G大阪、8月13日開催の磐田戦で「太陽の塔」とコラボ…選手は記念ユニフォーム着用2017.05.18 18:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽ガンバ大阪は18日、8月13日に市立吹田サッカースタジアムで18時半にキックオフする明治安田生命J1リーグ第22節のジュビロ磐田戦にて、「太陽の塔」とのコラボを中心とした試合連動イベント『GAMBA EXPO』を開催することを発表した。

▽同イベントは、大阪府日本万国博覧会記念公園事務所、公益財団法人岡本太郎記念現代復興財団の協力により実現。岡本太郎の傑作である「太陽の塔」とのコラボによるシナジーを発揮し、多くの人にスポーツが持つ力を知ってもらい、感動や夢をもたらすことを目的に開催される。

▽当日、G大阪の選手たちは「太陽の塔」がプリントされた記念ユニフォームを着用。ビジター席を除く観戦者全員に、選手着用デザインをベースとした『GAMBA EXPO』限定の記念ユニフォームシャツが配布される他、1970年日本万国博覧会入場券を模した記念チケットの販売や、事前プロモーション企画も実施予定となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

【J1クラブ中間評価】勢い不足もスロースターター癖克服でノルマクリア《ガンバ大阪》

▽2017シーズンの明治安田生命J1リーグは早くも折り返し地点に。DAZNマネーで増加した分配金などを巡る争いも背景に存在していることから、優勝争いのみならず、例年以上に戦いが激化している。超ワールドサッカー編集部は、このタイミングでJ1全18クラブを中間評価。今回はガンバ大阪編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆ノルマはクリア</span> <span style="font-weight:700;">勝ち点32 / 9勝5分3敗</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/gamba_senseki.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽長谷川健太体制5年目の今シーズンは、例年露呈してきた春先のスロースターター癖を克服。順位表でも4位に位置し、上位で折り返すことに成功した。さらに、開幕前に掲げられた「30〜35」の勝ち点ノルマもクリア。「総得点31、総失点16」という数字が、攻守両面の安定感を物語っている。 ▽結果とは裏腹に苦しい戦いが続いたものの、「まずは結果」という共通理解の下、ベンチメンバーを含めた「総力戦」を体現。長谷川ガンバを象徴する手堅い戦いが光った。しかし、連勝は最高で「2」。優勝争いを演じる上でカギとなる勢いが不足したまま後半戦を迎えるのは不安材料だ。 <span style="font-weight:700;">◆ポジション別採点</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201707gamba_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>【GK&DF】90/100点満点 ▽折り返しの第17節終了時点で試合数を下回る16失点。合格点の内容だ。個人の働きに目を向けても、新加入ながらセンターバックコンビを組むDF三浦弦太とDFファビオが早々にフィットした上に躍動。GK東口順昭も圧巻のショットストップで守護神たる所以を示した。誤算だったのは、ケガで起用目処が立たないDF米倉恒貴ぐらい。全体的には申し分ない出来と言える。 【MF】80/100点満点 ▽MF倉田秋やMF井手口陽介、MF今野泰幸を筆頭に、ゴールやアシストでチームの攻撃をリード。加齢から適正ポジションが定まずにいるMF遠藤保仁の現状を除けば、合格点を与えても差し支えないだろう。また、MF藤本淳吾や新戦力のMF泉澤仁もアクセントとなる働きを披露し、この中盤が点取り屋なき前半戦の攻撃陣をかなり助けた。 【FW】40/100点満点 ▽明らかに物足りない。FWアデミウソン、FW赤崎秀平、FW呉屋大翔が軒並み機能不全の中、FW長沢駿が6ゴールでひとり気を吐く状況。とはいえ、長沢においても周囲をサポートする動きが不十分で、確固たる軸が見当たらなかった。今夏加入のFWファン・ウィジョはフィニッシュワークに長けた万能型ストライカーとの触れ込み。優勝に向けた後半戦の起爆剤としての活躍に期待したい。 <span style="font-weight:700;">◆超WS的前半戦チーム内GOODプレーヤー</span> DFファビオ(28歳/No.3)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201707gamba_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>明治安田生命J1リーグ:16試合(先発16回)/1ゴール ▽期待以上の働きを見せた三浦も捨てがたいが、ここはブラジル人ストッパーの働きぶりを評価したい。チームが攻撃的な姿勢を取り戻すべく、自陣で人数をかけて守るスタイルから脱却を目指す中、ディフェンスラインから圧倒的な対人スキルで存在感を発揮。さらに、三浦との関係性も良好で、出場数を見ての通り、長谷川監督の信頼も絶大だ。前半戦は、ファビオ抜きに語れないほど、存在感が際立っていた。 <span style="font-weight:700;">◆超WS的前半戦チーム内BADプレーヤー</span> FWアデミウソン(23歳/No.9) 明治安田生命J1リーグ:14試合(先発9回)/2ゴール ▽シーズン前の期待値が高かっただけに、失望感は強い。開幕から3試合で2得点と上々の滑り出しを見せたものの、ケガも相まって失速。3月以来、リーグ戦でのゴールが遠ざかっている。長谷川監督も根気よくチャンスを与え続けているが、個人の結果を求めるあまりに、利己的なプレーが散見。もちろん、絶対的な相棒の不在も影響しているだろうが、前半戦のパフォーマンスにおいては、落第点を付けざるを得ない。 <span style="font-weight:700;">◆軸となるスコアラーの確立を</span> ▽後半戦も引き続き優勝争いを演じるのであれば、チームを勢い付かせることのできる軸となるスコアラーの確立が最優先事項となる。前半戦の総得点数は「31」で上位に位置しているが、絶対的な点取り屋がいないことで、拮抗した試合でのポイントロスもしばしば。前半戦4位という数字は、ほとんど守備陣の頑張りに助けられた部分が多く、FW陣の働きにおいて不満が残る状況だ。現在の守備バランスを考えれば、より楽なゲーム展開に持ち込むためにも、得点源の確立を急ぎたい。 2017.07.24 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

一美2発でG大阪U-23が首位秋田の無敗記録を止める大金星!!《J3》

▽明治安田生命J3リーグの第17節の4試合が15日に行われた。 ▽16位のガンバ大阪U-23(勝ち点12)が万博記念競技場で、首位のブラウブリッツ秋田(勝ち点37)に2-1で勝利した。 ▽試合は立ち上がりから秋田が猛攻を仕掛けたが、G大阪U-23が一瞬の隙を突き先制に成功する。8分、ボックス手前左で一美がボールを持つと、ドリブルを選択。相手DFに囲まれながらも巧みな足さばきでボックス内へ侵攻し、右足でゴールへ流し込んだ。その後、27分に秋田がPKを獲得するも、GK林が見事な反応で弾き、チームのリードを守る。すると直後の31分、G大阪U-23がFKを獲得。キッカーの芝本がボックス内中央へ蹴り込むと、一美がこの日2得点目となるヘディングゴールを決めた。 ▽2点のビハインドを追う秋田はより攻勢を強めたが、GKの林がビッグセーブを連発。それでも、ここまで無敗を継続する首位チームは、折り返した75分に再びPKを獲得すると、キッカーの田中が落ち着いて決め、今季9得点目とした。その後も、攻勢を続けた秋田だったが、前半のリードを守り抜いたG大阪U-23の勝利で試合は終了。秋田は首位キープも開幕から16試合目で今季初黒星を喫した。 ▽その他の試合では、FC東京U-23がガイナーレ鳥取とのアウェイゲームで6-0の大勝を収めた。81分に久保建英に代わってJリーグデビューを飾ったリッピ・ヴェローゾは、その4分後の85分にいきなりデビューゴールを記録し、チームの大勝に大きく貢献した。 ▽7/15(土) AC長野パルセイロ 0-0 栃木SC ガイナーレ鳥取 0-6 FC東京U-23 ガンバ大阪U-23 2-1 ブラウブリッツ秋田 FC琉球 0-0 ギラヴァンツ北九州 ▽7/16(日) 《15:00》 福島ユナイテッドFC vs セレッソ大阪U-23 SC相模原 vs 鹿児島ユナイテッドFC アスルクラロ沼津 vs グルージャ盛岡 《17:00》 Y.S.C.C.横浜 vs 藤枝MYFC 2017.07.15 21:10 Sat
twitterfacebook
thumb

清水、痛快勝利で今季ホーム初連勝! G大阪は飛車角落ちの相手に黒星で今季初連敗《J1》

▽8日にIAIスタジアム日本平で行われた明治安田生命J1リーグ第18節の清水エスパルスvsガンバ大阪は、ホームの清水が2-0で勝利した。 ▽4勝6分け7敗の13位でリーグ戦を折り返した清水と、9勝5分け3敗の4位で後半戦を迎えたG大阪が激突した。 ▽この『クラブ創設25周年記念マッチ』で2試合ぶりの勝利を狙う清水は、出場停止の鄭大世、負傷離脱のチアゴ・アウベスといった攻撃の2枚看板が欠場。代わって、5日に30歳の誕生日を迎えた長谷川と、金子がスタートから起用された。 ▽一方、後半戦白星スタートを見据えるG大阪は、0-1で落とした前節の鹿島アントラーズ戦から中2日ということで、ローテーションを採用。藤春、今野、アデミウソン、長沢に代えて、初瀬、遠藤、泉澤、呉屋をスタメン起用した。 ▽試合は、開幕からアウェイ戦でわずか1敗のG大阪が立ち上がりからボールの主導権で巧者に。しかし、清水も13分、高い位置でのボール奪取からミッチェル・デュークがゴールに迫るなど、G大阪よりもスムーズな攻撃を展開する。 ▽ボールポゼッションで優位に立ちながらも攻撃の活路を探る状況が続くG大阪。20分を過ぎても、いっこうにシュートを打てずにいると、29分に被弾する。右CKから金子のクロスにファーサイドの松原が合わせ、清水が先制した。 ▽続く31分にも松原にネットを揺らされたG大阪だが、この場面はオフサイドの判定。しかし、G大阪がルーズボールの処理をもたついた40分には、竹内がボックス左深くから折り返し、鎌田のヘディングシュートで清水が2点目を手にした。 ▽2点ビハインドで試合を折り返したG大阪は、後半の頭から遠藤、初瀬を下げて、長沢、藤春を投入する2枚替え。テンポを上げて、倉田や長沢、泉澤、呉屋が積極的にシュートを放っていくが、GK六反の牙城を崩せない。 ▽72分に早くもアデミウソン投入で3枚目の交代カードを切ったG大阪。76分には、アデミウソンを起点にした攻撃から藤春の折り返しにニアサイドの長沢が頭で合わせるが、これも枠に飛ばせない。 ▽その後も波状攻撃を展開したG大阪だが、ファビオのパワープレーもむなしく、2戦連続の完封負けで今シーズン初の連敗。攻守に手堅さが光った清水は、今シーズン初のホーム連勝で後半戦白星スタートを切った。 2017.07.08 19:55 Sat
twitterfacebook
thumb

遠藤康の技あり弾で5連勝の鹿島が首位浮上!! G大阪撃破でJ史上初の前半戦アウェイ全勝《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第13節延期分のガンバ大阪vs鹿島アントラーズが5日に行われ、1-0で鹿島が勝利を収めた。 ▽勝利すれば首位に立つ可能性がある両チームの戦い。4位のG大阪(勝ち点32)は、1日に行われた第17節のベガルタ仙台戦(3-2)の先発メンバーから遠藤保に代えて、藤本を起用した。対する、4連勝中の3位鹿島(勝ち点33)は、第17節の柏レイソル戦(3-2)からクォン・スンテ、永木、レアンドロに代えて、曽ヶ端、小笠原、遠藤康を起用して試合に臨んだ。 ▽試合はホームのG大阪が立ち上がり1分、ボックス中央から倉田が狙うが枠を捉えることができない。 ▽中盤での潰し合いが続く中、16分にも再びG大阪にチャンス到来。敵陣中央の藤本からの中距離スルーパスを右サイドのアデミウソンが受けると、そのままボックス内に侵攻。そのまま右足を振り抜いたが、ゴールの左に逸れてしまった。 ▽対する鹿島は、中盤で細かくパスを繋ぎながら攻撃を組み立てるが、G大阪の最終ラインを崩すことができない。一方、長短のパスを用いた効率の良い攻めを見せるG大阪は27分、倉田のスルーパスに抜け出した長沢がGKと1対1の場面に。長沢はボールを浮かせてゴールを狙ったが、GK曽ヶ端のセーブに遭い、ゴールを奪うことが出来なかった。 ▽ここまで苦しい展開を強いられていた鹿島も31分に大きな決定機を迎える。右サイドの西がゴール前にグラウンダーのクロスを上げると、走り込んだ中村がダイレクトで合わせる。しかし、GK東口の正面に飛んでしまい、先制点とはならなかった。 ▽ゴールレスのまま試合を折り返すと、前半押し気味だったG大阪が攻勢を強める。50分、右サイドのオジェソクがゴール前に低いクロスを供給すると、ボックス中央の長沢がワントラップから反転してシュート。だが、ゴールの左に逸れてネットを揺らすことは出来ない。 ▽後半もこのままG大阪が試合のペースを握るかに思われたが、先制したのは鹿島だった。55分、ゴール前まで攻め込まれたG大阪はクリアを試みるも、ボックス手前で鹿島がボールを奪う。すかさず小笠原がDFのギャップを突いた見事なスルーパスをボックス右に侵攻した遠藤康に通すと、遠藤康はそこからシュートを選択。トーキック気味のシュートはゴールの右上隅を突き刺した。 ▽失点を喫したG大阪は69分、左サイドの藤春がゴール前のファーサイドにクロスを上げると長沢が丁寧に頭で落とす。これを藤本が合わせるが、上手く合わせることができず枠を外してしまった。 ▽その後は、追いつきたいと攻勢を強めるG大阪と、守りを固め逃げ切りを図る鹿島という試合展開で試合は終盤に。終了間際のG大阪の右CKでは、GK東口もゴール前まで上がるパワープレーを敢行。その流れから倉田がボックス中央でシュートを放つがDFが決死のクリアでゴールを許さず。こぼれ球に反応した東口がダイビングヘッドでゴールを狙うが、GK曽ヶ端がしっかりキャッチして試合はそのまま終了。1点のリードを守り切った鹿島が5連勝を飾り、単独首位に浮上。鹿島は史上初のアウェイ全勝で前半戦を終えた。 2017.07.05 21:11 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪、ファビオ加入後初ゴールで乱戦に決着で勝ち点3…仙台はホームでリーグ2連敗《J1》

▽1日にユアテックスタジアム仙台で行われた明治安田生命J1リーグ第17節のベガルタ仙台vsガンバ大阪は、アウェイのG大阪が3-2で勝利した。 ▽勝ち点21で12位の仙台と、1試合未勝利ながら同29で4位につけるG大阪が激突した。ホーム公式戦2連敗中でリーグ2試合未勝利の仙台は、7ゴールでチーム内得点トップのクリスランが3試合ぶりに先発。2試合ぶりの勝利を見据えるG大阪は、アデミウソンを第10節以来の先発でピッチに送り込んだ。 ▽試合を動かしたのはG大阪だった。9分、倉田のスルーパスを左サイドのスペースに引き出したアデミウソンがボックス左からグラウンダーのクロス。この対応に入った増嶋のクリアミスを誘い、G大阪が先制した。 ▽易々とG大阪にリードを許した仙台は、その後も攻守に不安定な戦いが続くと、11分にさらなる追い打ち。スリッピーなピッチに足を取られた永戸が足を痛め、早々に蜂須賀との交代を余儀なくされてしまう。 ▽G大阪ペースで進む展開の中、徐々に前でボールを奪う姿勢を強めた仙台が反撃。24分、西村の落としからバイタルエリア中央の三田が得意の左足でゴールを狙うが、GK東口のファインセーブに遭い、同点のチャンスを不意にする。 ▽それでも、攻撃の形を示し始めた仙台は41分、中野のサイドチェンジを受けた途中出場の蜂須賀が右サイドからカットイン。遠目から振り抜かれた左足の強烈なシュートは、またしてもGK東口の好守に阻まれた。 ▽1点リードながら後ろに重心を置く戦いを強いられ始めたG大阪。前半に頭を負傷したクリスランに代えてハーフタイム明けから奥埜を起用してきた仙台に対して、迎えた後半も押し込まれる展開が続き、我慢の時間が続く。 ▽そうした中、G大阪は70分にオ・ジェソクから右サイドでボールを受けた藤本が縦にスルーパス。不揃いな最終ラインに抜け出したアデミウソンの丁寧な横パスから井手口が右足インサイドで流し込み、G大阪が仙台を突き放した。 ▽水を差された仙台だが、76分に蜂須賀が右サイドの敵陣深くからクロスを供給すると、ゴール前でフリーの西村がプッシュ。1点差に詰め寄ると、80分には三田の右CKがゴール前に流れたところを大岩が押し込み、仙台が追いついた。 ▽試合を振り出しに戻した仙台は、その後も攻勢に出るが、G大阪が後半アディショナルタイム1分に底力を発揮。敵陣中央の位置でFKのチャンスを得ると、藤本の浮き球パスにファビオが頭で合わせ、G大阪が再びリードを手にする。 ▽結局、ファビオの移籍後初ゴールで仙台との乱打戦に決着をつけたG大阪が、2試合ぶりの白星で3戦負けなし。仙台は健闘もむなしく、ホームで痛恨のリーグ2連敗となっている。 2017.07.01 21:00 Sat
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース