注目の外国人新指揮官対決はロティーナに軍配! 東京Vが千葉とのオリジナル10対決に完勝《J2》2017.05.17 21:47 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J2リーグ第14節の東京ヴェルディvsジェフユナイテッド市原・千葉が17日に味の素スタジアムで行われ、ホームの東京Vが3-0で快勝した。

▽2戦連続ドロー中の4位東京Vと、前節V・ファーレン長崎に5-0の大勝を収めた12位千葉によるオリジナル10対決。前節、7試合ぶりのクリーンシートを記録もカマタマーレ讃岐相手にゴールレスドローとなった東京Vは、その試合から先発2人を変更。橋本と高木大に代わって、渡辺とこれが開幕戦以来の先発となる中野が起用された。一方、今季初の連勝を目指す千葉は、4日前の長崎戦から先発3人を変更。佐藤勇、高橋、指宿に代わって、町田、熊谷、ラリベイが先発に復帰した。

▽共にスペイン1部のクラブを率いた経験を持つ外国人新指揮官同士の注目の一戦は、開始3分にいきなり決定機。カウンターからラリベイが起点を作り、アランダが浮き球スルーパスをゴール前に送ると、これに抜け出した町田がシュートを放つ。しかし、このシュートはGK柴崎の好守に阻まれた。

▽一方、相手にボールを持たれて守勢が続くホームチームは13分、安在が右サイドから左足で低いクロスを入れてニアに飛び込んだ中野が合わせるが、これは相手GK佐藤優に阻まれる。

▽その後も千葉がボールを保持して東京Vが粘り強い守備から反撃を試みる展開が続くが、互いにロングボールや中盤での潰し合いが目立ちこう着状態に陥る。39分には右サイドへの大きな展開から安在のワンタッチパスに抜け出したアラン・ピニェイロが右足アウトにかけたダイレクトシュートでゴールに迫るが、先制点とはならず。すると、直後の41分にはボックス付近でパスを繋いだ千葉が、町田の浮き球パスに抜け出した船山に決定機。だが、ゴール前で放った左足ダイレクトボレーは枠を外れて、前半はゴールレスで終了した。

▽迎えた後半も千葉に決定機。開始3分、清武のスルーパスに抜け出したラリベイが左サイド深くで折り返す。これをファーで船山が中央に落とすと、ゴール前フリーのアランダが右足でシュート。だが、このシュートは左ポストを叩いた。

▽押し込まれる状況が続いたことを受けて東京Vのロティーナ監督は、54分に中野を下げてドウグラス・ヴィエイラを投入。すると、この交代が先制点をもたらす。55分、中央をドリブルで持ち上がったドウグラスがボックス右に走り込むアランへ絶妙なスルーパスを通すと、アランが冷静に左足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。

▽ブラジル人コンビの活躍で先制点を奪った東京Vは、直後にアランダに決定機を許すも、相手のお株を奪う鋭い攻撃でドウグラスやアラン、安在が次々に決定機に絡む。69分には内田のロングフィードに抜け出した安在が、全速力で追いつき左サイド深い位置でグラウンダーのクロス。これを中央で後ろ向きにキープした高木善が巧みな反転シュートを左隅に流し込み、貴重な追加点を奪取した。

▽再三の決定機逸と相手の勢いを止められず、2点のビハインドを負った千葉はラリベイ、アランダを下げて指宿、高橋を投入。ここから攻勢を強めるが、連戦の疲れや攻め急ぎが重なり、ビルドアップの場面でミスを連発。なかなか攻撃の形を作り出せない。

▽一方、渡辺に代えて橋本を投入した東京Vは77分、井林のロングフィードにドウグラスと高木善が抜け出すと、ドウグラスがDFをブロックして高木善にシュートチャンスが訪れると、ボックス中央の高木善が左足の豪快ボレーをネットに突き刺し、試合を決める3点目を奪った。その後、殊勲の高木善を下げて梶川を投入したホームチームは相手の反撃を無失点で凌ぎ切って、3-0の快勝。千葉とのオリジナル10対決を制した東京Vが2試合連続完封で3試合ぶりの勝利を手にした。

コメント

関連ニュース

thumb

京都MFマティアス・カセラスが右ヒザ内側側副じん帯損傷

▽京都サンガF.C.は19日、MFマティアス・カセラスが右ヒザ内側側副じん帯損傷と診断されたことを発表した。 ▽クラブの発表によると、マティアス・カセラスは18日のトレーニング中に負傷したとのこと。 ▽マティアス・カセラスは2018年にウルグアイのプラサ・コロニアから期限付き移籍。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグに2試合出場している。 2018.06.19 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

3連勝町田が岐阜の連勝を「4」でストップ! 古橋J2記録の7連発も決めたのは自軍のゴールに…岡山vs横浜FCはドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第19節の2試合が17日に行われた。 ▽岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われたFC岐阜vsFC町田ゼルビアは、アウェイの町田が1-0で勝利した。 ▽破竹の4連勝で7位まで順位を上げた岐阜は、今節でクラブ新記録の5連勝とクラブ記録タイとなるホーム4連勝を目指す。レコードブレイクを狙うこの一戦に向けてはJ2記録に並ぶ7試合連続ゴールを目指す古橋ら現状のベストメンバーが起用された。 ▽一方、リーグ戦2連勝中の4位町田は難敵相手のアウェイゲームで3連勝を目指した。なお、ロメロ・フランクや平戸など一部主力をベンチに置いたものの、こちらもほぼベストメンバーが揃った。 ▽互いに狙いのハッキリとしたプレーを見せて立ち上がりから拮抗した展開が続く。この中で素早いスライドと球際の強さを見せる町田が良い守備からカウンターで攻撃を展開していく。この流れの中で吉濱や鈴木に決定機が訪れるも決め切れない。 ▽町田がよりフィニッシュの局面を作った前半を経て試合は0-0で後半に突入。後半も鈴木を起点に町田が先制点を予感させる仕掛けを見せる一方、岐阜も風間と古橋を起点にカウンターからチャンスを創出。74分にはボックス手前左から内に切り込んだ風間の落としから山岸がミドルを狙うも、これは精度を欠く。 ▽すると78分、意外な形から先制点が生まれる。町田が右サイドでCKを獲得すると、途中出場の平戸がアウトスウィングのボールを入れる。これをDFが被ってファーの下坂が右足でダイレクトシュート。ボールは枠を外れていたものの、ゴール右でクリアを試みた古橋の足に当たったボールが岐阜ゴールに吸い込まれた。 ▽J2記録の7試合連続ゴールを目指す中でオウンゴールで町田に先制点を献上した古橋はその直後にボックス手前でボールを収めてGKと一対一のチャンスを得るが、左足で放ったシュートはわずかに枠の右に外れ、正真正銘の7試合連続ゴールとはならず。 ▽その後、ホームで負けられない岐阜はここからリスクを冒して反撃に出たものの、試合終了間際の90分に風間が放ったヘディングはわずかに枠の右に外れ、万事休す。幸運な形からの決勝点ながらも説得力のある内容で難敵岐阜の連勝をストップした町田がアビスパ福岡を得失点差で抜き3位に浮上した。 ▽また、シティライトスタジアムで行われたファジアーノ岡山vs横浜FCは、0-0のドローに終わった。 ▽共に前節で久しぶりの敗戦を喫した6位の岡山と8位の横浜FCによる勝ち点1差の上位対決は、互いに連敗を避けたいという気持ちからやや後ろに重たいゲーム展開となる。それでも、前半半ばからリズムを掴んだ横浜FCがレアンドロ・ドミンゲスや北爪が決定機に絡む場面を見せた。 ▽結局、ゴールレスで折り返した試合は前半と打って変わってオープンな展開に。後半に入って攻勢を強めた岡山は63分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でサインプレーから伊藤が枠の右隅を捉えた決定的なシュートを放つが、これはGK南のビッグセーブに遭う。その後も伊藤や三村を起点に幾度もチャンスを作るが、その前にGK南が立ちはだかる。 ▽一方、横浜FCも後半に入って存在感を出し始めたイバや野村に一対一の決定機が訪れたものの、こちらはGK一森の身体を張ったファインセーブに阻まれ、あと一歩でゴールをこじ開けられない。結局、試合はこのまま0-0でタイムアップ。両GKの躍動した接戦は痛み分けのドローに終わった。 ◆明治安田生命J2リーグ第19節 ▽6月17日(日) FC岐阜 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 FC町田ゼルビア</span> ファジアーノ岡山 0-0 横浜FC ▽6月16日(土) 水戸ホーリーホック 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 大宮アルディージャ</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 2</span>-1 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">東京ヴェルディ 3</span>-1 京都サンガF.C. ヴァンフォーレ甲府 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 モンテディオ山形</span> 松本山雅FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 大分トリニータ</span> アビスパ福岡 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 2</span>-0 栃木SC 徳島ヴォルティス 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 レノファ山口FC</span> ロアッソ熊本 1-1 カマタマーレ讃岐 2018.06.17 20:26 Sun
twitterfacebook
thumb

岡山DF増田繁人、右足負傷で全治2〜4週間

▽ファジアーノ岡山は17日、DF増田繁人の負傷を発表した。 ▽増田は13日の練習中に受傷。右足関節ねん挫で全治2〜4週間の見込みだ。 ▽増田はアルビレックス新潟から今シーズン加入。ここまで明治安田生命J2リーグ3試合に出場している。 2018.06.17 17:25 Sun
twitterfacebook
thumb

小野瀬の2発で逆転! 山口、徳島に競り勝ち8戦無敗で首位浮上!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第19節の9試合が16日に行われた。 ▽鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われた13位・徳島ヴォルティス(勝ち点22)vs2位・レノファ山口FC(勝ち点35)は、2-1で山口が勝利している。 ▽4試合白星がない徳島と、7試合無敗の山口の一戦。試合は徳島が19分、ボックス左からのシシーニョのクロスを中央の石井が頭で押し込んでチームに先制点をもたらした。追いかける立場となった山口は前半終盤の41分、ボックス内に侵攻した池上のシュートをオナイウ阿道が詰める。これは押し込むことができなかったが、ボックス右へのこぼれ球を小野瀬がゴールに蹴り込んで試合を振り出しに戻した。 ▽同点に追いついた山口は64分、ボックス左手前の三幸がボックス右へ浮き球のパス。走り込んだ小野瀬がダイレクトで右足を合わせると、ドライブ回転のかかったボールがGK梶川の頭上を越えてゴールに吸い込まれた。 ▽逆転に成功した山口はこのリードを守り切り、8戦無敗をキープ。首位に浮上した。 ◆明治安田生命J2リーグ第19節 ▽6月16日(土) 水戸ホーリーホック 1-2 大宮アルディージャ ジェフユナイテッド千葉 2-1 愛媛FC 東京ヴェルディ 3-1 京都サンガF.C. ヴァンフォーレ甲府 1-2 モンテディオ山形 松本山雅FC 1-4 大分トリニータ アビスパ福岡 0-2 アルビレックス新潟 ツエーゲン金沢 2-0 栃木SC 徳島ヴォルティス 1-2 レノファ山口FC ロアッソ熊本 1-1 カマタマーレ讃岐 ▽6月17日(日) 《18:00》 FC岐阜 vs FC町田ゼルビア ファジアーノ岡山 vs 横浜FC 2018.06.16 22:50 Sat
twitterfacebook
thumb

京都、FW大野耀平とMF重廣卓也のプロA契約締結を発表

▽京都サンガF.C.は14日、FW大野耀平(23)とMF重廣卓也(23)とのプロA契約締結を発表した。 ▽両選手は天皇杯2回戦のツエーゲン金沢戦で、規定の公式戦出場時間に到達した。2017年に常葉大学から入団した大野は、今シーズンここまで明治安田生命J2リーグで12試合2ゴールを記録。2018年に阪南大学から加入した重廣は、J2リーグでここまで12試合2ゴールを記録している。 ▽プロA契約を結んだ両選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆大野耀平 「プロA契約を締結していただくことが出来て、本当に良かったです。ただ、僕自身やることは変わらないので、もっと自覚を持って、チームに貢献できるように頑張ります」 ◆重廣卓也 「まずはプロA契約を締結していただいたことにホッとしています。さらに身が引き締まったので、これからもっと責任感を持って、ピッチの上に立ちたいと思います」 2018.06.14 18:35 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース