デレ・アリがレジェンドに敬意! 88年間のシーチケホルダーにスパイクを贈る! 白血病の孫とも交流2017.05.19 01:18 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トッテナムに所属するイングランド代表MFデレ・アリが、先日に行われたホワイト・ハート・レーンでのラストゲームでレジェンドに大きな敬意を払っていたようだ。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。

▽トッテナムは、14日に行われたプレミアリーグ第37節のマンチェスター・ユナイテッド戦で118年間を過ごしたホワイト・ハート・レーンでのラストゲームを戦い、2-1で勝利した。同試合後には、グレン・ホドル氏やオズワルド・アルディレス氏、ロビー・キーンなど、多くのレジェンドをピッチ上に招いてお別れのセレモニーも開催された。

▽この中でデレ・アリは、スタンドの前列に陣取り、1929年から88年間に渡ってクラブのシーズンチケットホルダーとなっていたケン・スタンリー氏の元を訪れると、自身が着用していたスパイクをプレゼントし、スパーズサポーター界のレジェンドに敬意を表した。

▽また、同選手は先日、慈善団体『レイズ・オブ・サンシャイン』を通して、スパーズファンであり、スタンリー氏の孫でもあるジェイミー君の元を訪問。現在、白血病に苦しむジェイミー君やその他の子供たちと共に束の間の交流を楽しんでいた。

▽スタンリー氏やジェイミー君の家族は、デレ・アリの一連の行動に対して心から感謝の意を示している。

「チャリティー団体のアンバサダーとして、デレはケンに素晴らしいサプライズで喜びを与えてくれ、それ以外にも私たち家族に素晴らしい思い出をプレゼントしてくれました」

▽今季限りで愛するザ・レーンを離れるトッテナムだが、来シーズンのウェンブリー・スタジアム間借りを経て、2018-19シーズンからは新スタジアムで新たなサポーターとの心温まる交流を深めていきたい。

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:ドルトムント 1-2 トッテナム《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第5節、ドルトムントvsトッテナムが21日にBVBシュタディオン・ドルトムントで行われ、アウェイのトッテナムが2-1で逆転勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽ドルトムント採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171122_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 38 ビュルキ 6.0 2失点も前半終盤に幾つかのビッグセーブを披露。それだけに、試合終盤の負傷が気がかり (→ヴァイデンフェラー -) DF 15 トルヤン 5.0 痛恨のボールロストで同点ゴールのキッカケに。思うように攻撃に出られず 5 バルトラ 5.0 ケインとのフィジカル勝負で苦戦。2失点目ではデレ・アリに振り切られた 2 ザガドゥ 5.0 球際やスピードなど、良さもあったが、全体的に雑な印象。後半途中に負傷交代 (→トプラク -) 29 シュメルツァー 5.5 オーリエに背後を取られる場面が多かった。それでも、最後まで身体を張り続けた MF 9 ヤルモレンコ 6.0 先制点をアシスト。キープ力や気の利いたパスで唯一の攻め手に 10 ゲッツェ 5.0 2失点目ではバルトラと共に緩い対応だった。無難に捌いたが、後半は完全に消された 33 ヴァイグル 5.5 相手のプレッシャーに晒されながらも、無難に捌く。守備では要所で良い対応があった 23 香川真司 5.5 前回対戦と同様に良い時間帯はアクセントになったが、後半は消された (→カストロ 5.0) 流れを変えることができず 13 ラファエウ・ゲレイロ 5.5 先制点の起点に。ただ、攻撃的なポジションでの起用だっただけにもっと積極的にプレーしたかった FW 17 オーバメヤン 5.5 禊ぎの1ゴールもそれだけだった。裏へのスピードを活かした抜け出しは機能も、その後の質が低かった 監督 ボス 5.0 多くの負傷者の影響で思うような戦い方ができず、妥当な敗戦… ▽トッテナム採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171122_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ロリス 5.5 失点は致し方なし。守備範囲の広さを生かして最小失点でまとめた DF 15 E・ダイアー 6.0 失点直後にオーバメヤンの抜け出しを見事にケア。セットプレーでゴールに迫るなど、上々のパフォーマンスだった 6 D・サンチェス 6.0 身体能力の高さを生かしてオーバメヤンを概ね封じた 5 ヴェルトンゲン 6.0 慣れないメンバー構成でややラインコントロールに苦戦も一対一の局面では安定感が光った MF 24 オーリエ 6.0 積極的に背後のスペースに飛び出し、攻撃の起点となった 29 ウィンクス 6.0 エリクセンの力を借りながら無難な捌きでリズムを作る。守備でもハードワークを怠らず 20 デレ・アリ 6.5 前半は決定機に絡めたかったものの、後半に2アシストを記録。 (→デンベレ -) 23 エリクセン 6.5 決定力を欠いたものの、抜け目ないフリーランで決定機に絡む。ゲームメークも秀逸 (→ムサ・シッソコ -) 3 ローズ 6.5 先制点に繋がるボール奪取など、コンディションの良好さをうかがわせる、らしいプレーを随所に見せた FW 10 ケイン 6.5 さすがのフィニッシュで今季CL6点目。ポストプレーの質も申し分なし (→ジョレンテ-) 7 ソン・フンミン 7.0 ドルトムントキラーぶりを発揮し、前回対戦に続くゴールを記録。積極的な仕掛けや抜け出しで相手の脅威に 監督 ポチェッティーノ 6.5 オーバメヤン対策でダイアーとD・サンチェスの位置を入れ替えるなど、相手に合わせたゲームプランできっちり勝ち切った ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ソン・フンミン(トッテナム) ▽慣れ親しんだドイツの地で躍動。とりわけ、ゴールシーンでは一連の流れ、シュート精度共に見事だった。 ドルトムント 1-2 トッテナム 【ドルトムント】 オーバメヤン(前31) 【トッテナム】 ケイン(後4) ソン・フンミン(後31) 2017.11.22 07:22 Wed
twitterfacebook
thumb

ケイン&ソニー弾で逆転のスパーズが首位通過! 香川先発も敗戦ドルトムントはGS敗退…《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第5節、ドルトムントvsトッテナムが21日にBVBシュタディオン・ドルトムントで行われ、アウェイのトッテナムが2-1で逆転勝利した。この結果、トッテナムの首位通過およびドルトムントの敗退が決定した。なお、ドルトムントのMF香川真司は先発出場し66分までプレーした。 ▽ライバル2クラブとの敗戦に加え、グループ最弱と目されたアポエル(勝ち点2)相手の痛恨の連続ドローによって敗退危機に陥る3位ドルトムント(勝ち点2)。既に突破を決めている首位トッテナム(勝ち点10)をホームに迎えた今節では勝利が必須。しかし、直近の公式戦8試合で1勝4敗3分けと絶不調のチームは、1-2で敗れたシュツットガルト戦から先発3人を変更。“規律違反”で欠場となったオーバメヤンが復帰を果たしたほか、ラファエウ・ゲレイロ、ザガドゥが先発に復帰した。 ▽一方、今節の勝利で首位通過が決定するトッテナムだが、直近のリーグ戦では宿敵アーセナルとのノースロンドン・ダービーで屈辱的な敗戦を喫しており、バウンスバックの意味ではしっかりとした戦いをみせ、調子を取り戻したいところ。ポチェッティーノ監督はアーセナル戦から先発4人を変更。ウイングバックをオーリエとローズのコンビに入れ替え、ソン・フンミンと負傷明けのウィンクスが先発のピッチに立った。 ▽立ち上がりから中盤での攻防、相手の背後を狙う攻撃を仕掛け合う両チーム。開始3分にはカウンターから右サイドを抜け出したソン・フンミンにシュートチャンスも、ここは戻ったDFの対応に遭う。 ▽一方、[4-1-4-1]に近い並びでスタートしたドルトムントは、なかなか相手陣内の深い位置までボールを運べずにいたが、19分には相手の不揃いな最終ラインに対してヤルモレンコが浮き球のスルーパスを送ると、これに抜け出したオーバメヤンがGKと一対一となるが、オフサイドを気にしたか、やや焦って放ったシュートは枠の右に外れて絶好機を逸した。 ▽その後は質の高いサイドチェンジでサイドの深い位置を取るトッテナムが、24分にオーリエの折り返しからソン・フンミン、30分にはヴェルトンゲンの左サイドからのアーリークロスに再びソン・フンミンがボレーで合わせるが、相手GKに阻まれて先制点とはならない。 ▽すると直後の31分、左サイドで香川とパス交換したラファエウ・ゲレイロがバイタルエリア中央のヤルモレンコに斜めのパスを入れる。これをヤルモレンコが巧みなヒールパスでボックス中央のスペースに流すと、抜け出したオーバメヤンが右足のシュートをファーポストに流し込んだ。エースの禊ぎ弾でホームのドルトムントが先制に成功した。 ▽前半終盤にかけてはビハインドを負ったトッテナムが猛攻を仕掛ける。40分には左サイド深くで仕掛けたローズのグラウンダーの折り返しを中央に走り込んだエリクセンがダイレクトシュート。直後の41分にはエリクセンの右CKをニアで競り勝ったエリック・ダイアーが頭で合わすが、いずれもGKビュルキのビッグセーブに阻まれ、前半はドルトムントの1点リードで終了した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、前半から優勢に試合を運んでいたトッテナムが早々に追いつく。49分、左サイドの高い位置でローズがDFトルヤンからボールを奪うと、ボックス手前でデレ・アリから短い横パスを受けたケインが相手DF2枚の間を抜く見事な右足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。 ▽エースの同点弾で完全に勢い付いたトッテナムは、動きが重いホームチームを攻守に圧倒。決定機まであと一歩という、鋭い攻撃を続けて主導権を掌握する。対して、後半に入ってから何もできない状況が続くドルトムントは66分、やや消えていた香川を下げてカストロをピッチに送り出す。 ▽だが、一度掴んだ流れを離さないトッテナムは、76分に勝ち越しゴールを奪う。左サイドでゲッツェとバルトラの2枚を振り切ったデレ・アリがそのままボックス内に持ち込み、DF3枚を引き付けて中央でフリーのソン・フンミンにマイナスで折り返す。これを巧みなファーストタッチでスムーズにシュート体勢を作った韓国代表FWがゴール右上隅に右足のシュートを突き刺した。 ▽ドルトムントキラー、ソン・フンミンのゴールで試合を引っくり返したトッテナムは、その後デレ・アリ、エリクセン、ケインと主力3人をベンチに下げつつも持ち味のソリッドな守備で相手の反撃を冷静に凌いでいく。 ▽一方、何とか追いつきたいドルトムントだったが、失点場面で痛めたザガドゥに続き、試合終了間際には相手FWジョレンテとの交錯でGKビュルキが負傷するアクシデントに見舞われ、今季初出場のヴァイデンフェラーの投入を余儀なくされる、苦しい展開に。結局、試合はこのままタイムアップを迎え、またしても今季CL初勝利を逃したドルトムントのグループステージ敗退が決定。最終節はヨーロッパリーグ出場を懸けてレアル・マドリー相手の勝利を目指す。なお、アーセナルとのダービー敗戦をきっちり払拭したトッテナムは、最終節を残して首位通過も確定させた。 2017.11.22 07:20 Wed
twitterfacebook
thumb

規律違反のオーバメヤン、大一番トッテナム戦で復帰へ…ボス監督が明言

ドルトムントのFWピエール=エメリク・オーバメヤンは、トッテナム戦で復帰することになるようだ。ピーター・ボス監督が明言している。<br><br>オーバメヤンは17日のシュツットガルト戦を「規律違反」による出場停止で欠場。エース不在のドルトムントは1-2で敗れていた。<br><br>そしてドルトムントは21日、チャンピオンズリーグ第5節でトッテナムと対戦する。最低でも勝利しなければ、グループステージ敗退が決定するという厳しい状況で、ボス監督はオーバメヤンを出場させることを決断した。<br><br>「オーバメヤンはプレーする。彼とチームとも話した。練習もこなしたし、プレーすると断言できるよ」<br><br>また、ここ数試合不調に陥るドルトムントは、サポーターがボス監督に圧力をかけている。指揮官はファンの不満も「理解している」と話した。トッテナム戦の直後には25日にシャルケとのダービーマッチを控えているだけに、ボス監督にとっては重要な一週間となりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.21 11:31 Tue
twitterfacebook
thumb

言う必要ある? アデバが新たなグーナー煽り?! 「あいつに元気?って尋ねたら負傷してた」

▽イスタンブール・バシャクシェヒルに所属するトーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨールが、スパルタ・プラハに所属する元チェコ代表MFトマシュ・ロシツキを酷評した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽アデバヨールは、2006年から2009年までアーセナルでロシツキと共にプレー。そのキャリアの中で負傷に苦しむロシツキは、2008-09シーズンのリーグ戦で未出場となるなど、定期的にプレーすることができなかった。 ▽アデバヨールは、フランス『So Foot』の中で負傷がちだったロシツキについて以下のように話している。 「当時、チェルシーにはエッシェンやバラックといった選手が中盤にいたね。僕たちはロシツキだ」 「彼に『元気?』って尋ねたとしたら。彼は2カ月半の離脱になっていた」 ▽ロシツキはアーセナルで定期的なプレーができなかったものの、そのエレガントなプレースタイルと献身的なプレーからアーセナルファンに人気の選手。冗談だったのかもしれないが、敬意を欠く発言と受け取られかねないだろう。 ▽なお、アデバヨールはアーセナル退団後、マンチェスター・シティでプレーした際、2009年に行われた古巣対戦でゴールを挙げた時に、アーセナルサポーターが陣取る反対側のゴール付近まで奪取し挑発的なセレブレーションを見せたことで処分を受けていた。 2017.11.21 10:54 Tue
twitterfacebook
thumb

「目標はスパーズでキャリアを終えること」ビッグクラブ関心のケインが忠誠誓う

▽トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインが、クラブへの忠誠を誓っている。ドイツ『ビルト』が報じた。 ▽トッテナムの下部組織出身のケインは、2011年からレイトン・オリエントやミルウォール、ノリッジへの期限付き移籍で経験を積み、2014年1月にトッテナムに復帰。2014-15シーズンにプレミアリーグで34試合21ゴールを記録すると、翌年の2015-16シーズンでは背番号10番を背負い、国内リーグ戦で38試合25ゴールを記録してプレミアリーグの得点王に輝いた。 ▽昨シーズンにも30試合29ゴールをマークして2年連続の得点王に輝いているケインには現在、レアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドが獲得に乗り出していることが報じられている。しかし、クラブの生え抜き選手であるケインは、トッテナムでサッカー人生を終えることを目標にしていることを明かした。 「僕の目標はトッテナムでキャリアを終えることだ」 「トッテナムは素晴らしいチームであり、偉大な監督、専門性に優れたトレーニング施設がある。そして、新しいスタジアムもできる。今僕は幸せだし、ここはとても快適なんだ」 2017.11.20 13:43 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース