ケイン圧巻4発で得点ランク単独トップの今季26点目! 岡崎先発レスターに6発圧勝!《プレミアリーグ》2017.05.19 05:46 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第34節延期分、レスター・シティvsトッテナムが18日にキングパワー・スタジアムで行われ、アウェイのトッテナムが6-1で圧勝した。レスターのFW岡崎慎司は先発出場も前半のみの出場となった。

▽昨シーズンに優勝を争った11位レスター(勝ち点43)と、2位トッテナム(勝ち点80)による、トッテナムのFAカップ準決勝出場によって延期されていたリーグ戦延期分。前節、岡崎に24試合ぶりのゴールが生まれるも、マンチェスター・シティに敗れ、連勝がストップしたレスター。迎えた今節はシティ戦から負傷のアンディ・キングに代わって、アマルテイを起用した以外、同じメンバーを起用。岡崎は4試合連続でスタメンを飾った。

▽一方、悲願の優勝は逃すも前節、マンチェスター・ユナイテッドとのホームゲームでホワイト・ハート・レーンでのラストゲームを勝利で飾ったトッテナムは、その試合から先発2人を変更。エリクセンに代わって、デンベレを起用したほか、ユナイテッド戦で負傷した右サイドバックのトリッピアー、ウォーカーの不在を受け、システムを[3-4-3]に変更。右ウイングバックにムサ・シッソコを配置した。

▽互いに今季の目標を達成した中、やや宙ぶらりんなモチベーションの中でスタートした一戦だったが、開始8分に左サイドからカットインしたソン・フンミンが際どいミドルシュートを放つと、直後の9分にはマフレズのスルーパスに抜け出したヴァーディがボックス右で右足を振り抜くが、ここはGKロリスの正面を突いた。

▽予想外にオープンな攻め合いとなった試合は、その後地力で勝るアウェイチームが押し込む展開に。15分にはデレ・アリの突っついたボールに抜け出したソン・フンミンがボックス右でGKと一対一になるが、ここはシュートをふかしてしまった。

▽攻勢を続けるトッテナムは25分、得点王争いに身を置くケインが仕事を果たす。自陣右サイドでアルデルヴァイレルトからのロングフィードに反応したソン・フンミンが、オフサイドラインをかい潜ってボックス右に抜け出す。最後はゴール前に走り込んだケインに丁寧なマイナスパスを送ると、ケインが冷静に右足で流し込み、今季のリーグ戦23点目を奪取。得点ランキングトップのエバートンFWルカクに1ゴール差に迫った。

▽この先制点で完全に勢いに乗ったトッテナムは、相手陣内でハーフコートゲームを展開。36分には中央でワニャマからパスを受けたデレ・アリの浮き球パスに反応したゴール前のソン・フンミンが、右足ダイレクトボレーをゴール左に流し込んだ。なお、このゴールで今季の公式戦ゴール数を20ゴールの大台に乗せたソン・フンミンは、かつてレバークーゼンなどで活躍したチャ・ボムグン氏を抜き、韓国人選手として1シーズン最多ゴール記録を樹立した。

▽立ち上がりのヴァーディの決定機を除いてほとんど良いところがなかったレスターは、前半半ばの接触プレーで少し傷んでいた岡崎を下げてハーフタイム明けからスリマニを投入した。さらに、最終ラインにシンプソン、ベナルアン、フックスを並べた[3-4-3]の布陣に変更し、相手と並びを合わせたミラーゲームを採用した。

▽このシステム変更で息を吹き返したレスターは、左サイドで積極的に仕掛けるチルウェルを起点に序盤から相手ゴールに迫る。すると59分、右サイドで裏へ抜け出したヴァーディの対応に当たったGKロリスがボックス外に飛び出てクリアしたこぼれ球を拾ったエンディディが中央のチルウェルに繋ぐと、足を滑らせてゴールマウスに戻り切れなかったロリスの隙を突いたチルウェルのシュートがゴール中央に決まった。

▽相手のシステム変更と気迫に押されて点差を縮められたトッテナムだったが、絶好調のケインとソン・フンミンの2選手が続けてゴールネットを揺らす。まずは63分、右サイドでアルデルヴァイレルトが入れたクロスをボックス左のワニャマが頭で折り返すと、これをゴール前のケインが頭で流し込み、得点ランクトップタイとなる24点目を奪取。さらに、71分には右サイドでのムサ・シッソコの持ち上がりからケイン、ソン・フンミンとボールが繋がり、ボックス手前で巧みな切り返しでDFを外し、相手DFをブラインドに使った韓国代表FWのコントロールシュートがゴール右隅に決まった。

▽この連続ゴールで試合を決めたトッテナムは、殊勲のソン・フンミンを下げてヤンセン、85分にはこれがトップデビューのレスニアクを投入し、試合を締めにかかる。対するレスターは、ベナルアン、ヴァーディを下げてグレイ、ムサをピッチに送り出し、最後までゴールを目指す。

▽試合終盤にかけてはスパーズのエースの独壇場に。89分、カウンターからレスニアクのパスを受けたケインがボックス手前でDFの股間を抜く弾丸シュートをゴール左隅に流し込み、ハットトリック達成。さらに後半アディショナルタイム2分には、再びボックス手前から右足を振り抜いてニアサイドを射抜き、圧巻の4点目を奪い、得点ランキング単独トップとなる今季26点目を記録した。ケインの圧巻4発とソン・フンミンの2ゴールで圧勝のトッテナムが、昨シーズン優勝争いを演じた昨季王者にリベンジを果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

美しき友情! スパーズDFローズが引退したライアン・メイソンに公開メッセージ

▽トッテナムに所属するイングランド代表DFダニー・ローズが18日に行われたロッチデール戦で、先日に頭部の負傷を理由に現役引退を発表した元イングランド代表MFライアン・メイソンにエモーショナルなメッセージを送った。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽トッテナムは18日に行われたFAカップ5回戦でリーグ1(イングランド3部)のロッチデールと対戦し、2-2のドローで試合を終えて引き分け再試合となった。 ▽トッテナムにとっては試合終了間際の失点で2ラウンド連続で下部カテゴリー相手の再試合を強いられる痛恨の結果となったが、この試合でローズが見せたある行動にスパーズサポーターは感銘を覚えている。 ▽トッテナムはこの試合の88分にMFデレ・アリがボックス内で相手DFに倒されてPKを獲得。これをキッカーのFWハリー・ケインが冷静に決め、一時的に逆転に成功した。 ▽このゴールセレブレーションの場面ではケインとデレ・アリを中心にスパーズの選手たちの歓喜の輪が生まれていたが、1人その輪から離れたローズはピッチサイドの中継カメラに接近。そして、ローズは中継映像を観ているであろう、かつての同僚メイソンに向けて「ライアン・メイソン!」と叫び、カメラのレンズに口づけを交わすとともに、今回のゴールを同選手に捧げた。 ▽そして、テレビを通じて古巣の試合を観戦していたメイソン本人は、ローズからのメッセージを受け取り、自身の公式ツイッターを通じて、ハートの絵文字と共に「ロージー(ローズの愛称)」と呟き、感謝を示した。 ▽17歳のときにリーズからトッテナムに加入したローズは、1つ年下で当時トッテナムのアカデミーに在籍していたメイソンとすぐさま打ち解けると、同選手がハル・シティに移籍するまで9年間苦楽を共にしてきた。 ▽そして、プレーヤーとしても人間としてもメイソンを愛していたローズは、愛するかつてのチームメートのあまりにも早すぎる引退を受けて、自身のゴールではなかったものの、チームとして奪ったゴールを捧げた。 ▽このエモーショナルなメッセージに試合内容には大いに不満を抱いたスパーズサポーターも、爽やかな気持ちでウェンブリーで行われる再試合に向けて気持ちを切り替えたことだろう。 ◆メイソンにとって何より嬉しいメッセージ https://twitter.com/Sxnheungmin/status/965282428922335232 2018.02.19 07:30 Mon
twitterfacebook
thumb

先発全入れ替えスパーズが3部相手に再試合…ルーカス・モウラ初Gも土壇場被弾で2ラウンド連続で格下に勝ち切れず《FAカップ》

▽FAカップ5回戦、ロッチデールvsトッテナムが18日に行われ、2-2のドローに終わった。この結果、トッテナムホームに移しての引き分け再試合が行われることになった。 ▽4回戦で4部のニューポート・カウンティとの再試合を制して辛くも5回戦へと駒を進めたトッテナムは、この5回戦でリーグ1(イングランド3部)のロッチデールと激突。ミッドウィークに敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)のユベントス戦で2点差を追いつく2-2のドローと好結果を持ち帰ったポチェッティーノ監督率いるチームは、格下との対戦に加えピッチ状態が懸念されるこの一戦に向けて先発全員を変更。 ▽GKにフォルム、最終ラインにトリッピアー、フォイス、アルデルヴァイレルト、ローズ。中盤はワニャマのアンカーに、ムサ・シッソコ、ウィンクスの2インサイドハーフ、先発デビューのルーカス・モウラ、ソン・フンミンとジョレンテが3トップに入った。 ▽立ち上がりから相手のアグレッシブなプレスと肉弾戦に手を焼くトッテナムだが、時間の経過とともにルーカスとソン・フンミンの個人技でDFを剥がしながら相手ゴール前まで迫っていく。 ▽しかし、なかなかフィニッシュまで持ち込めない状況が続くと、18分には自陣深くでのワニャマのボールロストからイアン・ヘンダーソンに枠内シュートを許す。 ▽その後、26分にはソン・フンミンが縦への突破からシュートを放ちGKが弾いたボールをムサ・シッソコが丁寧に落としてジョレンテに決定機。だが、左足に持ち替えて放った元スペイン代表のシュートは枠の右に。その直後にはトリッピアーの右からのダイレクトクロスを回収したジョレンテのマイナスパスからルーカスに初ゴールのチャンスも、シュートはクロスバーの遥か上を越えた。 ▽前半終盤にかけてもリーダーシップを取る選手と一体感を欠くトッテナムは、攻守に思ったようなパフォーマンスを見せられない。すると前半終了間際の45分にはハーフウェイライン付近でのウィンクスのボールロストから相手にショートカウンターを許し、右サイドからのキャノンのラストパスに抜け出したヘンダーソンにまさかの先制点を許した。 ▽3部相手にビハインドを負って後半に臨むことになったトッテナムは後半の立ち上がりもなかなかリズムを掴めない。54分には中央突破したウィンクスが思い切って右足を振り抜くが、これはGKの守備範囲。 ▽徐々に焦りが見せ始めるアウェイチームだが、先発デビューの新戦力が仕事を果たす。60分、相手陣内中央でボールを持ったルーカスが前線のジョレンテに預けてゴール前に走り込むと、ジョレンテの落としを受けたムサ・シッソコのスルーパスに反応したルーカスが飛び出したGKの脇を抜く左足のシュートで移籍後初ゴールを記録した。 ▽ルーカスの値千金の同点弾で試合を振り出しに戻したトッテナムは直後にウィンクスを下げてラメラを投入。この交代でより攻撃的な[4-2-3-1]の布陣に変更し、一気に逆転を目指す。 ▽さらにルーカス、ジョレンテを下げて終盤にデレ・アリ、ケインをピッチに送り込んだトッテナムはデレ・アリの個人技を軸に再三の決定機を創出。すると88分、ゴール前でルーズボールに反応したデレ・アリが相手DFに倒されてPKを獲得。これをキッカーのケインがパワフルなシュートできっちり決めきり、逆転に成功した。 ▽苦しみながらもこのゴールで勝利を確信したトッテナムだったが、試合はまだ終わらない。後半アディショナルタイム3分、相手の左サイドからのクロスをDFアルデルヴァイレルトが頭でクリアし損なうと、ファーに流れたボールをワントラップしたスティーブン・デイビスに右隅に流し込まれ、土壇場でまさかの同点ゴールを許した。 ▽この直後に試合はタイムアップを迎え、4部相手に再試合を強いられた4回戦に続きまたしても下位相手に勝ち切れなかったトッテナムは、ウェンブリーに舞台を移しての再試合を強いられることになった。 2018.02.19 03:06 Mon
twitterfacebook
thumb

ケインがロナウジーニョ超え! CL9戦で9ゴール

▽トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインがまたひとつ偉業を成し遂げた。 ▽13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのユベントス戦で、35分にゴールを挙げたケイン。これで昨シーズンのCLデビューから9試合で9得点を奪い、レジェンドたちが持つ記録を塗り替えた。 ▽『Opta』によれば、これまでこの記録を持っていたのは、ロナウジーニョやディディエ・ドログバ、シモーネ・インザーギ、ジエゴ・コスタの4選手。彼らはCL初出場から9試合で8得点を挙げていた。 ▽また新たに記録を塗り替えたケイン。昨年はリオネル・メッシを超える年間総得点と、アラン・シアラー氏が持つプレミアリーグ年間得点記録を更新。今年に入ってからは、1月のエバートン戦でプレミアリーグ通算98得点目を挙げ、テディ・シェリンガム氏超えのクラブ新記録を樹立している。 2018.02.16 16:43 Fri
twitterfacebook
thumb

「アリの代わりはいるが、ケインは…」トッテナムOBが経済的な理由で主力の退団を予想

元トッテナムのジャーメイン・ジェナス氏は、デレ・アリは代替が効く選手で今夏に売却される可能性があるが、ハリー・ケインはもう少しクラブに残るだろうと語った。<br><br>プレミアリーグやチャンピオンズリーグで躍進を続けるトッテナムだが、多くのビッグクラブが主力選手の獲得を虎視眈々と狙っている状況が続き、現在のメンバーの引き留めに躍起している。アリも移籍市場が開くたびにビッグクラブ移籍が報じられる選手の1人であり、近い将来にクラブから離れるとジェナス氏は『GQ』のインタビューで語っている。<br><br>「デレ・アリは出ていくだろう。彼は人気のある選手だからスパーズサポーターからすれば耳を疑うような発言に聞こえるかもしれない。しかし、新スタジアムを建てるのに莫大な費用が掛かるようなら、デレはスパーズにとって代役を立てられる選手だ。彼の能力に疑いようはなく、トップチームでプレーできるだけの選手だが、彼がプレーするポジションなら代わりはいる」<br><br>アリと同じく、トビー・アルデルヴェイレルトも今夏に退団する可能性があると語ったジェナス氏だが、ストライカーのケインはあと数シーズンはチームでプレーしてくれるだろうと考えているようだ。<br><br>「誰もが知っての通り彼は最高のストライカーで、常に移籍のうわさも浮上しているが、彼は最低でも今後1、2シーズンはここでプレーするだろう。(会長の)ダニエル・レヴィが彼をこれからも引き留めようとすれば、破産を覚悟しなければならないが、彼はそれだけの価値がある唯一の選手だ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.16 07:23 Fri
twitterfacebook
thumb

「ネクストベイルになれる選手だった」トッテナムOBがCLで輝きを放ったデンベレの現状を嘆く

元トッテナムのレス・ファーディナンド氏は、将来が嘱望されるも故障が相次いだムサ・デンベレの現状を嘆いている。<br><br>2012年にフルハムからトッテナムに加入したデンベレだが、そのキャリアの大半を負傷で棒に振ってきた。昨年5月には足首の手術を受け、さらに同年9月にも再び負傷し、長らくピッチから離れていた。しかし、13日に行われたチャンピオンズリーグのユベントス戦でベルギー代表MFは輝きを取り戻し、2-2のドローに貢献する。<br><br>強豪ユベントス相手に中盤で高いクオリティを見せつけたデンベレのプレーに感銘を受けたファーディナンド氏だが、同選手がトッテナムでくすぶっていることにがっかりしていると『オムニスポーツ』に語っている。<br><br>「正直に言うと、ムサの現状に失望している。彼のことをスパーズからレアル・マドリーにはばたく可能性のある選手だと思っていた。彼にはその能力があるが、度重なるケガに苦しめられてきた」<br><br>「彼は本当に良いプレーを見せたし、スパーズにとってどれほど重要な選手であるかを証明したと思う。私がクラブを離れた2014年に彼もさらに上のクラブへと進むかと思っていたし、ガレス・ベイルの後を追う選手になれたと思う。しかし、今ではハリー(ケイン)が誰よりも脚光を浴びている」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.15 14:50 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース