超ワールドサッカー

今季10ゴールのボアテングがラス・パルマスと2020年までの新契約締結!2017.05.18 22:51 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ラス・パルマスは18日、元ガーナ代表MFケビン=プリンス・ボアテング(30)と2020年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽2016年限りでミランを退団してフリーとなっていたボアテングは、昨年8月にラス・パルマスに1年契約で加入。今シーズンはリーグ戦28試合に出場し、チームトップの10ゴールを記録するなど、同クラブの1部残留の大きな原動力となっていた。

▽そして、先日から契約延長報道がされていた中、18日に新たな3年契約にサインすることとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

ベティスがラス・パルマス残留に導いたキケ・セティエン監督を招へい

▽ベティスは26日、ラス・パルマスからキケ・セティエン監督(58)を招へいしたことを発表した。契約は2020年6月までとなる。 ▽ベティスは、リーガエスパニョーラ第36節終了時点で1部残留を決めていたが、9日にビクトル・サンチェス(41)を解任していた。 ▽後任となったキケ・セティエン監督は、2015-16シーズンからラス・パルマスを率いると、初年度は11位でフィニッシュ。今シーズンは14位と順位を落とすも2シーズンともに残留に成功している。 ▽『フットボール・エスパーニャ』はキケ・セティエン監督のツイートを引用して、就任のコメントを伝えた。 「昨日までは黄色の服を着ていたが、今日からは緑だ。悲しく思うところもあるが、明日からのことを考えると幸せな気持ちだ」 2017.05.27 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ネイマールのハットで4発快勝のバルセロナが6連勝で暫定首位キープ!《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは14日、エスタディオ・グラン・カナリアで行われたリーガエスパニョーラ第37節でラス・パルマスと対戦し、4-1で快勝した。 ▽前節、難敵ビジャレアルを一蹴し、リーグ5連勝で暫定首位をキープしたバルセロナ(勝ち点84)は、既に残留が確定している14位ラス・パルマス(勝ち点39)とのアウェイゲームに臨む。今節では1試合未消化ながら同勝ち点で2位に位置するレアル・マドリーと対戦する4位セビージャ(勝ち点69)のアシストを期待しつつ、残り試合全勝を目指すバルセロナは、前節から先発2人を変更。腰痛のピケに代わって、久々の出場となるマルロン、セルジ・ロベルトに代わって左利きのディーニュが右サイドバックに入った。 ▽開始6分に慣れない右サイドバックで先発したディーニュが裏に飛び出したヘセ・ロドリゲスをボックス手前で倒し、あわや退場という場面を招くなど、慌ただしい入りとなったバルセロナ。しかし、時間の経過と共にボールを保持して相手を押し込むアウェイチームは、メッシのシュートなどで相手ゴールに迫る。 ▽その後も攻勢を続けるバルセロナは、前半半ば過ぎに畳みかける攻めでゴールをこじ開ける。25分、自陣中央でブスケッツが絶妙なヒールパスをイニエスタに通すと、素早く反転したイニエスタが裏を狙うスアレスにスルーパスを供給。これに抜け出したスアレスが右を並走するネイマールにプレゼントパスを渡すと、難なくゴールネットに流し込んだ。 ▽幸先良く先制に成功したバルセロナは、その2分後にもハーフウェイライン付近の左サイドでボールを持ったネイマールが背後を狙うスアレスに絶妙なスルーパスを送ると、スアレスがGKとの一対一を難なく制し、貴重な2点目を奪った。その後、ペースを落としたバルセロナはロケ・メサのミドルシュートでゴールを脅かされるが、前半を2点リードで終えた。 ▽後半も危なげなく試合を運ぶバルセロナは、58分に前半に1枚カードをもらっていたディーニュに代えてアンドレ・ゴメスを投入。だが、この交代から数分後の63分にラス・パルマスにロングカウンターを許すと、ボックス右に抜け出したケビン・プリンス=ボアテングの折り返しをオーバーラップしてきたビガスに流し込まれ、1点を返される。 ▽嫌な時間帯の失点で相手に勢いを与えたバルセロナだったが、頼れるブラジル代表FWがゴールをこじ開ける。67分、右サイドでラキティッチが鋭いクロスを入れると、中央のスアレスはわずかに届かないが、大外に走り込んだネイマールが薄く当てたヘディングがゴールに吸い込まれた。 ▽この3点目で流れを引き戻したバルセロナは、71分にもカウンターから左サイドを突破したジョルディ・アルバのスルーパスに抜け出したネイマールが、ボックス左でDFと入れ替わり際に右足で触ったシュートがゴールに吸い込まれ、ハットトリックを達成した。 ▽その後、79分にスアレスとラキティッチに代えてパコ・アルカセル、デニス・スアレスを投入して逃げ切りに成功したバルセロナが、敵地で4-1の快勝。同時刻開催でマドリーが勝利したため、勝ち点差は変わらずも6連勝で3連覇に望みを繋いだ。 2017.05.15 05:18 Mon
twitterfacebook
thumb

古巣マドリーのために…ヘセ「バルサからは何としても得点を」

▽ラス・パルマスは14日、リーガエスパニョーラ第37節でバルセロナと対戦する。第36節終了時点で14位のラス・パルマスと、降格圏18位の勝ち点差は「12」。本来であればモチベーションを保つことは非常に難しいが、ラス・パルマスFWヘセ・ロドリゲスは闘志を燃やす。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽リーガの優勝争いは第36節終了現在、レアル・マドリーとバルセロナに絞り込まれている。マドリーは残り3試合(1試合未消化)を2勝1分け以上で終えることができれば自力優勝。対するバルサは残りの2試合を勝利で飾り、マドリーが少なくとも2分けもしくは1敗しなければ優勝の目はない。 ▽ヘセはマドリーの下部組織出身。2011~2016年まではトップチームで63試合に出場し、13得点を挙げた。2015-2016シーズン終了後にマドリーを放出されたが、マドリディスタとしての精神は持ち続けているようだ。その証拠に、ヘセはリーガ覇権争いを演じる古巣マドリーをフォローすべく、バルサ撃破を以下のように意気込んだ。 「バルサからは何としても得点を奪いたい。正直言ってマドリーにリーガのタイトルを与えたいんだ」 「MSNは非常に強力だけど、僕は他の選手たちが好みだよ」 「マドリーもバルサも良いチームだ。そしてベンチにはチャンスを待つ選手たちが居る」 2017.05.13 20:56 Sat
twitterfacebook
thumb

ニースで復活のバロテッリ、ラス・パルマス移籍か

▽ニースに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(26)にラス・パルマス移籍の可能性が浮上した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽昨夏にリバプールからニース入りしたバロテッリは、第36節終了の現時点でリーグ・アン22試合に出場。リーグ全体で6位タイの15ゴールを挙げ、ここ数年の不調ぶりから状態を上げている。そのバロテッリとニースの契約は今シーズン限り。今夏移籍を模索し始めているようだ。 ▽今回の報道によれば、フランスで輝きを取り戻りしつつあるバロテッリを巡っては、ラス・パルマスが関心。すでに接触も図っているようで、昨夏から所属するガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテングに提示した1年+1年の延長オプションに近い条件で獲得を打診するという。 2017.05.09 09:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ガメイロ2発などでアトレティコが5発大勝! CLダービーに弾み《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第35節、ラス・パルマスvsアトレティコ・マドリーが29日にエスタディオ・グラン・カナリアで行われ、アウェイのアトレティコが5-0で圧勝した。 ▽前節、ビジャレアルとの上位対決に敗れ、公式戦の無敗記録が12試合でストップした3位アトレティコ(勝ち点68)は、チャンピオンズリーグ(CL)ストレートインを争う4位セビージャと勝ち点で並ばれた。それでも、自力での3位フィニッシュの可能性を残すシメオネ率いるチームは、後半戦に入って調子を落とす13位ラス・パルマスとのアウェイゲームで仕切り直しを図った。 ▽来週ミッドウィークにレアル・マドリーとのCL準決勝1stレグを控える中、この試合では出場停止のゴディン、ケガのカラスコやフアンフランを除き現状のベストメンバーを起用。2トップはガメイロとグリーズマンのフランス代表コンビが務めた。 ▽試合は開始早々に動く。2分、左サイドで仕掛けたサウール・ニゲスの低い弾道のクロスに飛び込んだガメイロが右足のスライディングシュートを決めた。 ▽敵地で最高のスタートを切ったアトレティコは、その後もグリーズマンらが高い相手の最終ライン裏を積極的に狙ってゴールに迫る。すると17分、右サイドで得たCKの場面でコケがアウトスウィングで入れたクロスをファーで競り勝ったサウールが頭で流し込み、2点目を奪取。さらに直後の18分にはガイタンからのスルーパスに抜け出したガメイロがボックス右で体勢を崩しながらも泥臭く流し込み、わずか20分余りで試合を決定付けた。 ▽3点リードでペースを落としたアトレティコは、ラス・パルマスにボールを持たせながら要所を締めて試合をコントロール。相手にほとんど決定機を作らせぬまま、前半を3点リードで終えた。 ▽後半も危なげなく試合を運ぶアトレティコは、58分にガメイロを下げてトーレスを投入。その後、65分には二枚目の警告を受けたK・ボアテングの危険なタックルでホセ・ヒメネスが負傷するアクシデントに見舞われるが、数的優位を生かして試合終盤にゴールラッシュを見せる。 ▽72分、いずれも途中投入のトーマス、コレアの連係からボックス中央でパスを受けたトーマスが冷静にワンタッチシュートを流し込み、今季のリーガ初ゴールを記録。さらに試合終了間際にはフィリペ・ルイスのクロスからトーレスにもゴールが生まれ、敵地で5-0の圧勝。ビジャレアル戦の敗戦をきっちり払拭したアトレティコが、マドリーとのCLダービーに向けて大きな弾みを付けた。 2017.04.30 03:30 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース