超ワールドサッカー

ケイン圧巻4発で得点ランク単独トップの今季26点目! 岡崎先発レスターに6発圧勝!《プレミアリーグ》2017.05.19 05:46 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第34節延期分、レスター・シティvsトッテナムが18日にキングパワー・スタジアムで行われ、アウェイのトッテナムが6-1で圧勝した。レスターのFW岡崎慎司は先発出場も前半のみの出場となった。

▽昨シーズンに優勝を争った11位レスター(勝ち点43)と、2位トッテナム(勝ち点80)による、トッテナムのFAカップ準決勝出場によって延期されていたリーグ戦延期分。前節、岡崎に24試合ぶりのゴールが生まれるも、マンチェスター・シティに敗れ、連勝がストップしたレスター。迎えた今節はシティ戦から負傷のアンディ・キングに代わって、アマルテイを起用した以外、同じメンバーを起用。岡崎は4試合連続でスタメンを飾った。

▽一方、悲願の優勝は逃すも前節、マンチェスター・ユナイテッドとのホームゲームでホワイト・ハート・レーンでのラストゲームを勝利で飾ったトッテナムは、その試合から先発2人を変更。エリクセンに代わって、デンベレを起用したほか、ユナイテッド戦で負傷した右サイドバックのトリッピアー、ウォーカーの不在を受け、システムを[3-4-3]に変更。右ウイングバックにムサ・シッソコを配置した。

▽互いに今季の目標を達成した中、やや宙ぶらりんなモチベーションの中でスタートした一戦だったが、開始8分に左サイドからカットインしたソン・フンミンが際どいミドルシュートを放つと、直後の9分にはマフレズのスルーパスに抜け出したヴァーディがボックス右で右足を振り抜くが、ここはGKロリスの正面を突いた。

▽予想外にオープンな攻め合いとなった試合は、その後地力で勝るアウェイチームが押し込む展開に。15分にはデレ・アリの突っついたボールに抜け出したソン・フンミンがボックス右でGKと一対一になるが、ここはシュートをふかしてしまった。

▽攻勢を続けるトッテナムは25分、得点王争いに身を置くケインが仕事を果たす。自陣右サイドでアルデルヴァイレルトからのロングフィードに反応したソン・フンミンが、オフサイドラインをかい潜ってボックス右に抜け出す。最後はゴール前に走り込んだケインに丁寧なマイナスパスを送ると、ケインが冷静に右足で流し込み、今季のリーグ戦23点目を奪取。得点ランキングトップのエバートンFWルカクに1ゴール差に迫った。

▽この先制点で完全に勢いに乗ったトッテナムは、相手陣内でハーフコートゲームを展開。36分には中央でワニャマからパスを受けたデレ・アリの浮き球パスに反応したゴール前のソン・フンミンが、右足ダイレクトボレーをゴール左に流し込んだ。なお、このゴールで今季の公式戦ゴール数を20ゴールの大台に乗せたソン・フンミンは、かつてレバークーゼンなどで活躍したチャ・ボムグン氏を抜き、韓国人選手として1シーズン最多ゴール記録を樹立した。

▽立ち上がりのヴァーディの決定機を除いてほとんど良いところがなかったレスターは、前半半ばの接触プレーで少し傷んでいた岡崎を下げてハーフタイム明けからスリマニを投入した。さらに、最終ラインにシンプソン、ベナルアン、フックスを並べた[3-4-3]の布陣に変更し、相手と並びを合わせたミラーゲームを採用した。

▽このシステム変更で息を吹き返したレスターは、左サイドで積極的に仕掛けるチルウェルを起点に序盤から相手ゴールに迫る。すると59分、右サイドで裏へ抜け出したヴァーディの対応に当たったGKロリスがボックス外に飛び出てクリアしたこぼれ球を拾ったエンディディが中央のチルウェルに繋ぐと、足を滑らせてゴールマウスに戻り切れなかったロリスの隙を突いたチルウェルのシュートがゴール中央に決まった。

▽相手のシステム変更と気迫に押されて点差を縮められたトッテナムだったが、絶好調のケインとソン・フンミンの2選手が続けてゴールネットを揺らす。まずは63分、右サイドでアルデルヴァイレルトが入れたクロスをボックス左のワニャマが頭で折り返すと、これをゴール前のケインが頭で流し込み、得点ランクトップタイとなる24点目を奪取。さらに、71分には右サイドでのムサ・シッソコの持ち上がりからケイン、ソン・フンミンとボールが繋がり、ボックス手前で巧みな切り返しでDFを外し、相手DFをブラインドに使った韓国代表FWのコントロールシュートがゴール右隅に決まった。

▽この連続ゴールで試合を決めたトッテナムは、殊勲のソン・フンミンを下げてヤンセン、85分にはこれがトップデビューのレスニアクを投入し、試合を締めにかかる。対するレスターは、ベナルアン、ヴァーディを下げてグレイ、ムサをピッチに送り出し、最後までゴールを目指す。

▽試合終盤にかけてはスパーズのエースの独壇場に。89分、カウンターからレスニアクのパスを受けたケインがボックス手前でDFの股間を抜く弾丸シュートをゴール左隅に流し込み、ハットトリック達成。さらに後半アディショナルタイム2分には、再びボックス手前から右足を振り抜いてニアサイドを射抜き、圧巻の4点目を奪い、得点ランキング単独トップとなる今季26点目を記録した。ケインの圧巻4発とソン・フンミンの2ゴールで圧勝のトッテナムが、昨シーズン優勝争いを演じた昨季王者にリベンジを果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

マン・C、144億円でサンチェス&ウォーカー獲得か

▽マンチェスター・シティが、1億ポンド(約143億6000万円)の投資でアーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)とトッテナムのイングランド代表DFカイル・ウォーカー(26)の獲得を狙っているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽アーセナルとの契約が残り1年となっているサンチェスに関しては、今夏の移籍が取りざたされている。先日にはバイエルン移籍に近づいているとの報道が出たが、『ミラー』によれば、シティはサンチェス獲得レースでポールポジションに立っていると確信しているようだ。一方のアーセナルもサンチェスの慰留に力を入れる構えで、週給25万ポンド(約3600万円)の新契約をオファーしているとみられる。 ▽一方、ウォーカーに関しては、よりシティ移籍に近いようだ。ウォーカーはシーズン終盤、DFキーラン・トリッピアーとのポジション争いで劣勢となり、今夏に新天地を求めるとみられている。 ▽伝えられるところによれば、トッテナムはウォーカーを求めるクラブに対して、5000万ポンド(約71億8000万円)の移籍金を要求する。サイドバックとしては非常に高価な取引になるが、DFバカリ・サーニャとDFパブロ・サバレタが退団するシティにとっては、喉から手が出るほど手にしたい人材と言えるだろう。 2017.05.26 14:35 Fri
twitterfacebook
thumb

デレ・アリが残留示唆か? クラブの補強に「多額のお金を費やす必要なんてない」

▽今夏にトッテナム退団が噂されるイングランド代表MFデレ・アリ(21)が、残留を示唆するようなコメントを残している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽今シーズンのトッテナムは、チェルシーに7ポイント差を付けられて優勝を奪われたものの、3位のマンチェスター・シティに8ポイント差となる勝ち点86を獲得してプレミアリーグで2位となった。 ▽来シーズンはプレミアリーグ制覇に加え、チャンピオンズリーグ(CL)での活躍も期待される。しかし、チームの躍進を支えたデレ・アリやリーグ得点王に輝いたイングランド代表FWハリー・ケイン、ベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトら主力選手に移籍の噂が囁かれている。 ▽指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、新たな選手の補強において、ビッグクラブと争うだけの資金力はないとコメント。しかし、「残したいと思った選手を残す」と移籍が噂される選手たちの引き留めを強調した。 ▽そんな中、レアル・マドリーから関心を寄せられているデレ・アリは、指揮官の考えに同調。大枚をはたいて選手を補強する必要はなく、現メンバーを残留させてチームとして成長していくことが重要だと語るなど、残留を示唆するコメントを残した。 「僕たちはここにいるメンバーを確保するべきであって、(選手の獲得のために)多額のお金を費やす必要なんてないよ」 「トッテナムには素晴らしい団結力を持った選手たちがいるからね。みんな覚悟を持って、一生懸命プレーする。そして、チームには高いクオリティがある」 「団結することが重要なんだ。それに成長し続けないとね。僕らは来シーズンに向けて新たに準備しなくてはいけないし、今までよりも強くならなくてはいけない」 2017.05.24 17:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ケインが圧巻ハットで2年連続得点王獲得! スパーズが7発圧勝で有終の美《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ最終節、ハル・シティvsトッテナムが21日にKCスタジアムで行われ、アウェイのトッテナムが7-1で勝利した。 ▽前節、エースFWケインの圧巻の4発などで、昨季王者レスター・シティに完勝した2位トッテナム(勝ち点83)は、勝利で今シーズンを終えることを目標に既に降格が決定した18位ハル・シティ(勝ち点34)とのアウェイゲームに臨んだ。ポチェッティーノ監督はこの最終節に向けて、2位以下と2点差で得点ランキングトップに立つケイン、デレ・アリ、ソン・フンミンの公式戦20発トリオに加え、前節温存したエリクセンを起用した。 ▽前節に続き大きなモチベーションはないものの、立ち上がりから地力の差を見せ付けるトッテナムが、相手を自陣に押し込んでいく。すると11分、ボックス手前でエリクセンから横パスを受けたケインが左足を振り抜くと、この強烈なシュートがゴール右隅に突き刺さり、エースが早速ゴールをこじ開ける。直後の13分にはエリック・ダイアーの浮き球パスに反応したトリッピアーがボックス右でダイレクトの折り返しを入れると、これをゴール前に走り込んだケインがワンタッチで流し込み、瞬く間に2点目を奪取。今季のゴール数を28ゴールに伸ばした。 ▽獲るべき人の2ゴールで早々に試合を決めたトッテナムは、その後も勢いづいて相手を押し込む。ケイン以外にもゴールに貪欲なソン・フンミンやデレ・アリが再三の決定機を創出。すると、前半終了間際にはショートカウンターからボックス左に抜け出したソン・フンミンの折り返しから、中央のデレ・アリが右足のシュートを流し込み、前半だけで試合を決めた。 ▽迎えた後半、トッテナムがペースを落としたことで、ホーム最終戦で意地を見せたいハルが攻め込む場面が増えてくる。すると66分、左サイドでの崩しからゴール前に飛び込んだニアッセがシュート。これはGKとDFにブロックされるが、こぼれ球に反応したクルーカスのシュートが右隅に決まり、一矢報いるゴールを決めた。 ▽一方、クリーンシートを逃したトッテナムだが、ここから攻勢を強めると、69分に相手陣内右サイドで得たFKの場面でエリクセンのファーを狙ったクロスをワニャマが頭で流し込み、4点目を奪取。さらに72分にはカウンターからデレ・アリの絶妙なラストパスに抜け出したケインがGKとの一対一を難なく制し、4点を奪った前節に続きハットトリックを達成した。 ▽今季29点目を奪い、2年連続得点王をほぼ手中に収めたケインは、ダイアー、デレ・アリと共にピッチを退く。だが、主役退場後も攻撃の手を緩めないトッテナムは、84分にベン・デイビス、87分にはアルデルヴァイレルトがいずれも今季リーグ初ゴールを奪い、敵地で7-1の圧勝。前節のレスター戦に続き、敵地で大暴れのトッテナムが、クラブ新記録の86ポイントを獲得し、実り多き内容で今季を2位で終えた。なお、得点ランキング2位のエバートンFWルカクに4点差を付けたケインは、キャリアハイの今季29ゴールで2年連続の得点王を獲得した。 2017.05.22 02:11 Mon
twitterfacebook
thumb

D・ザグレブ元会長、最大の失敗はハリロビッチとイェドバイの移籍

元ディナモ・ザグレブ会長のズドラフコ・マミッチ氏は、トッテナムが2013年にガレス・ベイルの後釜としてアレン・ハリロビッチとティム・イェドバイの獲得を狙っていたと『アリーナ』に語っている。<br><br>ベイルを巨額の移籍金でレアル・マドリーに売却したトッテナムは、2人のクロアチアのホープでウェールズ代表FWの穴を埋めようと試みていた。しかし、移籍成立の数分前に突如ハリロビッチ側の気持ちが変わり、移籍は破談となっていた。<br><br>マミッチ氏は「一番の失敗はアレン・ハリロビッチとティン・イェドバイの移籍だ」と当時を振り返り、以下のように続けている。<br><br>「彼らがまだ16歳のころだった。トッテナムはレアルに1億ユーロでベイルを売り、2500万ユーロで彼らを獲得しようとした。それに私はすでに(トッテナム会長の)ダニエル・レヴィーとロンドンで話を済ませ、1000万ユーロのオファーを2500万ユーロまで引き上げてサインしていた。ザグレブに戻った後も、ハリロビッチとイェドバイに交渉結果を伝え、家族からも同意を得ていたんだ」<br><br>「しかし、数日後にハリロビッチの父親の考えが変わり、アレンはその契約に満足していないと語り出した。全てが無効となり、怒り狂ってしまいそうだった。そして我々は2年後に彼らをわずかな移籍金で手放した」<br><br>その後ハリロビッチはバルセロナへ移籍したものの、インパクトを残せずハンブルガーSVに売却され、現在はラス・パルマスにローンで加入。一方のイェドバイは、ローマに加入するも、その後バイヤー・レバークーゼンへ活躍の場を移している。<br><br>なお、トッテナムとディナモ・ザグレブは、2008年に2500万ユーロでルカ・モドリッチの移籍を成立させるなど、良好な関係が続いていた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.21 16:57 Sun
twitterfacebook
thumb

トッテナム、シグルドソンの再獲得を考慮? バークリーの高額移籍金に二の足踏む

▽トッテナムがスウォンジーに所属するアイスランド代表MFギルフィ・シグルドソン(27)の買い戻しを検討しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽今夏の移籍市場でプレーメーカーの獲得を目指すトッテナムは、エバートンに所属するイングランド代表MFロス・バークリー(23)をトップターゲットに定めているといわれている。だが、新スタジアム建設の影響で資金に限りがあるクラブは、エバートンが要求する5000万ポンド(約72億5000万円)という高額な移籍金の支払いに難色を示しているようだ。 ▽『デイリー・メール』の伝えるところによれば、バークリー獲得交渉が難航するトッテナムは、次善策として2012年から2014年までの2年間クラブに在籍していたシグルドソンの獲得を考慮しているようだ。 ▽2012年にホッフェンハイムからトッテナムに加入したシグルドソンだが、当時のアンドレ・ビラス=ボアス体制では、思うような出場機会を得ることができず、2014年にオランダ代表GKミシェル・フォルム、ウェールズ代表DFベン・デイビスとのトレードという形で古巣スウォンジーに移籍していた。 ▽ただ、2014年夏からトッテナムの新指揮官に就任したマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、シグルドソンを「完璧なMF」と評しており、過去にクラブ主導で放出したことを悔やむ内容のコメントを残しており、プレミアリーグでも確かな実績を持つ同選手の買い戻しに興味を持っているようだ。 ▽なお、シグルドソンの移籍金は、バークリーの半額の2500万ポンド(約36億2000万円)と見込まれており、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンのバックアップに加え、攻撃の新オプションとなれる同選手の獲得はベターな選択肢となるか。 2017.05.20 19:50 Sat
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース