注目の外国人新指揮官対決はロティーナに軍配! 東京Vが千葉とのオリジナル10対決に完勝《J2》2017.05.17 21:47 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J2リーグ第14節の東京ヴェルディvsジェフユナイテッド市原・千葉が17日に味の素スタジアムで行われ、ホームの東京Vが3-0で快勝した。

▽2戦連続ドロー中の4位東京Vと、前節V・ファーレン長崎に5-0の大勝を収めた12位千葉によるオリジナル10対決。前節、7試合ぶりのクリーンシートを記録もカマタマーレ讃岐相手にゴールレスドローとなった東京Vは、その試合から先発2人を変更。橋本と高木大に代わって、渡辺とこれが開幕戦以来の先発となる中野が起用された。一方、今季初の連勝を目指す千葉は、4日前の長崎戦から先発3人を変更。佐藤勇、高橋、指宿に代わって、町田、熊谷、ラリベイが先発に復帰した。

▽共にスペイン1部のクラブを率いた経験を持つ外国人新指揮官同士の注目の一戦は、開始3分にいきなり決定機。カウンターからラリベイが起点を作り、アランダが浮き球スルーパスをゴール前に送ると、これに抜け出した町田がシュートを放つ。しかし、このシュートはGK柴崎の好守に阻まれた。

▽一方、相手にボールを持たれて守勢が続くホームチームは13分、安在が右サイドから左足で低いクロスを入れてニアに飛び込んだ中野が合わせるが、これは相手GK佐藤優に阻まれる。

▽その後も千葉がボールを保持して東京Vが粘り強い守備から反撃を試みる展開が続くが、互いにロングボールや中盤での潰し合いが目立ちこう着状態に陥る。39分には右サイドへの大きな展開から安在のワンタッチパスに抜け出したアラン・ピニェイロが右足アウトにかけたダイレクトシュートでゴールに迫るが、先制点とはならず。すると、直後の41分にはボックス付近でパスを繋いだ千葉が、町田の浮き球パスに抜け出した船山に決定機。だが、ゴール前で放った左足ダイレクトボレーは枠を外れて、前半はゴールレスで終了した。

▽迎えた後半も千葉に決定機。開始3分、清武のスルーパスに抜け出したラリベイが左サイド深くで折り返す。これをファーで船山が中央に落とすと、ゴール前フリーのアランダが右足でシュート。だが、このシュートは左ポストを叩いた。

▽押し込まれる状況が続いたことを受けて東京Vのロティーナ監督は、54分に中野を下げてドウグラス・ヴィエイラを投入。すると、この交代が先制点をもたらす。55分、中央をドリブルで持ち上がったドウグラスがボックス右に走り込むアランへ絶妙なスルーパスを通すと、アランが冷静に左足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。

▽ブラジル人コンビの活躍で先制点を奪った東京Vは、直後にアランダに決定機を許すも、相手のお株を奪う鋭い攻撃でドウグラスやアラン、安在が次々に決定機に絡む。69分には内田のロングフィードに抜け出した安在が、全速力で追いつき左サイド深い位置でグラウンダーのクロス。これを中央で後ろ向きにキープした高木善が巧みな反転シュートを左隅に流し込み、貴重な追加点を奪取した。

▽再三の決定機逸と相手の勢いを止められず、2点のビハインドを負った千葉はラリベイ、アランダを下げて指宿、高橋を投入。ここから攻勢を強めるが、連戦の疲れや攻め急ぎが重なり、ビルドアップの場面でミスを連発。なかなか攻撃の形を作り出せない。

▽一方、渡辺に代えて橋本を投入した東京Vは77分、井林のロングフィードにドウグラスと高木善が抜け出すと、ドウグラスがDFをブロックして高木善にシュートチャンスが訪れると、ボックス中央の高木善が左足の豪快ボレーをネットに突き刺し、試合を決める3点目を奪った。その後、殊勲の高木善を下げて梶川を投入したホームチームは相手の反撃を無失点で凌ぎ切って、3-0の快勝。千葉とのオリジナル10対決を制した東京Vが2試合連続完封で3試合ぶりの勝利を手にした。

コメント

関連ニュース

thumb

徳島が観戦マナー違反のサポーター5名への処分を発表…1団体が登録抹消

▽徳島ヴォルティスは19日、一部サポーターによる観戦マナー違反についての処分を発表した。 ▽クラブの発表によると、違反があったのは2日に松本平広域公園総合球技場で行われた明治安田生命J2リーグ第31節の松本山雅FC戦。一部サポーターによる観戦マナー違反が発生していた。 ▽徳島は違反者5名を特定。ピッチに向けて中指を立てる侮辱的行為をした1名には、10日からのホームゲーム5試合と同期間中のアウェイゲームの入場禁止処分を下した。 ▽また、試合中~試合終了時に、フェンスや手すりに腰を掛けたり、またがったりする危険な姿勢での観戦や応援をした4名に対しては、厳重注意を行うとともに、違反者が所属するサポーター団体1つの団体登録を抹消。団体での応援活動を禁止することを発表した。 ▽徳島では、今年4月にもサポーターがボールパーソンへ水をかける行為を起こしており、チームが処分を下していた。 2017.09.19 22:08 Tue
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】J1は鹿島DF三竿健斗、浦和MF青木拓矢らが出場停止…J2は福岡FWウェリントンら9名が出場停止

▽Jリーグは19日、明治安田生命J1リーグ第27節、明治安田生命J2リーグ第34節、第35節、明治安田生命J3リーグ第24節の出場停止選手を発表した。 ▽J1では、鹿島アントラーズのDF三竿健斗、浦和レッズのMF青木拓矢、サガン鳥栖のDF吉田豊ら5名が出場停止。J2では、3位につけるアビスパ福岡のFWウェリントンの他、東京ヴェルディのMF高木善朗や名古屋グランパスのFWシモビッチら9名が出場停止となる。 ▽J3では、グルージャ盛岡のDF垣根拓也、藤枝MYFCのDF浅田大樹、ギラヴァンツ北九州のDF福森健太、FC東京U-23のDF山田将之が出場停止となる。 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J1リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">MF三竿健斗</span>(鹿島アントラーズ) 明治安田生命J1リーグ 第27節 vsガンバ大阪(9/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF青木拓矢</span>(浦和レッズ) 明治安田生命J1リーグ 第27節 vsサガン鳥栖(9/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF橋爪勇樹</span>(ヴァンフォーレ甲府) 明治安田生命J1リーグ 第27節 vs横浜F・マリノス(9/23) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWドウグラス・タンキ</span>(アルビレックス新潟) 明治安田生命J1リーグ 第27節 vsコンサドーレ札幌(9/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF吉田豊</span>(サガン鳥栖) 明治安田生命J1リーグ 第27節 vs浦和レッズ(9/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J2リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">DF菅沼駿哉</span>(モンテディオ山形) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vsロアッソ熊本(9/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF佐藤勇人</span>(ジェフユナイテッド千葉) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vsV・ファーレン長崎(9/24) 今回の停止:1試合停止(2/2) <span style="font-weight:700;">MF高木善朗</span>(東京ヴェルディ) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vs名古屋グランパス(9/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF井上裕大</span>(FC町田ゼルビア) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vs徳島ヴォルティス(9/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF石田崚真</span>(ツエーゲン金沢) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vs大分トリニータ(9/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWシモビッチ</span>(名古屋グランパス) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vs東京ヴェルディ(9/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">FW片山瑛一</span>(ファジアーノ岡山) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vsカマタマーレ讃岐(9/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWレオナルド・ラモス</span>(レノファ山口) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vs松本山雅FC(9/24) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWウェリントン</span>(アビスパ福岡) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vsFC岐阜(9/24) 今回の停止:2試合停止(2/2) <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J3リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">DF垣根拓也</span>(グルージャ盛岡) 明治安田生命J3リーグ 第24節 vsアスルクラロ沼津(9/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF浅田大樹</span>(藤枝MYFC) 明治安田生命J3リーグ 第24節 vsガイナーレ鳥取(9/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF福森健太</span>(ギラヴァンツ北九州) 明治安田生命J3リーグ 第24節 vsセレッソ大阪U-23(9/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF山田将之</span>(FC東京U-23) 明治安田生命J3リーグ 第24節 vs福島ユナイテッドFC(9/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2017.09.19 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

大分MF前田凌佑が左足関節外側じん帯損傷…全治は受傷日より約6週間

▽大分トリニータは19日、MF前田凌佑が大分市内の病院で検査を受けた結果、左足関節外側じん帯損傷と診断されたことを発表した。全治は受傷日より約6週間だ。 ▽前田は、12日のトレーニング中に負傷。経過を見ながらリハビリを開始するとのことだ。 ▽今シーズンにヴィッセル神戸から大分に期限付きで加入した前田は今シーズン、ここまで明治安田生命J2リーグに15試合して1ゴールを記録。天皇杯には2試合出場している。 2017.09.19 19:47 Tue
twitterfacebook
thumb

愛媛のMF小島秀仁とFW西田剛が負傷

▽愛媛FCは19日、MF小島秀仁とFW西田剛の負傷を発表した。 ▽小島は、左内側側副じん帯損傷と診断され、全治は4週間の見込みだ。同選手は、9日に行われた明治安田生命J2リーグ第32節のアビスパ福岡戦で先発出場するが、24分に三門雄大と交錯し、ピッチに転倒。担架でピッチ外に運ばれた後、一度はプレーを再開させたものの、直後に再び倒れこみ、27分に藤田息吹との負傷交代を余儀なくされた。 ▽西田は、右眼窩底(がんかてい)骨折と診断され、全治は3週間の見込み。13日のトレーニング中に負傷した模様だ。 ▽2015年に浦和レッズから愛媛に加入した小島。今シーズンはJ2リーグでここまで32試合に出場して5ゴールをマークしていた。西田は2014年にアビスパ福岡から加入。今シーズンはJ2リーグでここまで16試合に出場して2ゴールを記録していた。 2017.09.19 19:22 Tue
twitterfacebook
thumb

福岡、6戦未勝利で3位後退…熊本に追いつかれてドロー《J2》

▽18日にえがお健康スタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第33節延期分のロアッソ熊本vsアビスパ福岡は、1-1のドローに終わった。 ▽台風の影響により、順延を余儀なくされた九州勢対決。直近5試合で勝利から遠ざかっている2位の福岡が6試合未勝利で20位に沈む熊本のホームに乗り込んだ。試合は坂田にシュートシーンが巡ってくるなど、序盤から福岡ペースの展開に。だが、出場停止でウェリントンを欠くこともあり、崩しで熊本の守備を崩しきれない。 ▽37分にバイタルエリア手前から石津がミドルシュートでゴールに迫った福岡は、セットプレーを絡めた攻撃を展開。だが、重苦しい戦況を好転させるには至らない。福岡は、後半も攻勢をかける。だが、熊本は59分、ボックス中央でボールを受けた安柄俊が鋭い反転からシュートを放つ決定打。だが、ここはGKの好守に阻まれた。 ▽流れを変えるべく坂田からジウシーニョにスイッチした福岡は、69分に均衡を破る。ジウシーニョからパスを受けたウォン・ドゥジェがバイタルエリア右から右足を振り抜く。枠に飛んだシュートがゴール前の植田にディフレクトして、大きく弾んだボールがそのままゴールに。苦しい戦いを強いられた福岡がついにリードした。 ▽だが、リードを許した熊本も反撃。73分、ボックス左で縦に仕掛けた片山がジウシーニョに後方から倒されてPKのチャンスを獲得すると、これを嶋田が落ち着いてゴール左隅に沈める。熊本にとって、嶋田のゴールは7試合ぶりの得点。熊本が試合のスコアをイーブンに戻した。 ▽引き離したい福岡は、残る交代カードで三門、仲川に代えて、松田、城後を投入。より圧力を強めていきたいところだったが、終盤に入り、熊本が攻撃に力を注ぎ始めたことで、守備に追われてしまう。結局、試合は1-1の痛み分けで終了。6戦未勝利の福岡は、今節勝利したV・ファーレン長崎に2位を奪われる形で3位に後退している。 2017.09.18 19:55 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース