不可解判定でマドリーに敗れたCL準々決勝2ndレグから1カ月…アンチェロッティ「VAR導入は不可欠」2017.05.19 21:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督は、今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、レアル・マドリー戦を振り返り、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の導入を訴えた。スペイン『アス』が伝えている。

▽バイエルンは、敵地での2ndレグでレアル・マドリーに2-4の黒星(2戦合計3-6でバイエルンが敗退)。しかし、試合後には、MFアルトゥーロ・ビダルの退場劇や、オフサイドにも見えた延長戦でのFWクリスティアーノ・ロナウドの2ゴールを含めて、いくつかの判定が議論を呼んでいた。

▽2016-17シーズンのブンデスリーガでの優勝決定後、アンチェロッティ監督はイタリア『コリエレ・デッラ・セーラ』のインタビューで、レアル・マドリーの本拠地で行われたCL準々決勝2ndレグを回想。VAR導入に賛成の意を表した。

「記録には、バイエルン・ミュンヘンはレアル・マドリーに倒されたと刻まれるだろう。実際にそうではある。しかし、マドリッドで何が起こったかは、世界中が見ていた。普通じゃなかったよ。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を導入することは、不可欠だ」

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド、デ・ヘアとの契約延長を“確信”か

▽アメリカの大手メディア『ESPN』は、マンチェスター・ユナイテッドがスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(27)との契約延長を確信していると報じた。 ▽ユナイテッドでの活躍ぶりを受け、世界最高のGKとして注目度を高めるデ・ヘア。ここ数年間において、レアル・マドリーがコスタリカ代表GKケイロル・ナバスに代わる新守護神として熱視線を送り続けているとの噂が後を絶えない。 ▽そのデ・ヘアとユナイテッドの現行契約は、残り18カ月。だが、1年間の延長オプションを有している上、デ・ヘア自身もレアル・マドリー移籍に消極的な姿勢を示していることから、ユナイテッド側に新契約締結を急ぐそぶりはないという。 ▽また、今シーズン序盤から始まった延長交渉は現在も進行中で、ユナイテッド側もスペイン人守護神の引き留めに自信を深めている模様。なお、イギリス『タイムズ』も「デ・ヘア、ユナイテッドと新契約締結へ」と報じている。 2018.02.23 11:40 Fri
twitterfacebook
thumb

25回のケガと78試合の欠場…レアル・マドリー、ベイル売却を決意か

▽ウェールズ代表MFガレス・ベイル(28)にレアル・マドリーでの未来は、もはやないのかもしれない。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽2013年夏にトッテナムから加入したベイル。以降、3度のチャンピオンズリーグ制覇を経験したが、度重なる故障に苦しむなど、話題をさらった加入当初の期待ほど活躍する姿を見せるに至っていない。 ▽報じられるによれば、ベイルはレアル・マドリーに加入して以来、合計25回のケガで78試合を欠場。レアル・マドリーも、そのベイルを放出する意向を既に固めているようだ。 ▽レアル・マドリー上層部は、次代のスター候補であるMFマルコ・アセンシオとMFイスコの出場機会減少をも懸念材料として挙げており、ベイルの不要説をより強めているという。 ▽関心が噂されるマンチェスター・ユナイテッドから9000万ユーロ(約118億4000万円)の入札があれば、喜んで受け入れる姿勢を示しているとみられるレアル・マドリーだが、果たして…。 2018.02.23 10:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ、母国フランスに復帰か

▽レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマ(30)に移籍の可能性が浮上した。スペイン『アス』が伝えている。 ▽今シーズンを通じてフォームが整わず、不振の時期を過ごすベンゼマ。ここまでリーガエスパニョーラ3得点にとどまっており、メディアなどを通じた批判的な見解が後を絶えない。 ▽そのベンゼマ自身も、それらの批判に嫌気を差しており、移籍を前向きに検討。フランスに復帰することで、重要な役割が与えられる機会を得られると見込んでいるようだ。 ▽伝えられるところによれば、ベンゼマがフランス復帰となれば、行き先としてパリ・サンジェルマン(PSG)、リヨン、マルセイユ、モナコの同国4大クラブが有力な情勢だという。 ▽中でも、アトレティコ・マドリーの視線を集めるFWマリアーノの流失に備えて、古巣リヨンが獲得に乗り出す可能性があり、PSGもFWネイマールの代役として迎え入れる思惑がある模様だ。 2018.02.23 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリーOBのグティ「ネイマールはマドリーに移籍する必要がある」

▽レアル・マドリーの下部組織であるフニベルAで指揮を執る元スペイン代表MFのグティ氏は、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが成長を続けるためにはマドリーへの移籍が必要だと考えているようだ。スペイン『Cadena Ser』でのインタビューを『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽昨夏に移籍金の史上最高額となる2億2200万ユーロ(約297億円)でバルセロナからPSGに移籍したばかりのネイマール。PSG加入後は、ここまで公式戦29試合で29ゴールと期待以上の活躍を見せているが、早くもマドリー移籍の噂が熱を帯びている。 ▽そんな中、スペイン『Cadena Ser』のインタビューに応じたマドリーのOBであるグティ氏は、マドリー移籍の可能性が浮上するネイマールについて問われると、以下のようにコメントしている。 「ネイマールはマドリーに移籍する必要があると思っているよ。彼はパリ・サンジェルマンというビッグクラブにいるにもかかわらず、チャンピオンズリーグ以外で大きな舞台で戦う本物の彼を観ることができない。これはバルセロナに居た時と大きく違うことだ」 「彼が選手としてもっと成長し、より素晴らしいキャリアを築いていきたいなら、唯一の方法はマドリーに加わることだ」 ▽ジネディーヌ・ジダン監督の将来的な後任候補の1人とも目されるグティ氏は、その才能を高く評価するネイマールを自身の手で指導したいという気持ちもあるのかもしれない。 2018.02.23 03:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「誤解を生んでしまった」クルトワ、『僕の心はマドリッドにある』発言を釈明

▽チェルシーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワ(25)が、退団を希望していると解釈された自身の発言について釈明している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2011年から2014年までアトレティコ・マドリーへレンタルで移籍し、チェルシー復帰後守護神として君臨するクルトワ。チェルシーとの契約が来季限りとなっており、現在契約延長に向けた交渉が行われているが、進展していないとみられている。そんな中、かねてよりレアル・マドリーからの関心が伝えられているが、クルトワは先日『僕の心はマドリッドにある』と発言したことで、移籍を希望していると報じられた。 ▽しかし、クルトワは先日の発言が誤解されたものであると釈明。チェルシーでの生活に満足感を示し、契約延長への話し合いが継続していることを明かしている。 「将来についてハッキリしていないし、『僕の心はマドリッドにある』という僕の発言も誤解を生んでしまった。スペインのマドリッドには僕の息子が2人いる。そのような状況は簡単ではないんだ」 「ここでの契約もあと1年残っている。チェルシーで幸せだし、交渉も続けているんだ」 「彼らは僕がここに来た瞬間から信頼してくれた。それは忘れることはできないよ」 「フロレンティーノ・ペレスが僕に電話をしてくるとは思わない。僕の代理人に電話をすれば、彼がその話を聞くだろうね」 2018.02.22 11:21 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース