デレ・アリがレジェンドに敬意! 88年間のシーチケホルダーにスパイクを贈る! 白血病の孫とも交流2017.05.19 01:18 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トッテナムに所属するイングランド代表MFデレ・アリが、先日に行われたホワイト・ハート・レーンでのラストゲームでレジェンドに大きな敬意を払っていたようだ。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。

▽トッテナムは、14日に行われたプレミアリーグ第37節のマンチェスター・ユナイテッド戦で118年間を過ごしたホワイト・ハート・レーンでのラストゲームを戦い、2-1で勝利した。同試合後には、グレン・ホドル氏やオズワルド・アルディレス氏、ロビー・キーンなど、多くのレジェンドをピッチ上に招いてお別れのセレモニーも開催された。

▽この中でデレ・アリは、スタンドの前列に陣取り、1929年から88年間に渡ってクラブのシーズンチケットホルダーとなっていたケン・スタンリー氏の元を訪れると、自身が着用していたスパイクをプレゼントし、スパーズサポーター界のレジェンドに敬意を表した。

▽また、同選手は先日、慈善団体『レイズ・オブ・サンシャイン』を通して、スパーズファンであり、スタンリー氏の孫でもあるジェイミー君の元を訪問。現在、白血病に苦しむジェイミー君やその他の子供たちと共に束の間の交流を楽しんでいた。

▽スタンリー氏やジェイミー君の家族は、デレ・アリの一連の行動に対して心から感謝の意を示している。

「チャリティー団体のアンバサダーとして、デレはケンに素晴らしいサプライズで喜びを与えてくれ、それ以外にも私たち家族に素晴らしい思い出をプレゼントしてくれました」

▽今季限りで愛するザ・レーンを離れるトッテナムだが、来シーズンのウェンブリー・スタジアム間借りを経て、2018-19シーズンからは新スタジアムで新たなサポーターとの心温まる交流を深めていきたい。

コメント

関連ニュース

thumb

「ケインも2年以内に移籍するかもしれない」トッテナムOB、無冠が続くチームに警告

トッテナムOBグレアム・スーネス氏は、このままクラブの無冠が続けばFWハリー・ケインがチームを去ることになるだろうと『オムニスポーツ』に語った。<br><br>24歳のケインは、先日発表されたPFA(イングランドサッカー選手協会)年間ベストイレブンに選出。これで4年連続の選出となった。さらに得点王争いでも、トップのリヴァプールFWモハメド・サラーに4点差を付けられているものの、ここまで26ゴールと2位につけており、3年連続でのゴールデンブーツ獲得も射程圏内にある。<br><br>チームの大黒柱であるケインだが、スーネス氏は今後のチームの成績次第ではエースを失うことになると語った。<br><br>「変化があるだろう。ハリー・ケインは移籍し、他の何人かも去るだろう。もしかしたら、監督はクビになるかもしれない。これらは全て2年以内に起こる。ポチェッティーノは今のところ素晴らしい仕事をしていると見られているが、最終的にはタイトルを取れたかどうかで判断されるだろう」<br><br>古巣に厳しい意見を述べたスーネス氏だが、スパーズの見せている攻撃的なサッカーは観客を楽しませていると称賛した。<br><br>「リヴァプールと全く同じだ。素晴らしいフットボールを見せ、サポーターはそれを見るために毎週お金を払う。私は何試合かスカイ(イギリスのテレビ局)で解説を務めた。試合が始まる前は、みんな『素晴らしいゲームになろうだろう』と言っている。(マンチェスター・シティを含む)この3チームは、常に相手より1点でも多く取ろうとしている。それが見るものを楽しませている」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.20 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナム指揮官、FA杯での激突前にモウリーニョをベタ褒め「未だ世界最高」

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督を最高の指揮官の1人と褒め称えた。<br><br>今シーズン、ユナイテッドはリーグ優勝には手が届かず、チャンピオンズリーグ(CL)でもセビージャに不覚を取りベスト16で敗退。連覇を目指したカラバオ・カップでも早々に敗れるなど、タイトル獲得のチャンスはFAカップのみと、サポーターが決して満足できる成績ではない。<br><br>昨夏も今冬も大型補強に動いたにもかかわらず、ライバルであるマンチェスター・シティの独走を許してしまうなど。モウリーニョ監督へは非難の声も挙がっている。<br><br>それでも、ポチェッティーノ監督は、21日にFAカップ準決勝を前に、ポルトガル人指揮官の手腕に疑いの余地はないと語った。<br><br>「私にとって、ジョゼ・モウリーニョはいまだ世界最高の監督の1人だ。なので、改めて誰かに証明する必要はないと考えている。我々と同様に、彼らもCLからの敗退に失望しているだろうが、それでもユナイテッドは素晴らしいシーズンを送っていると思う」<br><br>「今、我々は似たような立場だが、彼らはプレミアリーグで多くのポイントを稼いでいる。トッテナムよりも優れているよ。私からすれば、彼はユナイテッドでの2シーズン目でファンタスティックな働きを見せているね」<br><br>そして、ユナイテッド戦に向けて「素晴らしいメンバーを揃えている彼らが相手だ。間違いなく難しい試合になる。もちろん、モウリーニョも勝利のために何が必要かを理解している監督だ。準決勝は面白い試合になるだろう」とコメントを残している。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.04.20 17:10 Fri
twitterfacebook
thumb

「サンチェスを起用するな」スコールズ氏がFA杯準決勝を控えるモウリーニョに提言

元マンチェスター・ユナイテッドのポール・スコールズ氏は、トッテナム戦にアレクシス・サンチェスを外すようジョゼ・モウリーニョ監督に提言した。<br><br>1月にアーセナルからユナイテッドに加入したサンチェスはシティ戦などでチームの勝利を助ける働きを見せるも、移籍後はわずか2ゴールと期待されたような活躍を見せていない。先日のボーンマス戦では代わりにアントニー・マルシャルを起用したモウリーニョ監督だが、21日のFAカップ準決勝トッテナム戦では再びサンチェスを起用する可能性が高いようだ。<br><br>これを受け、スコールズ氏は『BTスポーツ』で「彼はたぶんサンチェスを復帰させるだろうが、私なら(マーカス)ラッシュフォードとマルシャルを(ロメル)ルカクのそばに起用する」とチリ代表FWをスタメンから外すと言及。<br><br>「今の彼の状態は、このチームでプレーするに十分だと私は思えない。彼は優れた才能を持っていて期待できる選手だ。素晴らしい選手ではあるが、ユナイテッドで彼はその才能を発揮できていない。だからマルシャルとラッシュフォードが妥当なチョイスだと考えている」<br><br>今シーズン獲得が見込める唯一のタイトルに向けてトッテナムと対戦するユナイテッドだが、モウリーニョ監督はスコールズ氏の提案どおりにサンチェスを外す決断を下すのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.20 12:01 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズが岡崎同僚ウインガーに興味か

▽トッテナムが、レスター・シティのU-21イングランド代表FWデマレイ・グレイ(21)獲得に興味を持っているようだ。『ESPN』が伝えている。 ▽2016年1月にバーミンガムからレスターに加入したグレイ。加入当初からコンスタントに出場機会を得ると、今季はリーグ戦30試合に出場し、3ゴール1アシストを記録している。 ▽また、各世代の代表にも選ばれており、U-21イングランド代表では18試合で6ゴールを奪うなど、今後が期待されている若手選手だ。 ▽昨夏にもグレイ獲得に動いていたとされるトッテナム。若手の育成に定評があるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が攻撃オプションを増やすために、ウインガーを得意とする同選手に白羽の矢を立てているようだ。 2018.04.19 16:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ミランがリーグ戦4試合連続ドロー… 来季ELを争うアタランタとの勝ち点差は“2”に《セリエA》

▽ミランは18日、セリエA第33節でトリノと対戦し、1-1の引き分けに終わった。 ▽15日に行われたナポリ戦をゴールレスで終えた6位ミラン(勝ち点53)が、10位トリノ(勝ち点46)のホームに乗り込んだ一戦。中2日での一戦に向けミランは、ナポリ戦から先発を3人変更。チャノハノール、ムサッキオ、カラブリアに代えてボリーニ、ボヌッチ、アバーテを先発で起用した。 ▽ミランは開始早々の2分にミスからピンチを招く。ドリブルでボックス左から侵入したアンサルディをケシエが後ろから倒し、PKを献上。しかし、ベロッティのPKは、クロスバーを直撃し、難を逃れた。 ▽ピンチを凌いだミランは9分、相手DFのクリアボールをバイタルエリアのビリアが頭で落とすと、ペナルティアーク手前で受けたボナヴェントゥーラがワントラップからシュート。これがゴール左に突き刺さり、先制に成功した。 ▽先制を許したトリノは32分、デ・シルベストリの右クロスをベロッティが頭で合わせたが、これはGKドンナルンマが好セーブ。直後のCKでもサインプレーからファルケに決定機を迎えたが、シュートはゴール左に外れた。 ▽迎えた後半は、立ち上がりから一進一退の攻防が続く。そんな中、先にチャンスを生かしたのはトリノだった。71分、リャイッチの左CKをニアに走り込んだデ・シルベストリがヘディングで流し込み、試合は振り出しに戻した。 ▽同点弾を許したミランは、74分にカリニッチを下げてクトローネ、78分にスソを下げてアンドレ・シウバを投入する2枚替えを敢行。すると87分、ケシエのスルーパスからボックス右に抜け出したクトローネがダイレクトシュート。しかし、これは相手GKがファインセーブ。 ▽試合終了間際の93分、トリノはデ・シルベストリが2枚目のイエローカードで退場。数的優位となったミランは96分、左FKのセカンドボールをボックス右手前で拾ったアバーテがワントラップからハーフボレーでゴールを狙ったが、これもわずかにゴール左に外れた。 ▽結局、試合はそのまま1-1で終了。リーグ戦4試合連続の引き分けのミランは、来季のヨーロッパリーグ(EL)出場圏外の7位アタランタとの勝ち点差が2に縮まった。 2018.04.19 06:17 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース