ワトフォードがマッツァーリ監督の解任を発表…プレミア残留も将来を見据えての交代に2017.05.17 22:12 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ワトフォードは17日、ワルテル・マッツァーリ監督(55)の解任を発表した。今シーズン終了後に退団する。

▽サンプドリアやナポリ、インテルなどイタリアで監督としてのキャリアを積んだマッツァーリ監督は、今シーズンから自身初となる国外リーグに挑戦し、ワトフォードの監督に就任した。

▽開幕戦でサウサンプトンに引き分けると、第2節のチェルシー戦、第3節のアーセナル戦と連敗。しかし、第4節のウェストハム戦でプレミアリーグ初勝利を飾ると、第5節のマンチェスター・ユナイテッド戦でも勝利するなど、シーズン序盤は上々の立ち上がりを見せていた。

▽2017年に入ってもアーセナルに勝利するなど勝ち点を積み上げたマッツァーリ監督率いるワトフォードだったが、第34節から5連敗。最終節を残して11勝7分19敗の勝ち点40だが、下位チームの追い上げがなかったためプレミア残留を果たした。3バックや4バックなど様々なシステムを採用し、自身のスタイルを貫いたマッツァーリ監督だったが、クラブのフロントが将来を見据えた結果、今シーズン限りでの解任が決定した。

コメント

関連ニュース

thumb

ワトフォード主将ディーニーが3試合の出場停止

▽イングランド・サッカー協会(FA)は10月31日、ワトフォードの主将FWトロイ・ディーニーに対し、3試合の出場停止処分を科したことを発表した。 ▽ディーニーは10月28日に行われたプレミアリーグ第10節ストーク・シティ戦でフル出場していたが、試合終了間際にストークMFジョー・アレンとやり合い、共にイエローカードを受けていた。 ▽FAは声明でビデオ判定によってディーニーに3試合の出場停止処分を科したことを説明している。 ▽この裁定により、ディーニーは11月5日に行われるプレミアリーグ第11節エバートン戦、19日に行われる第12節ウェストハム戦、25日に行われる第13節ニューカッスル戦の3試合を欠場することとなる。 ▽ディーニーは今季のプレミアリーグで8試合に先発し、第8節アーセナル戦ではチームを勝利に導くPKを決めていた。 2017.11.01 02:30 Wed
twitterfacebook
thumb

低調チェルシー、ワトフォードキラーのバチュアイ2ゴールに救われ連敗ストップ!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第9節、チェルシーvsワトフォードによるロンドン・ダービーが21日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが4-2で勝利した。 ▽前節、開幕から全敗中の最下位クリスタル・パレス相手に今季初ゴールと初白星を献上した5位チェルシーは、リーグ戦2連敗と調子を落とす。ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のローマ戦ではホームで2点差をひっくり返されるも、エースのアザールのゴールによって3-3のドローに持ち込み、公式戦の連敗をストップした。 ▽直近の試合でアーセナルを破るなど、マルコ・シウバ新監督の下で4位と躍進するワトフォードとのダービーに向けてはローマ戦から先発2人を変更。クリステンセンとザッパコスタに代えてリュディガーとペドロを起用し、ダビド・ルイスを本来の3バックの中央に戻したほか、アウピリクエタを右ウイングバックに配置し、最前線のモラタの下にアザールとペドロを置く本来の[3-4-3]の布陣に戻した。 ▽中2日の過密日程を受けて、早い時間帯に先制点がほしいチェルシーは立ち上がりからサイドを起点に攻勢を強めていく。すると12分、右サイドのゴールライン際でDFブリトスと競ったアザールが微妙な判定ながらCKを獲得する。このCKの流れからボックス右のアザールが丁寧にマイナスパスをペドロに送ると、ボックス手前右のペドロが右足で強いカーブをかけたダイレクトシュートが右ポストの内側を叩きゴールネットに吸い込まれた。 ▽ペドロのゴラッソで先制に成功したチェルシーは16分にも追加点のチャンス。バイタルエリア左でパスを受けたモラタがボックス右にフリーで走り込むセスクへ絶妙な斜めのスルーパスを通す。だが、GKゴメスに詰められたセスクのループシュートは完璧に読まれてしまい、絶好の決定機を逸した。 ▽この決定機以降、なかなかチャンスを作れなくなったチェルシーは、休養十分で球際のバトルで奮闘するアウェイチーム相手に主導権を握られる。それでも、クレバリーやリシャルリソンにフィニッシュに持ち込まれるものの、決定機は許さない。逆に、前半終了間際の40分にはセスクのミドルシュートでゴールに迫るが、ここはGKゴメスの好守に阻まれる。すると、前半終了間際の48分には自陣左サイド深くで与えたスローインの場面でホレバスのロングスローのこぼれをボックス右のドゥクレに右足アウトにかけた見事なシュートでニアを抜かれ、1-1に追いつかれてハーフタイムを迎えた。 ▽後半に入ってもギアが上がらないチェルシーは立ち上がりの48分に右サイドを破ったロベルト・ペレイラの鋭いグラウンダーのクロスからファーでフリーのリシャルリソンに絶好機を許すが、これは相手のシュートミスに救われる。だが、直後の49分に中盤でのバカヨコのボールロストからカウンターを浴びると、ボックス左でボールを持ったリシャルリソンのグラウンダーのパスをファーでフリーのペレイラに冷静に流し込まれ、逆転を許した。 ▽後半立ち上がりの痛恨の失点に動揺するチェルシーは54分にも相手セットプレーの流れからブリトスのクロスをゴール前でドフリーのリシャルリソンに頭で合わせられるが、これは再びリシャルリソンのシュートミスに救われる。 ▽何とか流れを変えたいコンテ監督は61分、疲労困憊のモラタを下げてバチュアイを投入。さらに68分にはマルコス・アロンソに代えてウィリアンを投入し、アスピリクエタを左サイドバックに移した[4-2-3-1]の布陣に変更した。 ▽するとこの選手交代が同点ゴールをもたらす。71分、相手陣内右サイドで得たFKの流れからウィリアンとパス交換した右サイドのペドロがニアを狙ったクロスを入れると、相手DFの前に飛び出したバチュアイが頭で合わせてゴール左隅に流し込んだ。 ▽ワトフォードキラー、バチュアイの対ワトフォード戦3試合連続ゴールで試合を振り出しに戻したチェルシーだが、ここから一気に流れを引き戻すまでには至らない。82分にはボックス内でゴールを背にしてセスクのパスを受けたバチュアイが強引に右足の反転シュートを試みるが、これは枠の右に外れる。さらに86分にはペドロに代わってザッパコスタを右サイドに投入すると、この交代が勝ち越しゴールに繋がる。 ▽87分、右サイド深くでザッパコスタがタメを作って外のウィリアンに短いパスを渡すと、ウィリアンが鋭いクロスを供給。ニアで相手DFカバセレがフリックしたボールをファーに詰めたアスピリクエタが頭で流し込んだ。伏兵の今季初ゴールで試合を再び引っくり返したチェルシーは、試合終了間際の95分にも相手DFの不用意なパスをバカヨコが頭で跳ね返すと、これに反応したバチュアイが冷静にGKとの一対一を制し、ダメ押しの2点目を奪った。 ▽上位対決で大苦戦のチェルシーだったが、ワトフォードキラーのバチュアイの2ゴールなどで打ち合いを制し、リーグ戦の連敗をストップした。 2017.10.21 22:40 Sat
twitterfacebook
thumb

PKを巡り場外バトル? ヴェンゲル「馬鹿げている」、シウバ「ダイブは見ていない」

▽PKの判定を巡って両指揮官が場外バトルだ。アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督とワトフォードのマルコ・シウバ監督が、互いに主張した。 ▽14日、プレミアリーグ第8節のワトフォードvsアーセナルが行われ2-1でワトフォードが勝利した。試合は40分にCKからメルテザッカーのゴールでアーセナルが先制。しかし、71分にディーニーのPKでワトフォードが同点に追いつくと、92分にクレバリーが沈めて、ワトフォードが勝利した。 ▽ワトフォードの前に敗戦を喫したアーセナルだが、ヴェンゲル監督は同点ゴールとなった場面のPKの判定に不満。試合後にコメントした。 「PKの判定は少し馬鹿げている。これにより我々は2点目を奪うことに少しパニックになった。そして、最終的には敗戦となった」 「スキャンダラスな決定だったが、我々が何ができるだろうか。何もない。話すこと、話すことはできるんだ」 ▽一方、ワトフォードのシルバ監督はダイブはなかったと主張。リシャリルソンに問題はないと擁護した。 「私はPKがあったのを見た。審判の決定を尊重する。重要なのは、私はダイブやシミュレーションを見ていないということだ」 「リシャリルソンは、今シーズンのプレミアリーグで最も多くのファウルを受けている。人々は彼がダイビングをしていると言い始めているよ」 「彼は違う。彼はフェアだ。彼は世界最高の選手たちがするように、ファウルを得ている」 ▽問題に挙がっているシーンは、71分に発生。ボックス左に侵入したリシャルリソンとベジェリンが競り合うと、リシャルリソンが倒れこみ、PKの判定が下されていた。 2017.10.15 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

劇的AT逆転弾許しアーセナルが好調ワトフォードに敗北《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第8節のワトフォードvsアーセナルが14日に行われ、2-1でホームのワトフォードが勝利した。 ▽アーセナルはリーグ2連勝と好調ながら、代表ウィーク中にDFムスタフィが負傷離脱している。主力DFの不在という不運に遭いながらも、リーグ戦での良い流れを継続したいアーセナルは、前節からスタメンを4名変更。ホールディング、ムスタフィ、ラムジー、サンチェスに代えて、メルテザッカー、コシエルニー、エルネニー、ウェルベックを先発で起用した。 ▽試合序盤、アーセナルはボールを保持するものの、引いて守るワトフォードを前になかなか好機を迎えることができず。29分には敵陣中央付近からエルネニーがミドルシュートを放ったが、枠の右に逸れた。 ▽それでも徐々にアーセナルが攻勢を強めた40分、先制に成功する。右CKの場面で、キッカーのジャカはボックス内のミステイクを見逃さず。長身のメルテザッカーをターゲットにクロスを送り込むと、マークに付いていたのは身長170cm台中盤のクレバリー。頭一つ以上上回るメルテザッカーが易々と競り合いに勝ち、ネットを揺らした。 ▽リードして迎えた後半、アーセナルは重心をやや後ろに置き、攻勢に出るワトフォードに対応。53分にはリシャルリソンが左サイドから切り込んでミドルシュートを放ったが、枠を捉えられなかった。ワトフォードはボールに触る時間がやや増えたものの、決定的な場面を迎えられない。 ▽しかし61分、試合のペースを握っていたアーセナルにアクシデントが発生。フィードに反応してスプリントしたウェルベックが、DFと交錯しつつ倒れ込み、ピッチを後にすることに。アーセナルは、交代でエジルを投入した。さらに68分、アーセナルはラカゼットに代えてジルーを起用。攻撃の圧力を高めていく。 ▽70分には、左サイドから切り込んだイウォビがダイアゴナルに走り込んだエジルにスルーパス。しかし、エジルはボックス中央での一対一を制すことができず。すると、アーセナルがチャンスを逸した直後の71分、ワトフォードが同点弾を奪取する。ボックス左に侵入したリシャルリソンがベジェリンと接触して転倒。これがPKの判定となり、キッカーのディーニーが思い切り良く決めた。 ▽流れがワトフォードに傾き始めると、もう1点が必要となったアーセナルにさらなる不運が降りかかる。85分、ウィルシャーが交代出場の準備をしていたタイミングで、コシエルニーが負傷。攻勢を強めたいタイミングで、DFであるホールディングの投入で交代枠を使い切ることとなった。 ▽すると試合終了間際の92分、途中出場のカリージョがボックス左手前の位置からミドルシュート。味方に当たり枠に飛ばなかったものの、ボールがこぼれボックス内に混戦がもたらされる。そして、ルーズボールを拾ったクレバリーが、GKチェフが飛び出して不在となったゴールに確実に決め、逆転弾とした。 ▽試合は直後に終了し、土壇場で逆転弾を浴びたアーセナルは連勝が「2」でストップ。対するワトフォードは、3戦負けなしとした。 2017.10.15 04:26 Sun
twitterfacebook
thumb

ルカクがベルギー代表を離脱…カバセレを追加招集!《ロシアW杯欧州予選》

▽ベルギーサッカー協会は(KBVB) 4日、同国代表DFジョルダン・ルカク(ラツィオ)が負傷により離脱することを発表した。そして、DFクリスティアン・カバセレ(ワトフォード)を追加招集したことを併せて発表している。 ▽2016年11月以来の代表復帰となるカバセレは、今季の公式戦で7試合に出場。9月30日に行われたプレミアリーグ第7節のWBA戦でもフル出場していた。 ▽欧州予選8試合を終えてすでに首位での本大会出場を決めているベルギーは、7日にアウェイでボスニア・ヘルツェゴビナ代表(2位)と、10日にホームでキプロス代表(4位)と対戦する。 2017.10.05 04:30 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース