福岡、FW邦本宜裕との契約解除を電撃発表…契約条項違反で退団2017.05.19 20:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アビスパ福岡は19日、FW邦本宜裕(19)の契約条項違反に伴い、双方合意の下で2017年5月19日をもって退団したことを発表した。契約条項違反の真意については明らかにされていない。

▽クラブは「邦本選手の契約条項(日本サッカー協会選手契約書第9条1(5)クラブの秩序風紀を著しく乱したとき)違反により、邦本選手及び弊クラブ双方合意の下、2017年5月19日付で解除いたしました」と説明している。

▽福岡県生まれの邦本は、浦和レッズユース在籍下で2種登録選手としてトップチーム登録されると、2013年に行われた天皇杯のモンテディオ山形戦でクラブ最年少ゴールを記録。2015年から福岡に活躍の場を移した。

▽福岡在籍2年目の2016シーズンは、J1初ゴールを決めるなど明治安田生命J1リーグ20試合に出場して1ゴール。しかし、今シーズンは明治安田生命J2リーグ開幕からわずか1試合の出場にとどまっていた。

コメント

関連ニュース

thumb

山口、福岡大FW山下敬大の加入を発表「感謝を忘れず謙虚に努力していきます」

▽レノファ山口は23日、福岡大学FW山下敬大(21)の加入が決定したことを発表した。背番号は「24」を着用することが決定している。 ▽福岡県出身の山下は、九州国際大付高から福岡大に進学。福岡大では、昨年末に行われた全日本大学選手権で準々決勝進出に貢献した。 ▽山下は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「この度、レノファ山口に入団させて頂きます山下敬大です。小さい頃から夢だったプロサッカー選手になることができ、大変嬉しく思います。ここまで自分を成長させてくれた家族、友人そして指導者に感謝の気持ちでいっぱいです。レノファ山口のために全身全霊で戦い、チームを支えてくれているスポンサー、ファン、サポーターへの感謝を忘れず謙虚に努力していきます。応援宜しくお願い致します」 2018.01.23 13:10 Tue
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ移籍情報/1月22日】元日本代表MF松井大輔が横浜FCへ完全移籍! 湘南は元韓国代表FWイ・ジョンヒョプ獲得

▽1月22日(月)に決定したJリーグの移籍情報を全てまとめて紹介。 ▽J1では湘南ベルマーレが韓国代表FWイ・ジョンヒョプを釜山アイパーク(韓国2部)から期限付き移籍で獲得。また、J2では元日本代表MF松井大輔がポーランドのオドラ・オポーレから完全移籍で加入した。 ▽1月22日(月) 【J1】 ◆湘南ベルマーレ 《IN》 FWイ・ジョンヒョプ(26) [釜山アイパーク(韓国)←期限付き移籍] ◆サガン鳥栖 《OUT》 MF太田徹郎(28) [ラインメール青森(JFL)→完全移籍] 【J2】 ◆モンテディオ山形 《OUT》 MF太田徹郎(28) [ラインメール青森(パラグアイ)→期限付き移籍] ◆大宮アルディージャ 《OUT》 FW播戸竜二(38) [FC琉球→完全移籍] ◆横浜FC 《IN》 MF松井大輔(36) [オドラ・オポーレ(ポーランド)→完全移籍] 《OUT》 MF野崎陽介(32) [栃木ウーヴァ(関東サッカーリーグ1部)→完全移籍] ◆ヴァンフォーレ甲府 《OUT》 MF保坂一成(34) [東京ユナイテッドFC(関東サッカーリーグ1部)→完全移籍] ◆アルビレックス新潟 《IN》 MF坂井大将(21) [大分トリニータ←期限付き移籍] ◆大分トリニータ 《OUT》 MF坂井大将(21) [アルビレックス新潟→期限付き移籍] 【J3】 ◆FC琉球 《IN》 FW播戸竜二(38) [大宮アルディージャ←完全移籍] 2018.01.23 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

大分の元U-20日本代表MF坂井大将が新潟へ期限付き移籍…昨年ベルギー2部へ期限付き移籍もビザ取得困難により帰国

▽アルビレックス新潟は22日、大分トリニータの元U-20日本代表MF坂井大将(21)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。期限付き移籍期間は2018年2月1日から2019年1月31日までとなる。 ▽坂井は、大分の下部組織出身で、2014年にトップチームへ昇格。2017年8月にベルギー2部に属するAFCトゥビーズへと期限付き移籍していたが、出場機会がなく、新潟へと期限付き移籍することとなった。 ▽世代別の日本代表にも選出されていた坂井だが、大分によると「VISA取得の関係により出場機会を得ることが困難になったため、AFC Tubizeとの期限付き移籍を解除し、新たな成長の場としてアルビレックス新潟へ期限付き移籍することが決定いたしました」との事だ。坂井は両クラブを通じてコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「初めまして新潟の皆さん、大分トリニータから来ました坂井大将です!みんなからはだいすけや、だいちゃんと呼ばれているので、そう呼んでもらえたら嬉しいです!1年でJ1に復帰できるよう、一生懸命頑張ります。よろしくお願いします!」 ◆大分トリニータ 「今回、新潟に行く事になりました。半年前、ベルギーに1年間レンタルで行く事は自分なりに相当な覚悟を持った決断でした。当初は試合にも出られ、言葉や文化が違ってストレスが溜まる事があっても、海外でやっていることが実感出来て全てが新鮮で楽しく感じていました。しかし数か月後からVISAがおりず試合に出られない環境が続きました。海外に出ないと分からない事でそれもひとつの経験だと思っていましたが、やはり試合に出たいという気持ちが強くなりました。気が付いたらVISAがおりないまま、リーグは終盤に入っていました」 「大分に帰るという選択肢もありましたが、海外に出て結果という部分に凄くこだわりを持つようになり、結果を出してない、活躍していないまま大分に帰るのは自分の中で違うと思いました。そんな中アルビレックス新潟からお話を頂き、自分なりに決断しました」 「ベルギーの生活にも慣れ、日本に帰るという選択自体も本当に凄く悩みましたが、やはり試合に出たいという気持ちが勝りました。大分で活躍がしたいからこそ、この様な決断をしました。これが僕の素直な気持ちです」 「皆さんに直接報告出来ず、この様な形になってしまった事を本当に申し訳なく思っています。しかしこの半年間、凄く良い時間を過ごせて、色々な人と出会い、自分の考えが変わり、海外に出たからこそ分かる事ばかりだったので、貴重な時間を過ごせました!新潟に行って活躍出来るように頑張ります。よろしくお願いします!」 ▽なお、坂井は大分との全公式戦に出場できない。 2018.01.22 21:14 Mon
twitterfacebook
thumb

鳥栖退団のMF太田徹郎、JFLラインメール青森に加入 昨季途中から古巣山形に期限付き移籍

▽日本フットボールリーグ(JFL)のラインメール青森は22日、MF太田徹郎(28)の完全移籍加入を発表した。 ▽太田は、2008年にモンテディオ山形でプロデビュー後、柏レイソル、サガン鳥栖でプレーした。昨年夏から期限付き移籍で古巣の山形に加わったが、シーズン終了後に期限付き期間満了で退団。さらに、保有元の鳥栖も契約満了を発表していた。 ▽ラインメール青森でプレーすることになった太田は、クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「この度ラインメール青森に加入することになりました、太田徹郎です。青森の為に、チームの勝利の為に一戦一戦全力で戦いたいと思います。宜しくお願いします」 2018.01.22 16:15 Mon
twitterfacebook
thumb

甲府退団のMF保坂一成、関東1部の東京ユナイテッドFCに加入 「魅力的なチーム」

▽ヴァンフォーレ甲府は22日、MF保坂一成(34)が関東サッカーリーグ1部の東京ユナイテッドFCに移籍することを発表した。 ▽保坂は、東京学芸大学を経て、2005年に甲府入り。2009年にファジアーノ岡山でプレーした後、2010年から再び甲府に活躍の場を移した。だが、甲府は2017シーズン限りでの退団を発表。保坂は、12年間在籍した甲府を離れることとなっていた。 ▽新たに東京ユナイテッドFCでプレーすることになった保坂は、クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「この度、東京ユナイテッドFCに加入することになりました、保坂一成です。大いなる可能性を秘めた、魅力的なチームに加入できて大変嬉しく思います。チームの目標、ビジョンに貢献できるよう全身全霊で頑張ります!」 2018.01.22 15:20 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース