今季10ゴールのボアテングがラス・パルマスと2020年までの新契約締結!2017.05.18 22:51 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ラス・パルマスは18日、元ガーナ代表MFケビン=プリンス・ボアテング(30)と2020年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽2016年限りでミランを退団してフリーとなっていたボアテングは、昨年8月にラス・パルマスに1年契約で加入。今シーズンはリーグ戦28試合に出場し、チームトップの10ゴールを記録するなど、同クラブの1部残留の大きな原動力となっていた。

▽そして、先日から契約延長報道がされていた中、18日に新たな3年契約にサインすることとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

ベイルがドブレテの活躍! 主力温存のマドリーが快勝でCLユーベ戦へ!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第30節、ラス・パルマスvsレアル・マドリーが31日にグラン・カナリアで行われ、アウェイのマドリーが3-0で快勝した。 ▽前節、絶好調のエースFWクリスティアーノ・ロナウドのポーケルの活躍でジローナに6-3の大勝を飾った3位のマドリーは、来週ミッドウィークに行われるチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグで昨季ファイナルで対戦したユベントスと対戦する。その重要な一戦を控える中での今節は降格圏の18位ラス・パルマス(勝ち点21)とのアウェイゲームに臨んだ。 ▽現在、CL3連覇に全力を注ぐジダン監督率いるチームはカナリア諸島への移動を強いられることもあり、C・ロナウドやクロース、セルヒオ・ラモス、イスコ、マルセロといった主力を軒並み招集外に。その一方でバジェホ、テオ・エルナンデスを除きモドリッチやカゼミロ、アセンシオといった主力クラスをスタメンで起用し、2トップはベイルとベンゼマが組んだ。 ▽残留を目指すラス・パルマスに対して、モチベーションが高くないマドリーは開始5分にカジェリ、11分にハリロビッチに決定的なシュートを許すなど、やや緩い入りを見せる。 ▽それでも、地力で勝るアウェイチームはベイルの鋭い仕掛けを起点にチャンスを創出。23分にはベイルの絶妙なスルーパスに抜け出したアセンシオがボックス内でGKと一対一になるが、ここは相手GKの好守に阻まれる。だが、26分には自陣左サイドでのスローインからモドリッチのロングスルーパスに抜け出したベイルが左サイドからゴール前に切り込んで左足の強烈なシュートを叩き込んだ。 ▽ベイルの2戦連発となる今季10点目で先制したマドリーだったが、直後にアクシデント発生。負傷したナチョがプレー続行不可能となり、アクラフ・ハキミが緊急投入される。それでも、慌てないマドリーは39分にルーカス・バスケスがボックス内でカジェリに蹴り倒されてPKを獲得。これをキッカーのベンゼマが冷静に決め、前半を2点リードで終えた。 ▽迎えた後半、2点のビハインドを負うラス・パルマスのパコ・ヘメス監督が先に動く。ミカエル・マセード、ゴメスを下げてエクスポジト、ハイロを同時投入する。しかし、51分にはチモ・ナバーロのボックス内でのファウルで痛恨のPKを献上。これをキッカーのベイルが難なく決めて試合を決定づける3点目となった。 ▽ベイルのドブレテで勝利を大きく近づけたマドリーは61分にモドリッチとカゼミロを下げてマルコス・ジョレンテ、コバチッチを投入。3枚の交代カードを全て切り終えて試合を締めにかかる。 ▽その後、前がかるラス・パルマス相手にベイルやテオのドリブル突破を生かしたカウンターで幾度も決定機を作り出すマドリーだが、フィニッシュの精度を欠いて4点目は奪えず。それでも、主力を温存した中で格下に快勝のマドリーがCLユベントス戦に向けて大きな弾みをつけた。 2018.04.01 03:30 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー、イスコ&セルヒオ・ラモスが次節ラス・パルマス戦を欠場へ

▽レアル・マドリーは31日にリーガエスパニョーラ第30節でラス・パルマスとのアウェイゲームに挑む。この一戦に向けては主力数選手が欠場することになるようだ。 ▽現在、リーグ戦3位に位置するマドリーだが、すでに逆転でのリーガ連覇の可能性は低く、トップ4フィニッシュもほぼ確定しており、クラブとしてのモチベーションは決して高くない。加えて、来週ミッドウィークにはチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのユベントス戦を控えており、ラス・パルマス戦での主力温存が濃厚だ。 ▽ジネディーヌ・ジダン監督はラス・パルマス戦に向けた公式会見に出席し、軽傷を抱えるDFセルヒオ・ラモスやMFイスコら一部主力の欠場を認めている。クラブ公式サイトが指揮官のコメントを伝えている。 「セルヒオ・ラモスとイスコは軽いトラブルを抱えており、遠征には参加しない。それにラス・パルマスは現在厳しい状況に陥っており、そういったチームは強いパフォーマンスを見せるものだ。したがって、我々はそういった場合に備えなければならない」 ▽その一方で、ウェールズ代表として中国への長距離移動を強いられたMFガレス・ベイルに関しては、「彼はプレーする準備ができている」と、起用の可能性を示唆している。 2018.03.31 00:03 Sat
twitterfacebook
thumb

メッシの直接FK弾もPK献上でバルサがラス・パルマスに痛恨ドロー… 5ポイント差でアトレティコとの頂上決戦へ《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは1日、リーガエスパニョーラ第26節でラス・パルマスとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 ▽前節ジローナ戦をメッシとスアレスの活躍で6-1と圧勝し、リーガ無敗記録をクラブ記録の32試合に伸ばした首位バルセロナ(勝ち点65)は、前日にレガネスに勝利した2位アトレティコ・マドリーとは暫定4ポイント差となっている。そのバルセロナは3日後にアトレティコとの頂上決戦を控える中、ジローナ戦のスタメンから6選手を変更。メッシとスアレスが先発となった一方、ピケやラキティッチがベンチスタートとなってジョルディ・アルバが欠場となった。 ▽残留圏内ぎりぎりに位置する17位ラス・パルマス(勝ち点19)に対し、バルセロナは8分に決定機。ショートカウンターに転じてメッシが持ち上がり、二対二の局面を作ってラストパス。しかし、パスが短くなってスアレスのシュートは相手DFのブロックに阻まれた。直後にもメッシの直接FKでゴールに迫ったバルセロナは、メッシの単騎突破で違いを生んでいくと、21分に先制した。ボックス手前右でメッシが得たFKを自ら直接狙うと、強烈なシュートがゴール左上に突き刺さった。 ▽前半半ば以降もバルセロナが省エネで試合をコントロール。ラス・パルマスに付け入る隙を見せずに時間を消化し、1点をリードしたままハーフタイムに入った。 ▽しかし迎えた後半開始2分、バルセロナはPKを献上する。CKの流れでセルジ・ロベルトがボックス内で相手選手を倒したのか、ディーニュのハンドを取ったのか、いずれにしろマテウ・ラオス主審にPKと判定された。これをカジェリに決められ、試合を振り出しに戻されたバルセロナはA・ビダルに代えてコウチーニョをそのまま右サイドに投入。ギアを上げにかかる。 ▽さらにパウリーニョに代えてラキティッチを投入したバルセロナだったが、ペースが上がりきらない状況が続く。そこでイニエスタに代えてデンベレも投入。デンベレは右サイドに、コウチーニョは左サイドに回った。 ▽終盤にかけて前がかるバルセロナだったが、ラス・パルマスの集中した守備の前にチャンスを作れずにタイムアップ。痛恨のドローに終わり、アトレティコとのポイント差が5に縮まっている。 2018.03.02 06:57 Fri
twitterfacebook
thumb

ナスリ、1年間の出場停止へ

▽元フランス代表MFサミル・ナスリ(30)に1年間の出場停止処分が科される見通しになったようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽伝えられていたところによれば、ナスリはセビージャに所属していた2016年冬に治療の一環で点滴静脈注射を受けたが、ルール範囲外のもので違反行為に触れていたようだ。WADA(世界アンチ・ドーピング機関)のルール上、6時間以内に50ml以上の静脈注射を受けることは、外科手術や入院、臨床検査のほか正当な理由以外では禁止されており、これに抵触したとみられている。 ▽報道によれば、スポーツ仲裁裁判所(CAS)が最終的に処分を決定し、当初の2年から1年に軽減されたという。欧州サッカー連盟(UEFA)は月曜日にも正式に発表するものとみられている。 ▽なお、先月末にトルコ・スーパーリーグのアンタルヤシュポルとの契約を双方合意の下で解消したナスリは、現在フリーの状況。『マルカ』によればラス・パルマス移籍に近づいていたが、今回の件を受けて契約締結は不可能になったとみられている。 ▽今年6月には31歳となるナスリ。かつてアーセナルやマンチェスター・シティなどビッグクラブで輝いたテクニシャンにとって、1年間にわたって試合から離れることになれば今後のプロキャリアへの影響も小さくないだろう。 2018.02.25 15:38 Sun
twitterfacebook
thumb

ラス・パルマス、33億円で主力ジョナタン・ビエラを中国へ

▽ラス・パルマスは19日、スペイン人MFジョナタン・ビエラ(28)を中国の北京国安に放出したことを発表した。 ▽ラス・パルマスのアカデミーで育ったビエラは、2010年にトップチームデビューを果たすと、バレンシア、ラージョを経て、2014年夏からスタンダール・リエージュでプレー。2015年冬にラス・パルマス復帰を果たし、今シーズンはここまでリーガエスパニョーラ23試合4ゴールを記録していた。 ▽スペイン『マルカ』が報じたところによれば、北京国安が投じた移籍金は推定で2500万ユーロ(約33億円)。北京国安と4年契約を結んだビエラは、年俸600万ユーロ(約7億9000万円)を受け取ることになるという。 2018.02.20 08:25 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース