超ワールドサッカー

注目の外国人新指揮官対決はロティーナに軍配! 東京Vが千葉とのオリジナル10対決に完勝《J2》2017.05.17 21:47 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J2リーグ第14節の東京ヴェルディvsジェフユナイテッド市原・千葉が17日に味の素スタジアムで行われ、ホームの東京Vが3-0で快勝した。

▽2戦連続ドロー中の4位東京Vと、前節V・ファーレン長崎に5-0の大勝を収めた12位千葉によるオリジナル10対決。前節、7試合ぶりのクリーンシートを記録もカマタマーレ讃岐相手にゴールレスドローとなった東京Vは、その試合から先発2人を変更。橋本と高木大に代わって、渡辺とこれが開幕戦以来の先発となる中野が起用された。一方、今季初の連勝を目指す千葉は、4日前の長崎戦から先発3人を変更。佐藤勇、高橋、指宿に代わって、町田、熊谷、ラリベイが先発に復帰した。

▽共にスペイン1部のクラブを率いた経験を持つ外国人新指揮官同士の注目の一戦は、開始3分にいきなり決定機。カウンターからラリベイが起点を作り、アランダが浮き球スルーパスをゴール前に送ると、これに抜け出した町田がシュートを放つ。しかし、このシュートはGK柴崎の好守に阻まれた。

▽一方、相手にボールを持たれて守勢が続くホームチームは13分、安在が右サイドから左足で低いクロスを入れてニアに飛び込んだ中野が合わせるが、これは相手GK佐藤優に阻まれる。

▽その後も千葉がボールを保持して東京Vが粘り強い守備から反撃を試みる展開が続くが、互いにロングボールや中盤での潰し合いが目立ちこう着状態に陥る。39分には右サイドへの大きな展開から安在のワンタッチパスに抜け出したアラン・ピニェイロが右足アウトにかけたダイレクトシュートでゴールに迫るが、先制点とはならず。すると、直後の41分にはボックス付近でパスを繋いだ千葉が、町田の浮き球パスに抜け出した船山に決定機。だが、ゴール前で放った左足ダイレクトボレーは枠を外れて、前半はゴールレスで終了した。

▽迎えた後半も千葉に決定機。開始3分、清武のスルーパスに抜け出したラリベイが左サイド深くで折り返す。これをファーで船山が中央に落とすと、ゴール前フリーのアランダが右足でシュート。だが、このシュートは左ポストを叩いた。

▽押し込まれる状況が続いたことを受けて東京Vのロティーナ監督は、54分に中野を下げてドウグラス・ヴィエイラを投入。すると、この交代が先制点をもたらす。55分、中央をドリブルで持ち上がったドウグラスがボックス右に走り込むアランへ絶妙なスルーパスを通すと、アランが冷静に左足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。

▽ブラジル人コンビの活躍で先制点を奪った東京Vは、直後にアランダに決定機を許すも、相手のお株を奪う鋭い攻撃でドウグラスやアラン、安在が次々に決定機に絡む。69分には内田のロングフィードに抜け出した安在が、全速力で追いつき左サイド深い位置でグラウンダーのクロス。これを中央で後ろ向きにキープした高木善が巧みな反転シュートを左隅に流し込み、貴重な追加点を奪取した。

▽再三の決定機逸と相手の勢いを止められず、2点のビハインドを負った千葉はラリベイ、アランダを下げて指宿、高橋を投入。ここから攻勢を強めるが、連戦の疲れや攻め急ぎが重なり、ビルドアップの場面でミスを連発。なかなか攻撃の形を作り出せない。

▽一方、渡辺に代えて橋本を投入した東京Vは77分、井林のロングフィードにドウグラスと高木善が抜け出すと、ドウグラスがDFをブロックして高木善にシュートチャンスが訪れると、ボックス中央の高木善が左足の豪快ボレーをネットに突き刺し、試合を決める3点目を奪った。その後、殊勲の高木善を下げて梶川を投入したホームチームは相手の反撃を無失点で凌ぎ切って、3-0の快勝。千葉とのオリジナル10対決を制した東京Vが2試合連続完封で3試合ぶりの勝利を手にした。

コメント

関連ニュース

thumb

キング・カズが15年ぶりに『男のエステ ダンディハウス』のブランドキャラクターに就任!

▽横浜FCに所属する元日本代表FW三浦知良が、ミス・パリ・グループが運営する『男のエステ ダンディハウス』(本社:東京都中央区、代表:下村朱美)の新ブランドキャラクターに就任した。これにあわせ、28日より新テレビCMが放送開始となる。 ▽2002年以来15年ぶりのブランドキャラクターに起用された三浦は、『男のエステ ダンディハウス』の開業と同じく1986年にプロサッカー選手としてデビューし、30年の長きに渡ってトップ選手として最前線で活躍を続けている。今年50歳を迎えられてもなお“磨き続ける”その姿は、メンズエステのリーディングカンパニーとして日本中の男性をカッコよく磨き上げてきた『男のエステ ダンディハウス』をまさに象徴している。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170526_22_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽2002年以来、15年ぶりにブランドキャラクターとして登場する新TV-CMでは、「行こうぜ、ダンディハウス。」「磨こうぜ、日本の男たち。」と、三浦が日本中の男性へ語りかけるものに。三浦が体現する“磨き続けることの価値”が凝縮されたその言葉は、日本中の男性が背中を押され、新たな一歩を踏み出すきかっけとなることが期待される。 ▽CM撮影を終えた三浦は「最初に話を頂いた時は本当にビックリしました。もう15年も経っていますから。また僕がダンディハウスに出演するとはね、思ってもいなかったですけど、15年経った自分を上手く表現できたらいいなと思いました」とコメントした。 ▽また、“磨き”が必要な日本の男たちへのメッセージとして、「自分の夢に向かって、当たり前に努力することは必要だと思いますし、自分が成長したいという気持ちを持つ。成長するために僕だったら毎日しっかり練習していく。試合で結果を出すために努力していく。やり続ける。うまくなりたいという気持ちをずっと持ち続けることが大事だと思います」と語り、「人間はだらしなくしたらどんどんそうなっていってしまうと思います。自分自身を高めるために、中身を鍛えると外見も変わっていくと思いますので、磨き続けるといいと思います」と磨き続けることの必要性を語った。 ▽日本初の男性専用エステティックサロンとして1986年にスタートした『男のエステ ダンディハウス』は、高い技術力と確かな指導法で、メンズエステを日本中に広める。2004年には業界初となるISO9001(国際品質保証規格)認証を取得。世界共通の品質管理と保証の基準である国際規格ISO認証をサロン単位で取得し、エステティックサービスの品質向上のために最善を尽くしている。また、昨年(2016年)には、誕生から30周年という大きな節目を迎えている。 2017.05.26 13:00 Fri
twitterfacebook
thumb

町田がかつて在籍したMF加藤恒平の日本代表選出を発表「『町田から世界へ!』を具現化してくれた」

▽FC町田ゼルビアは25日、日本代表に初選出され、かつて町田でプレーしたMF加藤恒平の選出を発表した。 ▽ジェフユナイテッド市原・千葉の下部組織出身の加藤は、立命館大学に進学。アルゼンチンでプロサッカー選手を目指したが、ビザの関係で断念。2012シーズンに町田に入団した。町田では、J2で29試合に出場している。 ▽町田は加藤について「加藤選手はJ2時代の2012シーズン、プロ1年目ながらリーグ戦29試合に出場しています。当時から運動量とハードなマークが持ち味で、ボランチや3バックのストッパーとしてプレーしていました」と紹介。また、町田在籍選手がA代表に選出されるのは初とのことで、「FC町田ゼルビアのトップチームを経てA代表に選出されるのは、加藤選手が初めてのことです。ゼルビアは「町田から世界へ!」をスローガンとしていますが、まさに具現化してくれた形です」と発表した。 2017.05.25 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

岡山MF澤口雅彦が右下腿部肉離れで全治2〜4週間

▽ファジアーノ岡山は25日、MF澤口雅彦の負傷を発表した。 ▽澤口は17日に行われた明治安田生命J2リーグ第14節の愛媛FC戦で負傷。右下腿部肉離れと診断され、全治は2〜4週間とのことだ。 ▽今シーズンの澤口は明治安田生命J2リーグで6試合に出場していた。 2017.05.25 19:47 Thu
twitterfacebook
thumb

村井チェアマン、選手やサポーターの問題行動を受けて「クラブとサポーターで話し合う方がサッカーの本質に近い」

▽Jリーグは25日に理事会を実施。村井満チェアマンが理事会後に記者会見を行い、Jリーグサポーターの問題行動などについて語った。 ▽今回の理事会では2017年Jリーグサポーティングカンパニーとして、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイトトーマツコンサルティング合同会社と契約を締結したことを発表。Jリーグのデジタル化を加速させるためにプロフェッショナルを派遣してサポートしてもらうこととなるようだ。 ▽また、福島ユナイテッドFCのホームタウンが追加されたことも発表された。これまでは福島市を中心とする全県だったが、変更後は福島市、会津若松市を中心とする全県となる。 ▽今回の理事会後記者会見では、Jリーグで相次ぐ選手やサポーターによる問題行為についての質問に回答。村井チェアマンは現時点で理事会に報告した段階であることを強調した。 ▽今後の対策についてはこれから話し合われる段階であるとしつつ、自身の見解として「サッカーの場合は人間が手を使えず足でやるスポーツであり、だからこそ感情の爆発が起こる。そういう喜怒哀楽の表現はサッカー独特のもの」とし、「サポーターの表現を管理するのはサッカーからすると適切ではない。絶対許せない差別はガイドライン示して、あるべき姿をクラブがサポーターと話し合う。そちらの方がサッカーの本質に近い」とコメント。Jリーグが対策を示すよりも、クラブとサポーターで作り上げる方が良いとの考えを口にした。 ▽またシーズン制についても質問があり、村井チェアマンはこちらも現時点で理事会に報告を行った段階だと強調。またドイツをモデルケースとして「代表チームとリーグがお互いにwin-winの関係を作れるようにする。そのために1つの案として、シーズンの移行はどうなのかと議論を開始した段階」とコメント。また「年内を目途に1つの方向性を示したい」との考えを明かした。 2017.05.25 19:10 Thu
twitterfacebook
thumb

山口、上野展裕監督の退任を発表…暫定監督にアカデミーダイレクターの猿澤真治氏

▽レノファ山口は23日、上野展裕監督(51)の退任が決定したことを発表した。後任の監督についてはまだ未定とのこと。 ▽上野氏は、2014年に当時JFLだった山口に監督として就任し、1年目で4位に入り、明治安田生命J3リーグへの昇格を果たした。さらに翌年の2015シーズンではJ3優勝・J2昇格へ導き、チームに大きく貢献した。J2初挑戦となった昨シーズンは14勝11分け17敗の12位で残留を決めたものの、今シーズンはここまで2勝4分け9敗で20位に沈んでいた。 ▽退任が決定した上野氏は、クラブの公式サイトで以下のコメントを残した。 「この度退任致します。新加入の若い選手達が伸びてきて、さあこれからという時だっただけに残念でなりません。皆さん、3年半ありがとうございました」 ▽また、同クラブの代表取締役社長を務める河村孝氏は、今回の決断について説明。また、チームをJ2クラブまで導いた上野氏に感謝の意を表した。 「レノファ山口FCをいつも応援いただきありがとうございます。心より御礼を申し上げます」 「この度、上野展裕監督の退任を決断いたしました。上野監督は、2014年の就任後、2014年にはJFLからJ3へ、そして2015年にはJ3からJ2へと導いていただきました。そして2016年にはJ2初年度ながら12位と健闘できました。今のレノファ山口は、上野監督なくしてはありえないものであったと、本当に心から感謝しております」 「しかしながら、今季の成績、また失点シーンなどの戦い方から判断し、苦渋の決断ではありますが、このタイミングでの退任という結論を出しました」 「今季の試合はまだ多く残っておりますので、チームは1つでも多くの勝利を、そして1つでも上の順位を目指し戦ってまいる所存です。今後もご声援とご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申しあげます」 ▽なお、24日のトレーニングからはアカデミーダイレクターを務める猿澤真治氏が監督代行として暫定的に指揮することが決定している。 2017.05.23 18:13 Tue
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース