ケイン圧巻4発で得点ランク単独トップの今季26点目! 岡崎先発レスターに6発圧勝!《プレミアリーグ》2017.05.19 05:46 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第34節延期分、レスター・シティvsトッテナムが18日にキングパワー・スタジアムで行われ、アウェイのトッテナムが6-1で圧勝した。レスターのFW岡崎慎司は先発出場も前半のみの出場となった。

▽昨シーズンに優勝を争った11位レスター(勝ち点43)と、2位トッテナム(勝ち点80)による、トッテナムのFAカップ準決勝出場によって延期されていたリーグ戦延期分。前節、岡崎に24試合ぶりのゴールが生まれるも、マンチェスター・シティに敗れ、連勝がストップしたレスター。迎えた今節はシティ戦から負傷のアンディ・キングに代わって、アマルテイを起用した以外、同じメンバーを起用。岡崎は4試合連続でスタメンを飾った。

▽一方、悲願の優勝は逃すも前節、マンチェスター・ユナイテッドとのホームゲームでホワイト・ハート・レーンでのラストゲームを勝利で飾ったトッテナムは、その試合から先発2人を変更。エリクセンに代わって、デンベレを起用したほか、ユナイテッド戦で負傷した右サイドバックのトリッピアー、ウォーカーの不在を受け、システムを[3-4-3]に変更。右ウイングバックにムサ・シッソコを配置した。

▽互いに今季の目標を達成した中、やや宙ぶらりんなモチベーションの中でスタートした一戦だったが、開始8分に左サイドからカットインしたソン・フンミンが際どいミドルシュートを放つと、直後の9分にはマフレズのスルーパスに抜け出したヴァーディがボックス右で右足を振り抜くが、ここはGKロリスの正面を突いた。

▽予想外にオープンな攻め合いとなった試合は、その後地力で勝るアウェイチームが押し込む展開に。15分にはデレ・アリの突っついたボールに抜け出したソン・フンミンがボックス右でGKと一対一になるが、ここはシュートをふかしてしまった。

▽攻勢を続けるトッテナムは25分、得点王争いに身を置くケインが仕事を果たす。自陣右サイドでアルデルヴァイレルトからのロングフィードに反応したソン・フンミンが、オフサイドラインをかい潜ってボックス右に抜け出す。最後はゴール前に走り込んだケインに丁寧なマイナスパスを送ると、ケインが冷静に右足で流し込み、今季のリーグ戦23点目を奪取。得点ランキングトップのエバートンFWルカクに1ゴール差に迫った。

▽この先制点で完全に勢いに乗ったトッテナムは、相手陣内でハーフコートゲームを展開。36分には中央でワニャマからパスを受けたデレ・アリの浮き球パスに反応したゴール前のソン・フンミンが、右足ダイレクトボレーをゴール左に流し込んだ。なお、このゴールで今季の公式戦ゴール数を20ゴールの大台に乗せたソン・フンミンは、かつてレバークーゼンなどで活躍したチャ・ボムグン氏を抜き、韓国人選手として1シーズン最多ゴール記録を樹立した。

▽立ち上がりのヴァーディの決定機を除いてほとんど良いところがなかったレスターは、前半半ばの接触プレーで少し傷んでいた岡崎を下げてハーフタイム明けからスリマニを投入した。さらに、最終ラインにシンプソン、ベナルアン、フックスを並べた[3-4-3]の布陣に変更し、相手と並びを合わせたミラーゲームを採用した。

▽このシステム変更で息を吹き返したレスターは、左サイドで積極的に仕掛けるチルウェルを起点に序盤から相手ゴールに迫る。すると59分、右サイドで裏へ抜け出したヴァーディの対応に当たったGKロリスがボックス外に飛び出てクリアしたこぼれ球を拾ったエンディディが中央のチルウェルに繋ぐと、足を滑らせてゴールマウスに戻り切れなかったロリスの隙を突いたチルウェルのシュートがゴール中央に決まった。

▽相手のシステム変更と気迫に押されて点差を縮められたトッテナムだったが、絶好調のケインとソン・フンミンの2選手が続けてゴールネットを揺らす。まずは63分、右サイドでアルデルヴァイレルトが入れたクロスをボックス左のワニャマが頭で折り返すと、これをゴール前のケインが頭で流し込み、得点ランクトップタイとなる24点目を奪取。さらに、71分には右サイドでのムサ・シッソコの持ち上がりからケイン、ソン・フンミンとボールが繋がり、ボックス手前で巧みな切り返しでDFを外し、相手DFをブラインドに使った韓国代表FWのコントロールシュートがゴール右隅に決まった。

▽この連続ゴールで試合を決めたトッテナムは、殊勲のソン・フンミンを下げてヤンセン、85分にはこれがトップデビューのレスニアクを投入し、試合を締めにかかる。対するレスターは、ベナルアン、ヴァーディを下げてグレイ、ムサをピッチに送り出し、最後までゴールを目指す。

▽試合終盤にかけてはスパーズのエースの独壇場に。89分、カウンターからレスニアクのパスを受けたケインがボックス手前でDFの股間を抜く弾丸シュートをゴール左隅に流し込み、ハットトリック達成。さらに後半アディショナルタイム2分には、再びボックス手前から右足を振り抜いてニアサイドを射抜き、圧巻の4点目を奪い、得点ランキング単独トップとなる今季26点目を記録した。ケインの圧巻4発とソン・フンミンの2ゴールで圧勝のトッテナムが、昨シーズン優勝争いを演じた昨季王者にリベンジを果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

ソン・フンミン、兵役免除へ…OAとしてアジア競技大会出場を熱望

▽トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンが、アジア競技大会にオーバーエイジ枠として出場することを熱望しているようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 ▽トッテナムで活躍を続ける傍ら、母国韓国の兵役問題に苛まれるソン・フンミン。韓国人の成人男子は約2年間に渡る兵役の義務があり、25歳のソン・フンミンは満28歳になる前に21カ月間の服務が必要となる。また、Kリーグの尚州尚武や警察庁のチームでプレーするには、1年前に韓国国内クラブに在籍する必要があり、海外でのプレーは2019年7月まで可能となっている。 ▽オリンピックでのメダル獲得やアジア競技大会優勝を成し遂げれば、この兵役を免れることができるため、ソン・フンミンは兵役免除を目指して8月18日から9月2日まで行われるアジア競技大会にオーバーエイジ枠としての出場を望んでいるようだ。U-23韓国代表を率いるるキム・ハクボム監督は、以下のようにコメントしている。 「ソン(・フンミン)にはアジア競技大会への出場に強い意欲を持っている。しかし、それまでにワールドカップがある。ソンにはアジア競技大会で会う前に、ロシアでまず上手くやってくれと伝えているよ」 ▽仮にソン・フンミンがアジア競技大会に出場するとなれば、来シーズンのプレミアリーグ開幕には間に合わない。アジア競技大会は国際サッカー連盟(FIFA)が定める代表ウィーク外の開催のため、トッテナムには選手を派遣する義務はないが、兵役を免除されなければ、2018-19シーズンでソン・フンミンのトッテナムでのキャリアは終わることとなる。 ▽もちろんアジア競技大会の優勝が確約されているわけではなく、チャンスを逃せば2020年に行われる東京オリンピックもチャンスが残されているが、こちらもメダル獲得の保証はない。そうなれば、ソン・フンミンはサッカーをせずに兵役をこなすこととなり、その後にヨーロッパでプレーするには障壁が高いこととなる。 ▽U-23韓国代表のキム・ハクボム監督は、これまでも同選手の招集を明言しているが、トッテナムがこれに応じるのだろうか。開幕には間に合わなくとも、兵役を免除されることの方がトッテナムにとってもソン・フンミンにとってもプラスになると思われるが果たして…。 2018.04.26 20:20 Thu
twitterfacebook
thumb

韓国代表FWソン・フンミンが2017年の“ベスト・オブ・アジア”に選出…3度目の受賞

中国の『タイタンスポーツ』による&ldquo;Best Footballer in Asia&rdquo;が発表され、トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンが、最多得票で2017年度の1位に選ばれた。同選手はこれで2014年、2015年に続き3度目の受賞となる。<br><br>ソンは今シーズン、トッテナムで左ウイングとして活躍し、プレミアリーグではチーム躍進の立役者に。一方でラウンド16でユヴェントスに敗れたものの、チャンピオンズリーグでも決勝トーナメント進出に貢献していた。<br><br>この賞は2013年に創設され、アジアサッカー連盟(AFC)に属する国のメディア、ジャーナリストたちによって投票されるもの。過去に2013年は本田圭佑、2016年は岡崎慎司が受賞している。ちなみにAFCによる「アジア年間最優秀選手賞」とは異なるサッカーアワード。<br><br>なお、2017年の得票ポイントは1位ソン・フンミン(トッテナム)が「157」、2位オマル・フリービーン(アル・ヒラル)が「127」、3位ラファエル・シルバ(武漢卓爾)が「57」だった。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.26 11:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ジョレンテ、2013年以来のビルバオ復帰か

▽トッテナムに所属する元スペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテ(33)がビルバオ復帰を示唆した。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽ビルバオでプロキャリアをスタートさせたジョレンテは、ユベントス、セビージャ、スウォンジーを経て、昨夏から2年契約でトッテナム入り。だが、プレミアリーグでわずか1試合の先発にとどまっており、地位を確立できずにいるのが実情だ。 ▽『ミラー』によれば、そんなジョレンテに対して、古巣ビルバオが興味を示している模様。その件について問われたジョレンテは、次のように語り、2013年以来の古巣復帰に含みを持たせた。 「ビルバオは僕の家。彼らがオファーをくれるのなら、復帰も起こり得る」 「僕にとって、忘れることのできないクラブだ。素晴らしい時間を過ごした。ビルバオは、常に僕の心の中でも特別な場所にあるクラブさ」 「彼らが僕に戻ってくるよう求めてきたら、それについて考えないといけない」 2018.04.24 11:50 Tue
twitterfacebook
thumb

スパーズがクォン・チャンフンに関心か! ソン・フンミンとの韓国代表コンビ結成?

▽トッテナムがディジョンに所属する韓国代表MFクォン・チャンフン(23)に関心を示しているようだ。フランス『Mercato365』が伝えている。 ▽『Mercato365』が伝えるところによれば、トッテナムのスカウトはボルシアMGやフライブルクなどブンデスリーガ勢が関心を寄せる、クォン・チャンフンを視察するため先週末に行われたディジョンvsリヨンをスタジアムで観戦していたという。 ▽韓国の水原三星でプロキャリアをスタートしたクォン・チャンフンは、2017年1月にディジョンに完全移籍で加入。右ウイングを主戦場に個での打開力に優れるレフティは、今季ここまでのリーグ・アンで9ゴール2アシストを記録。また、2015年にデビューを果たした韓国代表ではここまで16試合に出場し4ゴールを挙げている。 ▽なお、トッテナムではこれまでDFイ・ヨンピョ、FWソン・フンミンと2人の韓国人選手がプレーしている。 2018.04.23 20:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノ、FA杯敗退に傷心「クラブのためなら別な人間の下でも」

▽トッテナムは21日、FAカップ準決勝でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し1-2で敗戦した。同クラブを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は今回の敗退に大きなショックを受けたようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 ▽2008年以来のタイトル獲得を目指すトッテナムは、試合序盤にMFデレ・アリのゴールで先制に成功。しかし、24分にMFムサ・デンベレの不用意な自陣でのボールロストからFWアレクシス・サンチェスに同点ゴールを許すと、後半序盤にはMFアンデル・エレーラに逆転ゴールを許して1-2の敗戦を喫した。そして、トッテナムはFAカップ準決勝で8連敗という、クラブとしての勝負弱さを改めて露呈してしまった。 ▽試合後、公式会見に臨んだポチェッティーノ監督は珍しく弱気な姿勢を見せた。 「トッテナムにはより多くの時間を必要としている。それは私の下でか、あるいは別の人物の下でだ。個人的にクラブにとって理想的な哲学を開発し、発展させることに重点を置くのがとても重要だと思う」 「もちろん、我々は準決勝に到達し、チャンピオンズリーグでも競争力を示し、プレミアリーグでもトップ4を争う競争力を持っている」 「ただ、それだけでは十分ではないんだ。我々はタイトルに近い存在だとみなされているが、結局のところそれ以上に近づくことはできていない」 「我々が次のレベルに到達するには競争力を身に付けるのではなく、勝つ必要があるんだ」 「ここ4年、我々は非常に良いスカッドを構築しているが、勝者のメンタリティを得るにはより多くの時間が必要なんだ」 ▽2014年のトッテナム指揮官就任以降、着実にチームを成長させてきたポチェッティーノ監督だが、チャンピオンズリーグ(CL)や国内リーグで更なる成功を目指して臨んだ今季はCLユベントス戦での敗退や昨季を下回る4位に甘んじるなど、苦戦が続く。それだけに、自身を含めたクラブの将来に少なからず不安を感じ始めたのかもしれない。 2018.04.22 18:58 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース