元C大阪の豪州MFがコカイン所持で逮捕2017.05.18 08:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽『FOX Sports』は17日、元オーストラリア代表MFミッチ・ニコルス(28)がコカイン所持で逮捕されたと報じた。

▽報道によれば、警察は14日の24時頃、シドニーのナイトクラブで抜き打ち検査を行ったところ、客だったM・ニコルスから3つのビニール袋に小分けされた1.1gの白い粉末を押収。6月9日に地方裁判所への出頭を命じられたという。

▽2014年にセレッソ大阪でもプレーしていたM・ニコルスは、2015年夏からウェスタン・シドニー・ワンダラーズに所属。しかし、先日に退団が決まり、今夏の欧州移籍を模索しているとみられていた。

▽なお、伝えられるところによれば、M・ニコルスは6月30日までオーストラリアサッカー協会の管轄下にある選手としてみなされるため、国内残留を果たしたとしても出場停止など何らかの処分が科されることになるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

シュツットガルトのトレーニング施設で不発弾が発見…周囲を封鎖

▽あわや大惨事に──。19日、シュツットガルトのトレーニング施設で50kgにのぼる不発弾が発見された。ドイツ『キッカー』が報じた。 ▽シュツットガルトのスポークスマンが明かしたもので、警察が19日の夕方までに処理作業を行うと発表。また、そのために施設は封鎖されており、博物館や国道14号線など周囲の施設も立入禁止となっていた。 ▽現在、シュツットガルトは人工芝の暖房施設を建設しており、その作業中に不発弾が発見されたとのこと。選手たちはアウェイでのボルシアMG戦に臨むために施設にはおらず、危険にさらされることはなかったようだ。 ▽なお、チームは日本代表FW浅野拓磨が先発したものの、2-0で敗れている。 2017.09.20 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

カバーニvsネイマールのPK問題はボーナスが影響か?

▽PKを巡る問題が勃発しているパリ・サンジェルマン(PSG)だが、この問題にはお金が絡んでいる可能性があるようだ。フランス『レキップ』が報じた。 ▽17日に行われたリーグ・アン第6節のPSGvsリヨンの一戦。1-0でPSGがリードして迎えた78分に、FWキリアン・ムバッペがボックス内で倒されPKを獲得。しかし、この際にブラジル代表FWネイマールとウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがキッカーを巡って揉める場面が見られていた。 ▽結局PKをネイマールから奪う形となったカバーニだったが、GKにセーブされて失敗。微妙な関係のまま、試合は終了していた。 ▽両国を代表するストライカーが揃えば、確かにキッカーを争う場面が見られる可能性もあるが、どうやらこの騒動にはお金が絡んでいるとのこと。得点王になった際のボーナスが影響しているようだ。 ▽『レキップ』によると、カバーニは2016-17シーズンのリーグ・アンで得点王に輝いており、クラブから100万ユーロ(約1億3400万円)のボーナスを受け取ったとのこと。これは契約に入っているようで、かつてPSGに在籍したFWズラタン・イブラヒモビッチも適用していたようだ。 ▽ネイマールの契約にも含まれているかは分からないが、この件を考えればネイマールにPKを譲りたくなかったことも理解はできる。チームにとってはゴールが量産されることで勝利やタイトル獲得に近づくことができるが、内部分裂を起こす可能性もはらんでいる。果たして、今後のキッカー争いはどうなるのだろうか。 2017.09.19 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

リオ・ファーディナンド、プロボクサーを目指す「待ちきれない」

▽既報通り、マンチェスター・ユナイテッドなどで活躍した元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏(38)が、プロボクサーを目指すことを発表した。自身のツイッターやインスタグラムで発表している。 ▽熱局的なボクシングファンでもあるファーディナンド氏は、「それは起こっている…始まるのが待ちきれない」と投稿。インスタグラムでは、ユナイテッドのユニフォームを彷彿とさせる背番号5のガウンを身にまとい、リングに向かう動画を投稿している。 ▽あと2カ月で39歳を迎えるファーディナンド氏だが、プロボクサーになるためには壁がある。英国ボクシング管理委員会に、ライセンスを取得するメリットを説明する必要があるようだ。 2017.09.19 19:09 Tue
twitterfacebook
thumb

麻薬密売関与が疑われたメキシコの英雄マルケスがチームに復帰

▽麻薬密売に関与していると報じられていたメキシコ代表DFラファエル・マルケスが、約1カ月ぶりにクラブのトレーニングに参加したようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽バルセロナなどでも活躍し、現在はメキシコのアトラスでプレーするマルケスは、8月に麻薬密売に関与しているとされ、アメリカの財務省から制裁を受けることに。マルケスは、麻薬密売組織を率いるラウル・フロレス・エルナンデス容疑者と関係があるとして、22名の制裁リストに名前が載せられていた。 ▽しかし、マルケスはどんな不正行為にも関与していないと否定。アメリカやメキシコにおいて、これまで刑事告発はされていない。アトラスのトレーニングに復帰したマルケスだが、今後も法的な戦いは続くことになるとのことだ。 2017.09.19 16:12 Tue
twitterfacebook
thumb

フェイエノールトサポーターはナポリへ行けず…過去の暴動が引き金となりチケット販売禁止に

▽フェイエノールトは18日、9月26日に行われるチャンピオンズリーグ第2戦のナポリ戦で、サポーターが現地に行けなくなったことを発表した。 ▽フェイエノールトによると、26日にアウェイで行われるナポリ戦に関して、オランダ人に対するチケット販売が禁止されるとナポリ側から通達があったとのこと。これは、イタリア当局がリスクを回避するための措置とのことだ。 ▽イタリア当局は、フェイエノールトのサポーターとナポリのサポーターが相まみえることは公序良俗にとって大きな脅威になると判断。秩序と安全を保証する必要があるために、チケットを販売しないことが決定されたとのことだ。 ▽今回の決定は、2014-15シーズンのヨーロッパリーグで、フェイエノールトのサポーターがローマで暴動を起こしたことが要因とのこと。当時、ローマ市内のスペイン広場で武装警官隊と衝突し、噴水などが損壊する事件が起きていた。 ▽フェイエノールトは公式サイトを通じて「ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト監督のチームが、チャンピオンズリーググループFの第2戦で、ファンからのサポートを得られないことは残念だ」と声明を発表。「イタリア当局の決定に応じ、クラブはフェイエノールト・ビジネスクラブの渡航計画を組まないことに決めました。少数の役員だけがチームに帯同することに決定しました」と、最少人数でのイタリア行きを発表した。 ▽フェイエノールトは、チャンピオンズリーグ第1戦でホームにマンチェスター・シティを迎えたものの、0-4で大敗を喫していた。 2017.09.19 13:06 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース