福岡、FW邦本宜裕との契約解除を電撃発表…契約条項違反で退団2017.05.19 20:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アビスパ福岡は19日、FW邦本宜裕(19)の契約条項違反に伴い、双方合意の下で2017年5月19日をもって退団したことを発表した。契約条項違反の真意については明らかにされていない。

▽クラブは「邦本選手の契約条項(日本サッカー協会選手契約書第9条1(5)クラブの秩序風紀を著しく乱したとき)違反により、邦本選手及び弊クラブ双方合意の下、2017年5月19日付で解除いたしました」と説明している。

▽福岡県生まれの邦本は、浦和レッズユース在籍下で2種登録選手としてトップチーム登録されると、2013年に行われた天皇杯のモンテディオ山形戦でクラブ最年少ゴールを記録。2015年から福岡に活躍の場を移した。

▽福岡在籍2年目の2016シーズンは、J1初ゴールを決めるなど明治安田生命J1リーグ20試合に出場して1ゴール。しかし、今シーズンは明治安田生命J2リーグ開幕からわずか1試合の出場にとどまっていた。

コメント

関連ニュース

thumb

横浜FMが高校No.1注目株を獲得! 鹿児島城西高DF生駒仁の来季加入内定を発表!

▽横浜F・マリノスは21日、鹿児島城西高校のDF生駒仁(18)が、来シーズンからの加入で内定したことを発表した。 ▽184cm、74kgと力強い体格を持つ生駒は、2015年に名門校である鹿児島城西高校に入学すると、1年時からスタメンに定着した。高校世代No.1ディフェンダーとしての評価を高めると、2016年にU-17日本代表、今年にはU-18日本代表としてプレー。プロクラブからの注目を集めていた。 ▽生駒は、クラブ公式サイトを通じて、以下のようなコメントを残した。 「幼い頃からの夢であるプロサッカー選手になることができ、大変嬉しく思うと共に、横浜F・マリノスという素晴らしいクラブでプロキャリアをスタート出来ることを誇りに思います。これまで携わり、支えてくださった全ての方々への感謝を忘れず、少しでも早くピッチに立ち、チームに貢献できるように頑張ります」 2017.09.21 14:37 Thu
twitterfacebook
thumb

清水、ユース所属3選手の来季新加入内定を発表

▽清水エスパルスは18日、DF伊藤研太(18)、MF滝裕太(18)、FW平墳迅の2018シーズン新加入内定を発表した。 ▽3名は清水ユース所属の選手。トップチーム昇格を受けて、それぞれ次のようにコメントしている。 ◆DF伊藤研太 「小さい頃からの夢だったプロサッカー選手になることができ、大変嬉しく思います。自分の持ち味である、正確なパスとクロスを活かして積極的に攻撃に参加し、チームの勝利に貢献したいと思います。そして記憶に残るプレーヤーを目指します。これまでお世話になった、家族、監督、チームメイト、そして今まで応援して下さった全ての皆様に感謝し、日々努力して1日でも早くアイスタのピッチに立てるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 ◆MF滝裕太 「スクールを含め9年間お世話になってきたクラブで、小さい頃から夢だったプロサッカー選手になることができ本当に嬉しく思います。今まで支えていただいた監督やスタッフ、チームメイト、家族、また応援していただいた皆様に感謝の気持ちを込め、ピッチで恩返ししたいと思います。まだまだ課題が沢山あるので、日々の練習を全力で取り組み、1日でも早くエスパルスに貢献できるよう努力していきます。どうぞよろしくお願いします」 ◆FW平墳迅 「エスパルスユースのセレクションに合格してから、トップチームに昇格することを目標にしてきたので、とても嬉しく思います。ここまで自分が成長できたのは、家族やスタッフの皆さん、そしてサポーターのおかげだと思っています。恩返しをするためにも、少しでも早く試合に出場し、チームの力になれるよう日々精進していきます。応援よろしくお願いします」 2017.09.18 16:52 Mon
twitterfacebook
thumb

相模原がSVホルンから浦和ユース出身のFW新井瑞希を獲得

▽SC相模原は15日、SVホルンからFW新井瑞希(20)の加入を発表した。背番号は「30」となる。 ▽新井は浦和レッズのユース出身で、トップチームに上がらずにSVホルンへと移籍した。新井はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、SC相模原に加入することになりました、新井瑞希です。少しでもチームの力になれるように頑張りますので応援よろしくお願いします」 2017.09.15 18:20 Fri
twitterfacebook
thumb

サガン鳥栖がユースGK板橋洋青のトップチーム登録を発表「自分の力でチャンスを掴めるように全力で練習」

▽サガン鳥栖は15日、同クラブのU-18チームに所属するGK板橋洋青(16)をトップチームに登録(2種登録)したことを発表した。背番号は「21」を着用することが決定している。 ▽185cm、75kgとバランスの良い体格の板橋は、クラブの各カテゴリーを順調に昇格。今シーズンは、高円宮杯U-18プリンスリーグでここまで9試合中8試合に先発し、サガン鳥栖U-18での正守護神を務めている。 ▽板橋は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントをした。 「この度、2種登録をしていただき大変嬉しく思います。これまで以上に今まで支えてくださった両親や監督・コーチなど様々な方々に感謝する心を持ち、自分の力でチャンスを掴めるように全力で練習に励んで頑張っていきます。応援よろしくお願いします」 2017.09.15 17:01 Fri
twitterfacebook
thumb

湘南が順天堂大DF坂圭祐の来季加入内定を発表「全ての方々に感謝」

▽湘南ベルマーレは15日、順天堂大学のDF坂圭祐(22)が、来シーズンからの加入で内定したことを発表した。 ▽三重県四日市市出身の坂は、地元のクラブでサッカーを始め、四日市中央工業高校でのプレーを経て、順天堂大学に進学した。Jリーグクラブのユースに所属経験が無い同選手だが、2013年に全国高校選手権優秀選手に選ばれると、2014年には日本高校選抜、2017年にはユニバーシアード日本代表に選出。湘南は坂を「DFとしては小柄ながら打点の高いヘディングを持ち、また攻撃の起点となる正確なフィードを供給する」と評している。 ▽坂はクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 「来シーズンから湘南ベルマーレに加入することになりました坂圭祐です。プロサッカー選手としての第一歩を、素晴らしいチームでスタートできることを大変嬉しく思います」 「どんな時も自分を応援してくれた家族、多くのことを教えてくれた指導者やチームメイトなど全ての方々に感謝しています。そういった方々の想いを胸に、サッカー選手としてはもちろん、人間的にも成長し、1日でも早く湘南ベルマーレの力になれるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 2017.09.15 16:30 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース