節のドルトムント戦で累積警告を消化できる状況になっていた。 ▽この意図的と思われるイエローカードについて、UEFAが12月7日に審議をすると発表した。仮に意図的と判断されれば2試合の出場停止処分が下され、決勝トーナメント1回戦1stレグも出場停止で欠場することになる。 ▽ただ、『マルカ』は2015-16シーズンのバルセロナDFジェラール・ピケを引き合いに出し、2試合の出場停止は避けられるとの見解を示している。 2017.11.23 01:56 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース