超ワールドサッカー

【U-20日本代表レーダーチャート】冨安と中山の絶対軸でまわる最終ライン〜DF編〜2017.05.18 22:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽20日に開幕を迎えるFIFA U-20ワールドカップ。U-20日本代表は、2007年のカナダ大会以来5大会ぶり9度目の出場となる。

▽1999年のナイジェリア大会で残した準優勝超えを目指すべく、内山篤監督が21名を選出。超WSでは、今回U-20日本代表に選出された全21名をチャートと一緒に紹介する。

【DF編】
板倉滉(川崎フロンターレ)/186cm/75㎏

【編集部短評】
▽センターバックとボランチの両方をこなす大型選手。ビルドアップ能力にも長けており、ゴール前に顔を出す意外性も魅力の1つ。

中山雄太(柏レイソル)/181cm/76㎏

【編集部短評】
▽器用さとクレバーさを併せ持つ左利きのディフェンスリーダー。プロ2年目の昨季はJ1で26試合に出場し、経験・実績ともに十分だ。

初瀬亮(ガンバ大阪)/175cm/64㎏

【編集部短評】
▽両足から繰り出す正確無比のキック精度はACLでも証明済み。ピッチ内外でムードメーカーとしても期待大。

藤谷壮(ヴィッセル神戸)/178cm/62㎏

【編集部短評】
▽チーム屈指の瞬発力で右サイドを制圧する超攻撃的サイドバック。90分間繰り返すアップダウンと高精度なクロスで決定的な仕事もこなす。

舩木翔(セレッソ大阪)/177cm/65㎏

【編集部短評】
▽好判断な攻め上がりと正確なパスで最後尾から攻撃を構築。昨年の高円宮杯プレミアリーグWESTでは得点王争いに絡むなど点も獲れる左サイドバックだ。

杉岡大暉(湘南ベルマーレ)/182cm/75㎏

【編集部短評】
▽ボール奪取能力に長けた安定感あるDF。センターバックとサイドバックでのプレーが可能で、攻撃の組み立ても得意とする。

冨安健洋(アビスパ福岡)/188cm/78㎏

【編集部短評】
▽屈強な体格と危機察知能力で攻撃の芽を摘む潰し屋。昨季には17歳にしてプロ契約し、J1で10試合に出場した。

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:U-20日本代表 2-2 U-20イタリア代表《U-20W杯》

U-20日本代表は27日、FIFA U-20ワールドカップ(W杯)グループD最終節のU-20イタリア代表戦に臨み、2-2のドローに終わった。この結果、日本の3位でのベスト16入りが決定。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽U-20日本代表採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170527_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 小島亨介 5.5 終わってみれば序盤のみの2失点 DF 6 初瀬亮 5.5 2失点に絡んだ序盤を含めて守備面で印象が悪い。ただ、後方からのフォローで堂安をサポートした点は評価 5 冨安健洋 6.0 尻上がりに安定。カバーリングや対人プレーで巧みな対応を見せた 3 中山雄太 6.0 総じて安定した守備を披露。最終ラインを統率した 15 杉岡大暉 6.0 今大会初出場で初先発で徐々に安定感。守備に重きを置きつつ、後半に勇気を持った攻め上がりを見せた MF 7 堂安律 7.0 日本の窮地を救う2発。まさにエースに相応しい活躍を披露した 17 市丸瑞希 6.0 堂安、初瀬と生かし生かされの関係を構築。出し手としてだけでなくミドルシューターとしても存在感 16 原輝綺 6.0 市丸とバランスを取りながらプレー。リスク管理を意識しながら中盤の広範囲をケア 11 遠藤渓太 6.0 高精度のクロスから堂安のゴールを演出。仕掛けとクロスでアクセントに FW 13 岩崎悠人 5.5 前線からの追回しでプレッシャー。チームプレーに徹した 14 田川亨介 5.5 岩崎と共にボールを引き出す動きと守備で黒子に 監督 内山篤 6.0 杉岡の左サイドバック起用的中。大会前から掲げていた最低目標のベスト16入りを成し遂げ、世界での戦いを継続 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 堂安律(U-20日本代表) ▽2点ビハインドを追うチームを窮地から救う2発。特に、ドリブルで相手数人を抜き去ってからの2点目は圧巻だった U-20日本代表 2-2 U-20イタリア代表 【U-20日本代表】 堂安律(前22、後5) 【U-20イタリア代表】 オルソリーニ(前3) バニコ(前7) 2017.05.27 21:56 Sat
twitterfacebook
thumb

堂安躍動2発の日本、イタリアに2点差から追いつき16強入り《U-20W杯》

▽U-20日本代表は27日、FIFA U-20ワールドカップ(W杯)グループD最終節のU-20イタリア代表戦に臨み、2-2のドローに終わった。 ▽先のウルグアイ戦を0-2で落とした日本は1勝1敗のグループ3位に位置。最終節では、同勝ち点で並ぶイタリアと激突する。日本の突破条件は、引き分け以上で決勝トーナメント進出となる。先発は、ウルグアイ戦から4人を変更。ウルグアイ戦で左ヒザに重傷を負った小川の代役を田川が務め、左サイドハーフに遠藤、両サイドバックに初瀬、杉岡が起用された。 ▽田川、岩崎の2トップでスタートした日本。立ち上がりからリスク管理に気をつけつつ、先取点を目指したいところだったが、早々に失点する。3分、自陣右サイドの裏をファビッリに取られると、クロスに反応したオルソリーニにゴール中央への飛び込みを許して、そのままネットを揺らされてしまう。 ▽キックオフ早々の失点という嫌な流れで立ち上がった日本は、その4分後にも被弾する。7分、自陣バイタルエリア中央左寄りの位置でFKのチャンスを与えると、キッカーのカッサータがトリックプレーをチョイス。ボックス右でボールを受けたパニコが落ち着いて沈め、イタリアに容易くリードを許した。 ▽しかし、立ち上がりに失点を重ねた日本も、後方からのビルドアップとコンビネーションサッカーで反撃。自陣に引いたイタリアを攻め立てる中、22分には遠藤が左サイドの敵陣中央から右足で蹴ったクロスに対して。最終ラインの背後を取った堂安が精一杯に伸ばした左足でボールを押し込んだ。 ▽1点を返した日本は、その後もイタリアのペースダウンに乗じて攻勢。堂安を軸に攻勢を強める中、41分には右サイドでの組み立てからバイタルエリアのスペースでボールを受けた市丸がカットインから左足を一閃。しかし、相手の守備をこじ開けられず、、1点ビハインドでハーフタイムを迎えた。 ▽1点を追いかける日本は、交代なしで勝負の後半へ。すると、その後半立ち上がりの50分、堂安が躍動する。市丸から縦パスを受けた堂安がボックス右に侵攻。細かいタッチでイタリア守備陣4人を次々とか抜き去り、飛び出してきた相手GKとの一対一も動じることなく、ボールを流し込んだ。 ▽堂安の個人技から試合を振り出しに戻した日本は、その後も優勢に進めるが、引き分けでも突破が決まるイタリアもバランスを気にしてか、攻撃に力を注ぐ素振りなし。結局、トーンダウンした試合は2-2の引き分けに終わった。 ▽この結果、イタリアは2位で決勝トーナメント進出が確定。3位でグループステージでの戦いを終えた日本は、グループA3位のU-20アルゼンチン代表、グループB3位のU-20ドイツ代表の成績を上回り、決勝トーナメント進出を果たした。 2017.05.27 21:55 Sat
twitterfacebook
thumb

グループCはザンビアに次いでポルトガルが2位通過! 3位のコスタリカも突破が決定《U-20W杯》

▽27日、FIFA U-20ワールドカップのグループC最終節のU-20ポルトガル代表vsU-20イラン代表が行われ、2-1でポルトガルが勝利した。 ▽ここまで1分け1敗で勝利がなく3位につけるポルトガルと、1勝1敗で2位につけるイランの対戦。試合は序盤にイランがチャンス。4分、左CKからのクロスをシェカリがニアサイドでヘッド。これがネットを揺らし、イランが先制。早々に失点したポルトガルだが、なかなか攻め手を見つけることができず、1点ビハインドで前半を終える。 ▽それでも迎えた54分、ポルトガルは相手のミスを見逃さない。右CKからクロスを上げると、飛び出したGKがパンチングミス。こぼれ球を拾ったゴンサウベスがボックス内から冷静にコースを狙うと、弧を描いたシュートが右隅に決まり、ポルトガルが同点に追いつく。 ▽同点に追いついたポルトガルだったが、相手選手のシュートがボックス内で手に当たっとしPKを献上かと思われる場面も。しかし、VARを利用して確認した結果ハンドは認められず、事なきを得る。すると86分、右サイドを仕掛けると、ボックス内右からシャンで・シウバがクロス。これがブロックに入った相手DFに当たってラインを超え、逆転に成功。そのまま逃げ切り、2-1でポルトガルが勝利。この結果、イランを抜いてグループ2位となり、グループステージ突破が決定した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170527_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、もう1試合のU-20コスタリカ代表vsU-20ザンビア代表は1-0でコスタリカが勝利した。すでにグループステージ突破を決めているザンビアと最下位のコスタリカが対戦。コスタリカは15分、ボックス内右でマリンが倒されPKを獲得。キッカーのダリーのシュートはGKバンダに止められるも、跳ね返りを落ち着いて流し込んでコスタリカが先制する。 ▽コスタリカはリードして後半を迎えると、レアルがボックス内で倒され再びPKを獲得。このPKをレアルが蹴るも、左ポストに嫌われ追加点を奪えない。その後はザンビアが猛攻を仕掛けると、一度はゴールネットを揺らすもVARによりオフサイドが取られ取り消しに。結局1-0でコスタリカが勝利し、グループ3位に浮上。3位チームの中で暫定首位に立ち、グループステージ突破が決定した。一方、ポルトガルに敗れていたイランはこの結果4位となり、グループステージ敗退が決定している。 ◆グループC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">U-20ポルトガル代表 2</span>-1 U-20イラン代表 【ポルトガル】 ゴンサウベス(後9) シャンデ・シウバ(後41) 【イラン】 シェカリ(前4) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">U-20コスタリカ代表 1</span>-0 U-20ザンビア代表 【コスタリカ】 ダリー(前15) 2017.05.27 21:38 Sat
twitterfacebook
thumb

【U-20日本代表プレビュー】エース離脱の逆境を乗り越えられるか、団結力問われるイタリア戦《U-20W杯》

▽U-20日本代表は27日、日本時間20時にキックオフを迎えるU-20ワールドカップ(W杯)のグループD最終節でU-20イタリア代表と対戦する。グループ突破を懸けた一戦だ。 <span style="font-weight:700;">◆ウルグアイに力負け</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170527_8_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽U-20南アフリカ代表との初戦を白星で飾った日本はその勢いに乗り、24日に行われた第2節でU-20ウルグアイ代表と激突した。しかし、結果は0-2の完封負け。FW小川航基の負傷交代というエクスキューズもあったが、したたかで隙なしのウルグアイに力負けした。 <span style="font-weight:700;">◆ウルグアイに続く強者イタリア</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170527_8_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽対するイタリアは、ウルグアイとの初戦を落としたものの、第2節で南アフリカを2-0で撃破。個々の質に加えて、組織力で格の違いを見せつける形の勝利であり、日本との最終節にグループステージ突破の可能性を残した。日本にとって、ウルグアイに続き格上の相手であることは間違いない。 <span style="font-weight:700;">◆負けても突破の可能性</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170527_8_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽グループDは、イタリアと日本を連破したウルグアイの決勝トーナメント進出が確定。残る焦点は、日本とイタリアのどちらが自力突破を決めるかだ。無論、1勝1敗同士の対戦となる日本vsイタリアの勝者は無条件で自力突破となる。 ▽仮に引き分けた場合、イタリアの2位通過、日本の3位が確定。しかし、6グループの各3位のうち成績上位4カ国がベスト16進出というレギュレーションにより、日本は引き分け、あるいは敗戦であっても結果次第で突破の可能性がある。 <span style="font-weight:700;">★予想フォーメーション</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170527_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽布陣は初戦から3試合連続の[4-4-2]が濃厚。この試合で最も注目されるのは、ウルグアイ戦で左ヒザ前十字じん帯断裂および半月板損傷の重傷を負った小川の代役だ。前日練習を見る限り、イタリア戦はFW岩崎悠人の相方として、FW田川亨介の出場濃厚。そのほか、左サイドハーフにMF遠藤渓太、両サイドバックにDF初瀬亮、DF杉岡大暉の起用が見込まれている。 <span style="font-weight:700;">★リスクマネジメントを優先</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170527_8_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ここまで1失点しか喫していないイタリアの守備陣を崩すのは容易ではない。最悪、引き分けでも3位突破の可能性もあるだけに、内山監督も「バランスを崩してカウンターを喰らうのは避けたい」と慎重な戦い方を示唆。リスクマネジメントが1つの鍵となる。 ▽そのため、攻撃面においても守備に片足を置いたカウンター主体になりそうだ。それは、船木よりも攻撃面で劣るものの、守備面に秀でた杉岡の左サイドバック起用や、スピードに長けた田川の前線抜擢にも現れている。チームの団結力が試される一戦だ。 ▽最後に、日本が先のウルグアイ戦で露呈した強敵に対する気持ちの部分でのアプローチが気になるところ。気遅れしてか、消極的なプレーに走ってしまう悪癖は、勝負に挑む上で致命傷だ。ウルグアイ戦の反省を生かして、メンタルを整えて試合に入りたい。 2017.05.27 13:00 Sat
twitterfacebook
thumb

グループA、韓国に勝利したイングランドが首位通過《U-20ワールドカップ》

▽FIFA U-20ワールドカップのグループA最終節が26日に行われた。 ▽U-20イングランド代表vs U-20韓国代表は1-0でイングランドが勝利した。ここまで1勝1分けのイングランド代表と、2連勝と勢いに乗る韓国代表が相まみえた。イングランドは、トッテナムのオノマーやリバプールのエジャリア、エバートンのカルバート=ルーウィンらが先発。一方、すでにグループステージ突破を決めている韓国は、2戦連続ゴール中にバルセロナ下部組織所属のイ・スンウとペク・スンホを温存した。 ▽一進一退の前半をゴールレスのまま折り返し、スコアが動いたのは56分だった。右サイドからのクロスにニアサイドで合わせたエバートン所属のドーウェルが決めてイングランドが先制する。対する韓国もイ・スンウとペク・スンホを投入し、惜しいチャンスもつくる。だが、キレのある仕掛けを見せるルックマンがポスト直撃のシュートを放つなど、イングランドも相手を脅かす。その後、韓国は同点弾を狙うもイングランドが逃げ切り。この結果、イングランドが首位通過を決めている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170526_37_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、U-20ギニア代表vsU-20アルゼンチン代表は、0-5でアルゼンチンが勝利した。ここまで1分け1敗のギニア代表と、2連敗中と後がないアルゼンチンが対戦。アルゼンチンは33分に右サイドからの折り返しを正面のトーレスが決めると、43分にはラウタロ・マルティネスが見事なミドルシュートで2点目。後半に入っても、サラチョ、セネシ、そしてラウタロ・マルティネスがこの日2ゴール目を記録し、5得点で大勝した。初勝利で勝ち点3としたアルゼンチンは、他グループの3位との成績いかんで決勝トーナメント進出する可能性が残されている(※6グループの各組3位のうち、成績上位4チームが決勝トーナメント進出)。 ◆グループA最終節 U-20ギニア代表 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">5 U-20アルゼンチン代表</span> 【アルゼンチン】 トーレス(前33) ラウタロ・マルティネス(前43,後34) サラチョ(後5) セネシ(後29) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">U-20イングランド代表 1</span>-0 U-20韓国代表 【イングランド】 ドーウェル(後11) 2017.05.26 23:22 Fri
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース