超ワールドサッカー

トゥーロン国際大会に臨むU-19日本代表が発表《トゥーロン国際大会》2017.05.18 14:51 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本サッカー協会(JFA)は18日、第45回トゥーロン国際大会2017に参加するU-19日本代表のフランス遠征メンバー20名を発表した。

▽トゥーロン国際大会は今月29日に開幕。大会の出場資格は23歳以下の代表チームとなっているが、今年はU-20ワールドカップの日程と重なっていることもあり、U-19日本代表メンバーで臨む。

▽日本は、グループステージでイングランド代表、アンゴラ代表、キューバ代表と対戦。29日の初戦でキューバと対戦する。

▽U-19日本代表メンバー20名は以下のとおり。

GK
1.大迫敬介(サンフレッチェ広島ユース)
12.沖悠哉(鹿島アントラーズユース)

DF
20.三国スティビアエブス(順天堂大)
6.立田悠悟(清水エスパルス)
15.麻田将吾(京都サンガF.C.)
3.田中康介(立命館大)
4.橋岡大樹(浦和レッズユース)
5.杉山弾斗(市立船橋高)
2.中川創(柏レイソルU-18)

MF
17.佐々木匠(ベガルタ仙台)
13.吉尾海夏(横浜F・マリノス)
14.金子大毅(神奈川大)
10.住永翔(明治大)
7.針谷岳晃(ジュビロ磐田)
8.田中陸(柏レイソルU-18)
16.伊藤洋輝(ジュビロ磐田U-18)

FW
19.黒川淳史(大宮アルディージャ)
11.小松蓮(産業能率大)
9.安部裕葵(鹿島アントラーズ)
18.安藤瑞季(長崎総合科学大附属高)

コメント

関連ニュース

thumb

浦和レディースMF長野風花らU-19女子日本代表が発表!《アメリカ遠征》

▽日本サッカー協会(JFA)は8日、16日〜26日にかけて行われるアメリカ遠征に臨むU-19日本女子代表メンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、U-17女子ワールドカップの準優勝メンバーであるMF長野風花(浦和レッズレディース)やMF宮澤ひなた(星槎国際高湘南)、DF高橋はな(浦和レッズレディースユース)らが選出された。 ▽U-19日本女子代表は、アメリカでU-18アメリカ女子代表、U-19アメリカ女子代表とトレーニングマッチを行う。今回発表されたメンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆U-19日本女子代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 21.<span style="font-weight:700;">福田まい</span>(日体大FIELDS横浜) 1.<span style="font-weight:700;">鈴木あぐり</span>(マイナビベガルタ仙台レディース) 18.<span style="font-weight:700;">スタンボー華</span>(INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">DF</span> 5.<span style="font-weight:700;">宮川麻都</span>(日テレ・ベレーザ) 12.<span style="font-weight:700;">長嶋玲奈</span>(浦和レッズレディース) 4.<span style="font-weight:700;">南萌華</span>(浦和レッズレディース) 23.<span style="font-weight:700;">冨田実侑</span>(早稲田大) 15.<span style="font-weight:700;">小野奈菜</span>(日テレ・メニーナ) 3.<span style="font-weight:700;">高平美憂</span>(JFAアカデミー福島) 2.<span style="font-weight:700;">牛島理子</span>(日ノ本学園高) 13.<span style="font-weight:700;">高橋はな</span>(浦和レッズレディースユース) <span style="font-weight:700;">MF</span> 16.<span style="font-weight:700;">今井裕里奈</span>(日体大FIELDS横浜) 19.<span style="font-weight:700;">佐藤渚</span>(ニッパツ横浜FCシーガルズ) 6.<span style="font-weight:700;">福田ゆい</span>(INAC神戸レオネッサ) 7.<span style="font-weight:700;">佐藤瑞夏</span>(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) 17.<span style="font-weight:700;">鈴木紗理</span>(慶応義塾大) 10.<span style="font-weight:700;">長野風花</span>(浦和レッズレディース) 22.<span style="font-weight:700;">唐橋万結</span>(アルビレックス新潟レディース) 9.<span style="font-weight:700;">宮澤ひなた</span>(星槎国際高湘南) <span style="font-weight:700;">FW</span> 11.<span style="font-weight:700;">児野楓香</span>(日体大FIELDS横浜) 20.<span style="font-weight:700;">山田仁衣奈</span>(早稲田大) 8.<span style="font-weight:700;">目原莉奈</span>(日体大FIELDS横浜) 14.<span style="font-weight:700;">遠藤純</span>(JFAアカデミー福島) 2017.05.08 20:35 Mon
twitterfacebook
thumb

AFC U-19女子選手権の組み合わせが決定! 前回王者の日本は韓国、豪州、ベトナムと同組《AFC U-19女子選手権》

▽28日、10月に開催を予定しているAFC U-19女子選手権中国2017の組み合わせ抽選会が行われた。 ▽FIFA U-20女子ワールドカップフランス2018のアジア予選を兼ねている同大会には、8チームが参加。前回大会で優勝したU-19日本女子代表は、韓国、オーストラリア、ベトナムと同じグループBに入った。また、前回大会で2位だった北朝鮮は、中国、タイ、ウズベキスタンと同じグループAに組み込まれている。 ▽同大会は、10月15日(日)から28日(土)に開催予定。なお、上位3チームがFIFA U-20女子ワールドカップフランス2018への出場権が与えられる。 ▽U-19日本女子代表の池田太監督は、JFAの公式サイトに以下のようにコメントしている。 「こうして組み合わせが決定するとワールドカップに向けての気持ちが高まります。どのチームも力を持っていますが、日本らしくひたむきに戦い、全力で出場権を獲りにいきます。2月にチームを立ち上げてから、選手たちもさまざまな刺激と経験を積んで来ています。さらに競争することによって、たくましくなって10月を迎えられたらと思います」 ◆AFC U-19女子選手権組み合わせ 【グループA】 中国、北朝鮮、タイ、ウズベキスタン 【グループB】 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">日本</span>、韓国、オーストラリア、ベトナム 2017.04.28 20:48 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京U-18の15歳FW久保建英が飛び級招集…U-19日本代表の遠征メンバー発表《アルゼンチン遠征》

▽日本サッカー協会(JFA)は24日、今月下旬から来月12月の上旬にかけて行われるアルゼンチン遠征のU-19日本代表メンバーを発表した。 ▽今回は、FC東京U-18所属ながらすでに同U-23でJ3デビューを果たしている15歳のFW久保建英が初招集。一方で、同世代初優勝を飾った先のAFC U-19選手権でMVPに輝いたガンバ大阪のMF堂安律がメンバー外となった。 ▽アルゼンチン遠征は今月30日から来月10日まで実施。現地では、12月5日と同7日に予定されている2試合の国際親善試合でU-19アルゼンチン代表と対戦する。 <span style="font-weight:700;">◆U-19日本代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">1.小島亨介</span>(早稲田大学) <span style="font-weight:700;">12.山口瑠伊</span>(ロリアン/フランス) <span style="font-weight:700;">23.若原智哉</span>(京都サンガF.C.) <span style="font-weight:700;">DF </span> <span style="font-weight:700;">22.板倉滉</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">6.浦田樹</span>(FC琉球) <span style="font-weight:700;">3.中山雄太</span>(柏レイソル) <span style="font-weight:700;">16.岩田智輝</span>(大分トリニータ) <span style="font-weight:700;">4.町田浩樹</span>(鹿島アントラーズ) <span style="font-weight:700;">2.藤谷壮</span>(ヴィッセル神戸) <span style="font-weight:700;">19.舩木翔</span>(セレッソ大阪U-18) <span style="font-weight:700;">20.橋岡大樹</span>(浦和レッズユース) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">10.坂井大将</span>(大分トリニータ) <span style="font-weight:700;">8.三好康児</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">11.長沼洋一</span>(サンフレッチェ広島) <span style="font-weight:700;">17.市丸瑞希</span>(ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">18.遠藤渓太</span>(横浜F・マリノス) <span style="font-weight:700;">7.黑川淳史</span>(大宮アルディージャ) <span style="font-weight:700;">21.原輝綺</span>(市立船橋高校) <span style="font-weight:700;">15.渡辺皓太</span>(東京ヴェルディユース) <span style="font-weight:700;">5.冨安健洋</span>(アビスパ福岡) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">13.和田昌士</span>(横浜F・マリノス) <span style="font-weight:700;">9.小川航基</span>(ジュビロ磐田) <span style="font-weight:700;">14.久保建英</span>(FC東京U-18) 2016.11.24 17:15 Thu
twitterfacebook
thumb

飛び級招集の17歳FW中村駿太がU-20W杯出場を熱望「先輩たちに追いつきたい」《AFC U-19選手権》

▽10月31日、AFC U-19選手権で初優勝を成し遂げたU-19日本代表が開催地のバーレーンから帰国の途についた。 ▽過去4大会連続でU-20ワールドカップ(W杯)出場を逃してきた日本。しかし、5大会ぶりのU-20W杯出場権を獲得するとともに、史上7度目の決勝で同大会初優勝を成し遂げた。 ▽17歳ながらも3試合に出場し、準決勝では2得点を挙げたFW中村駿太(柏レイソルU-18)は帰国直後の取材に応対。グループステージ第2戦のU-19イラン代表戦での先発出場が「自信になった」と話した。 ▽また、次回大会への出場資格を持ちながら、今回飛び級で招集された中村は、この世代でのU-20W杯の出場も熱望。「先輩たちに追いつきたい」とさらなる成長を誓った。 <span style="font-weight:700;">◆FW中村駿太(柏レイソルU-18)</span> <span style="font-weight:700;">――第2戦のイラン戦では先発出場をしたが</span> 「正直、スタメンで出れると思っていなかったので、緊張したんですけど、監督が戦力として考えてくれているんだなと思えて自信がつきました」 <span style="font-weight:700;">――2得点を決めた準決勝のU-19ベトナム代表戦、岸本武流選手が決めた先制点のシーンでも面白い位置に走りこんでいたが</span> 「俺が行こうと思ったんですけど、『どけっ』て言われて(笑)。けど、あそこに反応できていたことで、今日は冴えてるなって思いました。最初から詰める位置にいたかったですけど、壁の前に入れたのと、一番早く反応できていたのは良かったと思います」 <span style="font-weight:700;">――(自身の)2点目のゴールは頑張ったご褒美のような得点であったが</span> 「2点目は斜めでボールを要求していたんですけど、それがずれて、ただワンチャン入れと思って詰めたら、良い感じで入りました」 <span style="font-weight:700;">――自分の狙いを持ったプレーが結果につながったか</span> 「そうですね。2点目の方が考えてプレーしたゴールでした。1点目は、どちらかというと、偶然自分がそこにいたという感じで、とにかくゴールが欲しかったので(DF初瀬亮がFKを)蹴った瞬間にゴール前に詰めてあそこのポジションにいました」 <span style="font-weight:700;">――最終的にどんな大会になったか</span> 「まだまだ自分の実力不足を感じました。もっともっと頑張って先輩たちに追いついてW杯のメンバーに入るために課題を一つ一つクリアしていきたいです」 2016.11.01 17:23 Tue
twitterfacebook
thumb

成長に貪欲なMF三好康児、幾度のチャンスを演出も「もっとゴールまで行ける力が欲しい」《AFC U-19選手権》

▽10月31日、AFC U-19選手権で初優勝を成し遂げたU-19日本代表が開催地のバーレーンから帰国の途についた。 ▽過去4大会連続でU-20ワールドカップ(W杯)出場を逃してきた日本。しかし、5大会ぶりのU-20W杯出場権を獲得するとともに、史上7度目の決勝で同大会初優勝を成し遂げた。 ▽MF三好康児(川崎フロンターレ)は帰国直後の取材に応じ、今大会では幾度のチャンスを演出しながらも「もっとゴールまで行ける力が欲しい」と貪欲な姿勢を口にした。 <span style="font-weight:700;">◆MF三好康児(川崎フロンターレ)</span> <span style="font-weight:700;">――今大会について</span> 「まずは優勝できてすごく嬉しいですし、W杯出場権の獲得という最低限の目標が達成できてうれしいです」 <span style="font-weight:700;">――優勝した気持ちを誰に伝えたいか</span> 「…誰もいないです(笑)。自分で噛みしめます」 <span style="font-weight:700;">――大会を通じて感じた、通用した部分と改善しなくてはいけない部分は</span> 「ドリブルだったり、パスだったりと打開できるところもありましたけど、もっとゴールまで行ける力っていうのが欲しいと思いましたし、一人でも得点を取りに行けるような打開力っていうのを身につけていきたいです」 <span style="font-weight:700;">――この経験をクラブでどのように還元していきたいか</span> 「良い意味で頭を切り替えて、また大事な戦いがありますし、チームと代表というのはやり方も違いますし、そういったところの切り替えっていうのを持って、勢いであったり良い部分をチームに還元できるようにやっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">――最終節のガンバ大阪戦に向けて</span> 「最終戦ですし、次につながる試合になるように、今大会は良い成績を残せましたが、切り替えてタイトルを獲れるように一からやっていきます」 2016.11.01 17:19 Tue
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース