超ワールドサッカー

ワトフォードがマッツァーリ監督の解任を発表…プレミア残留も将来を見据えての交代に2017.05.17 22:12 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ワトフォードは17日、ワルテル・マッツァーリ監督(55)の解任を発表した。今シーズン終了後に退団する。

▽サンプドリアやナポリ、インテルなどイタリアで監督としてのキャリアを積んだマッツァーリ監督は、今シーズンから自身初となる国外リーグに挑戦し、ワトフォードの監督に就任した。

▽開幕戦でサウサンプトンに引き分けると、第2節のチェルシー戦、第3節のアーセナル戦と連敗。しかし、第4節のウェストハム戦でプレミアリーグ初勝利を飾ると、第5節のマンチェスター・ユナイテッド戦でも勝利するなど、シーズン序盤は上々の立ち上がりを見せていた。

▽2017年に入ってもアーセナルに勝利するなど勝ち点を積み上げたマッツァーリ監督率いるワトフォードだったが、第34節から5連敗。最終節を残して11勝7分19敗の勝ち点40だが、下位チームの追い上げがなかったためプレミア残留を果たした。3バックや4バックなど様々なシステムを採用し、自身のスタイルを貫いたマッツァーリ監督だったが、クラブのフロントが将来を見据えた結果、今シーズン限りでの解任が決定した。

コメント

関連ニュース

thumb

ワトフォード、主将FWディーニー引き留めに向けて移籍金を45億につり上げか

▽ワトフォードは、移籍が噂されるイングランド人FWトロイ・ディーニー(28)を引き留めるために移籍金を引き上げたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽2010年8月にウォルソール(現在は3部相当のリーグ1所属)からワトフォードへ加入したディーニーは今シーズン、プレミアリーグで37試合に出場し、10ゴール4アシストをマーク。同クラブのプレミアリーグ残留に貢献した。『スカイ・スポーツ』によるとディーニーに対してWBAが獲得を望んでおり、同選手のバイアウト条項にある2500万ポンド(約35億6000万円)を満額支払う考えがあるようだ。 ▽ところがワトフォードは、このバイアウト条項の金額に約20%を上乗せした3200万ポンド(約45億5700万円)に移籍金を変更した模様。プレミアリーグ残留の立役者となったディーニ―の引き留めに動いているようだ。 2017.05.27 09:36 Sat
twitterfacebook
thumb

敵地で5発圧勝シティが3位でシーズンフィニッシュ! 来季のCLストレートインが決定!!《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・シティは21日、プレミアリーグ最終節でワトフォードと対戦し、5-0で勝利した。 ▽ミッドウィークにプレミアリーグ第34節延期分のWBA戦を3-1で完勝し、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位以内をほぼ手中に収めたシティは、WBA戦の先発から1点を変更し、コラロフに代えてクリシがスタートから起用された。 ▽CLストレートインとなる3位を確保するためにもポイントロスを避けたいシティは、開始5分にスコアを動かす。デ・ブライネの右CKをボックス内でフリーのコンパニがヘディングシュートをゴール左に突き刺した。 ▽幸先良く先制したシティは23分、自陣のクリアボールを拾ったデ・ブライネのカウンターから追加点を奪う。ドリブルで中央を持ち上がったデ・ブライネが相手DFの裏へスルーパスを供給すると、これに反応したアグエロがGKゴメスとの一対一を制し、ゴール左隅にシュートを流しこんだ。 ▽その後も終始ワトフォードを圧倒するシティは36分、シルバの絶妙なスルーパスで左サイドを突破したL・ザネの折り返しからアグエロが追加点。さらに41分にも、オーバーラップしたフェルナンジーニョがG・ジェズスとのパス交換でボックス右から侵入し、シュートをゴール左隅に沈めた。 ▽シティの大量リードで迎えた後半、最初のチャンスはホームチームに生まれる。46分、左サイドを持ち上がったオカカがカットインを仕掛けると、ボックス左角から右足を振り抜く。強烈なシュートが枠に飛んだが、これはGKカバジェロのファインセーブに阻まれた。 ▽守護神の好セーブでピンチを凌いだシティは57分に決定機。シルバのスルーパスで左サイドを突破したザネがダイレクトで折り返すと、ボックス中央のアグエロが右足で合わせたが、これはジャストミートできずにゴール右に外した。 ▽しかし、直後の58分にシティは5点目を奪う。自陣でのスローインの流れからG・ジェズスのパスを右サイドで受けたアグエロがドリブルで持ち上がりクロス。これを右サイドからダイアゴナルに走り込んだG・ジェズスが巧みなトラップでコントロールし、左足でゴールネットを揺らした。 ▽大量リードのシティは、62分にザネとヤヤ・トゥーレを下げてヘスス・ナバスとサーニャを投入。71分には、アグエロを下げてイヘアナチョをピッチに送り出した。その後も終始優勢に試合を進めたシティが、危なげなく試合をクローズ。アグエロの2発など5得点で圧勝のシティが、シーズン3位フィニッシュを決め、来季のCLストレートインを獲得した。 2017.05.22 01:24 Mon
twitterfacebook
thumb

残留したのに…マッツァーリ解任の意外な主原因が判明

▽ワトフォードは17日、ワルテル・マッツァーリ監督の解任を発表した。イギリス『ミラー』は、今季のプレミアリーグ残留を決めたのにもかかわらず、ワトフォードがマッツァーリ監督を解任した大きな理由に、“言語力”があったと報じた。 ▽今シーズンから自身初となる国外リーグ挑戦としてワトフォード指揮官に就任したマッツァーリ監督は、イタリア仕込みの3バックを用いるなど策を講じ、残留に成功。しかし、最終節を前に解任の憂き目に遭った。 ▽直近のリーグ戦5連敗が解任の大きな理由とみられていたが、『ミラー』によれば、これ以外にも原因があったようだ。 ▽報道によれば、マッツァーリ監督は昨年のクリスマスまでに、英語を話せるようになるようにとクラブに要請されていた。しかし、レッスンを受けていたのにもかかわらず、マッツァーリ監督の英語力は上達せず、通訳を介してイタリア語で記者会見に臨んでいた。 ▽また、トレーニング中は英語を使用していたものの、非常に拙く、興奮するとすぐにイタリア語に変わってしまっていたという。そのイタリア語は誰一人として理解できていなかったとのことだ。 ▽なお、『ミラー』によれば、ワトフォードはマルコ・シウバ監督をマッツァーリ監督の後任として招へいすることを考慮している模様。マルコ・シウバ監督は今年1月にハルの指揮官に就任したものの、チームを残留に導くことができなかった。 2017.05.18 17:29 Thu
twitterfacebook
thumb

テリー弾などでワトフォードとの乱戦制したチェルシーが凱旋試合を飾る《プレミアリーグ》

▽チェルシーは15日、プレミアリーグ第28節延期分でワトフォードをスタンフォード・ブリッジに迎え、4-3で勝利した。 ▽前節WBA戦を辛勝して2年ぶり6度目の優勝を飾ったチェルシーは、FAカップ開催によって延期となっていたワトフォード戦に向けて、3日前に行われたWBA戦のスタメンから大幅に9選手を変更。アザールとアスピリクエタのみ引き続き先発として今季限りで退団するテリーがスタメンとなった。 ▽残留が決まっている16位ワトフォード(勝ち点40)との対戦となったため、共にリスクを冒さずゆったりとした展開で立ち上がっていく。そんな中22分、右CKからズマのヘディングシュートがルーズとなったボールをテリーが蹴り込んでチェルシーが先制した。 ▽キャプテンのゴールで先制したチェルシーだったが、24分にテリーのミスから同点とされてしまう。クロスのルーズボールをクリアにかかったテリーがチャロバーと重なってヘディングミス。ルーズとなったボールをキャプーにヘッドで押し込まれた。 ▽それでも36分、チェルシーは左CKのルーズボールをボックス中央のアスピリクエタが蹴り込んで勝ち越しに成功。2-1とリードして前半を終えた。 ▽迎えた後半開始4分、セットプレーの流れからチェルシーが突き放す。ケネディの枠外シュートをアケがうまく収め、ゴール前でフリーとなっていたバチュアイにラストパス。ベルギー代表FWは難なく押し込んだ。 ▽しかし直後の51分、ヤンマートのドリブル突破をアケが止められず、ボックス左からシュートを流し込まれ、1点差に詰め寄られた。 ▽65分にバチュアイの反転シュートでGKゴメスを強襲したチェルシーだったが、74分にクレバリーのフィードでゴール前の混戦を生み出されると、最後はオカカに蹴り込まれた。 ▽同点とされたチェルシーはセスクとペドロを投入して勝ち越しを目指すと88分、ボックス右のウィリアンの横パスをセスクがボレーで蹴り込んで4-3。テリー弾などで乱戦を制したチェルシーが凱旋試合を勝利で飾っている。 2017.05.16 06:01 Tue
twitterfacebook
thumb

カンの華麗バイシクル弾で逃げ切ったリバプールが3位堅守《プレミアリーグ》

▽リバプールは1日、プレミアリーグ第35節でワトフォードとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。 ▽前節クリスタル・パレス戦を1-2と逆転負けして8試合ぶりに敗戦を喫した3位リバプール(勝ち点66)は、4位マンチェスター・シティに同勝ち点で並ばれ、5位マンチェスター・ユナイテッドには1ポイント差に迫られている。チャンピオンズリーグ(CL)・ストレートインの3位を死守したいリバプールのクロップ監督はC・パレス戦と同じスタメンを送り出した。 ▽残留をほぼ確実としている10位ワトフォード(勝ち点40)に対し、リバプールは開始5分にアクシデント。マリアッパと接触して右足太ももを強打したコウチーニョがプレー続行不可能となり、13分に負傷明けのララナを投入せざるを得なくなった。 ▽その後も5バックを敷くワトフォード相手にリバプールがボールを保持する中、対するワトフォードも19分にブリトスが左足ふくらはぎを痛めてカバセレとの交代を強いられた。 ▽互いに負傷で交代カードを1枚切った中、22分にリバプールはカンの強烈なミドルシュートがGKゴメスを強襲。しかし、ハーフタイムにかけても打開できずにいたリバプールだったが、41分に左CKのルーズボールをボックス手前左のララナが左足ボレー。しかし、バーを直撃した。 ▽それでも追加タイム2分、ルーカス・レイバの浮き球パスに反応したカンが華麗なバイシクルシュートでゴール左へ流し込み、リバプールが先制して前半を終えた。 ▽迎えた後半もリバプールがボールを保持するも、シュートに持ち込むことはできない。すると68分、キャプーのミドルシュートが枠を捉えたが、GKミニョレがファインセーブで阻止。 ▽76分にはロングカウンターに転じ、カンのラストパスをララナが受けるも、アムラバトに戻られてシュートを打つことができなかった。 ▽逃げ切りを図るリバプールはララナに代えてクラバンを投入し、守備の枚数を増やす。90分には途中出場のスタリッジがドリブルでボックス中央へ侵入して決定的なシュートを放ったが、GKゴメスのファインセーブに阻まれてしまう。 ▽それでも、終了間際のプレードルのボレーシュートがバーを叩いて助かったリバプールが1-0で逃げ切って辛勝。3位を堅守している。 2017.05.02 06:06 Tue
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース