今季10ゴールのボアテングがラス・パルマスと2020年までの新契約締結!2017.05.18 22:51 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ラス・パルマスは18日、元ガーナ代表MFケビン=プリンス・ボアテング(30)と2020年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽2016年限りでミランを退団してフリーとなっていたボアテングは、昨年8月にラス・パルマスに1年契約で加入。今シーズンはリーグ戦28試合に出場し、チームトップの10ゴールを記録するなど、同クラブの1部残留の大きな原動力となっていた。

▽そして、先日から契約延長報道がされていた中、18日に新たな3年契約にサインすることとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

エバートン、J・ビエラ獲得に契約解除金38億円を準備か...ラス・パルマスは抗戦の構え

エバートンが、ラス・パルマスFWジョナタン・ビエラ獲得に動きを見せている。<br><br>今夏スペイン代表MFビトロやアルゼンチン人MFジョナタン・カジェリを獲得して積極的に補強を敢行しているラス・パルマス。一方で、MFロケ・メサを移籍金1250万ユーロを支払ったスウォンジー・シティに引き抜かれるなど、現有戦力維持に腐心する必要性にも駆られている。<br><br>現在複数クラブが狙っているのは、昨季31試合出場で7得点を挙げたJ・ビエラだ。スウォンジー、ニューカッスル、エバートンが28歳FWに興味を抱いている。特に強い関心を示しているのはエバートンで、契約解除金3000万ユーロ(約38億円)を準備しているといわれている。<br><br>ラス・パルマス残留を第一としているビエラだが、エバートンからは年俸400万ユーロのオファーが提示されており、魅力を感じている様子だ。ラス・パルマス側はビエラの放出を考慮しておらず、年俸アップを希望する同選手と近日中に話し合う予定だとされる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.19 23:21 Wed
twitterfacebook
thumb

ラス・パルマスがアルゼンチン人FWカジェリとMFトレードをレンタルで獲得

▽ラス・パルマスは11日、ウルグアイのデポルティボ・マルドナードからアルゼンチン人FWホナタン・カジェリ(23)と、アルゼンチン人MFエルナン・トレード(21)をそれぞれレンタルで獲得したことを発表した。 ▽2016年リオデジャネイロ五輪のアルゼンチン代表に名を連ねていたストライカーのカジェリは、ボカ・ジュニアーズでの活躍を受けて2016年冬にマルドナードに完全移籍。即、サン・パウロへレンタル移籍したものの結果を出せず、2016年夏にウェストハムへレンタル移籍していた。しかし、ウェストハムでも1ゴールと結果を残せず期待に応えることはできなかった。 ▽一方、ベレス・サルスフィエルド出身のトレードは左ウイングを主戦場とするサイドアタッカー。こちらも2016年夏にマルドナードからフィオレンティーナへレンタルで移籍していたが、試合に出場することなく2017年冬にラヌースへレンタルで移籍していた。 2017.07.12 05:08 Wed
twitterfacebook
thumb

スウォンジーがラス・パルマスMFロケ・メサ獲得を発表

▽スウォンジーは6日、ラス・パルマスに所属するスペイン人MFロケ・メサ(28)を獲得したことを発表した。契約期間は4年間で、移籍金は1100万ポンド(約16億1000万円)であることも併せて発表されている。 ▽2011年からラス・パルマスでプレーするロケ・メサは、2015-16シーズンに27歳で初のプリメーラデビューを飾った。卓越した戦術眼とパスセンスを武器にラス・パルマスのポゼッションスタイルのフットボールをけん引した同選手は、昨夏の移籍市場でバルセロナやセビージャなど、国内のビッグクラブの関心を集めるブレイクを果たした。昨シーズンは公式戦に36試合出場し、1ゴール3アシストを記録していた。 ▽スウォンジー加入が決定したロケ・メサは、月曜日にチームのトレーニングに合流する。 2017.07.06 20:15 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコのMFビトロ獲得が決定的に! 来年1月までレンタル受け入れ先のラス・パルマスが交渉認める

▽アトレティコ・マドリーが、セビージャからスペイン代表MFビトロ(27)を獲得することが決定的となった。『ESPN』が伝えている。 ▽18歳未満の選手の獲得および登録で違反があったとして、国際サッカー連盟(FIFA)から新たな選手登録の禁止処分を受けているアトレティコは、来年1月まで実質的に新戦力補強が不可能。しかし、選手が半年間練習のみの状況を受け入れるか、獲得後に登録が可能となる来年1月まで他クラブにレンタルで放出する場合、今夏の選手獲得は可能だ。 ▽そこに目を付けたアトレティコは、今夏のメインターゲットの1人であるビトロ獲得に向け、同選手の古巣ラス・パルマスに半年間のレンタル移籍を打診。1年後にロシア・ワールドカップ本大会を控える中、同選手の試合勘という部分の不安を解消し、移籍成立に向けた足場固めに成功した。 ▽ラス・パルマスのトニ・クルスSD(スポーツ・ディレクター)は4日、公式会見の場でアトレティコがビトロを獲得した場合、ラス・パルマスが半年間のレンタル移籍を受け入れることで合意に達したことを認めている。 「(ラス・パルマスの)ミゲル・アンヘル・ラミレス会長がマドリッドに居ることは多くの人が知っており、交渉はすでに完了した。会長はアトレティコ・マドリーがビトロを完全移籍で獲得した場合、1月までラス・パルマスで受け入れるという条件で合意した」 ▽また、アトレティコはセビージャが4000万ユーロ(約51億3000万円)に設定している契約解除金を支払う準備をしており、ビトロ本人とも個人合意に達している模様。また、ビトロは先日、スペイン『マルカ』で「ラス・パルマスに戻れるのは素晴らしいと思う。ここには父も、家族も、友達もいるからね」と、古巣への短期レンタルに前向きな姿勢を見せており、移籍成立に向けた障害をすべてクリアしている。 ▽なお、今回の取引は今月12日までに成立するとみられており、ビトロはセレッソ大阪と鹿島アントラーズとの親善試合が予定されているセビージャのプレシーズンツアーには参加しない見込みだ。 2017.07.05 02:42 Wed
twitterfacebook
thumb

セティエン退団のラス・パルマス、Bチームを率いたマノロ・マルケス監督が新指揮官に就任

▽ラス・パルマスは3日、昨季までBチームを率いていたマノロ・マルケス監督(49)がトップチームの新指揮官に就任したことを発表した。契約期間は2017-18シーズン終了までの1年となる。 ▽ラス・パルマスは、2015-16シーズンから昨シーズン終了までチームを率いていたキケ・セティエン前監督(58)が今夏ベティスへと旅立ち、新指揮官探しに奔走していた。一部では前パレルモの指揮官、ロベルト・デ・ゼルビ氏(38)の就任が濃厚とされていたが、最終的にはマルケス監督の昇格という形に落ち着いた。 ▽これまでバダロナなどスペイン下部カテゴリーのクラブで監督経験のあるマルケス監督は、昨シーズンにラス・パルマスのBチームにあたるラス・パルマス・アトレティコの指揮官に就任すると、昨季のスペイン4部で優勝を果たし、セグンダB(スペイン3部)昇格に導いていた。 ▽また、マルケス監督の祖父は5クラブが統合して誕生したラス・パルマスの前身クラブの1つであるレアル・クラブ・ヴィクトリアの会長を務めていた。 2017.07.03 22:59 Mon
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース