超ワールドサッカー

U-20W杯全試合でVAR導入へ…本大会は20日に開幕《U-20W杯》2017.05.18 08:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際サッカー連盟(FIFA)は17日、20日に開幕を告げるFIFA U-20ワールドカップ(W杯)韓国2017の全試合でビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を導入することを発表した。

▽VARは、全52試合で採用。主に、ゴールやPK、レッドカードなど試合の流れを左右するであろう場面の判定時に用いられることになる。VARに関しては、昨年12月に日本で行われたFIFAクラブ・ワールドカップで採用。その後も、あらゆるコンペティションで試験的に導入されてきた。

▽今回のU-20W杯には、2007年のカナダ大会以来5大会ぶり9度目となるU-20日本代表が参戦。本大会のグループDに入り、U-20南アフリカ代表(21日)、U-20ウルグアイ代表(24日)、U-20イタリア代表(27日)と対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

ウルグアイ戦で負傷のFW小川航基が左ヒザ前十字じん帯断裂および左ヒザ半月板損傷でU-20日本代表を離脱《U-20W杯》

▽日本サッカー協会(JFA)は25日、U-20日本代表FW小川航基(ジュビロ磐田)が負傷により途中離脱することを発表した。 ▽小川は、U-20日本代表の一員として韓国で行われているU-20ワールドカップに出場。グループステージ第1戦のU-20南アフリカ代表戦では同点ゴールを記録し、チームの勝利に貢献していたが、24日に行われた第2節のU-20ウルグアイ代表戦で試合中に負傷。そのまま担架で運ばれ、ピッチを後にし、FW久保建英と交代していた。 ▽JFAの発表によると、小川は左ヒザ前十字じん帯断裂および左ヒザ半月板損傷と診断。全治は明らかにされていない。また、28日に帰国する予定だ。 2017.05.25 17:54 Thu
twitterfacebook
thumb

ザンビアが後半4発でイランに逆転勝利! ポルトガルとコスタリカはPK1本ずつで痛み分け《U-20W杯》

▽24日に行われたFIFA U-20ワールドカップのグループC第2節、U-20ザンビア代表vsU-20イラン代表は、4-2でザンビアが勝利した。 ▽試合はイランが序盤に先制点を奪う。7分、GKマンガニ・バンダのパスをボックス左手前で奪ったレザ・シャカリがボックス内へと侵攻し、冷静にゴール右隅へ流し込み先制する。 ▽1点リードで試合を折り返したイランは49分、ノラフカンがボックス内で倒されてPKを獲得。これをレザ・シャカリがゴール左下隅へ沈め、追加点を奪った。 ▽2点差にリードを広げられたザンビアだったがここから反撃に出る。54分、自陣中央右からのロングボールがボックス左へ流れると、サカラが左足ワンタッチで中央へ切れ込み、右足でニアサイドを射抜き1点を返す。さらに59分、ボックス手前で細かくつなぎ、最後はムウェプが左足でゴール右下隅へと突き刺し、一気に同点に追いつく。 ▽試合を振り出しに戻したザンビアは65分、ゴール前まで迫ると、最後は混戦の中でゴール前のエマヌエル・バンダが右足で押し込み、ついに逆転に成功。71分にもボックス手前でパスを受けたダカが右足を振り抜いて、ゴール左に突き刺しリードを広げた。 ▽その後はイランに反撃を許さず、ザンビアが4-2でそのまま逃げ切りに成功。前半に2得点を許すも、後半の17分間で4得点を奪ったザンビアが逆転で2連勝を飾った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170524_39_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、同日に行われたグループC第2節のもう1試合、U-20コスタリカ代表vsU-20ポルトガル代表は、1-1の引き分けに終わった。 ▽試合は前半からポルトガルが攻勢に出る。すると32分、エウデルのパスをボックス右外で受けたジオゴ・ダロトがクロスを入れると、ディエゴ・メセンの手に当たりPKを獲得。これをキッカーのジオゴ・ゴンサウベスが右足を振り抜くと、GKピネダの右手を弾いてゴールに吸い込まれ、ポルトガルが先制する。 ▽1点ビハインドで試合を折り返したコスタリカは、後半の立ち上がりに同点のチャンスを得る。イアン・スミスがボックス右外から強引にクロスを供給。これに反応したジョナサン・マルティネスがボックス内でいち早く反応すると、出遅れた相手DFの足がかかり、PKを獲得する。これをジミー・マリンが右足でゴール左隅を狙うと、GKジオゴ・コスタに反応されるも、ゴールに吸い込まれ同点に追いつく。 ▽その後は、同点ゴールを許したポルトガルがコスタリカを押し込むものの、勝ち越し点は奪えず試合終了。互いにPKを1本ずつ決めて、1-1の引き分けに終わり、勝ち点1を分け合った。 ◆グループC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">U-20ザンビア代表 4</span>-2 U-20イラン代表 【ザンビア】 サカラ(後9) ムウェプ(後14) エマヌエル・バンダ(後20) ダカ(後26) 【イラン】 レザ・シャカリ(前7) レザ・シャカリ(後49[PK]) U-20コスタリカ代表 1-1 U-20ポルトガル代表 【コスタリカ】 ジミー・マリン(後3[PK]) 【ポルトガル】 ジオゴ・ゴンサウベス(前32[PK]) 2017.05.24 23:02 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:U-20ウルグアイ代表 2-0 U-20日本代表《U-20W杯》

▽U-20日本代表は24日、FIFA U-20ワールドカップ(W杯)グループD第2戦のU-20ウルグアイ代表戦に臨み、0-2で敗れた。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽U-20日本代表採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170524_1_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 小島亨介 5.5 踏ん張りは見せたが、最終的に2失点 DF 2 藤谷壮 5.5 総体的に守備に重きを置くも後半から積極的なプレーが増加。及第点のパフォーマンス 5 冨安健洋 5.0 11分に消極さを突かれてピンチを招く。徐々に持ち直したが、全体的に安定感を欠いた内容 3 中山雄太 5.5 前でボールを奪う姿勢が仇となり1失点目に関与。だが、総じて及第点のプレーに徹した 19 舩木翔 5.5 1失点目は自サイドを突かれたもの。ただ、攻撃面でまずまずのプレーを見せた MF 7 堂安律 5.0 後半からギアを上げたが、消化不良な出来に。脅威になり切れなかった 17 市丸瑞希 5.5 ボールが入れば何度か持ち前のパスセンスで攻撃陣のスイッチ役に。ただ、ミスや守備の緩さは引き続き課題 16 原輝綺 5.5 ベンチから交代の声がかかるまで奮闘。ボールの回収役としての役割を遂行した (→坂井大将 -) 8 三好康児 5.0 周囲と生かし生かされの関係を築けず。ボールを受けても停滞感 (→高木彰人 -) FW 9 小川航基 - 前半の半ばに左ヒザを痛めて無念の途中交代 (→久保建英 5.5) スクランブル出場も後半に入って相手の力量にアジャスト。果敢な仕掛けで攻め手に 13 岩崎悠人 5.0 小川というパートナーを失ったことで孤立。数少ないシュートシーンも空砲 監督 内山篤 5.0 小川の負傷退場で流れ一変。後半に修正を施すが、世界レベルの相手に力の差を痛感する敗戦 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! デ・ラ・クルス(U-20ウルグアイ代表) ▽167cmの小柄ながら推進力溢れる攻守で日本を翻弄。ウルグアイのチームスタイルである堅守速攻の体現者に U-20ウルグアイ代表 2-0 U-20日本代表 【U-20ウルグアイ】 スキアッパカッセ(前38) マティアス・オリベイラ(後46) 2017.05.24 22:01 Wed
twitterfacebook
thumb

日本、試合巧者のウルグアイに力負け…イタリアとの16強懸けた最終節へ《U-20W杯》

▽U-20日本代表は24日、FIFA U-20ワールドカップ(W杯)グループD第2戦のU-20ウルグアイ代表戦に臨み、0-2で敗れた。 ▽5大会ぶり出場となるアジア王者の日本は、21日に行われたU-20南アフリカ代表との初戦で苦しみながらも逆転勝利。今節は、U-20イタリア代表との好ゲームを制した南米王者のウルグアイと対峙する。そのウルグアイ戦に向けては、初戦から先発3名を変更。ダブルボランチに原と市丸が並び、藤谷を右サイドバックに起用された。 ▽注目の立ち上がり、初戦に続きフラットな[4-4-2]のシステムを継続した日本は自陣にブロックを敷き、慎重な入りでスタート。キックオフ直後から推進力を強めたウルグアイに押し込まれる展開となる。それでも、8分に左サイドからのグラウンダークロスに小川が飛び込む決定的な場面を作るなど、日本が徐々にペースを握り返していく。 ▽ところが、11分には、自陣低い位置で組み立てに関与した冨安がクルスの鋭いプレッシャーを受けてボールロスト。そのままクルスにボールをボックス内に持ち運ばれてフリーでシュートを許してしまう。しかし、クルスのシュートはゴール左外。相手のミスにも助けられた日本がピンチを免れる。 ▽胸を撫で下ろした日本だったが、16分にオリベラを交わそうとした小川が着地時に左足を痛めてピッチに昏倒。プレー続行が不可能となり、ジョーカーとしてベンチに待機していた久保のスクランブル起用を余儀なくされてしまう。すると、一時掴みかけていた流れは再びウルグアイに。我慢の戦いを強いられる。 ▽1点ビハインドで試合を折り返した日本は、55分に同点機。相手のミスを見逃さなかった市丸がバイタルエリアでボールを拾い、GKのポジショニングを確認してループシュートを放つ。GKが手で掻き出したボールを久保が頭で押し込みにかかるが、これを枠に飛ばすことができない。 ▽さらに、58分には久保の個人技から決定機。ドリブルでボックス左に持ち込んだ久保が左足でシュートを放つと、GKに弾かれたボールに反応した堂安が頭でプッシュする。しかし、コースが甘くなったボールは相手選手のクリアに遭い、日本が同点のチャンスを不意にしてしまう。 ▽その後も、久保のチャンスメークから岩崎のシュートでゴールに迫った日本。攻撃面でトーンダウンしたウルグアイを尻目に攻勢を強めていくが、最後のところで相手の守備網に引っかかり、ゴールが遠い。85分にはバイタルエリア右の位置で得たFKから堂安が直接ゴールを狙うが、GKの正面を突く。 ▽残る交代枠で坂井、高木をピッチに送り込んだ日本は、より攻勢を強めるが、後半アディショナルタイムにカウンターからマティアス・オリベイラの一発を浴びて万事休す。ウルグアイの試合巧者ぶりに屈した日本のグループステージ突破は、27日に行われる最終節のイタリア戦に持ち越しとなった。 2017.05.24 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【U-20日本代表プレビュー】試される日本の組織力、初戦で段違いの力を見せたウルグアイと激突

▽U-20日本代表は24日、日本時間20時にキックオフを迎えるU-20ワールドカップ(W杯)のグループD第2戦でU-20ウルグアイ代表と対峙する。共に初戦を白星で飾った両雄によるグループステージ突破への大一番だ。 <span style="font-weight:700;">◆苦戦も今大会白星スタート</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170524_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽アジア王者として5大会ぶり出場のU-20日本代表は、21日に行われた初戦でU-20南アフリカ代表と激突した。開始早々に先制を許したほか、相手の高い身体能力を前に苦しい展開を強いられたが、FW小川航基とMF堂安律のゴールにより、南アフリカに逆転勝利。初戦でグループステージ突破の可能性を手繰り寄せる3ポイントを手にした。 <span style="font-weight:700;">◆イタリアとの好ゲーム制して日本戦へ</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170524_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽一方、南米王者のウルグアイはU-20イタリア代表との強豪対決で今大会をスタートさせた。ゴールレスで迎えた後半に生まれたFWロドリゴ・アマラルの直接FK弾で先制すると、その後のイタリアの反撃をシャットアウト。イタリアとのハイレベルな戦いの中でしっかりと勝ち点3を掴み取り、日本との第2戦を迎える。 <span style="font-weight:700;">◆南アフリカよりも格上</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170524_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽第1戦のイタリア戦を見る限り、ウルグアイの印象はまさに南米らしく、巧さとインテンシティを兼ね備えた手強い相手。日本が苦戦を強いられた南アフリカと比較しても、チームとしての緻密さや完成度だけでなく、個々のスキルにおいても格が違う。 ▽一部のウルグアイメディアにより、初戦で決勝点のアマラルら数名に負傷欠場の可能性が伝えられているが、他にもユベントス加入内定のMFロドリゴ・ベンタンクールら次代のスター候補が多士済々。顕著なほどのチーム力低下は考えにくい。 ▽日本は、そういった南米王者との戦いにどれだけアジャストできるか。初戦で散見されたように、フィフティなボールの競り合いに負けたり、決定機を不意にするようであれば、より苦戦を余儀なくされる可能性が高い。南アフリカ戦の反省を生かして臨みたいところだ。 <span style="font-weight:700;">★予想フォーメーション</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170524_1_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽布陣は常用の[4-4-2]が濃厚。内山篤監督の下で絶対軸となりつつある最終ラインの4枚を含めて、顔ぶれに大きな変更はないだろう。とはいえ、迎えるウルグアイ戦は南アフリカ戦から中2日。内山監督も総力戦を見据えてのメンバー選考を明かしていることから、コンディション面を加味して、いくつかのポジションに微調整を図る可能性もある。 ▽変更点を挙げるとすれば、ボランチのポジションか。初戦で先発したDF板倉滉が左ふくらはぎの軽い肉離れで前日練習を別メニュー調整。その日の戦術練習を見る限り、MF市丸瑞希、MF原輝綺にチャンスが巡ってくる公算が高い。また、DF初瀬亮に代わり、DF藤谷壮が右サイドバックを務めることになりそうだ。 <span style="font-weight:700;">★試される組織力</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170524_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽正直、第1戦に関しては逆転勝利を収めた日本を評価すべき場面もあったが、南アフリカの決定力不足やプレーの雑さにも救われた試合。スキを見せずの戦いでイタリアを下したウルグアイを相手に、単純なミスが散見された南アフリカ戦のような展開は期待できない。 ▽日本としてはまずミスを最小限に、ウルグアイに対すること。その上で、売りとする組織力で個々の力量を前面に押し出してくるウルグアイに粘り強く立ち向かっていきたい。日本の真骨頂であるチーム力が世界レベルで試される一戦になりそうだ。 2017.05.24 11:30 Wed
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース