アンデルレヒトが3年ぶり34度目の優勝! ヘントFW久保が3戦連発で今季通算23ゴール!《ベルギー・ジュピラーリーグ》2017.05.19 06:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベルギー・ジュピラーリーグのプレーオフ1第9節が行われ、シャルルロワに3-1で勝利したアンデルレヒトが3年ぶり34度目の優勝を果たした。

▽16チームで行われたリーグ戦を首位で終えたアンデルレヒトは、上位6チームで行われる優勝プレーオフでここまで4勝1敗3分けで首位の座をキープ。そして、18日に行われたシャルルロワ戦を主砲FWテオドルチクの2ゴールなどで、3-1の逆転勝利で飾り、プレーオフ1最終節を残して3年ぶり34度目の優勝を決めた。


▽日本代表FW久保裕也が所属する3位ヘントは同日、ズルテ・ワレヘムと対戦し、5-2で勝利した。同試合に先発出場した久保は、59分と61分にFWカル、FWクリバリのゴールをアシスト。さらに、3点リードの83分にはカルのスルーパスに抜け出すと、GKとの一対一を冷静に制して、3試合連続ゴールを達成。チームの大勝に貢献した久保は、今冬加入後のリーグ戦16試合で11ゴールを記録し、前所属先のヤング・ボーイズ時代の12ゴールと合わせて、今季の公式戦ゴール数を23ゴールに更新した。

▽優勝を逃したヘントだが、同日行われた試合で来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権が与えられる2位に位置するクラブ・ブルージュが、オーステンデ戦で1-2の敗戦を喫したため、最終節を前に勝ち点差が「1」に縮まり、逆転での2位フィニッシュに望みを繋いだ。なお、ヘントは21日に行われる最終節でそのクラブ・ブルージュとの直接対決に挑む。

コメント

関連ニュース

thumb

エバートンがナイジェリア代表FWオニェクル獲得! 新シーズンはアンデルレヒトにレンタル

▽エバートンは6月30日、ベルギーのオイペンに所属するナイジェリア代表FWヘンリー・オニェクル(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となるが、2017-18シーズンはアンデルレヒトに1年間のレンタルで加わることになる。 ▽2015年にオイペン入りしたオニェクルは、左ウイングを主戦場としつつ、右ウイングやセンターFWまでこなせる万能型のストライカー。細かいタッチのドリブルを得意とし、抜群のゴール感覚も備えている。昨季はリーグ戦38試合(優勝プレーオフ含む)に出場し、22ゴール9アシストを記録した。 ▽なお、オニェクルはエバートンにとって、イングランドU-21代表GKジョーダン・ピックフォード(23)、オランダ代表MFダビー・クラーセン(24)に次ぐ、今夏3人目の新加入選手となる。 2017.07.01 14:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ボローニャがアンデルレヒトのフランス人DFデ・マイオを完全移籍で獲得

▽ボローニャは21日、アンデルレヒトのフランス人DFセバスティアン・デ・マイオ(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は発表されていない。 ▽2016年夏にジェノアからアンデルレヒトへ完全移籍したセンターバックのデ・マイオだったが、監督との衝突により6週間でフィオレンティーナへレンタル移籍し、2016-17シーズンはセリエAで6試合に出場していた。買取りオプションが付いていたが、フィオレンティーナは行使せず、ボローニャへの移籍が決まる形となった。 2017.06.21 23:46 Wed
twitterfacebook
thumb

ブンデス復帰のシュツットガルトがU-19ベルギー代表MFマンガラを獲得…今季はドルトムントU-19でプレー

▽来シーズンからブンデスリーガに復帰するシュツットガルトは9日、アンデルレヒトのU-19ベルギー代表MFオレル・マンガラ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年までとなり、背番号は23をつける。 ▽ベルギーの名門であるアンデルレヒトの下部組織で育ったマンガラは、今シーズンはドルトムントのU-19チームにレンタル移籍。リーグ戦では27試合に出場し4ゴール5アシストを記録していた。 ▽世代別のベルギー代表を経験し、U-19ベルギー代表として12試合に出場し1ゴールを記録している。マンガラは、日本代表FW浅野拓磨も所属するシュツットガルトにとっては、今オフ初の補強選手となった。 2017.06.10 11:20 Sat
twitterfacebook
thumb

セビージャ、アンデルレヒトのエースに興味か

▽セビージャは、アンデルレヒトのポーランド代表FWウカシュ・テオドルチク(26)に関心を持っているようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ▽テオドルチクは2016-17シーズン、ベルギー・ジュピラーリーグで28試合20得点。チームのリーグ優勝の立役者となった。また、ヨーロッパリーグでも11試合5得点と結果を残している。 ▽セビージャは、2016-17シーズンのリーガエスパニョーラで4位と躍進。攻撃的なサッカーで結果を出した。しかし、ルシアーノ・ビエット(昨季はアトレティコ・マドリーからのレンタル)、ステファン・ヨベティッチ(同インテルからのレンタル)、ビトロ等の攻撃陣には、他チームへの移籍の噂が囁かれている。そこで、セビージャは、不足するであろう攻撃陣を補充するため、かねてより調査をしていたテオドルチクに白羽の矢を立てたようだ。 ▽テオドルチクの市場推定価格は1000万ユーロ(約12億5000万円)と言われている。これは、信頼できる得点力を持つ選手にしては魅力的な金額だ。そのため、リバプールやエバートンも競合の可能性があると報じられている。 2017.06.05 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ベルギー王者アンデルレヒト、ウディネーゼでプレーしていたベルギー人MFクムスを獲得

▽アンデルレヒトは2日、ワトフォードのベルギー人MFスベン・クムス(29)を完全移籍で獲得したと発表した。 ▽ヘントで主将として活躍したプレーメーカーのクムスは、2016年夏にワトフォードへ完全移籍。即、ジャンパオロ・ポッツォ会長が所有するウディネーゼへレンタル移籍に出され、セリエAでは29試合に出場したが、インパクトを残すには至らなかった。 ▽ベルギー王者アンデルレヒトの下部組織で育ったクムスにとっては9年ぶりの復帰となるが、トップチームでのプレー経験はない。 2017.06.03 01:08 Sat
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース