インテル就任の噂が過熱するトッテナム指揮官が残留を明言「優勝を目指す」2017.05.18 13:06 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、来シーズンのインテル監督就任に関する憶測を会見で一蹴している。

先日監督の職を解かれたステファノ・ピオリ氏の後任として、インテルはポチェッティーノ監督に巨額のオファーを提示したと報じられ、この報道は多くのスパーズサポーターの悩みの種となっていた。トッテナムを率いて3シーズン目の同指揮官は、2シーズン連続でリーグ優勝を逃したものの、今季は2位フィニッシュを確定するなど、その手腕をいかんなく発揮している。

セリエA挑戦のうわさを受け、ポチェッティーノ監督は「本当にたくさんの憶測がある。しかし、私はクラブとの契約を全うする。ここから離れる理由など何もない。契約を破棄できる条項も含まれていない。だから来シーズンもこのクラブにいる。プレシーズンが始まる7月3日に私の姿を確認できると思う。だから心配する必要はない」と2021年までスパーズで指揮を執ることを強調している。

さらに「今季も優勝まであと少しだったが、昨シーズンのように十分ではなかった。来シーズンもリーグ制覇へ挑戦したい。優勝するためには全てを改善する必要がある」と2シーズン連続で優勝に大きく近づいたポチェッティーノ監督は、来季こそ悲願のトロフィー獲得を成し遂げたいと誓った。


提供:goal.com

コメント



FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース