鳥栖がU-18所属のDF倉員宏人、DF藤松航矢、MF森山真伍を2種登録2017.05.19 18:17 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽サガン鳥栖は19日、鳥栖U-18に所属するDF倉員宏人(17)、DF藤松航矢(17)、MF森山真伍(17)をトップチームに2種登録したことを発表した。

▽福岡県出身の倉員と森山はジュニアユース時代から鳥栖の下部組織に所属。佐賀県出身の藤松は鳥栖U-15唐津から鳥栖U-18に加入した。

▽2種登録をした3選手は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントした。

◆DF倉員宏人
「今回2種登録をしていただき、大変嬉しく思います。しかし、まだサガン鳥栖とプロ契約ができた訳ではないので、これに過信せずにこれまで関わって下さった全ての方々への感謝を忘れず、これまで以上に日々の練習から向上心を持って取り組み、トップチームで活躍出来るように頑張ります」

◆DF藤松航矢
「去年から引き続き2種登録していただき嬉しく思います。これに満足する事なく、1日でも早くトップチームに昇格できるように努力していきたいと思います。応援よろしくお願いします」

◆MF森山真伍
「この度、2種登録をしていただきとても嬉しく思います。様々な方々の支えがあったからこそ今があるので、常に感謝の気持ちを忘れず、チャンスを掴めるように全力で頑張っていきます。応援よろしくお願いします!」

コメント

関連ニュース

thumb

J2降格決定の新潟が呂比須ワグナー監督の今季限りでの退任を発表

▽アルビレックス新潟は19日、呂比須ワグナー監督(48)が今シーズン限りで契約満了となり退任することを発表した。後任は未定。 ▽現役時代は柏レイソルや、ベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)、名古屋グランパス、FC東京、アビスパ福岡でプレーし、日本代表として1998年のフランス・ワールドカップにも出場した呂比須監督は、2012年にガンバ大阪のヘッドコーチに就任。今年5月から三浦文丈前監督の後任として、新潟の監督に就任した。 ▽就任2戦目となった第12節の北海道コンサドーレ札幌戦で初勝利を記録するも、その後は第29節のG大阪戦まで未勝利。しかし、G大阪戦の勝利からの3試合を2勝1分けと盛り返し残留へ望みをつないでいた。18日に行われたヴァンフォーレ甲府戦でも勝利したものの、サンフレッチェ広島が勝利したために降格が決定。J1昇格以来初の降格が決定していた。 ▽呂比須監督はクラブを通じてコメント。J1残留を果たせなかったことを謝罪し、今後の発展へとエールを送った。 「新潟に関わるすべての方々、社長をはじめとしてクラブ内で働かれている方々、スポンサーの方々、皆様に感謝しています」 「私に特別な力を与えてくださったコーチングスタッフやチームスタッフ、選手にも感謝をしています。特に私とともに新潟に来て、力を尽くしてくれたサンドロコーチには感謝の気持ちでいっぱいです」 「大変な時期をともに過ごしてきました。現在より良いものを出そう、向上させようと努力をしてきました。しかし、いい結果を残すことができなかったことは改めて残念であり、申し訳なく思います。この経験を自分の人生に活かしていきたいと思いますし、新潟の皆さんにはクラブの成長につなげてくださればと願ってやみません」 「アルビレックス新潟の今後の活躍を心から期待しています」 ▽なお、新潟は2004年から強化部長を務めてきた神田勝夫氏の退任も併せて発表している。 2017.11.19 16:37 Sun
twitterfacebook
thumb

大分、主将MF山岸智ら3選手との契約満了を発表

▽大分トリニータは18日、元日本代表MF山岸智(34)、DF黒木恭平(28)、FW大津耀誠(22)の3選手と来シーズンの契約を更新しないことを発表した。 ▽山岸は、これまでジェフユナイテッド千葉や川崎フロンターレ、サンフレッチェ広島で活躍し、日本代表でも11試合に出場した輝かしい経歴を持つ。2016年に当時J3に所属した大分に加入すると、リーグ戦こそ18試合の出場にとどまったものの、キャプテンとしてチームをまとめ上げ1年でのJ2復帰に貢献した。今季はJ2リーグで26試合に出場したが、今季限りでクラブを去ることになった。 ▽また、サガン鳥栖や愛媛FCに在籍していた黒木は、レノファ山口FCから今シーズンに加入。ここまではリーグ戦9試合に出場し1ゴールを挙げていた。 ▽セレッソ大阪の下部組織出身でザスパクサツ群馬でプロデビューを飾った大津は、2016年に大分に完全移籍で加入。今季はリーグ戦5試合に出場し3ゴールを記録していた。 ▽今季限りで退団する3選手のコメントは以下のとおり。 ◆MF山岸智 「2年間という短い期間でしたが、大分トリニータのキャプテンとして戦えたことを誇りに思います。残念ながら来年は一緒に戦うことはできませんが、これからは陰ながら応援しています。この2年間支えてくださった皆様に心から感謝しています。本当にありがとうございました!」 ◆DF黒木恭平 「1年間でしたが、大分トリニータでプレーできたことを誇りに思います。フロント、監督、スタッフ、選手、ファン・サポーター全ての人に感謝しています!熊本戦はこのメンバーで最後の試合になります。悔いのないように選手一丸となって戦いますので最後まで応援よろしくお願いします!」 ◆FW大津耀誠 「2年間本当にありがとうございました。なかなか力になることができなかったですが、大分に来てすごく成長できたと思います。これからは陰ながら大分トリニータを応援します。僕も頑張るので応援よろしくお願いします」 2017.11.18 20:23 Sat
twitterfacebook
thumb

YS横浜、樋口靖洋監督の来季続投を発表! 「3年目となる来季はジャンプの年に」

▽Y.S.C.C.横浜は18日、樋口靖洋監督(56)が2018シーズンも監督として続投することを発表した。 ▽これまでモンテディオ山形や大宮アルディージャ、横浜FC、横浜F・マリノス、ヴァンフォーレ甲府の指揮官を歴任してきた樋口監督は、2016年からYS横浜の指揮官に就任。就任1年目はJ3リーグを16位で終え、今シーズンはJ3第29節消化時点で14位に位置している。 ▽来シーズンも引き続きチームを率いることになった樋口監督は、公式サイトで新シーズンに向けた意気込みを語っている。 「来シーズンも引き続き指揮を執ることとなりました。こうしてクラブよりオファーをいただくことができ、監督を続けることができるのは、選手とスタッフが真摯にサッカーと向き合い、努力を積み重ねてくれた結果だと心から感謝を申し上げます」 「3年目となる来季は、ホップ・ステップ・ジャンプでいえばジャンプの年になります。これまで積み上げてきたものを、しっかりと結果に結びつけて、1つでも上の順位を目指して戦える魅力あるチームになっていく、そういった1年にしたいと強く思っております」 「引き続きYSCCへご支援、ご声援をいただき、多くの皆様がスタンドへ足を運んでいただけるように魅力あるチームになるよう頑張っていきたいと思います。宜しくお願い致します」 2017.11.18 13:36 Sat
twitterfacebook
thumb

京都、DF牟田雄祐の復帰を発表! 今年8月からFC今治に期限付き移籍

▽京都サンガF.C.は18日、今年8月からJFLに所属するFC今治に期限付き移籍していたDF牟田雄祐(27)が期限付き移籍期間満了に伴い、復帰することを発表した。 ▽2016年に名古屋グランパスから京都に加入した牟田だが、在籍1シーズン半を通じたリーグ戦の出場は6試合にとどまっていた。そして、今年8月に期限付き移籍で加入したFC今治では、JFLで10試合に出場していた。 ▽なお、牟田は退団の決まったFC今治の公式サイトで以下のようなメッセージを残している。 「今シーズン限りで退団することになりました。J3昇格の為に加入しましたが、その目標が達成できず本当に申し訳ありません。それでもいつも温かい声援を送って頂いたサポーターの前でプレーできたことは,自分にとって財産になりました。ありがとうございます」 「また岡田オーナー、監督、スタッフ、チームメイトをはじめ,FC今治に関わるたくさんの人たちのおかげで素晴らしい経験をすることができました。この経験をこれからに生かし感謝の気持ちをプレーで表現していきたいと思います。短い期間でしたが本当にありがとうございました」 2017.11.18 13:21 Sat
twitterfacebook
thumb

水戸、西ヶ谷隆之監督の今季限りでの退任を発表! 「また皆さんと再会できるようもっと力をつけていきたい」

▽水戸ホーリーホックは18日、西ヶ谷隆之監督(44)が2017シーズンをもって退任することになったと発表した。 ▽現役時代に名古屋グランパスエイトやアビスパ福岡、ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)、ジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド市原・千葉)、アルビレックス新潟でプレーした西ヶ谷監督は、古巣東京Vユースコーチや中京大学サッカー部監督、新潟のヘッドコーチを経て2013年から水戸のヘッドコーチに就任。そして、2015年6月からは水戸の監督に就任した。 ▽水戸では途中就任となった2015シーズンのJ2で19位、2016シーズンを13位で終え、今シーズンは最終節を残した段階で13位と3シーズン連続でJ2残留に導いていた。 ▽西ヶ谷監督は、今季限りでの退任に際して以下のようなコメントを残している。 「今シーズンをもって水戸ホーリーホックを離れることになりました。コーチ、監督として5年間、ホーリーホックに関わる方々に支えて頂きながら仕事をすることができました。感謝の気持ちでいっぱいです。監督としては、残留争いをした2015 シーズンから今シーズンまで、苦しいこと、嬉しいこと、様々な経験をさせて頂きました。成長してくれた選手たちを誇りに思いますし、自分自身もチームと共に成長できたと実感しています。そして全ては、サポーターの皆さんの応援があってこそでした」 「もうケーズデンキスタジアム水戸で皆さんと一緒に戦うことができなくなることは寂しいですが、また皆さんと再会できるようもっと力をつけていきたいと思います。皆様、本当にありがとうございました」 「ただ、シーズンはまだ終わっていません。最終節の試合終了のホイッスルが鳴るまで、水戸らしいアグレッシブな試合をお見せしたいと思います。サポーターの皆さん、最後にもうひと押し、チームにパワーをください。よろしくお願いします!」 2017.11.18 13:10 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース