注目の外国人新指揮官対決はロティーナに軍配! 東京Vが千葉とのオリジナル10対決に完勝《J2》2017.05.17 21:47 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J2リーグ第14節の東京ヴェルディvsジェフユナイテッド市原・千葉が17日に味の素スタジアムで行われ、ホームの東京Vが3-0で快勝した。

▽2戦連続ドロー中の4位東京Vと、前節V・ファーレン長崎に5-0の大勝を収めた12位千葉によるオリジナル10対決。前節、7試合ぶりのクリーンシートを記録もカマタマーレ讃岐相手にゴールレスドローとなった東京Vは、その試合から先発2人を変更。橋本と高木大に代わって、渡辺とこれが開幕戦以来の先発となる中野が起用された。一方、今季初の連勝を目指す千葉は、4日前の長崎戦から先発3人を変更。佐藤勇、高橋、指宿に代わって、町田、熊谷、ラリベイが先発に復帰した。

▽共にスペイン1部のクラブを率いた経験を持つ外国人新指揮官同士の注目の一戦は、開始3分にいきなり決定機。カウンターからラリベイが起点を作り、アランダが浮き球スルーパスをゴール前に送ると、これに抜け出した町田がシュートを放つ。しかし、このシュートはGK柴崎の好守に阻まれた。

▽一方、相手にボールを持たれて守勢が続くホームチームは13分、安在が右サイドから左足で低いクロスを入れてニアに飛び込んだ中野が合わせるが、これは相手GK佐藤優に阻まれる。

▽その後も千葉がボールを保持して東京Vが粘り強い守備から反撃を試みる展開が続くが、互いにロングボールや中盤での潰し合いが目立ちこう着状態に陥る。39分には右サイドへの大きな展開から安在のワンタッチパスに抜け出したアラン・ピニェイロが右足アウトにかけたダイレクトシュートでゴールに迫るが、先制点とはならず。すると、直後の41分にはボックス付近でパスを繋いだ千葉が、町田の浮き球パスに抜け出した船山に決定機。だが、ゴール前で放った左足ダイレクトボレーは枠を外れて、前半はゴールレスで終了した。

▽迎えた後半も千葉に決定機。開始3分、清武のスルーパスに抜け出したラリベイが左サイド深くで折り返す。これをファーで船山が中央に落とすと、ゴール前フリーのアランダが右足でシュート。だが、このシュートは左ポストを叩いた。

▽押し込まれる状況が続いたことを受けて東京Vのロティーナ監督は、54分に中野を下げてドウグラス・ヴィエイラを投入。すると、この交代が先制点をもたらす。55分、中央をドリブルで持ち上がったドウグラスがボックス右に走り込むアランへ絶妙なスルーパスを通すと、アランが冷静に左足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。

▽ブラジル人コンビの活躍で先制点を奪った東京Vは、直後にアランダに決定機を許すも、相手のお株を奪う鋭い攻撃でドウグラスやアラン、安在が次々に決定機に絡む。69分には内田のロングフィードに抜け出した安在が、全速力で追いつき左サイド深い位置でグラウンダーのクロス。これを中央で後ろ向きにキープした高木善が巧みな反転シュートを左隅に流し込み、貴重な追加点を奪取した。

▽再三の決定機逸と相手の勢いを止められず、2点のビハインドを負った千葉はラリベイ、アランダを下げて指宿、高橋を投入。ここから攻勢を強めるが、連戦の疲れや攻め急ぎが重なり、ビルドアップの場面でミスを連発。なかなか攻撃の形を作り出せない。

▽一方、渡辺に代えて橋本を投入した東京Vは77分、井林のロングフィードにドウグラスと高木善が抜け出すと、ドウグラスがDFをブロックして高木善にシュートチャンスが訪れると、ボックス中央の高木善が左足の豪快ボレーをネットに突き刺し、試合を決める3点目を奪った。その後、殊勲の高木善を下げて梶川を投入したホームチームは相手の反撃を無失点で凌ぎ切って、3-0の快勝。千葉とのオリジナル10対決を制した東京Vが2試合連続完封で3試合ぶりの勝利を手にした。

コメント

関連ニュース

thumb

Jリーグアウォーズのゲストプレゼンター決定、WBA世界ミドル級王者のプロボクサー村田諒太が登場

▽Jリーグは22日、12月5日に横浜アリーナで開催される年間表彰式『2017Jリーグアウォーズ』のゲストプレゼンターを発表した。 ▽今回のプレゼンターは、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督のほか、WBA世界ミドル級王者のプロボクサー・村田諒太ら各界で日々活躍する6名に決定した。 ▽総合司会は、スポーツコメンテーターの西岡明彦氏と、フリーアナウンサーの加藤綾子さん。ステージMCは、平畠啓史氏が務める。 ◆総合司会 西岡明彦(スポーツコメンテーター) 加藤綾子(フリーアナウンサー) ◆ステージMC 平畠啓史(タレント) ◆プレゼンター ヴァイッド・ハリルホジッチ(日本代表監督) 加茂周(元日本代表監督/サッカー指導者・解説者) 今井恭司(サッカーカメラマン) 村田諒太(プロボクサー/WBA世界ミドル級王者) 佐藤美希(タレント/2017Jリーグ女子マネージャー) 髙橋ひかる(女優/第96回全国高校サッカー選手権大会応援マネ―ジャー) 2017.11.22 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

群馬、元日本代表FW永井雄一郎、MF村田翔、FW盛田剛平の契約満了を発表

▽ザスパクサツ群馬は22日、FW永井雄一郎(38)とMF村田翔(30)、FW盛田剛平(41)の契約満了を発表した。 ▽永井は1997年に三菱養和SCから浦和レッズに加入してプロキャリアをスタートさせた。その後、カールスルーエ、清水エスパルス、横浜FCなどでプレー。2014年に当時関西リーグ1部のアルテリーヴォ和歌山で1年間プレーし、2015年2月に練習生を経て群馬に入団した。今シーズンは公式戦での出場はなかった。 ▽村田は2017年にブリオベッカ浦安から加入。移籍1年目の今シーズンは明治安田生命J2リーグで2試合に出場した。 ▽盛田は2017年にヴァンフォーレ甲府から加入。今シーズンはJ2リーグで10試合、天皇杯で1試合出場した。 ▽今シーズン限りでの退団が決定した3選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆永井雄一郎 「3年間、ありがとうございました。ザスパでプレーするきっかけを作ってくれた氏家GM補佐、そしてそのチャンスをくださった菅原元GM、には感謝しています。そして自分を応援してくださったサポーターの皆さん、ありがとうございました」 ◆村田翔 「1年間、ありがとうございました。尊敬できるベテラン、最高の同期、あたたかいファン・サポーターの皆様。群馬での生活、悔しい思いの方が多かったですが、最高でした!反逆のTAKE2はまだ終わっていません。また、会いましょう!」 ◆盛田剛平 「この1年間、ピッチ上でチームに全く貢献できなかったこと、ほんとに申し訳なく思います。でも、この悔しいという気持ちがある限り、また来季も現役でチャレンジしたいと思ってます。おおぎやラーメンコラボ第2弾ができないのが、ほんと悔やまれるところではありますが、皆さん、1年間ありがとうございました!! 師範盛田」 2017.11.22 19:36 Wed
twitterfacebook
thumb

湘南、元日本代表DF坪井慶介との契約満了を発表「皆さんと協力、共感できた時間を過ごせた」

▽湘南ベルマーレは22日、元日本代表DF坪井慶介(38)の契約満了を発表した。 ▽東京都出身の坪井は、2002年に福岡大学から浦和レッズに加入してプロキャリアをスタートした。同年にJリーグフェアプレー個人賞とベストヤングプレー賞を受賞すると、2003年にはJリーグベストイレブンを受賞。日本代表にも初選出された。 ▽その後、日本代表として2006年に行われたドイツ・ワールドカップのメンバーに選出され、本大会に2試合出場。クラブでは、2007年にAFCチャンピオンズリーグ優勝を経験し、クラブワールドカップにも出場した。しかし、2007年以降、日本代表では出場機会が減少し、2008年2月に代表を引退した。 ▽クラブではその後、数年に渡って浦和を後方で支えてきたが、2013年から出場機会が激減。2015年に浦和レッズから湘南に加入した。今シーズンは明治安田生命J2リーグで5試合、天皇杯に2試合出場していた。 ▽今シーズン限りでの退団を発表した坪井は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントした。 「まず、湘南ベルマーレというクラブ、そしてそこに携わる方々に感謝しています。ここで過ごした時間は、良いことや楽しいことばかりではなかったですが、監督、コーチ、メディカルスタッフ、チームスタッフ、フロントスタッフ、そしてサポーターの皆さんと日々努力できたことは僕のサッカー人生のなかですごく大きな財産になりました」 「そして自分勝手ではありますが、そんな皆さんと協力、共感できた時間を過ごせたと思っています。3年間本当にありがとうございました」 2017.11.22 17:39 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FC、FW津田知宏、MF寺田紳一、MF野崎陽介、DF小宮山尊信ら6選手の契約満了を発表

▽横浜FCは22日、FW津田知宏(31)、MF寺田紳一(32)、MF野崎陽介(32)、DF楠元秀真(25)、DF小宮山尊信(33)、GK北野貴之(35)の契約満了を発表した。 ▽岐阜県出身の津田は、2016年に徳島ヴォルティスから横浜FCに加入。今シーズンは明治安田生命J2リーグで18試合に出場した。 ▽大阪府出身の寺田は、2013年にガンバ大阪から横浜FCに完全移籍。今シーズンはJ2リーグで10試合、天皇杯に1試合出場した。 ▽三重県出身の野崎は2011年にサガン鳥栖から横浜FCに加入。今シーズンはJ2リーグで15試合2ゴールを記録し、天皇杯に1試合出場している。 ▽千葉県出身の楠元は、2015年に産業能率大学から大学時代にも特別指定選手として登録されていた横浜FCに加入。今シーズンはJ2リーグで3試合、天皇杯に1試合出場した。 ▽千葉県出身の小宮山は、今シーズンに川崎フロンターレから横浜FCに加入。今シーズンはJ2リーグで25試合に出場した。 ▽北海道出身の北野は、今シーズンにセレッソ大阪から横浜FCに加入。今シーズンは天皇杯に1試合出場した。 2017.11.22 17:11 Wed
twitterfacebook
thumb

岐阜、ブラジル人選手2名との契約満了を発表

▽FC岐阜は22日、FWクリスチャン(23)、DFヘニキ(28)との契約を満了することを発表した。 ▽今シーズンから岐阜でプレーしたクリスチャンは、明治安田生命J2リーグ8試合3ゴール、天皇杯1試合に出場。今シーズンに2015年以来2度目の岐阜加入を果たしたヘニキは、2リーグ18試合1ゴール、天皇杯1試合出場をマークした。 ▽両選手はそれぞれクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆クリスチャン 「日本でプレーするチャンスをくれた岐阜の皆さんに感謝しています。皆さんの温かいサポートには本当に感謝しています。ありがとうございました。来年、J1に昇格するのを期待しています。幸運を祈っています」 ◆ヘニキ 「2014年、2015年、そして今年の3シーズンを過ごさせていただいたのも皆さんのおかげです。岐阜の皆さんの温かい優しさに感謝しています。本当にありがとうございました。今後のFC岐阜のご活躍を期待しています」 2017.11.22 16:55 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース