ワトフォードがマッツァーリ監督の解任を発表…プレミア残留も将来を見据えての交代に2017.05.17 22:12 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ワトフォードは17日、ワルテル・マッツァーリ監督(55)の解任を発表した。今シーズン終了後に退団する。

▽サンプドリアやナポリ、インテルなどイタリアで監督としてのキャリアを積んだマッツァーリ監督は、今シーズンから自身初となる国外リーグに挑戦し、ワトフォードの監督に就任した。

▽開幕戦でサウサンプトンに引き分けると、第2節のチェルシー戦、第3節のアーセナル戦と連敗。しかし、第4節のウェストハム戦でプレミアリーグ初勝利を飾ると、第5節のマンチェスター・ユナイテッド戦でも勝利するなど、シーズン序盤は上々の立ち上がりを見せていた。

▽2017年に入ってもアーセナルに勝利するなど勝ち点を積み上げたマッツァーリ監督率いるワトフォードだったが、第34節から5連敗。最終節を残して11勝7分19敗の勝ち点40だが、下位チームの追い上げがなかったためプレミア残留を果たした。3バックや4バックなど様々なシステムを採用し、自身のスタイルを貫いたマッツァーリ監督だったが、クラブのフロントが将来を見据えた結果、今シーズン限りでの解任が決定した。

コメント

関連ニュース

thumb

ワトフォード、オーストリア代表DFプリョードルと新契約締結!

▽ワトフォードは20日、オーストリア代表DFセバスティアン・プリョードル(30)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽母国の名門シュトゥルム・グラーツでプロキャリアをスタートしたプリョードルは、2008年から2015年まで在籍したブレーメンで台頭。その後、2015年にワトフォードに加入すると、屈強なフィジカルを生かした対人守備を武器に最終ラインの主軸として活躍。ここまで公式戦61試合に出場し、3ゴールを挙げる活躍を披露。昨シーズンはクラブの年間最優秀選手にも選出されていた。 ▽また、オーストリア代表では通算51試合に出場している。 2017.09.21 00:45 Thu
twitterfacebook
thumb

アグエロがハット&ギュンドアン復帰! またも攻撃力爆発のシティがワトフォードを6発粉砕《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第5節のワトフォードvsマンチェスター・シティが16日にヴィカレージ・ロードで行われ、6-0でシティが大勝した。 ▽前節のリバプール戦を5-0で圧勝したシティは、水曜日のチャンピオンズリーグ(CL)でもフェイエノールトに4-0で快勝して勢いに乗る。中2日と厳しい日程の中、グアルディオラ監督は、フェイエノールト戦からの変更を1カ所のみとする。ベルナルド・シウバに代えて出場停止明けのスターリングを起用した。 ▽開始から雨脚が強まった試合、序盤からシティが積極的に仕掛けて圧力をかける。シティはいつも通り、前線のアグエロ、G・ジェズス、シルバ、デ・ブライネ、スターリングが頻繁にポジションを入れ替えながら、フリーランを多用して相手の守備陣を翻弄する。 ▽苦しい展開のワトフォードだが、25分にはセットプレーからワンチャンス。左サイドのやや絞った位置でFKを獲得すると、ホレバスがゴール前にクロスを供給する。これにリシャリルソンが頭で合わせたが、シュートはわずかに枠の右にはずれる。 ▽すると、直後にシティが先行する。ゴール正面からやや左、遠めの位置でFKを獲得すると、デ・ブライネがクロスを入れる。ゴール前のアグエロが後方からのボールを巧みに頭で合わせてネットを揺らし、シティがリードを手にした。 ▽勢いに乗るシティは、続く31分に加点する。左サイドを突破したG・ジェズスがボックス左のシルバにパス。最後はシルバの折り返しのゴール正面のアグエロが難なく合わせ、シティがあっさりとリードを広げた。 ▽攻勢を緩めないシティはさらに38分、アグエロのスルーパスでディフェンスライン裏に抜けたG・ジェズスが正面からゴール左隅に冷静にシュートを流し込んで3点目。リプレイではオフサイドに見える微妙な判定だったが、得点は認められてシティが3-0とする。 ▽後半は前に出たワトフォードが盛り返したが、シティペースは変わらない。62分にシルバがGKゴメスのファインセーブを強いる枠内シュートを放つと、直後のCKで決める。シルバのクロスを正面で合わせたオタメンディがヘディングシュートを叩き込み、4-0とした。 ▽その後、G・ジェズスを下げてベルナルド・シウバ、そしてデ・ブライネに代えて昨年12月からの長期離脱明け復帰戦となるギュンドアンを送り出したシティは、81分にボックス右手前から独力で仕掛けたアグエロが決めてハットトリック達成。さらに89分にはスターリングが、自身が倒されて得たPKを冷静に沈めて6-0とした。 ▽そのままシャットアウトしたシティは、公式戦3試合連続で4得点以上を記録して勝利。暫定首位に浮上し、ライバルたちにプレッシャーをかけている。 2017.09.17 01:00 Sun
twitterfacebook
thumb

レガネスがワトフォードのモロッコ代表FWアムラバトをレンタルで獲得

▽レガネスは1日、ワトフォードのモロッコ代表FWナルディン・アムラバト(30)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間となる。 ▽アムラバトは、PSVやガラタサライなどでプレー。リーガエスパニョーラではマラガでプレー経験があり、2016年1月にワトフォードへと完全移籍していた。2016-17シーズンはプレミアリーグで29試合に出場。今シーズンも開幕から3試合に出場していたが、急きょレンタル移籍で加入することとなった。 ▽モロッコ代表としても35試合に出場し4ゴールを記録している。 2017.09.02 17:37 Sat
twitterfacebook
thumb

ルーマニア代表GKパンティリモンがデポルティボへレンタル移籍

▽デポルティボ・ラ・コルーニャは1日、ワトフォードのルーマニア代表GKコステル・パンティリモン(30)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間となる。 ▽パンティリモンは、2011年8月にルーマニアのティミショアラからマンチェスター・シティへとレンタル移籍。2012年1月には完全移籍で加入。控えGKとして公式戦29試合に出場していた。2014年7月にはサンダーランドへ移籍すると、2016年1月にワトフォードへと加入。ワトフォードでも第2GKの立ち位置を払拭できず、2016-17シーズンはプレミアリーグで2試合の出場に留まっていた。 ▽ルーマニア代表としても2008年にデビューし、ここまで25キャップを記録している。 2017.09.02 11:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ワトフォードがベンフィカからペルー代表FWカリージョをレンタル

▽ワトフォードは24日、ベンフィカからペルー代表FWアンドレ・カリージョ(26)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。契約には来夏での買い取りオプションが付随している。 ▽ペルーでキャリアをスタートさせたカリージョは、2011年のスポルティング・リスボンへの移籍を機に渡欧。5年間過ごしたスポルティングでは、得意の右ウイングを主戦場に、通算162試合に出場し16ゴール39アシストを記録した。昨シーズンはベンフィカへ禁断の移籍を果たすと、公式戦32試合の出場で3ゴール3アシストをマークした。 ▽2011年にはペルー代表デビュー。これまでに通算36試合に出場し3ゴール6アシストを記録している。 2017.08.25 20:57 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース