ケイン圧巻4発で得点ランク単独トップの今季26点目! 岡崎先発レスターに6発圧勝!《プレミアリーグ》2017.05.19 05:46 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第34節延期分、レスター・シティvsトッテナムが18日にキングパワー・スタジアムで行われ、アウェイのトッテナムが6-1で圧勝した。レスターのFW岡崎慎司は先発出場も前半のみの出場となった。

▽昨シーズンに優勝を争った11位レスター(勝ち点43)と、2位トッテナム(勝ち点80)による、トッテナムのFAカップ準決勝出場によって延期されていたリーグ戦延期分。前節、岡崎に24試合ぶりのゴールが生まれるも、マンチェスター・シティに敗れ、連勝がストップしたレスター。迎えた今節はシティ戦から負傷のアンディ・キングに代わって、アマルテイを起用した以外、同じメンバーを起用。岡崎は4試合連続でスタメンを飾った。

▽一方、悲願の優勝は逃すも前節、マンチェスター・ユナイテッドとのホームゲームでホワイト・ハート・レーンでのラストゲームを勝利で飾ったトッテナムは、その試合から先発2人を変更。エリクセンに代わって、デンベレを起用したほか、ユナイテッド戦で負傷した右サイドバックのトリッピアー、ウォーカーの不在を受け、システムを[3-4-3]に変更。右ウイングバックにムサ・シッソコを配置した。

▽互いに今季の目標を達成した中、やや宙ぶらりんなモチベーションの中でスタートした一戦だったが、開始8分に左サイドからカットインしたソン・フンミンが際どいミドルシュートを放つと、直後の9分にはマフレズのスルーパスに抜け出したヴァーディがボックス右で右足を振り抜くが、ここはGKロリスの正面を突いた。

▽予想外にオープンな攻め合いとなった試合は、その後地力で勝るアウェイチームが押し込む展開に。15分にはデレ・アリの突っついたボールに抜け出したソン・フンミンがボックス右でGKと一対一になるが、ここはシュートをふかしてしまった。

▽攻勢を続けるトッテナムは25分、得点王争いに身を置くケインが仕事を果たす。自陣右サイドでアルデルヴァイレルトからのロングフィードに反応したソン・フンミンが、オフサイドラインをかい潜ってボックス右に抜け出す。最後はゴール前に走り込んだケインに丁寧なマイナスパスを送ると、ケインが冷静に右足で流し込み、今季のリーグ戦23点目を奪取。得点ランキングトップのエバートンFWルカクに1ゴール差に迫った。

▽この先制点で完全に勢いに乗ったトッテナムは、相手陣内でハーフコートゲームを展開。36分には中央でワニャマからパスを受けたデレ・アリの浮き球パスに反応したゴール前のソン・フンミンが、右足ダイレクトボレーをゴール左に流し込んだ。なお、このゴールで今季の公式戦ゴール数を20ゴールの大台に乗せたソン・フンミンは、かつてレバークーゼンなどで活躍したチャ・ボムグン氏を抜き、韓国人選手として1シーズン最多ゴール記録を樹立した。

▽立ち上がりのヴァーディの決定機を除いてほとんど良いところがなかったレスターは、前半半ばの接触プレーで少し傷んでいた岡崎を下げてハーフタイム明けからスリマニを投入した。さらに、最終ラインにシンプソン、ベナルアン、フックスを並べた[3-4-3]の布陣に変更し、相手と並びを合わせたミラーゲームを採用した。

▽このシステム変更で息を吹き返したレスターは、左サイドで積極的に仕掛けるチルウェルを起点に序盤から相手ゴールに迫る。すると59分、右サイドで裏へ抜け出したヴァーディの対応に当たったGKロリスがボックス外に飛び出てクリアしたこぼれ球を拾ったエンディディが中央のチルウェルに繋ぐと、足を滑らせてゴールマウスに戻り切れなかったロリスの隙を突いたチルウェルのシュートがゴール中央に決まった。

▽相手のシステム変更と気迫に押されて点差を縮められたトッテナムだったが、絶好調のケインとソン・フンミンの2選手が続けてゴールネットを揺らす。まずは63分、右サイドでアルデルヴァイレルトが入れたクロスをボックス左のワニャマが頭で折り返すと、これをゴール前のケインが頭で流し込み、得点ランクトップタイとなる24点目を奪取。さらに、71分には右サイドでのムサ・シッソコの持ち上がりからケイン、ソン・フンミンとボールが繋がり、ボックス手前で巧みな切り返しでDFを外し、相手DFをブラインドに使った韓国代表FWのコントロールシュートがゴール右隅に決まった。

▽この連続ゴールで試合を決めたトッテナムは、殊勲のソン・フンミンを下げてヤンセン、85分にはこれがトップデビューのレスニアクを投入し、試合を締めにかかる。対するレスターは、ベナルアン、ヴァーディを下げてグレイ、ムサをピッチに送り出し、最後までゴールを目指す。

▽試合終盤にかけてはスパーズのエースの独壇場に。89分、カウンターからレスニアクのパスを受けたケインがボックス手前でDFの股間を抜く弾丸シュートをゴール左隅に流し込み、ハットトリック達成。さらに後半アディショナルタイム2分には、再びボックス手前から右足を振り抜いてニアサイドを射抜き、圧巻の4点目を奪い、得点ランキング単独トップとなる今季26点目を記録した。ケインの圧巻4発とソン・フンミンの2ゴールで圧勝のトッテナムが、昨シーズン優勝争いを演じた昨季王者にリベンジを果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

デレ・アリは大腿部の軽微な筋損傷

▽イングランドサッカー協会(FA)は20日、イングランド代表MFデレ・アリの検査結果を発表した。 ▽デレ・アリは、18日に行われたロシア・ワールドカップの初戦となったチュニジア代表戦に出場。80分に、MFルベン・ロフタス=チークと交代していた。 ▽試合はFWハリー・ケインの活躍で勝利したイングランドだったが、19日のトレーニングにデレ・アリの姿はなく負傷と見られていた。 ▽FAの発表によると、デレ・アリは大腿部の筋肉に軽微な損傷があったとのこと。しかし、大事には至らず、経過を見守ることとなるようだ。 ▽イングランドは、24日に第2節でパナマ代表と、28日に第3節でベルギー代表と対戦する。 2018.06.20 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル、ムサ・デンベレ獲得へポルトガル代表MFを差し出す?

▽インテルがトッテナムのベルギー代表MFムサ・デンベレ(30)の獲得に向けてポルトガル代表MFジョアン・マリオ(25)を差し出すことを考慮しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 ▽対人プレーと推進力が魅力のムサ・デンベレは、2012年夏からトッテナムでプレー。2014年からトッテナムの指揮を執るポチェッティーノ監督から重宝されており、今シーズンもここまで公式戦39試合の出場をマークしていた。 ▽来シーズンで契約満了となるデンベレに対して、トッテナムは以前から契約延長交渉を行っていたが、この交渉が難航。そのため移籍金が見込める今夏での売却を検討していた。 ▽これを受けてインテルは、1000万ユーロ(約13億円)のオファーをトッテナム側に提示したが、トッテナムはムサ・デンベレの移籍金を少なくとも3000万ユーロ(約38億6000万円)と見込んでおり、これを拒否。 ▽しかし、ムサ・デンベレの獲得を諦めていないインテルは、ジョアン・マリオを交渉の一部に加えることで移籍金の引き下げを目論んでいると同メディアは主張している。 ▽2016年の夏にスポルティングからインテルに加入したジョアン・マリオ。加入初年度こそ公式戦33試合に出場したものの、今シーズンはなかなかパフォーマンスが上がらず、今冬にウェストハムへレンタル移籍。 ▽ウェストハムでは、プレミアリーグ13試合に出場して2ゴールを記録。一定の結果を残したジョアン・マリオは、来季もイングランドでプレーを続けることを熱望しており、今夏でのインテルの退団を希望していた。 2018.06.18 01:20 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル、CL出場権獲得弾のヴェシーノの移籍を容認? 来季は構想外か

▽インテルのウルグアイ代表MFマティアス・ヴェシーノ(26)に対して複数のプレミアクラブが獲得に動いているようだ。イタリア『トゥットスポルト』やイギリス『サン』が報じている。 ▽昨夏にフィオレンティーナからインテルに移籍したヴェシーノは、今シーズンのセリエAで29試合に出場し、3ゴールを記録。来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権のかかる最終節のラツィオ戦では、81分に値千金の勝ち越しゴールを決めるなど、一定の結果を残した。 ▽しかし、今回の報道によれば、インテルを率いるルチアーノ・スパレッティ監督は、ヴェシーノを来季の構想に含んでおらず、インテルも移籍を容認する構えのようだ。 ▽『トゥットスポルト』や『サン』によると、現在ヴェシーノにはトッテナムやエバートンなどプレミアリーグのクラブが獲得に興味を示している模様。さらにナポリを退任したマウリツィオ・サッリ氏がチェルシーの指揮官に就任すれば、この獲得レースに参戦すると同紙は予想している。 ▽なお、インテルはヴェシーノの移籍金として昨夏にフィオレンティーナから獲得した際の2400万ユーロ(当時レート:約31億2700万円)を上回る3000万ユーロ(約38億5700万円) に設定しているようだ。 2018.06.17 04:30 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ、グリーリッシュ獲得に関心か

▽トッテナムがアストン・ビラに所属するイングランド人MFジャック・グリーリッシュ(22)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽アストン・ビラのアカデミー出身である攻撃的MFのグリーリッシュは、16歳でトップチーム昇格を果たした将来を嘱望されるタレント。ピッチ外での問題行為が目立つ一方、ピッチ内では卓越したテクニックと創造性を発揮するイングランドでは珍しいファンタジスタタイプのチャンスメーカーだ。今季は腎臓の問題でシーズン序盤戦を棒に振るも、チャンピオンシップ(イングランド2部)で27試合に出場し3ゴール5アシストを記録した。 ▽なお、クラブ売却が伝えられるビラの窮状を察知したトッテナムは、ビラが3000万ポンド(約44億3000万円)を望んでいるグリーリッシュに対して、1500万ポンド(約22億1500万円)のオファーを掲示したようだ。 ▽ただ、グリーリッシュに関してはチェルシーも関心を示しており、より好条件のオファーと共に来シーズンはレンタルという形でビラに残留させるという魅力的な提案で逸材確保を目指しているようだ。 2018.06.14 19:50 Thu
twitterfacebook
thumb

年代別日本代表にも招集された元トッテナムMFサイ・ゴダードがセリエB降格ベネヴェント加入へ

▽年代別日本代表への招集歴もあるMFサイ・ゴダード(21)がセリエBに降格したベネヴェントに加入することが濃厚なようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 ▽イギリス人の父と日本人の母親を持つサイ・ゴダードは、過去にU-16日本代表招集歴があり、2020年に開催される東京五輪で日本代表入りも期待される逸材だ。下部組織から在籍したトッテナムではU-18チームで背番号10を背負うなど将来を嘱望されていたもののトップチームへの昇格は叶わず、現在はフリーの状態だ。 ▽『gianlucadimarzio.com』が伝えるところによれば、そのサイ・ゴダードは今季のセリエAを最下位で終え、来シーズンに再びセリエBの舞台で戦うベネヴェント入りが迫っているという。 ▽なお、ベネヴェントでは今季途中に加入した元フランス代表DFバカリ・サーニャが来季も残留する可能性が浮上しており、かつてアーセナルに在籍したサーニャと元トッテナムのサイ・ゴダードによるノースロンドンコンビで1年でのセリエA復帰を目指すことになるかもしれない。 2018.06.10 06:27 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース