超ワールドサッカー

ケイン圧巻4発で得点ランク単独トップの今季26点目! 岡崎先発レスターに6発圧勝!《プレミアリーグ》2017.05.19 05:46 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第34節延期分、レスター・シティvsトッテナムが18日にキングパワー・スタジアムで行われ、アウェイのトッテナムが6-1で圧勝した。レスターのFW岡崎慎司は先発出場も前半のみの出場となった。

▽昨シーズンに優勝を争った11位レスター(勝ち点43)と、2位トッテナム(勝ち点80)による、トッテナムのFAカップ準決勝出場によって延期されていたリーグ戦延期分。前節、岡崎に24試合ぶりのゴールが生まれるも、マンチェスター・シティに敗れ、連勝がストップしたレスター。迎えた今節はシティ戦から負傷のアンディ・キングに代わって、アマルテイを起用した以外、同じメンバーを起用。岡崎は4試合連続でスタメンを飾った。

▽一方、悲願の優勝は逃すも前節、マンチェスター・ユナイテッドとのホームゲームでホワイト・ハート・レーンでのラストゲームを勝利で飾ったトッテナムは、その試合から先発2人を変更。エリクセンに代わって、デンベレを起用したほか、ユナイテッド戦で負傷した右サイドバックのトリッピアー、ウォーカーの不在を受け、システムを[3-4-3]に変更。右ウイングバックにムサ・シッソコを配置した。

▽互いに今季の目標を達成した中、やや宙ぶらりんなモチベーションの中でスタートした一戦だったが、開始8分に左サイドからカットインしたソン・フンミンが際どいミドルシュートを放つと、直後の9分にはマフレズのスルーパスに抜け出したヴァーディがボックス右で右足を振り抜くが、ここはGKロリスの正面を突いた。

▽予想外にオープンな攻め合いとなった試合は、その後地力で勝るアウェイチームが押し込む展開に。15分にはデレ・アリの突っついたボールに抜け出したソン・フンミンがボックス右でGKと一対一になるが、ここはシュートをふかしてしまった。

▽攻勢を続けるトッテナムは25分、得点王争いに身を置くケインが仕事を果たす。自陣右サイドでアルデルヴァイレルトからのロングフィードに反応したソン・フンミンが、オフサイドラインをかい潜ってボックス右に抜け出す。最後はゴール前に走り込んだケインに丁寧なマイナスパスを送ると、ケインが冷静に右足で流し込み、今季のリーグ戦23点目を奪取。得点ランキングトップのエバートンFWルカクに1ゴール差に迫った。

▽この先制点で完全に勢いに乗ったトッテナムは、相手陣内でハーフコートゲームを展開。36分には中央でワニャマからパスを受けたデレ・アリの浮き球パスに反応したゴール前のソン・フンミンが、右足ダイレクトボレーをゴール左に流し込んだ。なお、このゴールで今季の公式戦ゴール数を20ゴールの大台に乗せたソン・フンミンは、かつてレバークーゼンなどで活躍したチャ・ボムグン氏を抜き、韓国人選手として1シーズン最多ゴール記録を樹立した。

▽立ち上がりのヴァーディの決定機を除いてほとんど良いところがなかったレスターは、前半半ばの接触プレーで少し傷んでいた岡崎を下げてハーフタイム明けからスリマニを投入した。さらに、最終ラインにシンプソン、ベナルアン、フックスを並べた[3-4-3]の布陣に変更し、相手と並びを合わせたミラーゲームを採用した。

▽このシステム変更で息を吹き返したレスターは、左サイドで積極的に仕掛けるチルウェルを起点に序盤から相手ゴールに迫る。すると59分、右サイドで裏へ抜け出したヴァーディの対応に当たったGKロリスがボックス外に飛び出てクリアしたこぼれ球を拾ったエンディディが中央のチルウェルに繋ぐと、足を滑らせてゴールマウスに戻り切れなかったロリスの隙を突いたチルウェルのシュートがゴール中央に決まった。

▽相手のシステム変更と気迫に押されて点差を縮められたトッテナムだったが、絶好調のケインとソン・フンミンの2選手が続けてゴールネットを揺らす。まずは63分、右サイドでアルデルヴァイレルトが入れたクロスをボックス左のワニャマが頭で折り返すと、これをゴール前のケインが頭で流し込み、得点ランクトップタイとなる24点目を奪取。さらに、71分には右サイドでのムサ・シッソコの持ち上がりからケイン、ソン・フンミンとボールが繋がり、ボックス手前で巧みな切り返しでDFを外し、相手DFをブラインドに使った韓国代表FWのコントロールシュートがゴール右隅に決まった。

▽この連続ゴールで試合を決めたトッテナムは、殊勲のソン・フンミンを下げてヤンセン、85分にはこれがトップデビューのレスニアクを投入し、試合を締めにかかる。対するレスターは、ベナルアン、ヴァーディを下げてグレイ、ムサをピッチに送り出し、最後までゴールを目指す。

▽試合終盤にかけてはスパーズのエースの独壇場に。89分、カウンターからレスニアクのパスを受けたケインがボックス手前でDFの股間を抜く弾丸シュートをゴール左隅に流し込み、ハットトリック達成。さらに後半アディショナルタイム2分には、再びボックス手前から右足を振り抜いてニアサイドを射抜き、圧巻の4点目を奪い、得点ランキング単独トップとなる今季26点目を記録した。ケインの圧巻4発とソン・フンミンの2ゴールで圧勝のトッテナムが、昨シーズン優勝争いを演じた昨季王者にリベンジを果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド、ケイン獲得へ世界記録141億円オファーか

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケイン(23)の獲得を望んでいるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽ユナイテッドは今夏、レアル・マドリーからの退団が噂されるFWクリスティアーノ・ロナウドとの関連が伝えられている。同選手を獲得するためには、少なくとも1億ポンド(約141億円)以上の移籍金が必要とみられているが、モウリーニョ監督は巨額を投資するならば、C・ロナウドよりもケインの獲得を望んでいるという。 ▽モウリーニョ監督は、ケインを非常に高く評価しているとのことで、1億ポンドクラスのオファーで、トッテナムのダニエル・レヴィ会長に放出を考えさせたい思惑があるようだ。ケインは現在23歳だが、プレミアリーグで3シーズン連続20ゴール超えと得点を量産。2016-17シーズンはリーグ戦29ゴールをマークして得点王に輝いており、すでに世界屈指のストライカーであると世界的に認知されている。 ▽なお、ユナイテッドはケインと同時に、これまで関心が伝えられてきたレアル・マドリーのFWアルバロ・モラタの引き入れも引き続き狙っている模様。モウリーニョ監督は来シーズン、ケインとモラタを前線で組ませることを希望しているとのことだ。 2017.06.25 09:51 Sun
twitterfacebook
thumb

戸田和幸氏が選ぶ最優秀監督はコンテ!「崩れないチームの基盤をつくった」《戸田和幸インタビュー③》

▽元日本代表で現在はサッカー解説者を務める戸田和幸氏に超ワールドサッカーがインタビューを実施。戸田氏は、2016-17シーズンのプレミアリーグ最優秀監督にチェルシーを優勝に導いたアントニオ・コンテ監督を選出した。 ▽ユベントスやイタリア代表を指揮してきたコンテ監督は、今シーズンからチェルシーのトップチーム指揮官に就任。プレミアリーグ1年目で苦戦が予想されていた中、シーズン途中の[3-4-2-1]システム変更が功を奏したこともあり、プレミアリーグ記録の30勝を挙げる強さを発揮し、チェルシーを優勝に導いた。 ▽戸田氏は、「崩れないチームの基盤をつくった」と、コンテ監督の手腕を高く評価。チェルシーは、9月24日に行われたプレミアリーグ第6節のアーセナル戦を0-3で落とし、当時の直近リーグ3戦で2分け1敗に。これを機にコンテ監督は4バックから3バックへとシステムを本格的に変更し、DFジョン・テリーやDFブラニスラフ・イバノビッチをレギュラー落ちさせた。戸田氏は、決断力あるコンテ監督の采配を称賛している。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/toda20170617_12_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">──2016-17シーズンの最優秀監督はどなたでしょうか</span> 「最優秀監督はコンテ監督で決まりですね。凄いですよ。一発で結果出しましたから。ちゃんとした全体像が間違いなくあって、多分ですが、イングランドだし、前監督のサッカーもあったので様子見で4バックで始めたんだと思います」 「ダビド・ルイスを獲得できた事もありなかなか上手くいかなかったこのタイミングで3バックに変えたのだと思います。思い切って変えて重鎮だった選手も外した。(エデン・)アザールと(ジエゴ・)コスタについては守備を免除させましたが、選手同士の長所と長所を重ね合わせることで守備面を上手にカバーしながら崩れないチームの基盤を作りました。守備面を他の選手に比べて免除している選手には得点を挙げるという明確な役割を与えた。できないことはさせないと、しかしその部分をカバーできる選手をしっかりと置いた」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr>4バックから3バック変更のキッカケとなった試合<br /><a href="https://goo.gl/c4K88Y" target="_blank">第6節 アーセナルvsチェルシー</a><hr></div> 「あと、対戦相手の力量や試合展開で(ネマニャ・)マティッチなのかセスクなのかというところで変化を付けながら戦いました。最後にFAカップ決勝で負けたのは残念でしたけどね。素晴らしいシーズンを終えてまた新たな選手が入って来ることになりましたが、どれぐらいバージョンアップするのか非常に楽しみにしています」 「新シーズンはいよいよチャンピオンズリーグ(CL)がありますからね。やはりCLに出るとコンディションの維持にどこも苦労しますか。ですのでチームマネジメントの部分も含めて、新シーズンどれぐらいコンテ監督ができるのか。凄く期待しています」 ▽また戸田氏は、チェルシーに最後まで食い下がったトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督と、惜しくも3位に終わったマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督についても、自身の見解を示した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/toda20170617_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>「ポチェッティーノ監督は着実にチームを引き上げてきています。そして監督の求めるものに対して選手が忠実に実践しているチームだと思います。このチームは3バックでも4バックでもプレイすることが出来ます。監督・コーチが要求しているものを素晴らしく能力の高い選手たちがハードワークをベースにしっかりと表現してきました」 「その上で技術が高くて判断力があるのがスパーズだと思います。(クリスティアン・)エリクセンが抜けることがあるかもしれませんがまだ若いチームですから伸びしろはたくさん残っている。それから素晴らしすぎるトレーニング施設を持ち新しいスタジアムも建設中だという事、そして来シーズンも再びCLの舞台が待っている。様々な視点で見てまだまだこれから成長が期待できるチームですし監督としても着実に評価を高めている」 「ポチェッティーノ監督は普段すごく穏やかなんですけど、やるときは一気にスイッチが入る。(練習を見た際に)コーチングなんかも印象に残りましたね」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr>スパーズの強さが光った伝統のダービー!<br /><a href="https://goo.gl/RZ6he6" target="_blank">第35節 トッテナムvsアーセナル</a><hr></div> 「グアルディオラ監督は今季の終盤戦でイメージを掴めたのではないでしょうか。年明けから大きな成長を遂げレギュラーポジションを掴んだ(リロイ・)ザネ、(ガブリエウ・)ジェズスもハマった。ジェズスについてはグアルディオラ監督は非常に高く評価をしていると感じます。ジェズスという選手は攻守両面に於いて多くの選択肢を味方に与えることができます。安定したビルドアップを確立することが出来ず今季は相当苦労したと思いますが、監督の獲得を望んでいる選手が最終ラインに連れてくる事が来れば、来シーズンは大きく期待できると思います」 ※25日は、第4弾を公開!戸田氏が注目するマンチェスター・シティのあの若手選手について語る! 2017.06.24 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ダニエウ・アウベス獲得目前と報道のシティ、ウォーカー獲得へ交渉継続か?

▽マンチェスター・シティは、トッテナムに所属するイングランド代表DFカイル・ウォーカー(27)の交渉を継続する意向のようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽ウォーカーは今シーズン、リーグ戦の33試合に出場し、チームの2位躍進と来シーズンのチャンピオンズリーグへのストレートインに貢献した。そんな同選手には現在、ユベントス所属のブラジル代表DFダニエウ・アウベス(34)と並んでシティから獲得への関心が寄せられている。 ▽そうした中、21日にユベントスのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)がダニエウ・アウベスの移籍を容認したと報道されるなど、同選手の獲得が確実視されている。伝えるところによると、シティはそれでもウォーカーの獲得を熱望しており、アルゼンチン代表DFパブロ・サバレタ(32)とフランス代表DFバカリ・サーニャ(34)の抜けた右サイドバックの強化に向けて注力するようだ。 ▽現在、トッテナムは、ウォーカーの移籍金として4500万ポンド(約63億6000万円)程度を要求。しかし、同メディアはシティの本拠地であるマンチェスターがウォーカーの故郷であるシェフィールドに近いことや予測として給与が現在の3倍になることが移籍の可能性を高めていると見解を示している。 2017.06.23 19:54 Fri
twitterfacebook
thumb

D・コスタ放出許可に理解を示す戸田和幸氏、プレミアMVPのカンテは「来季はさらにパフォーマンスを上げるかも」《戸田和幸インタビュー②》

▽元日本代表で現在はサッカー解説者を務める戸田和幸氏に超ワールドサッカーがインタビューを実施。戸田氏は、2016-17シーズンのプレミアリーグMVPにチェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテの名前を挙げ(同列のMVPにトッテナムFWハリー・ケインも選出)、チェルシーの戦術面から同選手の素晴らしさを語った。 ▽2015-16シーズン、レスター・シティのプレミアリーグ初制覇に貢献したカンテは、今シーズン前にチェルシーへ移籍。新天地でも持ち前の運動量と高いボール奪取能力を遺憾なく発揮し、リーグ戦35試合に出場してブルーズの2年ぶりの戴冠に大きく貢献した。 ▽自身が選出したベストイレブンにも、「もう、凄い。外しようがない」と文句なしで選出したカンテに関して、戸田氏はチェルシーの戦術的な面を解説しながら、欠かせない選手だったと称賛した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/toda20170617_11_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <span style="font-weight:700;">──2016-17シーズンのプレミアリーグMVPはどの選手でしょうか</span> 「最優秀選手は、カンテかケインですね。ここでカンテって言うと、だいだいどこの(識者とも)一緒になっちゃうからなぁ(笑)。僕は天邪鬼なところがありますので(笑)。でも、カンテは凄かったですからね。天邪鬼にならないならカンテです(笑)」 「チェルシーもシステムを変えるまで(※昨年9月、0-3で敗れたアーセナル戦後から4バック⇒3バックに移行)はあまり良くなくて、実は現地ではカンテすら批判されていました」 「試合がうまく運ばないと動き過ぎたりとかスペース空けてしまったりしますが、それは彼が『何とかしなければ』と考えてやっている結果だったのですがそれを向こうのメディアは批判をしていたので『そういう見方するんだと、カンテがやろうとしていることが分からないのかな?』と思っていました」 「(アントニオ・)コンテ監督がシステムを変えてからですけど、(ジエゴ・)コスタと(エデン・)アザールは基本的に守備を免除されています。報道では、コスタは構想外になっていますね(※ジエゴ・コスタ自身がコンテから構想外の旨を通達されたとコメント) 。僕は(コンテは)新シーズンは違うCFを求めるのではないかと考えていました。相当我慢して使っていたと思います」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/toda20170617_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>「基本的にコスタは後ろ向きの(相手を背にした)プレーが苦手です。ボールロストも多いですし1トップとして中盤以降の選手にスペースや選択肢を与えるプレー、ケインやジェズスが得意としているプレーがあまり得意ではありません。守備もやるときとやらないときが気分によるので集団として奪いに行くようなプレッシングがなかなか作れなかったと見ていました。そして前線からの規制がかからない守備において大きな働きをしていたのが、中盤の底と最終ラインでした。コスタには、『チームがボールを奪った瞬間にもっと受ける準備をしていてほしい』とか、『後ろ向きのプレーを正確にしてほしい』とか、コンテ監督も手元の選手を最大限に生かす為に色々考えて選手と向き合っていたのではないかと思います」 「コスタという選手はもともと2トップでプレーする方が好きな選手でもあります。ですから相手チームが下がりスペースが消されると、コスタも1タッチでフィニッシュする場面以外では試合から消えてしまう事が多かったと思います。そういった視点で見ると優勝したチームのエースとして多くの得点は挙げましたがフィニッシャーとしての働き以外の部分でのチームに対する貢献度を考えてコスタをベストイレブンには選びませんでした」 「コンテ監督がこれまで作りあげてきたチームを考えるとおそらく彼は「そこ」に手を加えるのではないかと思っていました。それを含めて凄まじい働きでカバーをしていたのがカンテであり、(ネマニャ・)マティッチ。時にはそこにセスクが入ると攻撃面での違う良い面が出ますが、彼も守備はサボっていない。もちろんカンテとマティッチの2人に比べれば劣りますが」 「(カンテが)コスタとアザールの下で今季のようなプレーができたことを考えれば、(ストライカーに)どのような選手が来るのかにもよりますけども例えば得点も挙げつつオールマイティに周りを使えるセンターフォワードが来たとなるとカンテ)仕事は相当に楽になると思います。というところで考えると来シーズンはさらにパフォーマンスを上げるかもしれませんね」 <div style="text-align:center;font-size:12px;" id="cws_ad"><hr>カンテ、堅い守備に加えてダメ押し弾を決める!<br /><a href="https://goo.gl/Y4QUFb" target="_blank">第9節 チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッド</a><hr></div> ※24日は、戸田氏が選ぶ2016-17シーズンのプレミアリーグ最優秀監督を紹介! 2017.06.23 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

バークリー狙うスパーズ、移籍金引き下げを待つ?

▽エバートンのイングランド代表ロス・バークリー(23)を狙うトッテナムは、その高額な移籍金から獲得を躊躇している状態だ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今夏のトッテナムのトップターゲットと言われるバークリー。中盤の補強を図る同クラブにとって良い選択肢だと言えるが、ネックとなっているのはその移籍金だ。契約を2018年夏までとし、契約延長の兆しも見えてこないバークリーだが、エバートンは5000万ポンド(約70億3000万)もの移籍金を設定しているという。 ▽そんな高額な移籍金から、獲得に乗り出せないトッテナムだが、移籍マーケットの最終期限ギリギリまで様子を見る構えのようだ。エバートンは先日、アヤックスからオランダ代表MFダビ・クラーセンを獲得し、他にも更なるMFの獲得が噂されている。これにより、ポジションが被るバークリー退団の可能性が高まっていることから、移籍金が引き下げられるのではないかと考慮しているのかもしれない。 2017.06.22 21:57 Thu
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース