FWラカゼットやDFズマが復帰! フランス代表が招集メンバー26名を発表!!《ロシアW杯欧州予選》2017.05.18 23:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランスサッカー連盟(FFF)は18日、来月に行われる2018年ロシア・ワールドカップ欧州予選と国際親善試合に臨むフランス代表メンバー26名を発表した。

▽今回のメンバーには、FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー)やFWオリヴィエ・ジルー(アーセナル)、MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)、MFディミトリ・パイエ(マルセイユ)、DFローラン・コシエルニー(アーセナル)など主力に加え、3月の代表戦でA代表デビューを果たし今季リーグ・アン新人王に輝いたFWキリアン・ムバッペ・ロタン(モナコ)も選出された。

▽また、3月の代表戦では負傷のためメンバーを外れていたFWアレクサンドル・ラカゼット(リヨン)やDFクルト・ズマ(チェルシー)、所属クラブで出場機会を減らしていたMFムサ・シッソコ(トッテナム)らが復帰を果たしている。

▽ロシアW杯欧州予選でグループAに属するフランスは、第5節終了時点で4勝1分けの首位に立っている。今回の代表ウィークでは、6月2日にホームでパラグアイ代表と国際親善試合を、同9日にはアウェイでスウェーデン代表とロシアW杯欧州予選を行う。今回発表されたフランス代表メンバー26名は以下のとおり。

◆フランス代表メンバー26名
GK
ウーゴ・ロリス(トッテナム/イングランド)
ブノワ・コスティル(スタッド・レンヌ)
アルフォンス・アレオラ(パリ・サンジェルマン)

DF
クリストフ・ジャレ(リヨン)
プレスネル・キンペンベ(パリ・サンジェルマン)
バンジャマン・メンディ(モナコ)
ジブリル・シディベ(モナコ)
クルト・ズマ((チェルシー/イングランド)
ローラン・コシエルニー(アーセナル/イングランド)
サミュエル・ユムティティ(バルセロナ/スペイン)
リュカ・ディーニュ(バルセロナ/スペイン)
ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリー/スペイン)

MF
エンゴロ・カンテ(チェルシー/イングランド)
ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ムサ・シッソコ(トッテナム/イングランド
トマ・ルマール(モナコ)
ブレーズ・マテュイディ(パリ・サンジェルマン)
アドリアン・ラビオ(パリ・サンジェルマン)
コランタン・トリッソ(リヨン)

FW
アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー/スペイン)
オリヴィエ・ジルー(アーセナル/イングランド)
ウスマーヌ・デンベレ(ドルトムント/ドイツ)
ディミトリ・パイエ(マルセイユ)
フロリアン・トヴァン(マルセイユ)
アレクサンドル・ラカゼット(リヨン)
キリアン・ムバッペ・ロタン(モナコ)

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコ、フランス代表のグリーズマン&リュカと契約延長!

▽アトレティコ・マドリーは19日、フランス代表FWアントワーヌ・グリーマン(27)と同国代表DFリュカ・エルナンデス(22)の契約を延長したことを発表した。契約期間はグリーズマンが2023年6月30日、リュカが2024年6月30日まで。 ▽2014年7月にレアル・ソシエダからアトレティコ・マドリーに加入したグリーズマン。これまで公式戦209試合に出場して112ゴール40アシストを記録している。今シーズンも29ゴール15アシストという成績を残し、ヨーロッパリーグ優勝にも貢献。これまでマンチェスター・ユナイテッドやバルセロナへの移籍が有力となっていた中で、14日にはアトレティコ残留を明言していた。 ▽アトレティコの下部組織出身であるリュカは、2014-15シーズンにトップチームデビュー。今シーズンは公式戦44試合に出場して、フランス代表にも初招集された。現在はグリーズマンと共にロシア・ワールドカップに参戦している。 2018.06.19 08:31 Tue
twitterfacebook
thumb

ポグバの決勝点は幻に…FIFAがオウンゴールに訂正

▽国際サッカー連盟(FIFA)は17日、マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバの得点をオウンゴールに訂正したことを発表した。 ▽フランス代表は16日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループC第1節でオーストラリア代表と対戦。1-1で迎えた80分、ポグバが浮き球シュートでゴールを陥れ、フランス代表が白星スタートを飾った。 ▽しかし、FIFAは改めてポグバの得点シーンを分析した結果、カバーに入ったオーストラリア代表DFアジズ・ベヒッチに当たってボールの軌道が変わったと判定。ベヒッチのオウンゴールに訂正している。 ▽白星発進のフランス代表は21日に行われる次戦、デンマーク代表との初戦を落としたペルー代表と対戦する。 2018.06.18 15:10 Mon
twitterfacebook
thumb

決勝点アシストの仏代表FW、豪代表の奮闘を称賛「GLを突破してほしい」

フランス代表FWオリヴィエ・ジルーは、2018FIFAワールドカップ・ロシアのグループリーグ初戦で対戦したオーストラリア代表を称賛した。『オプタス・スポーツ』に語っている。<br><br>ロシアW杯の優勝候補筆頭に挙げられるフランスは16日、グループCの第1戦でオーストラリアと対戦。試合前の予想を裏切る接戦となるも、疑惑を呼んだVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)により与えられたPKと、ゴールライン・テクノロジーにより認められたゴールにより、フランスが2-1で辛うじて勝利を収めた。<br><br>この試合で後半途中から出場し、ゴールラインテクノロジーで判定されたMFポール・ポグバのゴールをアシストしたジルーは試合後に対戦相手をたたえた。<br><br>「オーストラリアの人たちには彼らのチームを誇りに思っていいと伝えたいよ。質の高いプレーを見せ、最後まで諦めていなかった。彼らにはセカンドステージ(決勝トーナメント)に進出してほしいよ」<br><br>初戦を白星で飾ったフランス代表は現地時間21日、グループリーグ第2戦でペルー代表と対戦。オーストラリア代表は同日、デンマーク代表と対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.17 18:31 Sun
twitterfacebook
thumb

PSG、フランス代表MFカンテ獲得に123億円準備か

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテ(27)獲得を画策しているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽伝えられているところでは、PSGはカンテ獲得に9000万ポンド(約123億円)を準備。昨年の夏にバルセロナからブラジル代表FWネイマールを2億2200万ユーロ(現在のレートで約285億円)で獲得したPSGは、プレミアリーグで一貫してハイレベルなパフォーマンスを続けるカンテを“銀河系軍団”の一員に迎えたいと考えているという。 ▽また、5月初めにもフランス『beIN Sports』のテレビ番組に出演したPSGのフランス代表FWキリアン・ムバッペが、「PSGに加えたい選手は? 」という問いに「カンテのようなプレーヤーを連れて来られれば最高」と返答。ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨む代表チームの同僚としてのみでなく、クラブレベルでの競演を希望していた。 ▽また、ビッグオファーを連発しているPSGが悩まされていたファイナンシャル・フェアプレー(FFP)についても、欧州サッカー連盟(UEFA)が13日に処分内容を開示。PSGは監視こそ継続されるものの、処分そのものは下されないことが明らかにされていた。 ▽2015-16シーズンにレスターの奇跡の優勝の立役者となり、2016-17シーズンには移籍先のチェルシーでプレミアリーグ優勝の原動力となったカンテ。チェルシー移籍のタイミングでPSGからの誘いを固辞したことが報じられていたが、5位でフィニッシュしチャンピオンズリーグ(CL)出場権を失った2017-18シーズンを振り返り、心変わりをすることはあるのだろうか。 2018.06.17 01:45 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:フランス 2-1 オーストラリア《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループC第1節、フランス代表vsオーストラリア代表が16日にカザン・アリーナで行われ、2-1でフランスが勝利した。 ▽フランス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180616_19_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ロリス 5.5 PKは被弾したがその他の場面では安定のパフォーマンス DF 2 パヴァール 5.5 前半は攻撃にも絡んだが、後半からは徐々にフェードアウト 4 ヴァラン 6.0 ヴァランの脅威になる相手はいなかった 5 ユムティティ 5.5 言い訳のできないハンドでPKを与えてしまった 21 リュカ 5.5 右サイドで攻守に貢献 MF 13 カンテ 6.0 中盤での存在感はさすがの一言 6 ポグバ 6.5 決勝点を挙げるなど攻撃の中心として活躍 12 トリッソ 5.5 ポグバやカンテをサポート。攻守で良い働きを見せた (→ マテュイディ -) FW 10 ムバッペ 5.5 序盤からチャンスに絡み相手の脅威になり続けた 7 グリーズマン 6.5 自身で得たPKで得点をマーク。その他シュートやパスでチャンスを演出 (→ ジルー 5.0) あまりボールに触れることが出来ず。高さも生かせなかった 11 デンベレ 5.0 周囲との息が合わなかった (→ フェキル 5.5) 才能の片鱗を見せた 監督 デシャン 5.5 リスクを冒さない采配でフランスに勝利をもたらした ▽オーストラリア採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180616_19_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ライアン 5.5 初っ端にピンチを凌ぐなど安定していたが2失点… DF 19 リズドン 5.0 グリーズマンを倒してしまいPKを献上 5 マーク・ミリガン 5.5 集中した守りを見せていた 20 セインズベリー 5.5 こちらも集中していたが相手との個の差が出たか 16 ベヒッチ 5.5 攻撃に積極的に参加したが、守備ではムバッペを止められなかった MF 15 ジェディナク 5.5 PK弾でフランスに食らいついた 23 ロギッチ 5.0 攻撃のタクトを振るったが効果的なパスは出せず (→ アーバイン 5.0) 途中出場も見せ場作れず 13 ムーイ 5.5 豊富な運動量でオーストラリアの堅い守備を築いた FW 7 レッキー 5.5 右サイドから果敢に仕掛けたが… 10 クルーズ 5.0 武器のスピードを生かす場面はほとんどなかった (→ アルザニ -) 11 アンドリュー・ナバウト 4.5 存在感が希薄だった。前線でターゲットにもなれず (→ ユリッチ 5.0) 高さを生かそうとするもヴァランやユムティティの壁はさらに高かった 監督 ファン・マルバイク 5.0 組織的な守備を見せていたが個の力では適わなかった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ポグバ(フランス) ▽序盤から効果的なパスを生み、フランスの中盤に君臨。カンテやトリッソのサポートを得ながら自由に攻撃参加し、決勝点を決めてみせた フランス 2-1 オーストラリア 【フランス】 グリーズマン(後13[PK]) ポグバ(後35) 【オーストラリア】 ジェディナク(後17[PK]) 2018.06.16 21:06 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース