【リーガエスパニョーラ最終節プレビュー】優勝懸かるレアル・マドリーとバルセロナは、マラガとエイバルと対戦2017.05.19 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽先週末に行われた第37節では、熾烈な優勝争いを繰り広げるバルセロナとレアル・マドリーが、それぞれラス・パルマス、セビージャ相手に4-1で勝利。だが、17日に行われた第21節延期分でセルタに勝利したレアル・マドリーが、消化試合数で並び3ポイント差の首位に浮上して最終節を迎えることになった。

▽また、チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いでは、3位アトレティコ・マドリーのストレートイン、4位セビージャの出場権獲得が決定。さらに、既に2チームの降格が決定していた残留争いでは、18位スポルティング・ヒホンの降格も決定し、最終節を待たずして決着が着いた。

▽最終節の注目は、首位レアル・マドリー(勝ち点90)と、2位バルセロナ(勝ち点87)による優勝争いだ。両チームの優勝条件は、レアル・マドリーが引き分け以上で文句なし。また、バルセロナが勝利以外に終わった場合でも、優勝が決まる。一方、バルセロナは自分たちが勝利し、レアル・マドリーが敗れた場合のみ、逆転優勝が決まる。なお、同条件では両チームが勝ち点90で並ぶが、リーガのレギュレーションでは勝ち点で並んだ場合、当該成績で順位が決まるため、今季1勝1分けのバルセロナが優勝となる。

▽先週末に難敵セビージャを破り、直近のセルタ戦でもエースFWクリスティアーノ・ロナウドの2ゴールの活躍などで、4-1の勝利を収めたレアル・マドリーは、2011-12シーズン以来、5年ぶりのリーガ制覇に王手をかけた。運命の最終節は、11位マラガ(勝ち点46)とのアウェイゲームとなる。

▽今年1月に行われたサンティアゴ・ベルナベウでの前回対戦ではDFセルヒオ・ラモスの2ゴールで2-1の勝利を収めているものの、マラガは直近のソシエダ戦で2-2のドローに終わるも、その前に4連勝を飾るなど、直近5試合で4勝1分けと絶好調だ。また、同チームには元バルセロナの若手FWサンドロ・ラミレス、MFフォルナスルら有望な若手、守護神カメニと好タレントを擁しており、全く油断のできない相手だ。ただ、現在同チームを率いるミチェル監督は、レアル・マドリーのレジェンドであり、古巣相手の“アシスト”が期待できるかもしれない。

▽一方、シーズン終盤の6連勝で優勝の望みを繋いだものの、セルタ戦の結果を受けて2位に転落したバルセロナは、逆転での3連覇に黄色信号が灯る。それでも、逆転優勝に向けてはカンプ・ノウで8位エイバル(勝ち点54)に勝利する以外にやれることはないため、レアル・マドリーの結果に関わらず、勝ってシーズンを締めくくりたいところだ。対戦相手のエイバルは2連敗中も、ハードワークと組織的な守備を特長とするチームだけに、エースFWメッシを筆頭に“MSN”の躍動で堅守をこじ開けたい。なお、今季28試合目の出場を目指すMF乾貴士としては、お気に入りのクラブ相手に今季2点目を狙いたい。

▽前述の優勝争いと共に注目を集めるのが、5位ビジャレアル(勝ち点64)、6位ビルバオ(勝ち点63)、7位ソシエダ(勝ち点63)の3チームによるEL出場権争い。同じくEL出場権が与えられるコパ・デル・レイの決勝のカードが、バルセロナとアラベスのため、7位チームまで出場権が与えられる可能性が高いものの、各チームとしてはストレートインや自力での出場権獲得を狙いたいところだ。

▽21日の日本時間23:45から一斉開催となる最終節では、ビジャレアルが敵地メスタージャで12位バレンシア(勝ち点46)、ビルバオが今季限りで閉鎖となるビセンテ・カルデロンで3位アトレティコ(勝ち点75)、ソシエダが13位セルタ(勝ち点44)と対戦する。

▽順位上では上位の2チームが優位も、ビルバオに関してはビセンテ・カルデロンで有終の美を飾りたい格上アトレティコとの難しい対戦となる。同じく敵地でのバレンシア自治州ダービーとなるビジャレアルに関しても、勝ち点を取りこぼす可能性が考えられる。その一方で、ソシエダはアウェイゲームというディスアドバンテージこそあるものの、対戦相手のセルタは6連敗中で中3日、エースFWアスパスが出場停止となる三重苦。したがって、この最終節でソシエダが逆転で5位フィニッシュする可能性は十二分にあるはずだ。

《リーガエスパニョーラ最終節》

▽5/19(金)
《27:45》
グラナダ vs エスパニョール

▽5/20(土)
《24:00》
スポルティング・ヒホン vs ベティス
《26:00》
レガネス vs アラベス
デポルティボ vs ラス・パルマス
《28:00》
セビージャ vs オサスナ

▽5/21(日)
《23:45》
アトレティコ・マドリー vs ビルバオ
セルタ vs ソシエダ
バレンシア vs ビジャレアル
《27:00》
バルセロナ vs エイバル
マラガ vs レアル・マドリー

コメント

関連ニュース

thumb

【リーガエスパニョーラ第6節プレビュー】アトレティコvsセビージャのビッグマッチ開催!

▽ミッドウィークに行われた第5節では、唯一開幕から連勝を続けるバルセロナがエースFWメッシの圧巻の4ゴールでMF乾貴士を擁するエイバルに圧勝し、5連勝を達成。また、セビージャがMFヘスス・ナバスの復帰後初ゴールで4連勝、ビルバオとの強豪対決を制したアトレティコ・マドリーが2連勝と首位チームを追走している。その一方で、昨季王者のレアル・マドリーはエースFWクリスティアーノ・ロナウドの復帰を追い風にできず、ホームでベティス相手にまさかの今季初黒星を喫することになった。 ▽来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第2節を控える中で行われる今週末の第6節では、中3日での戦いが続くビッグクラブにとって厳しい試合となる。今節最大の注目カードは、アトレティコとセビージャが対峙する今季最初のトップ4同士によるビッグマッチだ。 ▽前節、難所サン・マメスでビルバオと対戦したアトレティコは、前半にPKを与えるピンチもGKオブラクのビッグセーブで凌ぐと、後半にFWコレアとMFカラスコの2ゴールでリードを奪い、1点を返されたものの、見事に接戦を制して今季初の2連勝を飾った。そして、勢いづくチームは前々節のマラガ戦で初陣を飾ったワンダ・メトロポリターノでセビージャを迎え撃つ。ただ、来週ミッドウィークにCLチェルシー戦を控えるため、ローマとの初戦をドローで終えたアトレティコとしては、メンバー選考を含めて難しい判断が求められる。なお、21日にクラブ間合意が発表されたFWジエゴ・コスタはすでにマドリッド入りしており、新スタジアムのスタンドから観戦する予定だ。 ▽一方、4戦連続無失点で4連勝と、攻撃力と変幻自在のシステムで注目を集めた昨季と異なるアプローチでの快進撃が続くセビージャは、格上のアトレティコとの対戦でその真価が試される。アトレティコとは異なり、来週ミッドウィークのCLで格下マリボルと対戦するベリッソ監督としては、同胞のシメオネ監督との直接対決に向けて全力を注げるはずだ。今夏の移籍市場ではFWビトロ(現ラス・パルマス)の移籍を巡って新たな因縁が生まれているだけに、敵地とはいえ勝ち点3を持ち帰りたい。 ▽前述のビッグマッチでの潰し合いを利用して首位の座を確固たるものとしたいバルセロナは、開幕6連勝を目指して昇格組ジローナとのカタルーニャ自治州ダービーに臨む。来週に敵地でCLスポルティング・リスボン戦を控えるため、バルベルデ監督はMFイニエスタやDFジョルディ・アルバなど、一部主力を温存する可能性が高い。そのため、MFパウリーニョやDFネウソン・セメドら新加入組に押され気味な既存の控え選手たちにとって、格好のアピールの場となるはずだ。格下相手の一戦で活躍し、バルベルデ監督に嬉しい悩みの種を与える選手は出てくるか。 ▽また、ホーム3試合で1敗2分けと思わぬ苦戦を強いられているレアル・マドリーは、今季連勝中のアウェイゲームで立て直しを図る。幸い、対戦相手のアラベスは開幕から5連敗中のうえ、未だ無得点という泥沼に陥っている。そのため、来週ミッドウィークにCLドルトムント戦を控えるチームとしては主力を温存したいところだが、すでに首位バルセロナと7ポイント差離されているだけに大幅なターンオーバーでこれ以上勝ち点を取りこぼすことは許されない。そのため、勝負師ジダン監督のメンバー選考には俄然注目が集まる。なお、アラベスには今夏レアル・マドリーから完全移籍したジダン家長男のMFエンツォ・ジダンが在籍しており、ジダン監督にとっては初の親子対決となる。 ▽日本人選手所属クラブでは、乾のエイバルがセルタ、MF柴崎岳のヘタフェがビジャレアルと対戦する。前節、バルセロナ相手にフル出場も完敗した乾は、ここまでわずかに1勝とウンスエ新体制で苦戦するセルタ相手に勝利を目指す。一方、負傷で柴崎不在2戦目となるヘタフェは、強豪ビジャレアルをホームで迎え撃つ。 ▽その他の注目カードは、開幕から2勝3分けで無敗を継続するバレンシアとレバンテのバレンシア勢の戦いに注目したい。前節、FWザザのハットトリックなどでマラガに大勝のバレンシアは、開幕3連勝から2連敗と失速傾向のレアル・ソシエダとのアウェイゲームで今季初の連勝を目指す。一方、そのソシエダに前節3-0の快勝を収めたレバンテは、前節レアル・マドリー相手に大金星を挙げたベティスとのアウェイゲームに挑む。 <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ第6節》 ▽9/23(土) 《20:00》 アトレティコ・マドリー vs セビージャ 《23:15》 アラベス vs レアル・マドリー 《25:30》 マラガ vs ビルバオ 《27:45》 ジローナ vs バルセロナ ▽9/24(日) 《19:00》 エスパニョール vs デポルティボ 《23:15》 ヘタフェ vs ビジャレアル 《25:30》 エイバル vs セルタ ラス・パルマス vs レガネス 《27:45》 レアル・ソシエダ vs バレンシア ▽9/25(月) 《28:00》 ベティス vs レバンテ</div> 2017.09.23 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【プレミア第6節プレビュー】吉田vsルカク! 好調のレスター岡崎は再びリバプール戦

▽前節のプレミアリーグは、チェルシーvsアーセナルが0-0で終了。マンチェスター勢が共に勝利した一方、リバプールとスパーズは引き分けに終わった。迎える今節は、レスターのFW岡崎慎司とサウサンプトンのDF吉田麻也が、それぞれリバプール、ユナイテッドというビッグクラブと相まみえる。 ▽サウサンプトンvsユナイテッドは土曜日の日本時間23時キックオフ。ユナイテッドは前節、エバートンを相手に4-0で快勝して首位をキープ。水曜日に行われたEFLカップ3回戦では先発9選手を入れ替えながらも格下のバートンに4-1ときっちり勝利しており、強力なチーム力をアピールしている。ポグバが引き続き負傷欠場する中、期待がかかるのは現在5得点で得点リーディングを走るルカクだ。一方、前節のクリスタル・パレス戦を1-0で勝利したサウサンプトンはEFLカップで既に敗退していたため休養十分。引き続き先発見込みの吉田がルカクにどのように対応するか見ものだ。 ▽土曜日の日本時間25:30からのレスター・シティvsリバプールも注目だ。レスターは前節、ハダースフィールドとドロー。ミッドウィークにはEFLカップ3回戦で今回の相手でもあるリバプールと対戦し、途中出場の岡崎が1ゴール1アシストの活躍を見せて2-0で勝利した。岡崎はいい印象で今回の一戦を迎えることができるはずで、今季公式戦4得点目に期待がかかる。対するリバプールは前節、バーンリーと1-1のドロー。公式戦4試合未勝利と調子が悪い上、引き続きサディオ・マネが出場停止という厳しい状況の中、白星を取り戻せるか。 ▽シティは、クリスタル・パレスをホームに迎える。前節はアグエロのハットトリックなどでワトフォードを6-0で一蹴。得失点差でユナイテッドと並んで首位タイに浮上した。水曜日にはEFLカップ3回戦でメンバーを落としながらもWBAを2-1で勝利。公式戦5連勝中のチームは、直近の4試合で17得点と攻撃力の高さを見せつけており、リーグ5連敗中のパレスとのホーム戦のここも断然優位の情勢だ。 ▽アーセナル戦をドローで終えたチェルシーは、アウェイでのストーク・シティ戦だ。9選手を入れ替えた水曜日のEFLカップ3回戦ではノッティンガム・フォレストを6-0で一蹴した。今節は、前節でレッドカードを受けたダビド・ルイスが出場停止。来週にはチャンピオンズリーグでアトレティコ・マドリー、そして週末に次節のシティ戦を控えており、いいムードでビッグマッチに向かうためにも勝利が欲しい。 ▽そのほか、水曜日のEFLカップ3回戦でドンカスターに1-0で勝利したアーセナルはWBAとのホーム戦。同じくEFLカップ3回戦でバンズリーを1-0で退けたスパーズは、オリンピック・スタジアムに乗り込んでのウェストハムとのロンドン・ダービーを迎える。 ◆プレミアリーグ第6節 ▽9/23(土) 《20:30》 ウェストハム vs トッテナム 《23:00》 ストーク・シティ vs チェルシー サウサンプトン vs マンチェスター・ユナイテッド マンチェスター・シティ vs クリスタル・パレス エバートン vs ボーンマス バーンリー vs ハダースフィールド スウォンジー vs ワトフォード 《25:30》 レスター・シティ vs リバプール ▽9/24(日) 《24:00》 ブライトン vs ニューカッスル ▽9/25(月) 《28:00》 アーセナル vs WBA 2017.09.22 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第5節プレビュー】今季初のミッドウィーク開催! バルサvs乾エイバル開催!

▽先週末に行われた第4節では、MF柴崎岳のゴラッソを浴びヘタフェに苦戦を強いられたバルセロナだったが、MFパウリーニョの移籍後初ゴールで勝ち切り開幕4連勝を達成。一方、バルセロナと共に開幕3連勝のレアル・ソシエダは、レアル・マドリー相手に完敗して連勝がストップ。そのほかでは、ワンダ・メトロポリターノのこけら落としをFWグリーズマンのゴールで勝ち切ったアトレティコ・マドリー、3連勝のセビージャらが順当に勝ち点3を手にした。 ▽柴崎の圧巻の左足ボレーで今季初失点を喫するなど、苦手コリセウム・アルフォンソ・ペレスで苦戦したバルセロナだが、MFデニス・スアレスとパウリーニョの途中投入2選手の活躍で逆転勝利し、見事に開幕4連勝を飾った。そして、5連勝で首位固めを目指す今節は、昨季最終節で大苦戦を強いられたエイバルと再びカンプ・ノウで相まみえる。 ▽バルベルデ監督仕込みの素早いトランジション、的確な采配もあって開幕4連勝のバルセロナだが、今夏FWネイマールの後釜として獲得したMFデンベレがヘタフェ戦で左大腿部の腱断裂という重傷を負い、最大4カ月の長期離脱を強いられることになった。そのため、今後の過密日程の中ではFWデウロフェウやFWパコ・アルカセル、デニス・スアレスら代役の台頭が急務だ。攻守にハードワークを信条とするエイバルとのタフな一戦に向けては、ここまで1ゴールと[4-3-1-2]の新システム移行の割を食って存在感が希薄なFWスアレスの活躍に期待したい。トップ下に近い位置で自由を謳歌するメッシを引き続きサポートしつつ、よりフィニッシュの場面で力を発揮したい。 ▽対するエイバルは、前節のレガネス戦でMF乾貴士の1アシストの活躍もあって開幕節以来の白星を手にした。ここまでは持ち味の素早い攻守の切り替えを生かした堅守が機能している一方、一部主力の不在や今夏の選手入れ替えの影響で攻撃面は迫力不足となり、カンプ・ノウでの首位チーム相手の一戦ではまずは守備から試合に入りたい。攻撃に関しては手数をかけないカウンターが主体となる中、前回対戦で衝撃のゴラッソ2発を決めた乾の個人技に期待がかかる。その前回対戦での活躍によって激しいマークが予想される中、好調DFネウソン・セメド相手に違いを作れるか。 ▽主力不在の中、伏兵FWマジョラルの2ゴールに絡む活躍で難所アノエタ攻略に成功し3試合ぶりの白星を手にしたレアル・マドリーは、今季リーグ戦初勝利を目指すサンティアゴ・ベルナベウでベティスを迎え撃つ。今回の一戦に向けての注目は、スーペル・コパ1stレグでの出場停止処分で開幕4試合を欠場したFWクリスティアーノ・ロナウド。直近のチャンピオンズリーグ(CL)初戦のアポエル戦では2ゴールの活躍を見せており、自身のリーガ開幕戦となるこのベティス戦ではこれまでの鬱憤を晴らす大活躍でチームにリーグ戦ホーム初白星をもたらしたい。一方、前節のデポルティボ戦をFWホアキンの2ゴールで勝利したベティスでは、そのホアキン、MFグアルダードのベテランコンビに加え、前節途中出場でデビューを飾った超絶技巧の新10番MFブデブスのプレーに注目したい。 ▽前節、今季4戦目で初のホームゲームとなったアトレティコは、ワンダ・メトロポリターノでの初陣をエースのゴールでしぶとく勝ち切り、新ホームで幸先の良いスタートを切った。その勢いに乗って連勝を目指す今節は、前節今季初黒星を喫したビルバオとのタフなアウェイゲームに臨む。第2節のラス・パルマス戦で5ゴールを奪ったものの、直近の公式戦3試合で1ゴールと決定力不足に悩まされるアトレティコとしては、開幕4試合でわずか1失点の堅守を誇るビルバオ相手に、いかに決定機を決め切るかが勝ち点3奪取のカギを握る。 ▽また、前節ジローナ相手に試合終了間際の相手PK失敗によって辛くも勝ち点3を手にしたセビージャは、3連勝で2位に浮上。ベリッソ新監督の志向するアタッキングフットボールは鳴りを潜めるも、守護神セルヒオ・リコを中心とした守備陣がここまで1失点と接戦をモノにする原動力となっている。4連勝を目指す今節は、2連勝中のラス・パルマスとホームゲームを戦う。今回の一戦で注目を集めるのが、今夏の移籍市場で契約延長を結んだ直後にアトレティコに電撃移籍し、来年1月までレンタルという形でラス・パルマスに在籍しているMFビトロ。セビージャ側が訴訟の準備を進めるなど、遺恨を残したビトロのサンチェス・ピスファンでの初ゲームでは熱狂的なセビジスタからの“手厚い”歓迎は必至。そのプレッシャーの中でビトロは、好調FWレミらと共に恩返し弾を決めることができるか。 ▽そのほかの試合では、セルタvsヘタフェやレバンテvsレアル・ソシエダ、ビジャレアルvsエスパニョールの3試合に注目したい。前節、バルセロナ相手に善戦も敗れたヘタフェは、ゴラッソを決めた柴崎が1カ月半の負傷離脱となり、頼れる10番不在の中で難敵セルタとのアウェイゲームに挑む。レアル・マドリー相手に完敗し連勝がストップしたソシエダは、好調レバンテ相手にバウンスバックを狙う。また、開幕連敗も直近2試合で連勝を飾ったビジャレアルは、前節初勝利のエスパニョール相手に3連勝を目指す。さらに、開幕4連敗に加え、無得点と絶望的なスタートを切り、スベルディア監督の解任に踏み切ったアラベスは、FWボージャンやFWムニルら実力者の力でデポルティボ相手に今季初勝利を掴みたい。 <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ第5節》 ▽9/19(火) 《27:00》 バレンシア vs マラガ 《29:00》 バルセロナ vs エイバル ▽9/20(水) 《27:00》 ビルバオ vs アトレティコ・マドリー レガネス vs ジローナ 《28:00》 デポルティボ vs アラベス 《29:00》 レアル・マドリー vs ベティス セビージャ vs ラス・パルマス ▽9/21(木) 《27:00》 ビジャレアル vs エスパニョール 《28:00》 セルタ vs ヘタフェ 《29:00》 レバンテ vs レアル・ソシエダ</div> 2017.09.19 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

【プレビュー】盤石ブルーズ優位もガナーズのキッカケ掴む一戦となるか《チェルシーvsアーセナル》

▽プレミアリーグ第5節、チェルシーvsアーセナルが日本時間17日21:30にスタンフォード・ブリッジでキックオフされる。現在、3連勝中の昨季王者チェルシーと、開幕からすでに2敗を喫している不調アーセナルによる、重要なビッグロンドン・ダービーだ。 ▽2人の退場者を出した開幕戦の敗戦と度重なる補強失敗によってネガティブな8月を過ごしたチェルシーだが、指揮官コンテの卓越した采配力と新エースFWモラタの躍動などで以降の公式戦4連勝と完全復活。デッドライン・デイの駆け込み補強で体裁を整えてきた昨季王者は、チャンピオンズリーグ(CL)とリーグ戦の二足のわらじに向けて順調に歩みを進めている。 ▽前節、一昨季王者レスター・シティに競り勝ったチェルシーは、直近のCLでもホームで格下カラバフ相手に多くの主力を温存した中、6-0の大勝を飾った。昨季の同時期に行われたエミレーツでの0-3の大敗から[3-4-3]へのシステム変更を行い、2年ぶりのリーグ制覇に繋げた因縁の相手とのダービーに向けて盤石の準備ができており、今回の対戦では大勝でのリーグ4連勝という、2連覇に向けた景気づけの一戦としたいところだ。 ▽一方、苦手の開幕戦こそ勝利で飾ったものの、見切り発車の[3-4-3]の機能不全によるストーク・シティ戦、リバプール戦での連敗。MFエジル、FWサンチェス、MFチェンバレン(現リバプール)の去就問題、モナコMFレマルの獲得失敗など、ピッチ内外での混乱が目立ったアーセナル。前節のボーンマス戦での大勝に、直近のヨーロッパリーグ(EL)初戦ケルン戦での逆転勝利(3-1)で危機を脱したが、指揮官の采配やチーム全体のパフォーマンスからは停滞感が漂う。 ▽その厳しい空気の中で迎える今節は、絶好調のチェルシーとのダービーという、序盤戦最大の試練となる。コンディション面を含めたチーム状態、ビッグマッチにおける戦術の引き出し、敵地での完全アウェイと、あらゆる面で劣勢が予想される中、悩める指揮官を含めプレミア屈指の名門の底力が期待される。また、昨季同時期の対戦では3-0の完勝を収めながらも、結果的に優勝をアシストする契機を与えただけに、今回の一戦では好調な相手を敵地で葬り去り、その勢いを削ぐと共に自分たちの浮上のキッカケとしたい。 <div style="text-align:center;">◆チェルシー◆ 【3-4-3】</div> ▽チェルシー予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170916_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:クルトワ DF:アスピリクエタ、ダビド・ルイス、リュディガー MF:モーゼス、バカヨコ、カンテ、マルコス・アロンソ FW:ペドロ、モラタ、アザール 負傷者:MFドリンクウォーター 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。逆に、3試合の出場停止が明けるキャプテンのケイヒルが復帰する。負傷者に関してはドリンクウォーターを除きすべての主力が起用可能だ。 ▽スタメンに関しては、格下カラバフとの対戦で温存されたダビド・ルイスやモーゼス、モラタが復帰し、直近2試合の途中出場でマッチフィットネスを整えてきたアザールが今季初先発を飾る可能性が高い。カンテの相棒に関しては、カラバフ戦で途中出場のバカヨコの起用が濃厚だが、より攻撃的に戦う場合、カラバフ戦でフル出場した古巣対戦のセスクを起用する可能性もある。 <div style="text-align:center;">◆アーセナル◆ 【3-4-3】</div> ▽アーセナル予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170916_0100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:チェフ DF:ムスタフィ、コシエルニー、モンレアル MF:ベジェリン、ラムジー、ジャカ、コラシナツ FW:エジル、ラカゼット、サンチェス 負傷者:DFチャンバース、MFカソルラ、コクラン、FWウォルコット 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者に関してはカソルラとコクラン、チャンバースの欠場が決定的となっている。スタメンに関しては、ELケルン戦で温存したエジルやコシエルニー、ジャカとラムジーらが復帰する見込みだ。読み辛いのが前線の構成でエジルの復帰は当確として、残りの2ポジションを前節2ゴールのウェルベックとラカゼット、急ピッチでコンディション調整を進めているサンチェスの3人で争うことになる。 ▽システムに関しては多くの批判がある中、[3-4-3]のシステムを継続しており、チェルシーとミラーゲームの形となる今節も引き続き同じ布陣で戦う見込みだ。その一方で、“動かない男”として知られるフランス人指揮官が、[4-2-3-1]への回帰や[3-5-2]、3センターハーフの採用などマイナーチェンジに動く可能性もゼロではない。 ★注目選手 ◆チェルシー:MFエデン・アザール<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170916_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽チェルシーの注目プレーヤーは、復帰後初先発が有力視されるエースのアザールだ。足首の骨折から復帰を果たしたアザールは、これまでベルギー代表での1試合に先発出場し、チェルシーでは直近2試合で途中出場を果たしている。その3試合ではマッチフィットネスの欠落によって、まだまだ70パーセント程度のパフォーマンスとなっているが、要所でらしいチャンスメークも披露しており、相手にとって怖い存在であることに間違いはない。 ▽幸い、ベンチにはMFウィリアン(ペドロ)という実力者が控えており、ある程度ペース配分を気にせずにプレーできる可能性が高い。相手のシステムが3バック、4バックのいずれになるか不明だが、3バックであればウイングバックと左右のストッパーの間、4バックであれば、センターバックとサイドバックの間にスペースができるため、積極的にボールを引き出して決定機に絡みたい。また、相手の2セントラルMFのポジショニングがかなり甘いため、うまく攻め残りながらカウンター時に起点となるプレーも期待される。 ◆アーセナル:MFアーロン・ラムジー&MFメスト・エジル<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170916_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽アーセナルの注目プレーヤーは、ビッグマッチでことごとく期待を裏切ってきたラムジーとエジルの2選手だ。0-4の大敗を喫したリバプール戦では、ラムジーが相棒のジャカと共に再三のポジショニングミスでカウンターの温床となり、エジルはインテンシティの高い試合で“消える”という悪癖を晒した。そのため、こういった試合での起用を避けるべきとの指摘もあるが、ヴェンゲル監督はこの試合でも起用してくるはずだ。 ▽ラムジーに関しては無秩序に攻め上がり、持ち場を離れる戦術理解度の低さを改善し、ジャカと共に球際の激しさで相手の中盤のパスの出どころにプレッシャーを掛けつつ、シンプルな繋ぎで前線にパスを供給したい。また、チャンスとあれば、持ち味の飛び出しで決定機に顔を出したい。 ▽一方のエジルはカンテや前に出てきて潰しに来るDFとの接触プレーを嫌がらず、チームのために身体を張るプレー。攻守に運動量を増やしてボールを引き出す動き、相手のビルドアップをけん制する泥臭い働きでプレーに関与する時間を増やしたい。加えて、セットプレーやプレッシャーの緩い場面で持ち味の左足の精度を生かしたプレーでチャンスに絡みたい。 2017.09.17 09:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第4節プレビュー】柴崎ヘタフェvsバルサ、連勝ソシエダvsレアル・マドリー開催!

▽インターナショナルウィーク明けに行われた第3節では、バルセロナとレアル・ソシエダの2チームが共に勝利し、開幕3連勝達成。また、ビルバオとセビージャも2連勝を飾り、上位に浮上した。その一方で、FIFAウイルスの影響を受けたレアル・マドリーとアトレティコ・マドリーのマドリッド勢が共にドローに終わり、勝ち点を取りこぼした。 ▽ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)と、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ初戦が行われ、来週ミッドウィークにもリーグ戦が行われる過密日程真っただ中で行われる第4節。その中で最大の注目カードは、MF柴崎岳を擁するヘタフェと、開幕3連勝中の首位バルセロナの一戦だ。 ▽前節、FWメッシのハットトリックの活躍でエスパニョールとのダービーを5-0の大勝で飾ったバルセロナは、ミッドウィークのCL初戦ユベントス戦でもメッシの2ゴールの活躍などで3-0の快勝を収め、開幕からの公式戦4試合で12得点無失点の完璧なスタートを飾った。メッシをトップ下に配する[4-3-1-2]の布陣への変更、新戦力DFネウソン・セメドの台頭に守護神テア・シュテーゲンの安定感と、バルベルデ新監督の下で充実感を窺わせる序盤戦となっている。以前からやや苦手としているコリセウム・アルフォンソ・ペレスでの一戦に向けては大きな死角はないものの、過密日程の中で採用濃厚なローテーションの人選に気を配りたいところだ。 ▽一方、前節プリメーラでは初となるレガネスとのマドリッド・ダービーで今季初勝利を飾ったヘタフェは、セビージャやビルバオという格上との対戦で粘り強い守備はある程度機能したが、ここまで2得点と迫力不足の攻撃の改善がバルセロナ撃破のカギを握る。ここまで無失点の堅守を誇るバルセロナを相手に、手数をかけないカウンターでどこまでゴールに迫れるかという部分が重要だ。そのカウンターで起点となる柴崎には正確なラストパスでチャンスを創出すると共に、クラブ・ワールドカップでレアル・マドリー相手に見せたビッグマッチでの勝負強さを発揮してもらいたい。 ▽また、前節レバンテ相手に勝ち切れず、ホーム2試合連続でドローに終わった昨季王者レアル・マドリーは、バルセロナと共に開幕3連勝スタートを飾った難敵ソシエダとのアノエタでのアウェイゲームで開幕戦以来の勝利を目指す。ミッドウィークに行われたCLアポエル戦ではFWクリスティアーノ・ロナウドの2ゴールの活躍で3-0の快勝を収め、ひとまず悪い流れは払しょくした。しかし、そのC・ロナウドは今回のソシエダ戦まで出場停止となり、レバンテ戦で悪質な報復行為で退場となったDFマルセロも今節から2試合の出場停止となる。加えて、アポエル戦で負傷したMFコバチッチがFWベンゼマに続き長期離脱が決定し、厳しい状況で今回の一戦に臨む。注目はC・ロナウドとベンゼマ不在で9番タイプの選手が若手FWマジョラルしかいない前線の起用法だ。ジダン監督としてはカスティージャ時代の教え子を抜擢するか、MFイスコに“ファルソ・ヌエベ”の役割を与える策のいずれかを採用する見込みだ。 ▽一方、対戦相手のソシエダは開幕からの公式戦4試合をいずれも3点以上奪っての4連勝と、エウセビオ監督の志向する攻撃的なスタイルが完璧に機能している。とりわけ、今夏レアル・マドリーから完全移籍で加入したDFディエゴ・ジョレンテはDFイニゴ・マルティネスの負傷を受けて、直近2試合に出場すると、その2試合で3ゴールを挙げる圧巻の活躍を披露。FWウィリアン・ジョゼやMFイジャラメンディ、MFカナレスなど下部組織やトップチームに在籍経験のある仲間と共に古巣への恩返しを狙う。なお、ソシエダはミッドウィークにELローゼンボリ戦(4-0で勝利)を戦っており、コンディションの面だけが気がかりだ。 ▽また、今節の注目の1つが新スタジアム、ワンダ・メトロポリターノのお披露目試合となるマラガ戦に臨むアトレティコだ。昨季限りで慣れ親しんだビセンテ・カルデロンを離れることになったアトレティコは、今季開幕からの公式戦4試合をすべてアウェイで戦った結果、1勝3分けと勝ち切れない状況に陥っている。とりわけ、前節のバレンシア戦、ミッドウィークに行われたCLローマ戦では多くの決定機を作りながらも2戦連続ゴールレスドローと悔しい結果に終わった。今回のマラガ戦では2試合の出場停止明けとなるエースFWグリーズマンの復帰と、新スタジアムでの熱狂的なサポートを後押しに、ワンダ・メトロポリターノでの初陣を勝利で飾りたい。 ▽開幕戦こそドローに終わったものの、ヘタフェ、エイバルを続けて撃破して2連勝を飾ったセビージャは、ミッドウィークに敵地で行われたCLリバプール戦でも粘り強い戦いでドローに持ち込み、開幕からの公式戦無敗を継続。今節では昇格組のジローナとのアウェイゲームに臨む。注目は2戦連続決勝点を決め、リーグ戦2連勝の立役者となったMFガンソ。昨季は独特なプレーリズムの影響で思うように活躍できなかったが、今季は積極的にゴール前へ飛び出すなど、少しずつヨーロッパ仕様のプレースタイルに順応しており、今節では3試合連続ゴールが期待される。 ▽その他では、MF乾貴士を擁するエイバルと、前節連勝がストップしたものの好調を継続するレガネスの一戦、昇格組レバンテとバレンシアによる2年ぶりの“バレンシア・ダービー”の2試合に注目したい。開幕戦こそ勝利で飾ったものの、ビルバオ、セビージャの強豪相手に連敗を喫したエイバルは、ハードワークを基調とした戦い自体は機能しているだけに今季初ゴールが期待される乾を筆頭にフィニッシュの精度が勝利のカギだ。また、共に1勝2分けの無敗に加え、サンティアゴ・ベルナベウでレアル・マドリー相手に勝ち点1を持ち帰るという共通点を持つレバンテとバレンシアのダービーでは、特長とするカウンターの応酬やダービーらしい肉弾戦を期待したいところだ。 <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ第4節》 ▽9/15(金) 《28:00》 エイバル vs レガネス ▽9/16(土) 《20:00》 レバンテ vs バレンシア 《23:15》 ヘタフェ vs バルセロナ 《25:30》 ベティス vs デポルティボ 《27:45》 アトレティコ・マドリー vs マラガ ▽9/17(日) 《19:00》 アラベス vs ビジャレアル 《23:15》 ジローナ vs セビージャ 《25:30》 ラス・パルマス vs ビルバオ 《27:45》 レアル・ソシエダ vs レアル・マドリー ▽9/18(月) 《28:00》 エスパニョール vs セルタ</div> 2017.09.15 18:00 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース