鳥栖がU-18所属のDF倉員宏人、DF藤松航矢、MF森山真伍を2種登録2017.05.19 18:17 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽サガン鳥栖は19日、鳥栖U-18に所属するDF倉員宏人(17)、DF藤松航矢(17)、MF森山真伍(17)をトップチームに2種登録したことを発表した。

▽福岡県出身の倉員と森山はジュニアユース時代から鳥栖の下部組織に所属。佐賀県出身の藤松は鳥栖U-15唐津から鳥栖U-18に加入した。

▽2種登録をした3選手は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントした。

◆DF倉員宏人
「今回2種登録をしていただき、大変嬉しく思います。しかし、まだサガン鳥栖とプロ契約ができた訳ではないので、これに過信せずにこれまで関わって下さった全ての方々への感謝を忘れず、これまで以上に日々の練習から向上心を持って取り組み、トップチームで活躍出来るように頑張ります」

◆DF藤松航矢
「去年から引き続き2種登録していただき嬉しく思います。これに満足する事なく、1日でも早くトップチームに昇格できるように努力していきたいと思います。応援よろしくお願いします」

◆MF森山真伍
「この度、2種登録をしていただきとても嬉しく思います。様々な方々の支えがあったからこそ今があるので、常に感謝の気持ちを忘れず、チャンスを掴めるように全力で頑張っていきます。応援よろしくお願いします!」

コメント

関連ニュース

thumb

徳島FWオルシーニ、期限付きでパラグアイのクラブへ

▽徳島ヴォルティスは21日、FWオルシーニ(23)がスポルティボ・ルケーニョ(パラグアイ)に期限付き移籍することを発表した。契約期間は2019年6月30日までとなる。 ▽アルゼンチン人のオルシーニは、2016年に徳島入りすると、同年に日本代表MF本田圭佑が実質的なオーナーを務めるオーストリアのSVホルンに期限付き移籍。2017年7月からファジアーノ岡山に期限付き移籍していた。 ▽新シーズンも引き続き期限付き移籍で徳島を離れることになったオルシーニは、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「徳島の皆さん、このたびオファーをいただいたパラグアイへのレンタル移籍となりましたが、常に結果を出せるよう頑張ります。引き続き応援よろしくお願いします」 2018.01.21 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

清水、FWクリスランの期限付き加入を発表 昨季仙台でJ1リーグ8得点

▽清水エスパルスは21日、ブラガ(ポルトガル)に所属するブラジル人FWクリスラン(25)の期限付き移籍加入を発表した。背番号は20番に決定。期間は2019年1月1日までとなる。 ▽クリスランは、2017年にポルトガル1部のブラガからベガルタ仙台に期限付き移籍。明治安田生命J1リーグ29試合8ゴール、Jリーグカップ7試合5ゴールと仙台の得点源として活躍したが、シーズン終了後の退団が発表されていた。 ▽来シーズンから清水に活躍の場を移すことになったクリスランは、クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「清水エスパルスに入団できて大変嬉しく思います。チームのために頑張りますので、応援よろしくお願いします」 2018.01.21 13:45 Sun
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ移籍情報/1月20日】元日本代表DF安田理大が新潟加入でJ復帰! 京都はU-18所属選手2名を2種登録

▽1月20日(土)に決定したJリーグの移籍情報を全てまとめて紹介。 ▽1年でのJ1復帰を目指すアルビレックス新潟は、Kリーグチャレンジ(韓国2部)の釜山アイパークから元日本代表DF安田理大を完全移籍で獲得。京都サンガF.C.は京都U-18に所属するMF福岡慎平とMF上月壮一郎を2種登録した。 ▽1月20日(土) 【J2】 ◆アルビレックス新潟 《IN》 DF安田理大(30) [釜山アイパーク(韓国2部)←完全移籍]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180120_yasuda.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ◆京都サンガF.C. 《IN》 MF福岡慎平(17) [京都サンガF.C.U-18←2種登録] MF上月壮一郎(17) [京都サンガF.C.U-18←2種登録] 2018.01.21 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

千葉、キャプテンにDF近藤直也、副キャプテンにMF佐藤勇人、MF町田也真人、FWラリベイが就任

▽ジェフユナイテッド千葉は20日、昨シーズンに引き続き2018シーズンのキャプテンにDF近藤直也、副キャプテンにMF佐藤勇人、MF町田也真人、新たに副キャプテンとしてFWラリベイが就任したことを発表した。 ▽新副キャプテンに就任したラリベイは、クラブ公式サイトで以下のように意気込んだ。 「副キャプテンの一人に選ばれたことを誇りに思うし幸せに感じます。非常に責任のあるポジションだと自覚しています。昨シーズンと同様に自分の持っている最高の力をチームに捧げられるように頑張ります」 「副キャプテンはCAウラカン(アルゼンチン)でプレーした時になったことがあります。今回、副キャプテンに選ばれたからといって特別な事をしようとは思っていません。自分はいつも通り最大限の力を発揮し、そして気持ちの強さというものをチーム全体に伝えていく事が大切だと思っています」 「残念ながらこういった年齢になると長年の経験というものも期待されると思うので、自分が経験してきた事をチームに還元できればと思います」 2018.01.20 20:08 Sat
twitterfacebook
thumb

元日本代表DF安田理大が新潟加入でJ復帰! 昨季は韓国2部・釜山でリーグ戦21試合1ゴール

▽アルビレックス新潟は20日、Kリーグチャレンジ(韓国2部)の釜山アイパークから元日本代表DF安田理大(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽安田はガンバ大阪の下部組織出身で、2006年にG大阪ユースからトップチームに昇格。左サイドバックのレギュラーとしてプレーすると、2011年1月にフィテッセへと完全移籍。当初はレギュラーとプレーしたが、徐々に出場機会を失い、2013年9月にジュビロ磐田へと移籍した。 ▽磐田では3カ月のプレーに終わると、2014年はサガン鳥栖、2015年はヴィッセル神戸、2016年は名古屋とチームを渡り歩いていた。2017年2月に加入した釜山では、国内リーグ戦に21試合に出場して1ゴールを記録している。 ▽Jリーグ復帰となった安田は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「皆さんはじめまして。今年からアルビレックス新潟に加入することになりました安田理大です。 アルビレックス新潟のホームスタジアムであるデンカビッグスワンスタジアムには、たくさん試合で行っていますが、いつもサポーターの皆さんが温かいことや、新潟はご飯が美味しいイメージがあります。 新潟の地で皆さんと共に、1年でJ1に上がれるよう、自分の持っている力を100%出すので、厳しく、そして愛のある応援をよろしくお願いします」 2018.01.20 12:21 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース