アンデルレヒトが3年ぶり34度目の優勝! ヘントFW久保が3戦連発で今季通算23ゴール!《ベルギー・ジュピラーリーグ》2017.05.19 06:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベルギー・ジュピラーリーグのプレーオフ1第9節が行われ、シャルルロワに3-1で勝利したアンデルレヒトが3年ぶり34度目の優勝を果たした。

▽16チームで行われたリーグ戦を首位で終えたアンデルレヒトは、上位6チームで行われる優勝プレーオフでここまで4勝1敗3分けで首位の座をキープ。そして、18日に行われたシャルルロワ戦を主砲FWテオドルチクの2ゴールなどで、3-1の逆転勝利で飾り、プレーオフ1最終節を残して3年ぶり34度目の優勝を決めた。


▽日本代表FW久保裕也が所属する3位ヘントは同日、ズルテ・ワレヘムと対戦し、5-2で勝利した。同試合に先発出場した久保は、59分と61分にFWカル、FWクリバリのゴールをアシスト。さらに、3点リードの83分にはカルのスルーパスに抜け出すと、GKとの一対一を冷静に制して、3試合連続ゴールを達成。チームの大勝に貢献した久保は、今冬加入後のリーグ戦16試合で11ゴールを記録し、前所属先のヤング・ボーイズ時代の12ゴールと合わせて、今季の公式戦ゴール数を23ゴールに更新した。

▽優勝を逃したヘントだが、同日行われた試合で来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権が与えられる2位に位置するクラブ・ブルージュが、オーステンデ戦で1-2の敗戦を喫したため、最終節を前に勝ち点差が「1」に縮まり、逆転での2位フィニッシュに望みを繋いだ。なお、ヘントは21日に行われる最終節でそのクラブ・ブルージュとの直接対決に挑む。

コメント

関連ニュース

thumb

森岡移籍後初ゴール含む2発! PKも獲得し4点に絡む活躍でアンデルレヒトを6戦ぶり白星に導く《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽日本代表MF森岡亮太の所属するアンデルレヒトは25日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第28節でムスクロンと対戦し、5-3で勝利。森岡はフル出場して2ゴールを決めた。 ▽リーグ5戦勝ちなしで連敗中と不調の3位アンデルレヒトが、ホームに13位のムスクロンを迎えた一戦。森岡は2試合ぶりにスタメンに復帰して2トップの一角に入った。 ▽試合の序盤からアンデルレヒトが押し込みつつ試合を進行していく。すると26分、スパシッチのフィードに反応したテオドルチクが、ボックス内右に頭でボールを落とす。ゲルケンスが滑り込みつつ中央に折り返し、待ち構えていた森岡が押し込んでネットを揺らした。森岡にとっては、待望の移籍後初ゴールとなっている。 ▽さらに前半終了間際の47分には、ボックス内でDFガリトシオスと交錯した森岡が転倒し、PKを獲得。キッカーのテオドルチクが勢いよくゴール右に蹴り込み、リードを広げていく。 ▽後半に入っても、アンデルレヒトのペースは続く。57分、森岡が左サイドに展開すると、そのまま縦に突破したサイエフがクロスを供給。テオドルチクが頭で合わせ、自身のこの日2ゴール目とした。 ▽そして続く61分にも、ゲルケンスの右サイドからのクロスにボックス内のテオドルチクがワントラップして左足を一閃。ハットトリックを達成した。 ▽しかし、70分にはロタリウがドリブル突破してボックス内にラストパス。アウォニーに一対一を制され1点を返されると、72分にも途中出場のファン・ドゥルマンの得点を許し、立て続けに失点を喫してしまう。 ▽さらに84分、右CKからDFメザゲにヘディングシュートを沈められ、一時4点あった点差は1点に。それでも、ムスクロンの反撃はここまで。93分にはカウンターの処理をミスしたGKバイリーからボールを奪った森岡が、この日2点目を決め切る。 ▽試合を決定付けるアンデルレヒトの5点目が決まったところでタイムアップ。森岡は、2ゴール、PK獲得、3点目の起点となるなど4得点に絡む活躍で、アンデルレヒトの6試合ぶりの勝利に貢献した。 2018.02.26 00:27 Mon
twitterfacebook
thumb

森岡亮太がアンデルレヒトでも輝くために…現地紙「ベルギーで彼ほどの選手は5人もいない」

アンデルレヒトで真価を発揮できていないMF森岡亮太の現状を、ベルギー『Sport / Voetbalmagazine』が分析した。<br><br>森岡はワースランド・ベフェレンから加入後2試合連続で先発。初戦でアシストをマークしながら、自ら獲得したPKを失敗し、批判浴びた。2試合目では精細を欠き、逆風は強まっている。<br><br>今冬にソフィアン・アンニを放出したアンデルレヒトにとって、10番の森岡は代役といえる存在。現地紙は、まずアンデルレヒトのスタイルに慣れる必要があるとしている。<br><br>「森岡は、アンデルレヒトを相手にするチームが守備的で、スペースを消してくるということに慣れなければならない。よりライン間でプレーし、判断のスピードを早くする必要がある」<br><br>森岡はリーグ前半戦、ベフェレンでブレイクし、ベルギーで旋風を起こした。それだけに、アンデルレヒトでもやはり期待値は高いようだ。<br><br>「ベルギーで森岡ほど完璧にボールを供給できる選手は5人もいない。思考スピードが早い。ベフェレンでは全選手が、森岡が2人に囲まれていてもボールを預けていた」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.15 13:13 Thu
twitterfacebook
thumb

ハリルホジッチ、森岡亮太視察にベルギーへ…アンデルレヒトは格下に黒星

日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、アンデルレヒトでプレーするMF森岡亮太を視察にベルギーへと訪れたようだ。<br><br>アンデルレヒトは10日にリーグ戦第26節でオーステンデと対戦。森岡は加入以降2試合連続の先発となった。しかし、チームは格下を相手に0-2と敗れ、森岡も76分に途中交代。ロシア・ワールドカップのメンバー入りを目指す中でアピールとはいかなかった。<br><br>日本代表は3月にはマリ、ウクライナと対戦。ベルギーでは前半戦で旋風を巻き起こした森岡だが、再び日の丸のユニフォームを身にまとう姿は見られるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.12 12:52 Mon
twitterfacebook
thumb

森岡亮太は今後もPKを任されるのか?アンデルレヒト指揮官「状況に応じて良いキッカーを…」

今冬の移籍市場でアンデルレヒトに加わった日本代表MF森岡亮太は、4日のメヘレン戦で、早くも新天地でのアシストを記録した。この試合ではPKのキッカーも任されたものの、チャンスを生かせず、移籍後初ゴールを逃している。チャンスを決められなかった森岡について指揮官は擁護をしつつも、今後のPKキッカー担当については慎重な姿勢を見せている。<br><br>アンデルレヒトのハイン・ヴァーゼブルック監督は会見で前節を振り返り、チームの現状について語った。ベルギーメディア『SPOUZA』が報じている。<br><br>指揮官は3試合続けてドローとなっている状況について問われると「やはりトップを目指すうえで、上位の争いは厳しいものがある。これ以上、勝ち点の取りこぼしは許されないね」と発言。<br><br>前節、メヘレン戦で森岡がPKを外したことについては「我々は、ペナルティーエリア内でチャンスを得た場合、2人のキッカーを想定していた。それが(ケニー)サイフと森岡だったんだ。サイフは(自身がかつて指導していた)ヘント時代もキッカーとして優れていたからね。森岡は前節、決めることができなかったけど、我々には(レアンドロ)デンドンケルもいる。これからはその状況に応じて、良いと思われるキッカーに任せる必要があるね」と述べている。<br><br>アンデルレヒトのFWサイフは、1月に行われたワースラント・べフェレン戦の試合終盤にPKを外し、勝利を逃す結果に。前節メヘレン戦では新加入の森岡がキッカーを務めたが、このPKも決めることができなかったため、指揮官ヴァーゼブルックはPKキッカーを誰にすべきか、頭を悩ませているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.10 21:38 Sat
twitterfacebook
thumb

デビュー戦で絶妙アシストもPK失敗の森岡亮太、名門アンデルレヒトで活躍するための課題は?

▽シーズン前半戦の活躍が評価され、今冬アンデルレヒトへと完全移籍した日本代表MF森岡亮太。ベルギー国内では、名門クラブでの活躍するためには、必要なことがあると見られているようだ。ベルギー『Voetbal』が報じた。 ▽今シーズンから活躍の場をポーランドからベルギーへと移した森岡は、前半戦で公式戦27試合に出場し9ゴール11アシストと出色の出来を披露。移籍市場が閉まる直前の1月30日に完全移籍を果たした。 ▽背番号「10」を渡された森岡は、4日に行われたベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第25節でメヘレン戦に先発出場。期待通り、チームの先制点をアシストすると、2-2で迎えた終盤に得たPKでキッカーを任されることに。しかし、これを枠外に外してしまい、チームはドローに終わった。 ▽『Voetbal』によると、アシストは素晴らしかったものの試合自体に影響を及ぼすことは少なかったと評価。アンデルレヒトで活躍するには、課題があると指摘している。 「森岡は、自由な指揮官の下で、自由な役割を好むタイプである。しかし、自分で生み出すスペースをどうやって埋めるかを待つ必要がある。森岡は、アンデルレヒトのやり方の中に、自分のポジションを置く必要がある」 ▽べべレンでは、自由なプレースタイルで多くの結果を残しており、ベルギーでも通用することを証明した森岡。しかし、アンデルレヒトを率いるハイン・ヴァンハーゼブルック監督は、戦術を重視する指揮官で知られている。ヘントを指揮していた時には日本代表FW久保裕也を指導しており、日本人選手への理解はありそうだが、チーム戦術で森岡が自身のストロングポイントを活かせるかが今後の鍵を握りそうだ。 2018.02.08 12:55 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース