ケイン圧巻4発で得点ランク単独トップの今季26点目! 岡崎先発レスターに6発圧勝!《プレミアリーグ》2017.05.19 05:46 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第34節延期分、レスター・シティvsトッテナムが18日にキングパワー・スタジアムで行われ、アウェイのトッテナムが6-1で圧勝した。レスターのFW岡崎慎司は先発出場も前半のみの出場となった。

▽昨シーズンに優勝を争った11位レスター(勝ち点43)と、2位トッテナム(勝ち点80)による、トッテナムのFAカップ準決勝出場によって延期されていたリーグ戦延期分。前節、岡崎に24試合ぶりのゴールが生まれるも、マンチェスター・シティに敗れ、連勝がストップしたレスター。迎えた今節はシティ戦から負傷のアンディ・キングに代わって、アマルテイを起用した以外、同じメンバーを起用。岡崎は4試合連続でスタメンを飾った。

▽一方、悲願の優勝は逃すも前節、マンチェスター・ユナイテッドとのホームゲームでホワイト・ハート・レーンでのラストゲームを勝利で飾ったトッテナムは、その試合から先発2人を変更。エリクセンに代わって、デンベレを起用したほか、ユナイテッド戦で負傷した右サイドバックのトリッピアー、ウォーカーの不在を受け、システムを[3-4-3]に変更。右ウイングバックにムサ・シッソコを配置した。

▽互いに今季の目標を達成した中、やや宙ぶらりんなモチベーションの中でスタートした一戦だったが、開始8分に左サイドからカットインしたソン・フンミンが際どいミドルシュートを放つと、直後の9分にはマフレズのスルーパスに抜け出したヴァーディがボックス右で右足を振り抜くが、ここはGKロリスの正面を突いた。

▽予想外にオープンな攻め合いとなった試合は、その後地力で勝るアウェイチームが押し込む展開に。15分にはデレ・アリの突っついたボールに抜け出したソン・フンミンがボックス右でGKと一対一になるが、ここはシュートをふかしてしまった。

▽攻勢を続けるトッテナムは25分、得点王争いに身を置くケインが仕事を果たす。自陣右サイドでアルデルヴァイレルトからのロングフィードに反応したソン・フンミンが、オフサイドラインをかい潜ってボックス右に抜け出す。最後はゴール前に走り込んだケインに丁寧なマイナスパスを送ると、ケインが冷静に右足で流し込み、今季のリーグ戦23点目を奪取。得点ランキングトップのエバートンFWルカクに1ゴール差に迫った。

▽この先制点で完全に勢いに乗ったトッテナムは、相手陣内でハーフコートゲームを展開。36分には中央でワニャマからパスを受けたデレ・アリの浮き球パスに反応したゴール前のソン・フンミンが、右足ダイレクトボレーをゴール左に流し込んだ。なお、このゴールで今季の公式戦ゴール数を20ゴールの大台に乗せたソン・フンミンは、かつてレバークーゼンなどで活躍したチャ・ボムグン氏を抜き、韓国人選手として1シーズン最多ゴール記録を樹立した。

▽立ち上がりのヴァーディの決定機を除いてほとんど良いところがなかったレスターは、前半半ばの接触プレーで少し傷んでいた岡崎を下げてハーフタイム明けからスリマニを投入した。さらに、最終ラインにシンプソン、ベナルアン、フックスを並べた[3-4-3]の布陣に変更し、相手と並びを合わせたミラーゲームを採用した。

▽このシステム変更で息を吹き返したレスターは、左サイドで積極的に仕掛けるチルウェルを起点に序盤から相手ゴールに迫る。すると59分、右サイドで裏へ抜け出したヴァーディの対応に当たったGKロリスがボックス外に飛び出てクリアしたこぼれ球を拾ったエンディディが中央のチルウェルに繋ぐと、足を滑らせてゴールマウスに戻り切れなかったロリスの隙を突いたチルウェルのシュートがゴール中央に決まった。

▽相手のシステム変更と気迫に押されて点差を縮められたトッテナムだったが、絶好調のケインとソン・フンミンの2選手が続けてゴールネットを揺らす。まずは63分、右サイドでアルデルヴァイレルトが入れたクロスをボックス左のワニャマが頭で折り返すと、これをゴール前のケインが頭で流し込み、得点ランクトップタイとなる24点目を奪取。さらに、71分には右サイドでのムサ・シッソコの持ち上がりからケイン、ソン・フンミンとボールが繋がり、ボックス手前で巧みな切り返しでDFを外し、相手DFをブラインドに使った韓国代表FWのコントロールシュートがゴール右隅に決まった。

▽この連続ゴールで試合を決めたトッテナムは、殊勲のソン・フンミンを下げてヤンセン、85分にはこれがトップデビューのレスニアクを投入し、試合を締めにかかる。対するレスターは、ベナルアン、ヴァーディを下げてグレイ、ムサをピッチに送り出し、最後までゴールを目指す。

▽試合終盤にかけてはスパーズのエースの独壇場に。89分、カウンターからレスニアクのパスを受けたケインがボックス手前でDFの股間を抜く弾丸シュートをゴール左隅に流し込み、ハットトリック達成。さらに後半アディショナルタイム2分には、再びボックス手前から右足を振り抜いてニアサイドを射抜き、圧巻の4点目を奪い、得点ランキング単独トップとなる今季26点目を記録した。ケインの圧巻4発とソン・フンミンの2ゴールで圧勝のトッテナムが、昨シーズン優勝争いを演じた昨季王者にリベンジを果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

ガスコイン氏が現役時代の驚きのルーティーンを告白! 同僚の○○を握る!?

▽現役時代にトッテナムやニューカッスル、レンジャーズなどで活躍した元イングランド代表MFポール・ガスコイン氏が、現役時代にイングランド代表で行っていた驚きのルーティーンを告白した。イギリス『サン』が伝えている。 ▽現役時代に“ガッザ”の愛称で知られ、当時キック・アンド・ラッシュ全盛期のイングランドで卓越した技術と創造性で多くのフットボールファンを魅了したガスコイン氏。現役引退後にアルコール依存症に苦しめられるなど、エキセントリックな性格や行動でも注目を集めた同氏は、現役時代の一風変わったルーティーンを紹介した。 ▽昨年、亡くなった甥の死をキッカケにジェイ・レノン財団を設立したガスコイン氏は、ニューカッスルで行われたチャリティー・イベントで、イングランド代表時代に、ロッカールームで同僚FWレズ・ファーディナンドの股間を握ってから試合に臨んでいたことを明かした。 「ロッカールームに居た時、レズ・ファーディナンドがちょうど服を脱いでいたんだ。たまたま、彼の下半身を見た時、彼の股間のサイズは衝撃的なものだった。彼の“モノ”を見た時、私は自分の“モノ”の小ささを感じさせられた」 「私は彼の“モノ”のサイズにあまりに感銘を覚えたので、レズのところに行って『どうか、景気づけに君の“モノ”を握らせてくれ』って頼んだよ。その試合で私は美技を連発し、ゴールも決めたんだ。彼の“モノ”のご利益は素晴らしかった。だから、次のウェンブリーでもレズに同じことを頼んだんだ」 ▽なお、1993年から1998年までイングランド代表で共にプレーしたガスコイン氏とファーディナンド氏は、12試合に出場して5ゴールを記録。ガスコイン氏が、1988年から1998年までの代表在籍期間に通算57試合に出場し10ゴールの記録を残していたことを考えると、ファーディナンド氏の“モノ”のご利益は確かにあったのかもしれない。 ▽現役時代にQPRやニューカッスル、トッテナムなどで活躍し、元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏の従兄弟としても知られるファーディナンド氏は、今回の逸話に関して、「それはナンセンスだね。そんなことは起こらなかったよ。彼は夢の世界にでも行っていたんじゃないのかな」と笑いながら否定している。 2017.08.21 23:45 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルのレジェンド・アンリ氏がスパーズに忠告「ビッグクラブになりたければ…」

▽アーセナルのレジェンドである元フランス代表FWティエリ・アンリ氏が、近年結果を残してきているトッテナムに忠告している。イギリス『サン』が伝えた。 ▽マウリシオ・ポチェッティーノ監督就任以降、徐々にプレミアリーグでの順位を上げてきているトッテナム。昨季は2位でフィニッシュし、優勝したチェルシーを唯一最後まで追走した。ここ数年での成績は、アンリ氏も認めるところではあるが、同氏は独自の目線でトッテナムに忠告を送っている。 「まず、ダニエル・レヴィ(トッテナム会長)にフランス語で言いたい。『chapeau bas!(脱帽だ!)』良くやっている」 「私が知っている以前のトッテナムと今のトッテナムはかなり変化しているね。彼らは現在ビッグボーイたちとのダンスを楽しんでいるが、もしビッグクラブになりたいのなら、ビッグクラブのように振る舞わなければならない」 「私は自身の経験から、新しいスタジアムを立てる時、財政的に苦しいことは知っている。アーセナルでは何が起こった?! みんな出ていったよ!」 「現在カイル・ウォーカーはいない。ダニー・ローズもエリック・ダイアーも怪しい。もし他のクラブからのオファーに対抗できる給与を払えなかったり、タイトルをもたらすことができなかったりしたら、ローズやダイアー、ハリー・ケインやデレ・アリのような選手を留めておくことは難しくなる」 「トッテナムは素晴らしいスターティングイレブンを擁している。だけどどうだ、スカッドで見れば素晴らしいかい?」 2017.08.21 21:54 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング: トッテナム 1-2 チェルシー《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第2節トッテナム vs チェルシーが20日にウェンブリーで行われ、1-2でチェルシーが競り勝った。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽トッテナム採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170821_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ロリス 5.5 FKからの失点は相手を褒めるべき DF 2 トリッピアー 5.5 ケガ明け。タイミングの良い攻撃参加が何度か見られた (→ヤンセン -) 4 アルデルヴァイレルト 6.0 モラタを危なげなく封じる 5 ヴェルトンゲン 6.0 ウィリアンに仕事をさせなかった 33 B・デイビス 5.5 高い位置を取り、ミドルシュートも放った (→ムサ・シッソコ -) MF 23 エリクセン 5.5 流れの中で良い仕事はできなかったが、FKでオウンゴール誘発 15 E・ダイアー 5.5 ビルドアップ時にポジションを変えながらボールを動かした (→ソン・フンミン 5.0) 試合に入れず 12 ワニャマ 4.5 ケガ明けで本調子ではなかった様子。ボールロストから2失点目に関与 19 デンベレ 5.5 攻撃にもっと絡みたかった 20 デレ・アリ 5.5 バイタルエリアで違いを生みだしきれず FW 10 ケイン 5.5 前半は果敢にシュートを狙うも後半は消された 監督 ポチェッティーノ 6.0 内容では圧倒。敗戦は受け入れ難い結果 ▽チェルシー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170821_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 クルトワ 6.0 29分のケインのシュートを好セーブで阻止 DF 28 アスピリクエタ 6.0 いつも通りの安定感あるプレー 27 A・クリステンセン 6.5 ケイヒル不在の中、3バックの中央に抜擢。期待に応えた 2 リュディガー 6.0 ミスなく堅実にこなした MF 15 モーゼス 6.0 守備に追われたが、ディフェンスで奮闘 14 バカヨコ 6.0 デビュー戦。中盤から何度かゴール前に飛び出した 30 D・ルイス 6.5 中盤アンカーでプレー。潰しの面でかなり効いていた 7 カンテ 6.0 ハードワークを欠かさず、ボールホルダーに寄せ続けた 3 マルコス・アロンソ 7.0 得意のFKで先制弾。そして決勝弾を奪う FW 22 ウィリアン 5.0 ポスト直撃のシュートはあったが、効果的なプレーは少なかった (→ペドロ 6.0) 決勝アシストをマーク 9 モラタ 5.5 立ち上がりの決定機を活かせず。カウンターで何度か脅威に (→バチュアイ 5.0) 頂けないオウンゴール 監督 コンテ 6.0 割り切った守備で勝利を拾う ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! マルコス・アロンソ(チェルシー) ▽文句なしで選出。今季の浮沈を占う大一番で2ゴールを奪い、チームを救った。 トッテナム 1-2 チェルシー 【トッテナム】 OG(後37) 【チェルシー】 マルコス・アロンソ(前24) マルコス・アロンソ(後43) 2017.08.21 02:06 Mon
twitterfacebook
thumb

M・アロンソの2発でチェルシーがトッテナムに競り勝ち今季初勝利《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第2節トッテナム vs チェルシーが20日にウェンブリーで行われ、1-2でチェルシーが競り勝った。 ▽トッテナムは開幕節で10人になったニューカッスルに2-0と勝利した。そのニューカッスル戦のスタメンから2選手を変更。ウォーカー=ピータースとムサ・シッソコに代えてワニャマと負傷明けのトリッピアーが先発となった。システムはワニャマを中盤アンカーに据える[4-3-2-1]で臨んだ。 ▽一方のチェルシーは開幕節でケイヒルとセスクが退場して9人となった中、バーンリーに2-3と敗戦。そのバーンリー戦のスタメンから4選手を変更。出場停止のケイヒルとセスクらに代わって出場停止明けのモーゼスや負傷明けのバカヨコ、デビュー戦でゴールを決めたモラタが先発となった。また、A・クリステンセンが3バックの中央で起用された。 ▽D・ルイスを中盤のアンカーで起用する[3-1-4-2]で臨んだチェルシーがアグレッシブな入りを見せると、5分に決定機。アスピリクエタの右クロスにフリーのモラタが頭で合わせるも枠の右に外してしまった。 ▽立ち上がりのチェルシーの攻勢を受けたトッテナムだったが、徐々にポゼッションを高めていくと、10分にケインがミドルシュートでGKクルトワを強襲。その後もトッテナムが押し込んでいき、19分にはデンベレが際どいミドルシュートを浴びせた。 ▽しかし24分、チェルシーが先制する。ボックス手前右でD・ルイスが得たFKをマルコス・アロンソが完璧な軌道を描いたシュートでゴール右上に流し込んだ。 ▽失点後も押し込み続けるトッテナムは、29分に同点のチャンス。E・ダイアーのスルーパスに抜け出したボックス右のケインがDFに競り勝ってシュート。しかし、GKクルトワの好守に阻まれた。 ▽前半終盤にかけてもトッテナムが押し込み続けると、42分に再び決定機。デレ・アリのパスを受けたボックス左のケインが右足でシュート。しかし、右ポストに直撃してしまう。その後もベン・デイビスのミドルシュートでゴールに近づいたトッテナムだったが、GKクルトワにセーブされ、前半を1点ビハインドのまま終えた。 ▽迎えた後半もトッテナムが敵陣でのプレーを続けていく。しかし、水際で守るチェルシーを攻略するには至らない。そこで68分、E・ダイアーに代えてソン・フンミンを投入。 ▽劣勢が続くチェルシーは70分、カウンターからモラタが決定的なシュートに持ち込んでけん制する。さらに73分、ウィリアンが左ポスト直撃のミドルシュートを浴びせた。逃げ切りを図るチェルシーはモラタとウィリアンに代えてバチュアイとペドロを投入。前線をフレッシュにして前からの守備を強めにかかるも、この交代が裏目に出る。 ▽82分、左サイドからのFKをエリクセンがゴールに向かって蹴ると、ヘディングでクリアにかかったバチュアイが自陣ゴールに入れてしまった。同点として勢いに乗るトッテナムだったが、88分に勝ち越しを許す。ワニャマのボールロストからショートカウンターを受けると、ペドロのスルーパスでボックス左に抜け出したマルコス・アロンソにシュートを流し込まれた。 ▽これが決勝点となってチェルシーが2-1で逃げ切り。今季初勝利を手にしている。 2017.08.21 02:05 Mon
twitterfacebook
thumb

【プレビュー】昨季2位vs昨季王者による今季占うダービー《トッテナムvsチェルシー》

▽プレミアリーグ第2節、トッテナムvsチェルシーのロンドン・ダービーが日本時間20日24:00にウェンブリー・スタジアムでキックオフされる。昨シーズン2位のトッテナムと、昨季王者がいきなり激突する今季を占う注目のダービーだ。 ▽昨シーズン、数々のクラブ記録を更新しプレミアリーグ最高位の2位でシーズンを終えたトッテナムは今シーズン、半世紀以上遠ざかっているリーグタイトル獲得を目指す。昨季2部優勝を果たしたニューカッスルとの開幕戦では、トップチームデビューでいきなりマン・オブ・ザ・マッチに輝く圧巻デビューを飾った新鋭DFウォーカー=ピータースの活躍もあり、敵地で2-0の完勝スタートを切った。また、18日には今夏最初の新戦力となるDFダビンソン・サンチェスをアヤックスからクラブ史上最高額で獲得するなど、良い形で聖地ウェンブリーでのホーム開幕戦を迎えた。対戦相手となるチェルシーはローカルライバルであり、昨季の覇権を争った宿敵という事情に加え、先日のインタビューでコンテ監督から「スパーズには野心が感じられない」と、クラブの補強戦略を批判する趣旨の挑発を受けており、是が非でも勝ち点3を奪いたい相手だ。 ▽一方、昨季コンテ新監督の下、圧倒的な強さで2年ぶりのリーグ制覇を成し遂げたチェルシーだが、ホームで行われたバーンリーとの開幕戦では2人の退場者を出した影響もあり、2-3の敗戦を喫し、連覇に向けて厳しいスタートとなった。また、今夏の移籍市場ではFWモラタ、MFバカヨコ、DFリュディガー、GKカバジェロを獲得したものの、FWルカク獲得失敗に指揮官が獲得を望むウイングバックやセンターバック、MFマティッチの後釜の獲得交渉が難航。さらに、多くの若手をレンタルや完全移籍で放出した判断が裏目に出て、負傷者や出場停止者を抱えるチームは、選手層に大きな問題を抱えている。しかし、チャンピオンズリーグ(CL)参戦による今後の過密日程を考えると、強敵相手のアウェイゲームといえど、開幕2連敗は許されない。 ▽なお、新スタジアム建設に伴い、118年を過ごしたホワイト・ハート・レーンが昨季限りで解体となったトッテナムは今シーズン、ウェンブリー・スタジアムを1年間借用する。だが、昨シーズンはCL、FAカップ準決勝を同スタジアムで戦うも、1勝3敗の戦績に終わった。昨季ホワイト・ハート・レーンのリーグ戦では17勝2分けと圧倒的なホームアドバンテージを誇っていただけに、苦手の“聖地”を“ホーム”に変えるため、今回の一戦は重要な初陣となる。 <div style="text-align:center;">◆トッテナム◆ 【3-4-3】</div> ▽トッテナム予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170819_101_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ロリス DF:エリック・ダイアー、アルデルヴァイレルト、ヴェルトンゲン MF:ウォーカー=ピータース、ワニャマ、デンベレ、ベン・デイビス FW:エリクセン、ケイン、デレ・アリ 負傷者:DFローズ、トリッピアー、MFラメラ、FWエンクドゥ 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者に関しては、ローズとラメラ、エンクドゥの欠場が確定。プレシーズンマッチ最終戦のユベントス戦で足首を痛めたトリッピアーに関しては、間に合う可能性はあるものの、スタメン起用は難しい。 ▽システムに関しては、ニューカッスルとの開幕戦を[4-2-3-1]で戦っていたが、ワニャマのコンディションが整った点と、[3-4-3]を採用する対チェルシー戦を考慮してミラーゲームを仕掛けると予想する。 <div style="text-align:center;">◆チェルシー◆ 【3-4-3】</div> ▽チェルシー予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170819_102_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:クルトワ DF:アスピリクエタ、ダビド・ルイス、リュディガー MF:モーゼス、バカヨコ、カンテ、マルコス・アロンソ FW:ウィリアン、モラタ、ペドロ 負傷者:MFバカヨコ、アザール、FWペドロ 出場停止者:DFケイヒル(1/3)、MFセスク ▽前節のバーンリー戦で一発退場のケイヒルが3試合出場停止の1試合目、同試合で退場したセスクが共に出場停止となり、移籍を巡ってクラブと衝突中のFWジエゴ・コスタも欠場となる。その一方で、出場停止明けのモーゼスが復帰する。負傷者に関しては、それぞれヒザと足首の手術から復帰を目指すバカヨコとアザール、足首を痛めているペドロの3人がコンディションに不安を抱えており、試合当日まで状態を確認する必要がある。 ▽多くの離脱者がいるものの、[3-4-3]からのシステム変更を行う可能性は低い模様だ。だが、セスクの不在とバカヨコのコンディション問題でカンテ以外に本職がいないセントラルMFに関しては、同ポジションでプレー経験のあるD・ルイスをスクランブル起用し、3バックの中央にクリステンセンを置く形も想定される。 ★注目選手 ◆トッテナム:FWハリー・ケイン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170819_103_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽トッテナムの注目プレーヤーは、2シーズン連続リーグ得点王のエースFWケインだ。3年連続リーグ戦20ゴール以上を記録し、2年連続得点王と今や押しも押されもしないプレミア最高峰のストライカーに成長したケインは、ロンドン・ダービーにも滅法強い、スパーズにとって頼りになる存在だ。 ▽その一方、スロースターターとして知られるケインは、8月開催のリーグ戦で未だゴールを記録したことがないという、負のジンクスもある。前節のニューカッスル戦では2度の決定機があったものの、相手GKの好守とポストに阻まれた。しかし、昨季終了後に数年ぶりのまとまった休暇を手にした同選手は、休養十分で臨んだプレシーズンからコンディション自体は良好であるため、得意のダービーで自身のジンクスを破ると共に、チーム全体で苦手意識のあるウェンブリーの呪縛を解きたいところだ。 ◆チェルシー:FWアルバロ・モラタ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170819_104_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽チェルシーの注目プレーヤーは、プレミアデビュー戦となったバーンリー戦で1ゴール1アシストの活躍を見せた新エースストライカーのモラタだ。今夏、5000万~6000万ポンド(約72億~86億円)といわれる高額な移籍金でレアル・マドリーからチェルシーに加入したモラタだが、クラブがFWルカクをトップターゲットに挙げていたという事情や、プレシーズン、コミュニティー・シールドの低調なパフォーマンスの影響で、早くもブルーズサポーターから懐疑的な見方をされていた。 ▽しかし、デビュー戦となったバーンリー戦では0-3のスコアに加え、数的不利を背負った絶体絶命の状況下で途中投入されると、ストライカーらしい動き出しでいきなりデビューゴールを飾り、絶妙な頭でのフリックからD・ルイスのゴールもアシスト。ホーム開幕戦での敗戦という厳しい結果の中、唯一光明を見いだした。今回のダービーではボールポゼッションで勝るスパーズに対して、カウンタースタイルでの戦いがメインとなるため、自身の特長を出しやすい展開となるはずだ。ビッグマッチでチームを今季初勝利に導き、新エースストライカーとしての地位を確固たるものとできるか。 2017.08.20 09:00 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース