今季10ゴールのボアテングがラス・パルマスと2020年までの新契約締結!2017.05.18 22:51 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ラス・パルマスは18日、元ガーナ代表MFケビン=プリンス・ボアテング(30)と2020年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽2016年限りでミランを退団してフリーとなっていたボアテングは、昨年8月にラス・パルマスに1年契約で加入。今シーズンはリーグ戦28試合に出場し、チームトップの10ゴールを記録するなど、同クラブの1部残留の大きな原動力となっていた。

▽そして、先日から契約延長報道がされていた中、18日に新たな3年契約にサインすることとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

9人のバレンシアが最下位ラス・パルマスに逆転敗北! 好調崩れマドリー勢との連戦へ…《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第20節のラス・パルマスvsバレンシアが20日に行われ、2-1でホームのラス・パルマスが勝利した。 ▽リーグ連勝中の3位バレンシア(勝ち点40)が、直近のリーガ5戦勝ちなしで3連敗中の最下位ラス・パルマス(勝ち点11)のホームに乗り込んだ一戦。バレンシアは、直近の試合であるコパ・デル・レイ準々決勝1stレグのアラベス戦(2-1でバレンシアが勝利)からスタメンを大幅に8名変更し、ガヤ、ガライ、パレホ、アンドレアス・ペレイラ、ゴンサロ・ゲデス、ザザ、ビエットらに代えて、ネトやコクラン、ロドリゴ・モレノ、サンティ・ミナらを起用した。 ▽試合は開始早々の5分にバレンシアが先制。右CKのキッカーを務めたヒルがニアに蹴り込むと、ボックス内でDFレモスとの競り合いを制したサンティ・ミナが、頭で沈めた。 ▽さらに16分にも、ロドリゴ・モレノからのパスに抜け出したサンティ・ミナがボックス内でGKチチゾラとの一対一を迎える。しかし、サンティ・ミナがループ気味に狙ったシュートは左ポストを叩き、追加点とはならない。 ▽バレンシアがチャンスを逸した20分、ラス・パルマスが同点に追いつく。ペニャルバのクロスに反応したボックス内のカジェリが、頭で落とす。最後は走り込んだビエラが蹴り込んでネットを揺らした。 ▽勝ち越しを目指すバレンシアは、38分にボックス内左に侵攻したラトが中央に折り返す。しかし、待ち構えていたロドリゴ・モレノが左足で合わせたシュートはD・カスティジャーノのブロックに遭う。試合は、均衡を保ったまま折り返しを迎えることとなった。 ▽後半に入ると、互いに素早く前線にボールを運ぶ大味な展開に。すると53分にはガブリエウが自陣ボックス内でハンドを犯し、PKを与えてしまう。さらに、この判定に熱くなったガブリエウは主審に対する執拗な抗議を行い、続けて2枚の警告を受けて退場となった。 ▽PKのキッカーをカジェリが務めると、冷静に蹴り込んで逆転に成功。バレンシアは10人で1点のビハインドを抱える苦境に立たされることに。バレンシアは、直後の57分にヒルに代えてゴンサロ・ゲデスを、68分にはロドリゴ・モレノに代えてビエットを投入。巻き返しを図っていく。 ▽しかし、前がかりになるバレンシアは度々ラス・パルマスのカウンターを浴びることに。72分には、ボックス手前右の絶好の位置でFKを与えてしまう。キッカーのビエラが直接狙ったシュートは枠を外れたものの、ラス・パルマスの攻撃が続く。 ▽対策を迫られるマルセリーノ監督は74分に3枚目のカードを切り、サンティ・ミナに代えてザザを投入。しかし、休ませていた主力組の投入も空しく、なかなかチャンスを作ることができない。 ▽87分には、競り合いの中でファウルを犯したDFヴェゾが2枚目の警告を受けて退場に。9人になったバレンシアに対し、ラス・パルマスは無理に攻め込まずに試合を締めに入る。 ▽結局、試合はラス・パルマスがリードを保ったまま終了した。この結果、ラス・パルマスは連敗を脱出し、リーガ6試合ぶりの勝利。対するバレンシアは手痛い逆転負けを喫し、次節のレアル・マドリー戦、その次のアトレティコ・マドリーと上位連戦に向けて弾みを付けることはできなかった。 2018.01.21 06:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ビエットが移籍後初弾含むハットトリック! バレンシアがラス・パルマスを一蹴でベスト8《コパ・デル・レイ》

▽バレンシアは9日、コパ・デル・レイ5回戦2ndレグでラス・パルマスをホームに迎え、4-0で圧勝した。この結果、2戦合計スコアを5-1としたバレンシアが準々決勝へ進出している。 ▽1週間前に行われた敵地での1stレグを1-1と引き分けたバレンシアは、2-1と勝利した直近のリーガエスパニョーラ第18節ジローナ戦のスタメンから8選手を変更。コンドグビア、アンドレアス・ペレイラ、ガブリエウのみ引き続きスタメンとなり、出場停止だったザザも先発となった。 ▽フラットな[4-4-2]で臨んだバレンシアは2トップにザザと移籍後初先発のビエット、右サイドにアンドレアス・ペレイラ、左サイドにヒルを配した。そのバレンシアは7分に最初の決定機。スローインの流れからボックス右深くまでえぐったアンドレアス・ペレイラのクロスをヒルがボレー。しかし、枠の右に外れてしまった。 ▽その後、ラス・パルマスにポゼッションを譲ったバレンシアは、ビエットのミドルシュートでゴールに迫ると20分、ザザのスルーパスでボックス中央に侵入したヒルがシュート。決定的だったが、GKの好守に阻まれてしまった。直後にもラトの鋭い左クロスにザザがボレーで合わせる決定機を迎えたが、わずかに枠の右に外れた。 ▽それでも30分、ビエットの移籍後初ゴールで先制する。ボックス左角付近のヒルのクロスをザザがダイビングヘッドで合わせると、このシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールをビエットが蹴り込んだ。 ▽先制後、ハーフタイムにかけてラス・パルマスの攻撃を受け止めたバレンシアは、40分にFKからレモスにヘディングシュートを許すもGKジャウメがセーブし、1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半開始3分、ビエットの追加点でバレンシアが突き放す。右サイドからのアンドレアス・ペレイラのクロスを受けたゴールエリア右のビエットがチップキックでGKをうまく外すシュートを流し込んだ。 ▽さらに54分、ボックス手前右で相手のパスをカットしたマクシモビッチがミドルシュートを叩き込んで3-0としたバレンシアは、66分にビエットがハットトリックを達成する。センターサークル前のビエットがGKが飛び出しているのを尻目にロングシュート。思い切りの良いシュートがゴール左上に決まった。 ▽勝負を決定付けたバレンシアは殊勲のビエットを下げるなど余裕の試合運びでラス・パルマスを一蹴。ベスト8進出を決めている。 2018.01.10 07:19 Wed
twitterfacebook
thumb

故郷カナリア諸島で子供の看病続くヘセ…地元ラス・パルマスが獲得に名乗り

▽ストーク・シティのスペイン人FWヘセ・ロドリゲス(24)が、故郷カナリア諸島のラス・パルマス移籍を望んでいるようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽レアル・マドリーのカンテラ出身であるヘセ・ロドリゲスは、2013-14シーズンに正式にトップチームへ昇格を果たした。度重なる負傷やポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの競合に苦しんだ同選手は、2016年夏にパリ・サンジェルマン(PSG)に加入。そこでもリーグ戦で先発回数がわずか1試合とウナイ・エメリ監督の信頼を得られず、2017年1月にはラス・パルマスにレンタル移籍し、今シーズンからもレンタルでストークに加入となっていた。 ▽ストーク加入後のヘセは、初出場となったプレミアリーグ第1節のアーセナル戦で決勝点を記録。1-0での勝利の立役者となっていたが、その後は8試合に出場してゴールを奪うことができず。さらにプライベートでも、生まれたばかりの自身の子供の病気という重い問題を抱えており、昨年12月初めにカナリア諸島に帰郷。現在もプレミアを離れており、家族と共に子供の闘病を支える生活が続いている。 ▽ラス・パルマスのミゲル・アンヘル・ラミレス会長は、そういった状況にあるヘセの確保に尽力。PSGも同選手をトップチームに加えることは想定していないであろうため、レンタルでの取引を目指しているという。また、ヘセは自宅で個人トレーナーの指導を受けており、フィットネスにも問題を抱えていない模様だ。 2018.01.07 16:41 Sun
twitterfacebook
thumb

乾フル出場のエイバル、最下位ラス・パルマスに逆転勝利《リーガエスパニョーラ》

▽エイバルは6日、リーガエスパニョーラ第18節でラス・パルマスとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。エイバルのMF乾貴士はフル出場している。 ▽2017年最終戦となった前節ジローナ戦を乾の2ゴールなどで4-1と圧勝した7位エイバル(勝ち点24)は、乾がフラットな[4-4-2]の左MFで先発となった。 ▽最下位ラス・パルマス(勝ち点11)に対し、エイバルが押し込む入りを見せると、14分に乾にチャンス。カパの右クロスを乾がヘディング。しかし、枠の右を捉えていたシュートはGKの好守に阻まれた。 ▽その後はラス・パルマスに盛り返され、膠着状態が続いていた中、エイバルは31分にPKを献上する。右クロスを受けたボックス内のトレードをアルビージャが倒してしまった。このPKをビエラに決められ、エイバルは先制を許してしまう。 ▽ハーフタイムにかけては膠着状態が続き、互いにゴールに迫れずエイバルは前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半、エイバルが前がかる展開となるも、ラス・パルマスを崩しきれない状況が続く。膠着状態を打破できない中、73分に試合を振り出しに戻した。乾が得たFKからゴールエリア右のシャルレスがヘッドで折り返すと、2分前に投入されていたオレジャーナが押し込んだ。 ▽オレジャーナの移籍後初ゴールで同点としたエイバルは、77分に逆転する。左サイドからのホセ・アンヘルのアーリークロスをファーサイドのセルジ・エンリクがヘッドでゴール左へ流し込んだ。 ▽これが決勝点となってエイバルが逆転勝利。新年初戦を制し、7戦負けなしの3連勝としている。 2018.01.07 04:37 Sun
twitterfacebook
thumb

武藤同僚のスペイン人FWハイロがラス・パルマスに加入

▽ラス・パルマスは1日、マインツと契約解除していたハイロ・サンペリオ(24)と今季終了後まで契約を結んだことを発表した。 ▽ラシンやセビージャで活躍した後、2014年夏にマインツに加入したウインガーのハイロは、マインツで公式戦79試合に出場して12ゴール15アシストと活躍。しかし、今季はここまでブンデスリーガ2試合の出場に留まっていた。 ▽移籍先のラス・パルマスはリーガエスパニョーラで最下位に沈み、残留圏内の17位アラベスとは4ポイント差となっている。 2018.01.02 05:07 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース