【セリエA第37節プレビュー】6連覇目前のユーベ、奇跡の逆転残留目指すクロトーネと対戦2017.05.19 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節はローマがユベントスに逆転勝利を飾り、目前での優勝を阻止。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いでは3位ナポリが勝利し、2位ローマとの1ポイント差を維持した。ヨーロッパリーグ(EL)出場権争いでは躓いているミラノ勢を尻目にフィオレンティーナが6位ミランに1ポイント差に詰め寄っている。迎える第37節の注目試合は6連覇に引き続き王手を懸けるユベントスが、奇跡の残留へ怒涛の追い上げを見せているクロトーネをホームに迎える一戦だ。

▽CLモナコ戦後、コッパ・イタリア決勝を控えていたこともあって一部主力を温存した首位ユベントス(勝ち点85)は、前節ローマ戦を1-3と完敗。リーグ戦3試合勝利から見放されている中、水曜日に行われたラツィオとのコッパ・イタリア決勝では2-0と完勝して史上初の3連覇を達成した。3冠の可能性を残す中、勝利すれば史上初の6連覇達成となるユベントスだが、対戦相手の18位クロトーネ(勝ち点31)は、ここ7試合負けがなく5勝を挙げており絶好調。残留圏内のエンポリに1ポイント差に詰め寄っていて、奇跡の残留に向けて一筋縄ではいかない相手となりそうだが、最終節ボローニャ戦を前に優勝を決められるか。

▽ゼコとストロートマンを欠きながらもユベントスに完勝して2位を死守したローマ(勝ち点81)は、13位キエーボ(勝ち点43)とのアウェイ戦に臨む。残留が決まってモチベーションに欠ける相手を確実に下し、ナポリ、ユベントスにプレッシャーをかけたい。

▽ローマの結果を受けて、3位ナポリ(勝ち点80)はEL出場権獲得を目指す7位フィオレンティーナ(勝ち点59)とのホーム戦に臨む。前節はトリノ相手にトリデンテが揃い踏みし5-0と圧勝したナポリはローマを1ポイント差で追走。ラツィオに3-2と競り勝ってEL出場権獲得が現実味を帯びてきたフィオレンティーナを下して、ローマを追走できるか。

▽前節アタランタとのロンバルディア・ダービーを1-1の引き分けに持ち込んだものの5試合勝利から見放されている6位ミラン(勝ち点60)は、余裕を持って残留を決めたボローニャ(勝ち点41)とのホーム戦で6位死守を目指す。

▽そして、ピオリ監督を解任したものの4連敗と泥沼を抜け出せない8位インテル(勝ち点56)は、4位を確定させてELストレートインを果たしたラツィオとのアウェイ戦に臨む。サポーターにも見放され、泥沼のチーム状態だが、コッパ・イタリア決勝で相性の悪いユベントスに完敗した失意のラツィオを下してEL出場に望みをつなげられるか。サッスオーロ戦では前半のみの出場となった長友だが、イタリア『ガゼッタ』は先発予想としている。

◆セリエA第37節
▽5/20(土)
《25:00》
キエーボ vs ローマ
《27:45》
ナポリ vs フィオレンティーナ

▽5/21(日)
《22:00》
ミラン vs ボローニャ
ウディネーゼ vs サンプドリア
サッスオーロ vs カリアリ
ジェノア vs トリノ
エンポリ vs アタランタ
ユベントス vs クロトーネ
《27:45》
ラツィオ vs インテル

▽5/22(月)
《27:45》
ペスカーラ vs パレルモ

コメント

関連ニュース

thumb

マルキジオがイタリアを去る? MLSのほかに中国行きの可能性も

▽ユベントスのMFクラウディオ・マルキジオ(32)が、ついにクラブを離れるかもしれない。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』などが伝えた。 ▽子どものころから過ごすユベントスに愛情のあるマルキジオだが、出場機会は限られている。そのため、「イタリア国外で」新天地を探しているようだ。 ▽マルキジオの移籍先については、以前からアメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)が噂されていたが、中国スーパーリーグも候補に挙がっているようだ。 ▽32歳のマルキジオは、今シーズンのセリエAに10試合出場しているが、先発出場はそのうち4回のみ。イタリアでのキャリアは終わりに向かっているのかもしれない。 2018.02.21 01:00 Wed
twitterfacebook
thumb

リーグ戦9連勝のアッレグリ、CLにも自信「悲劇ではない。ロンドンへ勝ちに行く」

ユベントスの指揮官マッシミリアーノ・アッレグリが18日、トリノダービー終了後のインタビューで自信を見せた。<br><br>ユベントスは18日、セリエA第25節でトリノとのダービーに挑み、1-0で勝利。リーグ戦9連勝を飾ったアッレグリは充実感を口にした。<br><br>「このチームを指揮できて嬉しい。素晴らしい選手たちばかりだ。トッテナム戦を含め、すべての大会で勝ち残っている。ユーベは私が指揮した中で最強か? 1年目から、すでに強いチームを引き継いだ。その後、年とともに様相を変えていった」<br><br>続いてアッレグリは、13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦トッテナム戦のファーストレグを振り返り、3月7日に行われるセカンドレグに向けて強気の姿勢を見せた。<br><br>「技術的な面でミスが非常に目立ったが、決定機は我々の方が多かった。ロンドンでは、自分たちのプレーを見せられる、勝てると自信を持って乗り込むつもりだ。一応、繰り返すが、スパーズのようなチームに対し、2-2で引き分けたことは、悲劇とは思えない」<br><br>なおトリノ戦でケガから復帰した&ldquo;ホヤ(宝石)&rdquo;こと、FWパウロ・ディバラについても言及。「ディバラは良かったが、まだコンディションが上がっていない。最初から起用する場合、交代枠を1つ使ってしまうことになっただろう。他の選手同様に、彼には満足している」と語り、90分間プレーするには時期尚早だったことを明かした。<br><br>提供:goal.com 2018.02.19 18:15 Mon
twitterfacebook
thumb

キエッリーニが試合中に顔面パンチ…ベロッティを殴った行為で処分か

▽ユベントスのイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに処分が下される可能性があるようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ▽キエッリーニは、18日に行われたセリエA第25節のトリノとのダービーに先発出場。58分、プレスをかけた際、トリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティの顔面を殴っている行為が、映像で捉えられていた。 ▽審判団は、試合の報告書にはこの件を観ていなかったとしており、ビデオが証拠になるとのこと。しかし、キエッリーニの行為が意図的なものだったかどうかは、まだ分かっていない。 ▽セリエAでは、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が導入されているものの、このシーンには使用されず。イタリア『スカイ・スポーツ』のカメラがとらえたものであり、審判らが試合中には確認できなかったようだ。 ▽なお、試合は33分にアレックス・サンドロが決めたゴールで、0-1とユベントスが制していた。 2018.02.19 12:41 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントスに痛手、イグアイン&ベルナルデスキが負傷…後者は長期離脱へ…

▽ユベントスは18日、同日行われたトリノ戦で負傷したアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインとイタリア代表FWフェデリコ・ベルナルデスキの検査結果を明かした。 ▽18日に行われたセリエA第25節でトリノとのダービーを戦ったユベントスは、左ウイングでの起用となったDFアレックス・サンドロのゴールを守り切って1-0で勝利。リーグ戦9連勝を飾った。 ▽しかし、先発出場したエースのイグアインは相手GKサルバトーレ・シリグとの接触で序盤に左足首を痛めて、15分にベルナルデスキと負傷交代した。さらに、そのベルナルデスキも左ヒザを痛めて試合終了間際にスイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナーと交代していた。 ▽ユベントスは試合から数時間後に2選手に関する最新のメディカルレポートを発表。その発表によると、イグアインは左足首の打撲および軽い裂傷。ベルナルデスキは左ヒザじん帯の損傷と診断された。 ▽なお、イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』は、イグアインに関しては次節のアタランタ戦を欠場することになるものの、あくまで軽傷であると主張。その一方で、ベルナルデスキは最低1か月以上の離脱となる見込みだと伝えている。 ▽3月にトッテナムとのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグを控えるユベントスにとって、両選手の離脱は大きな懸念材料となりそうだ。 2018.02.19 06:03 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントス、負傷交代のエースは軽傷か。次節までに回復の可能性も?

▽ユベントスのアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアインは、長期離脱にならないかもしれない。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』は、軽傷ではないかと伝えている。 ▽18日に行われたセリエA第25節でトリノとのダービーを戦ったユベントスは、エースのイグアインが序盤に足首の負傷で交代した。3月にはトッテナムとのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグもあるため、エースの状態が気になるところだ。 ▽ベンチに戻ったイグアインは、重傷ではないかと心配された。しかし、最初の診断では強い打撲のみとのこと。翌日までに詳しい検査を行う必要があるものの、次節アタランタ戦までに回復する可能性もあるとみている。 ▽トリノ戦ではアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが復帰しており、クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチもセンターフォワードが本職。短期間であれば、エースの不在を補う陣容は整っており、大きな痛手にはならないかもしれない。 2018.02.19 01:40 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース