FWラカゼットやDFズマが復帰! フランス代表が招集メンバー26名を発表!!《ロシアW杯欧州予選》2017.05.18 23:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランスサッカー連盟(FFF)は18日、来月に行われる2018年ロシア・ワールドカップ欧州予選と国際親善試合に臨むフランス代表メンバー26名を発表した。

▽今回のメンバーには、FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー)やFWオリヴィエ・ジルー(アーセナル)、MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)、MFディミトリ・パイエ(マルセイユ)、DFローラン・コシエルニー(アーセナル)など主力に加え、3月の代表戦でA代表デビューを果たし今季リーグ・アン新人王に輝いたFWキリアン・ムバッペ・ロタン(モナコ)も選出された。

▽また、3月の代表戦では負傷のためメンバーを外れていたFWアレクサンドル・ラカゼット(リヨン)やDFクルト・ズマ(チェルシー)、所属クラブで出場機会を減らしていたMFムサ・シッソコ(トッテナム)らが復帰を果たしている。

▽ロシアW杯欧州予選でグループAに属するフランスは、第5節終了時点で4勝1分けの首位に立っている。今回の代表ウィークでは、6月2日にホームでパラグアイ代表と国際親善試合を、同9日にはアウェイでスウェーデン代表とロシアW杯欧州予選を行う。今回発表されたフランス代表メンバー26名は以下のとおり。

◆フランス代表メンバー26名
GK
ウーゴ・ロリス(トッテナム/イングランド)
ブノワ・コスティル(スタッド・レンヌ)
アルフォンス・アレオラ(パリ・サンジェルマン)

DF
クリストフ・ジャレ(リヨン)
プレスネル・キンペンベ(パリ・サンジェルマン)
バンジャマン・メンディ(モナコ)
ジブリル・シディベ(モナコ)
クルト・ズマ((チェルシー/イングランド)
ローラン・コシエルニー(アーセナル/イングランド)
サミュエル・ユムティティ(バルセロナ/スペイン)
リュカ・ディーニュ(バルセロナ/スペイン)
ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリー/スペイン)

MF
エンゴロ・カンテ(チェルシー/イングランド)
ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ムサ・シッソコ(トッテナム/イングランド
トマ・ルマール(モナコ)
ブレーズ・マテュイディ(パリ・サンジェルマン)
アドリアン・ラビオ(パリ・サンジェルマン)
コランタン・トリッソ(リヨン)

FW
アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー/スペイン)
オリヴィエ・ジルー(アーセナル/イングランド)
ウスマーヌ・デンベレ(ドルトムント/ドイツ)
ディミトリ・パイエ(マルセイユ)
フロリアン・トヴァン(マルセイユ)
アレクサンドル・ラカゼット(リヨン)
キリアン・ムバッペ・ロタン(モナコ)

コメント

関連ニュース

thumb

万能型ストライカー・グリーズマンを支える新パートナー

▽ドリブル、シュート、パス──攻撃に関わる全ての能力を高水準で持ち合わせるポリバレントなFWアントワーヌ・グリーズマン。この数年で飛躍的に注目を集めたストライカーの進化は止まらない。 ▽フランスにルーツを持つグリーズマンは、13歳で海を渡りレアル・ソシエダの下部組織に加入。18歳でトップチームデビューを果たし、2014年からアトレティコ・マドリーのエースとして活躍している。 ▽グリーズマンが高く評価されている理由は、攻撃能力の総合的な高さだ。スピードとドリブルスキルに特徴があったグリーズマンは、元々サイドアタッカーとしてプレーしていた。しかし、グリーズマンは移籍を機にセンターフォワードとしてプレー。2トップの一角に入ると、足元の技術の高さを活かしたプレーで攻撃の組み立てにも参加。さらに、精度の高いシュートでゴールを量産。移籍1年目でリーグ戦22ゴールを記録した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://d00030400.gamecity.ne.jp/cws/lite/puma20170629_griezmann.gif" style="max-width: 100%;"></div>▽一気にスターダムを駆け上がっているグリーズマンだが、新シーズンはプーマが新たに発表した「PUMA ONE(プーマワン)」を着用することになる。「PUMA ONE」は“全てのプレーヤーのニーズに応えることができる究極のスパイク”をコンセプトに開発されたもの。「FAST(加速)」、「FIT(フィット感)」、「FEEL(タッチ感)」に優れており、総合力が高いグリーズマンの力を最大限に発揮させるものとなるだろう。 ▽移籍も取り沙汰されたグリーズマンは、チームへの残留を決断。全ての力を引き出す新スパイク「PUMA ONE」を履いたグリーズマンの活躍に注目だ。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/Q1mzaS" target="_blank">「PUMA ONE」公式サイトはこちら</a><hr></div> 2017.07.06 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ノエル・ギャラガーが粋なお誘い! フランスvsイングランドで自身の曲を熱唱した仏軍楽隊員をコンサートに招待

▽イギリスの世界的ロックバンド、オアシスの元メンバーであるノエル・ギャラガーが、先日のフランス代表vsイングランド代表で自身作曲の名曲を熱唱したフランス軍楽隊員をコンサートに招待した。フランス『AFP』が伝えている。 ▽13日にスタッド・ド・フランスで行われたフランスvsイングランドのフレンドリーマッチでは、5月22日にマンチェスターで起きたテロ事件の犠牲者を追悼するため、試合前にフランス軍楽隊員によってオアシスの名曲「ドント・ルック・バック・イン・アンガー(Don't look back in anger)」が演奏された。 ▽先日にマンチェスターで行われた追悼コンサートでもコールドプレイのクリス・マーティンやノエルの実弟でオアシスの元メンバーのリアム・ギャラガーによって歌われた同曲は、犠牲者追悼の象徴となっており、フランス軍楽隊員によって演奏された際にはスタジアムにエモーショナルな空気をもたらしていた。 ▽この演奏時、制服姿でエレキギターを鳴らしながら熱唱したジャン=ミシェル・ムキルさんが大きな話題となりノエル本人に伝わると、ノエルは来月にスタッド・ド・フランスで行われる自身出演のコンサートにムキルさんを招待した。なお、ノエルが率いるノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズは、U2の前座としてステージに立つ予定だ。 ▽ムキルさんはノエルからの粋な誘いを受けて、「とても驚いたよ。観客の一人として曲を聞けるなんて最高だね。今日は警察学校の式典に来た。気温が35度もあって大変な一日になると思っていけど、素晴らしい知らせが届いたよ」と、喜びのコメントを残している。 ▽なお、コンサート関係者によると、現時点でムキルさんとノエルのステージ上での共演の可能性はないとのことだが、観客からの熱烈な要請によって急きょ舞台がセッティングされる可能性は十分にあるはずだ。 ◆熱唱するムキルさん https://streamable.com/5bqns 2017.06.16 21:37 Fri
twitterfacebook
thumb

フランスサッカー連盟会長、ジダンが代表監督に就任する可能性に言及「いつか興味を示すだろう」

フランスサッカー連盟(FFF)のノエル・ル・グラエ会長が、レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダンが将来的にフランス代表の指揮官を務めるだろうという見解を『ラジオ・モンテカルロ(RMC)』に対して語った。<br><br>ジダン監督は2015-16シーズンの途中からレアル・マドリーを率いると、チャンピオンズリーグを制覇。2016-17シーズンは5季ぶりのリーグ制覇を成し遂げると、史上初のCL連覇を達成した。ル・グラエ会長はジダン監督について以下のように語った。<br><br>「必然的なことだ。いつか彼は(代表監督に)興味を示すだろう。しばらくの間、彼はレアルに多くの貢献をすることになるだろう。クラブと彼は完璧なコンビネーションを成している」<br><br>「彼がやっていることは信じられないよ。2、3年前に彼と話をしたんだけど、その時に私はボルドーとかそういう所に行くことを強く勧めたんだ。監督としてのキャリアはリーグ・アンなどの規模が大きくないクラブでスタートさせるべきだと思っていたよ」<br><br>提供:goal.com 2017.06.15 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ロリスがフランス代表チームメートのポグバを称賛し、さらなる飛躍を確信

ウーゴ・ロリスがフランス代表のチームメートであるポール・ポグバを絶賛した。『テレグラフ』が報じている。<br><br>ポグバは2016年夏にユベントスからマンチェスター・ユナイテッドへと移籍した。公式戦51試合に出場し、9ゴールを記録。チームのEFLカップ制覇とヨーロッパリーグ優勝に大きく貢献した。しかし、8900万ポンド(約124億円)という莫大な移籍金から、金額に見合うパフォーマンスができていないという指摘を度々受けてきた。しかし、ロリスは13日に行われ、3-2で勝利したイングランドとの親善試合後、ポグバについて以下のように語っている。<br><br>「能力を証明しなければならない場面もあった。彼は世界でもトップレベルのクラブに加入して、プレミアリーグでプレーしているのだからね。彼は自分のレベルを示す必要があった。イングランド戦のポグバは素晴らしかった。中盤でボールの組み立てをうまく助けてくれた。これからもどんどん成長することに何の疑いもないよ」<br><br>ポグバは2017-18シーズン、プレミアリーグとチャンピオンズリーグを舞台にどのような活躍を見せるのだろうか。なお、ユナイテッドはプレミアリーグ第1節ではウェストハムと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.15 15:48 Thu
twitterfacebook
thumb

サウスゲイト、ヴァランの退場は妥当としながらも「ビデオ判定は100%ではない」

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督は、フランス代表のDFラファエル・ヴァランを退場にしたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判断は正しいと語っている。<br><br>13日にサンドニで行われた国際親善試合のフランス代表vsイングランド代表で、ヴァランはボックス内でMFデレ・アリを倒し、すぐさま主審のダヴィデ・マッサ氏がフランス代表DFにレッドカードを提示。微妙な判定ということもあり、主審はVARに確認を取ったが、ビデオ・アシスタント・レフェリーもこの判定を支持していた。<br><br>これを受け、サウスゲイト監督はレポーターに「あの場面を見返してはいない。しかし、あの判定は間違いではないと思っている。あの一連のプレーは明らかなペナルティで、レッドカードだ。しかし反対の意見があるようなら、私はもう一度見返そうと思う」と主審とVARが下した判定は妥当だと言及。<br><br>続けて「レフェリーは自分たちの判定を確かめたいと思っているはずだ。それにそのテクノロジーを使うことは賢明な判断だと言える。しかし、いくらビデオを用いても100%正しい判定が得られるわけではない。誰でもそうだが、常に正しい決定はできない」とビデオ判定に関する考えを語っている。<br><br>提供:goal.com 2017.06.15 13:30 Thu
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース