元C大阪の豪州MFがコカイン所持で逮捕2017.05.18 08:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽『FOX Sports』は17日、元オーストラリア代表MFミッチ・ニコルス(28)がコカイン所持で逮捕されたと報じた。

▽報道によれば、警察は14日の24時頃、シドニーのナイトクラブで抜き打ち検査を行ったところ、客だったM・ニコルスから3つのビニール袋に小分けされた1.1gの白い粉末を押収。6月9日に地方裁判所への出頭を命じられたという。

▽2014年にセレッソ大阪でもプレーしていたM・ニコルスは、2015年夏からウェスタン・シドニー・ワンダラーズに所属。しかし、先日に退団が決まり、今夏の欧州移籍を模索しているとみられていた。

▽なお、伝えられるところによれば、M・ニコルスは6月30日までオーストラリアサッカー協会の管轄下にある選手としてみなされるため、国内残留を果たしたとしても出場停止など何らかの処分が科されることになるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ハリルホジッチ元日本代表監督が今週末来日へ! JFA幹部との会談と共に反論会見実施へ

▽フランス『レキップ』は19日、9日に解任が発表されたヴァイッド・ハリルホジッチ元日本代表監督(65)が今週末に来日する見込みであると報じた。 ▽日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は、9日に会見を開きハリルホジッチ監督との契約解除を発表。7日付で契約が終了し、後任にはJFA技術委員長を務める西野朗氏が就任することを発表した。 ▽ただ、『レキップ』の伝えるところによれば、ハリルホジッチ前監督は今回の決定に関して不満と憤りを示しており、契約解除に向けた正式な書類にサインしていないという。 ▽また、JFA幹部から今回の解任理由に関して改めての説明を求めていると報じられていたハリルホジッチ前監督は、現地時間20日にフランスから東京に向かい、今週末に前述のJFA幹部との会談と共に反論会見を行う準備を進めているようだ。 2018.04.20 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

悲劇…“ソフィア・ダービー”で装置が爆発し女性警官が重傷

▽またしても、スタジアムで悲しい出来事が起こってしまった。ブルガリアリーグのレフスキ・ソフィアvsCSKAソフィアの試合で警察官が重傷を負った。イギリス『BBC』が報じた。 ▽報道によると、CSKAとレフスキとの間で行われた“ソフィアダービー”で事件は起きたとのこと。ブルガリア代表が使用するヴァシル・レフスキ・スタジアムの入り口付近にあった装置が爆発。これにより、警察官にガラス片が飛び散ったとのことだ。 ▽警察当局のチーフコミッショナーであるアントン・ズラタノフ氏によると、これにより1名の女性警察官が重傷を負ったとのことだ。 「彼女は手術を受けた。ただ、彼女の顔や目には、まだたくさんのガラス片がある」 「花火ではない。爆弾だった」 ▽また、試合後、「20名以上のレフスキのファンを拘束した」とも語っている。 ▽“ソフィア・ダービー”では過去にもファンによる行動で多くの被害が出ており、昨シーズンはCSKAソフィアのコーチングスタッフ3名に、投げられた爆竹や石が当たる事件も起きていた。 2018.04.19 19:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがシティの優勝を祝福ツイート…ファンは「消してくれ」

▽同じ街のライバルの優勝をアシストしてしまったマンチェスター・ユナイテッド。試合後に大人な対応を見せたが、ファンからは反感も買っているようだ。 ▽ユナイテッドは15日、プレミアリーグ第34節でWBAとホームで対戦。しかし、0-1で敗れてしまい、マンチェスター・シティのプレミアリーグ優勝が決定した。 ▽試合後、ライバルクラブのリーグ制覇をアシストしてしまったユナイテッドは、クラブ公式ツイッター()で「マンチェスター・シティ、プレミアリーグの優勝おめでとうございます」とツイート。大人の対応を見せたが、これにファンは黙っていなかった。 ▽このツイートには、16日の18時時点で2万件を超えるリツイートと4万件を超えるいいねがついているが、多くのリプライもついている。 ▽その大半が、「Delete(消してくれ)」というもの。同じ街のライバルの優勝をアシストしていながら、祝福するツイートは許せないようだ。 ▽応援しているクラブがある方なら、どれだけの屈辱かは理解できることだろう。一方で、クラブのこういった対応を受け止めるファンもおり「来年はユナイテッドが優勝する」と前を向く姿勢も見せている。とにかく、今シーズンのリーグタイトルはシティが持って行ったが、来シーズンに向けてどう準備するのか。ユナイテッドファンの興味は次シーズンに向いていることだろう。 2018.04.16 18:50 Mon
twitterfacebook
thumb

PK判定で話題のオリヴァー主審…妻が脅迫行為を受ける

▽チャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝2ndレグで注目の人となってしまったマイケル・オリヴァー主審。警察はオリヴァー主審の妻へ送られたメッセージについて調査をスタートするようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽オリヴァー主審は、11日に行われたCL準々決勝2ndレグのレアル・マドリーvsユベントスで主審を務めたが、試合終了間際にPKの判定。これにより、マドリーがベスト4に進出していた。 ▽この件にはユベントスの選手たちやイタリアメディアが非難。ユベントスファンも大きく反論していた。 ▽『BBC』によると、試合後のSNSにオリヴァー主審の妻であるルーシーさんの携帯電話番号が投稿されたとのこと。また、夫婦の自宅を訪れる者がおり、玄関を叩いたり、叫ぶなどの脅迫行為の報告があるとのことだ。 ▽オリヴァー主審の妻であるルーシーさんは、女子スーパーリーグの審判員であり、男子のノン・リーグの審判でもある。 2018.04.15 12:05 Sun
twitterfacebook
thumb

カンドレーバのFKが直撃したスチュワードが脾臓を摘出…

▽インテルのMFアントニオ・カンドレーバのFKが思わぬ悲劇を招いていた。イタリア『コリエレ・デッラ・セーラ』が報じた。 ▽インテルは8日、スタディオ・グランデ・トリノに乗り込みトリノとの一戦を戦った。試合はトリノが1-0で勝利していたが、前半23分に悲劇が起きていた。 ▽インテルがボックス手前でFKを獲得すると、カンドレーバが直接ゴールを狙いシュート。強烈なシュートが枠を越えて行くと、スチュワードの背中に直撃していた。 ▽ボールが直撃したスチュワードは25歳の大学生、マルコ・ラピサルダさん。ゴール裏のファンをチェックするため、ピッチには背中を向けており、避けることができなかった。 ▽『コリエレ・デッラ・セーラ』によると、ラピサルダさんはその日の夜に背中の痛みで病院に搬送されたとのこと。内出血がひどく、脾臓を摘出する手術を行ったとのことだ。 ▽トリノとインテルの選手は、不運に見舞われたラピサルダさんの病室を訪問し数枚のユニフォームをプレゼントしたとのこと。さらに、安全面を考慮してスチュワードをアクリル製のボードの後ろに配置することにしたようだ。 2018.04.13 12:08 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース