デレ・アリがレジェンドに敬意! 88年間のシーチケホルダーにスパイクを贈る! 白血病の孫とも交流2017.05.19 01:18 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トッテナムに所属するイングランド代表MFデレ・アリが、先日に行われたホワイト・ハート・レーンでのラストゲームでレジェンドに大きな敬意を払っていたようだ。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。

▽トッテナムは、14日に行われたプレミアリーグ第37節のマンチェスター・ユナイテッド戦で118年間を過ごしたホワイト・ハート・レーンでのラストゲームを戦い、2-1で勝利した。同試合後には、グレン・ホドル氏やオズワルド・アルディレス氏、ロビー・キーンなど、多くのレジェンドをピッチ上に招いてお別れのセレモニーも開催された。

▽この中でデレ・アリは、スタンドの前列に陣取り、1929年から88年間に渡ってクラブのシーズンチケットホルダーとなっていたケン・スタンリー氏の元を訪れると、自身が着用していたスパイクをプレゼントし、スパーズサポーター界のレジェンドに敬意を表した。

▽また、同選手は先日、慈善団体『レイズ・オブ・サンシャイン』を通して、スパーズファンであり、スタンリー氏の孫でもあるジェイミー君の元を訪問。現在、白血病に苦しむジェイミー君やその他の子供たちと共に束の間の交流を楽しんでいた。

▽スタンリー氏やジェイミー君の家族は、デレ・アリの一連の行動に対して心から感謝の意を示している。

「チャリティー団体のアンバサダーとして、デレはケンに素晴らしいサプライズで喜びを与えてくれ、それ以外にも私たち家族に素晴らしい思い出をプレゼントしてくれました」

▽今季限りで愛するザ・レーンを離れるトッテナムだが、来シーズンのウェンブリー・スタジアム間借りを経て、2018-19シーズンからは新スタジアムで新たなサポーターとの心温まる交流を深めていきたい。

コメント

関連ニュース

thumb

エリクセンのスーパーゴールなどでトッテナムが逆転勝利!! PSGは先制もGKトラップが凡ミス連発…《ICC2017》

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017・アメリカラウンドのトッテナムvsパリ・サンジェルマンがキャンピング・ワールド・スタジアムで行われ、4-2でトッテナムが勝利した。 ▽ICC初戦に臨むトッテナムは、エースのケインがベンチスタート。[4-4-2]のフォーメーションを採用し、ゴールマウスはロリスが守り、バックラインはウォーカー=ピータース、カーター=ヴィッカーズ、ヴェルトンゲン、B・デイビスと並ぶ。中盤はダイアーとデンベレがダブルボランチを組み、2列目はオノマー、エリクセン、エンクドゥと並び、最前線はヤンセンが務める。 ▽ローマとの開幕戦1-1のドローで終えたパリ・サンジェルマンは、4選手を変更。ゴールマウスはトラップが守り、バックラインはダニエウ・アウベス、キンペンベ、マルキーニョス、クルザワが並んだ。中盤はモッタをアンカーにラビオとロ・セルソがインサイドハーフに入った。前線はゴンサロ・グエデス、カバーニ、パストーレが起用された。 ▽試合は開始30秒、右サイドに持ち出したラビオのクロスにカバーニが頭で合わせてパリ・サンジェルマンがファーストシュートを放つ。4分にはカバーニのプレスバックから高い位置でボールを奪うと、最後はモッタが強烈なミドルシュートを狙うなど、パリ・サンジェルマンが積極的な入りを見せた。すると6分、ハーフウェイライン付近でボールを受けたラビオが、マーカーを外して左サイドを突破。ゴール前にグラウンダーのボールを送ると、カバーニがこのチャンスを逃さず決めきって、勢いのままに先制点を奪った。 ▽良いところなく失点を喫したトッテナムは、パリ・サンジェルマンがやや重心を下げたことで相手陣内でボールを持てるようになる。すると11分、相手陣内中央でボールを受けたエリクセンが、マーカーの寄せが遅いと見るや右足を一閃。無回転のシュートはクロスバーに当たってゴールネットを揺らし、トッテナムがエリクセンのスーパーゴールで試合を振り出しに戻した。さらに18分、バックパスを受けたGKトラップに対してダイアーがプレスに行くと、トラップが出したパスがそのダイアーに当たって跳ね返り、ボールはそのままネットを揺らしてトッテナムが逆転に成功する。 ▽トッテナムは35分にもチャンス。ボックス手前でショートパスを繋ぐと、左サイドから入り込んできたデイビスがスルーパスを受けてヒールで流し込みにかかる。しかしここはGKトラップがセーブして得点とはならなかった。一方のパリ・サンジェルマンは36分、スルーパスに反応したパストーレがボックス左からカットイン。カーター=ヴィッカーズの寄せを外して右足でコントロールシュートを沈めて2-2の同点とする。 ▽後半はお互いに選手を入れ替えて臨む。トッテナムはヤンセンを下げてケインを投入すると、後半開始早々の3秒にアルデルヴァイレルトからそのケインへロングボールが送られる。するとこれをGKトラップがエリア外で手を使って処理。主審はこのプレーにレッドカードを提示し、前半から不安定なパフォーマンスが続いたGKトラップが退場となってしまった。トッテナムはボックス手前の好位置でFKを獲得するが、エリクセンが直接狙ったシュートは枠を捉えきれない。 ▽その後は数的優位のトッテナムが押し気味に試合を進め、62分、63分とワニャマ、デレ・アリが立て続けにミドルレンジからシュートを狙うが、枠を外してしまう。パリ・サンジェルマンは69分、途中出場のヘセが右サイドから攻め込みシュート待て持ち込む形を見せたが、その後も散発的な攻撃が続く。すると81分、ボックス手前右サイドでボールを持ったアルデルヴァイレルトが右足を振り抜くと、強烈な弾道のシュートがゴールマウス左隅に突き刺さってトッテナムが勝ち越しに成功した。 ▽さらに86分、トッテナムは相手のボックス内でのハンドによりPKを獲得。キッカーのケインがゴールマウス右隅にシュートを突き刺して勝負あり。数的優位のトッテナムがパリ・サンジェルマンとの打ち合いを制した。 トッテナム 3-2 PSG 【トッテナム】 エリクセン(前11) E・ダイアー(前18) アルデルヴァイレルト(後36) ケイン(後43)【PK】 【PSG】 カバーニ(前6) パストーレ(前36) 2017.07.23 10:58 Sun
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノが今夏の補強プランを説明 「我々はアカデミーを信頼している。だから、落ち着いているよ」

▽トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、『ESPN』で今夏の補強プランに関して説明した。 ▽昨シーズンのプレミアリーグをクラブ史上最高位の2位で終えたトッテナムは今シーズン、悲願のリーグタイトル獲得と共に昨季屈辱を味わったチャンピオンズリーグでの巻き返しを図る。 ▽しかし、新スタジアム建設の影響か、今夏の移籍市場ではプレミアリーグのクラブで唯一新戦力を1人も獲得していない。さらに、イングランド代表DFカイル・ウォーカーを5000万ポンド(約72億円)でマンチェスター・シティに放出するなど、補強の遅れに加えて戦力低下も指摘されている。 ▽だが、ポチェッティーノ監督はユースやアカデミーへの信頼を口にし、ここまでの補強の遅れに関して気にしていないと語った。 「多くのビッグクラブは巨額の資金を投下して、それぞれのスカッドの改善を図っているようだね。しかし、我々は自分たちのアカデミーやユースを信頼している。だから、とても落ち着いているよ」 「確かに、幾つかのプレーヤーが不足していると思う。それでも、我々は非常に良いチームを持っており、落ち着いているよ。それに我々にとって最も大事なことは、いつでも“チーム”でいることなんだ」 「我々の補強に関する哲学はダニエル・レヴィを始め、クラブ幹部から来ているものだ。個人的に我々は良い関係を築いているし、クラブの将来に向けて何が必要となるか、明確なアイデアを持っている」 「我々の施設は素晴らしい。とりわけ、トレーニング施設と新スタジアムはヨーロッパで最高の1つとなるはずだ。トッテナムにとって非常にエキサイティングな瞬間を迎えている」 「一方、我々が他のクラブと異なる哲学を持っているということは事実だ。我々には他のビッグクラブのように巨額の投資を行うことができないため、異なる哲学を構築していく必要があるんだ」 「私はフットボールについて考えるとき、お金がより良いスカッドの構築、優れたタレントを獲得する助けになることを理解している。だが、フットボールにおいて重要なものはお金だけではない。より創造的に、より賢くなる必要がある。我々にとって新シーズンはよりタフなものになるだろう。しかし、我々は自分たちのプレーや仕事のやり方を信じている」 ▽なお、育成に長けたポチェッティーノ監督の下で近年多くの若手が台頭しているトッテナムでは、昨季ブレイクを果たしたMFハリー・ウィンクス、FIFA U-20ワールドカップでU-20イングランド代表の初優勝に貢献したMFジョシュア・オノマーとDFカイル・ウォーカー=ピータース、U-19欧州選手権でU-19イングランド代表の優勝に貢献したMFマーカス・エドワーズに加え、MFサムエル・シャシュアやFWカザイア・スターリングなど、多くのビッグタレントが虎視眈々とトップチームでの出場機会をうかがっている。 2017.07.22 16:11 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナムがICCに臨むメンバーを発表! 負傷のソン・フンミンやローズが招集外《ICC2017》

▽トッテナムは19日、アメリカツアーに臨むメンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、GKウーゴ・ロリスやMFデレ・アリ、FWハリー・ケイン、MFクリスティアン・エリクセン、DFトビー・アルデルヴァイレルトら主力がメンバー入り。また、今夏の去就が注目されるDFエリック・ダイアーも招集された。 ▽その一方で、負傷を抱えるFWソン・フンミンやMFエリク・ラメラ、DFダニー・ローズに加え、ウイルス性の体調不良を訴えるMFムサ・シッソコがメンバー外となった。 ▽トッテナムは、アメリカでインターナショナル・チャンピオンズカップ2017に出場。同地でパリ・サンジェルマンとローマ、マンチェスター・シティと対戦する予定だ。今回招集されたメンバーは以下のとおり。 GK ウーゴ・ロリス ミシェル・フォルム アルフィー・ホワイトマン ブランドン・オースティン DF トビー・アルデルヴァイレルト ヤン・ヴェルトンゲン エリック・ダイアー キーラン・トリッピアー ケビン・ヴィマー ベン・デイビス カイル・ウォーカー=ピータース キャメロン・カーター=ヴィッカーズ ウィリアム・ミラー ジョナサン・ディンゼイ ジェイデン・ブラウン アンソニー・ジョージウー MF ビクター・ワニャマ ムサ・デンベレ デレ・アリ クリスティアン・エリクセン ジョシュア・オノマー ハリー・ウィンクス タシャン・オークリー=ブース FW フィンセント・ヤンセン ハリー・ケイン ジョルジュ=ケヴィン・エンクドゥ 2017.07.20 05:30 Thu
twitterfacebook
thumb

トッテナム、イングランド代表DFトリッピアーと2022年まで契約延長!

▽トッテナムは18日、イングランド代表DFキーラン・トリッピアー(26)と2022年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽マンチェスター・シティのユース出身で、バーンズリーなどでプレーした後に、2012年からバーンリーに加入したトリッピアーは、2012-13シーズンから2シーズン連続でチャンピオンシップのPFA年間ベストイレブンに選出されるなど飛躍的な成長を遂げると、2015年の夏にトッテナムへ完全移籍。 ▽トッテナムでは、イングランド代表DFカイル・ウォーカーのサブとしてプレーが続いたが、昨シーズンの終盤にはウォーカーからポジションの奪取に成功。リーグ戦12試合に出場し5アシストを記録した。 2017.07.18 23:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、E・ダイアー獲得へ88億円の最終オファー?

▽マンチェスター・ユナイテッドが、トッテナムに所属するイングランド代表DFエリック・ダイアー(23)に対する最終オファーを検討していると報じた。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽今夏、守備的MFの補強が見込まれるユナイテッド。その候補としてチェルシーのMFネマニャ・マティッチと共に以前から名前が上がっているのが、守備的MFとしての才能を開花させたE・ダイアーだ。 ▽しかし、トッテナムは、E・ダイアー売却に関して、以前から否定的な姿勢を固めている。そういった背景もあり、ユナイテッド側も引き抜きの希望が希薄になりつつあるようだ。 ▽伝えられるところによれば、ユナイテッドはE・ダイヤー獲得に向け、6000万ポンド(約88億円)を用意。これが最後のオファーになることを考慮しているという。 2017.07.18 12:15 Tue
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース