川崎F、3発快勝の今季初3連勝! 鹿島は初の連敗で今季ホーム5敗目《J1》2017.05.19 21:05 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽明治安田生命J1リーグ第12節の鹿島アントラーズvs川崎フロンターレが19日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、3-0で川崎Fが勝利した。

▽ここまで7勝4敗で4位につける鹿島(勝ち点21)と、5勝4分け2敗で7位につける川崎F(勝ち点19)が激突した。前節のヴィッセル神戸戦を落としたことで首位キープに失敗した鹿島は、その一戦から先発メンバーを5人変更。左ヒザ半月板損傷で手術を受けたレオ・シルバと左大腿二頭筋筋損傷と診断された遠藤らに代えて、永木とレアンドロらを起用した。また、金森がリーグ戦初出場となった。

▽一方、前節のジュビロ磐田戦を2-0で勝利し、今シーズン初の連勝を飾った川崎Fは、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。ハイネルに代えて長谷川を起用した。

▽かつて鹿島でチームメイトだった鹿島の石井正忠監督と川崎Fの鬼木達監督の指揮官対決となった一戦は、互いに主導権を譲らない球際の激しい立ち上がりとなる。そんな中、まずはホームの鹿島が仕掛ける。5分、ハーフウェイライン付近から永木がディフェンスラインの裏へロングボールを送ると、鈴木が反応。ボックス内へ抜け出してダイレクトで左足を合わせるもミートすることができない。

▽ここまで押し込まれる展開が続く川崎Fだが、一瞬の隙から先制点を奪う。19分、左CKから鈴木のシュートをGKチョン・ソンリョンがブロックすると、こぼれ球を拾った車屋が左サイドを駆け上がり、ボックス左へスルーパス。抜け出した長谷川が左足でシュートを放ち、GKクォン・スンテのパンチングを誘うと、こぼれ球を阿部が押し込んだ。

▽先制を許した鹿島はその後も川崎Fを押し込むが、前半終盤に差し掛かると、追い打ちとなるアクシデント。32分に阿部にプレスをかけた町田が接触の際に右ヒザを痛め、プレー続行不可能に。36分にブエノとの負傷交代を余儀なくされてしまう。

▽この事態を契機に流れを引き寄せたのは川崎F。徐々に持ち味であるパスワークを発揮し始めると45分、最終ラインの谷口からの縦パスを大島がスルー。そのままボールは鹿島ディフェンスの裏へと転がり、ボックス右に侵攻した小林のクロスをゴール正面の阿部が右足で合わせる。一度はGKクォン・スンテに弾かれるも、こぼれ球を長谷川が右足で押し込み、ゴールネットを揺らした。

▽2点ビハインドで試合を折り返した鹿島は攻勢を強める。すると49分、ボックス右手前から西がクロスを供給。これをゴール前の山本が頭で合わせるも、GKチョン・ソンリョンの好守に阻まれる。さらに54分、ブエノのスルーパスに抜け出した金森がGKチョン・ソンリョンとの一対一を迎えるが、決め切ることができない。

▽立て続けのピンチを防いだ川崎Fは61分、ボックス左外の車屋がボックス左手前にパスを送ると、登里がボックス内へと侵攻。強引に突破して左足を振り抜くと、右ポストに直撃してゴールに吸い込まれた。

▽3点目を奪われた鹿島はその直後、金森を諦めて金崎を投入。猛攻を仕掛けるも、相手ゴールを脅かすことができない。85分にはボックス右手前でパスを受けた金崎が一人交わしてシュートを放つも、GKチョン・ソンリョンのファインセーブに防がれる。

▽終盤は鹿島に押し込まれる展開が続くも、川崎Fが最後までゴールを許さず試合終了。計3発のゴールを奪った川崎が今季初の3連勝。対する鹿島はホーム5敗目を喫した。

コメント

関連ニュース

thumb

【J1第27節プレビュー】注目は上位陣vs中位陣! 残留を争うチーム同士の対決も必見!

▽23日に、明治安田生命J1リーグ第27節が行われる。今節は、優勝を争う上位陣は、上位に食い込まんとする中位陣との正念場。首位に立つ鹿島アントラーズは7位のガンバ大阪と、後を追う川崎フロンターレと柏レイソルはそれぞれ11位のヴィッセル神戸、10位のFC東京と対戦する。また、残留争いも見逃せない。北海道コンサドーレ札幌vsアルビレックス新潟や、清水エスパルスvsサンフレッチェ広島などの見どころをコンパクトにまとめて紹介する。 <span style="font-weight:700;">◆新潟のフォースがついに覚醒?! 15試合ぶりの勝利へ!</span> 北海道コンサドーレ札幌 vs アルビレックス新潟 [9月23日(土)14:00] ▽残留を確実なものにしたい14位の札幌は、好調のジェイとヘイスが最下位新潟に襲いかかる。一方、前節フォースの力を借りて首位鹿島に善戦した新潟。今節ついに覚醒か...逆襲が始まる!? <span style="font-weight:700;">◆残留を争う2チームの対決...天皇杯敗退の鬱憤を晴らすのは?!</span> 清水エスパルス vs サンフレッチェ広島 [9月23日(土)15:00] ▽天皇杯敗退の両者。3戦ぶり白星を目指す清水に対し、広島はリーグ戦初の連勝を目指す。前回対戦では鄭大世のゴールで清水が勝利も出場は微妙。勢いはリーグ4戦無敗の広島に分があるか? <span style="font-weight:700;">◆注目のエース対決! 上位進出へ負けられない一戦</span> 浦和レッズ vs サガン鳥栖 [9月23日(土)16:00] ▽ACLで逆転突破を決めるも、天皇杯では鹿島に惨敗と調子の波が激しい浦和。安定して得点を奪い続ける興梠慎三に期待だ。一方の鳥栖はここ5試合で黒星先行。エースの豊田陽平が勝利に導く <span style="font-weight:700;">◆台風一過のFC東京が “太陽王”柏の本拠地へ!</span> 柏レイソル vs FC東京 [9月23日(土)16:00] ▽柏は好調維持も天皇杯から中2日。太陽弱まる時期だがレイソルの疲労は懸念材料か。FC東京は安間貴義監督初陣で完封勝利&米本拓司も入籍とムードは上向き。台風一過、陽が当たるのは?! <span style="font-weight:700;">◆ジュビロが磐田市内を狂喜乱舞させるか</span> ジュビロ磐田 vs 大宮アルディージャ [9月23日(土)16:00] ▽磐田市では当日「見付天神裸祭」が開催。前節復帰後初出場の山田大記が3戦ぶり白星に導きヤマハでもお祭り騒ぎを起こせるか。対する大宮は前回対戦1G&天皇杯2発の清水慎太郎が牙を向く!? <span style="font-weight:700;">◆し烈な上位・下位戦線渦中の両クラブが激突!</span> ヴァンフォーレ甲府 vs 横浜F・マリノス [9月23日(土)18:00] ▽甲府は前節降格圏に転落。6試合連続失点中と守備の立て直しが急務。対する横浜FMは天皇杯で120分の激闘。優勝戦線に残りたい。堅い試合が予想される中、両指揮官のプランニングに注目 <span style="font-weight:700;">◆低空飛行のG大阪、独走の鹿島に「待った!」なるか </span> 鹿島アントラーズ vs ガンバ大阪 [9月23日(土)19:00] ▽鹿島は2戦連続2点差勝利で2連覇に爆進中! 三竿雄斗が出場停止も厚い層に隙はない。G大阪は3戦で5得点7失点。再び立て直し修正し、Stop The Kashimaなるか?! <span style="font-weight:700;">◆上位への追走か、残留への前進か</span> セレッソ大阪 vs ベガルタ仙台 [9月23日(土)19:00] ▽「MEGANE DAY」実施のC大阪は前回対戦に次ぐ大量得点で鹿島の背中に再びピントを合わせることができるか。それともC大阪戦でゴールを重ねる石原直樹の活躍で仙台が視界を遮るか <span style="font-weight:700;">◆神戸攻撃陣が火を噴くか、小林悠のバースデー弾か</span> ヴィッセル神戸 vs 川崎フロンターレ [9月23日(土)19:00] ▽ルーカス・ポドルスキに注目が集まる中、前節は同じレフティの田中順也がリーグ戦初ゴール。渡邉千真も含め、攻撃陣に期待。一方の川崎Fはバースデーの小林悠が連勝を伸ばすゴールを決めるか 2017.09.22 21:20 Fri
twitterfacebook
thumb

磐田に打撃…DF大井健太郎が右半膜様筋肉離れで3~4週間の離脱

▽ジュビロ磐田は22日、DF大井健太郎が3~4週間の離脱となることを発表した。 ▽大井は21日のトレーニング中に負傷。浜松市内の医療機関で検査を受けた結果、右半膜様筋肉離れと診断した。トレーニング合流までは3~4週間とのことだ。 ▽大井は今シーズン、明治安田生命J1リーグの全26試合に先発して4得点を記録。チームは現在、勝ち点43で6位に位置している。 2017.09.22 17:20 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMのDF中澤佑二も“アムロス” 「奈美恵様がいない生活。耐えられる自信がありません」

▽日本を代表する女性歌手の安室奈美恵さんが20日、来年9月16日に芸能界から引退することを発表した。その発表から数日経った現在もメディアにより、世間の“アムロス”が伝えられているが、Jリーグ界のレジェンドも動揺を隠しきれないようだ。 ▽その選手とは、横浜F・マリノスに所属する元日本代表DF中澤佑二(39)だ。中澤は早生まれながら安室さんと同学年。フィールドプレーヤーとしてJリーグ最多のフルタイム出場記録を更新するなど第一線で活躍するセンターバックは、かねてより安室さんのファンであることを公言してきた。 ▽その安室さんの引退発表を受けて、中澤は当日、自身のブログに「奈美恵様が引退。嘘だと言ってほしい」との悲しい気持ちを吐露。「奈美恵様がいない生活。耐えられる自信がありません。Byボンバー」とショックを隠さず、立ち直れない様子をうかがわせた。 2017.09.22 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

FKの名手・中村俊輔が前作に続き『FIFA 18』でトップ10入り! 首位は…

▽日本が誇る名キッカーであるジュビロ磐田の元日本代表MF中村俊輔(39)が、EAスポーツが製作しているサッカーゲーム『FIFAシリーズ』の最新作『FIFA 18』における、フリーキックの上位10選手にランクインした。EAの公式サイトが伝えている。 ▽前作の『FIFA 17』でもフリーキッカーランキングで9位にランクインした中村は、今作でも9位にランクイン。今シーズンは磐田でもFK弾を記録しており、今なおその精度は高く評価されている。 ▽なお、今作の1位は前作同様ニューヨーク・シティのアンドレア・ピルロ。2位はミランのハカン・チャルハノール、3位はユベントスのミラレム・ピャニッチと上位陣に変更はなかった。また、ヘルタ・ベルリンのマルヴィン・プラッテンハールトがランク外からトップ10入りを果たしている。『FIFA 18』のフリーキック上位10選手は以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆『FIFA 18』フリーキック上位10選手</span> 1位[→]<span style="font-weight:700;">アンドレア・ピルロ</span>(ニューヨーク・シティ/イタリア) レーティング:<span style="font-weight:700;">79</span> 2位[→] <span style="font-weight:700;">ハカン・チャルハノール</span>(ミラン/トルコ) レーティング:<span style="font-weight:700;">79</span> 3位[→] <span style="font-weight:700;">ミラレム・ピャニッチ</span>(ユベントス/ボスニア・ヘルツェゴビナ) レーティング:<span style="font-weight:700;">85</span> 4位[→] <span style="font-weight:700;">ディミトリ・パイエ</span>(マルセイユ/フランス) レーティング:<span style="font-weight:700;">84</span> 5位[↑] <span style="font-weight:700;">ダニエル・パレホ</span>(バレンシア/スペイン) レーティング:<span style="font-weight:700;">82</span> 6位[→] <span style="font-weight:700;">リオネル・メッシ</span>(バルセロナ/アルゼンチン) レーティング:<span style="font-weight:700;">93</span> 7位[↑] <span style="font-weight:700;">マルヴィン・プラッテンハールト</span>(ヘルタ・ベルリン/ドイツ) レーティング:<span style="font-weight:700;">78</span> 8位[↑] <span style="font-weight:700;">ギルフィ・シグルドソン</span>(エバートン/アイスランド) レーティング:<span style="font-weight:700;">82</span> 9位[→] <span style="font-weight:700;">中村俊輔</span>(ジュビロ磐田/日本) レーティング:<span style="font-weight:700;">71</span> 10位[↓] <span style="font-weight:700;">メンフィス・デパイ</span>(リヨン/オランダ) レーティング:<span style="font-weight:700;">80</span> 2017.09.21 18:25 Thu
twitterfacebook
thumb

森本のハット含む4発で川崎Fが清水粉砕! 柏はG大阪に競り勝って準々決勝進出《天皇杯》

▽20日に第97回天皇杯全日本サッカー選手権のラウンド16(4回戦)の8試合が行われた。 ▽3回戦のザスパクサツ戦を4-0で勝利した川崎フロンターレと、いわきFC戦を2-0で勝利した清水エスパルスの一戦は、4-1で川崎Fが勝利した。 ▽試合は、立ち上がりから両者共に攻勢に出る中、時間の経過と共に川崎Fがボールを保持。すると8分、ハーフウェイライン付近でボールを受けた板倉が持ち上がると、敵陣中央からスルーパスを送る。これに反応した森本が清水の最終ラインを突破してボックス内へ侵攻し、GK高木和との一対一を制した。 ▽先制を許した清水はすぐさま攻勢を強める。19分、ボックス左手前でパスを受けた松原が縦への突破からグラウンダーのクロスを供給。ボックス中央に走り込んだミッチェル・デュークが右足で合わせたが、ミートしきれずボールはゴール右へと外れた。 ▽それでも清水は23分、相手最終ラインでエドゥアルドから金子のチェイスでボールを奪うと、ボックス右へのパスに反応した金子が右足でシュート。これはGK新井に弾かれるも、ボックス付近やや左にこぼれたボールをミッチェル・デュークが左足を振り抜いて、ゴール右隅へと突き刺した。 ▽試合を振り出しに戻された川崎Fはすぐさまペースを引き寄せて敵陣への侵攻回数を増やすと38分、狩野が左CKを入れる。これは相手DFにクリアされたが、浮き球のこぼれ球をボックス右手前から阿部が右足を振り抜く。これがゴール左隅を捉えたが、北川に頭でクリアされてしまう。 ▽迎えた41分、敵陣中央右でパスを受けた板倉が右足で鋭いクロスを供給。これに勢いよく飛び込んだ森本がヘディングシュートを放ち、ゴール右隅へと押し込んだ。 ▽試合を折り返すと、2-0でリードする川崎Fが清水を突き放す。49分、敵陣中央にこぼれたルーズボールを森本がカヌとの競り合いで先に触ると、これを拾った阿部がダイレクトで清水ディフェンスの背後へスルーパス。これに走り込んだ森本が落ち着いてゴールを決めて、ハットトリックを記録する。 ▽3点差に広げられた清水は61分、左サイドからミッチェル・デュークがクロスを入れると、ニアサイドの北川が頭で流す。ボックス中央に走り込んだ長谷川悠が左足で合わせるも、シュートはゴール右へと逸れてしまう。 ▽さらに清水は67分、途中出場のチアゴ・アウベスがボックス手前からスルーパス。これを受けた北川がボックス内からシュートを放つが、GK新井の好判断な飛び出しに阻まれてしまう。 ▽攻勢に出るもなかなかゴールを奪えない清水。すると川崎Fは85分、敵陣中央左でFKを獲得する。キッカーの森谷がファーサイドにクロス。これをエドゥアルドが頭で合わせて試合を決定づけた。 ▽試合を4-1とされた清水はその後、最後まで川崎Fゴールに迫ったが、得点は生まれずそのまま試合終了。川崎Fが森本のハットトリックを含む4ゴールで準々決勝進出を決めている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170920_27_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽同ブロックのもう一試合であるガンバ大阪vs柏レイソルは、3-2で柏が勝利した。まずゴールを脅かしたのはG大阪。9分、遠藤からの左CKのこぼれ球に反応した井手口がシュートを放つが、先制点とはならない。 ▽前半半ばに差し掛かると柏が応戦し始めるも、シュートまで結びつけるのは依然としてG大阪。26分、井手口からの右CKがファーサイドに流れたボールを遠藤が折り返すと、三浦がヘディングシュート。さらに32分、敵陣中央でFKを獲得すると、井手口がクロスを選択する。これを金正也が頭で合わせたが、どちらも決めきることができない。 ▽すると前半終盤、ここまで押し込まれ気味だった柏が先制に成功する。45分、ロングボールが相手最終ラインの裏へと落ちると、GK東口と金正也が連携ミス。これを見逃さなかったクリスティアーノが拾って無人のゴールへと流し込んだ。 ▽後半に入ると、先制して前半を終えた柏が一気にG大阪を畳み掛ける。48分、伊東のスルーパスに走り込んだ古賀がボックス右外からGKとDFの間にグラウンダーのクロス。これが相手DFのオウンゴールを誘発する。 ▽柏はさらに53分、GK東口のフィードを味方がハーフウェイライン付近でカットすると、ボールはそのままボックス内へ。これを受けたクリスティアーノがそのままゴール左隅に押し込んだ。 ▽3点のリードを許したG大阪だったが60分、相手の最終ラインからのフィードを敵陣中央左の遠藤が胸でブロック。これがボックス手前に転がると、反応した長沢が落ち着いてゴールに流し込んだ。 ▽1点を返したG大阪は68分、オ・ジェソクに代えて初瀬を投入。すると終盤81分、その初瀬が右サイドからクロスを送る。ファーサイドに走り込んだ井手口が頭で押し込み、1点差に詰め寄る。 ▽その後、ガンバ大阪は両サイドからクロスを入れて同点ゴールを狙ったが、猛攻も実らずそのまま試合終了。柏が3-2で競り勝ち、準々決勝進出を決めた。 ▽この結果、10月25日に行われる準々決勝では、川崎Fと柏レイソルが激突することとなった。 2017.09.20 21:15 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース