超ワールドサッカー

注目の外国人新指揮官対決はロティーナに軍配! 東京Vが千葉とのオリジナル10対決に完勝《J2》2017.05.17 21:47 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J2リーグ第14節の東京ヴェルディvsジェフユナイテッド市原・千葉が17日に味の素スタジアムで行われ、ホームの東京Vが3-0で快勝した。

▽2戦連続ドロー中の4位東京Vと、前節V・ファーレン長崎に5-0の大勝を収めた12位千葉によるオリジナル10対決。前節、7試合ぶりのクリーンシートを記録もカマタマーレ讃岐相手にゴールレスドローとなった東京Vは、その試合から先発2人を変更。橋本と高木大に代わって、渡辺とこれが開幕戦以来の先発となる中野が起用された。一方、今季初の連勝を目指す千葉は、4日前の長崎戦から先発3人を変更。佐藤勇、高橋、指宿に代わって、町田、熊谷、ラリベイが先発に復帰した。

▽共にスペイン1部のクラブを率いた経験を持つ外国人新指揮官同士の注目の一戦は、開始3分にいきなり決定機。カウンターからラリベイが起点を作り、アランダが浮き球スルーパスをゴール前に送ると、これに抜け出した町田がシュートを放つ。しかし、このシュートはGK柴崎の好守に阻まれた。

▽一方、相手にボールを持たれて守勢が続くホームチームは13分、安在が右サイドから左足で低いクロスを入れてニアに飛び込んだ中野が合わせるが、これは相手GK佐藤優に阻まれる。

▽その後も千葉がボールを保持して東京Vが粘り強い守備から反撃を試みる展開が続くが、互いにロングボールや中盤での潰し合いが目立ちこう着状態に陥る。39分には右サイドへの大きな展開から安在のワンタッチパスに抜け出したアラン・ピニェイロが右足アウトにかけたダイレクトシュートでゴールに迫るが、先制点とはならず。すると、直後の41分にはボックス付近でパスを繋いだ千葉が、町田の浮き球パスに抜け出した船山に決定機。だが、ゴール前で放った左足ダイレクトボレーは枠を外れて、前半はゴールレスで終了した。

▽迎えた後半も千葉に決定機。開始3分、清武のスルーパスに抜け出したラリベイが左サイド深くで折り返す。これをファーで船山が中央に落とすと、ゴール前フリーのアランダが右足でシュート。だが、このシュートは左ポストを叩いた。

▽押し込まれる状況が続いたことを受けて東京Vのロティーナ監督は、54分に中野を下げてドウグラス・ヴィエイラを投入。すると、この交代が先制点をもたらす。55分、中央をドリブルで持ち上がったドウグラスがボックス右に走り込むアランへ絶妙なスルーパスを通すと、アランが冷静に左足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。

▽ブラジル人コンビの活躍で先制点を奪った東京Vは、直後にアランダに決定機を許すも、相手のお株を奪う鋭い攻撃でドウグラスやアラン、安在が次々に決定機に絡む。69分には内田のロングフィードに抜け出した安在が、全速力で追いつき左サイド深い位置でグラウンダーのクロス。これを中央で後ろ向きにキープした高木善が巧みな反転シュートを左隅に流し込み、貴重な追加点を奪取した。

▽再三の決定機逸と相手の勢いを止められず、2点のビハインドを負った千葉はラリベイ、アランダを下げて指宿、高橋を投入。ここから攻勢を強めるが、連戦の疲れや攻め急ぎが重なり、ビルドアップの場面でミスを連発。なかなか攻撃の形を作り出せない。

▽一方、渡辺に代えて橋本を投入した東京Vは77分、井林のロングフィードにドウグラスと高木善が抜け出すと、ドウグラスがDFをブロックして高木善にシュートチャンスが訪れると、ボックス中央の高木善が左足の豪快ボレーをネットに突き刺し、試合を決める3点目を奪った。その後、殊勲の高木善を下げて梶川を投入したホームチームは相手の反撃を無失点で凌ぎ切って、3-0の快勝。千葉とのオリジナル10対決を制した東京Vが2試合連続完封で3試合ぶりの勝利を手にした。

コメント

関連ニュース

thumb

木村の2戦連発弾を守り切った長崎が暫定5位でPO圏内浮上! 東京Vは後半の猛攻実らず今季2度目の連敗…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第16節のV・ファーレン長崎vs東京ヴェルディが27日にトランスコスモススタジアム長崎で行われ、ホームの長崎が1-0で勝利した。 ▽5位東京V(勝ち点26)と7位長崎(勝ち点24)が勝ち点2差の中で迎えた上位対決。前節、FC岐阜との壮絶な4-4の打ち合いを演じた長崎は、その試合から先発2人を変更。宮本と前田に代わって、主砲ファンマ、養父が先発に復帰した。一方、前節京都サンガF.C.相手に今季ホーム初黒星を喫し、5戦ぶりの敗戦となった東京Vは、その試合から先発2人を変更。梶川、高木大に代わって、安西と出場停止明けのアラン・ピニェイロが先発に復帰した。 ▽立ち上がりからボールを保持した東京Vは、開始6分にセットプレーの流れからボックス右で井林の落としを受けたアランが右足を振り抜くが、ここは右サイドネットを叩く。その後、間でボールを受ける高木善を起点にボールの主導権を握ったアウェイチームは、ドウグラス・ヴィエイラがヘディングでゴールを狙うなど、攻勢を続ける。 ▽一方、自陣に引いて堅守速攻からチャンスを窺う長崎は、ファンマを起点に単発ながらシュートシーンを作っていく。すると29分、ボックス中央で澤田から短いパスを受けた木村がDF井林、DF平が振り切り右足のシュートを放つと、これがゴール左隅に決まり、先制に成功した。 ▽この先制点をキッカケに長崎が押し返す展開となった中、東京Vは40分にボックス手前中央で得たFKを高木善が右足で直接狙うが、これは枠の左に外れる。一方、勢いづく長崎は前半終了間際の45分に左サイド深くで澤田が折り返したボールを中央で収めたファンマが決定的なシュートを放つが、これは右ポストを叩き追加点とはならず。 ▽迎えた後半、1点リードの長崎は前半終盤に負傷していた島田に代えて宮本をハーフタイム明けに投入。一方、前半と同じメンバーで臨んだ東京Vは立ち上がりから攻勢に出る。52分、右サイドを突破したドウグラスがカットインからボックス右で左足のシュートを放つが、これはGK増田の好守に遭う。続く54分には内田のハイプレスから前線にこぼれたボールに反応したドウグラスがDF高杉と入れ替わってボックス内に侵入。だが、シュート場面で高杉と交錯し、右足で浮かしたシュートは枠の右に外れた。 ▽攻勢を強めたい東京Vは、渡辺と“ダブルアンザイ”に代えて橋本、高木純、古巣対戦の梶川を投入。相手陣内でワンサイドゲームを展開し、橋本や高木善に決定機が訪れるが、最後の場面で決め切れない。 ▽一方、後半に入って防戦一方の長崎は、わき腹を痛めたファンマと先制点を決めた木村を下げて中村、古部の投入で逃げ切りを図る。 ▽試合終盤にかけて猛攻を仕掛ける東京Vは、後半アディショナルタイムに再三の決定機を作るが、梶川の左CKからのドウグラスのヘディングシュートはクロスバー、ゴール前での高木善、井林のシュートは相手の決死のブロックに遭い、同点ゴールとはならず。 ▽結局、試合はこのままタイムアップ。木村の2試合連続ゴールを決死の守備で守り抜いた長崎が、3戦負けなしで暫定ながらプレーオフ圏内の5位に浮上した。一方、猛攻実らず、苦手長崎とのアウェイゲームに敗れた東京Vは、今季2度目の連敗となった。 2017.05.27 21:14 Sat
twitterfacebook
thumb

注目の上位対決は横浜FCがイバ弾で先制もシモビッチのPK2発で名古屋が逆転勝利!!《J2》

▽27日に明治安田生命J2リーグ第16節の横浜FCvs名古屋グランパスがニッパツ三ツ沢球技場で行われ、2-1で名古屋が勝利した。 ▽前節のファジアーノ岡山戦で敗れて首位陥落となった3位の横浜FC(勝ち点28)が、愛媛FCに勝利して2連勝とした4位の名古屋(勝ち点28)をホームに迎えた。注目の上位対決は上位対決らしく球際で激しいデュエルが行われる。 ▽すると8分に早速試合が動いた。横浜FCはたボックス手前右の位置でFKを獲得。キッカーのイバが左足で巻いて狙ったシュートは、GK楢崎が反応するも触れず、ボールはゴールマウス右隅を捉えて先制に成功した。 ▽追いかける展開となった名古屋は、シュートパスを繋いでビルドアップし、前線のシモビッチの高さを活かして深さを作りに行くが、フィニッシュまで持ち込めない。すると23分には右サイドのスローインからフリーとなった佐藤にヘディングシュートを放たれるなど、危ない場面を作られた。 ▽名古屋も28分、ボックス内に入っていった杉本に田口からのスルーパスが通る。杉本はマーカーのタイミングを外して右足で狙ったがGK高丘の正面を突いてしまった。30分にも和泉が距離のある位置から右足を振り抜くなど、名古屋が徐々にシュートで攻撃を終わるようになっていく。 ▽前半終了間際にかけてはお互いにオフェンスエラーが目立ち、なかなかアタッキングサードを攻略できず。結局前半は横浜FCが1点をリードしたまま終えた。 ▽名古屋はハーフタイムで内田を下げて杉本を投入し後半に臨む。横浜FCは前半と同様の11人がピッチに立った。すると52分、和泉がドリブルでボックス内へと侵入し右足でコントロールシュートを狙う。これがブロックに入ったカルフィン・ヨン・アピンの手に当たり名古屋がPKを獲得。キッカーのシモビッチが冷静に沈めるも、ボックス外の選手の動き出しが早かったとの判定で蹴り直し。しかしシモビッチは2度目も冷静に沈めて名古屋が追いついた。 ▽横浜FCは59分、津田を下げてジョン・チュングンを投入し攻撃の活性化を図る。すると65分にカウンターのチャンスを迎えると左サイドを駆け上がった田所がゴール前にクロスを送る。しかしこのボールは味方に合わず、横浜FCは勝ち越しのチャンスを逸した。 ▽迎えた76分、シモビッチを起点として名古屋が攻め込む。田口が裏に抜け出してボックス内に侵入すると、新井がたまらずファウルで止めてしまい、名古屋がこの日2回目のPKを獲得。再びキッカーを務めたシモビッチはここも決めきって、勝ち越しに成功した。 ▽横浜FCは試合終盤にかけて攻勢に出る。82分にはイバを下げて大久保を投入して前線に明確な起点を置く。しかし85分、八反田と佐藤が交錯。五分五分のボールに見えたが、主審は佐藤にレッドカードを提示し、横浜FCは万事休す。それでも87分には中里がFKのチャンスに惜しいシュートを放つなど、横浜FCが最後まで粘りを見せる。 ▽しかし追いつくことはできずに試合は終了。勝利した名古屋が横浜FCとの上位対決を制して、順位で逆転することに成功した。 2017.05.27 19:59 Sat
twitterfacebook
thumb

途中出場の中山が土壇場で決勝弾! 山形が2位・湘南を下し今季初の3連勝《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第16節の湘南ベルマーレvsモンテディオ山形が27日にShonan BMWスタジアム平塚で行われ、1-0で山形が勝利した。 ▽前節の松本山雅FC戦を2-1で競り勝ち、連勝を目指す2位の湘南(勝ち点30)と、直近5試合で2勝3分けと好調を維持する10位の山形(勝ち点22)が激突した一戦。試合は立ち上がり、ホームの湘南がボールを保持して山形陣内へと攻め入るも、チャンスを作ることができない。 ▽互いに攻めきれずこう着した状況が続くと、湘南がセットプレーからゴールを脅かす。19分、ボックス手前でFKを獲得すると、秋野が左足でGKを強襲するも、GK児玉に落ち着いて対応される。 ▽対する山形は攻勢に転じるが、思うように敵陣へと攻め入ることができない。それでも30分、相手DFからボールを奪った瀬沼が右サイドを突破し、クロスを供給。これをファーサイドの阪野が右足ダイレクトで合わせるも、GK秋元の好守に阻まれる。 ▽徐々に流れを引き寄せ始める山形は39分、右サイドから瀬沼がクロスを入れると、GK秋元が中途半端な飛び出しで後逸。ファーサイドに走りこんだ汰木が左足インサイドで丁寧に合わせるが、わずかにゴール左を逸れる。 ▽ゴールレスで試合を折り返した後半、前半よりもオープンな展開となるが、両者ともに最後のところでシュートを打たせてもらえず、決定機を作り出すことができない。 ▽ところが後半半ばに差し掛かると、互いにゴールを脅かし始める。まずは山形が66分、風間からの右CKをゴール前でフリーになった高木がヘディングで合わせるが、バーの上を越えていく。 ▽対する湘南は74分、ボックス左を突破した山田がクロスを供給。これをファーサイドの石原が頭で合わせるもGK児玉のファインセーブに防がれる。 ▽するとその直後、山形がこの日最大の決定機を迎える。76分、自陣中央で中山がボールを奪い、前線へとスルーパス。これが相手最終ラインの裏へと抜け、反応した永藤がGKと一対一を迎える。しかし、右足で放ったシュートは、GK秋元の身体を張ったセーブに阻まれ、絶好機を逃してしまう。 ▽終盤、勝利を挙げ、首位のアビスパ福岡にプレッシャーをかけたい湘南が、パワープレーを施行。しかし、山形も粘り強いディフェンスで相手の猛攻を凌ぐ。 ▽このまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイム3分、苦しい時間を耐え続ける山形が一瞬の隙を突き、試合を決める一撃を見舞う。敵陣中央やや右でセカンドボールを瀬沼が拾うと、ボックス右手前で受けた途中出場の中山が反転し、左足を振り抜く。このシュートにGK秋元は一歩も動けず、そのままゴール左隅へと突き刺さった。 ▽土壇場でゴールを挙げた山形がこの1点を守り切り、そのまま試合終了。山形がリーグ戦3連勝を飾った。一方の湘南は首位追走へ手痛い敗北を喫した。 2017.05.27 18:11 Sat
twitterfacebook
thumb

東四国クラシコは讃岐が先制も徳島が意地を見せてドロー決着《J2》

▽27日に明治安田生命J2リーグ第16節、徳島ヴォルティスvsカマタマーレ讃岐の“東四国クラシコ”が鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節の水戸ホーリーホック戦で1-1の引き分けに終わり4試合未勝利の3試合連続ドローとなっている9位の徳島(勝ち点)が、ザスパクサツ群馬戦に敗れて9戦未勝利の2連敗となった22位の讃岐を迎えた。 ▽試合は[3-5-2]のフォーメーションを敷く徳島が主導権を握り、[4-4-2]で構える讃岐はカウンターでゴールを目指していった。すると最初の決定機は讃岐に訪れる。25分にカウンターを仕掛けると、相手陣内で3対1と絶好の形に。しかしスルーパスを受けた大沢のシュートは枠を外してしまい得点とはならず。 ▽しかし36分に讃岐が試合を動かす。相手陣内の中央でボールを拾った西が、ドリブルで運ぶとボックス手前からミドルシュートを放つ。強烈なシュートがゴールネットに突き刺さり、先制に成功した。 ▽徳島は前半終了間際、立て続けにCKを獲得するがゴールマウスにシュートを飛ばすことはできず。結局前半は讃岐がリードして終えた。 ▽迎えた後半はリードする讃岐が最初にチャンスを作る。48分に左FKからゴール前に入ったボールがファーサイドに流れる。しかし李栄直はこれを押し込めず、追加点のチャンスを逸する。すると51分、圧力を強めて攻め込んでいく徳島は山崎が仕掛けてボックス内にこぼれたボールを渡がダイレクトでシュート。これがネットを揺らして、徳島が後半の速い時間帯に同点とした。 ▽追いついたことで勢いを持って攻め込む徳島だが、讃岐も集中した守りを見せて決定機を作らせない。71分には馬渡が右サイドを突破して、深い位置から上げたクロスを渡がダイレクトで合わせるが、ボールは枠外へと飛んだ。79分にも岩尾のインターセプトから山崎がボックス内でシュートを放つもGK清水がブロック。こぼれ球を渡が押し込みにかかるが、徳島はこのチャンスも決めきれない。 ▽試合終盤も徳島が押し込んでいくが、讃岐も堅い守備を見せて跳ね返していく。後半アディショナルタイムには左サイドの内田がボックス内に侵入して左足でクロスを入れる。これに山崎が頭で合わせたがボールはクロスバーを越えてしまう。結局試合はそのまま終了を迎え、“東四国クラシコ”は1-1のドローに終わった。 2017.05.27 17:59 Sat
twitterfacebook
thumb

愛媛下した千葉が今季初逆転勝ちで3試合ぶり勝ち点3《J2》

▽27日に行われたフクダ電子アリーナで行われた明治安田生命J2リーグ第16節のジェフユナイテッド千葉vs愛媛FCは、ホームの千葉が4-2で勝利した。 ▽13位の千葉と8位の愛媛が激突した。試合は12分、カウンターから白井がディフェンスラインの裏を狙ったスルーパスを供給。ボックス内で受けた近藤がGKとの一対一を制し、愛媛が先制する。 ▽しかし、千葉は31分、こぼれ球を拾った清武がボックス右からクロスを上げると、乾が頭で合わせてゴールネットに突き刺して同点。続く38分には山本真希が町田とのワンツーからダイレクトでゴール右隅に蹴り込み、千葉が勝ち越した。 ▽44分に清武が放ったシュートのこぼれ球から町田にもゴールが生まれた千葉。64分には左CKからキッカーの清武が右足でクロスを送り、指宿の頭上を越えたボールに反応したニアサイドの近藤が頭で合わせ、チーム4点目を記録する。 ▽しかし、74にはスローインからボックス右の丹羽が右足でクロスを送り、小島のボレーシュートで愛媛が反撃。それでも、これ以上の反撃を許さなかった千葉が今シーズン初の逆転勝ちで3試合ぶりの白星を手にした。 2017.05.27 16:57 Sat
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース